3: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 00:51:28.74 ID:BIKILTYSO
晴絵「あ、灼、いきなり何言ってるの?」

灼「恋愛経験とかあったら教えてほし…」

ピーン
晴絵「なになに?どうした?もしかして好きな男でもできたのかー」ウリウリ

灼「むぅ…何か、気になる男の子はいる…」

晴絵「おおぅ、青春だね。でも、どこで出会ったの?」

引用元: 灼「ハルちゃんって好きな人いる?」 



咲-Saki-全国編 通常版 (特典なし) - PS Vita
加賀クリエイト (2015-09-17)
売り上げランキング: 15,449
5: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 01:02:00.33 ID:BIKILTYSO
回想、鷺森レーンにて

灼「あ、男くん…いつもうちを利用してくれてありがとう。」

男「いや、こちらこそ。あの…その荷物、運ぶの手伝おうか?」

灼「お客さんに手伝ってもらうなんて…」

男「いや…どう考えても鷺森さんが動かすのは難しいでしょ。」

8: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 01:09:43.82 ID:BIKILTYSO
男「はい、終わり。」

灼「ありがとう…でも、私…店員失格だ…」ジワ

男「うわわ、泣かなくても…」

灼「おばあちゃんのお手伝い、しようと思ったのに、私じゃ力不足……っと、ごめんなさい、お客様の前で、こんな…」

男「いや、余計な事したかな。僕もここを何回も利用させてもらってるし、何か手伝いたくって…」

回想終了

10: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 01:21:06.55 ID:BIKILTYSO
灼「こんな感じで、妙にうちのレーンを気に入ってくれてる…」

晴絵(それは灼を気に入ってるんじゃ…)

晴絵「で、灼はその男の子が気になるわけだ?」

灼「でも…恋愛なのかな?よくわからな……部の皆に聞くのも恥ずかしいし…」

晴絵「ほうほう…」

灼「ハルちゃんの高校時代の経験とか教えてほし…」

晴絵「…」

11: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 01:32:52.86 ID:BIKILTYSO
灼「どうしたの?」

晴絵「あの頃の私は、インハイで受けた傷がもとで、まともに恋愛どころじゃなかったかな…」

灼「ご、ごめ…」

晴絵「一応ね…トラウマ乗り越えるための気分転換として、男の子と付き合うことがなかったわけじゃないけど…」

灼「うん…」

晴絵「そんな傷の舐め合いみたいのが、うまくいくはずもなく…大学や社会人でも同じような感じ…で今に至る」ズーン

灼「ハルちゃん、ごめん!もういい!もういいよ!」

晴絵「」

灼(これが…小鍛治プロに敗れるということなの?)ガクガク

12: ◆9NgV143E7U 2014/05/06(火) 01:38:19.51 ID:BIKILTYSO
後日 教室

灼(結局…あの後はハルちゃんを慰める側になってしまった……ハルちゃん、美人でかっこいいし、男の人にモテると思うけど…)

灼(ふーむ、私のほうはどうしよ…もやもやする)ポケー

玄「おや?物思いにふけって、どうしたの灼ちゃん?」

16: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 01:37:36.68 ID:k0exkH2SO
灼「玄…別になんでもな…」

玄「そう?まるで恋する乙女みたいだったよ(なーんちゃって…)」

灼「な、何でわかったの!?」

玄「えっ!?」

灼「えっ?」

17: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 01:44:18.19 ID:k0exkH2SO
玄「ほほーう…カマをかけただけなんだけど、これは面白いことになりそうだね!」ワキワキ(おもち無いけど)

灼「しまった…」

玄「なになに?相手はどんな人?うちは女子高だから学外で出会ったんだよね。」

灼「くっ…話す流れなの?」

玄「あー、これは部の皆にも報告かなー」(棒読み)

灼「ちょっ…」

玄「冗談だよー、言いにくいなら秘密にするよ?」

18: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 01:51:17.94 ID:k0exkH2SO
灼(とは言え、ハルちゃんからはアドバイスもらえなかったし…恥ずかしいけど、ここはいっそ…)

灼「あー、いや…折角だから皆にも相談にのってほし…」

キラーン
玄「おまかせあれ!!他人の恋話は蜜の味!だからね。全力で応援させていただきます!」シュタッ

灼「はぁ…ありがたくって涙がでそ…」

19: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 01:59:34.70 ID:k0exkH2SO
放課後 部室

