1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 19:51:15 ZwuFoLKw
ユミル「そ、誰にでも優しい座学トップさんなら仲のいい女の一人や二人でもいるんじゃないかと思ってね」ニヤニヤ


アルミン「なっ…い、いないよぉ…彼女なんて…」カァァ


ユミル「なに?じゃあお前童て……クリスタ「や、やめなよユミルぅ///」


アルミン「っ」カオマッカッ



クリスタ「で、でも……意外だねっアルミンは優しいから、その…モテそうなのに…///」



アルミン「そ…そんなことな……ミカサ「そう、アルミンは確かにモテる」ヌッ



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 19:52:22 ZwuFoLKw
アルミン「み、ミカサ!?」


ミカサ「だから追い払うのがとても大変。いつも私とエレンとで、速やかに駆逐している」



エレン「あぁ…とくに男連中はしつこいから面倒だよな」ヒョコッ



アルミン「え?ちょっと待っ……ミカサ「それに加えて」


ミカサ「私はエレンを狙う女狐まで駆除しなければならない、ので、本当に休む暇もない…」


ユミル「ふむ…」



アルミン「ちょっ、え、い、いったいいつかr……エレン「おい、いい加減にしろよな!!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 19:54:11 ZwuFoLKw
エレン「お前は俺の母ちゃんかよ!!いちいちそんなことされる覚えはねぇってちゃんと言ったはずだぞ!?」



アルミン「ま、待ってよっそれなら僕だtt…ミカサ「でも」


ミカサ「え、エレンに何かあったらと思うと…とても心配……それに、もし…エレンがOKしてしまったら、私は……また、一人ぼっちに…」ウルウル


エレン「な…なにいってんだよ…」アセアセ



エレン「……お、俺は別にOKするつもりなんてねぇよ……ただ、お前が大変だろうと思って…その…」ポリポリ


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 19:55:18 ZwuFoLKw
ミカサ「え、エレン…」ウルウル



ユミル「お、食堂だってのに熱いね!お二人さん」ヒューヒュー


ミカサ「///」


エレン「は?そんなんじゃねぇよ…」



エレン「とにかく…俺は自分で断れるから、お前はよけいなことしなくていいからな」


ミカサ「わ…わかった。じゃあアルミンを狙うハイエナ共だけを退治する…」



エレン「あぁ、それでいい…じゃあとっとと食って寝ようぜ……アルミン「ちょ、ちょっと待ってよぉ!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 19:57:05 ZwuFoLKw
アルミン「…え?ど、どういうことなの?…退治って…いったいいつから、そんなことを…」タラーッ


ミカサ「もちろんシガンシナのころから。アルミンが小さいころは、大人のお姉さんやガチムチのお兄さんがよって来て…とても、大変だった…」



アルミン「」


エレン「兵団に入ってからはさらに男連中が増えたよな。……まぁ普通の女子もいたけど…」


ミカサ「当然、両方駆逐した。アルミンの貞操は私達が守る」キリリッ


エレン「あぁ!…まぁ当然だな」キリリッ


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:00:17 ZwuFoLKw
アルミン「」



ライナー「…なるほどな、だからアルミンに告白するやつがいなかったのか」



ユミル「おい、なんで当然のように入ってくるんだよ」


ユミル(っていうかなんでそんなこと知ってるんだコイツ…)


ベルトルト「………」



アルミン「」



クリスタ「ちょ、ちょっと待ってよっ…その……それじゃあ…か、彼女とかもダメなのかな?///」テレテレ



ユミル「…どうなんだ?」


エレン「………」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:05:55 ZwuFoLKw
ミカサ「………」

ユミル「おい…」

エレン「………」チラッ

ミカサ「………」チラッ

エレン「………」

ミカサ「………」


エレン「……まぁ…別に…」ボソッ


ミカサ「…ダメ……とは言わないけど……」ボソボソ


エレミカ「………」


アルミン「!そ、そうなの…?」


エレン「………」


ミカサ「………一定の条件を満たしているなら…かまわない」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:07:56 ZwuFoLKw
ユミル「条件…?なんだそりゃ?」


ライナー「………」ジーッ


ミカサ「…そんなに難しいことじゃない。常識的なこと」


エレン「………」



クリスタ「そ、そうだよね。いくら三人が仲良いからって…お互いにそこまで気にしたりしてないよね!…ご、ごめんね…変なこと聞いて///」



アルミン「……え、えっと…二人ともそんなことしてたって知らなかったからびっくりしたけど……そ、その、心配してくれてたんだよね…?」アセアセ


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:10:33 ZwuFoLKw
アルミン「ありがとう。二人が言うことだからきっと本当に常識的な……ミカサ「まず第一に」



ミカサ「私を倒せるくらいの人間でないと話にならない」キリリッ



アルミン「」


クリスタ「」


ライナー「」


ベルトルト「………」


ユミル(……いや、そんな奴いねぇよ)


エレン「!そうだな」


ミカサ「えぇ。アルミンが襲われたときのことを考えると…暴漢どもを消し炭にできるくらいの実力がある人間でなければ……不安」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:12:09 ZwuFoLKw
ミカサ「それとエレンと同じくらいの気合いがある人。アルミンの夢は外の世界に行くこと…そのときについてこれないような人、ではダメ」



エレン「そうだよな…まぁ巨人に怯えて逃げ出すような腰抜け野郎は必要ないな。最悪でも腕の1、2本もがれようが『巨人をぶち殺したいです!!!』って言えるくらいの気合いがないと」


ミカサ「えぇ」



アルミン「」


エレン「あとは、アルミンと議論や討論し合えるくらい賢いやつじゃないとな」



17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:15:03 ZwuFoLKw
ミカサ「そう。じゃないとアルミンが退屈する…」



クリスタ「」



ミカサ「…そして何より」


ミカサ「アルミンやエレンと張り合えるくらいの容姿の持ち主、でないとアルミンは渡せない」


エレン「…俺はともかく、まぁ…これは当然だよな。アルミンと付き合うやつが…そこらへんの美人程度ってやつじゃあ釣り合わねぇし」



ライナー「」



ミカサ「まぁ少なくともこれくらいの資格は必要。……あと、私とエレンがなんとなく気に入らないってのもダメ」



19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:18:51 ZwuFoLKw
エレン「そうだな。まぁ俺達は部外者とかにもけっこう寛大な方だし、問題ないだろう」


ミカサ「えぇ」



ベルトルト(幼馴染みの恋人候補に対して無理難題ふっかけるような人間が、寛大……?)



アルミン「」


クリスタ「」


ライナー「」


ユミル「……いや、誰だよ…その超人。いねぇよ……いたとしたらそいつは確実に人間じゃねぇよ……」


ミカサ「これは最低条件。その後二次審査の面接をおこない合否を判断する」バッサリッ


クリスタ「」


ライナー「」



22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:23:20 ZwuFoLKw
ライナー「……なんか、疲れたな」ガタンッ


ベルトルト「………」ガタッ


クリスタ「……うん。…ユミル、もう寝よっか」ガタッ


ユミル「あ、あぁ…」ガタンッ


エレン「おぅ!また明日ー」


ミカサ「おやすみなさい」フリフリ


エレン「…さてと、俺達も早く食おうぜ」


ミカサ「アルミン、ぼーっとしてないでしっかり食べないと明日持たない」モグモグ


アルミン「………うん」ムシャムシャ



アニ「………」ジーッ


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:28:45 ZwuFoLKw
――――――

――――

チュンチュンチュン

翌朝食堂


サシャ「おはようございます!ミカサ、エレン、アルミン」ヒョコッ


ミカサ「おはよう」モグモグ


エレン「おう」ガツガツ


アルミン「朝から元気だね」ムシャムシャ


サシャ「当然ですよ!朝ごはんの時間ですからね」スタスタ



27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:33:59 ZwuFoLKw
サシャ「アルミン、隣座ってもいいですか?」


アルミン「もちろんいいよ」モグモグ


ミカサ「サシャならかまわない」ムシャムシャ


サシャ「へ?私なら…?どういうことですか?」モグモグ


アルミン「…ミカサ…まだ言ってたの?」ハムハム


ミカサ「言うも何も私達は本気」ゴクゴク


エレン「ああ。いつ誰が狙ってくるかわからねぇからな」ガツガツ



29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:38:00 ZwuFoLKw
サシャ「狙う?…肉ですか…?」ムシャムシャ


ミカサ「違う。アルミンの彼女の話」モグモグ


サシャ「アルミン、彼女できたんですか?おめでとうございます!」ハムハム


アルミン「ははは、そうなら良かったんだけどね…残念ながら違うんだ」モグモグ


サシャ「?」ムシャムシャ



ミカサ「アルミンの彼女候補は私達が審査する。これは決定事項」モグモグ


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:44:57 ZwuFoLKw
エレン「アルミン、まだ反対するのか…?」ズーッ



アルミン「……いや、もういいよ。どっちにしろ僕に彼女なんて…できっこないしね」ハハハ…


サシャ「そんなことないですよーアルミンはかわいいですからね!」ニコッ


アルミン「どうせならかっこいいって言われたかったけど…でもありがとう、サシャ」フフフ



サシャ「いえいえ、本当のことですから!それにアルミンは賢いですし」ムシャムシャ


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:49:40 ZwuFoLKw
アルミン「ふふふ、そう言われると嬉しいなぁ。じゃあそんなサシャにはパンあげるね?」ニコッ


サシャ「やった!作戦勝ちです」ニコニコ


エレン「おいおいアルミン…」


アルミン「いいんだよエレン、サシャが食べてるの見てると僕も癒されるし」ニコニコ


サシャ「えへへー」モグモグ


ミカサ「アルミンは優しい」ムシャムシャ



マルコ「おはよう、何の話してるの?」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 20:54:31 ZwuFoLKw
アルミン「あ、マルコにジャン何でもな……ミカサ「アルミンの彼女候補の話」モグモグ


マルコ「ああ…。ライナーが言ってたよ。……アルミンも大変だね?」


アルミン「あはは…」ムシャムシャ


ジャン「み、ミカサ!今日も朝から美し……ミカサ「ジャン、どいて邪魔。エレンとアルミンが見えない」



ジャン「」


マルコ「…えっと、本当に譲る気はないの?」


エレン「ああ」バクバク


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 21:02:58 ZwuFoLKw
ミカサ「何回聞かれても結果は同じ」モグモグ


サシャ「そうですよ、ミカサとエレンは意志が強いですからねー…そんなことよりアルミン!早くパァンくださいよ!!」キラキラ


アルミン「はいはい、サシャ。急いで食べちゃダメだよ?」ヒョイ


サシャ「えへへーわかってますよー、では、いただきます!」ガツガツ


アルミン「本当に美味しそうに食べるね、サシャは」ジーッ


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 21:08:38 ZwuFoLKw
サシャ「そうでふか?アルミンがくれたパァンは特別おいひいでふっ」モガモガ


アルミン「はははサシャ、頬張りすぎてすごい顔になってるよ?」クスクス


サシャ「いいんですよ!幸せを噛みしめてる顔ですから」モグモグ


アルミン「ふふ、物は言いようだね」ニコニコ


マルコ「………」


ジャン「………」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 21:13:23 ZwuFoLKw
マルコ「ねぇミカサ…サシャとかはどうなのかな?アルミンの彼女候補」


ミカサ「サシャ?それはない」モグモグ


エレン「あぁ、サシャの恋人はパンだろ」ガツガツ


マルコ「…でもなんというか…二人ともすごいいい雰囲気だよ?」


ジャン「…あぁ」


エレン「?そうか…?いつもこんな感じだろ」ムシャムシャ


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 21:16:43 ZwuFoLKw
ミカサ「そう。アルミンは優しい、のでサシャにパンをあげる…するとサシャがなつく。これは自然な流れ」モグモグ


マルコ「うーん、でも二人ともほんわかしててお似合いって言うか…」


ジャン「………」


サシャ「?私達、ほんわかしてますかね?」バクバク


アルミン「そんなこと無いと思うけどなぁ…あ、サシャ、よそ見して食べてるとこぼしちゃうよ?」ハムハム



46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:14:10 ZwuFoLKw
サシャ「わ…、ありがとうございますアルミン」フキフキ



アルミン「いえいえ」ニコニコ


ジャン「いや、してるだろ…」



マルコ「……二人はどうなの?」


サシャ「へ?私達ですか?」ムシャムシャ


アルミン「うーん…考えたこともないけどなぁ」モグモグ


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:20:33 ZwuFoLKw
サシャ「ですね…でも、私達はそういう感じじゃないですよね」モキュモキュ


アルミン「そうだねー…あ、でも…僕はサシャといると楽しいよ?」ニコッ


サシャ「えへへへ、私もです!」ニコニコ



アルサシャ「ねー」




マルコ「………」


ジャン「いやいやいや」



49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:26:02 ZwuFoLKw
エレン「それより今日は朝から対格闘訓練だろ?急がないと教官に怒られるぞ」ゴチソ-サマッ



ジャン「あー…とっとと食うか」ガツガツ


マルコ「…だね」モグモグ



アルミン「ほら、サシャも早く食べなよ」


サシャ「味わってるんです!……さて、行きますか」カタンッ


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:33:36 ZwuFoLKw
アルミン「ちょっとサシャ、なんでポケットにパンを入れるの?」


サシャ「非常食ですよ」


アルミン「もうっ、また教官に怒られちゃうよ?」プンスカ


サシャ「心配性ですねーアルミンは。大丈夫ですよ…えいっ」ワシャワシャ


アルミン「わわっ止めてよサシャ、ボサボサになっちゃうだろ?」


サシャ「ちょうどいい高さにあったのでつい…」

ワイワイワイ



アニ「…っ」ジーッ


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:39:40 ZwuFoLKw
――――――

――――

対格闘訓練


アルミン「……」キョロキョロ


アルミン(うーん…どこだろ…?)


アルミン「……!」タッタッタッタッタッ



アルミン「あ、あの…良かったら、僕と組んでくれないかな…?」オズオズ



アニ「……別に、いいけど」


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:45:22 ZwuFoLKw
アニ「………」シュッ


アルミン「ひゃうっ!?」クルンッドサッ


アニ「……あんた、弱すぎだよ…もっと鍛えた方がいい」フンッ


アルミン「ははは…そうだよね。ごめんね、アニ…付き合わせちゃって」ヨイショッ


アニ「……別に、暇だったからいいけど」


アルミン「そっか、ありがとうアニ。優しいんだね」ニコニコ


アニ「…っ」


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:52:01 ZwuFoLKw
アニ(……まただ、なんか…コイツのこと見てると……)


アニ「……無駄口叩いてる暇あったら早く立ちなよ…」


アルミン「あ、そうだよね…」モゾモゾ


アニ「…そもそもさ」


アルミン「ん?」



アニ「……なんで、私と組む気になったわけ?」


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/05(月) 23:58:44 ZwuFoLKw
アルミン「えっと、その…なんていうか……」


アニ(……っく、早く答えなよ)


アルミン「……アニは強いから、教われたらいいな…と思って…その、迷惑、だったかな…?」


アニ「……別に、そんなことないけど」


アルミン「そっか!良かった…」ニコッ


アニ「…っ」


アニ「……何だったら、これからも教えてあげてもいいけど」



59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:04:56 i2caXcMQ
アルミン「本当に!?やった、嬉しいなぁこれからもよろしくねアニ!」ニコニコ


アニ「……別に暇だから」


アニ(………)


アニ「……そういえばさ…食堂でマルコと馬面が騒いでたけど…何だったの?」


アルミン「?あぁアレ?実は昨日ねミカサとエレンが――」


アルミン「―で、朝食でもその話をしだしたんだよ」


アニ「……そう(…知ってるけど)」



61 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:11:42 i2caXcMQ
アニ「…あんた、その…彼女とか、欲しいと思ってんの?」


アルミン「へ?ま、まぁね、僕だってちゃんと男の子だし……えっとその、アニは?」テレテレ


アニ「!?……わ、わたしは、ど、どっちでもいいけど」


アルミン「そ、そっか……変なこと聞いてごめんね」アセアセ


アニ「い、いや…」


63 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:20:43 i2caXcMQ
アルミン(へ、変なこと聞いちゃった…な、何か話題……!)


