1: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/26(土) 18:40:00.48 ID:X2vQYFwa0
注意

紅鮭団時空

ss初心者なので遅筆でいろいろと拙いところがあるかも

100番煎じくらいのオマージュネタです

ネタバレを含むかもしれません

計測系なので結果によってはキャラ崩壊が起こります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572082800

引用元: 入間「できたぞ!七つの大罪スイッチだ!」 



ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン
売り上げランキング: 13,920
2: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/26(土) 18:42:20.61 ID:X2vQYFwa0
~紅鮭団開始から3日後の入間の自室~

入間「何にも起きなくて暇すぎてこの前読んだ漫画のネタ使ってスイッチ作ったぜ」

入間「使わないのもクソ●●が風俗行ったけど結局なんもできなかったみたいでなんか嫌だし測ってみるか」

入間「でも自分で行くのはメンドくせえなー…誰かに押し付けて測らせてやろうかな」



下1 自分で測るか誰かに測ってもらうか指定してください、誰かに測ってもらう場合はその人を指定してください。ちなみに測定する人はこの後変更はしませんのでご注意してください

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 18:43:57.68 ID:dcmGoT3c0
自分

4: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/26(土) 18:51:25.95 ID:X2vQYFwa0
入間「…よく考えたら俺様から頼む方が余計メンドーだな。仕方ねー、自分で測ってみるか。あ、今後の役にも立つかもしれねえし記録もしておかねーと」

~5分後~

入間「んじゃ記念すべき被験第1号はどの雑魚にしてやろうかなー」

下1 測る人を1人指定してください
下2 測りに行く場所を指定してください。場所によっては別の人もいます

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 18:52:28.04 ID:3da+i2s80
ハルマキ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 19:02:05.72 ID:OscffqNGO
女子トイレ

7: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/26(土) 19:20:19.20 ID:X2vQYFwa0
~七つの大罪スイッチの測定について~

1日に朝昼夕1人ずつ、つまり3人まで測ることができます。ちなみに1人測った後は日常パート(事件含む)を入れて次の測定に入ります。ちなみに今は3日目の朝です

スイッチは文字通り憤怒、怠惰、嫉妬、強欲、色欲、暴食(悪食)、傲慢について測るものです。測るまではみんな普通の性格(原作の)ですが測った後はスイッチの電波により結果が行動に現れるようになります。

10~30は普通より低め
31~59は普通
60~89は普通より高め

0~9と90~100については軽い事件が発生します

0か100どちらにするかは指定してもらいます

8: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/26(土) 19:23:42.89 ID:X2vQYFwa0
入間「…その前にトイレ行っとかねーと…漏れるぅ!」

~女子トイレ~

入間「ふぅ、すっきりしたぜ…」

ガチャッ

春川「…なんでよりによってあんたと一緒になるんだか」

入間「ひいっ!?会っていきなり罵倒されたら!?…意外と気持ちいいかもぉ…」

春川「…気持ち悪っ…」スタスタ  

入間「あっ、ちょっと待てよ!」

春川「…何?」

入間「…あー、えーと…ちょっとこのスイッチ試させてやろーと…」

春川「は?」

入間「ひぅ!?た、試して欲しいんですぅ!」

春川「…面倒くさいんだけど…というかそんな得体の知れないものなんで私が試さないといけないの」

入間「ちょ、ちょっとしたジョークグッズなんだよ…お、お願いしますぅ!」

春川「…はぁ…断っても面倒くさそうだし害もなさそうだし…試すならさっさとして」

入間「(あれ、意外と優しいやつなのか…?)あ、ありがとうございますぅ!」

下1から7 憤怒、怠惰、嫉妬、強欲、色欲、暴食(悪食)、傲慢の順で測定コンマ(下二桁)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 19:35:01.19 ID:3da+i2s80

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 19:43:06.65 ID:OscffqNGO
age進行しないん

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 20:17:25.60 ID:OscffqNGO
コンマ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 20:44:30.23 ID:a+kR2KE O

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/26(土) 21:43:40.04 ID:0JYPsEbe0
はい

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 00:16:07.34 ID:RhgnByggo
コンマは連投ありの方がいいかもね

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 01:45:54.10 ID:z4vxc2DhO
はい

18: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 08:39:48.37 ID:Keaqm9h/0
ピピッ

『春川
憤怒:19 かなり低め
怠惰:65 少し高め(普通寄り)
嫉妬:60 少し高め(普通寄り)
強欲:23 低め
色欲:04 病的に低い
暴食:34 普通
傲慢:10 かなり低め
平均30』

入間「…(はあ!?平均30!?なんだこいつ全体的に低すぎだろ!? 欲なんかほぼ無えじゃねーか!この歳で既にE 状態なのかよ!いや女だからE じゃねーけど!)」

春川「…何その顔、具合でも悪いの」

入間「い、いえ何でも無いです!」

春川「…はあ、さっさと食堂に戻ろう…あんたも朝食食べたら?」

ガチャッ

入間「…俺様も食堂行くか…腹減ったし」

19: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 08:42:02.35 ID:Keaqm9h/0
~3日目 朝 食堂~

夢野「んあー、今日も美味かったぞ」

茶柱「そうですね、今日も美味しいご飯をありがとうございます!」

王馬「ママの料理はやっぱり美味いねー!」

春川「…美味しかったよ、ごちそうさま」

東条「どういたしまして…王馬君、私はあなたのママじゃないわ」

入間「(…スイッチ測ったら何かしら表に出るはずなんだが…あいつがまともなお礼してんの珍しい気はすんけど今んところ何もねーみてーだな…)」

東条「あら、おはよう入間さん。何か食べたいものはある?」

入間「あ、俺様は…」

~3日目の朝は何も起こらなかった~

入間「まあ 欲低いくらいじゃなんも起こんねーか…仕方ねー、次測りに行くか」

下1 測定の対象を指定してください
下2 測定に行く場所を指定してください
(春川については後から何かしら事件が起こる可能性があります)

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 08:48:47.08 ID:4w8MN5sJ0
転子

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:05:19.11 ID:LPx8Ii5EO
カジノ

23: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 09:21:59.33 ID:Keaqm9h/0
入間「カジノにでも行ってみるか、昨日もイカ臭い●●とスリッパ野郎が群れてたから誰かいるだろ」

~カジノ~

入間「(やっぱいたな)」

茶柱「むー…なかなか当たらないですね…」

赤松「まあスロットは少し当たりにくいかもね、茶柱さんは鮭のつかみ取りの方が向いてるかも」

茶柱「それをすれば景品がもらえるんですか?」

赤松「私が全部一応やってみた時はそれが一番コインを稼げたから、たくさん景品を交換できると思うよ」

茶柱「そうなんですね!ではこれでたくさんコインを稼いで夢野さんに…」

入間「そこのピアノバカともつ女、今暇だろ?」

赤松「あ、入間さん。暇…というわけじゃないけど…」

茶柱「今から鮭の掴み取りをするんですよ!夢野さんに贈り物をしたいので、用事があるならできれば後にして欲しいです」

入間「いや、遅 じゃねーんだしそんな時間かかんねーからこのスイッチ試すのに付きえよ」

茶柱「スイッチ?なんですかそれ?」

入間「体に害とかは……ないから」

赤松「なんで一瞬溜めたの…?」

入間「うるせー!なんでもいいからとっとと協力しやがれ!」

茶柱「むう…まあすぐに終わるというなら…」

赤松「そうだね…問答してる方が時間かかりそうだし、いいよ」

入間「あ、これ1人測ったら次測んのに時間かかるから今は1人だけでいいぞ」

茶柱「では転子が測ります、万が一赤松さんに何かあったら困りますので」

赤松「ありがとう、茶柱さん」

入間「やーっと測れるぜ、よし…」ピッ  

下1~7 前と同じ順でコンマ下二桁(連投あり)

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:34:05.47 ID:oVWptgiq0

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:36:08.87 ID:4tq6UQrpO

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:36:38.79 ID:4tq6UQrpO
3

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:37:16.40 ID:4tq6UQrpO

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:37:50.05 ID:4tq6UQrpO

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:38:23.29 ID:4tq6UQrpO

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 09:38:49.39 ID:4tq6UQrpO

31: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 10:11:29.08 ID:Keaqm9h/0
『茶柱
憤怒:47 普通
怠惰:87 かなり高め(少し危険)
嫉妬:79 かなり高め
強欲:40 普通
色欲:05 病的に低い
暴食:29 低め
傲慢:39 普通
平均:46』

