3: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:45:46.43 ID:rj81tOw40

豪華客船でのロケの最中、突然船が沈み始めた。
混乱の中、モバPはアイドルたちを速やかに船から脱出させるべく、こう叫んだ。


モバP「今海に飛び込めばヒーローになれるぞ!」
この声を聞いた南条光はライダーキックのポーズで海に飛び込んだ。

モバP「今海に飛び込めば世界レベルだ!」
この声を聞いたヘレンはダンサブルに海に飛び込んだ。

モバP「今海に飛び込むのがこの船の規則だ!」
この声を聞いた冴島清美はきびきびと海に飛び込んだ。

モバP「最高級ワインの詰まった酒樽が海に流れていったぞ!」
この声を聞いた柊志乃は千鳥足で海に飛び込んだ。

そして残るアイドルは一人となったはずだが、あと一人がどこにも見当たらない。


それもそのはず、島村卯月は既に海に飛び込む他のアイドルを見て普通に海に飛び込んでいた。

引用元: モバP「シンデレラガールズジョーク集」 



【メーカー特典あり】 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER  for the NEXT! 01 TRUE COLORS(ジャケ柄ステッカー付き)
歌:城ヶ崎美嘉、高森藍子、アナスタシア、藤原肇、乙倉悠貴、黒埼ちとせ、白雪千夜、久川颯、久川凪
日本コロムビア (2019-10-23)
売り上げランキング: 15
4: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:46:51.92 ID:rj81tOw40

柊志乃と鷺沢文香がとある密室に閉じ込められてしまった。

その部屋にはメモが置いてあり、それによると向こう二十年は出られない代わりに、死ぬこともない。

それどころか十年ごと、つまり今と十年後の二回も好きな願いを叶えてもらえるらしい。

試しに文香が1000冊の本を読みたいと願うと、どこからともなく1000冊の本が現れた。

それを見た志乃は、1000本のワインを願った。当然、1000本のワインが現れた。


それから十年後、再び願いを叶えるチャンスがやってきた。

文香は新たにもう1000冊の本を読みたいと願った。するとまた新たに1000冊の本が現れた。


柊志乃は栓抜きが欲しいと願った。

5: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:47:27.17 ID:rj81tOw40

Cuプロ、Coプロ、Paプロのそれぞれの社長たちが
Pとその担当アイドルのコミュニケ―ションについて話し合っていた。


Cu社長「わが社の島村卯月君の場合、プロデューサーを一日オフに付き合わせて、
    翌日も良好な関係であれば成功としているよ」


Co社長「わが社の森久保乃々君の場合、プロデューサーを一日オフに付き合わせて、
    翌日も乃々君が出社していれば成功としているよ」


Pa社長「わが社の日野茜君の場合、プロデューサーを一日オフに付き合わせて、
    翌日もプロデューサーが出社していれば成功としているよ」

6: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:48:14.37 ID:rj81tOw40

晶葉「嘘を感知するとブザーが鳴る嘘発見器を作ってみたんだ。早速みんなで試してみてくれないか?
   テーマは最近頑張っていることで頼む」


卯月「私が最近は頑張っていることは…部屋のお掃除かな?」

ブブーッ


みちる「フゴフゴ…最近はフゴゴゴ、食べ過ぎを控えフゴフゴフゴ…」

ブブーッ


杏「えーと、私が頑張ってることはー…」

ブブーッ

7: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:49:02.78 ID:rj81tOw40

羽衣小町の塩見周子と小早川紗枝、そしてその担当Pが、ライブの打ち上げにファミレスへ食事に出かけた。

食後、会計を前に三人はこう考えていた。


モバP(ここは俺が出すべきなんだけど、今月ガチャ回しすぎてキツいんだよな…)

紗枝(三人で割り勘したらいくらになるんでっしゃろ?)

周子(モバPさんになんてお礼言おっかなー♪)

8: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:49:35.23 ID:rj81tOw40
もしも同一のアイドルが二人集まると、いったいどうなるだろうか。


荒木比奈が二人集まると、一人が作画、もう一人が脚本の漫画ができる。

中野有香が二人始まると組手を始める。

南条光が二人集まると、一つの正義ともう一つの正義が生まれる。

双葉杏が二人集まっても、だらけるだけで何も始まらない。

9: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:50:14.96 ID:rj81tOw40

学びたいのなら古澤頼子のところへ行け。

食べたいなら木場真奈美のところへ行け。

着たいのなら城ヶ崎美嘉のところへ行け。

聴きたいのなら望月聖のところへ行け。

稼ぎたいのなら土屋亜子のところへ行け。


死にたくないなら千川ちひろのところへ行け。

10: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:52:04.30 ID:rj81tOw40

とある酔狂なアイドルが言った。

凛「もしも蒼いぴにゃこら太を私に見せてくれたら
  シンデレラガール記念ライブのゲスト枠に入れてあげるよ」

それを聞いたそれぞれのアイドルたちはこんな行動をとった。


八神マキノは、そんな生物が本当にいるかどうか、徹底的に諜報活動を進めた。

鷺沢文香は、そんな生物が本当にいるかどうか、図書館へ行って文献を調べた。

櫻井桃華は、櫻井家の力を使い、専門家たちに世界中を探し回らせた。

池袋晶葉は、品種改良の研究を重ね、蒼いぴにゃこら太をつくることに成功した。


一方、楊菲菲は蒼いペンキを買いに行った。

11: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:52:26.30 ID:rj81tOw40

浅利七海、モバP、千川ちひろの三人がボートで海釣りに出かけていた。

しかし、乗っていたボートが突然浸水を始め、三人は急いで邪魔なものを捨て始めた。


まず、七海が重量のある釣り道具を投げ捨てた。

次に、モバPが着替えをポケットの中身ごと海へ放り投げた。

最後に、ちひろが捨てたのはモバPであった。

12: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:52:41.07 ID:rj81tOw40

有能なプロデューサーとはどのような人物か。

それは佐久間まゆを帰らせ、森久保乃々を帰さない者である。

13: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:53:07.59 ID:rj81tOw40

ある日、モバPは事務所のアイドルの愛読書の調査を行った。


むつみ「冒険小説です!」

朋「占いの本に決まってるじゃない」

由里子「高黒、高P、あまとう総受け、たまらないじぇ…」(同人誌)

