1: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:56:06.73 ID:KhF6EzQ60

= 結城晴の場合 =

~学校~

男子A「早くグラウンド取りに行くぞ!」
男子B「晴、サッカー行こうぜ」

晴「おうっ!」ガタッ!

女子A「・・・あの、晴ちゃん」

晴「ん?」

女子A「あのね・・・えっと・・・・」モジモジ

晴「どうした?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1581677766

引用元: アイドル達のバレンタイン事情 



【メーカー特典あり】 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 36 義勇忍侠花吹雪(ジャケ柄ステッカー付)
歌:浜口あやめ(CV:田澤茉純)、脇山珠美(CV:嘉山未紗)、道明寺歌鈴(CV:新田ひより)
日本コロムビア (2020-02-19)
売り上げランキング: 62
2: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:56:55.58 ID:KhF6EzQ60

女子A「晴ちゃんにこれ・・・!」スッ

男子A・B「!?」

晴「何だこれ?」

女子A「チョコレート。今日はバレンタインデーでしょ?」

晴「バレンタイン?」

男子A・B「」ピクッ

3: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:57:37.57 ID:KhF6EzQ60

晴「あー、そっか~。そう言えば今日だったか・・・すっかり忘れてたぜ」アハハ・・・

女子A「だから晴ちゃんにあげようと思って」モジモジ

晴「ん? でもバレンタインって男にあげるものなんじゃ―――女子A「友チョコっていう言葉もあるから別に変な事じゃないよ!」ズイッ!

晴「お、おう・・・そうなのか? じゃあ貰うよ。サンキュー」

女子A「うん♪ これからもお仕事頑張ってね!」




4: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:58:03.82 ID:KhF6EzQ60

晴「わりぃ、待った?」

男子A「別に・・・」
男子B「そんな待ってないけど・・・」

晴「そっか! じゃあ早く行こうぜ!」

男子A・B「・・・」

晴「どうした?」

男子A「いや、なんつーか・・・晴は誰かにチョコあげたりするん?」チラッ、チラッ

5: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:58:29.65 ID:KhF6EzQ60

晴「は? 何だよ急に」

男子B「晴は男みたいなもんだからそんなのとは無縁に決まってんじゃん」アハハ・・・チラッ、チラッ

晴「当たり前だろ。オレはそんなガラじゃねぇって」アハハ

男子A「ふーん・・・」ハァ・・・
男子B「だよなー・・・」シュン・・・


晴(・・・そっか、今日はバレンタインだったんだな)