入間「(こいつもE かよ!…怠惰が結構高いしこれはちゃんと表に出てきそうだな)」

茶柱「……あれ?急に体が…」ガクッ

赤松「ちゃ、茶柱さん!?」

茶柱「…すみません…ちょっと眠気が…」

茶柱はそれだけ言うとその場で寝てしまった

入間「あっ…おいこんなとこで寝んなよ!」

赤松「どうしちゃったんだろう、茶柱さん…」

入間「(スイッチの効果はちゃんと出るみたいだな)こいつ誰かに部屋に運んでもらった方がいいんじゃねーか。もしかしたら昨日の夜ベッドでハッスルして眠くなったとか…」

赤松「ちょっと入間さん!茶柱さんはそんなことしないよ!…でも確かに運んでもらった方がいいかも…東条さんにお願いしようかな」

~3日目の昼 茶柱がスイッチの効果でその場で眠ってしまった~

入間「でもスイッチ一つであんだけ効果出るなんてやっぱ俺様って天才だな!よし、どんどん測ってやるぜ!」

測定の結果で数値が高いとこのように軽いハプニングが発生します。90以上だとこれよりももう少し大きめのハプニングが発生します。ハプニングが発生すると安価で解決してあげなければならないのでご留意ください

下1 次の測定の対象を指定してください
下2 測定の場所を指定してください

次の測定が終わると安価を含めた日常パートに入ります

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 10:18:44.83 ID:4tq6UQrpO
最原

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 10:34:36.40 ID:4w8MN5sJ0
最原の部屋

34: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 10:53:56.62 ID:Keaqm9h/0
~3日目の夕方 自室~

入間「効果があったのはいいんだけどE ばっかでつまんねーな。チャバネのやつは寝てるだけだし…ここは面白そうなやつ測りに行くしかねーな」

入間「 欲強そうなのは…あのむっつり  の  臭い●●野郎最原だな!あいつピアノバカや俺様の胸ガン見してたし」

入間「ケケケ、そうと決まればあいつの部屋に突撃だぜ!」

~最原の自室~

ピンポ-ンピンポ-ンピ-ンポ-ン…

最原「うわっ!?…また王馬君がピンポンダッシュに来たのかな…しょうがないな本当に…」

ガチャッ

入間「よっ、イカ臭い原!」

最原「あれ、入間さん…?何か用事でもあるの?」

入間「ちょっとテメーにこのスイッチを試してみようと思ってな!」ポチッ 

最原「えっ…スイッチ?」

下1~7 前と同じ順で測定の結果コンマ下二桁

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:07:30.74 ID:4tq6UQrpO

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:13:08.58 ID:4tq6UQrpO

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:13:42.56 ID:4tq6UQrpO

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:14:21.87 ID:4tq6UQrpO

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:14:48.14 ID:4tq6UQrpO

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:15:16.94 ID:4tq6UQrpO

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 11:15:48.95 ID:4tq6UQrpO

48: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 18:55:14.48 ID:dqNIvMvc0
『最原
憤怒 74 高め
怠惰 58 普通
嫉妬 56 普通
強欲 87 かなり高め(少し危険)
色欲 31 (補正 強欲がかなり高めなのでかなり低めから普通への処理)
暴食 94 危険
傲慢 95 危険
平均 70 』

入間「(高っけぇ!なんだこの数値!特に下二つ!物理的に飢えた獣じゃねーか!)」

最原「……」

入間「(イカ臭い原の空気が変わった…?)急に黙り込んでどうしたんだよ、イカ臭…ドンッ!! ひうっ!?」

突然最原が入間の肩を思い切り突き飛ばした。驚いた入間は床に座り込み少し怒って話を続けようとしたが最原がそれを遮って低い声で話しかけてきた

最原「…僕に向かってそんな口を聞けるなんていつからそんなに偉くなったんだよこの 豚」

入間「ひいっ!?」

最原「その耳障りな金切り声やめてくれないかな?…はぁ、君に構っている時間がもったいないし君と同じ空気を吸っているのも嫌だし…それよりも、今僕すごくお腹が空いてるんだよね。なにか食べるもの持ってないの?」

入間「い、今は…タピオカジュースならあるけど…」

入間がタピオカジュースを差し出すと最原は奪い取るようにしてそれを飲み干してしまった

最原「…そこそこ美味しいけどこんなんじゃ足りないな。そこどいてよ、食堂行くから」

入間「は、はい!どきますぅ!」

入間が退くと最原はさっさと食堂に向かって行ってしまった

入間「な、なんだよあいつ、いきなりイキってきやがって…」

49: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 18:56:31.32 ID:dqNIvMvc0
~日常パート 3日目夕方 入間の自室~

入間「…俺様もお腹すいたし食堂に行くか」

入間は最原の言葉に結構ショックを受けて落ち込んでいたが少し快感でもあったので立ち直るのも早かった

~1階廊下~

部屋を出た入間はそのまま食堂に向かったがそこで慌てている様子のゴン太とぶつかった

入間「イテッ!何すんだよこのデカ  !」

ゴン太「あっ、ごめんね入間さん!でもちょっと今大変なことになってるんだ!」

入間「大変なこと?一体なんなんだよ」

ゴン太「えっと…食堂で…ゴン太がほかのみんなとご飯を食べる時に最原君もいたんだけど…最原君がいきなり量が足りないって怒鳴りだして…それで他の人の分や厨房にある材料に手を出そうとして…東条さんがみんなの分だからって止めようとしたら最原君が凄く汚い言葉で怒って手を上げようとしたみたいで…それに怒った百田君が最原君を殴って大喧嘩になってるんだ」

入間「…はぁ?あの陰キャ原が?…いや、でもなんか心当たりが…」

ゴン太「とにかく、2人を止めるために人手がいるから呼びに行くところで…あっ、もし良かったら入間さんも手伝って欲しいんだけど…」

下1 入間の行動を指定してください(食堂にいるのは最原、百田、白銀、天海、東条、真宮寺です。手伝っても手伝わなくても構いません。どちらの場合でも具体的な行動を指定してください。食堂以外の場所に行く場合は場所によっては違うハプニングも起こります)

52: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 19:50:18.74 ID:cEwFvjLx0
入間「…(…俺様の発明品が多分原因だしなー…まあ本性が出るだけなんだけど…)仕方ねーな、この美人で天才な俺様が一肌脱いでやるよ」

ゴン太「本当!?ありがとう入間さん!」

入間「っても俺様は止めに入らねーぞ。クソイキリ●●を機械か薬で眠らせるだけだ」

ゴン太「今はそれでも仕方ないよね…お願い入間さん!」

~30分後~

入間「よしできた、光を当てたやつが眠くなるライト」

つライト

入間「これ持ってさっさと食堂行くか」

53: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 19:51:17.59 ID:cEwFvjLx0
~食堂~

最原「だいたいいつもいつも上から目線で物言ってきて…ウザいんだよ!脳みそ筋肉の塊のくせに!」

百田「それは今関係ねーだろ!終一!テメー急に他のやつの分の食事にまで手を出そうとしたと思ったら女に手を上げようとしやがって!そんな腐った根性じゃなかっただろ!」

ガッシャ-ン

入間「うわっ!?なんだこれ…」ヒナン

入間が来た時食堂は投げられた椅子や皿やらで荒れに荒れていた。一緒にいたと思われたメンバーは物が飛び始めた時から端の方に避難したようだった

真宮寺「…おや、入間さん…?」

白銀「入間さん?どうしたの、そのライト?…というか地味にそんな場合じゃないよね…うわっ!?」

ドンガラガッシャ-ン

天海「…これ本当に止めに入らなくて良かったんすかね…」

入間「あいつら止めなかったのかよ。…というか巻き込まれたメイドババアはどこ行ったんだよ」

真宮寺「仕方ないヨ、百田君が男同士でケリをつけるって言い出したからネ。…東条さんは散らかった厨房を片付けてもらってるヨ。彼女1人でも止められたんだろうけど、それも百田君が断ったし」

