1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 18:05:34.46 ID:GLNbHzlR0
阿笠「くれぐれも悪用はせんようにな!!」


コナン「待てSR-71ってなんだよ。」


阿笠「世界最速の軍用機じゃ。最高速度マッハ3.2、完成から数十年たったいまでもその記録は破られておらんのじゃ。」


灰原「もっとも最近各国が開発してる極超音速戦略爆撃機なんてのは秒速10km(マッハ30近い)なんてのもあるらしいけど。」


コナン「最新技術ってすごいんだな。とりあえずありがたく使わして頂くぜ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399194334

引用元: 阿笠「出来たぞ新一!光彦の家にSR-71戦略偵察機が全力で突っ込むスイッチじゃ!!」 



名探偵コナン (96) (少年サンデーコミックス)
青山 剛昌
小学館 (2019-04-10)
売り上げランキング: 8,108
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 18:20:22.25 ID:GLNbHzlR0
翌日 学校

コナン「今日は光彦は休みか・・・丁度いいな、早速試してやるぜ!!」ポチッ


英国 ロンドン某所


アーカード「・・・ッ?!」ビクッ


アーカード「何だ、身体が勝手に・・・!!」テクテク


英国空軍基地格納庫


警備兵「おい何をしている馬鹿野郎!!早くそこから降りろ!!」


アーカード「私とて好きで動いてるわけではない!!身体が言うことを聞かんのだ!!」カチッ


SR-71「ジュイィィィィィン!!!!!!」







5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 18:31:42.49 ID:GLNbHzlR0
TV「今日未明、空軍の基地にて紅いコートの男が格納庫に押し入り、偵察機を奪って逃げていきました。」


インテグラ「紅いコート・・・まさか・・・」


SR-71「シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウウ!!!!!!!!」


アーカード「何故止まらんのだ・・・!!ん?無線が・・・」


インテグラ「やっぱりお前だったのか・・・何やってるだこの馬鹿・・・!!」


アーカード「身体がまるで操られているかのように、言うことをきかぬのだよ。500年近く生きていてこんなことは初めてだ。とても気分が悪い。」


インテグラ「なに?!お前ほどの吸血鬼を触れずに操る術式・・・!いくらミレニアムやイスカリオテですらこのような技術は持ち合わせていない筈だ・・・」


マクスウェル「お困りのようだなプロテスタント諸君。」






6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/04(日) 18:44:46.48 ID:GLNbHzlR0
インテグラ「お前は・・・!!残念だがお前なんぞに構ってる余裕は今は無いぞ。」


マクスウェル「私だって喧嘩を売りに来た訳じゃないさ。だがお前達はどうだ?GPSを見てみたまえ、今アイツを載せた鳥が向かう先は日本、お前達の同盟国じゃないか。」


インテグラ「・・・?!」


アーカード「機体が垂直に・・・って下は日本じゃないか!!私は多分平気だが国際的にこの状況はマズい!!」


アンデルセン「おのれプロテスタントの狂犬め、お前は何の罪も無い日本人を、何の怨恨も大儀も命令も無しにして殺そうというのか!!許せん、やはり化け物だ、貴様はこの俺が直に討ち取らなければならない化け物だ!!」


日本


コナン「英国で空軍機が奪取された?そりゃアレだな、ってことはあと一分もかからねぇか。」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/04(日) 18:58:44.97 ID:GLNbHzlR0

コナン「クッ・・・ククク・・・クハハハハハ!!!ざまぁねぇな光彦wwwwww!!まさか空から鉄塊が音速超えて落ちてくるとは思わないよなwwwwwwwwwwさすがに英国からわざわざ飛んでくるとは思わなかったが、俺はお前が理不尽に虫けらのように死ぬ様が見れればそれでいい、その後国際関係が滅茶苦茶になろうが知ったことじゃねぇ!!!!!!!!!!」


アーカード「やっべ、そろそろぶつかるわ」


インテグラ「」


光彦「なにやら物凄い音が聞こえますね、ベランダに行って見てみましょう。」


SR-71「シュイイイイぃぃぃぃぃィィイイイイイイイイイイイイイインンン!!!!」ソニックブーム



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/04(日) 19:03:37.32 ID:GLNbHzlR0
光彦「危ないですね。誰ですかこんなもの落としたの」


アーカード「?!」


コナン「?!」


インテグラ&マクソウェル「?!」


SR-71「?!」


コナン「止まっただとォォォ?!」


光彦「危ないところでしたね、ありがとうお爺ちゃん!」


マグニートー「ヒューマンのすることは何時の時代も酷いものだな。」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/04(日) 19:15:04.83 ID:GLNbHzlR0
アーカード「あの老人、この機体を止めただと?!まさか私も彼の能力で・・・」


マグニートー「そこのお若いの。大丈夫かね?見たところ君も人間ではなさそうだが。」


アーカード「五月蝿(やかまし)い!!」シュッ


マグニートー「ふん!」


アーカード「な、私の身体が宙に浮く!?」


マグニートー「・・・異様なほど鉄分が多いようだな。それにさっきっから君の周りに変な電磁場が渦巻いてる。まぁいい、私の可愛い孫の家に特攻をしかけた罪、ここで購って貰おう」


光彦「待ってください、今回の事件の犯人に心当たりがあります。多分彼は無実、その目を見れば解ります!!彼は悪い人じゃない!!」


アーカード「ほう・・・では聞かして貰おうか。」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/04(日) 19:43:59.72 ID:GLNbHzlR0

英国 ヘルシング機関

インテグラ「今回の一件、私の従者がとんでもないことをしでかしてしまった、本当にすまないと思ってる」土下座ァ


マクソウェル「うわぁ(ドン引き


光彦「いえいえ、僕は人を操ったりなど超常の術を保有している男を一人知っています。彼の名は発明家、阿笠ヒロシ」


マグニートー「おそらく奴は相手の神経に直接微弱な電磁波を作用させ、外部から行動を完全に操るような装置を開発したのだろう。ワシも米国で似た様な兵器を見たことがある。」


インテグラ「不死だろうと脳や神経は人間だった頃に同じ、ならば防ぎようが無いな。」


SR-71「シュレカード最強神話終了のお知らせって奴っすかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」






東京 某施設


コナン「ばれちまったみたいだな、なぁ博士。」


阿笠「じゃが問題なかろう。ワシ等が狩り集めたナチスの技術とアーカードの血液、そして米軍が提供した小型HAARPを全て奴に取り込ませることに成功した。そう、人工光彦に・・・!!」


ストライカー大佐「我々陸軍はお前達の研究に多額の予算をつぎ込んでいる。数多の犠牲を払ってミレニアムとかいういかれた連中を壊滅させたのもそのためだ。いいか、失敗は許されんぞ。」











光彦「こうして最強の吸血鬼をも凌駕する無敵の光彦を手中に収めたコナン君たちと、英国ヘルシング機関、バチカン第十三課、ブラザーフッド、そして僕の連合軍との壮絶な戦いが始まったのです。いかに強大な敵を眼前に控えようと、決して僕たちは引くことはありません。そう、テルモピュライの戦いで全滅した300人のスパルタ人のように!!!」


アーカード「いちいちわかり辛い例えだな・・・」



                 the end