クラリス「聖書を読むのが日課ですね」


調査結果 アイドルというのはファンタジーやメルヘンを好む傾向にあるようだ。

14: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:53:31.43 ID:rj81tOw40

オーディションに遅刻してしまい、自己紹介の時間が半分になってしまった場合、アイドルたちはどう対処するか。


冴島清美…内容を薄めて、なんとか時間内に収める。

ケイト…普段通りのペースで喋り、途中で止める。

川島瑞樹…普段の二倍のペースで喋る。

神崎蘭子…普通に喋れば時間内に終わる。

高森藍子…普段通りのペースで喋るが、時間がオーバーしても誰も気づかない。

鷹富士茄子…遅刻はありえない。

15: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:53:54.91 ID:rj81tOw40

完璧なアイドルとは、以下のような人物である。

姫川友紀のように料理をし、日野茜のように冷静で、

矢口美羽のように笑いのセンスがあり、輿水幸子のように謙虚で、

双葉杏のように勤勉で、安部菜々のように体力に自信があり、

神谷奈緒のように素直で、森久保乃々のように大胆であり、

堀裕子のように歌が上手く、向井拓海のように笑顔が自然で、

高森藍子のようにスタイル抜群であり、白菊ほたるのように幸運で、

島村卯月のように特徴的、


そんな人物のことである。

16: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:54:23.10 ID:rj81tOw40

ある時、世界的な音楽コンクールが行われた。


開始一時間前以上に黒川千秋が到着した。

三十分前、渋谷凛が到着した。

十分前、冴島清美と諸星きらりが到着した。

開始時刻ぴったりに島村卯月が到着した。

五分遅刻して、多田李衣菜と木村夏樹が到着。

十五分遅刻して、本田未央が到着。

三十分以上立ってから高垣楓が現れた。


来ないと思われていた双葉杏がきらりの上にいたことに、開演直前まで誰も気付かなかった。

17: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:54:41.85 ID:rj81tOw40

Q.切れてしまった電球を新しいものに取り替えるのに、何人の南条光が必要だろうか?

A.三人。

一人が小関麗奈のイタズラの被害者を救出し、一人が麗奈と闘い、一人が電球を交換する。

18: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:54:59.56 ID:rj81tOw40

モバP「料理番組の仕事が来たが…お前たち、自信の方は大丈夫か?」

響子「はい!せっかくですし、プロデューサーにも毎日お弁当作ってきてあげますよ♪」

ありす「問題ありません、まずいと言われたことは一度もありませんから」

19: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:55:22.96 ID:rj81tOw40

「寒い」と感じた時、人々は何をするのだろうか。


15℃…北条加蓮の担当プロデューサーが防寒グッズを買いあさる。

10℃…ナターリアがセーターを着る。

4℃…日野茜が走って体温上昇を図る。

2℃…松尾千鶴が鍋料理の支度を始める。

0℃…水が凍る。

-3℃…前川みくがこたつで丸くなる。

-6℃…藤本里奈がかまくらを作り始める。

-10℃…望月聖の姿を見かけるようになる。

-15℃…安部菜々が動けなくなる。

-28℃…白坂小梅が怪談話をしなくなる。

-34℃…アナスタシアがセーターを着る。

-40℃…イヴ・サンタクロースが段ボールを羽織る。

20: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:55:55.70 ID:rj81tOw40

森久保乃々と双葉杏とモバPが仕事に向かう途中、魔法のランプを拾った。
ランプから出てきた妖精がこう言った。

妖精「一人一つずつ、願いを叶えてあげるわ」


乃々が最初に言った。
乃々「アイドルを辞めて早く家に帰りたいんですけど…」

妖精「おやすい御用」
乃々は煙と共に消え、普通の女の子へと戻っていった。

続いて双葉杏が言った。
杏「一生働かなくても大丈夫なようにしてよ」

妖精「おやすい御用」
杏は煙と共に消え、自宅でぬくぬくできるようになった。

最後にモバPの番となり、妖精が尋ねた。
妖精「あなたの願い事はなんですか?」

モバPが答えた。


モバP「さっきの二人をアイドルに復帰させてくれ」

21: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 16:56:20.51 ID:rj81tOw40

緒方智絵里と輿水幸子がとある小さな国でライブをすることが決まった。
ライブの本番直前、モバPは二人に今回の仕事の自信について尋ねてみた。


智恵理「アイドルに興味のある人なんてほとんどいませんでした。
    わたしなんかが無関心の人にもアイドルの魅力を伝えられるのかな…」


幸子「アイドルに興味のある人なんてほとんどいませんでした。
   これからこの国をボク一色に染め上げるチャンスですね!」

22: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:04:07.67 ID:rj81tOw40

ある日、前川みくが事務所に向かう途中、魔法のランプを見つけた。
彼女がそのランプを拾うと妖精が出てきてこう言った。

妖精「あなたの願いをなんでも叶えてあげましょう」

みくは少し悩んでからこう言った。

みく「みくをシンデレラガールにしてほしいにゃ!」

すると妖精は、すまなそうな顔をしてこう答えた。

妖精「悪いけどそれはできないわ。私にもできることと、できないことがあります。
   そして何よりも、あなたのその願いはあなた自身の手で叶えるものなのよ」

それを聞いたみくは落胆したが、気を取り直してこう言った。

みく「わかったにゃ。それじゃあ、のあにゃんの言葉がわかりやすくなるようにしてほしいにゃ。
   みくはのあにゃんのこと大好きだけど、のあにゃんはいつも難しい事ばっかり言ってるから、
   のあにゃんの気持ちがよくわからない時があるの。だからみくがのあにゃんの言葉の意味が
   わかるようになれば、今までよりもっと仲良くなれると思うのにゃ!」

妖精はしばらく考えていたが、やがてこういった。


妖精「あの、シンデレラガールになるには何票くらい必要なの?」

24: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:06:52.63 ID:rj81tOw40

とある番組で、パン屋のパンを一軒丸々食べ尽くすという企画があった。
挑戦者は実家もパン屋である、パン好き食いしん坊アイドルとしてお馴染みの大原みちる。
午前10時、スタートの合図と共に、みちるはすごいスピードでパンを食べ始めた。
しかし、最初は順調かと思われていたが、八割ほど食べたところでまさかのギブアップ。
チャレンジは失敗に終わってしまった。
収録後、彼女の担当プロデューサーがみちるに声をかけた。


モバP「惜しかったな、みちる」

みちる「おかしいですね。朝ごはんの時はうまくいったんですけど…」

25: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:08:26.21 ID:rj81tOw40

765プロを取材した記者が言った。

「高槻やよいさんは売れっ子アイドルと聞いていたのに、もやしばかり食べているらしい。
 そこまで悲しい食生活を送っていたなんて」


961プロを取材した記者が言った。

「我那覇響さんは売れっ子アイドルと聞いていたのに、ペットの餌を食べているらしい。
 そこまで悲しい食生活を送っていたなんて」


CGプロを取材した記者が言った。

「橘ありすさんは売れっ子アイドルと聞いていたのに、橘流イタリアンを食べているらしい。
 そこまで悲しい食生活を送っていたなんて」

26: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:11:23.63 ID:rj81tOw40

ちひろ「…プロデューサーさん、今私の手元にはアイドルの下着が三枚あります」

モバP「…話を聞かせてもらおうじゃないですか」

ちひろ「まず、新田美波ちゃんの下着、三万円です」

モバP「…続けてください」

ちひろ「次に、及川雫ちゃんの下着、五万円です。特注品ですからね」

モバP「…最後は?」

ちひろ「道明寺歌鈴ちゃんの下着、五千円です」

モバP「五千円!?アイドルの使用済み下着がそんな価格で…」


ちひろ「ほとんど使っていない新品同然ですからね」

27: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:14:17.26 ID:rj81tOw40

キャシー・グラハムは、自分の生まれたニューヨークの街で家族としばらく暮らすことになった。
彼女は英語をほとんど喋ることができなかったが、両親の助けを借りながら、楽しい生活を送っていた。