54: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 19:52:33.21 ID:cEwFvjLx0
入間「まあだいたいわかったぜ。俺様はてめーら雑魚とは違うからな。すぐにあいつらを止めてやるぜ!…おいクソ●●!さっきはよくも俺様のことバカにしやがったな!これでも食らいやがれ!」ピカ-ッ  

百田「!?」

最原「はぁ?…うわっ!?…」

バタッバタン

ライトを当てられた最原とついでに百田はその場で眠ってしまった

白銀「なにそのドラ○モンみたいな道具!?」ガビ-ン

真宮寺「…本当に君は見た目と発明品だけは一級品なんだネ」

天海「凄いっすね…あ、それより起きた時また大変なことになりそうだし最原君どうします?」

入間「縛り上げたらいいんじゃねーか?クソ●●にはお似合いだぜ!」

真宮寺「…君に賛同するのは遺憾だけどその方が良いだろうネ…いい機会だしこれを使ってみようかな」

真宮寺はどこからか荒縄を取り出すと最原とついでに百田を  縛りにした

55: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 19:53:46.43 ID:cEwFvjLx0
ゴン太「あっ…もう収まったの?」バタバタ
 
王馬「えーもう終わっちゃったの?俺も暴走した最原ちゃん見たかったのになー」

キーボ「野次馬精神丸出しですね…」

そこでゴン太が王馬とキーボを連れて入ってきた

真宮寺「ああ、ゴン太君お疲れさま。ひとまず落ち着いたから安心していいヨ」

天海「まあこれが落ち着いたって言っていいか怪しいっすけどね」

王馬「あ、最原ちゃんと百田ちゃん  縛りになってるじゃん!ウケるね!」

白銀「一部の層には別の意味で受けそうだけどね」

入間「そんなことよりこの後こいつらどうすんだよ、それにここハードなプレイした後みたいにぐっちゃぐちゃじゃねーか」

キーボ「たしかに食堂が凄いことになってますね…」

下1 この後の入間達の行動を指定(最原の処置やスイッチの効果について話すかどうかなど。スイッチについては解除装置の開発なども指定しても構いません。ただし解除装置については条件付きになります)

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 19:58:01.48 ID:oVWptgiq0
みんなで掃除

57: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 21:53:41.49 ID:Keaqm9h/0
真宮寺「…とりあえずみんなで掃除した方が良いと思うヨ、放置したら東条さんが大変だからネ」

天海「そうっすね…王馬君たちも手伝ってもらえますか?」

王馬「えー、まあいいや、俺も使うとこだし。」

キーボ「僕も構いませんよ」

王馬「じゃあキー坊はどうせ怪我しないから皿の破片とか集めてよ」

キーボ「わかりました…ってまたあなたはロボット差別しましたね!?いつか訴えてやりますからね!」

ゴン太「ゴン太は最原君と百田君を部屋まで送ってくるね」

入間「めんどくセーけど手伝ってやんよ、ありがたく思えよ!」

白銀「入間さん地味に何だかんだ協力してくれるんだね…」

この後2時間程かけて食堂の掃除をし終わった

~3日目の夜 入間の自室~

入間「…流石に疲れたぜ、今日は弄りたい機械あったけど寝るか…」

~深夜 ??~

モノクマ「なんか喧嘩し始めたんだけど…みんなこれがラブバラエティってこと覚えてるよね?少し心配になってきたんだけど…」

モノクマ「…まあ入間さんが変なスイッチ作ってくれたおかげで視聴率上がったし大目にみようかな…あのスイッチ見てみたら色欲あたりが大きいと視聴者の反応も良さそうだし、うぷぷぷぷ…」

下1 明日の朝測定する対象を指定
下2 測定の場所を指定(それぞれの個室は選べません)

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:04:12.62 ID:hrDBHPoFO

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:06:55.71 ID:4tq6UQrpO
音楽室

60: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 22:32:14.28 ID:Keaqm9h/0
~4日目の朝 入間の自室~

入間「…ふぁー、よく寝たぜ…昨日はズッコンバッコンの大騒ぎだったな」

入間「まあ俺様にはそんなこと関係ないがな!今日も測定に行くぜ!」

~廊下~
ジャジャジャジャ-ンッ

入間「うおっ!?…あ、ここは確かあのピアノバカの研究教室だったか?ちょっとドアの隙間あいてるし、弾いてるってことはあいつがいるのか、丁度いいから入らせてもらうぜ!」ガチャッ

赤松「…はぁー…」ジャジャジャジャ-ンッ

入間「音とか色んなもんが漏れてるぞピアノバカ!」

赤松「あっ、入間さん…?ドア閉め忘れてたのかな、ごめんね」

入間「何しけたツラしてんだよ」

赤松「いや…なんか…うん…最原君の様子がおかしくて…見に行ってみたんだけどちょっと手につけられないから東条さんたちにお願いしてきたんだよね」

入間「●●原凄い荒れてんもんな」ポチッ

入間は聞き流しながらこっそりスイッチを押した

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:35:57.92 ID:oVWptgiq0

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:37:48.21 ID:4tq6UQrpO

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:38:15.48 ID:4tq6UQrpO

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:38:49.32 ID:4tq6UQrpO

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:39:25.26 ID:4tq6UQrpO

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:39:54.97 ID:4tq6UQrpO

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:40:31.52 ID:4tq6UQrpO

69: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 23:00:26.89 ID:Keaqm9h/0
『赤松
憤怒 92 危険
怠惰 21 低め
嫉妬 48 普通
強欲 32 普通
色欲 26 低め
暴食 97 危険
傲慢 52 普通
平均 52』

入間「(お前も暴食かよ!しかも憤怒と一緒か…これは…)」

赤松「…なんだかイライラしてきた…最原君、私の食事を取ったんだよね…イライラする…イライラする…」

入間「お、おいバカ松…」

赤松「イライラするイライラするイライラするイライラする…」

ジャ----ンッ

突然赤松は怒気を放ちながらピアノを強く弾くと壊れたようにブツブツと何か言いながら出て行ってしまった

入間「…あっ、これ…もしかして…」

入間は昨日の最原を思い出すと慌てて赤松の後を追いかけた

70: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 23:01:30.41 ID:Keaqm9h/0
~朝 食堂~

入間「…あっ、ですよねー…」

ガッシャ-ンド-ンッ 

最原「ねえ、それ全部僕の食事だよ赤松さん。あんまり食べると元から膨よかな体が風船みたいになるんじゃないかな?」

赤松「はい?最原君は何を言ってるのかな」
ゴゴゴゴゴ
 
ガッシャ-ンッパリ-ンッ

東条「…最原君と赤松さんは何か悩み事でもあるのかしら…」

天海「…あの…これ…」

真宮寺「…人間って素晴らしいよネ」

夢野「…ウチらのご飯が…」

茶柱「…」zzzzz

白銀「昨日同じように縛った百田君は抜けられなかったのに最原君どうやって縄抜けしたんだろう…」

王馬「ヒューヒューいいぞー!もっとやれー!」

入間が追いかけて来た時には偉そうに食事や材料を奪う最原と怒気を放つ赤松がそれを制するように机や椅子を張り手で吹き飛ばし、呆然と眺める他のメンバーがいた。茶柱は立ったまま寝ていた

下1 入間たちの行動を指定してください

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 23:10:31.98 ID:oVWptgiq0
もう好きなだけやらせとく

72: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/27(日) 23:22:48.19 ID:Keaqm9h/0
真宮寺「…この際だからもう好きなだけやらせておけばいいんじゃないかな?あんまり酷いとモノクマが出て来てくれるだろうし」

東条「でも食堂が使えないとなると…」

王馬「じゃあママがご飯作ってみんなの部屋に運んだらいいんじゃない?奪われそうになったらゴン太のやつを護衛に付けといてさ」

天海「…それだと東条さん大変じゃないっすか?」

東条「いえ、大丈夫よ、私はメイドだもの」

入間「メイドって便利な言葉だな」

夢野「転子立ったまま寝るな!重い!」

茶柱「…うー…すみますん…眠くて…」

王馬「すみますんだってー、茶柱ちゃん本当に眠いんだねー」

諦めの境地に達した最原と赤松以外のメンバーは2人に好きなだけやらせて立ち去ることにした

下1 次の測定の対象を指定
下2 測定の場所を指定(食堂、個室は指定できません)

