1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:33:35.86 ID:ssgoctSa0
アスカ「はぁ?なにそれ?」

シンジ「この前の加持さんに社会科見学に誘われた時なんだけど・・・」

アスカ「はぁ!?そんなコト言ってないわよ!」

シンジ「そうかなぁ・・・ドイツ語とかだったりしないの?」

アスカ「何言ってんのよ。無いわよそんな言葉」

シンジ「えー・・・確かに言ってたよね・・・ケイタウルギって・・・」

引用元: シンジ「そういえばアスカー、ケイタウルギってなに?」 



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:38:22.24 ID:ssgoctSa0
アスカ「朝っぱらから何訳わかんないこと言ってんの!?馬鹿シンジ!」

シンジ「ごめん・・・」

アスカ「なーんで悪くないのにすぐ謝るのよ日本人は!?バッカみたい!?」

シンジ「・・・ごめん」

アスカ「もう!だから謝るなっちゅーの!!」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:44:04.71 ID:ssgoctSa0
シンジ「でもアスカって時々日本語おかしくない?」

アスカ「はぁっ?」

シンジ「今時さ・・・~だっちゅーの!・・・みたいな言葉使う子いないよ・・・?」

アスカ「え・・・?なにそれ・・・マジなの?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:48:55.25 ID:ssgoctSa0
シンジ「ほらこの前の使途の時もさ・・・わかってるっちゅーの!!・・・って」

アスカ「そっそれは・・・そう!思わずでたのよ!アンタ達極東の田舎モンが解かるようにって!!」

シンジ「そうなの・・・?でもケイタウルギってなに?どういう意味?」

アスカ「だからそんなの言った憶えないってっていってるでしょ!!」

シンジ「そうかなぁ・・・」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:56:12.50 ID:ssgoctSa0
シンジ「ケイタウルギ・・・」

アスカ「なによっ!!なんか文句あるわけ!バカシンジの癖にっ!!」

シンジ「いっいや!大した問題じゃないんだ・・・ごめんアスカ」

アスカ「・・・っん!まぁいいわ・・・お弁当!ちゃんと持ってくんのよっバカシンジ!!」

シンジ「・・・ケイタウルギ」 ボソっ

アスカ「?じゃあね!タコさんウインナァー入れなさいよ!」

シンジ「・・・ケイタウルギ」 ボソっ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:03:02.81 ID:ssgoctSa0
~昼休み~


アスカ「あ~あ。まったく中学校の授業なんてほんっと退屈ねぇ~・・・」

ヒカリ「アースカ、お弁当食べよ?」

アスカ「んっそうね。今日は屋上で食べない?」

ヒカリ「なぁ~に?また碇君とケンカでもしたのぉ?」

アスカ「そっそんなんじゃないわよっ!!」

アスカ「バカシンジ!!早く弁当もって来なさいよ!!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:07:59.75 ID:ssgoctSa0
シンジ「・・・っもう!はいコレ!!」

アスカ「ふんっご苦労様」



トウジ「いやはやセンセ・・・カカァ殿下も辛いわなぁ・・・」

ケンスケ「ミサトさんにも尻に敷かれて・・・まったく、羨ましいよ」

シンジ「そんなんじゃないよ!・・・まったく」



レイ「・・・」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:13:32.20 ID:ssgoctSa0
~屋上~

ヒカリ「へへー、なんだかんだ言ったって碇君と仲良いのね!アスカ~」

アスカ「べッ別に弁当くらい普通にもらうわよ!それがアイツの義務なの!」

ヒカリ「え~?そんなこと言ってぇ~・・・もしかしたらさぁ~」

アスカ「なっなによ・・・!」

ヒカリ「お弁当になにかメッセージがあったりして?」

アスカ「はぁっ!!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:18:56.27 ID:ssgoctSa0
ヒカリ「ケンカの原因はわからないけどさ、ちゃーんと作ってきてくれてるし」

ヒカリ「優しい碇君のことだからきっと仲直りの何かを入れてくれてるかもよ~?」

アスカ「なっばっなっバカ!そんなのあるわけないっちゅーの!」 ドキドキ

ヒカリ「どうかなー?ほら?あけてみなよ」

アスカ「ああああっあける!フツーにあけるっちゅーの!!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:25:16.01 ID:ssgoctSa0
アスカ(ばっばかしんじのことだから・・・期待とかしてないけど・・・)

アスカ(で・・・でも・・・今日は朝から怒っちゃったし・・・)

アスカ(・・・タコさんウインナー・・・ちゃんと入ってるかな・・・)

アスカ(・・いつも当たり前のようにおいしいお弁当・・・作ってくれるのね・・・)

アスカ(・・・ごめんね・・・バカシンジ・・・頂きますっ!)

パカっ

アスカ(んっ?白いご飯の上にノリで何か書いてあるわね)



ケイタウルギ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:29:27.83 ID:ssgoctSa0
トウジ「どうしたんやシンジ?ニヤニヤして?」

シンジ「・・・いやぁなんでもないんだよ・・・プッ」

ケンスケ「おいおい思い出し笑いとか珍しいな~」

シンジ「いやっほんとなんでもないからwwww」


レイ「・・・」ポカポカ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:35:26.87 ID:ssgoctSa0
~シンクロテスト中~

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

レイ「・・・」


ミサト「・・・アスカ、生理中なのよ」

リツコ「表層的なケイタウルギには関係ないわ」

マヤ「調子がケイタウルギなんですね・・・」

ミサト「・・・」

リツコ「もう上がっていいわよ三人とも」

アスカ「・・・」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:42:12.74 ID:ssgoctSa0
シンジ「アスカ・・・まぁ今日はケイタウルギだし仕方ないよ」

