1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 20:50:03 dP/pIRFg

◆INSIDE抗◆ から 能力数値情報 拝借してます


~旧調査兵団本部~


エレン「兵団の個人能力評価シート…ですか?」


ペトラ「団長が考案された、個々の兵士の能力が採点されたものよ」


エルド「各能力別に、10段階の評価が示されている」

エレン「…」


オルオ「はぁ?なんだ?わからないのか?」


オルオ「まあお前程度じゃ、わからないだろうな」


オルオ「なぜお前にはわからないと思う?それはお前が」
エレン「で、それが、その評価シートなんですね?」


オルオ(俺の域に達していないからだって、聞けよ!最後まで!!)



BRAVEACT 1/8 リヴァイ -ver.2B- 1/8スケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品フィギュア
千値練(Sentinel) (2020-01-30)
売り上げランキング: 57,738
4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 20:56:51 dP/pIRFg

ペトラ「そうよ、今日調査兵団兵士に配布されたの」

ペトラ「能力数値は団長が個々の能力を判断されて採点されているの」


ペトラ「個人個人に配られるものだし、自分の評価は他の人には分からないものよ?」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:00:21 dP/pIRFg

エルド「そういう事だ、自分の評価を知り、今後足りない所を補えるように努力をする」


エルド「数値として現せば、分かりやすいだろ?」


エレン「10段階の評価ですか…」


ペトラ「私たちは、今見せあいっこしてたの♪」



8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:07:10 dP/pIRFg

ペトラ「私は、格闘術:6、行動力:7、頭脳戦:7、協調性9」


ペトラ「あとは個人評価として、優しさ:10ね!」


ペトラ「個人評価は、その人に毎に項目が違うわよ?」


エルド「団長のちょっとした茶目っ気入ってるがな」

ペトラ「優しさが満点なんて嬉しい♪」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:12:31 dP/pIRFg

ペトラ「笑えるのが… クスクス オルオの評価よ?」


ペトラ「オルオ!もう一回見せてね!!」 ヒョイッ


オルオ「エレン、俺の格闘術にびびってションベンちびるなよ?」


エルド「ションベンって言えば」


ペトラ「ギロリ!」チッ


エルド「(ペトラこえぇ)…いや、何でもない…」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:17:32 dP/pIRFg


ペトラ「オルオは、格闘術:9、行動力:6、頭脳戦:5、協調性5」


ペトラ「あとは個人評価として、毒舌:10…」クスッ


エルド「団長の茶目っ気だ」 ハハハハッ


ペトラ「オルオは毒舌というより、全く似てないけど兵長を真似しようとしてるだけ!」


ペトラ「全く似てる所が見つからないけどね(気持ち悪い)」



12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:25:52 dP/pIRFg

オルオ「注目すべき点はそこじゃねえ…」


オルオ「格闘術:9」


オルオ「どうだ!びびったか!!」


オルオ「俺の討伐数39体が 見事に評価に出てるな」 フッ



14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:29:14 dP/pIRFg

エルド「…討伐数だけでは兵士の優劣は語れない」


エルド「だからこその評価シートだ」


オルオ「うるせぇ」


エレン「この評価シートが、いわば兵士の通知簿ですね?」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:37:32 dP/pIRFg

グンタ「格闘術、行動力、協調性、頭脳戦、全てが必要だからな」


グンタ「オルオは格闘術は秀でているが、協調性、頭脳戦の数値が低い」


グンタ「俺は、まんべんなく数値がとれてるな」


エルド「俺も、格闘術:8、行動力:7、頭脳戦:7、協調性7と、いい数値だ」


オルオ「お前ら、さりげなく自慢してんじゃねえよ」

オルオ「どうせ俺は協調性が低いさ、でも俺程の男だ…他でカバーしてやるぜ」

ペトラ「プッ!協調性5はないわ」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:42:10 dP/pIRFg


~食堂外 廊下~


リヴァイ聞き耳をたてている


リヴァイ(協調性5はないわ…だと?)


リヴァイ(リヴァイ評価シート◆協調性2)


リヴァイ(…2)


リヴァイ「…」



19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:45:34 dP/pIRFg


リヴァイ(討伐数だけでは、兵士の優劣は語れない…だと?)