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 23:30:18.23 ID:4w8MN5sJ0
百田

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/27(日) 23:48:45.64 ID:Jgyt1WtUO
百田の研究室

75: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 00:07:02.98 ID:5ed6pzF60
入間「そろそろ暴食じゃなくて違うやつがどうなるのか見てーんだけどな。A とかと一緒でやっぱシチュエーションもバリエーションあった方がいいよなー」

入間は自分の発明品が招いた事態ではあったがそれ以上にもっと調べたくなったので懲りずにまだ測定していないメンバーを探して歩き回っていた

~チェック柄のドアの前の廊下~

東条「ここが百田君の研究教室だったのね」

王馬「うん、中結構かっこいいんだよね。百田ちゃんの癖にちょっとムカつくねー!」

入間「ツルショタにメイドババアじゃねーか。こんなとこで何してんだよ」

王馬「相変わらず口も汚ければ息も汚いよねー!入間ちゃんは!」

入間「ま、また罵倒された…」

東条「あら入間さん、私は百田君に食事を持って来たところなの。王馬君は百田君がいるところに案内してくれたのよ」

入間「あいつまだ縛られてんのか?」

王馬「縛られてるっていうか軟禁だねー、最原ちゃんのことかなりムカついてるみたいですぐ殴りに行こうとしたから」

76: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 00:07:56.54 ID:5ed6pzF60
入間「色々とあいつらのせいでめんどくせーことになってんだな」

東条「…まあ仕方がないわ、あの2人もこの生活でストレスを溜めているのかもしれないし…あまり続くようだと少し強引に解決する必要がありそうだけど…」

王馬「とりあえず中入ろうよー」

王馬は相変わらず楽しそうにしながら百田の研究教室の鍵を開けた

百田「あっ、王馬テメー!ここから出しやがれ!」ガチャガチャ

王馬「出したらまーた殴り合い始めるじゃん。赤松ちゃん達だけで十分だよ!」

百田「赤松?なんで赤松が…」

東条「百田君、とりあえず食事を摂ってあなたも少し落ち着いて頂戴」

百田「食事…?あっ、わざわざ持って来たのか、すまねえな…」

入間「…」ポチッ  

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:10:17.54 ID:8w84OeRiO

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:10:53.34 ID:8w84OeRiO

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:12:07.51 ID:8w84OeRiO

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:12:44.51 ID:8w84OeRiO

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:14:32.24 ID:8w84OeRiO

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:15:13.00 ID:8w84OeRiO

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:15:44.85 ID:8w84OeRiO

84: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 00:23:22.48 ID:5ed6pzF60
下1 暴食のコンマについて0か100どちらにするか選んでください。ちなみに0だと何も食べなくなります。100の場合は最原や赤松のような感じになります

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 00:30:57.92 ID:8w84OeRiO
0にしよか

86: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 08:15:54.83 ID:kYHwytA7O
『百田
憤怒 54 普通
怠惰 34 普通
嫉妬 51 普通
強欲 51 普通
色欲 24 低め
暴食 00
傲慢 85 かなり高め
平均 42』

入間「(どいつもこいつもイ  ばっかだな!てかこれどうなるんだ?偉そうに食べなくなるのか?)」

百田「…うっ…」

東条「?百田君、どうしたの?急に顔色が…」

王馬「青くなってるよー?百田ちゃんらしくないねー」

百田「…飯は食わねえ」

王馬「えっ?急にどしたの?」

東条「食欲がないのかしら…?なら食べやすいのを…」

百田「いいから下げてくれ!俺は今何も食べたくねえんだ!」ドンッ

百田が床を拳で強く叩いてそう叫んだので東条は少し困惑したが後で食べなくても栄養補給できるものを持ってくることにして一旦引くことにした

東条「仕方がないわね、わかったわ。でも倒れたら困るから点滴なりなんなり持ってくるわね」

~昼過ぎ 廊下~

王馬「なんか昨日からみんな様子が変だねー?」

入間「その飯どうすんだよ?」

東条「捨てるのはもったいないから私が食べるわ。…それより百田君の栄養補給について考えないと…最原君や赤松さんのお世話もあるし私は失礼するわね」

入間「働いてばっかだな、ご苦労なこった」

入間はちょっとだけ罪悪感を持った気がした

下1 次の測定の対象
下2 測定の場所(個室は指定できません)

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 08:32:00.87 ID:sPKsyc3j0
夢野

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 17:53:16.25 ID:82pIytLXO
プール

89: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 19:29:32.17 ID:5ed6pzF60
入間「あと1時間くらいしたら夕食の時間か。それまで暇だしプールにでも行って俺様の黄金のボディを見せつけてやるか」

~プール~

入間「げっ、せっかく来たのに女ばっかかよ…まあ測ってないやついるしこっそり測るか…」

プールには落ち込んでいるように見える夢野とそれを慰めているアンジーと白銀がいた

アンジー「秘密子寂しいのはわかるけど元気を出しなよー。転子ならもうちょっとしたら元気になるって神様は言ってるよー」

夢野「べ、別に転子のことがいなくて寂しい訳ではないぞい!ただ散々構って来たくせに眠い眠い言ってウチが誘っても来なくなったのがムカつくだけじゃ」

白銀「それって寂しいってことじゃないかな…」

夢野「うるさいわい!」

入間「うし、ここからなら…」

入間は柱に隠れながらちょうど良さそうな場所にいた夢野に向けてスイッチを押した

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:36:05.52 ID:PqmAMImcO

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:49:06.54 ID:0h1c+N84o

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:49:56.17 ID:0h1c+N84o
とりゃ

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:52:44.03 ID:PqmAMImcO

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:53:16.04 ID:PqmAMImcO

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:56:18.14 ID:y/8vXHc+0

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 19:57:43.97 ID:y/8vXHc+0

97: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 20:14:42.70 ID:5ed6pzF60
『夢野
憤怒 52
怠惰 54
嫉妬 17
強欲 03
色欲 04
暴食 14
傲慢 97
平均 34』

入間「(最後の最後で爆弾来たけどこいつも全体的に低すぎだろ!やっぱお子ちゃまつるぺたロリに期待はできなかったな…)」

夢野「うるさいうるさいうるさいぞい!」

白銀「夢野さん!?」

アンジー「およー?急にどしたのー?」

夢野「お主ら黙ってたらウチのことをバカにしおって…ウチを誰だと思ってるのじゃ!世紀の大魔術師夢野秘密子じゃぞ!崇め讃えるのが筋じゃろ!」

白銀「えっ…?」

夢野「えっじゃないわい!早く跪くのじゃ!」

白銀「えぇ…こう…?」

アンジー「秘密子悪いものでも食べたのー?」

入間「…プライド高くなったのはわかったんだが見た目がやっぱお子ちゃま過ぎるしあざとく見えるだけで面白くねえしもう戻るか…いい加減 欲しか頭にない 豚とか雄豚とか出てきてもいいと思うんだけどなー」

ブーメランが返ってきそうな台詞を残しながら入間はその場を去ると自室に戻った

~4日目 夕方~
夕方は特に大きな出来事は起こらなかった

下1 このままの測定に行くかどこか行きたいところがあれば指定してください

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 20:31:35.47 ID:y/8vXHc+0
食堂見に行こ

99: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 20:53:41.01 ID:5ed6pzF60
~3日目 夕方 入間の自室~

入間「つまみが欲しくなって来たし食堂でも行くか、バカ松とダサい原のやつは流石にもういないだろうし大丈夫だろ」

~食堂~

夢野「ほれほれ、これが欲しいんじゃろ。欲しいなら夢野様と言って地面に這いつくばるのじゃ!」

最原「はあ?ふざけないでくれるかな、この自称魔法使いの中二痛い系つるぺたロリさん。あんまり僕を怒らせると大変なことになるよ。それにそんな量で足りると思ってるの?」ガチャガチャ