ある日、彼女は肉屋にへ行って、モモ肉を買おうとした。
しかし、英語でどう言えばいいのかわからなかったので、彼女は思い切ってスカートをめくり、
自分の太ももを指差した。
店員は意味を理解し、モモ肉を手渡した。


翌日、彼女は同じ店でムネ肉を買おうとした。
しかし、英語でどう言えばいいのかわからなかったので、彼女は思い切ってを上着をはだけさせ、
自分の胸を指差した。
店員は意味を理解し、ムネ肉を手渡した。


そのまた翌日、彼女は同じ店でソーセージを買おうとした。
彼女はそのために、今度は彼女の父親を連れて店へと行った。


なぜかって?あなた… 何を考えているんですか?






父親は英語が喋れるんですよ?

28: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:19:19.94 ID:rj81tOw40

あるプロデューサーが、理想の結婚相手を探していた。
彼は花嫁候補のCuアイドル宮本フレデリカ、Coアイドル藤原肇、Paアイドル土屋亜子の三人に1000万円ずつ渡し
それをどう使うか見てみることにした。


フレデリカは、最高級のドレスや宝石、化粧品などを買い込み、美しく着飾った格好でこう言った。
フレデリカ「プロデューサーのために少しでもキレイになろうと思ったんだー♪」
プロデューサーは感激した。


肇は、そのお金を貯金して、一日中、家事や掃除を黙々とこなしていた。
肇は深々と頭を下げてこう言った。
「お金はモバPさんのためにとっておいてあります。身の回りのことは私がすべてしてさしあげます」
プロデューサーは感激した。


亜子は、そのお金を投資に回し、1000万円を倍の2000万円にした。
亜子は誇らしげにこう言った。
「モバPちゃんのためにお金を倍にしたったわ!アタシと結婚すれば一生お金のやりくりには困らへんよ?」
プロデューサーは感激した。



プロデューサーは悩みに悩んだが、結局一番胸の大きいアイドルと結婚することにした。

29: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:20:22.39 ID:rj81tOw40

結婚式に出席できない旨を、新郎新婦に対して、どのような言葉で伝えるか。


佐城雪美「私…いなくても…二人は…魂で…つながってる…」

脇山珠美「申し訳ございません!この珠美、いっそ腹を切ってお詫びを…」

大原みちる「式の翌日には顔を出せるので、ごちそうはとっておいてください!」

日野茜「すみませんでした!!!次こそは必ず出席するので、また呼んでくださいね!!!」

30: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:21:46.94 ID:rj81tOw40

私、橘ありすは小学生の頃、モバPさんにプロポーズしました

それ以来、モバPさんはそれをネタに私を馬鹿にしました

中学生になっても、モバPさんはネタにしました

高校生、大学生になっても馬鹿にしました

今では、夕飯の時にそれをネタにして馬鹿にします

本当にいつまで経っても子どもみたいな人ですね

31: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:24:56.05 ID:rj81tOw40

ありす「モバPさん、頭の悪い人とはどんな人のことなんでしょう」

モバP「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、わけのわからない
    長ったらしい方法で伝えようとしてしまって結局相手に何が言いたいのか
    伝わらなくなってしまうような人のことだ。わかったか?」

ありす「よくわかりました」

32: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:27:05.38 ID:rj81tOw40

Cuプロダクションでの出来事


都「秋葉ちゃん、論理学とはいったいなんですか?」

晶葉「じゃあ、やって見せようか。都の家に芝刈り機はあるか?」

都「ありますよ」

晶葉「と言うことは広い庭があるわけだな」

都「その通り。私の家には広い庭があります」

晶葉「と言うことは一戸建てだな」

都「その通り。ちょっとしたトリックなら再現可能ですね!」

晶葉「と言うことは家族がいるわけだ」

都「その通り。お父さんとお母さんがいます」

晶葉「と言うことは君の両親は同性愛者ではじゃないな」


都「その通り。同性愛者じゃありません」

晶葉「つまりこれが論理学というものなのだよ」

都「なるほど!謎はすべて解けました!ありがとうございます!」

晶葉「へへん♪」


深く感心した都は翌日、自分の担当プロデューサーに言った。

都「CuPさん!論理学を教えてあげますよ!えー…オホン、CuPさんの家には芝刈り機はありますか?」

CuP「いや、ないぞ」

都「と言うことは…ばばーん!ズバリ!CuPさんは同性愛者ですね!」


CuP「えっ!?どうしてわかったんだ!?」

33: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:29:02.48 ID:rj81tOw40

メアリー・コクランが担当プロデューサーに尋ねた。

メアリー「ねえ、ダーリン。アタシのどこが一番好き?アタシのセクシーな体?」

プロデューサーはメアリーを上から下まで見定めて、こう答えた。


モバP「君のユーモアのセンスだよ」

34: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:41:11.81 ID:rj81tOw40

スタミナドリンク(以下スタドリ)の危険性


1)ラットによる実験では、ラットをスタドリ内に入れると87%の確率で溺死する。

2)スタドリを飲んだモバPが将来200年以内に死亡する確率はほぼ100%。

3)規約違反Pがスタドリを購入する確率は、同じ規約違反Pが鍵付きクローゼットを購入する確率よりはるかに高い

4)スタドリを気管に入れると咳嗽反射が起こり、最悪の場合窒息により死に至る。

5)スタドリを飲みながら自動車を運転した場合、重大な人身事故が発生するおそれがある。

6)健康なモバPにスタドリ一本のみを与えて長期間監禁した実験では、被験者の99%が50日以内に死亡した

7)電化製品をスタドリ内に入れると、破損するおそれがある。

8)25年間保存されたスタドリは有毒である。

9)スタドリを作る際に火傷をした人の85%は、スタドリがなければ火傷はしなかったと述べている。

10)某プロダクションでは倒壊したスタドリの入ったコンテナの下敷きになって人が死亡した事例が報告されている

35: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:50:41.30 ID:rj81tOw40

モバP「よう凛。だいぶ変わったな。髪にウェーブはかけてるし、服装もはしたない。それに薬品の匂いもするな」

志希「でも、あたし渋谷凛じゃないよー?」

モバP「名前も変わったのか」

37: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 17:54:50.62 ID:rj81tOw40
千夏「フレちゃん、フランスでは最初のHは声を出さないみたいね」