アルミン「そ、そういえばさ」アセアセ


アニ「な、何?」


アルミン「マルコとジャンがさ、僕とサシャのことお似合いだなんて言うんだよー」アハハ


アニ「………」


アニ「……そう」


アルミン「うん。びっくりするよね…でもまぁサシャとは仲がいいから別に嫌じゃなかったけど」


アニ「………」


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:28:24 i2caXcMQ
アニ「……あんた達、よくいっしょにいるもんね」


アルミン「うん。ただ、マルコやジャンからはそんな風に見えてるんだーってびっくりしちゃったよ」アハハハ


アニ「……そ」


アルミン「…えっと、アニからも、そんな風に見えてるのかな?僕たちって」


アニ「………」


アニ「別に」


アニ「いつもあんたのこと見てるわけじゃないんだから」


アニ「知らないよ」



66 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:34:41 i2caXcMQ
アルミン「そ、そっか…それもそうだよね…ごめんね」シュンッ


アニ「………」


アニ(………コイツの顔見てたら…イライラしたり不安になったりする…)


アニ「…あぁ」


アニ(そっか、わたし…)


アニ「…練習しないなら、もう行っていい?」


アニ(コイツのこと、嫌いなんだ)


アルミン「え?その…アニ「じゃ」スタスタスタ



68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 00:40:54 i2caXcMQ
アルミン「……あ」


アルミン「……行っちゃった」


アルミン「………」


アルミン(…馬鹿だな…僕。そんなに仲良くもないのに…変なこと聞いたりするから……きっと、面倒くさがられちゃったんだよ)


アルミン「…っ」ウルウル


アルミン「!?」ゴシゴシ


アルミン(……あれ?僕、なんでこんなにショック受けてんだろ…)


アルミン「…」シュンッ



クリスタ「………」ジーッ



73 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 18:33:54 i2caXcMQ
――――――

――――

座学講義室前廊下


アルミン「……」スタスタ


アルミン(ぼんやりしてたら遅くなっちゃったなぁ…)スタスタ


アルミン(まだけっこう時間あるけど……早めに行って席に着いとこう)スタスタスタ



クリスタ「アルミン!」タッタッタッ


74 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 18:37:24 i2caXcMQ
アルミン「クリスタ。どうしたの?」ピタッ


クリスタ「えっと、たまたま見かけたから…その…いっしょに行ってもいいかな」チラッチラッ


アルミン「?もちろんいいよ。じゃあ行こうか」トコトコトコ


クリスタ「うん!」トコトコトコ


クリスタ(………)


クリスタ(アルミン、優しいなぁ…私に歩幅合わしてくれてる)


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 18:41:06 i2caXcMQ
クリスタ(…そう、アルミンは優しい…)


クリスタ(ユミルにからかわれたり、エレンとミカサが無茶なこと言ったりしても怒らないのも)


クリスタ(…サシャにパンあげるのも…アニが素っ気なくても笑ってるのも)


クリスタ(………私と、いっしょにいてくれるのも)


クリスタ(…ただ、アルミンが優しいからなんだ……)


アルミン「――スタっ大丈夫?」


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 18:45:20 i2caXcMQ
クリスタ「ふぇ…?あ、へ…平気だよ?ちょっと、ぼーっとしちゃって…」トコトコ


アルミン「大丈夫?荷物、持つよ」ヒョイッ


クリスタ「え?わ、悪いよ!!アルミンだって疲れてるのに」アセアセ


アルミン「うーん、僕だって男の子だからさ、ここは格好つけさせてよ。ね?」ニコッ


クリスタ「……うん、ありがとう」トコトコ


クリスタ(……ズルいよアルミン…そんなこと言われたら言い返せないもん…)



79 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:14:34 i2caXcMQ
アルミン(クリスタ…体調悪いのかな?心配だなー…)トコトコ


アルミン(というか、さっきの言い方はちょっと格好つけすぎだったかな!?で…でも、そうでも言わないと無理するだろうし…)アセアセ


アルミン(というか、さっきから無言じゃないかぁ!な、何か話題話題…)ソワソワ


クリスタ「アルミン、今日はミカサやエレンといっしょじゃないんだね?」トコトコ


アルミン「え?あ、うんっ今日はエレンもミカサも当番だから、先に行ってもらったんだ」トコトコ


80 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:19:07 i2caXcMQ
クリスタ「そっか、でもそのおかげでアルミンといっしょにいられるんだから…感謝しないとね」ニコッ


アルミン「!?…うん、僕もクリスタと話せて嬉しいよ」ニコッ


クリスタ「…っ、…私も」


アルミン(……クリスタは優しいから、そんなこと言ってくれるんだよね……勘違いしちゃうじゃないかぁ……)


クリスタ(…簡単にあしらわれちゃった…それに嬉しいって……もうっ本当に…)


アルクリ((ズルいなぁ…))


81 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:27:07 i2caXcMQ
アルミン「………」


クリスタ「………」


クリスタ「そういえばアルミン…」


アルミン「ん?何?」


クリスタ「ミカサとエレンは昨日からあのままなの?」


アルミン「うん、二人とも言い出したら聞かないからね」アハハ


クリスタ「そっか、大変だね」フフフ


83 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:31:04 i2caXcMQ
アルミン「…でも知らなかったよ、二人とも今まであんなことしてたなんて」トコトコ


クリスタ「ふふふ、二人ともアルミンのことが大事なんだよ。きっとそれが行き過ぎたんだよね、ミカサもエレンも」トコトコ


アルミン「そうかなぁ?…あ、それを言うならユミルだってそんな感じだね」トコトコ


クリスタ「ユミルは心配性すぎるんだよっこの前なんてね――」


アルミン「あはは、ユミルらしいね」

ワイワイ



ユミル(ん?クリスタ…にアルミン?)ジーッ


84 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:35:02 i2caXcMQ
ユミル(…ちょっと話したい人がいるから先に行っててよって言ってたが…やっぱりアルミンか)ジーッ


ユミル(……わかりやすいんだよお前は)


ユミル(…第一、クリスタが聞きたくてたまらない…って顔してたから、私がアルミンに彼女いるかどうか聞いてやったっていうのに…ミカサとエレンは乱入してくるし……)ハァ


ユミル(………、それにもう1つ不安要素もある…)


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:39:38 i2caXcMQ
アニ「………」スタスタ


ユミル(あいつ……すごいイライラした顔してんな…こわっ)


ユミル(っていうかクリスタもアニもわかりやすすぎるんだよ…なんで誰も気付かねぇかな…)


ユミル(……問題はアルミンだ…あいつは普段から表情にでやすいタイプだし、基本誰にも優しいからな……わかんねぇ…)


ユミル(…他に付き合いたいって意味で好意もってるやつは…)


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:44:35 i2caXcMQ
壁|リラ「ウホっクリスタとアルミンがいっしょにいるっ…この世の絶景…(重婚しよ)」ハァハァ


ユミル(………)


ユミル「よし、ゴリラ狩りの時間だな」ダッ

ハァハ…ユ、ユミ…ゴファッ



アニ「………」スタスタスタ


アルミン「―――っ?」ワイワイ



アニ「………」スタスタ


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:49:46 i2caXcMQ
クリスタ「――なんだっ」ニコニコ


アルミン「あははっそうだったんだね……あ、じゃあそろそろ始まるからまた今度話そうね、クリスタ」ニコッ


クリスタ「…うん!……またね」シュン



アニ「………」


アニ(あぁ…本当イライラする……いつも視界に入ってくるし…)


ミーナ「あ、アニっ!!いっしょに座ろっ」


88 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:53:36 i2caXcMQ
アニ「…あぁ」


ミーナ「ふぅー朝イチから格闘訓練で、疲れちゃったね」


アニ「…まぁね」


ミーナ「アニも疲れたんだーえっと、アニは誰と組んでたの?」


アニ「………アルミン」


ミーナ(あ、いつもと様子が違うと思ったらそういうことか……なるほど、これは聞き出してあげなくちゃいけませんね)ワクワク


89 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 20:58:07 i2caXcMQ
ミーナ「あれー?アニってアルミンと仲良かったっけー?どうしていっしょに組むことになったのー?」


ミーナ(さぁっ早く早く)ワクワク


アニ「……あいつから話しかけてきて」


ミーナ(ktkr!フラグじゃないですかー、アニに春到来!)


ミーナ「そっかそっか!それは良かったねぇーアニ」ニヤニヤ


アニ「……別に、わたし、あいつのこと嫌いだし」


ミーナ(……あるれぇ…?)


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:02:44 i2caXcMQ
ミーナ(いやいやいやいや、それはないでしょ!アニさん!!いつも食堂でこっそり近くの席に座ったり、自主練で走ってる姿をじっと眺めたりする相手のことを嫌いとは言わないんだよ!?)


アニ「あいつ見てるとイライラするし…なんとなく不安になるし…」


ミーナ(おおっ?)


アニ「それなのにいつも視界の中でちらついてて……腹が立つんだよ」


ミーナ(いや想像以上に可愛いな、何それ)


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:07:08 i2caXcMQ
ミーナ(ふむふむ……これは私が矯正してさしあげなくてはなりませんねぇ…)ニヤニヤ


ミーナ「そっか、確かにアルミンってけっこう嫌な子だもんね」


アニ「………え?」


ミーナ「小柄だし、体力もないし」


ミーナ(あれ、他に悪いところ…)アセアセ


ミーナ「そもそも、運動ができないなら兵士になるなっていう……アニ「は?」


92 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:11:54 i2caXcMQ
アニ「…何なの、それ?じゃあミーナは何でもできるの?」



アニ「確かにあいつは体力ないけど、いつだってそのこと気にして…今日だって格闘習いに来てた」



アニ「ミーナは自分がどう頑張っても追い付けないってわかってることに、そんな風に努力できんの?諦めずに前進し続けられんの?」



アニ「誰だってできないことはある、でもあいつはそれを克服しようとしてんだ」



95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:15:51 i2caXcMQ
アニ「誰だって自分の欠点には目を背けたいのに、あいつは他の誰よりも自分を追い詰めてる」


アニ「ミーナさ、いったいあいつの何を知ってて…そんな風に批判できるの?アルミンの努力も知らないくせに、なんで……ミーナ「あっれぇー」ニヤニヤ



アニ「………何?」イライラ


ミーナ「あるれぇーおかしいなぁーあるれぇー」ニヤニヤ


アニ「………」ゲシゲシッ


ミーナ「痛っ!わかった、わかったやめるから蹴らないで」アセアセ



97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:20:26 i2caXcMQ
アニ「………」


ミーナ「アニさぁーアルミンのこと、嫌いなんじゃなかったっけぇー」ニヤニヤ


アニ「!?そ、それは…違……ミーナ「アニはさぁ」


ミーナ「なんでアルミンがいつも視界に入って来てると思う?」


アニ「………」


ミーナ「それさぁ…誰だってわかるよアニ、アニがいつもアルミンのこと見てるからでしょ?」ニコッ


アニ「…っ!?」


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:24:54 i2caXcMQ
ミーナ「……アニさぁ、もう一度よく考えてみてよ」


ミーナ「本当に、アルミンのこと嫌いなの?」


アニ「………」


アニ「……違う」


ミーナ「そっか、じゃあアルミンのこと、どう思ってんの?」


アニ「それは……」


アニ「………」


アニ「……わからないよ」


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:29:08 i2caXcMQ
ミーナ「そっか!そっかそっか!!まぁわからないなら仕方ないよね!!!いいよ!私はそういうの全然好きだから!!そういう感じ大好物だから!!!いいよっ全然待つよ!!?」ニヤニヤ



アニ「…は?」タラーッ


ミーナ「あぁもうっこれはいいわ、いったいどう展開してくんだろうね!?アニ!!マジwktk!!!」ニヤニヤ


アニ「…いったい何がしたいの?」ハァッ


ワイワイワイ


101 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 21:34:11 i2caXcMQ
――――――

――――

座学後


ミーナ「ふぅー終わったー…」


アニ「………」


アニ(そうだ、私は確かにアルミンのこと気になってる…わけわかんないけど)


アニ(……格闘訓練のときは…イライラして当たっちゃったし)


アニ(………)


アニ(…っ、面倒くさい……気になるなら謝りに行けばいい)



107 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:15:31 i2caXcMQ
アニ「ミーナ…先行ってて」


ミーナ「!了解ー♪頑張ってねー」スタスタスタ


アニ「………」ジーッ



アルミン「二人とも、今日は1日当番なんだから早く行きなよ」


ミカサ「いい、アルミン。絶対物陰になんか行っちゃダメ。危ないから」


エレン「告白されたら断るんだぞ?それか逃げてもいい!まったく…サシャに見張り頼もうと思ってたのに…」


108 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:19:41 i2caXcMQ
ミカサ「…座学中にパンを食べて走らされている」


アルミン「もうっ、だからダメだって言ったのに……というか大丈夫だよっ心配性だなぁ」プンスカ


ミカサ「仲のいい友達は?マルコなら安全」


アルミン「お母さんっ!?……マルコならもうジャンと出ていったよ」


ライナー「よ、良かったら俺がつれて行こうか?」ソワソワソワソワ


109 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:24:20 i2caXcMQ
ミカサ「ライナー…?あなた何言ってるの…?」


ライナー「え?…ミカサ「今、私達はアルミンの話をしているの…」


ミカサ「本当はわかってるんじゃないの…?あなたみたいなホ ゴリラに、アルミンのこと任せられるわけないって…」



ライナー「え…ミカサ「だったら」



ミカサ「出てきちゃ、ダメでしょ……?」ゴゴゴゴゴゴ



ライナー「」


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:28:40 i2caXcMQ
アニ「………」ジーッ


アニ「………」スタスタ


アニ「…ねぇ」


アルミン「!あ、アニ!?」


アニ「…そいつに、格闘のことで…話があるんだけど…」



エレン「お、アニか!アニが見ててくれるなら安心だな」


111 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:34:00 i2caXcMQ
ミカサ「アニ…アルミンのことを頼みたい……あと、このゴリラが近付いてきたら削いで」



宇宙の彼方へ…塵として消え去った存在、それは…かつてライナーであったもの「」チーン



アニ「あ、あぁわかったよ…」



アルミン「!………」


112 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:38:11 i2caXcMQ
――――――

――――

座学講義室前廊下


アルミン「………」スタスタスタ


アニ「………」スタスタスタ


アルミン「………」スタスタスタ


アニ「……あのさ」


アルミン「は、はひっ!?」ビクッ



114 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:43:53 i2caXcMQ
アニ「………さっきは、その…ごめん」


アルミン「え!?……アニ、怒ってないの…?」オズオズ


アニ「は?…何で私が…」


アルミン「だって僕……失礼なこと聞いちゃったから…アニのこと怒らせたんだと思って…」シュンッ


アニ「……別に。………たまたまイライラしてたから…あんたに当たっただけ…」


115 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:46:10 i2caXcMQ
アルミン「そっか!良かったぁ…アニと仲悪くなっちゃったら嫌だから…そっか」ニコニコ


アニ「…っ、何で……」


アルミン「へ?」


アニ「……何で、私と仲悪くなりたくないわけ?」



アルミン「そ、それは………誰とだって仲違いなんかしたくないから…」


117 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:50:29 i2caXcMQ
アニ「……そ」スタスタスタ


アルミン「……うん」スタスタスタ


アルミン(アニと、もっと仲良くなりたいなんて言ったら…引かれちゃうだろうし…)