赤松「あのさ、君こそ耳障りな声で怒鳴らないでくれるかな。私耳がとてもいいから食事中は余計な音聞きたくないんだよね。あ、でも足りないのは同意するよ」ゴゴゴゴゴ

入間「えぇ…なにあれ…なんであんなところで公開SMプレイしてんだよ…」

食堂についた入間はそこでなぜか鎖で足をガンガラじめにされた赤松と最原に夢野がホットドッグを与えようとしている(?)ところに出くわし思わずドン引きしてしまった

王馬「あっ、入間ちゃんも来たのー?あれ面白いよね!なんか食堂ぶち壊した2人にモノクマが罰だって言ってあんなんになったらしいよ。それを見た夢野ちゃんがなぜかやり始めたんだよね。入間ちゃんもやってみれば? 豚なんだし嬉しいんじゃないの?」

入間「お、俺様をあんな変態どもと一緒にすんなよ!?…でもちょっとだけ面白そうかも…」

王馬「うわ…マジで興味あるんだ…」

下1 この後の入間の行動を指定してください(測定を指定しても大丈夫です)

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 21:00:06.96 ID:PqmAMImcO
せっかくだし這いつくばろうか

101: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 21:32:34.54 ID:5ed6pzF60
入間「…あ、あんまり言うからしたくなってきたぜ…」

王馬「えっ…」

入間「おい、つるぺたロリ…俺様も混ぜろ!」

と言いながら入間は自ら夢野の足元に這いつくばった

夢野「ほぉ…お主は見所のある眷属じゃな…よし、ご褒美じゃ!」   

入間「あ、ありがとうございますぅ!」パクッ

赤松「…私のホットドッグ…」ガチャッ

最原「…脳みそ 欲でいっぱいの 豚が僕の食事を取るなんて…」ガチャッ

入間がホットドッグを咥えた瞬間赤松と最原から殺気が溢れ出した

入間「ひいっ!?な、なんだよぉ…これは俺様のご褒美だぞ!」ダッダッ

夢野「あっ、どこ行くんじゃウチの眷属!」

王馬「なんで馴染んでんだよ…あっ逃げた」  

メンタルの弱い入間が2人から睨みつけられて耐えられるはすがなく、その場からさっさと逃げ出してしまった

~入間の自室~

入間「…」ボフッ

入間「…」zzz  

入間はホットドッグを咥えたまま寝てしまった

下1 明日の朝測定する対象を指定
下2 測定の場所を指定(個室は指定できません)

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 21:49:00.63 ID:y/8vXHc+0
ゴン太

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 23:17:37.48 ID:7V2GUOMDO
図書室

104: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/28(月) 23:55:07.59 ID:5ed6pzF60
~5日目 朝 入間の自室~

入間「…ふわぁ…昨日はツルショタのせいでいつもより疲れた気がするぜ…こんな時は●●本でも漁りに行くのが一番保養になるな!」

~図書室~

ゴン太「最原君に赤松さん…百田君まで一体どうしちゃったんだろう…」

真宮寺「最原君や赤松さんは常に飢えた獣みたいだし…百田君は逆に何も食べなくないといいだして今は点滴で補給しているらしいネ」

天海「噂によると夢野さんや茶柱さんまでおかしくなったみたいっすよ」

真宮寺「茶柱さんがやけに眠そうなのは知っていたけど、夢野さんがネ…そういえばやたら春川さんが優しくなった気がするけど…」

ゴン太「あ…たしかに春川さんはあまり怒らなくなったし、ちょっと雰囲気が丸くなった感じがするよ」

入間が図書室の入り口に来た時は男子たちが集まって雑談をしていた

入間「(げっ…なんでこんなに群れてんだよ…本漁りにくいじゃねーか!あ…こんなにいるならスイッチ使うチャンスだな!一番近いデカ  でいいか。くらえ!)」ピッ  

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/28(月) 23:56:28.43 ID:0h1c+N84o

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:03:36.03 ID:UUgTmAqCO

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:04:02.49 ID:UUgTmAqCO

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:04:37.36 ID:UUgTmAqCO

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:05:10.88 ID:UUgTmAqCO

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:05:48.65 ID:UUgTmAqCO

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:06:48.56 ID:UUgTmAqCO
比呂

112: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 00:30:48.22 ID:n4akIRSW0
『ゴン太
憤怒 43 普通
怠惰 03 病的に低い
嫉妬 49 普通
強欲 36 普通
色欲 88 病的に低い(偶数ゾロ目なので9以下と同じ処理)
暴食 65 少し高め
傲慢 56 普通
平均48 』

入間「(普通!いや低すぎるのはあるけどどうコメントしたらいいかわかんねーよ!見た目の割に地味すぎる!)」

ゴン太「…?」

天海「ゴン太君、どうかしましたか?」

ゴン太「ううん、でもなんだか急に昨日の疲れというか…体の重さが取れた気がしたんだけど…」

真宮寺「昨日…ああゴン太君は騒動の後始末の手伝いをしていたんだったネ。ずいぶん大変だったろうに」

入間「(やっぱ目に見える変化は現れねーか。まあ一応データは取っておくか…)」カキカキ  

下1 次の測定の対象を指定してください
下2 測定の場所を指定してください(個室は指定できません)

113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:34:26.80 ID:BTYjcuU40
キルミー

114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 07:06:47.72 ID:ZRJqabdBO
体育館

115: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 20:09:31.31 ID:IUpPdFzF0
入間「ここいても仕方ねーし次行くか…」

入間「えーと…まだ測ってないやつは…あ、あと半分か。そういやキーボってこれ測る意味あるのか?もしかしたら反応しなかったりしてな!まあいいか」

入間「そろそろ面白い結果出て欲しいしうーん…メイドババアあたりが 欲高かったら面白そうだよな!ちょっと測ってみるか」

~1時間後 体育館~  

入間「(探しても全然いないと思ったらこんなとこいやがったぜ…)」ハァハァ

東条「入間さん?こんなところで会うなんて珍しいわね」

入間「あー…テメーに依頼をしようと思って探してたんだよ!」

東条「依頼?それは失礼したわね、なんの依頼かしら?」

入間「天才的な俺様は発明で忙しいから気付いた時はいつも小腹が空いてんだよ。だからなんかつまめるもん持ってきて欲しーんだよ」ポチッ

適当な理由を付けて東条に話しかけながら入間はこっそりスイッチを押した

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:25:16.73 ID:0jc2B79AO

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:25:53.05 ID:0jc2B79AO

118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:26:35.45 ID:0jc2B79AO

119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:27:52.83 ID:lGetdsO/O

120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:30:13.96 ID:cL4DbrVvo

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:30:18.22 ID:0jc2B79AO

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 20:31:27.69 ID:0jc2B79AO
EX

124: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 21:50:19.93 ID:n4akIRSW0
下1 東条が入間を 的対象としてみるかコンマ判定(偶数なら 的対象になります)

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 21:54:36.28 ID:0jc2B79AO
興奮してきた

126: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 22:27:35.62 ID:n4akIRSW0
『東条
憤怒 73
怠惰 05
嫉妬 45
強欲 83
色欲 96( 的範囲はものすごく広い)
暴食 22(偶数ゾロ目なので9以下と同じ)
傲慢 69
平均 56』

入間「(キターーーー!)」

東条「…入間さん?」

入間は思わずガッツポーズした。やっと自分の望む結果が出た上に見た目は貞淑そのものの東条がまさかの色欲魔だったからである

入間「(ヒャッヒャッヒャッ!この時を待っていたんだぜ!ついに頭が 欲で支配されてる奴を暴いてやったぜ!しかも相手は見た目だけはいかにも興味なさそうなメイドババア!これは俺様の勝利だぜ!)」

東条「…」

入間はまるで長年の宿敵に勝ったかのような感情で満たされていた。その訳の分からない感情のせいで東条が自分のすぐ目の前まで来ていたのに全く気付いていなかった

東条「…ねえ入間さん」ギュッ

入間「ヒャッヒャッヒャッ…え?」

入間は一つ大きな誤算をしていた。東条の 欲の強さを暴き出したのはいいがそれが自分に向けられるとは考えていなかったことだ

東条「いつも思っていたのだけれどね、入間さんって…とても可愛いのね」

入間「ひゃうっ!?お、おいメイドババア何してんだよ!?」

127: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 22:29:07.42 ID:n4akIRSW0
突然抱きしめられた上に腰を撫でられたので入間は驚いて暴れたが東条の腕力はかなり強くて抜けられなかった