リヴァイ(協調性2)


リヴァイ「なんでだ…エルヴィン」

リヴァイ「…」ハア


トボトボトボ




21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 21:51:00 dP/pIRFg

リヴァイ(オルオが俺より、協調性が高い)


リヴァイ(協調性の低そうな奴…)


リヴァイ「ハッ!ミケ…」


リヴァイ「…アイツならきっと」


リヴァイ「普段のミケは、俺よりしゃべんねぇしな」

リヴァイ「(あいつに比べたら)俺はよくしゃべる…」 ヨシッ




30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:05:39 dP/pIRFg

リヴァイ(ミケは、格闘術は高いだろうが)


リヴァイ(協調性は低いだろう…)


リヴァイ「…」 フフッ



ハンジ「…リヴァイ?」

リヴァイ「!?」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:10:33 dP/pIRFg


リヴァイ「…意気なり声かけるな!!クソメガネっ!!」 ドキドキ


リヴァイ「しかも何でここにいやがる…」 チッ


ハンジ「ちょっと動揺しすぎじゃない!?」


ハンジ「長い付き合いだけど、リヴァイが笑うとこ初めてみたよ…」


ハンジ「いっつも怖い顔で、取っつきにくいじゃん?」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:13:37 dP/pIRFg

リヴァイ(取っつきにくい→孤立している→協調性がない?)


リヴァイ「…ニカッ!(笑顔)」

ハンジ「!!!!」


ハンジ(どうしたんだ!?リヴァイ!!)



35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:15:41 dP/pIRFg

ハンジ「…」


リヴァイ「…」


リヴァイ「…何だ?」


ハンジ「何でもないです」


リヴァイ「…で?何しにきたんだって?」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:27:29 dP/pIRFg

ハンジ「ああ、団長に言われて、次回評価に向けた自己目標アンケートを集めにきたんだよ?」


リヴァイ「評価、評価って、兵士に必要なのは実戦と経験じゃねえのか?」


ハンジ「ぶっちゃけ、めんどくさいの?」


リヴァイ「一理ある」


ハンジ「…」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:32:25 dP/pIRFg

ハンジ「まあ目標を立てて、それに向かって頑張るのはいいことじゃないか?」

リヴァイ「目標ねぇ」


ハンジ「まあ、リヴァイの評価は満点だろうから、これ以上目標を求められるのは、めんどくさいんだろうね?」


リヴァイ「!!」 グサッ


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:41:49 dP/pIRFg

~再び 食堂~


バタンッ!


ハンジ「リヴァイ班の皆さ~ん♪ご機嫌いかがかな?」


ペトラ「ハンジ分隊長と兵長!!」


リヴァイ、ハンジ(椅子にすわる) ガタッ


エルド「どうされたんですか?」


ハンジ「うん、評価シートは皆もらってるよね?」


ペトラ「はい 貰ってます」

ハンジ「エルヴィンが、兵士達の次回評価に向けた目標と改善策を知りたいって♪」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:45:24 dP/pIRFg

ハンジ「目標と改善すべき点を、この用紙に書いてね!!」 ハイッ


グンタ「団長も色々考えておられる」


ペトラ「なかなかいいですね~評価シートって♪」


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:49:39 dP/pIRFg

ペトラ「さっき皆で見せあいっこしてました」


ハンジ「そうなんだぁ♪」


ペトラ「オルオなんて、協調性5ですよ?」


オルオ「俺の戦闘力を自慢してくれないか?ペトラ」

ペトラ(無視)


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:54:17 dP/pIRFg

リヴァイ(また協調性の話) プルプルプル


エレン(兵長が小鹿みたいに震えてる!?)


ペトラ「ハンジ分隊長はどうでしたか?」


ハンジ「私?まあ協調性位なら教えてもいいかな?」

リヴァイ(その流れで、ぜってえ話ふんなよ?)


リヴァイ(ふったら削ぐ!!)


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/29(月) 23:59:05 dP/pIRFg

ハンジ「私は、協調性8」

リヴァイ(数値高え!!!!)

リヴァイ(巨人との協調性じゃねえのか!?)


ハンジ「私より数値が高いのが、ミケだったなぁ」


ハンジ「ミケの協調性9!」

リヴァイ「…!!!!」 ガターン!

エレン(兵長が一点見つめながら、椅子ごと倒れた!?)



44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:03:22 P8xdJXHs

グンタ「兵長!!大丈夫ですか!?」


リヴァイ(おかしいだろうが!!)


リヴァイ(ミケ、しゃべんねぇぞ!?人の臭い嗅ぎやがるぞ!?)


リヴァイ(エルヴィン!!!!)