6: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:58:58.97 ID:KhF6EzQ60

晴「・・・」


『えっ、晴がチョコレート!? 俺にくれるのか!?』


晴(アイツをサプライズで驚かせるのも面白いかもな)フフッ


『ありがとな晴!』


晴「・・・」

晴(ま、日頃の感謝も込めてっつー事で・・・///)ポリポリ


7: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:59:31.15 ID:KhF6EzQ60

= 宮本フレデリカの場合 =

~事務所~

フレデリカ「フンフフ~ン。あ、おはよープロデューサー♪」

モバP(以下、P)「はいはい、おはようさん」カタカタ

フレデリカ「じゃじゃん! フレちゃんクイズ~! ぱふぱふー!」

P「なんか始まったな」カタカタ

8: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 19:59:57.09 ID:KhF6EzQ60

フレデリカ「今日は何の日でしょ~?」

P「・・・何の日って、バレンタインだろ?」

フレデリカ「ピンポンピンポーン! だいせいか~い♪」

P「フレデリカも俺にチョコくれるのか?」

フレデリカ「ん~、どうしようかなぁ」

P「なんだそりゃ」

9: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:00:23.30 ID:KhF6EzQ60

フレデリカ「あげてもいいけど~・・・そうだ! じゃあ代わりに今度オシャレなカフェに連れてってもらおうかな~」

P「じゃあいりませーん」カタカタ

フレデリカ「もう、強がっちゃって~」

P「強がるというか・・・本当の事言うとこれ以上は厳しいんだよマジで」

フレデリカ「そうみたいだねー。チョコレートがデスクに乗りきってないもん」

P「お昼前の今でも100個くらい貰ってるからな」

フレデリカ「プロデューサー、モテモテだね~♪」

10: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:00:53.91 ID:KhF6EzQ60

P「モテモテって、これみーんな義理チョコだぞ? アイドルのみんなとかテレビ局のスタッフさん達とか・・・仕事の関係の人達だけ」

フレデリカ「・・・本命チョコもあると思うけどなー」

P「ないない・・・そういや本命チョコとか久しく貰ってないなぁ」

フレデリカ「へー、貰った事はあるんだね?」

P「あるに決まってるだろ。俺だっていい歳の男だぞ」

フレデリカ「ママとかのはカウントしちゃダメだよ?」

P「・・・」

P「母親も立派な女性なんだが?」

11: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:01:19.92 ID:KhF6EzQ60

フレデリカ「はぁ・・・仕方ないなぁ~。可愛そうなプロデューサーにフレちゃんが本命チョコあげるよ」ガサガサ

P「可愛そうとかいうな」

フレデリカ「はい、チロルチョコ♪」

P「バリッバリの義理じゃんか」

12: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:01:46.21 ID:KhF6EzQ60

フレデリカ「義理じゃないよ? だってフレちゃんプロデューサー以外誰にもチョコあげてないもん。つまりこれは本命チョコなんです!」

P「物は言いようだな・・・まぁ、貰うよ。ありがとな」

フレデリカ「どういたしまして♪」

フレデリカ「あ、でもこれだけじゃ寂しいから特別にもう一つチョコあげるね」ガサガサ

P「またチロルチョコか?」

フレデリカ「ううん、違うよ」


フレデリカ「ハッピーバレンタイン、プロデューサー♪ フレちゃんからの本命チョコをぼなぺてぃー♪」ニコッ



13: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:02:12.16 ID:KhF6EzQ60

= 的場梨沙の場合 =

梨沙父(以下、父)「ただいまー」

シーン・・・

父「あれ?」

ガチャ

梨沙母(以下、母)「おかえりパパ♪」

14: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:02:38.04 ID:KhF6EzQ60

父「ただいま・・・あれ、梨沙はいないのか?」

母「いるよ?」

父「だっていつもだったらママより先に出迎えてくれるのに」

母「ふふっ、リビングに来れば分かるわよ」

父「?」

15: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:03:04.79 ID:KhF6EzQ60

~リビング~

父「ただいま・・・うん? この甘い匂いは・・・」クンクン

梨沙「あっ、パパお帰りなさい! ごめんねお出迎えできなくて」

父「あぁ、そうか。明日はバレンタインデーだっけ」

母「学校から帰ってきてから今までずっとチョコ作ってたのよね」ウフフ

父「今年は結構作ってるんだな」

梨沙「アイドル始めてからお世話になった人とかたくさんいるし? まぁ仕方なくね」

父「そんな事を考えられるようになったなんて梨沙は偉いなぁ」ナデナデ

梨沙「えへへ///」

16: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:04:23.04 ID:KhF6EzQ60

父「ん? この大きなチョコは・・・」

梨沙「モチロン、パパのよ! これからもっと豪華に飾りつけするから楽しみにしててね♪」

父「それは楽しみだな・・・あれ、でも二つあるみたいだけど?」

梨沙「それは・・・!」

母「それはPさんの分なのよねー?」ウフフ

父「Pさんの?」

梨沙「ぱ、パパのを作った時に材料が余ったの! プロデューサーのはそのついでに作っただけなんだから!」

17: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:04:52.70 ID:KhF6EzQ60

父「へぇ。Pさん喜んでくれるといいな」

梨沙「喜んでトーゼンよ!  パパのついでとはいえ、アタシの手作りチョコなんだから!」

父「そうか」フフッ

梨沙「でも本命はパパだけなんだからね♪」

父「・・・」

父(梨沙はどれくらいまで俺の事を好きでいてくれるのかな・・・きっと後数年もしたら同年代の男の子とかに取られちゃうんだろうなぁ)トオイメー

父「・・・そう言えばこのチョコって学校のお友達の分とかはあるのか?」

梨沙「え、ないわよ?」

父「こんなにあるのに?」

18: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:05:18.81 ID:KhF6EzQ60

梨沙「この大きいのはパパとプロデューサーでしょ? 他の小さいのはお世話になったディレクターとか明日会う雑誌の記者、後は事務所の社長とかのかな」

父「・・・」


梨沙『パパ、アタシの彼氏! パパと同じ年齢なの!』
彼氏『どうも初めまして・・・・・・お義父さん』ニヤリ



父「・・・」

父「梨沙、学校のお友達の分も作ってあげなさい」ポン

梨沙「え、何で?」

父「何ででも!」

梨沙「??」



19: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:06:19.31 ID:KhF6EzQ60

= 佐久間まゆの場合 =

― 夜 ―

~事務所~

P「」カタカタ・・・ッターン!