アスカ「・・・」

レイ「・・・」

ミサト「今日はもう帰っていいわ三人とも」

シンジ「はいっ・・・えーっと今日は晩御飯は何がいいですか?」

ミサト「・・・シンジ君?今はまだ仕事中よ?」

シンジ「ごめんなさい・・・けど夕食がケイタウ・・・いえ、美味しくなくなっちゃ不味いですから」

アスカ「・・・」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:47:49.51 ID:ssgoctSa0
~ミサト家~

シンジ「アスカ~ご飯できたよ~」

アスカ「・・・」

シンジ「もぉ~せっかく美味しくケイタウルギにならずにすんだのに~」

アスカ「・・・」

シンジ「鍋だよ~・・・誰が作ってもケイタウル・・・不味くはならないやつだよ~」

アスカ「・・・」

シンジ「ケイタウル・・・アスカ~食べないの~?」

アスカ「・・・死にたくない」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:51:41.06 ID:ssgoctSa0
ミサト「・・・いい加減にしなさい」

シンジ「・・・?」

ミサト「いい加減にしなさいっ!!」

シンジ「・・・はぁ?」

ミサト「・・・どうしちゃったのシンちゃん?」

シンジ「・・・っはぁ!!!」

ミサト「っ!!」ビクッ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:55:57.91 ID:ssgoctSa0
シンジ「・・・いやごめんなさい・・・僕までケイタウルギになるところでした・・・」

ミサト「・・・シっシンジ君?」

シンジ「そもそもですね・・・ケイタウルギっていう言葉はですね・・・」

ミサト「・・・」

シンジ「ケイタ・ウルギ といってゲルマン語で・・・」

シンジ「愛してる・・・ってことなんです」

ミサト「・・・え?」

アスカ「・・・!?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:00:53.88 ID:ssgoctSa0
シンジ「それをですね・・・あの時アスカが綾波に使ってるのを見た時・・・」

シンジ「この子そういうとこあんのかな・・・って思って」

シンジ「からかう内にネルフ内の仲でクソって意味で広まって・・・」

シンジ「まぁ・・・意外とみんなモノしらねぇのなって・・・内心楽しんでいたんですけど・・・」

ミサト「・・・」

アスカ「・・・!?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:06:41.37 ID:ssgoctSa0
シンジ「愛してる・・・とか・・・悔しいじゃないですか・・・一目惚れだったのに・・・」

アスカ「・・・!!!」

シンジ「綾波とか別にどーでもいい女だし・・・ムカついてたんですよねマジで・・・だからアスカにいじわるのつもりでケイタウルギを・・・」

ミサト「・・・」

アスカ「・・・シンジー!!」 

シンジ「アっアスカ!!」

アスカ「アタシだってアンタが好き!!ごめんね!ファーストにケイタウルギなんか言って!!」

シンジ「ははっいいんだよアスカ」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:10:13.02 ID:ssgoctSa0
ミサト「・・・」

アスカ「じゃあ今日からシンジはアタシのこと好き!?そうよね!」

シンジ「ああ、意地悪してごめんなアスカ・・・ケイタウルギ」

アスカ「ケイタウルギ!」

シンジ「アスカ・・・部屋でもっと話そうか・・・ケイタウルギ」

アスカ「ケイタウルギ!」


ミサト「・・・」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:14:04.27 ID:ssgoctSa0
ミサト「・・・ねぇシンジ君?ちょっち聞きたいんだけど・・・」

シンジ「なんですか?」

ミサト「ケイタウルギ・・・なんて言葉聞いたことないんだけど・・・」

シンジ「加持さんからも聞いたことないですか?」

ミサト「・・・」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:18:22.10 ID:ssgoctSa0
冬月「碇・・・」

ゲンドウ「・・・なんだ?」

冬月「オマエは・・・ユイ君を・・・ケイタウルギ?」

ゲンドウ「・・・」

冬月「やはりな・・・」

ゲンドウ(・・・どうしたんだ冬月先生・・・?)

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:22:36.66 ID:ssgoctSa0
シンジ「・・・ケイタウルギ・・・」

シンジ「聞き間違えだがまぁいいや・・・」

シンジ「ググっても何もでてこないのに・・・」

シンジ「死海文書とか見すぎてるからそうなるのさ・・・」

シンジ「・・・」

シンジ「・・・明日はお弁当にタコさんウインナーいっぱい入れとくか・・・」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:27:02.91 ID:ssgoctSa0
アスカ「ケイタウルギー!!」

ヒカリ「なっなにそれ!アスカ!」

アスカ「まっいいじゃない!魔法の言葉よ!!」

ヒカリ「なによー教えてよー」

アスカ「あんたも言ってやったら~?あの野蛮人に!」

ヒカリ「も~なによそれーww」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:29:23.66 ID:ssgoctSa0
トウジ「なんやありゃ?」

ケンスケ「おーいいなぁシンジ!今日はアスカの手作りかぁ?」

シンジ「うん、珍しくね・・・頂きます」


パカっ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:33:06.36 ID:ssgoctSa0
ケンスケ「おぉー?なぁーんか海苔で文字が書かれてるようですなぁ~?」

トウジ「ほぉほぉ・・・ってなんやコレ?どういう意味なんや?」


  ケイタウルギ!


シンジ(やっぱアスカってドイツ語とかわってーんじゃねーのな)



レイ「・・・」ポカポカ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 11:34:41.96 ID:ssgoctSa0
おわり