玄「というわけで、今日は部活が始まる前に灼ちゃんの恋愛相談です!」

宥「わぁぁ」

穏乃「ふおおぉぉっ!」

憧「おおーっ!」


灼「よ…よろしく…」

20: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 02:13:32.50 ID:k0exkH2SO
憧「ま、まさか、灼さんからそんな浮いた話が切り出されるなんて…」

灼「やっぱり私は男の子に興味持つって柄じゃないかな…」

憧「ご、ごめん。そういう意味じゃなくて…灼さん、カッチリしたイメージだから…

でも、女の子なんだから異性との恋愛に興味持つのは普通ですよね、うん。」

灼「憧れたり、ドキドキしたりって訳じゃないんだけどね。それならわかりやすい恋愛なんだろうけど…」

穏乃「違うんですか?」

灼「うーん…」

22: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 02:21:51.69 ID:k0exkH2SO
穏乃「ところで相手はどんな人なんです?」

灼「うちのレーンによく通ってくれてる男子高校生で…ときどきうちの手伝いをしてくれる…」

宥「わぁ、いい人なんだね。」

灼「はい、実は夏休みの前も…」

23: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 02:31:08.88 ID:k0exkH2SO
回想 鷺森レーン

灼「…何で店員のカッコしてるの?」

男「今から夏休みにかけて、ここでアルバイトをさせてもらうことになりました!」ビシッ

灼「何で…急に…」

男「急じゃないよ。以前から鷺森さんのおばあちゃんに誘われててさ。鷺森さん、夏はインターハイ行くんでしょ?その間だけでも手伝えないかなって思ってさ。」

灼「物好き…」

回想終わり

24: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 02:37:25.00 ID:k0exkH2SO
穏乃「むちゃくちゃ良い人じゃないですか!?灼さんのために!」

灼「いや…よくレーンに来てたから、おばあちゃんに恩返ししたいだけって言ってた…」

玄「そんなの建前に決まってるよ!本当は灼ちゃんの力になりたいんだよ!」ワクワク

灼「えー…」

25: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 05:35:54.28 ID:k0exkH2SO
宥「ねぇ、灼ちゃん?」

灼「はい?」

宥「灼ちゃんは、おばあちゃんやボウリング場のために働いてくれるその人のことを、どう思う?」

灼「すごく…ありがたいと思います…」

宥「そのことは伝えた?」

灼「もちろん…お礼は言いましたよ。こんな感じで…」

26: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 05:46:50.40 ID:k0exkH2SO
回想

男「いや、いいよ、お礼なんて…バイト代だってもらってるし」

灼「私の個人的なお礼…インハイ中は地元の色々な人に応援してもらって嬉しかったけど…

ボウリング場を守ってくれていた男くんには、ちゃんとお礼したい。私に出来ること、ない?」

男「うーん…じゃあ、ケーキを食べに行きたい。」

灼「ケーキ?甘いの好きなんだ…?」

27: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 05:52:34.70 ID:k0exkH2SO
男「うん、一人じゃお店に入りづらいからねぇ。」

灼「いいよ、それくらいなら…ごちそうしよ…」

男「だめだめ、そんなこと。ついてきてくれるだけでいいって…」

回想おわり

29: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 06:04:55.08 ID:k0exkH2SO
灼「という感じで、お礼がわりに、ケーキ屋さんに付き合いました。」

憧「なんだ、もうデートまでしてるんじゃないですかー」ニヤニヤ

玄「灼ちゃんもすみに置けないなぁ、もうっ」ニマニマ

灼「いや…デートじゃないとおも…」

穏乃「男と女がいっしよに出かけてお茶するのはなーんだ?」

こども麻雀教室メンバー「「デート!」」

灼「いつの間にかいるし!?」

30: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 14:36:01.86 ID:k0exkH2SO
憧「男の人は灼さんのこと好きそうだけど…」

玄「デートに誘っちゃうくらいだもんね。」

灼「でも…私がその人の事好きか、自分でもよくわからな…

ハルちゃんみたいにかっこいいとか尊敬したり、憧れたりする『好き』とは違うし…」

31: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 14:54:12.07 ID:k0exkH2SO
玄「それは、同性に向ける気持ちと、異性に向ける気持ちは違うよー」

灼「うーん…」

宥「灼ちゃんは、その人と一緒にいて、どう感じる?」

灼「落ち着くっていうか、ホッとします。何だかんだで、ボウリング場の仕事はきっちりやってくれますし…」

憧「もうお似合いだと思うんだけど…」

ちびっ子達「「お似合いー、リア充爆発しろー」」

灼「どこでそんな言葉を…」

32: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 15:08:46.43 ID:k0exkH2SO
憧「ともかく、灼さんの恋を成就させないとね!」