フレデリカ「そうなんだー。アタシ、フランス語喋れないでよかった!プロデューサーも初めてだったから
      不思議には思われなかったみたいだけど、相当大きいらしいんだよねー」

千夏「フランス語の話よ」

40: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) 2014/05/05(月) 18:04:55.86 ID:95OgvNkV0
上京していた忍が夏の休暇で帰省し、母親に●●を失ったと告白した。
忍母「まぁ…どうしてそんなことになったの?」
ショックを受けた母親は尋ねた。
忍「大変だったよ…」と忍は答えた。

忍「仲良しの友達が、4人がかりでプロデューサーを押さえつけてくれたの」

41: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:06:14.61 ID:rj81tOw40

病院に駆け付けたとき、彼女のプロデューサーであり、夫である男性はすでに冷たくなっていた。
医師が神妙な面持ちで言う。

医師「奥さん、せめてもの慰みにしてください。ご主人の最後の言葉はこうでした。『愛してるよ、美優』」

それを聞いて、和久井留美は泣き崩れた。

42: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(関西地方) 2014/05/05(月) 18:06:31.96 ID:opWDGAqFo
モバP:煙草吸ってもよろしいですか?

ちひろ:どうぞ。ところで一日に何本くらいお吸いに?

モバP:ふた箱くらいですね。

ちひろ:喫煙年数はどれくらいですか?

モバP:30年くらいですね。

ちひろ:なるほど。あそこにベンツが停まってますね。

モバP:停まってますね。

ちひろ:もしあなたが煙草を吸わなければ、

ライラ:ちくわ大明神

ちひろ:あれくらい買えたんですよ。

モバP:あれは私のベンツですけど。

ちひろ:誰だ今の

43: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:07:48.34 ID:rj81tOw40

Q.切れてしまった電球を新しいものに取り替えるのに、何人の双葉杏が必要だろうか?

A.一人。

杏が怠けている間に、諸星きらりが電球を取り替えてくれる。

44: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:08:53.03 ID:rj81tOw40

島村卯月と渋谷凛と本田未央の誰が一番かわいい?と話してる友人3人に「天海春香の方がかわいい」って言ったら
「こっちはリアルの話してんだよ、架空のキャラ持って来んな」って言われてうろたえた

45: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:09:57.10 ID:rj81tOw40

CGプロ専属の病院にモバPが訪れ、森久保乃々に入院の理由を尋ねた。

乃々「もりくぼはただ逃げ出したかっただけなんですけど…」

モバPは呆れて言った。
モバP「そんな理由か!?それならさっさと仕事に戻るぞ!」


乃々に入院を勧めた双葉杏が答えた。


杏「プロデューサー、乃々はきらりんルームに逃げ込もうとしてたんだよ」

46: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:12:07.87 ID:rj81tOw40

高垣楓と双葉杏とモバPが魔法のランプを見つけた。
ランプから妖精が出てきて言った。
「一人に一つだけ、願い事を叶えてあげましょう」

まず楓が言った。
楓「最近はお仕事ばかりで少し疲れてしまいました。
  たまにはお仕事を休んで、温泉でのんびりしたいですね」
妖精はウインク一つして、その願いを叶えてあげた。


続いて杏が言った。
杏「杏の家にさ、すっごく強力なバリアを張ってよ」
妖精は再びウインク一つして、その願いを叶えてあげた。
それと同時に双葉杏は今まで見たこともないような速さで逃げ出してしまった。


そして、最後まで願いを言い出さなかったモバPに対し、妖精が尋ねた。
妖精「あなたの願いはなんですか?」

モバPは少し悩んでから妖精に質問した。妖精に質問した。
モバP「なあ、杏の家のバリアってどれくらい強力なんだ?」

妖精は答えた。
妖精「アリ一匹の侵入も許さない程強力なバリアです。自由に出入りできるのはその家の人間だけですよ」

それを聞いたモバPはこう言った。



モバP「よし願いが決まったぞ。杏の部屋をきらりんルームにしてくれ」

 

49: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:15:10.15 ID:rj81tOw40
 
モバP「ガチャ回してもよろしいですか?」

ちひろ「どうぞ。ところで一月にいくらくらいお回しに?」

モバP「少なくとも100k以上ですね」

ちひろ「P歴はどのくらいですか?」

モバP「今年で3年になります」

ちひろ「なるほど。あそこに国産車が停まってますね」

モバP「停まってますね」

ちひろ「もしあなたがガチャを回さなければ」

歌鈴「ちくわ道明寺」

ちひろ「あれくらい買えたんですよ」

モバP「あれは私の車ですけど」

ちひろ「誰だ今の」

50: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:16:25.41 ID:rj81tOw40

里奈「たくみーん♪アタシさー、バカにつける薬っての買ったんだー!
   とりま三本飲んじゃったけど、これもうマジヤバっしょ?アタシってばもう天才じゃね?ウケるー☆」

拓海「つける薬飲んでどうすんだよ…」

51: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:17:44.92 ID:rj81tOw40

モバP「いやぁ、お袋以外の女の人の手料理なんて初めて食べるなぁ。ましてや本格イタリアンなんて」

ありす「気持ちはよく分かります。実は私も初めての料理なんです」

53: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:19:03.31 ID:rj81tOw40

今日は快晴で夏らしい日ですね。
非常に暑かったので、肩紐の細いタンクトップに短いスパッツを履いて、
その上に大きめのエプロンを着て、灼熱の台所でアップルパイを焼いておりました。

チャイムが鳴ったので、パイ生地を放り出してドアを開けると、プロデューサーさんが、
「見てはいけないものをしまった!!!」
という表情をして、お持ちになっていた鞄で咄嗟に顔を隠しました。
正面から見た感じだと、タンクトップとスパッツがエプロンで隠れてて、
裸にエプロンを着けただけに見えたんでしょうね。

愛梨(いけない!このままじゃ、汗だくで、息を荒げ、手を何かのパウダーだらけにし、
  ●エプロンで飛び出すふしだらな女に思われちゃう!)