アニ(…何期待してんだろ…こいつが仲良くなりたくて近付いて来たかもなんて…馬鹿みたい……)


アニ「……そういえば、サシャは?」


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:53:27 i2caXcMQ
アルミン「へ?あぁ、また講義中に食料食べちゃって、走らされてるよ」アハハ


アニ「…そ」


アルミン「うん。何回言っても聞かないんだから、サシャは」フフフ


アニ「……あぁ」


アルミン「う、うん…」


アニ「………」スタスタスタ


アルミン「………」スタスタスタ


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:56:52 i2caXcMQ
アニ(なんでこんなこと聞いてんだろ…聞きたくないなら聞かなきゃいいのに…面倒くさい女だね、わたし)


アルミン(……アニ、やっぱ怒ってるんだよね……僕、上手に会話できてないなぁ…続かないし…)


アニ(……こいつだってサシャやクリスタといた方が楽しいだろうね、私会話下手だし)


アルミン(エレンやライナー、ミーナとかだとアニもけっこう話してるのになぁ……ダメだな、僕……)


アニ「………」スタスタスタ


アルミン「………」スタスタスタ


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/06(火) 23:59:42 i2caXcMQ
アニ(本当に馬鹿みたいだね……今日は1日中、勝手に期待したり落ち込んだり……)


アニ(……どうでもいいか、どうせこいつにも嫌われただろうし………こいつとも、サシャみたいに話せたらいいのに…なんて)


アニ(…こいつ、食堂でサシャに頭なでられてたっけ…ちょうどいい高さ、か…確かにこいつは他の男子ほど馬鹿高くないね……まぁ私でも手が届くぐらいだし……)



122 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:03:24 LSFaApoU
アニ(はっ、何考えてんだか……そんな仲でもないくせに…)


アニ「じゃ、もう着いたから」


アルミン「えっあ、うん…」


アニ(………こんな空気だったらこいつともしばらく話さないんだろうな)


アニ(…じゃあ別にもう嫌われてもいいか…置き土産に…)


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:06:20 LSFaApoU
アニ「じゃ…またね……よっ」ワシャワシャ



アルミン「へ?」


アルミン「………」


アルミン「………」


アルミン「!?!!!?」


アルミン「…っ、ふぇっ!?」カァァァァッ


アニ「え」


アルミン「な……なな…なんで」プルプル


アニ「え」


124 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:10:10 LSFaApoU
アニ「え、だってそのいつも」


アニ「え」


アニ「い、いつもよくみんなもいつもよ、よくやってるし」


アニ「だ、だってその…だから…」


アニ「………」


アニ「…っ」カァァァァッ


アルミン「!?」カオマッカッ


125 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:14:36 LSFaApoU
アニ(な、なな何してんだっあたしはっ///)カオマッカッ


アルミン(あ、アニが…あ、頭なで…へっ!?な、なな何で!!?///)カオマッカッ


アニ(と、というか何でこいつっサシャのときは平気そうだったのにな、何であたしだとっ?///)カオマッカッ


アルミン(え、ええ、えっと、どういうことだっ!?これっあ、アニが自分からっ///)カオマッカッ


アニ「…ぅ///」カオマッカッ


アルミン「…っ///」カオマッカッ


126 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:18:52 LSFaApoU
アルミン「あ、ああ…アニ、な、何でそのっ///」アタフタ


アニ「え?そ、それはつい、その、あ、あんたの頭がつい///」オロオロ


アニ「そ、その…ちょうどいい…その、な、なでたかったし…///」カオマッカッ


アルミン「ふぇっ!?///」カァァァァッ


アニ「ち、違…今のはっ///」カァァァッ


アルミン「…ぼ、僕もその、び、びっくりしたし……そ、それにアニに嫌われたかと思ってたから…う、嬉しくて」カァァァッ


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:22:26 LSFaApoU
アニ「へ?べ…別に嫌ってなんかっそ、その…あ、あんたのことはぜ、全然嫌いじゃないし……と、というかむしろ…///」カオマッカッ


アニ「…っ///」カァァッ


アルミン「…っ、ぼ、僕も、そ、その…あ、アニと話すの…す……好きだし///」カァァァッ


アニ「な、なな何言ってんだ///」カオマッカッ


アルミン「あ、ああアニこそっ///」カオマッカッ



129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:29:09 LSFaApoU
アニ「……っ///」カオマッカッ


アルミン「……っ///」カオマッカッ


アニ「じゃ…じゃ、じゃあっもうい、行くからっ///」カオマッカッ


アルミン「う、うう、うんっ///」カオマッカッ


アニ「…っ///」ダッタッタッタッ


アルミン「あ、アニっ///」


アニ「!?」ピタッ


アルミン「ま…また明日っか、格闘訓練でっ///」カオマッカッ


アニ「っ!!あ、あぁ///」ダッ


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 00:32:35 LSFaApoU
アルミン「///」ボーゼンッ


アルミン(い、今なにが…)


アルミン(………)ボーッ


――――――

――――


アニ「………」ホウシン、ジョウタイッ


アニ「……あ、明日…?」


アニ(………)ボーッ



136 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:18:22 LSFaApoU
――――――

――――

その少し前、座学終了後


クリスタ「~♪」


ユミル「お、クリスタ…ご機嫌だな」ニヤニヤ


クリスタ「え!?べ、別にそんなことないよ///」アセアセ


ユミル「ふーん」ニヤニヤ


137 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:22:27 LSFaApoU
ユミル「そうか……ここに来るときにアルミンといっしょに来てたから…てっきりそのせいで機嫌がいいのかと思ったが……そうか…違うのか」ニヤニヤ



クリスタ「え…え?ち、違うよ!……もうっ、なんでそこでアルミンの名前が出て……///」ゴニョゴニョ



ユミル「ふーん…そうかー…まぁ…勘違いだったみたいだな」ニヤニヤ


クリスタ「そ、そそっそうだよっ//」ウツムキッ


ユミル(まったく……嘘つくの下手すぎんだろwwさて…)


ユミル「おっとマズイ…時間だ」ガタンッ


138 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:28:08 LSFaApoU
ユミル「すまんな、クリスタ……ちょっと用事を思い出したから…1人で、戻っててくれ」


クリスタ「え?あ、うん。わかった」


ユミル「さてと行くか………あ、そうだ」スタッ



ユミル「……別に戻るのは『1人』じゃなくてもかまわないけどな」ボソッ



クリスタ「…っ」カァァッ


ユミル「じゃあなー」ヒラヒラ



クリスタ「…もうっ、ユミルの馬鹿っ///」ウツムキッ


139 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:34:27 LSFaApoU
クリスタ「………」チラッ



アルミン「――――っ」ガヤガヤ



クリスタ「ぅ///」


クリスタ(ど、どうしよう…)オロオロ


クリスタ(…でも、せっかくユミルが気を使ってくれたんだからっ………よし…行くぞっ、私!頑張れっ、私!)ガタンッ


クリスタ「……」トコトコトコ



141 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:40:42 LSFaApoU
クリスタ「あ……アル……アニ「……」スタスタスタ


クリスタ(!?あ、アニ……?なんで…アルミンのとこに……)ジーッ


ミカサ「――――?」


アニ「―――っ」



クリスタ「………」ジーッ



クリスタ(!…アニとアルミン……いっしょに帰るんだ…)


142 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:44:16 LSFaApoU
クリスタ「………」


クリスタ(気になる……なんで、アニはアルミンに話しかけたんだろ…?)


クリスタ(……後を追いかけてみよう…ごめんね、アニ、アルミン)タッタッタッ


――――――

――――


アニ「―――?」


アルミン「―――っ」


クリスタ(いいなぁーアニ、アルミンと話せて)ジーッ


143 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:50:01 LSFaApoU
クリスタ(ん?話さなくなった…)トコトコ


クリスタ(…というか普通にいっしょに帰っただけみたいだね、よしっ今度からは早く話かけよっ)トコトコ


クリスタ(ど、どうしようかなぁーえっと、『アルミーン、かーえろっ』って…な、馴れ馴れしいよね)アセアセ


クリスタ(えっと、『アルミン、いっしょに帰るよっ』…うーん、め、命令口調!?変だなぁー…)トコトコ



クリスタ(あ、着いちゃった)ピタッ


144 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 20:55:47 LSFaApoU
クリスタ(……ん?アニが手を…)


クリスタ(!!?)


クリスタ「……え」


クリスタ「………」


クリスタ「………」


クリスタ(え……)


クリスタ(………どういうこと…?)



146 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 21:01:49 LSFaApoU
クリスタ(………そっか)


クリスタ(……アニも、好きなんだ…アルミンのこと…)ボーッ


クリスタ(……そっか、アルミン…優しいもんね…他にも好きな子くらいいるよ……)


クリスタ(……アルミンも)


クリスタ(………照れてたな…)ズキッ


クリスタ(………帰ろう)トボトボ…


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:05:42 LSFaApoU
――――――

――――

翌朝、食堂


ミカサ「エレン、あ、明日は休日……そ、その…良かったらいっしょに行きたいお店がある…」


エレン「え?やだよ。アルミンとのんびりしたいし」


ミカサ「」チーン


アルミン「え、エレン!僕は大丈夫だから二人で行って来なよ」アセアセ


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:09:44 LSFaApoU
エレン「えーでも…アルミン「エレンっ」


アルミン「あのね、エレンに買ってきて欲しいものがあるんだ!僕は用事があるから代わりに。えっとその……ダメ、かな?」クビカシゲッ


エレン「…っ!も、もちろんいいぜ、まかせとけ」


アルミン「あ、それがね……そのお店がちょっと遠いところにあるんだ。ついでだから1日ミカサとウロウロして来なよ」ニコッ


エレン「それもそうだな…ミカサ他に行きたいところあるか?」


155 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:13:35 LSFaApoU
ミカサ「!?エレンが……『行きたいところはないか?ミカサだったらどこへでも連れて行ってやるぜ』って…」ウルウル


サシャ「いや、そこまでは言ってないですよ」モグモグ


ミカサ「あぁ…アルミン、あなたが神か…」ウルウル


アルミン「ははは、良かったねミカサ」ニコッ


エレン「おい、ないのか?」


ミカサ「!あるっ、山ほどある…」


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:17:50 LSFaApoU
サシャ「アルミンは明日どうするんですか?」モグモグ


アルミン「僕は部屋で読書でもしてるかな」ハハハ


ミカサ「アルミン……お土産を山ほど持って帰る。全財産を使い果たして」グッ


アルミン「逆に気を使うよ!……大丈夫だよ気にしなくても。読みたい本もあったしね」アセアセ


エレン「…サシャはどうするんだ?」


157 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:22:41 LSFaApoU
サシャ「私はコニーと食べ放題でどれだけ食べれるか勝負しに行くんです!…そのために明日は1日中何も食べない覚悟です」エッヘン


アルミン「あ、これ、サシャが勝ったね」


エレン「コニー…あいつ本当に馬鹿だろ、よりによってサシャに大食いで挑むとか…」


ミカサ「…むしろそのお店が心配。翌日には店をたたむかもしれない…」


サシャ「見せてやりましょう…食べ放題クラッシャーと呼ばれている、私の雷を!!」


ワイワイワイ


158 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:23:25 LSFaApoU
サシャ「私はコニーと食べ放題でどれだけ食べれるか勝負しに行くんです!…そのために明日は1日中何も食べない覚悟です」エッヘン


アルミン「あ、これ、サシャが勝ったね」


エレン「コニー…あいつ本当に馬鹿だろ、よりによってサシャに大食いで挑むとか…」


ミカサ「…むしろそのお店が心配。翌日には店をたたむかもしれない…」


サシャ「見せてやりましょう…食べ放題クラッシャーと呼ばれている、私の雷を!!」


ワイワイワイ


159 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:27:32 LSFaApoU
アニ「………」ジーッ


アニ(明日休みか……あいつ、空いてるんだ…)


アニ(………誘う?)


アニ(いやいやいや、何考えてんだい///)


アニ(まぁ……対人格闘訓練のときに…その、余裕があれば誘ってやらないこともないけど…)


アニ(まぁわたしも別にやることな……クリスタ「アルミン!!」タッタッタッ


アニ「!?」




161 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:32:08 LSFaApoU
アニ(クリスタ……?)


アルミン「クリスタ!どうしたの?」


クリスタ「えっとね…アルミン、明日行きたいところがあるんだけど、その、良かったら…アルミンもいっしょにどうかな?」アセアセ


アルミン「え?もちろんいいけど、どうして僕に…?」


エレミカ「(・∀・)」ジーッ


クリスタ「そ、それはねっ」アセアセ


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:36:25 LSFaApoU
クリスタ(いっしょに行きたいからって言ってもいいけど…エレンとミカサがすごく張り付いた笑顔でこっちを見てる……)


エレミカ「(・∀・)」ジーッ


クリスタ「と、友達のプレゼントにね、帽子を買いたいんだ…そ、その、アルミンは髪型も身長もよく似てるから…さ、参考にしたくて……」ウツムキッ


クリスタ(だ、ダメかな……?)ジーッ


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:40:27 LSFaApoU
アルミン「……そっか。もちろんいいよ!」ニコッ



エレミカ「………」



エレン「……まぁ、そういうことなら…アルミンはかわいいからな」モグモグ


ミカサ「仕方ない。他でもないアルミンが許可してるのだから」モグモグ



アルミン「もうっ…二人とも失礼だよ…ごめんね、クリスタ」アセアセ



166 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:44:35 LSFaApoU
クリスタ「大丈夫!え、えっと…じゃあ、明日、食堂で朝ごはん食べたら兵舎前で待ち合わせね!」


アルミン「え?別に待ち合わせしなくても……クリスタ「いいのっ」


クリスタ「じゃ、じゃあまた明日ー///」フリフリ


クリスタ「~♪」タッタッタッタッ



クリスタ(えへへっアルミンと待ち合わせだって)ニコニコ



クリスタ「…」タッタッタッ


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:49:00 LSFaApoU
クリスタ「……」チラッ


アニ「………」モグモグ


クリスタ(………アニ)


クリスタ(アニが、アルミンのこと本当に好きなのはわかってるよ…)


クリスタ(でもね)


クリスタ(私だって、ずっと…アルミンのことが…)ググッ


168 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:53:42 LSFaApoU
クリスタ(簡単に諦められるほど軽い気持ちじゃないの)


クリスタ(だから)


クリスタ(負けたりなんか、しないよ)


クリスタ(正々堂々とアルミンを振り向かせるの)グッ


クリスタ「………」タッタッタッタッ


169 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/07(水) 23:58:12 LSFaApoU
――――――

――――

対人格闘訓練


アルミン「………」キョロキョロ


アルミン「…!」タッタッタッタッ


アルミン「アニ!」ピタッ


アニ「………」


170 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:03:08 h1KoMlHo
アルミン「アニ、その…今日もよろしくね?」ニコニコ


アニ「………」


アルミン「えっとね、僕もその…アニの足技覚えられたらいいなって!練習して来たんだ!」ニコニコ


アニ「………」


アルミン「良かったらその……覚えられるまでいっしょに練習して欲しいというか…」テレテレ


アニ「………」


アルミン「アニ?」ニコニコ


アニ「………」


171 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:06:56 h1KoMlHo
アニ「………悪いけど」


アニ「…他のやつと練習してくんない?」


アルミン「………え?」


アニ「…っ」


アニ「………じゃ」ダッ


アルミン「え……」


アルミン「な、なんで……」


アルミン「…」ボーッ


172 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:10:33 h1KoMlHo
アニ「………ねぇ、ライナー組まない?」トットットッ


ライナー「?あぁ、もちろんいいが……って、オイ!?」ビュンッ


アニ「…っ」シュッシュッ


ライナー「ちょ、待っ…ぐふっ」ボスッドスッ


アニ(本当は……ずっと前からわかってたっ……)


ライナー「ごふぁっ…お、落ち着…げふっ」ボカボカ


173 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:14:35 h1KoMlHo
アニ(私は)バシュッ


アニ(あいつがっ…アルミンのことが…)シュッシュッ


アニ(いつだって前を向いてるアルミンのことがっ…)ボフッ


アニ(ずっと)ドスッ



アニ(ずっと、好きだった)ゴバシャアッ



アニ(すぐに自分を追いつめるあいつの隣にいて励ましてやりたい、暴走しがちな幼馴染みのこと二人で笑いあっていたい)ドスッゲスッ


174 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:18:58 h1KoMlHo
アニ(……でも)ドシュッ


アニ(私にはそれができない)ボスッボスッ


アニ(辛いだけなんだよ…あんたのこと、好きになってもっ)シュバッ


アニ(だから)


アニ(だからっ)ポロポロ


アニ(……クリスタはあんたのこと好きだから)シュッシュッ


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:22:17 h1KoMlHo
アニ(…見てるだけで本当に…好きってわかるから)ドスッドスッ


アニ(だから)シュッ…


アニ(……あんたは、クリスタと…)ピタッ



アニ(……幸せに…なった方がいいんだよ)



アニ「…っ」ポロポロ


アニ「…」ポロポロ



ベルトルト「アニ!?いったいどうしたんだ……目の前に転がっている物体はいったい…」タッタッタッタッ


177 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 00:25:44 h1KoMlHo
大海原の中で時に忘れられた遺物、そして積もり塵となった存在、それはかつてライナーであったもの「」チーン




ベルトルト「大丈夫かアニ!?何が……」オロオロ


アニ「………」ポロポロ


ベルトルト「アニ…?」


アニ「………」ポロポロ


181 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:13:38 h1KoMlHo
――――――

――――

チュンチュンチュン

翌朝


ミーナ「ふぁー………今日は休みか…」モゾモゾ


ミーナ(何しよっかな……そうだ!アニと話でもしますか)ニヤニヤ


ミーナ「アニーっ、起き………ってあれ…?」


アニのベット「」シーンッ


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:18:36 h1KoMlHo
ミーナ(?…もう起きたんだ……そういえばアニ、昨日も遅くまで帰ってこなかったし…どうしたんだろ…?)


