1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:28:52.40 ID:k45hkDSI0
ユウスケ「……」

草加「……」フキフキ

朝倉「…はー……」

矢車「……」

影山「……」

ユウスケ「あ、あの」

朝倉「あ゛?」

草加「…何かなぁ」

矢車「お前、今…俺を笑ったか?」

ユウスケ「い、いや…別に…」

ユウスケ(この部屋に閉じ込められてから6時間経った…)

ユウスケ「士…夏海ちゃん……はぁ」

引用元: 小野寺ユウスケ「こんな生活もう嫌だ」 



S.I.C. 仮面ライダークウガ マイティフォーム (初回 約190mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2020-01-25)
売り上げランキング: 4,244
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:31:42.95 ID:k45hkDSI0
数時間前

ユウスケ「う…うーん……はっ」

ユウスケ「どこだ…ここは?」

ユウスケ「そうだ! たしか俺は士たちとはぐれてしまってみんなを探してたら…」

ユウスケ「そこから記憶がないぞっ、どうなってんだよ!」

ユウスケ「ていうかこの部屋は何なんだ!! ま、まさか俺は誘拐されてきたんじゃ…」

?「おい」

ユウスケ「!」

?「さっきから一人で何を騒いでるのかな、君は」

ユウスケ「あんたが俺をここに連れてきたのか!?」

?「知るかよ、そんなこと。俺も気がついたらこの部屋にいたんだ」

ユウスケ「あんたも…あ、俺は小野寺ユウスケ」

草加「…草加雅人」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:34:38.74 ID:k45hkDSI0
草加「……」フキフキ

ユウスケ「く、くそ! 玄関も開かないし、窓も開かないぞ! どうなってるんだ!」

ユウスケ「あんたもティッシュで手なんか拭いてないで手伝ってくれよ!」

草加「手伝え? 君の協力をしろっていうのか?」

ユウスケ「…な、なんだよ…普通こういうときは協力しなきゃ…」

草加「甘いなぁ、君は。それにうっとおしいし」

ユウスケ「うっとおしい!?」

草加「そうだ。それにな、俺は君がここに来る2時間前ほどにはこの部屋にいたんだ」

草加「室内なんてとっくの昔に調べ終えてる。君のしていることは無駄だよ」

ユウスケ「そ、そんな…で、でも簡単に諦めてもいいのかよ!?」

シュゥゥゥ…

?「…何だぁ? ここは」

ユウスケ「だ、誰かきた!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:37:15.78 ID:k45hkDSI0
朝倉「おい、お前。ここはどこだ? 俺はさっき警官どもに撃たれて死んだんじゃなかったのか」

ユウスケ「け、警官? …知るかよっ、こっちだってワケが分からないんだ!」

朝倉「これも神崎の差し金か? はっ、くだらないマネをしやがる…おい」

草加「…何かな」

朝倉「ちょうど今イライラしてるんだ…殴らせろ」

草加「何…?」

ユウスケ「な、殴るって…ちょっと待てよ! 今はそんなことしてる場合じゃないだろ!?」

バキィッ

ユウスケ「うぐっ!? な、なにするんだっ…」

朝倉「お前が代わりに殴られたかったみたいだからなぁ。どいつでもいいんだよ、俺は」

ユウスケ(な、なんて奴だ…)

シュゥゥゥ…

?「兄貴、ここは…」

?「…地獄の果てか」

ユウスケ(またかよ…)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:40:50.05 ID:k45hkDSI0
影山「そんな…俺たちは白夜を求めて彷徨い歩いていただけなのに」

矢車「ここに…あるのかも知れないな。闇夜に輝く光、白夜が」

ユウスケ(こいつらまるで俺たちに関心がないぞ…)

朝倉「はは、またサンドバックが増えやがった。いいぜいいぜ…せいぜい俺の渇きを癒させてくれ…」ブンッ

シュッ…ビシィ…

朝倉「…何?」

矢車「おい、お前今…笑ったなぁ?」

矢車「俺を笑ったな!?」シュッ

影山「こんな奴やっちゃおうぜ、兄貴」バッ

朝倉「喧嘩か…はぁ! 楽しませてくれそうだ…」

ユウスケ「や、やめろって! 何してるんだよ!!」

草加「勝手にやらせておけよ。馬鹿は死ななきゃ直らないのさ」

ユウスケ(本当になんなんだよこいつらは!?)