と判断した賢い私は、

愛梨「あ、違うんです、これは!」

と、エプロンの胸元をめくってタンクトップを見せて己の正当性を主張しようとし、
勢い余って、エプロンごとタンクトップをめくって、右 首を迅速に見せつけました。
●●です。立派なものです。

そのあとはもう、パニックになって発狂してしまい、

愛梨「着てるんです!着てるんです!ほらほら!」
と叫びつつ万歳をして何度も回転し(服を見せるために)、プロデューサーさんも混乱して

モバP「わかった!愛梨は着てる!着てるから!」
と叫び、阿鼻叫喚。もうなにがなんだか…。

今すぐ嵐が来て、雷が落ちないかと、心から願ってます。
あと届け物は田舎からのお米でした。アップルパイも上手に焼けました。美味しかったです。

55: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:21:46.98 ID:rj81tOw40

莉嘉「ねー、お姉ちゃーん。英語教えてよ~」

美嘉「はいはい。それじゃあ、myを使って英文作ってみなよ」

莉嘉「うーん…よし!出来たよー☆」

美嘉「えーと、なになに…」

『Mypenisbig.』

美嘉「ちょっと、莉嘉~?単語の間は一文字分のスペース開けないとダメでしょ?
   それにbe動詞も無いし…」

莉嘉「isってbe動詞じゃないの?」

56: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:25:57.59 ID:rj81tOw40
麗奈「上田の名札を長袖に変えたら、社長室に呼び出し食らったわ…」

57: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:27:37.91 ID:rj81tOw40

未央「どうしたの?深刻そうな顔して」

PaP「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」

未央「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」

PaP「話変わってねーよ」

58: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:28:29.70 ID:rj81tOw40

女「日野茜みたいにカットしてください」

美容師「わかりました」

女「ふぅ…」

美容師「お客様!本日はスポーツ刈りですか!!!角刈りですか!!!!それとも丸刈りにしますか!!!!!」ブィィィィィ

59: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:31:28.78 ID:rj81tOw40
大学生のふりをして川島瑞樹さんとメールしてみた。

モバP「こんにちは。モバPって言います。メル友がほしくてメールしてみました。よかったら返事下さい><」

瑞樹「私は女子高生だけど、よかったらこちらこそメル友になって下さい」


。・゜・(ノД`)・゜・川島さん...

60: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 18:32:37.28 ID:rj81tOw40

きらり「仁菜ちゃんのピヨピヨサンダル踏んだらプベァみたいな音したきり鳴かなくなったにぃ」

 
64: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 22:32:50.38 ID:rj81tOw40

愛海「この前、●●●●星人から逃げ切ったら10万円って企画に出たんだ」

清良「あらあら…そんな企画に駆り出されるなんて愛海ちゃんも大変ね。
   それで、成果の方はどうだったの?」

愛海「三人ほどいただきました」

65: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 22:37:08.76 ID:rj81tOw40

美嘉「このみりあちゃんが印刷された切手、何故か封筒に張り付かないんだけど…」

モバP「美嘉、絵の描いてあるほうをペ ペ するんじゃない」

66: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 22:48:07.85 ID:rj81tOw40

まゆ「心理テストをしましょう」

モバP「よし、いいぞ」

あなたは長いトンネルの中を歩いていまゆ
出口に一人の女性が立っていまゆ
あなたは今誰を思い浮かべましたか?






まゆ「それがあなたの運命の人ですよぉ…うふっ♪」

モバP「」

67: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 22:57:13.47 ID:rj81tOw40

みりあ「ねーねープロデューサー。赤ちゃんはどこからくるの?」

モバP「赤ちゃんはね。コウノトリさんが運んでくるんだよ」

みりあ「流通経路の話じゃなくて生産元の話だよ。あなたは魚の居場所を聞かれて船と答えるのか」

モバP「ちょっと待って」

69: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:05:06.86 ID:rj81tOw40

白菊ほたるの過去


昔、背の低いプロデューサーさんに気を使ってぺったんこの靴でお仕事に行ったら

旧P「え、何その靴?w忍者?忍者?wwにんにん!」

ってプロデューサーさんがはしゃぎながら溝に落ちて足の小指骨折して

旧P「お前といたらろくなことない!」

って担当を降りられました。

そのことを当時の社長に話したら社長が笑いながら階段踏み外して落ちて、その後事務所が倒産しました。

71: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:22:29.00 ID:rj81tOw40

千川ちひろは売れ残った鍵付きクローゼットをどうにか売ろうとしていた。

まず、ちひろが狙いを定めたのが初心者P。
ちひろ「鍵付きクローゼットはいかがですか?」
初心者P「効果は?」
ちひろ「衣装に仕掛ければ一度だけその衣装が奪われるのを防ぎます」
初心者P「一度だけとは使えない。帰れ」


次に、ちひろは別の駆け出しPに狙いを定めたP。
ちひろ「鍵付きクローゼットはいかがですか?」
駆け出しP「注意事項は?」
ちひろ「衣装が奪われるのを防ぐと、ターゲットになりやすくなります」
初心者P「そんな物騒なものを誰が買うか。帰れ」


課金兵にも狙いを定めたちひろ。
ちひろ「鍵付きクローゼットはいかがですか?」
課金兵P「衣装を集めるメリットは?」
ちひろ「衣装を一セット揃えると新しいアイドルが所属します」
課金兵P「フリトレを使えばいいじゃないか。帰れ」


とうとうヤケになったちひろ。もう鍵クロさえ処分できればどうでも良くなっていた。
ちひろ「鍵付きクローゼットはいかがですか?今ならお一つ無料で差し上げます」
無課金P「今まで買ったPは何人いる?」
ちひろ「…ゼロです」
無課金P「誰も金を出さない物に何の価値がある。帰れ」


万策尽きたちひろ、しかし、そこに一人の物好きが現れた。
鍵クロP「鍵クロの処分に困っているそうですね」
ちひろ「はい…誰も引き取ってくれなくて困ってるんです…」
鍵クロP「それでは俺が10個いただきますよ」
ちひろ「ありがとうございます!10個で1000モバコインです!」
鍵クロP「帰るわ」

72: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:31:33.64 ID:rj81tOw40
とある政治アンケートを受けて


『失礼ですが、食肉の不足について貴方のご意見をお聞かせ願えますか?』


桃華「『不足』って何ですの?」

こずえ「『しょくにく』ってなぁに?」

乃々「『意見』って何ですか…?」

麗奈「『失礼ですが』って何かしらね!」

73: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:32:17.71 ID:rj81tOw40

自分に無いモノは何?