ミーナ「……よし」バサァッ


ミーナ(探しに行こうっ)スタスタ


――――――

――――


ミーナ「…」キョロキョロ


ミーナ「あっ」タッタッタッ


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:22:29 h1KoMlHo
ミーナ「アニ!」タッタッタッ


アニ「………」


ミーナ「…どうしたの?なんか昨日から様子が変だけど…?」


アニ「………」


アニ「…別に」


ミーナ(んん?また何かあったみたいだね……わかりやすいなーアニは)


ミーナ「アルミンの、こと?」


184 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:27:32 h1KoMlHo
アニ「………」


アニ「……どうでもいい」


ミーナ(ん?)


アニ「…もう、どうでもいいんだよ」


ミーナ(なにやら…これは重大な問題のようですな…)


ミーナ「アニ、何があったかは知らないけど……話してみてほしい。私ってそんなに頼りないかな?」ジーッ


アニ「…っ」


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:31:34 h1KoMlHo
アニ「……クリスタは、いつもアルミンのこと…じっと見てた…」


ミーナ「!!それって……」


アニ「………わたしもだよ。ミーナ、あんたに言われて気づいた」


ミーナ「………」


アニ「……誰だってわかる、簡単な話さ」


アニ「アルミンは…優しい」


アニ「いつもみんなの頼みを聞いて、笑って許してる……クリスタも、そうだ」


186 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:38:02 h1KoMlHo
アニ「……お似合いだよ。二人は」


アニ「………わたしは…」


アニ「無愛想で、女の子っぽくもないし…それに」


アニ「みんなに、嘘ついてる」


アニ「それに……ミーナ「なんだアニ」


ミーナ「そんなことなの?」


アニ「!?」


187 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:42:10 h1KoMlHo
ミーナ「もぅ……重大なことかと思ってびっくりしちゃったよ」ニコッ


アニ「…っ、ずいぶん簡単に言ってくれるね……あんたが思ってるより、ずっと酷い嘘かもしれないよ?」


ミーナ「あのね、アニ……そんなことは重要な問題じゃないの」


アニ「…は?」


ミーナ「アニはさ」


ミーナ「今、好きなんでしょ?アルミンのこと」


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:47:14 h1KoMlHo
アニ「………それが…ミーナ「だったら」



ミーナ「それだけで十分じゃない?」ニコッ


アニ「……でも」


ミーナ「ねぇアニ、これからのことは何が起こるかわからないよ」


ミーナ「アニの隠してる嘘がどんなものでも…それは、これから変わることかもしれないでしょ?」


ミーナ「先のことはわからない、そんなことにとらわれるくらいだったら考えるだけ無駄じゃないかな?」


189 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:52:16 h1KoMlHo
アニ「……でも、どっちにしろクリスタの方がお似合いだし…」


ミーナ「それこそ馬鹿馬鹿しいよ!」


ミーナ「お似合いじゃないとダメなの?アニ、そんなことで誰と誰がいっしょにいるか決められなきゃいけないの?」


ミーナ「本当に……考えすぎたよアニは。アルミンのことが好き、それでいいじゃない」


ミーナ「それに」


ミーナ「わたしは、アニとアルミンってお似合いだと思うけどな」ニコッ



191 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 21:57:18 h1KoMlHo
アニ「…っ」


アニ「………」


アニ「ミーナ…喋りすぎたよ…あんた」


ミーナ「ははは、わたしはおしゃべりだからね」


ミーナ「それにアニの友達なんだから、助けたいって思うのは当然でしょ?」ニコッ


アニ「はっ……」


アニ「……わたしは」


アニ「ミーナがいないとダメだね…」フンッ

ミーナ「ふふふ、当然!」ニコッ


192 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 22:02:15 h1KoMlHo
アニ「………」ウツムキッ



アニ「………ありがと」ボソッ



ミーナ「え?なんてー?」ニヤニヤ


アニ「…っ、何でもないよ!もう戻る」タッタッタッ


ミーナ「えぇー待ってよアニ!…あれーなんか耳赤くなーい?」ニヤニヤ


アニ「だ、誰がっ」スタスタッ


ハハハ-ウソ、ウソ、マッテヨーッ

ワイワイワイ


193 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 22:06:04 h1KoMlHo
アニ(わたしは……アルミンが好きだ)


アニ(これからどうなるかはわからないけど……アルミンのこともっと知りたい)


アニ(クリスタにだって……負けたく、ない)グッ


アニ(…今日の夕食後……クリスタに会いに行こう)


アニ(それで…お互いに悔いが残らないように…ちゃんと話すんだ)ググッ



ミーナ「アニー暑いからアイスでも食べに行こうよー」


アニ「……しょうがないね」

オゴルヨ…
エッ!ヤッタ-、サスガアニッ

ワイワイワイ


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 22:10:38 h1KoMlHo
――――――

――――

時は戻って、その日の朝

チュンチュンチュンチュン


クリスタ「あ、朝!?」ガバッ


クリスタ「ぅー……緊張してあんまり眠れなかったなぁ…」ソワソワッ


クリスタ「ど、どうしよ……ひとまず着替えて……ってダメダメ!…先に朝ごはんたべないと!」ソワソワソワ


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 22:14:32 h1KoMlHo
クリスタ「うーん……で、でも…食堂でアルミンに会ったら恥ずかしいな///……じゃあ、食べないで…?…でもお腹鳴っちゃったらどうしよ…」ソワソワソワソワ



クリスタ「!そうだ!チューリップを食べよ……ユミル「落ち着けクリスタ」バシッ


クリスタ「ゆ、ゆゆユミルぅ!?なんでここに」アセアセ


ユミル「いや、もともといっしょの部屋だろ…本当に落ち着けよクリスタ」ハァ


クリスタ「え、なんで?…お、落ち着いてるよ?わたしは」ソワソワソワソワソワ



197 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 22:18:20 h1KoMlHo
ユミル「いいか、ひとまず落ち着いて座れ……そんなにウロウロしてると同室のミカサやサシャやアニやミーナが……ってアニとミーナはいないのか?…とにかくサシャとミカサが起きるから」



ミカサ「問題ない」ビュンッ


ユミル「おわっ!!…ミカサ、お前起きてたのか…」


ミカサ「そもそも寝ていない」キリリッ


ユミル「は?なんでだよ…」


サシャ(はぁー、うるさいですねー…)モゾモゾ



200 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 23:55:59 h1KoMlHo
ユミル「お前確か今日、エレンのやつとどっか行くんだろ?大丈夫かよ…」


ミカサ「わたしは自分の身体を完璧にコントロールできる……ので、右脳と左脳を交互に休ませることで最大1ヶ月は寝なくても平気。睡眠なんかよりもエレンとのデートプランを考えることの方が大切」キリッ


ユミル(こいつ…化け物かよ)ゾオォッ


クリスタ(で、でででデート…)ソワソワ


サシャ「はぁ……みなさん騒がしいですよ…」バサァッ


201 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/08(木) 23:59:08 h1KoMlHo
サシャ「はっ!今日は食べ放題の日でした!!こうしてはいられません…外を全力で走ってさらに空腹にして来なくては!」ダッ


ミカサ「!わたしも話している暇はない…!!貯金を全額引き出してこないと!」ビュンッ


クリスタ「わ、わたしもアルミンが来る前に急いで朝ごはん食べなくちゃっ」ササッ


ユミル「は?お、おいお前ら落ち着……サシャミカクリ「」バタンッバタンッバタンッ


ユミル「………」シーンッ


ユミル「………」


ユミル「……二度寝、するか」ボソリッ


202 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 00:03:22 A/OkKBos
――――――

――――

兵舎前


クリスタ「……」ソワソワソワソワ


クリスタ(あ、アルミンと兵舎前で待ち合わせ…)テレテレ


クリスタ(アルミンが来たらなんて言おっかなぁ…『今、来たところだよっ』…な、なんか付き合ってるみたいだよ)テレテレ


クリスタ「うーん…」ソワソワソワソワ


203 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 00:08:03 A/OkKBos
アルミン「クリスター」フリフリ


クリスタ(き、来た!)


アルミン「おはようっ早いね…一時間前に来たのにもういるなんて…待たせちゃったかな?」アセアセ


クリスタ(き、きた!)


クリスタ「ううん、い、今……サシャ「コニー!早くしてくださいよ腹ペコなんですから!」タッタッタッ


コニー「は?朝から行くのかよ!!」アセアセ


サシャ「当然です!開店から閉店までお世話になるのが常識ですよ?」ニコッ


206 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 00:12:21 A/OkKBos
コニー「俺、バカだからわからないけど…そういうものなのか…?」スタスタ


サシャ「はい、そうです!!」スタスタ

コニー、イソイデクダサイッ

オ、オウ…



アルミン「…あはは、二人とも朝から元気だね…行こっか」ニコッ


クリスタ「う、うん」


クリスタ(もうっ、サシャ…)プクーッ



211 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:17:14 A/OkKBos
――――――

――――


ワイワイガヤガヤ


アルミン「わ…さすがに休日だと、にぎやかだね」キョロキョロ


クリスタ「うん!………あ、あのね…アルミン、その…行きたい帽子屋さんがまだ開いてないから…その、開くまでいっしょに………」ウツムキッ


アルミン「……そうだね!せっかくだからウロウロしよっか」ニコッ


クリスタ「…っ、うん!」ニコッ


212 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:21:32 A/OkKBos
アルミン「いろんなお店があるね…クリスタはどこか行きたいとこある?」


クリスタ「え、えっとね…」


クリスタ(いっしょにカフェとか行きたいけど……お昼にはまだ早いよね…)


クリスタ「ふ、服屋さんとかどうかな?」


アルミン「あ、僕もそろそろ買いたい服あったからいいね!行こっか」ニコニコ


クリスタ「うん!」


トコトコガヤガヤ


213 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:25:46 A/OkKBos
服屋

アルミン「あ…この服とか、クリスタにすごく似合ってるよ?」


クリスタ「ほ、本当?可愛いすぎじゃないかな…?」アセアセ


アルミン「そんなことないよ!クリスタだって可愛いんだから」ニコニコ


クリスタ「ぅ…あ、ありがとう///じゃ、じゃあわたしもアルミンの服選んであげるね!」


アルミン「ありがとう。僕、服とか選ぶのけっこう苦手だから助かるよ…」アハハ


クリスタ「ふふふ、アルミンだったら何でも似合いそう」ガサゴソ


店員(何この天使二人、可愛いすぎるだろ…)


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:29:29 A/OkKBos
クリスタ「あっ…ふふふふふ……」


アルミン「?どうしたの?」


クリスタ「アルミン、ちょっとこっち来て……」モゾモゾ


アルミン「?」トコトコトコ


クリスタ「ふふふ………えいっ」ヒョイッ


アルミン「?頭に……?」


クリスタ「!アルミン、こっちこっち…」グイグイッ



216 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:34:41 A/OkKBos
アルミン「?」トコトコトコ


クリスタ「か、鏡見てみて」


アルミン「?」トコトコ


アルミン「なにしたの?………って、え!?」


鏡「」ウサミミ、カチューシャッ



うさミン「な、ななな……く、クリスタ!も、もうっ何してるのさ」プルプル



クリスタ「えへへ♪似合ってるよっ」ニコッ


217 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:39:27 A/OkKBos
うさミン「うぅ…じゃあこっちこそ……えいっ」ヒョイッ


クリスタ「わわっ」


鏡「」ネコミミ、カチューシャッ



にゃリスタ「わ///は、恥ずかしいよっ」アセアセ



うさミン「あ、でもすごくかわいいよ!」ニコニコ


にゃリスタ「もうっアルミンこそかわいいよ」ニコニコ

ワイワイワイ


店員(あぁ…天国は、ここにあったんだ…)ツーッ


218 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:44:24 A/OkKBos


クリスタ「あれ?アルミン、うさ耳買わなかったんだね」ニコニコ


アルミン「もうっ僕男の子だよ?……クリスタも猫耳買えばよかったのに…ユミルもきっと喜んだよ?」フフフ


クリスタ「それならミカサとエレンだって!………でもまぁ、いろいろ買えてよかったね」ニコッ


アルミン「うん。ありがとねクリスタ。クリスタが選んでくれたカーディガン大事にするよ」フフフ


クリスタ「わたしも、アルミンが選んだワンピース大切にするね!」トコトコ


219 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:49:57 A/OkKBos
アルミン「あ、本屋さんだ。ちょっとよってもいいかな?」


クリスタ「いいよっ」トコトコ


――――――

――――



アルミン「………なるほど、だから王政はこの制度を取り入れたのか…」フムフム…


クリスタ(本屋か……昔住んでた屋敷にある図書室を思い出すな…)


220 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:54:05 A/OkKBos
クリスタ(……アルミンはなんの本読んでるんだろ?)チラッ



『改正版―王は何故壁を睨むのか―シーナと王族編』



クリスタ(わ…さすがだな、アルミン……とてもついていけそうにないや…)アセアセ


クリスタ(……でも、アルミンの本を読む真剣な顔…かっこいいな……って、何考えてんだろ…)


クリスタ「………」ジーッ


221 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 20:58:22 A/OkKBos
アルミン「……ぁ、ごめんクリスタ!退屈だったよね」


クリスタ「え?そ、そんなことないよっこ、これはその…///」アセアセ


アルミン「?…もともと買う予定だったから、もう用はすんだよっ…じゃあそろそろお昼にしよっか」ニコッ


クリスタ「う、うん…///」トコトコ


――――――

――――


アルミン「どこで食べよっか……」ウロウロ



226 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 23:40:55 A/OkKBos
クリスタ「あ、このお店とか……「お客様!お願いしますっ」