灼「気がはや…」

穏乃「憧、はりきってるなー」

憧「これでも神社の娘だからね!」

穏乃「こんな時だけ都合が良いなー」

憧「ふんふむ神に頼んで、男女の仲をとりもってもらおうか。」

穏乃「そんな神様いたっけ?」

33: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 15:21:33.01 ID:k0exkH2SO
玄「ねぇ灼ちゃん?思い切って、もっとデートしてみたら?」

灼「え…」

宥「そうだねー。自分の気持ちもはっきりするかも…」

灼「デートに誘うなんて恥ずかし…」

玄「お買い物なり何なりに付き合ってもらうと考えればいいんじゃないかな?」

宥「あっ、でも、相手の人に気を持たせちゃうかも……実行するかは灼ちゃんの判断にまかせよっか。」

玄「えっ?」

灼「ふーむ」

34: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 15:34:43.10 ID:k0exkH2SO
玄「お姉ちゃん、誘うかどうか灼ちゃん任せでいいの?」ヒソヒソ

宥「大丈夫。灼ちゃんも絶対相手の人に気があるよ。放っといてもお出かけくらい誘うはず…」ヒソヒソ

玄「なるほどなるほど」ヒソヒソ



宥「それじゃ、あんまり灼ちゃんを困らせちゃわるいから、この位にしておこっか。」

灼「あ、ありがとうございました…」



宥(頑張ってねー。灼ちゃん。)

35: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 20:32:25.72 ID:k0exkH2SO
灼自室

灼(ハルちゃんに憧れる気持ちが大きかったから、男くんへの気持ちがよくわからなかったけど、好ましいものであるのは確かだ…)

灼(玄や宥さんのいう通り、色々お話してみるのがいいかな…デ、デートするかは別にして…)


灼(……)ポーッ


灼(マズイ)

37: ◆9NgV143E7U 2014/05/07(水) 20:54:10.81 ID:k0exkH2SO
灼(いけない…男くんとのデート想像してみたら……ちょっと嬉しく…)悶々

灼(何でかわからないけど、好意を持っちゃったのか…)////

灼(ハルちゃんみたいに凜とした人って訳でもないのに…)モンモンモン

灼(一回意識したら止まらなくなってきた…)モンモンモンモン

38: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 02:12:38.63 ID:BiAefbDSO
灼(いけない…こんな妄想に耽ってないで、出掛けるんなら場所考えないと…)

灼(オススメなところをハルちゃんにきいてみようかな?いや、また古傷えぐっちゃうかもしれな…)

灼(部活の皆は無駄に盛り上がっちゃいそうだし…さて…)

灼(あ…そういえば前から行ってみたいところが…)

39: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 02:36:44.39 ID:BiAefbDSO
後日 鷺森レーン

灼「あ…男くん。」

男「鷺森さん、お疲れ様!」

灼「夏休み終わっても手伝ってくれるんだ…」

男「うん、短い時間だけどね。」

灼「ひとつ、お願いしていい?」

男「?」

灼「こ、今度…一緒に○○の動物園に行ってほし…」///

男「えっ、動物園?その…僕でいいの?」

灼「うん」コクコク

男「さ、鷺森さんのお誘いなら喜んで!」

灼「よかった…どうしても見たい動物がいて…男くんなら一緒に見てくれるとおも…」

40: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 02:50:28.82 ID:BiAefbDSO
男「うん、いいよ。どんな動物が見たいの?」

灼「……現地まで秘密」

男「クスッ、そうなんだ。じゃあ喜んでエスコートさせてもらいます。」

灼(よ、よかった…お誘いは完了)プシュウー

43: 1 2014/05/08(木) 07:20:52.15 ID:BiAefbDSO
そういえば奈良に動物園ないんだった…奈良から電車で天王寺まで行くって事で…

44: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 07:47:58.24 ID:BiAefbDSO
阿知賀女子

灼「~♪」

晴絵「おっ、灼。なんか嬉しそうだな。」

灼「ハルちゃん!実は…」



晴絵「おおぅ、この間言ってた子とデート?やるねぇ。」

灼「私、どうやら…その人の事好きみた…」

晴絵「ふふっ、女子高生なんだから、恋愛しててもおかしくないよ。まぁ教師としては羽目を外さないで、とは言っとこうかな。」

灼「ま、まだ、そんな関係じゃな…」

45: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 07:57:09.91 ID:BiAefbDSO
晴絵「おやおや…真っ赤になっちゃって。」

灼「もう!」プイッ

晴絵「まぁ、自分の気持ちに素直になって楽しんできなよ。」

灼「…うん。ありがと、ハルちゃん。」タタタッ





晴絵「いいなぁ…」ズーン

46: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 08:06:33.24 ID:BiAefbDSO
灼(そういえば…どんな服着て行こう?)