東条「あら、そんなに暴れなくても何もしないわよ?今はだけど…」

入間「今はってどういうことだよ!」

東条「ふふ…」

入間「ふふ、じゃねーよ!離しやがれ!…ひっ!?」

東条「本当に可愛いわね、入間さん」

ジタバタ慌てる入間に対し東条の雰囲気はベテランのそれである。暴れ馬のような入間を抱きしめたまま耳元で囁いた。入間は口だけは達者だが経験は全くない初心なのでそれだけで腰砕け状態になってしまった

入間「(ふざけんなよメイドババア!てかなんかいい匂いが…ハッ…!ヤバイヤバイ…)ふざけてんじゃねーぞ!だいたいここどこか分かってんのかよ!誰かに見られたらどうすんだ!」

東条「私は別に見られても構わないわ。それにふざけてるなんて心外ね、私は本気よ?…身体付きももちろんだけれど貴女は性格も可愛くて魅力的ね」

入間「ぴいっ!?」

ドサッ
 
入間「(押し倒された!?これはマジでヤバイ…!食われる…!)」

下1 入間の行動を指定してください

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 22:45:04.10 ID:0jc2B79AO
逃走を図る(判定)

129: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/29(火) 22:56:52.86 ID:n4akIRSW0
ではコンマ判定で逃げ切れるか判定します
下1 コンマが下二桁60以下で逃げきれます
仮に逃げきれなくてもR版ではないので具体的な表現は避けますが逃げきれないと次の日の朝まで時間が飛びます

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/29(火) 23:03:55.54 ID:BXmB1znaO

131: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 07:04:37.98 ID:IeOmMJgo0

入間「(こ、このまま体育館で初めてを奪われちゃうのぉ…?そ、それは流石にごめんだぜ!)…くらえメイドババア!」ブンッ

東条「っと…あらあら」

入間は腰が抜けかけたが渾身の蹴りを東条にかまそうとした。東条は普通にそれを避けたがその隙に入間は一生分の本気を出しながら逃げた

入間「うおおおおおおお!」ダッシュ   

それを見ていた東条はなぜか始終微笑んでいた

東条「…ふふ」

~20分後~

入間「…ゼェゼェ…ここまでくれば…大丈夫だろ…ふう…」

入間「メイドババアが変態なせいで大変な目にあったぜ…ちょっと良かった気もしなくはねーけど…いや次は変態じゃない脳が 欲野郎に会いたいぜ」

下1 次の測定の対象を指定してください

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 07:14:35.18 ID:kjcL7+zh0

133: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 12:36:24.83 ID:HagdBEcG0
星「ん…?あんたこんなところで息を荒げて何してんだ」

入間「うわぁ!?な、なんだよオメーいつからそこにいたんだ!?」

星「…さっきからあんたの前にいたんがな」

気が動転している割と長身の入間は目の前にいた星に気づくことができなかった

入間「あ、そうなのか…それよりお前メイドババアには気をつけた方がいいぜ。あいつヤバイからな」

星「東条にか?失礼なことを言うがお前さんよりはよっぽど気を遣わなくて済むんだがな」

入間「そりゃあいつの本性知らないからだぜ。まあ会えばわかるだろ(あ、そういやこいつ測ってなかったな)」ポチッ

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 12:38:07.03 ID:kjcL7+zh0

135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 13:17:57.99 ID:AkKxR3ETO

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 13:18:27.85 ID:AkKxR3ETO

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 15:12:37.39 ID:m0lcpRPwo
極端やな

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 15:24:23.47 ID:AkKxR3ETO
E 

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 15:37:12.65 ID:AkKxR3ETO
1

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 15:37:43.08 ID:AkKxR3ETO
1

141: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 18:24:40.05 ID:IeOmMJgo0
『星
憤怒 03 病的に低い
怠惰 99(奇数ゾロ目なのでそのまま)
嫉妬 85 かなり高め
強欲 39 普通
色欲 47 普通
暴食 65 少し高め
傲慢 08 病的に低い
平均 49』

星「…」バタンッ

入間「あっ」

星「…」zzz

星は突然何も言わずに倒れた

入間「…ア星のやつどうしよう…ここに放置してたら多分メイドババアが部屋まで…いやそれだと食われるな…うーん…」

入間「…俺様に部屋まで運んでもらえるなんて光栄だな!一生感謝しろよ!」ヨッコイショ  

星「…」zzz

入間「重っ!?」ズルズル

星は見た目に対して体重はあるので入間は持ちきれなかった。どうしようもないのでそのまま引きずって星を部屋に連れていくと放り込んだ

~夜 入間の部屋~

入間「はぁ…今日はもうくたくただぜ…明日は測定休んで観察でもするか?いや…でもさっさと終わらせた方がいいか…?」

下1 明日の入間の行動を指定してください

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 18:44:03.09 ID:AkKxR3ETO
測定続行

143: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 19:22:24.94 ID:IeOmMJgo0
下1 測定の対象を指定してください、またキーボも測定の対象にするか指定してください(ロボなのでなしでも構いません)

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 19:34:07.98 ID:Ip1tfnz7O
是清
キーボはロボなのでなし

145: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 22:45:45.73 ID:IeOmMJgo0
入間「うーん…俺様とキーボ抜いたら後は雑魚5人だけだしなぁ…とっとと終わらすか」

入間「よし寝るか…あっ、忘れてたぜ!」

入間は急いで自室の鍵を閉めた

入間「あのメイドババアが夜中に入ってこないとは限らねーからな…これで安心して眠れるぜ…」

入間「…」zzz

~6日目 朝 図書室~

入間は朝から怪我をしない程度の罠の本を探していた

入間「(朝起きたら鍵閉めてたはずなのにやたら豪華な朝食があったぜ…くそ、メイドババアどうやって入ったんだよ…)」

真宮寺「…先客がいると思ったら君かい…」

天海「入間さん?こんなところにいるなんて珍しいっすね」

入間「あー?なんだ陰険マスク野郎とチャラ男か…俺様が図書室にいたらなんか困るのかよ。あ、もしかして●●本漁りに来たのか!?ヒャッヒャッヒャッ!それなら俺様がいたら困るな!」

真宮寺「…はァ…君もどこかしら変わってくれていると思ったけれど、やっぱり不合格だネ…口が悪すぎるヨ…」

天海「ははっ…本当に入間さんは変わらないっすね…ここに来て6日目でほとんどの人が変わっちゃったんすけどね…」

入間「(変わったのは俺様のせ…おかげだけどなんか陰険マスクの方ムカつくな…)」ポチッ

罵倒された気がした入間は真宮寺に向けてスイッチを押した

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:49:15.79 ID:AkKxR3ETO

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:49:50.79 ID:AkKxR3ETO

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:50:36.04 ID:AkKxR3ETO

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:50:54.20 ID:r+HwcPhI0

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:52:24.57 ID:AkKxR3ETO

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:52:57.17 ID:AkKxR3ETO

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 22:53:50.90 ID:AkKxR3ETO

153: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/30(水) 23:32:25.99 ID:IeOmMJgo0
『真宮寺
憤怒 79
怠惰 79
嫉妬 04
強欲 20
色欲 57
暴食 17
傲慢 90
平均 49』

入間「(げっ、これは…ダサい原と一緒か…?)」

真宮寺「…あのさァ、君と話した時からずっと思っていたんだけど…君みたいな中身の醜い人が僕と姉さんの前で偉そうに喋っているのは本当に腹が立つんだよネェ。謝ってヨ」

天海「し、真宮寺君?」

真宮寺「謝って謝って謝って謝ってヨ!」

入間「うわっ!?な、なんだよぉ!」

真宮寺「謝って謝って謝って…」

真宮寺は入間の肩を掴むと呪詛のように同じ言葉を繰り返しだしたので天海は間に割り込んで止めた

天海「ちょ、ちょっと真宮寺君!何やってるんすか!入間さん、ここは俺が止めとくんでしばらく逃げてくださいっす!」

入間「お、おう…!」バタバタバタ

~30分後~

入間「昨日から逃げてばっかな気がするぜ…」

下1 次の測定の対象を指定してください

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/30(水) 23:42:05.18 ID:AkKxR3ETO
アンジー

155: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/31(木) 00:43:33.94 ID:4TGPA+0D0
入間「…飲み物食堂に取りに行くか…」