「もうこれ以上は……もう食材が…」


???「まだです!ここは時間無制限の食べ放題ですよね?」


「そ、そんな……」


「お、おい…もう俺の負けでいいから…出ようぜ」


???「ずいぶんと甘っちょろいことを言うんですね、コ○ー…」


???「食べ放題店を潰すのに…作法が、必要ですか?」ニコッ


227 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 23:45:36 A/OkKBos
「うわぁぁぁっもうおしまいだぁぁっ」


???「わかったら早く作ってくださいよ。お昼時なんでお腹が空いてるんです」ドヤァ…


コ○ー「俺、バカだからわからないけど……これが普通なのか…?」


???「えぇそうです」



アルミン「………」


クリスタ「………」


アルミン「……他の、ところにしようか」


クリスタ「…うん」スタスタ


228 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 23:50:18 A/OkKBos
カフェ


アルミン「……ふぅ、美味しかったね」


クリスタ「うん!」


アルミン「じゃあ……このあとはどうしよっか…」ウーンッ


クリスタ「え、えっとね…わたしその…家の事情であんまり下町とか歩いたことないんだ……だからその、歩いてみたいなって……」ジーッ


アルミン「いいよ。じゃあ大通りでもブラブラしたあと……その帽子屋さんに行こっか」ニコッ


クリスタ「うん!」


229 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/09(金) 23:55:20 A/OkKBos
トロスト通り


クリスタ「わぁ…人がいっぱいいるね」キョロキョロ


アルミン「トロスト区で一番の大通りだからね」トコトコ


売り子「Hey!そこのかわいいカップルさん!うちのアイスでもいっしょにどうだい!?」


クリスタ「なっ///」カァァッ


アルミン「う…じゃ、じゃあ二つ///」テレテレ


売り子「まいどー」チャリンッ



231 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:00:50 5G06H4bY
クリスタ「あ、わ、わたしも払うよ」アセアセ


アルミン「あはは、今まで全部割り勘だしここぐらいいいよ」ニコッ


クリスタ「で、でも……じゃあ、次はわたしがアルミンの分も払うね!」


アルミン「うん。じゃあよろしく頼むよ」フフフ


クリスタ「で、でも……さ、さっきの人…カップルって…///そ、そんな風に見えるのかな…?」テレテレ


アルミン「そ、そうなのかな…///あはは」


232 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:06:28 5G06H4bY
アルミン「///」トコトコ


クリスタ「///」トコトコ


――――――

――――

帽子屋前通り


アルミン「…な、なんか…いろいろ買っちゃったね」トコトコ


クリスタ「うん…あ、あのお店だよ…」トコトコ


233 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:11:41 5G06H4bY
帽子屋


アルミン「わ…帽子以外にも、髪飾りとかいろいろあるんだね…」


クリスタ「う、うん…」


クリスタ(どうしよ……アルミンとお出かけするために友達の参考って嘘ついちゃったんだよね…)ウツムキッ


アルミン「………」ジーッ



アルミン「でも、困ったなー…」



クリスタ「え?どうしたの……?」


234 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:17:18 5G06H4bY
アルミン「服とかトロスト通りで買った荷物がいっぱいだから…クリスタの友達のプレゼントを入れるスペースがないんだよ…」


クリスタ「…!!」


アルミン「クリスタ…悪いけど今日は選ぶだけにして…プレゼントはまた今度買うってことにしてくれないかな?」


クリスタ「……う、うん」


アルミン「良かった。じゃあせっかくだし見てまわろっか」ニコッ


235 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:23:32 5G06H4bY
クリスタ(アルミン……友達のプレゼントだって口実…気付いてるのかな…?)トコトコ


クリスタ(…気付いてて…それなのに来てくれたんだとしたら…もしかして……って、そんなわけないよね///)トコトコトコ


クリスタ(……アルミンは誰にでも優しいもん…)タッタッタッ


クリスタ「……アルミン、何見てるの?」ヒョコッ


アルミン「あ、お土産でも買おっかなと思って///」アセアセ


クリスタ「お土産?」


236 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:28:14 5G06H4bY
アルミン「うん。今日はミカサとエレンが遠くまで出かけてて僕にお土産買って帰ってくれるらしいから……僕も何か買おっかなって」ジーッ


クリスタ「そうなんだ。何にするの?」


アルミン「うーん…あ、この野球帽なんてエレンに似合いそうじゃないかな?」クスクス


クリスタ「ふふふ、確かにね」ニコニコ


アルミン「うーん…でも、けっこう悩むなぁ…どれに……あっ…」


クリスタ「?どうしたの…?」


237 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:33:28 5G06H4bY
アルミン「………これ」ジーッ


クリスタ「?」チラッ


クリスタ「…っ」


クリスタ(綺麗…赤い、髪飾り…)


アルミン「………」


アルミン「…よし」


アルミン「これにするよ」ニコニコ


クリスタ「………」


238 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:39:34 5G06H4bY
路上


カランカランッ

店員「あじゃじゃったーまっのごらーてんをー」



アルミン「わ、もう暗くなってきてるね…早く帰ろっか」トコトコ


クリスタ「………」トコトコ


クリスタ(……ミカサは、いつも髪の毛…結んだりしない…)トコトコ


クリスタ(だったら……)


クリスタ「…っ」



クリスタ「ねぇ…アルミン…」



アルミン「?どうしたの?」


239 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:44:40 5G06H4bY
クリスタ「………あの、髪飾りって…」


アルミン「…あぁ、お土産の?」


クリスタ「…」コクッ


アルミン「綺麗だったよね…赤い装飾が光にはえて…」ニコニコ


クリスタ「………」


アルミン「あれね」



アルミン「アニに、あげようと思って」ニコッ



クリスタ「…っ!!」


240 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:49:30 5G06H4bY
アルミン「なんだか、あの髪飾り見てたらアニを思いだしちゃって…」ニコニコ


クリスタ「………」


アルミン「似合うんだろうなーって…」ニコニコ


クリスタ「………」


クリスタ「……アルミンは…」


アルミン「ん?」


クリスタ(……聞け…聞いちゃうんだ……)


クリスタ「アルミンは…アニのこと……」


243 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:54:26 5G06H4bY
クリスタ「アニのこと……」


クリスタ(……聞いた方がいいに決まってるよ…)


クリスタ「その…」


クリスタ(……『好きなの?』って…)


クリスタ「………」



クリスタ「………どう思ってるの…?」



アルミン「え?あ、アニのこと?」アセアセ


クリスタ「………」


244 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:00:49 5G06H4bY
アルミン「えっとね、アニはね…昨日、その…あまり機嫌がよくなくて…」


アルミン「なんだか素っ気なかったんだ……知らないうちに僕が何かしちゃったのかもしれないから…」


アルミン「その、これで仲直りできたらいいなぁーなんて」テレテレ


アルミン「それに、これ…アニによく似合うから」ニコッ



クリスタ「……そうなんだ」


クリスタ(……わからないよ、アルミン……本当にそれだけなの…?)



251 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 20:21:36 5G06H4bY
クリスタ(アニは……アルミンのこと好きで……)トコトコ


クリスタ(わたしも…アルミンが……)トコトコ


クリスタ(でも)


クリスタ(アルミンは…どう思ってるの………)トコトコ


クリスタ(ねぇアルミン)


クリスタ(アニにプレゼント買ったのは……わたしの嘘に気付いてて、それでも…いっしょにお出かけしてくれたのと…同じくらいの気持ちなの……?)トコトコ


252 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 20:26:11 5G06H4bY
クリスタ(………)トコトコ



クリスタ(それとも……)



クリスタ(………)チラッ


アルミン「…」トコトコ


クリスタ(………)


クリスタ(……聞けないよ…)


クリスタ(聞きたく、ない……)トコトコ


253 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 20:30:20 5G06H4bY
アルミン「……あ、そろそろ着くね」トコトコ


クリスタ「………うん」トコトコ


アルミン「………」ジーッ


アルミン「………」


アルミン「……ねぇ、クリスタ」ピタッ


クリスタ「?…なに?」


アルミン「……僕に」


アルミン「なにか、話したいことがあるんじゃないかい?」


254 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 20:34:24 5G06H4bY
クリスタ「!?」


クリスタ「……えっと…どういうこと…?」


アルミン「……クリスタは」


アルミン「僕を誘うために…友達のプレゼントの参考にって、嘘をついたよね?」


クリスタ「……やっぱり、わかってたんだアルミン…」


アルミン「うん。…クリスタは嘘つくのが下手だからね。…クリスタはね、嘘つくときにうつむく癖があるんだ。…知ってた?」


クリスタ「………」フリフリ


255 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 20:38:45 5G06H4bY
アルミン「それでね…きっと…僕に話したいことがあると思ったんだ。僕…けっこうみんなに相談される方だし……なにか、周りに言いづらいことなんじゃないかって」ジーッ


クリスタ「…っ」ウツムキッ


クリスタ(わたしの…気持ちには気付いてないんだ……)


クリスタ「……そうだよ」


クリスタ(…だったら)グッ


クリスタ「アルミンに……話したいことがあるの……」ググッ



258 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:08:28 5G06H4bY
アルミン「なんだい?」ジーッ


クリスタ「……着いたときに話すね」トコトコ


アルミン「…?…わかったよ」トコトコ


クリスタ(今……アルミンとアニは仲違いしてるんだよね……)トコトコ


クリスタ(……だったら…)


クリスタ(きっと…これはチャンスなんだよ)トコトコ


クリスタ(………)



260 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:13:24 5G06H4bY
クリスタ(……アルミンだったら…きっと断れない)トコトコ


クリスタ(アルミンは……)



クリスタ(本当に、優しいから)



クリスタ(…今、アニのこと…気になってたとしても…二人は仲違いしてるもん…)トコトコ


クリスタ(もし……わたしが今…泣きついたら………)


クリスタ(アルミンは……きっと拒んだりしない)トコトコ


アルミン「着いたよ」ピタッ


261 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:17:19 5G06H4bY
クリスタ「………」ジーッ



クリスタ「うん」ニコッ



クリスタ「…もう、お別れだね」


アルミン「そうだね…今日は楽しかったよ」ニコッ


クリスタ「えへへ…わたしもだよ?………えいっ」ワシャワシャ


アルミン「わわっ、も…もうっクリスタ…」アセアセ


クリスタ「…ふふふ♪あいさつだよ」ニコニコ


262 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:20:45 5G06H4bY
アルミン「えっと……それで、話ってなにかな?」クビカシゲッ


クリスタ「それはね、その…」


クリスタ「わたしね」


アルミン「うん」



クリスタ「アルミンに…」



クリスタ「伝えたいことがあるの」


アルミン「?僕に…?」


263 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:24:25 5G06H4bY
クリスタ「うん。…わたしね、小さいころはいろいろ辛いことがあって…」


クリスタ「……訓練兵に入ったのも、その影響なんだ」


クリスタ「………だから、入った当初は本当に…生きる気力みたいなのがなくて……」


クリスタ「……いつも、自分なんか…って思ってたの」


アルミン「……うん」


クリスタ「…ユミルがそんなわたしに気付いて、元気づけてくれたけど……」


264 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:28:32 5G06H4bY
クリスタ「……それでも、生きるのはつらかった」


アルミン「………うん」


クリスタ「…いつも、誰かの役に立って…死んじゃわないかなー…って…」


アルミン「………」


クリスタ「……でもね」


クリスタ「そんなときに、アルミンのこと…見かけたんだ…」


アルミン「……僕?」


265 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:32:32 5G06H4bY
クリスタ「うん。初めはね……わたしといっしょなのかと思った」


クリスタ「……みんなの迷惑になりたくないって…役に立って死んでいきたいんだって……そう思ってるんじゃないかなって」


クリスタ「……それで、アルミンのことよく目で追うようになったんだ」


アルミン「………」


クリスタ「でも、アルミンは…わたしが思ってるような人じゃなかった」


266 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:36:45 5G06H4bY
クリスタ「…アルミンは、いつも…自分にできることを探してた。少しでも前に進もうとあがいてた…」


クリスタ「わたしには…前に進む意志なんてないのに」


クリスタ「……すごいなって思った。アルミンは…わたしよりも身体が弱くて…体力だってないのに、なんで…そんな風に思えるんだろうって」


クリスタ「アルミンは誰に諦めろって言われたって…無理だって馬鹿にされたって…『僕には夢があるんだ』って言って必死で努力してた」


クリスタ「そんな、アルミンのことを見てた」


アルミン「……うん」


267 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:40:32 5G06H4bY
クリスタ「だからね、わたしは…」


クリスタ「そんな、いつだって前を向いてるアルミンのこと…」


アルミン「………」


クリスタ「誰にでも優しくて、みんなをひがんだりしないアルミンのこと…」


アルミン「………」


クリスタ「わたしは…」


クリスタ「アルミンのこと…いつだって…」


268 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:44:24 5G06H4bY
クリスタ「いつだって………」







クリスタ「応援、してるからね」ニコッ







アルミン「応援?」


クリスタ「………うん。アルミンのこと…尊敬してるし…それに」



クリスタ「幸せに、なって欲しいから」



270 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:47:56 5G06H4bY
アルミン「そっか。なんか照れるね///」テレテレ


クリスタ「………」


アルミン「えっと、そのためにわざわざ呼んでくれたの?」


クリスタ「………うん」


クリスタ「わたしは…」



クリスタ「アルミンの恋、応援してるから」ニコッ



アルミン「え、こ、恋?///……あ、ありがと…」テレテレ


クリスタ「………」



272 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:50:05 5G06H4bY
クリスタ「……それじゃあ、またね」タッタッタッタッ


アルミン「う、うんっあ、ありがとー///」フリフリ



クリスタ「……」タッタッタッタッタッ



クリスタ「……」タッタッタッタッ



クリスタ「………」



クリスタ「………」


273 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:54:30 5G06H4bY
クリスタ(………)


クリスタ(……これで、よかったの)


クリスタ(これで……)


クリスタ(…わたしは、アニに負けたくなかった……もし、アニにアルミンが好きって言われたって…誰かにアニとの方がお似合いだよって言われたって…諦める気なんてなかった)


クリスタ(でもね)


274 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:57:13 5G06H4bY
クリスタ(……さっき、アルミンの頭をなでたとき…わかったんだ)



クリスタ(アニのこと、好きなんだなって)



クリスタ(アルミン……アニのこと思ってプレゼント選んでるときも…)


クリスタ(…アニに頭をなでられて、真っ赤になってたときも……)


クリスタ(…アルミンは、わたしが全然知らない顔してた)


275 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 23:59:19 5G06H4bY
クリスタ(わかるよ…アルミン。だってわたし…ずっとアルミンのこと見てたんだもん……)


クリスタ(あぁ…本当にアニが好きなんだって)


クリスタ(わたしは…アルミンに、幸せになって欲しいから…)


クリスタ(……だから…この想いは…)


クリスタ(言わなくても、いいの)



277 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 00:03:00 axNe3XWU
クリスタ(………)


クリスタ(…ごめんね、アルミン…わたし、また嘘ついちゃった……)


クリスタ(アルミンが思ってるより……わたしね……)



クリスタ(嘘、下手じゃないんだよ?)ツーッ



クリスタ「………」ゴシゴシ


クリスタ「………」


クリスタ「………」トコトコトコ



287 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:32:00 axNe3XWU
――――――

――――

男子寮前廊下


アルミン「~♪」トコトコ


アルミン(今日は楽しかったな)トコトコ


アルミン(まさか…クリスタが僕のこと、あんな風に思ってくれてたなんて///)


アルミン(照れるなぁー…これからクリスタとはいい友達になれそうだね)ニコニコ


288 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:36:35 axNe3XWU
アルミン(にしても恋って……そ…そんな、僕がアニのことをそのね……///)トコトコ


アルミン「~♪」ガチャッ


アルミン「ただいまー」トコトコ


ジャン「おぅ」


コニー「おあえりー」ゴロゴロ


ライナー「おかえり。遅かったな」ジーッ


マルコ「おかえり。あれ、エレンはいっしょじゃないんだね?」


289 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:40:28 axNe3XWU
アルミン「エレンならミカサといっしょに出かけてるよ?」ヨッコイショッ


ジャン「何!?…くそ…あの死に急ぎ野郎が…ミカサと二人っきりでお出かけだとぉ…」ギリギリ


マルコ「落ち着きなよジャン……そっか、じゃあアルミンは一人でどっか行ってたんだね」


コニー「お前達いつも三人いっしょだもんなー」ゴロゴロ


ライナー「…言ってくれれば俺もついてったのに」ボソッ


ベルトルト「………」チラッ


290 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:45:04 axNe3XWU
アルミン「一人じゃないよ。クリスタといっしょにウロウロしてたんだよ」ゴロンッ



ライナー「何!!?」ガタンッ


ジャン「は!?」ガタッ


マルコ「二人っきりで!?」ガタッ


アルミン「ひぇっ!?ちょ、ちょっと…みんなどうしたの?お、落ち着いてよ」アセアセ


コニー「うるさいぞお前達ー俺は今ゴロゴロしてんだ」ゴロゴロ


ベルトルト(なんで床を転がってるんだ…?)