小日向美穂「余裕」

日野茜「自制心」

輿水幸子「命の保証」

森久保乃々「脱出経路」

モバP「人権」

74: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:36:26.73 ID:rj81tOw40
ベトナム帰還兵が足を引きずりながら道を歩いていると、
向こうから別な男が足を引きずりながら歩いてきた。
帰還兵は近づいてきた男に向かって笑みを浮かべながら親指を立てて言った。

「メコン・デルタ。1969年。カラシニコフ」

相手の男も笑みを浮かべ親指を立てて言った。

「運動会。2012年。島村卯月」

75: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:47:28.77 ID:rj81tOw40

ウチのアイドルはスキンシップがあまり好きでないらしい。
人前で頭をポンポンとすると、むっとした顔になり手を払いのける。

ある日、

美玲「ちょっとこっち来イ…」

と言われ休憩室に行くと

美玲「遊ぶぞーッ!(・∀@)」

と抱きついてきた。



…まぁ甘えたい日もあるのだろうと、後から抱っこするような体勢のまま座り
学校の話を聞いたりツメをプニプニさせてもらったりしてた。

暫くそうしてると

「美玲ちゃーん!いますかー?」

とちひろさんの声がして部屋に入ってきた。
美玲はビックリして飛び上がり、顔を真っ赤にして俺から離れて座ってた。

ウチのアイドルはスキンシップが苦手らしい。

76: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:50:41.60 ID:rj81tOw40

小関麗奈の担当をしていたプロデューサーの話。


アタシの担当だったプロデューサーは結構な歳で、昔のアタシも孫のようにかわいがってもらってた。
その頃のアタシはアイドル一のワルになるだなんて粋がっててさ、
映画や漫画の悪役とその手下が「下僕」「○○様」と呼び合うのを二人で真似して

麗奈「下僕!今日もアタシのためにキリキリ働きなさい!」

モバP「かしこまりました、麗奈様」

なんて呼び合って遊んでいた。
そんな関係はアタシが大学進学のためにアイドルを引退するまで延々と続いていた。


大学卒業後に実家に戻ってきたらなんと「下僕」が脳卒中やって入院中だという。
さっそく見舞いに行ってみたら「下僕」はたくさんの管に繋がれてベッドに横たわっていた。
看護士の話では外界からの刺激にはなんの反応も示さない状態だと言う。
アタシは「下僕」に呼びかけてみた。

麗奈「下僕、アタシよ。覚えてるんでしょうね?」

ダメもとのつもりだった。…けど、次の瞬間、閉じられていた「下僕」の目がカッと見開き
そして今まで昏睡してたとは思えないようなハッキリとした声で喋った。



モバP「麗奈様、ご立派になられましたな。」

77: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:57:01.85 ID:rj81tOw40

プロダクションマッチフェスティバルでの話。

観戦しているひとに、「今、何対何?」 と聞くと返ってきた答え‥

「今のところは、20対20」

78: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/05(月) 23:57:33.11 ID:rj81tOw40
無人島に多田李衣菜と木村夏樹の二人が遭難して二か月がたっていた。
夏樹が言った。

夏樹「このままじゃラチがあかない、イカダをつくろう。」

李衣菜もこれに同意し、2人はイカダを作りはじめた。
一日かけてイカダは完成した。


夏樹「よし!出発だ、島を出ようぜ!」

李衣菜「え?遊ぶんじゃないの?」

79: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 00:00:38.03 ID:EZJevDF30

Q.大原みちるの食費が一番少ない月は何月か?

A.二月。

80: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 00:27:00.67 ID:EZJevDF30

「みくにゃんのファンがどんどん減っているのをを見ると、みくにゃんのファンってのはなるほど自由なんだなと思うね」

「しかし、にも関わらず、性懲りも無くみくにゃんのファンになるのがほとんどだっていうのは、
 みくにゃんのファンがまた一途だってことでもあるね」

81: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 00:27:40.28 ID:EZJevDF30
島村卯月と渋谷凛と本田未央が海で遭難して無人島に漂着した。
3人は島から容易には脱出出来ないことに気付き、
生きていくのに必要な物を探しに各自島を探索しに行った。
3人はそれぞれ食料になりそうな植物や狩りに使えそうな道具を持ち寄った。
その際、凛は古ぼけたランプも見つけてきた。
汚いランプを拭いていると、突然ランプから煙が出てきて見る間に魔神の姿になった。
ランプの魔神は低い声でこう言った。

魔人「お前達の願いを一人一つだけ叶えてやろう。ただし同じ願いは許さん。言ったらそいつを食う。」

凛はとっさにこう言った。

「プロデューサーに会いたい」

びゅ~ん!!
凛は事務所まで飛んでいった。

未央も家に帰りたかったが同じ願いは言えない。
そして少し考えてこう言った。

未央「友達に会いたい!」

びゅ~ん!!
未央も事務所まで飛んでいった。

最後に残された卯月も事務所に帰りたかったがやっぱり同じ願いは言えない。
少し考えてこう言った。

卯月「また事務所のみんなとライブがしたいです!」

びゅ~ん!!


事務所の仲間たちとライブステージが無人島に飛んできた。

82: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:03:41.16 ID:EZJevDF30

東京のど真ん中で、これからライブ会場へ向かうプロデューサーの一行がいました。
すると突然どこからか獰猛なボクサー犬が現れ、鋭い牙で襲いかかろうとしたそのとき!

男「危ないっ!」

いち早く気づいたメンバーが、犬をサイリウムでボコボコにし、犬を殺しました。
たまたまそこに地元の記者がいて、このことを記事にしようと早速メモをとり始めます。

記者「えーと。モバP、恐ろしい狂犬から仲間を救う」

男「待ってください。僕、モバPじゃないよ」

記者「えーと。ミリP、恐ろしい狂犬から仲間を救う」

男「待ってください。僕、ミリPでもないよ」

記者「じゃあなんの仕事をしてるんです?」

男「えっへん!提督ですよ」


記者「…えーと。提督、かわいらしいペットの犬を虐待惨殺」

83: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:07:29.65 ID:EZJevDF30
八神マキノは考えてから走る

日野茜は走ってから考える

高森藍子は歩きながら考える


島村卯月は気づけば周囲と同じように走っている

84: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:09:51.99 ID:EZJevDF30

Pが壁に磔にされている時


南条光の場合:さっそうとPを救出

塩見周子の場合:おやつを頬張りながらPに向けてダーツをする

八神マキノの場合:なぜPが磔にされているのかの論理を組み立てる

佐久間まゆの場合:Pと結ばれる

江上椿の場合:他所を見ながらカメラでPを撮影

難波笑美の場合:となりでグリコのポーズをする

85: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:13:27.46 ID:EZJevDF30

765P「良い話と悪い話がある、どっちから聞きたい?」

モバP「良い話から聞かせてくれ」

765P「お前んとこのアシスタントの千川ちひろさんが逮捕されたそうだ」

モバP「ハッハー!ざまぁみやがれ!あの鬼!悪魔!ちひろ!
    で?この喜びをブチ壊せるほどの悪い話なんてあるのかい?」

765P「それが誤報だったそうだ」

86: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:22:02.26 ID:EZJevDF30
かな子「あ、あの…クッキー作り過ぎちゃったんですけど…完食しました」

87: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:22:42.96 ID:EZJevDF30
モバP「毎月定額料払えば使い放題なものはなーんだ?」


ちひろ「プロデューサー」

88: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:23:52.54 ID:EZJevDF30
乃々「もりくぼは帰りたいんですけど…」

修造P「ダメだよ!もっと自分の意見をアピールしなきゃ!」

乃々「も、もりくぼは帰りたいんですけど!?」

修造P「下向いてちゃ何も伝わらないよ!もっと大声出して!!」


乃々「もりくぼは帰りたいんですけど!!!」

修造P「ダメだ!!!!」

89: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:24:21.32 ID:EZJevDF30
薫ちゃんは1個70円のりんごと1個30円のみかんを握り潰してこう言いました。