~食堂~

入間「よし、メイドババアはいないな…」ゴクゴクゴク

アンジー「おー!いい飲みっぷりだね美兎ー!」

ゴン太「あ、入間さんだ。こんにちは」

入間「ぶふっ!?突然話しかけてくんじゃねーよ!というかカルト女はあのつるぺたロリとチャバネと一緒じゃねーのかよ」

アンジー「うーん、秘密子はなんかすっごく偉そうな感じになって楓と終一と喧嘩してるし転子はご飯とお風呂以外はほとんど寝てるみたいなんだよねー」

ゴン太「喧嘩といえば百田君もすごく手が出るのか早くなったんだよね…みんな仲良くして欲しいんだけどな…」

入間「まああの髭野郎は割と元からだと思うけどな」ポチッ 

入間はもう慣れたのかまだ測っていないアンジーに向けてスイッチを使った

下1 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 00:52:03.53 ID:uiF5reavo

163: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/31(木) 07:57:43.34 ID:4TGPA+0D0
『アンジー
憤怒 53 普通
怠惰 35 普通
嫉妬 79 高い
強欲 14 かなり低い
色欲 70 高い
暴食 69 少し高い
傲慢 09 病的に低い
平均 47』

入間「(こいつもあんまり表には出なさそうだな)」

アンジー「んー?美兎何見てるのー?」

入間「と、時計見てんだよ、天才な俺様はやることがたくさんあるからな!」

アンジー「へー!美兎はすごいねー!」

ゴン太「入間さん何か忙しいの?よかったらゴン太手伝うよ」

入間「あ、あー…いや、素人が手伝ったら機械はあぶねーから別にいい」

ゴン太「そっか、ゴン太とっても働きたいんだけど大体東条さんがほとんど終わらせちゃってるから何か役に立ちたいなって思って。力仕事があったらゴン太に任せてね!」

アンジー「美兎お仕事頑張ってねー!」

入間「お、おう(んー…わかりにくいけどカルト女は少し優しくなった気がするな)じゃーな。あ、メイドババアには気をつけておけよ」

下1 次の測定の対象を指定してください

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 08:06:09.39 ID:8JbX+6eM0
つむぎ

165: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/31(木) 12:35:58.52 ID:RSw/CwLxO
~3時間後~

入間「カルト女たちにあんなこと言った手前ヘアアイロン(5分ですぐに整えられる)とかしょーもないもん作っちまったな…」

入間「便利っちゃ便利だけど失敗作みたいなもんだしなー、これ誰かに押し付けるか」

入間「使いそうなのは…あのどう見ても目つきが保育士じゃねーまな板女と…あ、地味眼鏡が一番使いそうだな。あいつ測定してねーしついでに済ませるか」

~白銀の部屋~

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン

白銀「わあ、またピンポンダッシュ…王馬君かな?」ガチャッ

入間「よっ、地味眼鏡」

白銀「あれ、入間さん?というか私あだ名も地味なんだね…」

入間「テメーにこれをやろうと思って来たんだよ」

白銀「これって…ヘアアイロン?私もう持ってるけど…」

入間「そこらのヘアアイロンと俺様の開発したヘアアイロンを一緒にすんじゃねーよ!まあ俺様の中では失敗作だけどな」ポチッ

白銀「うーん、まあせっかくもらったから使ってみるよ、ありがとう」  

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 12:52:36.80 ID:4NIVNJTRO

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 13:42:31.83 ID:8JbX+6eM0

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 13:53:10.61 ID:pD+GzFU/O

169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 14:48:46.09 ID:yc8N+htZO

170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 15:42:00.23 ID:8JbX+6eM0

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 15:53:58.91 ID:yc8N+htZO

172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 15:58:31.41 ID:8JbX+6eM0

175: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/31(木) 18:43:23.01 ID:02h7tXLzO
『白銀
憤怒 80 かなり高め
怠惰 83 かなり高め
嫉妬 61 少し高め
強欲 09 病的に低い(食欲は別)
色欲 23 低い
暴食 91 危険
傲慢 41 普通
平均 55』

グルグルグルグルグル   

入間「(腹減ってるやつ多すぎじゃねーか?こいつら大食い芸人でも目指してんのか?)」

白銀「…ごめん、地味にお腹空いたからちょっと出かけさせてもらうね。アイロンはありがとう」

ガチャッ

白銀は地味に怒っているように見えたが地味すぎたので特に入間は気づくことなくもう何度か見た光景を見送った

入間「けっ… 的に大食いなら面白いのに結局変態はメイドババアと…あとカルト女もちょっと高かったか?でもこんだけいて2人だけじゃつまんねーな」

入間「あとはツルショタとチャラ男だけか…」

下1 この後の入間の行動を指定してください(どこかに移動しても次の日の測定に入っても構いません)

176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 18:53:34.77 ID:yc8N+htZO
王馬

177: ◆f1YIqPbVsU 2019/10/31(木) 21:01:47.51 ID:PXltOY2F0
入間「メイドババアくらいしか面白い結果出なかったのは癪だけどまあ俺様の開発品はちゃんと効果出てるし…明日ツルショタかチャラ男はいい結果出すだろ、多分」

入間「よし、寝るか」

入間「…」zzz

~??~

モノクマ「あのさぁ…入間さん!もうちょっと頑張ってよ!君のせいでラブバラエティ番組がめちゃくちゃなんだからさぁ!色欲もっと出してよ!」

モノスケ「でもでもお父やん、この前の百合劇場は結構視聴率良かったで」

モノキッド「ヘルイェー!赤松と最原と白銀の三つ巴食料バトルも一部の層に爆受けしてるしな!」

モノクマ「いや百合劇場はたしかに上がったけどさぁ…あそこで本番入ってたらもっと上がってただろうし白銀のやつはなんで一緒に参加してんだよ!」

モノファニー「あんな地味な子だったのに意外とクマみたいに野生的なのね…」

モノクマ「はぁ…番組的には誰もくっつかなくて終了されたら困るんだけどなぁ…」

モノタロウ「あ、お父ちゃんいいこと思いついたよ、もし失敗したら記憶消してもう一回測り直せば?」

モノクマ「いやあれは本性を暴く装置だから何回やっても無駄なんだよ…」

モノダム「…ダッタラ…入間サンニ責任取ッテ貰エバイイ…面白ソウナ装置ヲ作ラセテ…ソレヲ皆ニ使ウ…」

モノクマ「うーん…それは最終手段にしようかな…とにかく明日は頼むよ入間さん!」

~7日目 朝~

入間「…うーん、昨日はあの変な熊どもの夢見たせいで寝起きが悪いぜ…」

ピンポ-ンピンポンピンポンピンポンピンポン

入間「…うるせー!誰だよ!」

ガチャッ

王馬「やっほー!入間ちゃん!遊びに来たよ!」プシュ---ッ

入間「うわあああああ!?」

突然ドアを王馬が降った炭酸飲料のペットボトルを開けて吹っかけてきた

入間「テメー何すんだよ!というかどうやって入ったんだ!」

王馬「それは組織秘密かなー!あはは!やっぱ入間ちゃんは面白いねー!他の皆は弄りがいがなくてさー」

入間「…」イラッ

ポチッ

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 21:39:22.70 ID:yc8N+htZO

179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 21:40:39.49 ID:yc8N+htZO

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 21:43:34.77 ID:yc8N+htZO

181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 23:03:11.47 ID:yc8N+htZO

182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 23:03:42.85 ID:yc8N+htZO

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 23:07:08.89 ID:yc8N+htZO
V

184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/31(木) 23:07:49.09 ID:yc8N+htZO
3

185: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 00:45:21.71 ID:Q6zlUT6k0
『王馬
憤怒70 高い
怠惰49 普通
嫉妬77(奇数ゾロ目なので90以上と同じ)
強欲47 普通
色欲85 かなり高い
暴食89 かなり高い
傲慢09 病的に低い
平均60』