291 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:50:34 axNe3XWU
ジャン「嘘だろ……あのアルミンでさえ…女子と二人でお出かけだと…?」ガクガク


アルミン「もうっ、でさえってなんだよ…失礼だなぁ」プンスカ


マルコ「これは事件だよ…」フラフラ


アルミン「マルコも…」プクーッ


ライナー「きゃわわ……それはそうと…天使二人の交流だと…ちょっとトイレ」ササッ


ベルトルト(うわぁ…ライナーうわぁ…)


292 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 19:55:30 axNe3XWU
アルミン「そもそもクリスタとは友達だし、コニーだって今日サシャと二人でお出かけしてたじゃないか…」


ジャン「いや、あのバカ二人は別だろ」ハァッ


マルコ「…まぁ二人ともあまりそういう感じじゃないしね…というかコニー、君も今日サシャと出かけてたのか」


コニー「あぁ……酷い目にあったぜ…サシャが三軒の食べ放題店の食糧庫を空にしちまってさ……店長、全員泣いてたな……」トオイメ


ベルトルト(三軒、だと…?)タラーッ


293 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:00:45 axNe3XWU
ジャン「あぁあー…アルミンはクリスタと、バカはバカ二人で…それで、死に急げ野郎はミカサと二人でお出かけか…」グタッ


マルコ「ジャン。君の願望が混じってるよ」


アルミン「もうっ、クリスタとは友達なのに……第一、みんなが勘違いしたら向こうが迷惑だろ」プンスカ


コニー「マルコとジャンは何もしてなかったのか?」ゴロゴロ


ベルトルト(この流れでそれを聞くとは…コニー恐るべし…)


294 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:07:11 axNe3XWU
ジャン「………俺は、寝てた」


マルコ「……僕は、本読んでたかな」


コニー「二人とも暇だったんだな!」


ジャン「なんだと…このバカがっ」ペシッ


コニー「痛っやめろよっ」


マルコ「今回ばかりは僕も止めないよ…」


ベルトルト(コニーさんマジぱないッス…)


295 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:12:54 axNe3XWU
アルミン「あれ?というか…エレンはまだ帰って来てないの?」クビカシゲ


マルコ「うん。てっきりアルミンといっしょにいると思ってたんだけど…遅いね」


ジャン「くそっくそ…」ゴロゴロ


コニー「飯まだかなー」ゴロゴロ


アルミン「二人とも背中すごいことになってるよ?」


ベルトルト(あれ?僕一言も発してなくない……?)


296 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:16:36 axNe3XWU
エレン「ただいま!アルミンはいるか!?」ガチャッ


アルミン「おかえりエレン。どうしたの?」


エレン「アルミン…無事だったか…心配した。そして疲れた」ゴロンッ


アルミン「だから心配しすぎだよ…遅かったね」


エレン「あぁ…ミカサがなぜか異様に張り切っててな…いろいろ連れまわされたんだ…」


アルミン「そっか…お疲れ様」ニコッ


ジャン「くそっくそ…」ジタバタ


297 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:19:09 axNe3XWU
エレン「……ん?アルミン…」ジーッ


アルミン「え、な、なに?」


エレン「そのベットに置いてある包みは……」ジーッ


アルミン「あぁこれ?これはプレゼントだよ」


エレン「俺に!?」ガタンッ


アルミン「ふふふ、エレンのはこっちだよ。はい」ポンッ


コニー「飯飯飯ー」ゴロゴロ


298 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:22:49 axNe3XWU
エレン「あ、アルミンからのプレゼント!…ありがと…大事にする」グスッ


アルミン「もうっ、普通の野球帽だよ?」クスクス


エレン「いや…普通に嬉しい…ありがとな」グスッ


ジャン「も…もしかしてミカサも俺にプレゼント買って来てるんじゃ…」ソワソワ


マルコ「ジャン、それはないから安心しなよ」


ベルトルト(僕しゃべってないよ…ライナー…変態でも我慢するから早く帰って来てくれ…)ソワソワ


299 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:25:13 axNe3XWU
エレン「ん?じゃあその包みはミカサにか?」


アルミン「違うよ?ミカサには麦わら帽子買ってきたから。これはアニに」ニコッ



ベルトルト「は!?」ガタンッ


マルコ「」ビクッ


エレン「なんだと!?」ガタッ


ジャン「ミカサに!?」ガタンッ


コニー(さっきからなんなんだ…こいつ達)ゴロゴロ


300 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:28:16 axNe3XWU
ベルトルト「いやいやいやいやいや……待ってよ、いや待て」ザザッ


ベルトルト「え」


ベルトルト「なんで…?なんでアニなの?え?君達どういう関係なの?ねぇ?」グイグイッ


コニマル(こ、こわ…)


アルミン「え、べ、ベルトルト…急にどうしたの?」ビクッ


ベルトルト「質問に質問で返さないでよ。早くこたえて」グイグイッ


エレン(お…俺も聞こうと思ってたのに勢いに負けた…)ビクビク


301 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 20:30:04 axNe3XWU
アルミン「その、この前の格闘訓練のときにアニと仲違いしちゃって…これで仲直りできたらなって…」アセアセ


ベルトルト(格闘訓練……あ!)


ベルトルト「…じゃあ」



ベルトルト「君がアニを泣かせたの…?」ゴゴゴゴゴ



エレコニマル(ひぇぇぇっ…)


ジャン「麦わら帽子をしたミカサが笑顔で俺に…」ブツブツ


アルミン「へ?泣かせた……?」キョトンッ



309 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:20:58 axNe3XWU
ベルトルト「とぼけないでよ……アニは格闘訓練の終わりに泣いてた…その前は君と組んでたんだろ…?」ゴゴゴゴ


エレン「ま、待てよベルトルト…なんでお前が口出しして…」


ベルトルト「あ゙ぁん?」


エレン(ひぃっ)ザザッ


コニー「なぁ…なんでこんなことになっちまったのかわからないのは俺がバカだか(ry」


ジャン「『ジャン…あなたにプレゼントがあるの』、お…マジ?サンキューじゃん」ブツブツ


マルコ(いったい何が起こってるんだ……)


310 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:24:06 axNe3XWU
ベルトルト「どうなの……?」ゴゴゴゴ


アルミン「………」


ベルトルト「…ねぇ?」ゴゴゴゴゴ


アルミン「………」


アルミン「………」


アルミン「……僕が」



アルミン「アニを……泣かせたの……?」ウルウル



エレコニマル(え)


ベルトルト「え」


311 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:29:07 axNe3XWU
アルミン「アニは……僕のせいで泣いてたの……?」ウルウル


ベルトルト「え、いやその」


アルミン「僕は…」


アルミン「アニを、傷つけちゃったの……?」ウルウル


アルミン「どうして……なんでアニは泣いてたの?ベルトルト…」ウルウル


ベルトルト「いや…へ?」


アルミン「教えてよ……アニに謝らなくちゃ…僕……何も知らずにアニにプレゼントなんて…」ウルウル


312 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:33:51 axNe3XWU
ベルトルト「え……え?だ、だって……アルミンがアニになにかしたんじゃないの…?」


アルミン「…っ、そ、そうだよね」ゴシゴシ


アルミン「ははは…、ごめんねベルトルト…情けないとこ見せちゃったね…」ゴシゴシ


ベルトルト「え」


アルミン「……本当に情けないよね僕…なんでアニを傷つけちゃったかもわからないなんて……僕は…格闘訓練のときにアニと組もうって約束してて…」


アルミン「でも…アニがどっか行っちゃったんだ……なにか…僕の態度が悪かったのかもしれない…」ウツムキ


313 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:37:54 axNe3XWU
アルミン「…ごめんね……アニに…ちゃんと謝っておくよ……」


アルミン「それで……アニが…僕のこと嫌ってるならはっきりとそう言ってもらって……」ウルッ


アルミン「…っ、じゃ、じゃあ…僕さきに食堂行ってるね…」ゴシゴシ


アルミン「……」トボトボ


エレン「あ、アルミンっ」タッタッ


ベルトルト(え…なんだ……この罪悪感は……)


314 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:41:34 axNe3XWU
――――――

――――


アルミン(僕、アニを泣かせちゃってたんだ……)トボトボ


アルミン(…アニと…仲良くしたいのに…ダメだなぁ…僕…)トボトボ


アルミン(アニは…僕のこと…嫌いなのかな…)トボトボ


アルミン(だとしたら……立ち直れそうにないな…はは……)トボトボ


315 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:44:57 axNe3XWU
エレン「アルミンっ」タッタッタッ


アルミン「エレン……」


エレン「大丈夫か?……あぁー詳しいことは知らないが…喧嘩したなら、話し合えばわかると思うぞ…?」


アルミン「……うん。心配してくれてありがとう」ニコッ



エレン「………おぅ。行こうぜ」


アルミン「うん」トコトコ


エレン「………」トコトコ



エレン「…なぁアルミン……」


316 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:48:28 axNe3XWU
アルミン「なに?」トコトコ


エレン「………」トコトコ


エレン「……お前は…アニのこと、どう思ってるんだ…?」ジーッ


アルミン「……そうだね」


アルミン「………」トコトコ


アルミン「……アニの、ことは…」


エレン「………」


317 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:52:29 axNe3XWU
アルミン「……アニとはさ…そんなに仲がいいわけじゃないんだ」


エレン「………」トコトコ


アルミン「…女子なら、ミカサやサシャ…クリスタとの方がよくいっしょにいるしね」


エレン「………」トコトコ


アルミン「……でもね」


アルミン「アニは……なんか違うんだ…」


エレン「………」トコトコ


318 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 23:56:18 axNe3XWU
アルミン「別に…アニとは会話が弾むってわけでも、趣味が合うってわけでもない…」


エレン「………」トコトコ


アルミン「でも、なぜか」



アルミン「もっとアニのこと知りたいなって思うんだ」



エレン「………」トコトコ


アルミン「アニといっしょにいて…アニの笑う顔が見たいなって…」


エレン「………」トコトコ


319 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:00:53 PUtMkP4g
アルミン「不思議だよね…気づけばアニのこと、目で追っかけてる。なんて話しかけようかなって考えてる」


エレン「………」トコトコ


アルミン「ねぇエレン」


アルミン「…君とミカサは認めないかもしれない」


エレン「………」トコトコ



アルミン「でも、僕にとってアニは…特別なんだ」



エレン「………」トコトコ


320 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:06:03 PUtMkP4g
エレン「………」トコトコ


エレン「……俺たちじゃ…ダメなのか…俺たち二人じゃ役不足か……?」


アルミン「そういうわけじゃないよエレン。わかってるだろ」


エレン「……わからねぇよアルミン…俺たち三人でいれば…それでいいだろ」


アルミン「………」トコトコ


アルミン「ねぇエレン」


アルミン「本当に……君とは長い付き合いだよね」


エレン「………」


321 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:10:34 PUtMkP4g
アルミン「僕に初めてできた友達は、エレンだ……君は…僕が周りから…異端者って避けられてたって気にしなかった」


エレン「………」


アルミン「エレンのことは…いつだって大切な存在なんだ」


エレン「………」


アルミン「エレン」



アルミン「僕達の関係は変わったりしない。そうだろ?」



エレン「………」


322 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:15:11 PUtMkP4g
エレン「………」


エレン「……本当。アルミンには隠し事なんてできないな……」ポリポリ


アルミン「……エレン」


エレン「……はっ、俺…ガキくさいよな?…駄々こねたりして」


アルミン「そんなこと…」


エレン「はぁ…」


エレン「まいるよな……なにも変わらない気でいても…時間はたってくんだ…」


323 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:20:11 PUtMkP4g
エレン「いつまでもガキのころみたいに……なんて、下らないよな」


アルミン「…僕達の関係は変わらないよ……ただ、他の関係が継ぎ足されるだけなんだ」


エレン「あぁ…お前の言う通りだ……本当、頭ではわかってるんだけどな……ただ…」ポリポリ


エレン「………たまに、思い出しちまうんだよ……他に友達もいなくて…三人で無邪気に遊び回ってたころのこと…」


アルミン「…僕だって、そうだよ」


アルミン「今が嫌ってわけじゃない…ただ、二人は…大切な存在だから」


324 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:23:56 PUtMkP4g
エレン「………」


エレン「……アルミン」



エレン「………アニとのこと…頑張れよ」



アルミン「…ありがとう」ニコッ


エレン「おぅ…」ポリポリ


アルミン「…でもどうかな?アニには… 避けられちゃってるし……」


325 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:28:39 PUtMkP4g
エレン「その件なら問題ねぇよ…本当、アルミンって座学トップの癖にそういうことには鈍いよな」


アルミン「エレンにだけは言われたくないよ…第一」


アルミン「二人が遠くに行っちゃう気がして…さきに悩み始めるのは僕の方だと思ってたけど…わからないもんだね」フフ


エレン「?なんだよそれ?」


アルミン「ふふふ、わからないならいいんだよ」


エレン「?そうか…」


アルミン「そうだよ」フフフ



327 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 00:32:33 PUtMkP4g
アルミン「……エレン」



アルミン「これからも、僕達はいっしょだ」ニコッ



エレン「あぁ、いっしょだよな」ニコッ



エレン「………」トコトコ


アルミン「………」トコトコ


エレン「……問題は、ミカサだな」


アルミン「うん。ミカサだよね」

エレンガ、イッテヨ…

ヤダヨ、オマエノコトダロ?