薫「次はお前がこうなる番だ」

90: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:42:39.65 ID:EZJevDF30

男A「さっき20斤くらいパンをくわえた女の子とぶつかったわ」

男B「それ人間か? 」

男C「20斤をくわえられてる時点でただの女の子じゃないなw」

男D「すげえ顎の力だなwwwww」


モバP「すみません、クロワッサンみたいなおさげの女の子が
   パンを20斤くわえて走っているのを見かけませんでしたか?」

91: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:43:48.63 ID:EZJevDF30

一時間に一本くらいしか電車が通らない田舎に、アイドルの高森藍子ちゃんと龍崎薫ちゃんと
そのプロデューサーさんとでテレビ番組のロケに来てくれたんです。
ダイヤの関係で、ある駅で電車が3分ほど止まりました。
プロデューサーさんは藍子ちゃんと薫ちゃんを車内に残して、ホームに出て写真を撮り始めました。
すると電車がすぐに出発してしまうと思った薫ちゃんが、「せんせぇが置いてかれちゃう!」って泣き出しました。
藍子ちゃんがなだめるも、泣き止まない子供。
「せんせぇ! 早く乗って! 置いてかれちゃう! せんせぇぃやぁぁぁ!!」
周りの客がそれ見て、優しい子供だなぁとか言って笑っていました。
久しぶりにいいものを見たと思いました。
プロデューサーさんは置いてかれました。

92: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 01:54:06.71 ID:EZJevDF30

アッキーが起きたら枕元で

優「お目覚めですかぁ?本日も一日お供させて頂きますよぉ☆」

でスタート。

アッキーが部屋出ようとしたら

優「待っててね、今外を確認しますからぁ」

ドアをそっと開けて外をキョロキョロ。

優「安全を確認しましたぁ、どうぞ♪」

廊下は常に猫のそばを歩腹前進して進み、
そして茶の間のゴミ箱の横に差し掛かったときに

優「危ぬわぁぁぁぁぁい!!!!」

と絶叫しゴミ箱を蹴り飛ばしながらアッキーを抱っこしてスライディング。

吹っ飛ぶゴミ箱散乱するゴミ、迷惑そうなアッキー
満足そうな顔をして横たわるあたし。

優「爆弾ね、よくある手なのぉ。…あたし、は…もう駄目だけどアッ…キーが…無事で良かっ…たっ…!」

えんだぁぁーーいやぁーうぃうぃうぃらぁびゅぅーうぅうぅー
↑アカペラでボディガードの主題歌を熱唱、心の底から嫌そうな顔のアッキー

93: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 02:16:09.06 ID:EZJevDF30
アッキー「く~ん…(歩くの疲れたw)」

優「あれぇ?アッキーどうしたのぉ?」

アッキー「く~ん…く~ん…(だからー、歩くの疲れた)」

モバP「疲れたのか?じゃあそこの公園で休憩するか。」

アッキー「キャンw(モバPwwww)」

優「そうねぇ。そうだ♪ねぇアッキー、あたしと一緒にダンスの練習でもしてみない?」

アッキー「お前モバPの話聞いてなかっただろ(ワン)」

94: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 02:18:37.82 ID:EZJevDF30

CGプロのスローガン

(1)千川ちひろは常に正しい。

(2)千川ちひろが間違っていると思ったら(1)を見よ。

95: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 02:21:19.15 ID:EZJevDF30
おいしいイタリアンの作り方


ありす「まずイチゴを用意します」

柚「ちょっとまてや」

96: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 02:34:36.73 ID:EZJevDF30
モバP「前に事務所でね、悪霊を追い払うと言われたお香をたいたんだよ。
   そしたら、ちひろさんが「臭い臭い」と叫びながら事務所を出ていったんだ」

97: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 03:07:20.17 ID:EZJevDF30

俺の担当アイドルの遊佐こずえは(画像や写真でも)人の顔をじっと指さすという妙な癖があった。

指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのはつい最近のことだ。

今日も俺がテレビをつけようとしたときこずえは、じっと画面を指さしていた。

ついたテレビには大物タレントの姿が。へえ、この人も死ぬのか。

98: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 03:07:45.54 ID:EZJevDF30

俺の嫁の元アイドル、佐久間まゆは嫉妬深く、他の女の話をするだけで嫉妬する。

それでも俺を愛してくれているから幸せだ。

そしてまゆは妊娠した。

女の子だそうだ。

俺は生まれてくるのが楽しみで毎日お腹に耳をあてて聞いたりした。

でも、嫁は流産だった。

俺が慰めると嫁は「でもまゆはまた子どもを作りますよぉ…元気な男の子を産んであげたいですから…」

99: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) 2014/05/06(火) 04:05:07.38 ID:45ykeW2ho
モバP「イヴ、家が火事になったんだって、大丈夫か?」

イヴ「大丈夫ですよ。またダンボールを拾うだけですからぁ」

100: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) 2014/05/06(火) 04:07:33.43 ID:45ykeW2ho
モバP「礼子さん、ようやく禁酒に踏み切ってくれたんですね」

礼子「ええ、やってみると案外簡単なものね」

モバP「礼子さんなら出来るって信じてましたよ。それでいつから禁酒してるんですか?」

礼子「そうねぇ、丁度三時間ってとこかしら」

101: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) 2014/05/06(火) 04:08:23.54 ID:45ykeW2ho
俺はなんでこんなに疲れてるんだろう?

それはアイドル達からのスキンシップに耐え、理性を失わないようにしてきたからかと思っていた。

今、やっとその原因を見つけた。それは働きすぎだからだ。

102: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(東京都) 2014/05/06(火) 04:09:04.89 ID:45ykeW2ho
とある廃課金の名言

「課金を辞めるなんて簡単な事だ。俺はもう百回も辞めた」

104: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:00:09.50 ID:EZJevDF30

最近アタシの同人誌がいつの間にか数冊無くなっている。
思えば比奈センセもオタなんだし、まぁいろいろあるのだろう。
同好の士を求める腐女子としてはイタズラ心も湧くと言うものだ。
そこで事務所の部屋の床に無造作に置いた薄い本の中に
「妄想は結構だケド、もうちょっと声を抑えなよ?聞こえてるじぇ。」
とメモを挟んでおいた。
そしてお仕事から戻ると、その薄い本は見事になくなっていた。

翌日の朝礼時、なぜかCuPさんがチラチラとこちらを見てきた。
何で顔が赤いんだじぇ、CuPさん。これはもしや…うへへ、目覚めそうだじぇ…

105: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:00:50.02 ID:EZJevDF30

神がミリオンライブ!を作られたとき、大天使千川ちひろが神に抗議した。

ちひろ「神よ。なぜミリオンライブ!にだけ、765プロとの共演、
    全アイドルのボイス付き、映画出演など与えられたのですか?
    シンデレラガールズに比べてミリオンライブ!は恵まれすぎています」