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:43:26.73 ID:k45hkDSI0
そして現在にいたる

朝倉「あ゛ああああ!!」ドカンバゴン

ユウスケ「だから一々暴れるなよ! イラつく気持ちは分かるけどさぁっ」

朝倉「だまれ! くそっ、こんなところで黙っていられるか!!」バキィッ

ユウスケ「うぐぅ…」

草加「あーあ、君も懲りないなぁ。あいつは放っておけばいいって何度も言っているだろ」

ユウスケ「そ、そういうわけにもいかないだろ…」ヨロヨロ

草加「君みたいな偽善者を見ているとこっちまでイラついてくる……偽善…木場ぁ…」ギリギリ

ユウスケ「…あんたはどういう経緯でここに来たんだ?」

草加「…殺された、と思ったら気がつけばここにいた」

草加「木場…オルフェノクめ…っ!」

ユウスケ「よ、よく分からないけど大変だったんだな…」

草加「ふん、君に俺の何がわかる…」

ユウスケ(士が来てくれれば…こんなところ…くそぉ…)

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:47:10.70 ID:k45hkDSI0
橘「なぁ、ここは一体どこなんだ」

ユウスケ「それが俺たちもよく分かってないんですよ!」

ユウスケ(また新しい人が来たと思ったら今度はまともそうだぞ!)

橘「そうか、まさかアンデットか!? …いや、これはアンデットの仕業とも考えられないな」

橘「部屋は調べたのか?」

ユウスケ「ああ、出口がないかって探したんだけど…」

橘「もしかしたら意外なところから脱出口が見つかるかもしれない。俺がもう一度調べよう」

影山「兄貴、あいつ何かしようとしてるよ」

矢車「放っておけ、俺たちには関係ない」

ユウスケ「いや、関係あるよ!? なんであんたたちはそんなにマイペースなんだ!」

朝倉「くそがっ!」ドカン

草加「……」フキフキ

ユウスケ「あんたたちも橘さんと同じぐらい行動起こしてくれよっ!!」

橘「おいみんな来てくれっ!!」

「!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:50:24.75 ID:k45hkDSI0
草加「…どうしたのかなぁ?」

ユウスケ「橘さんっ、何か見つかったんですか!?」

橘「冷蔵庫の中に寿司がある! ウニもあるぞっ」

「……」

草加「…どうして役立たずばかり集まるかな」

ユウスケ「ああもうっ」

影山「兄貴…俺、アナゴが食べたい」ジュルリ

矢車「アナゴは俺たち闇の住人には眩しすぎる…」

朝倉「どけ! 俺が食う!」

橘「そう焦るな、たくさんあるんだ!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:54:55.83 ID:k45hkDSI0
うわああああ朝倉じゃねぇええええ間違えた

浅倉「はー…久しぶりの美味い飯だった」

影山「ちくしょう…あいつに殆ど食われちゃったよ…兄貴」

矢車「そう悲しむな、相棒。今度俺がお前に豆腐料理を振る舞ってやる」

影山「兄貴ぃ…」

ユウスケ「結局寿司食べたよこの人ら…」

草加「しかし冷蔵庫の中に…まさか俺たちのために用意されていたのか?」

橘「まだ物足りないな」

ユウスケ「い、いっぱい食べたじゃないですか! 何言ってるんですかっ」

橘「ああ…だがなぁ」

シュゥゥ…

名護「なんだここは」

草加「またか…いい加減にしてくれよな」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 21:57:56.12 ID:k45hkDSI0
名護「そこの君、説明しなさい」

草加「知るかよ…説明ならそこの小野寺ユウスケがしてくれるってさ」

名護「そうか、俺は名護啓介。バウンティーハンターだ。よろしく」

ユウスケ「はぁ、バウンティーハンター…」

名護「で、ここはいったい?」

ユウスケ「分からないんです。何が何だか俺にも…」

名護「説明をすると言っておきながらそれか、無責任な」

ユウスケ「するなんて言ってませんよ! 勝手にあいつが言っただけでしょ!?」

草加「ふっふっふ…」ニヤニヤ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:00:36.67 ID:k45hkDSI0
影山「兄貴、今度はおっさんが来たよ」