P「っくぅぅ~」ノビー
まゆ「Pさん」ニュッ

P「どわぁぁぁぁ!!??」

ドターン!

20: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:07:20.93 ID:KhF6EzQ60

まゆ「Pさん!? 大丈夫ですか・・・?」

P「・・・何でまゆが事務所にいるんだよ!? もう夜だぞ!」

まゆ「すみません・・・どうしてもこれを渡したくてずっと仮眠室で寝てたんです」

P「これ?」

まゆ「まゆの手作りチョコレートです♪ 愛情込めて作りました」ウフフ

21: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:10:44.16 ID:KhF6EzQ60

P「チョコって・・・バレンタインは明日だぞ?」

まゆ「もう、『今日』です♪」

P「え?」チラッ

【AM 0:02】

P「・・・あ、もうこんな時間だったのか」

まゆ「うふ、今年こそまゆが一番ですよねぇ」

22: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:11:14.75 ID:KhF6EzQ60

まゆ「一昨年と去年は一番になれなくてまゆとっても悲しかったんですよぉ?」

―――――――――――――――――――
――――――――――――――
――――――――

― 一昨年 ―

まゆ(この時間なら事務所にはきっとPさん一人だけ・・・まゆが一番にチョコレート渡しちゃいます♪)ウフフ

まゆ『Pさん。いますかー?』


薫『せんせぇ! チョコあげまーっ!』
千枝『あの、千枝も・・・』

P『おぉ、ありがとな!』


まゆ『!』ガーン


23: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:11:42.02 ID:KhF6EzQ60

― 去年 ―

まゆ(去年より一時間早く来たし今度こそまゆが一番のはず・・・!)

まゆ『おはようございまーす♪』ガチャ

ちひろ『あら、まゆちゃん。おはようございます♪』

まゆ『ちひろさん・・・あの、Pさんは?』

ちひろ『プロデューサーさん風邪引いちゃったみたいで今日はお休みなんですよ』

まゆ『えぇー!?』ガガーン!