入間「(おっ!全体的に高い!特に色欲!暴食はこの際気にしないとして…やるじゃねーかツルショタ!)」

王馬「…ねえ、入間ちゃん…今まで罵倒してごめんね?」

入間「えっ…な、なんだよいきなり…」

王馬の雰囲気が急にいじらしくなったので今まで好き放題言われていた入間困惑した

王馬「入間ちゃんより背が低い俺なんかが罵倒なんかしちゃってさ…あ…それより前から思ってたんだけどここの女の子皆身長高いよね…羨ましいなぁ」

入間「(な、なんだこいついきなり…)」

王馬「…ところで入間ちゃんってさ、いつも見せつけるように胸出してるよね、触っていい?」

入間「は?ダメに決まってんだろ!何言ってんだテメー!」

王馬「…ダメ?」

入間「そ、そんな目で見てもダメなもんはダメだ!」ダッ

押しに弱い入間はコロコロ変わる王馬が気味悪くなり、部屋から逃げた

王馬「…うーん、入間ちゃんに断られちゃった。いや俺なんかが頼んでも断れるとは思ってたけど…あーあ、ム ム してきちゃった。誰か 欲一緒に発散してくれる人いないかなー」

186: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 00:46:03.47 ID:Q6zlUT6k0
入間「…薄気味悪かったぜ…あ、でもこれで残り1人だな。さっさとあのチャラキャベツ野郎を探すか」

~20分後 図書室~

入間「(やっぱここにいたか、こいついつも図書室いるな)」

天海「あ、入間さん…この前は大丈夫だったんすか?」

入間「あの陰険マスク野郎のことなら平気だぜ」

天海「そっすか…俺あんなになった真宮寺君見たの初めてだったんでちょっとびっくりしちゃったっす」

入間「(よし、チャラ男…最後の測定だからな、面白い結果出せよ!)」

ポチッ

下1~7 前と同じ順で測定結果コンマ下二桁

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 02:51:31.71 ID:C/7IrGWvO

188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 04:04:31.30 ID:C/7IrGWvO

189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 09:47:41.32 ID:mnD165J10

190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 10:16:00.21 ID:DWOcIc6bo

191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 13:27:11.69 ID:C/7IrGWvO

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 13:28:47.33 ID:C/7IrGWvO

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 13:29:19.56 ID:C/7IrGWvO

196: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 20:59:11.08 ID:Q6zlUT6k0
『天海
憤怒71 高め
怠惰30 少し低め
嫉妬32 普通
強欲21 低め
色欲69 少し高め
暴食33(奇数ゾロ目なので90以上と同じ)
傲慢56 普通
平均44』

入間「えぇ…」

天海「…すんません、俺お腹空いてきたんで上行くっすね」

天海はお腹の音を大きく立てながら上の方に行ってしまった

入間「おう…てか何回目だよこれ…やっぱ大食い芸人養成番組だったのか…?」

モノクマ「そんなわけないでしょ!」

入間「うわぁ!?いきなり飛び出してくんじゃねーよクマ野郎!」

モノクマ「うるさいよ!入間さんのおかげでこの番組食費だけで赤字ギリギリなんだからね!さっきも食材を巡って喧嘩してたのに天海君まで混じったらいよいよ収集つかなくなっちゃうよ!」

入間「んなこと言ったって俺様は本性を暴いただけだぜ。俺様があいつらをあんなんにした訳じゃねーよ!てかお前何しにきたんだよ!俺様は今から結果まとめんだから邪魔すんなよ!」

モノクマ「あーもう!愚痴言いに来ただけだよ!ばーいくまー!」

モノクマは大分ストレスが溜まっていそうな声を上げながら帰って行った

入間「愚痴は俺様が言いたいぐらいだぜ…せっかく作ったのに腹ペコばっかでよぉ…」

入間「…とにかくさっさと部屋でまとめるか」

~30分後くらい~

入間「よし、これで俺様とキーボ以外の結果は全部まとめきったぜ」

197: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 20:59:49.33 ID:Q6zlUT6k0
~憤怒~ 平均57 憤怒王:赤松
星03
春川19
ゴン太43
茶柱47
夢野52
アンジー53
百田54
王馬70
天海71
東条73
最原74
真宮寺79
白銀80
赤松92

198: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:07:57.00 ID:Q6zlUT6k0
~怠惰~ 平均50 怠惰王:星
ゴン太03
東条05
赤松21
天海30
百田34
アンジー35
王馬49
夢野54
最原58
春川65
真宮寺79
白銀83
茶柱87
星99

199: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:08:35.22 ID:Q6zlUT6k0
~嫉妬~ 平均53 嫉妬王:王馬
真宮寺04
夢野17
天海32
東条45
赤松48
ゴン太49
百田51
最原56
春川60
白銀61
茶柱79
アンジー79
星85
王馬77(90以上と同じ)

200: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:09:09.88 ID:Q6zlUT6k0
~色欲~ 平均44 色欲王:東条
春川04
夢野04
茶柱05
ゴン太88(09以下と同じ)
白銀23
百田24
赤松26
最原31
星47
真宮寺57
天海69
アンジー70
王馬85
東条96

201: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:09:45.99 ID:Q6zlUT6k0
~暴食~ 平均51 暴食王:赤松
百田00
東条22(09以下と同じ)
夢野14
真宮寺17
茶柱29
春川34
ゴン太65
星65
アンジー69
王馬89
天海33(90以上と同じ)
白銀91
最原94
赤松97

202: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:10:18.16 ID:Q6zlUT6k0
~傲慢~ 平均50 傲慢王:夢野
星08
アンジー09
王馬09
春川10
茶柱39
白銀41
赤松52
ゴン太56
天海56
東条69
百田85
真宮寺90
最原95
夢野97

203: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:34:08.88 ID:Q6zlUT6k0
~強欲~ 平均36 強欲王:最原
夢野03
白銀09
アンジー14
真宮寺20
天海21
春川23
赤松32
ゴン太36
星39
茶柱40
王馬47
百田51
東条83
最原87

204: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 21:49:03.82 ID:Q6zlUT6k0
入間「ふぅ、疲れたぜ…」

入間「にしても第一印象と結果が全然違うな」

入間「バカ松は憤怒と暴食で二冠だし」

入間「ダサい原はあんな●●みてーな顔色の癖に腹ペコだし、強欲王だし」

入間「あのツルショタは実は周りが妬ましい陰キャみてーな性格してんのか?嫉妬王だから女々しかったりしてな」

入間「まあ一番驚いたっつうか面白かったのはメイドババアだけどな、あの態度で色欲王ってギャップやばすぎだろ!」

入間「ア星は人生に疲れてるから怠惰王なんだろ、多分」

入間「つるぺたロリはまあプライドは割と高そうだったし納得か」

コンコンコン イルマサ-ン ガチャッ

キーボ「あ、入間さん!ちょっと食堂に来てください!天海君たちが…」

入間「あー、腹ペコ四天王か?もう放っとけ放っとけ」

キーボ「腹ペコ四天王…?というか天海君たちだけじゃなくて他の人もなんか変ですよ!」

入間「それは割と前からだろ(3日前から測定始めたからな)」

キーボ「えっ?僕今日気づきましたけど…」

入間「えっ…(鈍っ!やっぱキーボ測定しても何の意味もなさそうだな、測んなくてよかったぜ)」


下1~以降 (この後の入間の行動を指定してください。特に希望がなければそのまま後日談を少し書いて完結とします)

205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/01(金) 23:23:30.90 ID:xCfDRgYSO
特になし

206: ◆f1YIqPbVsU 2019/11/01(金) 23:54:58.67 ID:Q6zlUT6k0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~10日目 朝~

入間「ふわぁ…お、やっと10日目か…これでここから出られるな!さっさと帰って寝ながらなんでもできるシリーズを完成させねーと」

モノクマ「あ、入間さん。残念だけどまだここから出られないよ」

入間「はぁ!?というかクマ野郎また急に入ってきやがったな!てか出られないってどういうことだよ!」

モノクマ「いや逆になんで出られると思ったんだよ!これラブバラエティなのにオマエのせいでずっと寝てるか食料取り合ってるかなんも食べなさすぎて倒れるわで誰もくっ付こうとしなくてなんの番組か全然わかんないよ!視聴率自体は主に東条さんと王馬君のおかげでなんとか稼げたけど食費が嵩んでほぼゼロだからね!」

入間「俺様の責任かよ!」

モノクマ「他に誰がいるんだよ!…まあ無期限延長になったってことだから、うぷぷぷぷぷ…はぁ…」


入間「…」


入間「ふっざけんなよおおおおおお!さっさとここから出しやがれえええええええ!」



終里