ワイワイワイ



334 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:07:26 PUtMkP4g
――――――

――――

食堂


アニ「………」モグモグ


ミーナ「――というわけ。でもさ、そもそもそれっておかしいよね?だから私も――」ペチャクチャ


クリスタ「………」トコトコ


アニ(来た!クリスタだ)


アニ(……緊張する。でもちゃんと話はしないとね……)ジーッ


335 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:10:10 PUtMkP4g
クリスタ「………」ボーッ


アニ(?……なんか、いつもより元気がないね…どうしたんだろ……それに珍しくユミルもいない…)ジーッ


ミーナ「――って言われたの?あり得なくなーい?」


アニ「あぁ。まったくだよ」


ミーナ「でしょ!?だから私も頭に来ちゃってさ――」ペチャクチャ


アニ(……アルミン達は…まだ来てないみたいだね…話しかけるなら今か?……でもなんか話しかけ辛い雰囲気だしね……)ジーッ


ミーナ「――ってわけ…でもそんなの関係ないよね?だからさ――」ペチャクチャ


336 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:13:35 PUtMkP4g
アルミン「――って言えばどうかな…?」トコトコ


エレン「駄目だな…そんなに遠回しに言ってもミカサには伝わらない」トコトコ


アニ(……とか考えてるうちにエレンとアルミンが来ちゃったね……さて、どうしようか…)


クリスタ「………」チラッ


クリスタ「…っ」


クリスタ「………」


クリスタ「……」カタンッ


アニ「…?」


337 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:16:32 PUtMkP4g
アニ(?…クリスタ、どっか行くみたいだね……よし、チャンスだ。着いて行って話し合うか……)


ミーナ「――ならさ!もちろんだからって嫌いになったわけじゃないんだけど…さすがにね…」


アニ「……」カタンッ


アニ「…ちょっと、ヤボ用ができたから戻るよ。悪いね…」


ミーナ「?了解ーじゃあまた寮で話そうね」


アニ「あ、あぁ…」トコトコ


ミーナ「あ、ハンナっ聞いてよーこの前ね――」ペチャクチャ


338 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:19:06 PUtMkP4g
――――――

――――

廊下


ユミル「はぁぁぁー」スタスタ


ユミル(クリスタはアルミンと出かけちまうし…暇だから二人に会わないように気を使って遠くに出かけたら…ミカサとエレンに会うわで…散々だな…今日は)スタスタ


ユミル(あの時のミカサの顔ときたら……)ブルッ


ユミル(…早くクリスタに会って癒されよ)スタスタ


339 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:22:13 PUtMkP4g
食堂


ユミル「ん?」


ユミル(クリスタがいない……どこ行ったんだ?…アルミンに聞いてみるか…)トコトコ


ミカサ「―それで、これが17個目のプレゼント。お花のブローチ。アルミンのは桃色で私は青。おそろい」キリッ


アルミン「はは、ははは……」


エレン「お、おい…さすがにそれはどうかと…」


ミカサ「心配しなくても当然エレンの分も買ってある。エレンは赤でリーダー。大丈夫、私が補佐するから」キリリッ


エレン「」


340 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:25:05 PUtMkP4g
ユミル「…おいアルミン、クリスタはどこ行ったか知らないか?」


アルミン「(助かった…)クリスタならさっき食べ終えて出て行ったよ?」


ユミル「そうか」スタスタ


アルミン「あ、ユミル!」


ユミル「なんだ?」


アルミン「クリスタにありがとうって言っておいて」ニコッ



ユミル「………」



ユミル「なんでだ?」


341 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:28:44 PUtMkP4g
アルミン「あのね…クリスタが僕に話があるって言って…」


ユミル「………」


アルミン「それで、僕のこと…応援してるって…言ってくれたんだ」ニコッ


ユミル「!?」


アルミン「僕…すごく嬉しかったから……」フフフ


ユミル「………」


ユミル「……それで」


ユミル「お前は、なんて言ったんだ?」


342 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:31:18 PUtMkP4g
アルミン「?えっと…ありがとうって」ニコッ


ユミル「………」


アルミン「あと…なんだか照れるねって///」


ユミル「…っ」


ユミル「………」


ユミル(そうか…こいつはアニのことが…)


アルミン「…?ユミル…?」


343 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:35:33 PUtMkP4g
ユミル「………」


ユミル「はっ、さすが座学トップさんだ…」


アルミン「へ?」


ユミル「それで、お前はどう思った?クリスタがわざわざお前のこと呼び出して…それで、応援してるって言われて何考えた?」


アルミン「え?…すごく嬉しかったよ?クリスタとは仲良くなれそうだな……って」


ミカエレ「?」


344 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:39:13 PUtMkP4g
ユミル「………」


ユミル「……そうかよ」


アルミン「……ユミル…?」


ユミル「………なぁお前さ…」



ユミル「もうちょっと、周り見た方がいいんじゃねぇの?」



アルミン「……え?」


ミカサ「……ユミル、アルミンと喧嘩でもしたの?」


345 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:43:13 PUtMkP4g
ユミル「……別に。じゃあもう用はねぇから」クルッ


アルミン「…え?ゆ、ユミル?」


ユミル「……」スタスタスタ


ミカサ「?いったいなんだったのだろう…」


エレン「さぁな……それより、早く飯食おうぜ」


ジャン「み、ミカサ!その…プレゼントなんだか…」モジモジ


ミカサ「?ジャン、あなたいたんだ。まったく気付かなかった」


ジャン「」


346 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:46:40 PUtMkP4g
アルミン「………」



アルミン(周り?いったいなんのことだ…?)



アルミン(……ユミルが怒るのは、クリスタ関係のことだ…それ以外はいつもどうでもいいって感じだし…)


アルミン(『クリスタ』……『応援されてどう思った?』……『周り』……『いつだって応援してる』……)


アルミン(?クリスタは…)



アルミン(なんでアニのこと…どう思ってるか聞いたんだろ…?)



アルミン「………」


347 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:49:33 PUtMkP4g
――――――

――――

グランド


アニ(……いったいどうしたんだろ?クリスタは…)


クリスタ「………」ボーッ


アニ(さっきからボーッと石段に座りこんでる…とても話しかけられるような雰囲気じゃないね……)


アニ(戻ろう…人には口出しされたくないことの1つや2つあるだろ…)サッ


348 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:53:44 PUtMkP4g
ユミル「……そんなとこにいたのか」スタスタ


アニ「!!」ササッ



クリスタ「……ユミル、おかえり…遅かったね」ニコッ…



クリスタ「ちょっと食堂が暑かったから……涼もうと思って…ユミル「クリスタ」


ユミル「どういうつもりだ?」



クリスタ「………」



ユミル「また良い人ぶりたかったのか?アニに嫌われるのが怖かったのか?」


349 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:56:26 PUtMkP4g
クリスタ「………」



クリスタ「…何言ってるかわからないよユミル。食堂に戻ろ?」



ユミル「なぁ…クリスタ」


ユミル「…お前はそれでいいのか?それが、お前の答えなのか?こうなることを…望んでたのか?」


クリスタ「…っ」



クリスタ「………」



ユミル「………」


350 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/12(月) 23:59:04 PUtMkP4g
ユミル「教えてくれよクリスタ…そんなに簡単に…あいつのこと諦められるのかよ?」



クリスタ「………」



クリスタ「もうっ、さっきから何言ってるのユミル?私は別に、アルミンのことなんて…」


ユミル「そうか?」


クリスタ「……そうだよ」


ユミル「……私は、」



ユミル「別に、アルミンのことだなんて言ってないけどな」



クリスタ「…っ!!」


351 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:03:08 PkqfrA5c
クリスタ「……」ウツムキッ



ユミル「……なんでだクリスタ」



クリスタ「………」



クリスタ「………」



クリスタ「わたしは…」



クリスタ「別に、諦める気なんてなかった。アニがどんなにアルミンのこと好きでも負ける気なんてなかった…」


352 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:06:03 PkqfrA5c
ユミル「…だったら」



クリスタ「でもね」



クリスタ「アルミンは違う。アルミンはそれを望んでないの」


クリスタ「ユミル。わたしは」


クリスタ「他の人がどれだけわたしとアルミンのこと望んでなくても…これだけは譲る気なんてなかった」


クリスタ「でも……アルミンが、違う未来を望んでるなら…」


ユミル「………」


354 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:09:22 PkqfrA5c
クリスタ「…無理矢理つなぎ止めて何になるの?そんなこと…したいわけじゃない……わたしは」



クリスタ「アルミンには、いつも笑ってて欲しい。それがわたしの隣じゃなくても」




クリスタ「…人を好きになるって、そういうことでしょ。違う?」



ユミル「………」


355 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:12:53 PkqfrA5c
ユミル「……そうだな」


クリスタ「…そうだよ」ニコッ


ユミル「…だけどな」



ユミル「無理して笑う必要なんかない。泣きたいときは泣いていいんだ」



クリスタ「…っ」


クリスタ「………」ポロポロ


ユミル「……」ギュッ


クリスタ「……」ポロポロ


356 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:15:49 PkqfrA5c
ユミル「…自分を追い詰めるな。お前がアルミンに笑っていて欲しいみたいに…誰かだって…お前には笑ってて欲しいって思ってるんだ」


クリスタ「……っ」ポロポロ


ユミル「………」ナデナデ


クリスタ「………」ポロポロ


クリスタ「ユミル、わたし…」



クリスタ「本当に、好き、だったの」



ユミル「あぁ…そうだな」ナデナデ


357 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 00:16:56 PkqfrA5c
クリスタ「うん」


クリスタ「……好きだったの」


ユミル「………」ナデナデ









アニ「………」



362 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 23:55:56 PkqfrA5c
――――――

――――

翌日

チュンチュンチュン


アルミン「………」


アルミン(昨日のユミルとの話……あれから一晩考えてみた…)


アルミン(………)


アルミン(そんな…まさかとは思うけど…クリスタは…)


363 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/13(火) 23:59:21 PkqfrA5c
アルミン(……だとしたら僕…クリスタに酷いことをしてしまったのかもしれない)


アルミン(……わからない…頭の整理がつかないよ)


アルミン(…ちょっと散歩してこよう)


アルミン「………」バサッ


アルミン「………」トコトコ


364 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:05:42 qsCU0emE


アルミン「………」トコトコ


ユミル「ん?誰かと思ったらお前だったか…」


アルミン「………おはよう」



クリスタ「おはよう、アルミン」ニコッ



アルミン「クリスタ…おはよう」


アルミン「……ユミル、少しクリスタと話したいことがあるんだ」



ユミル「……あぁ」


365 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:10:52 qsCU0emE
ユミル「……クリスタ、あまり無茶は…クリスタ「ユミル」


クリスタ「大丈夫」ジーッ


ユミル「…そうだな」


ユミル「…じゃあ、わたしは寮に戻ってるから」スタスタ


クリスタ「うん」


アルミン「………」


クリスタ「…話って何かな?アルミン」


366 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:15:39 qsCU0emE
アルミン「……クリスタ」


アルミン「…君はなんで、僕のこと…応援するって言ってくれたの?」


クリスタ「アルミンを尊敬してるからだよ」


アルミン「……」


アルミン「でもっ……クリスタ「アルミン」




クリスタ「もういいの」ニコッ




アルミン「…っ!!!」


367 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:22:01 qsCU0emE
クリスタ「アルミン、もう終わったことだから」


アルミン「だけどっ……」


クリスタ「あのねアルミン…『好き』にはいろんな種類があるんだよ?」


クリスタ「独占したいって思う人や、ずっと思われたいって『好き』…」


クリスタ「……わたしにとっては」



クリスタ「アニと、幸せに笑っていてくれることがそうだから」ニコッ



クリスタ「アルミン余計なこと、考えなくてもいいの。そんなこと考えたりしたら…わたし、怒るからね?」




369 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:29:09 qsCU0emE
アルミン「クリスタは……」


クリスタ「ずっと応援してる」


クリスタ「それだけだよ」ニコッ


アルミン「なんで…」


クリスタ「ふふふ、いつか…きっとわかるよ。じゃあ、もう行くね」


クリスタ「アルミン」


クリスタ「頑張れ!」ダッ


アルミン「!!まっ……クリスタ「」タッタッタッ


アルミン「………」


370 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:38:37 qsCU0emE
ユミル「………」


クリスタ「……」タッタッタッタッ


ユミル「……クリスタ」


クリスタ「大丈夫だよユミル。わたし無理に笑ったりしてないから」


クリスタ「アルミンを好きだった時間は…十分わたしを幸せにしてくれたから」


ユミル「………」


ユミル「……はっ、知らない間に一人前のこと言うようになっちまったな…」ポリポリ


371 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 00:44:16 qsCU0emE
クリスタ「そうだよ?ふふふ、知らないのユミル」



クリスタ「女の子は恋して、大人に成長するんだよ?」ニコッ



ユミル「……は、背は全然成長してないけどな」


クリスタ「…ユミル、それは怒るよ?」


オコルナヨ…オトナ、ナンダロ?

ソレハ、ベツナノ!!



375 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:18:50 qsCU0emE
――――――

――――

食堂


エレン「おはようアルミン、今日はずいぶん早起きだったんだな」ガタン


アルミン「おはようエレン…ちょっとね」


ミカサ「早起きはとても健康にいいこと。アルミンの判断は正しい」カタンッ


エレン「なんだよそれ。俺が寝坊したことへの当て付けか」モグモグ


376 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:24:33 qsCU0emE
ミカサ「自覚があるなら良かった。エレン、寝坊してるようでは立派な兵士になれない」ジーッ


エレン「……は、お前はいいよな。1ヶ月寝なくても平気なんだから」


ミカサ「エレン…その、起きれないなら起こしてくれる人を探せばいい……意外と近くにそんな人がいるかもしれない///しかもその人なら一生起こしてくれるはず」チラッチラッ


エレン「は?そんなやついるわけないだろ…あ、もしかして……」


ミカサ「///」


377 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:29:29 qsCU0emE
エレン「アルミンのことか。うーん、でもアルミンもわりと寝坊するんだよなー…今日は早起きだったけど」



ミカサ「こうなることはわかっていた。ので、ショックなんか受けていない…ので、大丈夫、ので…」ガクッ



サシャ「ミカサ…大丈夫ですか?体調が悪いんですか?お腹壊したんですか?パァンが食べれないんですね?」


エレン「兵士だったら体調管理くらいしっかりしろよな」モグモグ


ミカサ「この世界は残酷なんだ…」


378 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:34:23 qsCU0emE
アルミン「………」


サシャ(あれ?いつもならここら辺でアルミンのフォローが入るんですが…おかしいですね…)


エレン「あ、今日も朝一で格闘訓練だったな…早く食わないと」モグモグ


サシャ「手伝いましょうか?」ガタタンッ


エレン「あぁ。食べ終わったから皿を片付けてくれ」カチャッ


サシャ「そ、そんなっ…」


アルミン「………」


379 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:38:15 qsCU0emE
アルミン「………」


アルミン「…僕」カタンッ


アルミン「ちょっと用事があるから…先に行ってるよ」


エレン「そうか。じゃあまた後で」


アルミン「……うん」タタタッ


サシャ「?理由を聞かないんですね」


エレン「あぁ、そんなの野暮だしな」モグモグ


ミカサシャ「?」


380 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:42:31 qsCU0emE
アルミン(………)スタスタ


アルミン(アニと、話そう)


アルミン(アニは……格闘訓練でもいつも僕のこと避けるし、…僕が嫌いなのかもしれない)スタスタ


アルミン(でも、ちゃんと話すべきだ。このまま僕が悩んでてもダメだ)スタスタ


アルミン(…クリスタがああ言ってくれたんだ。だったら…僕にできることは…)グッ


アルミン(絶対、自分の気持ちから逃げないことだ!)タッタッタッ


381 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:47:11 qsCU0emE
廊下


アニ「………」トコトコ


アルミン(!アニだっ)


アルミン「アニ!」タッタッ


アニ「!アルミン…」


アルミン「アニ、僕…」




アルミン「話が、あるんだ」




アニ「………」


382 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:53:58 qsCU0emE
――――――

――――

その少し前


アニ「………」バサッ


ミーナ「あ、アニおはよー今日からまた訓練だけど頑張ろうね」


アニ「…うん」カタッ


ミーナ「?朝からどっか行くの?」


アニ「……話したいやつがいるんだ」


383 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/14(水) 23:56:23 qsCU0emE
ミーナ「あ、もしかしてアルミンだったりしてー」ニヤニヤ


アニ「あぁ。そうだよ」


ミーナ「ん?か、隠したりしないんだね」ジーッ


アニ「あぁ」


ミーナ「そ、そっか…それはその、いいこと?なのかな…?」


アニ「ねぇミーナ…」


ミーナ「ん?」


アニ「わたしは馬鹿だったよ。本当に」


ミーナ「へ?」


384 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 00:02:39 fGKwt1kw
アニ「じゃあ、また後でね」バタン


ミーナ「え……」


ミーナ「………」


ミーナ「え?」


――――――

――――


アニ「………」スタスタ


アルミン「アニ!」タッタッタッ


385 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 00:06:32 fGKwt1kw
アニ「!アルミン…」


アルミン「アニ、僕……話が、あるんだ」


アニ「………」


アニ「…なんだい?」


アルミン「……アニ…僕は……」


アルミン「君と…もっと仲良くなりたいんだ。…その、どうしてアニが僕を避けてるのかわからないけど、でも…」


アニ「………」



389 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:29:38 fGKwt1kw
アルミン「僕は君を傷つけるつもりなんて…」


アニ(あぁ…こいつも…わたしといっしょだ…)


アルミン「もし、僕が何かしたなら…その…」


アニ(嫌われるのが怖くて、話しかけられなかった。拒絶されるのが嫌で逃げてた)


アルミン「謝りたい…許してくれるかはわからないけど…でも…」


アニ(……そのせいで、他の誰かを…)


390 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:32:32 fGKwt1kw
アルミン「精いっぱい…僕にできることならその…」


アニ(でも、もう充分だろ…ちゃんと嫌いじゃないって伝えよう…)


アルミン「だから僕達…これから、仲良く……アニ「ねぇ、アルミン」





アニ「あんたのこと、好き」





アルミン「……え」


391 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:33:56 fGKwt1kw
アルミン「えっえ、アニ…!?い、いい今な、なんて…///」カァァァァッ


アニ「ん?」


アニ(あれ……わたし今なんて言ったっけ……えっと、嫌いじゃないって言おうとして、それで…)


アルミン「そ、そその、ほ、本当にその…///」


アニ(好きって……つい本心が…)


アニ(ん?)