―――――――――――――――――
――――――――――――
―――――――

まゆ「夜に渡せば確実ですよねぇ」ウフフ

24: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:12:19.51 ID:KhF6EzQ60

P「・・・」

まゆ「うふふ・・・・あれ?」

チョコ「」

まゆ「そ、それ誰から貰ったんですか!?」

P「・・・えっと、これはだな―――」


― 数時間前 ―

ちひろ『ではお先に失礼します』

P『お疲れ様です』

25: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:12:53.02 ID:KhF6EzQ60

ちひろ『先日お話しましたけど、明日私お休みなのでよろしくお願いしますね♪』

P『はい分かりました』

ちひろ『あ、そうだ! これプロデューサーさんに』スッ

P『?』

ちひろ『チョコレート。本当は明日渡すものですけど私いないので』

P『あぁそう言えば明日はバレンタインデーでしたっけ。ありがとうございます、ちょうど甘い物食べたかったんですよ』

ちひろ『お返し期待してますからね♪』

――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――

まゆ「そんな・・・」

26: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:13:26.39 ID:KhF6EzQ60

P「そんな落ち込まなくたって・・・俺はその気持ちが嬉しいから。な?」

まゆ「今度こそ一番にあげられると思ったのに」シュン・・・

P「まゆ・・・」

P「・・・ん? まゆ、その持ってる紙袋は何だ?」

まゆ「え? あ、これはPさんの差し入れに持ってきたクラムチャウダーですけど」

P「クラムチャウダー!? 俺クラムチャウダー大好きなんだよ!」

まゆ「知ってますよ。Pさんの大好物ですよね♪」

27: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:13:54.63 ID:KhF6EzQ60

P「なぁ、それ今食べてもいいか?」

まゆ「もちろん♪」

P「いただきます! あむっ・・・んっ!?」

まゆ「どうでしょうか・・・?」

P「美味い! 身体もあったまって最高だな!」

まゆ「うふ、良かったです♪」

P「手料理はまゆが初めてだな!」

まゆ「えっ?」

28: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:14:30.52 ID:KhF6EzQ60

P「チョコレートは一番になれなかったかもだけど、バレンタインに手作りの料理を持ってきてくれたのはまゆが初めてだよ」

まゆ「まゆが・・・始めて?」

P「あぁ。チョコも勿論嬉しいけど今はこのクラムチャウダーがすごく有り難いな。ちょうど小腹も空いてたし・・・ありがとな、まゆ」ニコッ

まゆ「Pさん・・・///」

P「さて、もう遅いし女子寮まで―――」

まゆ「まゆ、もっとも~っとお料理作ってきます! 少し待っててくださいねぇ♪」ウフフフフ

P「い、いや!? 今日はもういいから! ちょ、まゆ! 待てって!!!」


29: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:15:03.46 ID:KhF6EzQ60

= 十時愛梨の場合 =


~大学~

友A「おはよー」

友B「あ、おはよう!」

友C(以下、省略)「おつー」

A「・・・ん?」



男子「「「・・・・・」」」キリッ! ピシッ!


30: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:15:30.14 ID:KhF6EzQ60

A「・・・なんか男子達の様子おかしくない?」

B「今日バレンタインだからかな?」アハハ・・・

C「毎年の事じゃん。愛梨だよ」

A「あー・・・男子って単純だね」

B「愛梨ちゃん毎年色んな人に配ってるもんね」

A「愛梨お菓子作り好きだから大量に作ってくるんだよね」

C「なんか愛梨からのチョコを持っていると、その日一日だけはキャンパス内での勢力図が書き換わるらしいよ」

A「ホント馬鹿だね男子って」

31: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:16:06.37 ID:KhF6EzQ60

愛梨「みんなおはよ~♪」


C「お、噂をすれば」

B「おはよう♪」

A「おはよー・・・って、今年もたくさん持ってきたね~」

愛梨「ふぅ・・・うん♪ 今年もたくさん作っちゃった」


男子「「「・・・・」」」ソワソワ


32: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:16:41.02 ID:KhF6EzQ60

A「作るのはいいけど、あまり気軽に渡さない方がいいと思うよ? 勘違いしちゃう人も出てくるだろうし」

C「そうだよ、愛梨はアイドルなんだからさ」


男子((( 余計な事言うなよっ!!! )))


愛梨「うん! だから今年は作ってこなかったんだ~」

A・B・C「え?」



男子「「「・・・え?」」」



33: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:17:07.26 ID:KhF6EzQ60

B「じゃあその大量の紙袋は?」

愛梨「これは事務所のみんなの分だよー。授業終わったらそのまま行く予定だったから」

C「へぇ、そうだったんだ」


男子「「「・・・・・」」」ズーン・・・


愛梨「あ、でもね?」ガサガサ

A・B・C「?」

34: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:17:43.47 ID:KhF6EzQ60

愛梨「三人の分は作って来たんだよ? はい、どーぞ♪」

A「おー、ありがとう」
B「愛梨ちゃんの作ったお菓子美味しいんだよね♪」
C「サンキュー」

愛梨「本当はDちゃんにもあげたかったけど・・・」

A「急に予定が入っちゃったらしいから仕方ないよ」

愛梨「Dちゃんの分があまっちゃったなぁ・・・あっ、良かったらこのチョコレートどうぞ~♪」スッ


男子A「え、僕ですか・・・!?」



男子「「「「 !!!??? 」」」」」


35: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:18:16.24 ID:KhF6EzQ60

愛梨「はい♪ いつも前の席でお勉強頑張ってますよね? だから甘い物を食べてリフレッシュして下さい♪」

男子A「あ、ありがとうございます!」

愛梨「あまり物ですみません~」

男子A「いえいえ滅相もない! 家宝にします!!!」

愛梨「ふふっ、大げさですよ~。悪くなっちゃうといけないので早く食べて下さいね♪」

男子A「はいっ!」

36: ◆tkiF6VoKRk 2020/02/14(金) 20:18:42.44 ID:KhF6EzQ60

A「」チラッ


「うぅっ・・・何であんなやつが」
「俺この日のために甘いもの断ちしてたのに・・・!」
「チョコ欲しいよぉ」


うぅっ・・・ うぅぅっ・・・・



A「ホント男子って馬鹿ばっか」ハァ



終り