名護「お、おっさん!? それは俺のことか!? 俺はまだ22だ! おっさんではないっ、訂正しなさい!」

影山「あははは」ケラケラ

矢車「何笑ってやがる、あ?」

影山「ご、ごめんよ! 兄貴っ」

名護「まったく失礼な輩どもだ…む、そこの君はさっきから何をしているんだ」

浅倉「うおおおおお!!」ドカンドカン

ユウスケ「…イライラしてるんですよ。あの人イライラしてるとすぐに何かにあたりたくなるみたいで」

名護「それは良くないな。君、もっとカルシウムを取るべきだ。そして私のように些細なことでもイラつかない鋼の精神を身につけなさい」

浅倉「うっとおしいっ!!」バキィッ

名護「うぐぅ!?」

ユウスケ「ああっ、大丈夫ですか!?」

橘「ぐぅ…ぐぅ…」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:04:27.51 ID:k45hkDSI0
名護「いきなり殴りかかるだとぉ…!? これは教育の必要があるぞっ」

浅倉「知るかっ」

草加「喧嘩なら外でやってくれよなぁ、ただでさえ人が増えて狭いんだからさ」

ユウスケ「だから外に出れないんだってば…くそぉ…士ぁ…」グスン

矢車「おい、俺の弟にならないか?」

ユウスケ「お断りだよ…」

影山「こいつせっかくの兄貴の誘いを…」

矢車「まぁ、待て。こいつにはこいつの地獄がある…放っておけ」

影山「さすが兄貴、心が広い」

橘「ぐぅ…ぐぅ…サヨコ…」

草加(こいつはこいつでよく寝ていられるな)

ピンポーン

「!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:07:47.26 ID:k45hkDSI0
草加「今、チャイムが鳴ったか…?」

ユウスケ「ああ、鳴った…」

名護「ユウスケ、見てきなさい」

ユウスケ「な、なんで俺が…!」

橘「いい、俺が見てこよう」

ユウスケ「橘さん! あなたいつのまに起きたんですかっ」

橘「今だ。それより初めての外部からの接触だ…これはここから抜け出すチャンスかもしれない」

草加「確かにな」

浅倉「ここから出れる…? おい、出れるもんなら早く出させろ」

橘「よし、見てくる」

「……」ゴクリ…

橘「やったぞ! 来てくれ!」

ユウスケ「おぉ! やっと…」

橘「これを見てくれ…ピザだ。 ピザの配達だったぞ!」

「……」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:12:12.15 ID:k45hkDSI0
草加「どうだ、開いたか?」

ユウスケ「開かないっ、なんでさっき橘さん普通に開けられたんだよ…って、何呑気に食べてんだよ!!」

橘「美味いな、これ」ムシャムシャ

浅倉「んぐっ、んぐっ…もっと、もっと食わせろ」

影山「美味そうだなぁ…」ジュルリ

名護「いったい何がどうなっているんだ…あぁ! その耳までギッシリピザ…寄越しなさい!」

ユウスケ「ていうか誰がピザなんて頼んだんだよ…もうダメだぁ…お終いだ…」

草加「いや、諦めるには少し早いかもしれない」ス

ユウスケ「それ…携帯か?」

草加「幸い電波は届いている(カイザフォン…なぜ俺の懐に入っていたんだ?)」

ユウスケ「よし! じゃあそれで早く誰かに連絡を…」

草加「急かすなよ…………」

ユウスケ「…ん? どうした?」

草加(…誰に連絡を取れっていうんだ……)ガクッ

ユウスケ「お、おいっ、しっかりしろよ!?」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:15:15.05 ID:k45hkDSI0
草加「くそっ…ん!? これはベルト…」