アルミン「///」


392 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:36:06 fGKwt1kw
アニ(ん?……)



アニ「………」



アニ「…っ///」カァァァッ


アニ「ち、違う!今のはっ…ま…と、とにかく違うあれで!///」


アルミン「ふぇっ?///」


アニ「…っ///」ダッ


アルミン「あ、アニ!」


393 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:39:09 fGKwt1kw
兵舎裏


アニ「///」シャガミ


アニ(ななな、何してんだわたし!///)


アニ(あ、アルミンに……アルミン「アニ!」タタタッ


アニ「!!!」カァァッ


アニ「ち、違うんだっさ、さっきのはいい間違いでそのっ///」


アニ「つい、あんたがあんなこと言うからその……アルミン「アニ」



395 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:42:07 fGKwt1kw
アニ「ななな何だ……アルミン「僕だって!」





アルミン「アニのことずっと好きだったんだからね!」カァァッ





アニ「な……アルミン「アニのこと好きだ!冷たいこと言っても、本当は誰よりも優しいアニが好きだ!」カァァッ


アルミン「本当は恥ずかしがり屋なアニが好きだ!面倒見がいいアニが好きだ!」



398 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:44:47 fGKwt1kw
アルミン「強がってるアニも、暇そうにしてるアニも!」


アルミン「僕と話してるときに、ふと優しい顔をするアニも大好きなんだ!」カァァァッ


アニ「な、なななな///」


アルミン「こんな僕じゃアニにはふさわしくないかもしれないけど…」


アルミン「それでももっとアニの側にいたい!アニのことが知りたいんだ!///」


アルミン「アニ、僕と……」


399 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:46:30 fGKwt1kw
アルミン「ぼ、僕と!」




アルミン「付き合ってください!!!!」カァァッ




アニ「なななな///」


アニ「あ、ああ、あんた、馬鹿じゃないのっ?///」


アルミン「や、やっぱりダメかn……アニ「馬鹿!」


アニ「何が『僕なんか』だい!あんたは…アルミンは」


400 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:48:15 fGKwt1kw
アニ「誰よりも一生懸命で、優しくて、根性があって」


アニ「いつだって前を向いてて、誰も思い付かないようなことを考え出して、」


アニ「それなのに自慢すらしないで、みんなの心配ばかりしてる、そんな、あんたのこと…」


アニ「……アルミンのこと」






アニ「わたしだって、ずっと好きだったんだよ!」






アルミン「…っ///」


401 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:50:10 fGKwt1kw
アニ「だから!じ、自分自身でも…あんたのこと、悪く言うんじゃないよっ///」


アルミン「あ、アニ…///」


アルミン「ぼ、僕と…いっしょにいてくれるの…?」


アニ「…っ、だ、だから…あんた、本当に座学トップなのっ///そんなの…」






アニ「こっちから、いっしょにいてやるに決まってんでしょ!///」






アルミン「…っ!アニ…」ウルウル


402 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:52:06 fGKwt1kw
アルミン「僕……絶対アニのこと大切にするから…」ウルウル


アニ「っ///」


アルミン「あ、アニ、その……」ゴシゴシ



アルミン「キス、してもいいかな…?///」



アニ「…っ、だ、だからっ///」


アニ「本当に、あんたは…///そ、そんなの……」


403 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:55:23 fGKwt1kw
アニ「いいに、決まってるでしょ///」


アルミン「っ///」トコトコ


アニ「う…///」ジーッ


アルミン「…アニ、好きだよ///」


アニ「……わたしだって」


アニ「……好きだよ」



チュッ




――――

――――――

――――


405 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:57:58 fGKwt1kw
アルミン「///」


アニ「///」


アルミン「あ、え、えっと…アニにプレゼントがあるんだっ///」ガサゴソ


アニ「わ、わたしに?///」


アルミン「うん///これ……」ヒョイッ


アニ「…っ///き、綺麗…」


アルミン「アニに…似合うと思って」ニコッ


406 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 22:59:39 fGKwt1kw
アニ「っ///わ、わたしも…あんたにプレゼントしないとね…」


アルミン「ふふふ、じゃあお願いしていいかな?」


アニ「なんだい?」


アルミン「『あんた』じゃなくて…これからはずっと『アルミン』って呼んでよ」


アニ「っ、あ…アルミン///そ、それだけでいいのかい?」


アルミン「うん。ねぇアニ……」


407 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:01:41 fGKwt1kw
アルミン「今度の休みに、街に出かけよっか」ニコッ


アニ「あぁ///」


アルミン「今日の夕食はいっしょに食べて、そのあと、いっしょにもっと話をしようよ」


アニ「うん///」


アルミン「誕生日が来たらお互いにお祝いするし、夏祭りに行ったり、花火を見るんだ」ニコニコ


アニ「///」


408 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:04:14 fGKwt1kw
アルミン「秋になったらいっしょに紅葉をみて、冬が来たら雪だるまを作って、春になったら隣で桜を見て…」


アニ「あ、アルミン///」


アルミン「ねぇ、アニ」



アルミン「本当に、好きだよ?」ニコッ



アニ「…っ、もう…本当に、あんた…アルミンは…///」


アニ「馬鹿……わたしの方が好きだよ…///」


412 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:08:11 fGKwt1kw
――――――

――――

夕食時食堂


アルミン「アニ、いっしょに食べよ!」


アニ「あぁ///」


ジャン「ん?お前達そんなに仲良かったっけ……?」


アニ「///」


アルミン「そ、そのね…ジャン、僕達…」


413 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:10:47 fGKwt1kw
アルミン「つ、付き合ってるんだ!///」


アニ「…っ///」


ジャン「………」


ジャン「……は?」


ザワザワザワ



ジャン「な、マジかよ…」


アニ「あぁ///」


414 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:12:10 fGKwt1kw
マルコ「アルミン、おめでとう。うらやましいよ…」


アルミン「ははは///ありがとう」


ジャン「…嘘だろ…『あの』アルミンに彼女だと…?」ガクガク


アニ「ちょっと」グイッ


アニ「『わたしの』アルミンにあんまりケチつけないでくれる?」

アルミン「///」


ジャン「うわぁぁぁぁ!!!」


マルコ「この世界は残酷だ…」カタカタ


415 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:15:30 fGKwt1kw
コニー「なんか知らないけど良かったな!アルミン」


アルミン「うん///すごく幸せだよ」


アニ「わ、わたしも///」


コニー(あれ?なんかイラっとした、なんだこれ)


ジャン「これは夢だ…みんな消えろ、消えろ…」ガタガタ


マルコ「あーなんだかマルコ、イライラするーっ」


416 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:18:09 fGKwt1kw
サシャ「アルミン、アニ!おめでとうございます!お祝いにパァンを食べてあげましょうか?」


アルミン「もうっ、なんでそうなるのさ…」フフフ


アニ「これからはわたしがやるよ」ヒョイッ


サシャ「神発見!」モグモグ


アルミン「いいのアニ?」


アニ「あぁ、わたし達はいっしょに食べればいいだろ?」


アルミン「///」


ジャンマルコニ「」イラッ


417 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:20:50 fGKwt1kw
ミーナ「ふふふ、おめでとうアニ!」


アニ「…本当にありがとね、ミーナ」ニコッ


ミーナ「いいのいいの!アルミン、アニのことよろしくね」ニヤニヤ


アルミン「うん///」


フランツ「ははは、僕達みたいに仲良くしろよ」


ハンナ「もう!フランツったら//」


ジャンマルコニ「」イラッイラッ


419 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:22:34 fGKwt1kw
ライナー「おめでとうアルミン、アニ。できたら  取りなんかを…アニ「」ゴブロシャアッ


ライナー(血まみれ)「冗談だ…おめでとう」


アルミン「う、うん」


アニ「…あぁ」


ベルトルト「アニ…おめでとう」


アニ「うん」


420 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:24:27 fGKwt1kw
ベルトルト「……僕は君が幸せならそれで…」


アニ「ふっ、幸せに決まってんでしょ///」


アルミン「///」


ベルトルト「………アルミン」ガシッ


ベルトルト「アニのこと大切にね…」ゴゴゴゴ


アルミン「も、もちろんだよっ」


アニ「///」


421 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:26:43 fGKwt1kw
クリスタ「アルミン、アニ、おめでとう」ニコッ


アルミン「クリスタ…」


クリスタ「わたしのこと気にしたりしたら怒るからね?二人は幸せになること!」


アニ「……ありがとう」


ユミル「絶対だぞ…」


アルミン「あぁ、約束するよ」グッ


422 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:28:11 fGKwt1kw
アルミン「……残るはエレンとミカサだね」


アニ「…二人は?」


アルミン「まだ来てないみたい…でもエレンは賛成してくれたんだ…問題はミカ……ミカサ「アルミン!」


ミカサ「遅くなってごめんなさい…夕食を食べよう」


アルミン「あ、そ、そのことなんだけど…」


ミカサ「……アルミン」


ミカサ「どうして、アニといっしょに座っているの…?」


424 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:30:49 fGKwt1kw
アルミン「そのね、僕、僕達…」


アニ「……」


アルミン「つ、付き合うことにしたんだ!」


アニ「///」



ミカサ「………」



エレン「お、ついにか……おめでとう」


アルミン「ありがとうエレン///」


ミカサ「………」


425 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:32:27 fGKwt1kw
ミカサ「………え?」


アルミン「み、ミカサ…?」



ミカサ「アルミンが、アニと付き合う…?」


アルミン「う、うん。そうなんだ」


ミカサ「………」


ミカサ「では」


ミカサ「アルミンはアニとご飯をたべるの…?」


426 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:35:50 fGKwt1kw
アルミン「う、うん。そのつもりだけど…」


ミカサ「寝起きのアルミンといっしょに朝ごはんを食べて寝癖ついてるよと、頭をワシャワシャするの?訓練後の汗をかいたアルミンにタオルを渡して、ありがとうって微笑むアルミンといっしょに昼ごはんを食べるの?夕暮れの疲れて眠そうなアルミンといっしょに夜ごはんを食べて口にソースついてるとゴシゴシするの?」


アルミン「え……え?」


アニ「…あぁ、そのつもりだけど」


ミカサ「………」


427 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:38:13 fGKwt1kw
ミカサ「そんなこと、許されない」


ミカサ「アルミンはわたしの弟…のようなもの。だからアルミンの世話をするのはわたしの役目…」


ミカサ「それを奪うというの?」


アニ「……あぁ、そうだよ。いい加減弟離れした方がいい」


ミカサ「………」


アルミン「ちょ、ちょっと落ち着いてよミカサ!」アセアセ


428 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:41:33 fGKwt1kw
ミカサ「………」スタスタ


ミカサ「勝てば、生き残る…」スタスタ


ミカサ「戦わなければ…」


ミカサ「勝てない」チャキッ


エレン「落ち着けミカサ!」ダッ


ユミル「おい!誰か止めろ!」


マルコ「…別に止めなくてもいいんじゃないの」シレッ



430 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:44:22 fGKwt1kw
ライナー「うぉぉ!二人の  取りは俺が守る!」ダッ


ベルトルト「ライナー…僕はくだらない冗談は嫌いだ」ゴゴゴ


ライナー「…すまん」


ジャン「み、ミカサ!その…俺がアルミンのかわりにミカサのそばに…」


ミカサ「ジャンマジ邪魔じゃん」


ジャン「」


コニー「…ジャンかわいそうじゃん」


431 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:47:34 fGKwt1kw
サシャ「二人の幸せ、もといわたしのパァンはわたしが守ります!」ダッ


クリスタ「お、落ち着いてミカサ!」タッ


ミーナ「嫁と小姑の修羅場ktkr!」ダッ


ミカサ、マ、マツンダッ

ブシャアァアァッ

ラ、ライナーッ


ワイワイワイ


432 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:50:09 fGKwt1kw
ワイワイワイワイ


アルミン「……ねぇアニ」


アニ「なんだい?」


アルミン「ふふふ、ミカサが言ってたこと、実行してくれてもいいんだよ?」


アニ「…っ///」


アニ「…考えとくよ//」プイッ


アルミン「ふふふふ…」ニコニコ


433 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:53:50 fGKwt1kw
――――――

――――


ベルトルト「……こほんっ」


ベルトルト「…あれからミカサは、アルミンに説得されておとなしくなった。」


ベルトルト「……いったいどんな手を使ったんだろ?」


ベルトルト「…まぁその後ミカサは『アルミンがわたしを嫌いになる…?』と震えてたので多分、そういう説得だったんだと思う」フフフ



435 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 23:57:36 fGKwt1kw
ベルトルト「エレンも『寂しくなるなぁ…』とは言っているけど、幸せそうなアルミンを見る表情はすごく優しい」


ベルトルト「サシャは毎日パンをもらって機嫌がいいし、ミーナもアニからアルミンとの話を聞いていつも楽しそうに茶化してる」


ベルトルト「ライナーは……」


ベルトルト「ちゃんとシメといたから問題ない」ニコッ


ベルトルト「ジャンやマルコ、コニーや僕はイライラしつつも生暖かく見守っている」


436 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/16(金) 00:02:04 NXS8VCfc
ベルトルト「クリスタはなんだか前より明るくなって『ちゃんと長生きして、いい人見つけないとね』と話していた。なんでだろ?」


ベルトルト「そのときにライナーがチラチラクリスタを見るのがうざかったからまたシメておいた」


ベルトルト「ユミルはクリスタのそんな変化がよっぽど嬉しいのか、毎日機嫌がいい」


ベルトルト「アニとアルミンは……」


ベルトルト「…まぁ、見ててイライラするとだけ言っておくよ」


ベルトルト「騒がしい数日間だったけど、全てが丸くおさまって本当に良かったと思う」


437 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/16(金) 00:04:06 NXS8VCfc
ベルトルト「以上。近況報告でした」ニコッ











アニ「……ねぇアルミン」

アルミン「ん、なに?」



アニ「…こ、今度の休みに部屋に誰もいないから、その…遊びに来れば?///」

アルミン「………」

アルミン「え///」