神は答えた。

「安心しなさい。GREEに任せておいたから」

106: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:01:40.67 ID:EZJevDF30

慈善活動センターがリストを整理してみると、
某経営アシスタントからの寄付が一度もないということが判明した。
そこで、寄付集めの担当者が経営アシスタントに電話して寄付の説得を試みた。

職員「当センターの記録では、年収700万以上の方のなかで、
   一銭の寄付もしていないのは貴方だけということになっています。
   社会還元について前向きにお考えですか?」

少々考えた後、アシスタントが口を開く。

ちひろ「えっと、私のお母さんが長いこと寝たきりで死にかけていること、
    その上、その医療費がお父さんの年収の数倍もするということをご存知の上での質問ですか?」

職員は困惑し、口篭もった。
職員「えー…いいえ」

ちひろ「…それだけじゃないんですよ。
    私の叔父さんはね、交通事故の後遺症で介護が必要なんです。
    目が見えないし、車椅子のお世話になっているんですよ」

職員が弁解の言葉を口にする暇も与えず、アシスタントは言葉を重ねる。

ちひろ「…まだあります。私のおじいちゃんはガンにかかっていて、入院してるんです。
    入院費と治療費で一文無しの状態ですよ!」

アシスタントの口調は、明らかに憤慨した時のそれだった。

電話の前で頭を垂れながら職員が言う。

職員「それはその…お気の毒様です…」

アシスタントは最後に一言。


ちひろ「そんな身内にも一銭も恵んでいないこの私が、
    貴方のところに寄付するとでも思っているんですか?」

107: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:02:35.75 ID:EZJevDF30

周子「へー、柑奈ちゃんプロデューサーとそんなことしたんだ?」

柑奈「はい!予想していたよりも太くて驚きましたよ。刺し入れて貰う時思わず声をあげちゃったぐらいですね!」

美優美波早苗清美千枝「!?」雫「?」

周子「ふーん、大丈夫だったん?」

柑奈「初めてで血も出ましたからびっくりしましたけど、これもラブ&ピースのためと思えば我慢できました!」

美優「え?あ、あの…!?」

美波「じ、事務所でなんて話をしているんですか!?」

早苗「あんのプロデューサー…」

清美「ふ、風紀を乱そうだなんて許せません!レッドカードですよ!?」

千枝「も、もっと詳しく教えてくれませんか…?」

雫「皆さん、なんでそんなに慌ててるんですかー?」

周子「みんな落着きなって…」

柑奈「あれ?人前で話していい話題ではなかったんでしょうか?」

清美「当たり前でしょう!」

美優「小さい子だっているんですよ!?」

千枝「その…千枝のことは気にせずに続けて欲しいんですけど…」


柑奈「献血をしたって」

美優美波早苗清美千枝「…え?」

雫「そんなことないですよー。献血は立派な行為ですからー」

柑奈「うふふ!ありがとうございます!雫ちゃん!」

周子「んー?みんなで顔を赤くしちゃってどうしたのかなー?」

美優美波早苗清美千枝「////」

108: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:03:01.84 ID:EZJevDF30

モバP「川島さん、●●を貴重だと思う男は多いです」

瑞樹「その通りね」

モバP「しかし逆に●●は女に気持ち悪がられます」

瑞樹「確かに」

モバP「おかしいじゃないですか、何故このような意識の違いが生まれるのですか」

瑞樹「それは一度も侵入を許していない砦は頼もしく、
   一度も侵入に成功しない兵士は頼りないからよ」

モバP「では30年も侵入を許していない砦は相当頼もしいのでしょうか?」

瑞樹「建てられてから30年も経つと、砦はどうなると思う?」

モバP「多くは朽ち果て、場合によってはうち捨てられます」

瑞樹「そのような砦を攻める者はいないということ…ぐすん」

モバP「元気出してください川島さん!川島さんにならきっといい人に巡り合えますよ!」

瑞樹「そこは君がもらってくれるって流れじゃないの!?」

109: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:03:16.09 ID:EZJevDF30
みりあ「はじめてーのー?」

みりあ妹「てゅー?」

みりあ「君と?」

みりあ妹「てゅー」

みりあ「ウフフ」

みりあ妹「I will give you all my love.」

みりあ「!?」

110: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:03:53.25 ID:EZJevDF30

CGプロ、モバマスプロ、デレマスプロ、それぞれの社長が
誰の部下が一番勇気があるか競うことにした。


CGプロの社長が千川ちひろを部下にけしかけた。
ちひろ「今行われているイベントの上位入賞を目指しましょう!
    今ならイベントのためのアイテムをお得な値段でお売りします!」
部下は言われたとおりにイベントを走り、爆死してしまった。

モバマスプロの社長が千川ちひろを部下にけしかけた。
ちひろ「レアやSレアのアイドルをGETするにはガチャが一番!
    今ならお得な特別ガチャも開催中ですよ!」
部下は言われたとおりにガチャを回し、爆死した。

デレマスプロの社長が千川ちひろを部下にけしかけた。
ちひろ「ただいまシンデレラガール総選挙が開催中です!ガチャで投票券を
    手に入れ、お気に入りの子をシンデレラガールへと導きましょう!」
部下は言った。
「ふざけるな、この鬼!悪魔!ちひろ!」

デレマスプロの社長が言った。
「どうだ、私の部下が一番勇気があるだろう。」

111: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:05:46.65 ID:EZJevDF30

久しぶりのオフを利用してみちるは一人で旅行にやってきた。
ホテルにチェックインし、食事の時間を聞くとフロントの係員は答えた。

係員「朝食は7時から10時、昼食は11時から3時、お夕食は5時から9時までとなっております」

みちる「えっ!?」

みちるはビックリして声を上げた。

みちる「じゃあ、私はいつ観光に行けばいいんですか?」

112: ◆YKXOzEQSbU 2014/05/06(火) 15:06:05.75 ID:EZJevDF30

おいお前、そう怒り狂ってるお前
お前が怒っているそのレスだけど、確かに文面を読めば不愉快極まりないものだろう
まっすぐなお前のことだ、スルー出来ないのも無理はない
だがお前が怒っているそのレス、信じられないかもしれないが あ り す が 書 い て い る ん だ

わかるか?その自慢のタブレットをかっこよく使いこなそうと、ぷにぷにの指で画面をタッチしている
「今日はどうやって論破してあげましょうか」なんてフンスフンスしながら理屈をこねている
そしてようやく書き上げたレスを背筋をピンと立てながら「書き込み」ボタンを押しているんだ
後は自分にどんなレスがつくのか画面をじっと見ている
そう思えばお前もそんなに厳しいレスは返せないんじゃあないか?