灼(動物園だから歩きやすい服がいいかな…)ウーム

灼(せっかくだから、動物の絵柄のTシャツを…)ヨシ

48: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 16:11:23.27 ID:BiAefbDSO
そして当日

男「さて、あとは電車でしばらくだね。」

灼「うん」

男「それにしても鷺森さんはすごいよね。2年で部長をやって、部を全国大会の決勝まで連れてっちゃうんだから。」

灼「私が連れてった訳じゃないよ…後輩にすごく元気のいい子がいて、その子が皆を引っ張ったようなもの…

私自身もハルちゃ…顧問の先生に引っ張ってもらったようなものだし…」

49: ◆9NgV143E7U 2014/05/08(木) 16:18:35.48 ID:BiAefbDSO
男「そう?対局中も、それから後援会の人達への挨拶も、小さいけどすごく凛々しく見えたよ。小さいけど…」

灼「あ、ありがと/// って、何で小さいを2回言う…」

男「だって普段は小さくて可愛いもの。いや普段からしっかり者だけどさー」

灼「も、もう」///

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/08(木) 23:10:21.57 ID:BiAefbDSO
男「ふふ、小さいものは総じて可愛いっていうしね。」

灼「ち、小さいっていうか、チンチクリンなだけ…」

男「ご、ごめん!鷺森さんは可愛い!そう言いたかっただけで…」アセアセ

灼「ふぇっ!?」

男「……?」

灼(どうしよう…嬉しくて頬が緩みそう…)

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/08(木) 23:24:29.04 ID:BiAefbDSO
動物園

灼「着いた…けど」

男「意外と広いね。全部回るのは難しいかも。そういえば、鷺森さんは何が見たいんだっけ?」

灼「ライオン…」

男「ほう」

灼「できればタヌキも…」

男「何と言うか…武骨?なチョイスだね」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/08(木) 23:34:10.14 ID:BiAefbDSO
灼「これを見てほし…」ヌギヌギ

男「わわっ!?何で上着を脱いで…」

灼「ライオン柄のTシャツを着てきた…」ムフー

男「そ、そうなんだ(華奢な身体だなー)」

灼「ふふっ、ライオンライオン!」ウキウキ

男(おぉ、鷺森さんのテンションが…)

53: ◆9NgV143E7U 2014/05/09(金) 15:02:11.39 ID:XRcuT7dSO
男「おっ、ライオンだ、あくびしてる。」

灼「おーい!ライオンさーん!」ブンブン

男「!?」ギョッ

灼「あっ…こっち向いたっ!おーい!」アハハ

男「おぉ、満面の笑み……鷺森さんには珍しい表情だね」

灼「灼でいいよっ!!そうだっ、写真撮って!ライオンさんがはいるように!」ワクワク

男「おおぅ!?」

54: ◆9NgV143E7U 2014/05/10(土) 20:01:22.46 ID:/KnUkVPSO
男(ライオンの何がここまで彼女を変えたんだ?)

灼「ふー…堪能した…次いこ…」アッサリ

男(も、元に戻った…?)

灼「次はタヌキ」ワクワク

男(いや、また上がってきてる!なんか新鮮だなー)

55: ◆9NgV143E7U 2014/05/10(土) 20:17:15.20 ID:/KnUkVPSO
灼「ふおぉぉ……タヌキだぁ、ヒョコヒョコ歩いてる!」