グンタ「…兵長?」


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:07:27 P8xdJXHs

ハンジ「今回の評価シートには、戦闘に備えて…の他に」


ハンジ「もう1つ意味があるんだよ~」


ハンジ「兵士の結婚比率をあげたい!!」


ペトラ「真面目な話ですか?」


ハンジ「いたって真面目です」 キリッ


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:11:22 P8xdJXHs

エレン(調査兵団が分からない…)


エレン(俺が新兵だからか?)


エレン(きっと先輩達は分かっているんだ…)


オルオ「チッ!…ナンダコレ…イッタイ」


エレン(分かってないやん!!!!)


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:15:30 P8xdJXHs

ハンジ「調査兵団は巨人との戦闘に長けている」


ハンジ「優秀な兵士の遺伝子を残していきたいってね!!」


ハンジ「例えばリヴァイを見てみてよ♪」


ハンジ「運動神経や瞬発力、動体視力など…リヴァイの子はリヴァイの力を受け継ぐと思わない?」


エルド「それと評価シートと、どう関係があるんですか?」


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:20:22 P8xdJXHs

ハンジ「評価シートの協調性!」


ハンジ「他者とのコミュニケーションが取れる、他者と協力しあえる」


ハンジ「結婚もそうじゃないかな?って考え♪」 テヘッ

ハンジ「兵士の協調性をあげて、ついでに結婚もして、子供作ってよ!!作戦」


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:24:38 P8xdJXHs

ハンジ「…ハァ それなのに」

ハンジ「人類最強の遺伝子は、次の世代に受け継いでいけてないよね?」 チラッ


リヴァイ(エルヴィン!!それで協調性2か!!)


ペトラ(私産みます!!) ブシュ!


エレン(ペトラさん!!鼻血が!!)


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:28:00 P8xdJXHs

ハンジ「ちなみに、ミケは協調性9 でしょ?」


ハンジ「ミケは実は結構もてるのよ!!」


ハンジ「選り取りみどり♪」

ハンジ「遺伝子もミケなら残せるね!!」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:31:56 P8xdJXHs

ハンジ「ペトラの協調性は高そうだね♪」


ペトラ「ハンジ分隊長もですよね?」


ハンジ「いや~エルヴィンは見る目あるなぁ♪」


リヴァイ(エルヴィンめ!!) ギリギリッ


エレン(兵長が巨人と対峙してるかのような殺気!?)


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:34:34 P8xdJXHs

ペトラ「じゃあ、オルオの協調性5は結婚できませんね」


エルド「5じゃあ無理だろ?」


グンタ「無理だな」


リヴァイ(!?お前ら)


オルオ「お前らなぁ」


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:38:12 P8xdJXHs

オルオ「ペトラ!俺の女房になれ」


ペトラ「無理」




リヴァイ(協調性2…)


リヴァイ(協調性2…)


リヴァイ(協調性2…)


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:43:39 P8xdJXHs

ハンジ「まあまあ、オルオ!」


ハンジ「次の評価シートに備えて、目標と改善策を考えてみな?」


ペトラ「無理じゃないですか?」


リヴァイ「!!」 グサッ


ペトラ「協調性の評価7~8が平均なのに、5って(笑)」


ペトラ「結婚できないでしょ!!」ドンッ


リヴァイ「…」

リヴァイ()目目



56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:47:37 P8xdJXHs

リヴァイ(灰化)


エレン(兵長!!風が吹けば今にも消えそうな雰囲気!?)

ハンジ「ともかく、来週までに」


ハンジ「各評価に対する目標と改善策を書いて提出してね♪」


ハンジ「皆さん宜しく♪」


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 00:58:13 P8xdJXHs

◆評価シート◆

名前:リヴァイ


項目:協調性について

苦手とする笑顔を練習し、人と関わりを持つようにする。
コミュニケーション能力を高めるよう努める。

最終的には、結婚できる事を目標にする。


以上


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 01:03:16 P8xdJXHs

~エルヴィン団長室~


ハンジ「リヴァイ、評価シートの協調性の話で動揺してたなぁ」


エルヴィン「だろうな」


ハンジ「エルヴィン何か仕掛けたでしょ?」


エルヴィン「リヴァイのような優秀な兵士の遺伝子は貴重だからな」


ハンジ「人類最強の遺伝子かぁ」


ハンジ「興味あるなぁ♪」


ハンジ「確かに欲しいなぁ、リヴァイの子供」


エルヴィン「!!」


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 01:06:38 P8xdJXHs


エルヴィン団長の考案した評価シートが、調査兵団結婚比率をあげ、優秀な遺伝子が受け継いでいかれようとしていた。。





おわり