男「実物はおもったよりもスマートな体型だよね。」

灼「イヌ科の動物だから…」

男「さぎも…灼さん、タヌキは大好きなんだねぇ…」

灼「そう…どのくらいかっていうと…」Tシャツメクリアゲ

男「うわぁっ!!ちょっと!?」

灼「キャミソールもタヌキ柄…」ムフー

男「ええー!?ってそんな柄のキャミなんてあるの!?女物は知らんけど?」

56: ◆9NgV143E7U 2014/05/11(日) 21:53:53.56 ID:0ZnXp7zSO
一通り巡り終わって

男「だいたいこんなところかな?」

灼「ふー。なかなか楽しめたとおも…」

男「いやかなりテンション上がってたけど…」

灼「う…はしゃいじゃってごめん…」

男「かなりレアな灼さんが見れたので楽しかった…」

灼「うぅ…」


男「あれ?グッズコーナーがあるよ…ちょっと見ていこう。」

57: ◆9NgV143E7U 2014/05/11(日) 22:08:26.96 ID:0ZnXp7zSO
灼「わ…動物のグッズがいっぱい…」

男「お、これなんかイイんじゃない?」

灼「え?ヘアピン?」

男「うん、タヌキのキャラクターもの。髪をとめておでこ出してみたら…」

灼「こう…?」パチン

灼「…」←(鏡見る)

灼「いや、おかしーし」ズバァ


男「おかしくねーし!!めっちゃ可愛い!」ドン

灼「!」ビクッ

58: ◆9NgV143E7U 2014/05/11(日) 22:21:06.63 ID:0ZnXp7zSO
灼「えー…」ヘアピンハズシ

男「灼さんが買わないなら、僕が買う!」ダダッ

灼「ちょっ…」

男「買ってきた。そして灼さんにプレゼントする!」

灼「?」

男「せっかくもらったものだから…というわけで着ける灼さんであった…」

灼「強引……で、でも、もったいないから着けよ…///」パチン

男「ふふ…じゃあ、後はご飯でも食べてかえろっか?」

59: ◆9NgV143E7U 2014/05/11(日) 22:41:19.91 ID:0ZnXp7zSO
ハミレス

灼「今日は付き合ってくれてありがと…」

男「なんのなんの…いつもはしっかり者の灼さんの色んな面が見れて楽しかったよ。」

灼「私…しっかり者かな?」

男「ん?」

60: ◆9NgV143E7U 2014/05/11(日) 23:46:09.65 ID:0ZnXp7zSO
灼「ハルちゃんにも言われたけど、私って…しっかり者に見える…?」

男「うん。」

灼「見えるだけじゃない?麻雀部のことだって、ハルちゃんがいたから、出来たんだ…私だけだったら何の取り柄もな…

って、ごめ…暗くなっちゃった…」

男「ストップ」

灼「?」

61: ◆9NgV143E7U 2014/05/12(月) 00:10:19.18 ID:CoFykE2SO
男「ハルちゃん、って顧問の赤土さん?」

灼「うん」

男「阿知賀のレジェンドか…灼さんは、赤土さんのことが大好きなんだね」

灼「だ、大好きっていうか…憧れてはいるし、尊敬してる…あんな風に凛々しくありたい、って。」

男「それだよ!」

灼「へ?」

男「僕にとっても同じだ。灼さんの凛々しいところに憧れる。」

灼「」キョトン

男「だから“灼さんはしっかり者だ”とか“凛々しい”って言っちゃうんだ。
今日みたいにかわいらしいのでも、まったく問題ないけどね!!」

灼「それって全部って事なんじゃ…」ズバァ

男「まぁ…ね…」

灼「そっか…」クス

62: ◆9NgV143E7U 2014/05/12(月) 00:20:16.17 ID:CoFykE2SO
灼(そうか…なんでこの人に好意を抱いたか…わかった気がする…)

灼(私が実際にそうであるかはともかく…「凛々しくあろう」とする私に憧れてくれたから…嬉しかったんだ。)

灼(さっきも、さりげなくフォローしてくれたし…一緒にいて楽しいと思えるし…これは…)

灼(完全にこの人に惚れちゃったんだと思…)



男「?」

灼「う…」メソラシ

63: ◆9NgV143E7U 2014/05/12(月) 00:25:01.16 ID:CoFykE2SO
帰り道

灼「ありがとう…今日は楽しかった…」

男「こちらこそ」

灼「あの…また…一緒に出掛けてくれる?」

男「もちろん!今度は僕から誘わせてよ!」

灼「あ、ありがと…」

64: ◆9NgV143E7U 2014/05/12(月) 00:32:27.61 ID:CoFykE2SO
阿知賀女子

玄「あっ!灼ちゃん、そのヘアピンかわいいね!」

灼「そ、そう…貰い物だから着けてみただけ…」

玄「おっ!さては例の人からのプレゼントかなー?」

灼「な、なんでわかっ…」

玄「え?」

灼「え?」




玄「ほほーう、カマをかけ(ry

こうして再び部室でガールズトークに花が咲きましたとさ。


カン