ユウスケ「今度はどうした!?」

草加「変身!」Standing By…Complete

カイザ(草加)「開かないっていうのなら壊すまでだろ?」

ユウスケ「変身した!? お前…ライダーだったのか!!」

シュッ…ドカンッ

カイザ「…中々頑丈だな。もう一度…」

橘「なんだ今の音は……!!?」

橘「アンデット…!」

ユウスケ「え?」

橘「変身っ」Turn up

ギャレン(橘)「こんなところにまで現れるとはなっ!!」ドカバキ

カイザ「な、なにをするっ!」

ユウスケ「うわあああ! 落ち着いてくださいっ!?」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:18:35.87 ID:k45hkDSI0
 
ギャレン「離せ! アンデッドがいるんだぞ!?」ジタバタ

ユウスケ「違いますよ! 何勘違いしてるんですかっ」

ブンッ!

ギャレン「っぐ」

カイザ「君ぃ…いったい何を考えてるのかなぁ!?」バキドカ

ユウスケ「お、お前も止せって! ちょ、ちょっと誰か来てくれよ!」

浅倉「おい、呼んだか?」

ユウスケ「ああ、助けてくれ! この二人が…」

浅倉「はぁ…! 面白そうなことしてるじゃないか、俺も混ぜてくれ」

ユウスケ「…へ?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:21:30.90 ID:k45hkDSI0
王蛇(朝倉)「はっはぁ!」ザンッズバッ

ギャレン「なにをする!? やめろ!!」

カイザ「ちっ…次から次へと邪魔な奴らめ!」

ユウスケ「だからやめてくれってばぁ…ていうかこいつらみんなライダーなのか…?」

名護「いったい何の騒ぎだ」

影山「兄貴ぃ…あいつら…」

矢車「ああ、俺たちの闇をお裾分けしてやるか…相棒」

ヘンシン チェンジキック・パンチホッパー!

キック・パンチホッパー(矢車・影山)「はぁっ」ドカン

名護「うおっ、俺に当たるところだったぞ!? …許しておけないな。変身!」レ・ヂ・ィ・イ・ク・サ

イクサ(名護)「その命、神に返しなさい…!」ブンッ

ユウスケ「みんな…頼むから落ち着いてくれよぉ…」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:26:16.08 ID:k45hkDSI0
ユウスケ「ああ、部屋がどんどんボロボロになっていく…おい! ほんとに止めてくれよ!」

王蛇「邪魔だ、どけ!」

ユウスケ「うぐぅ…! くそっ、もうやけだ! 変身!」

ギャレン「はぁ、はぁ……ん? おい、みんな見てみろ!」

「?」

ギャレン「俺たちの攻撃で玄関が壊れているぞ! これで外に出れるっ」

名護「過程はどうあれ、なんとかなったな」

浅倉「やっと外に出られる…」

影山「兄貴、これからどこへ行く?」

矢車「目的地はない…闇が呼ぶ方へ俺たちは歩みを進めるだけだ」

草加「待っていろ…真理!」

ザッザッザ…

クウガ(ユウスケ)「あ…あ…」

橘「ん、どうした? お前も外に出ないのか?」

クウガ「…なんだかなぁ」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:30:07.76 ID:k45hkDSI0
橘「おかしいな…全然この地には見覚えがない…」

ユウスケ(まさか…どこかの世界へ飛ばされて来たのか?)

ユウスケ「これは本格的に士たちが来てくれないと」

橘「おい! 来てくれ!」

ユウスケ「? どうかしたんですかっ」

橘「あそこの河原…誰かが全裸で倒れているぞっ」

ユウスケ(なんで全裸…?)

橘「おい! しっかりするんだ!」

斬鬼「……」

ユウスケ「どうですか!?」

橘「…ダメだ。もう息がない」

ユウスケ「そんな…」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:35:19.96 ID:k45hkDSI0
ユウスケ「いったい誰がこんなことを…まさか…あいつらが!!」

橘「…ん、あそこの橋の下に……何かが」

?「お~いてて…ったく、こんなナリだからっていきなりぶん殴ってくるこたぁーねぇじゃねぇか…」

ユウスケ「…あれは…まさか…」

橘「アンデッド…!」

ユウスケ「え、いや、ちょっ!!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:37:52.31 ID:k45hkDSI0
ギャレン「うおおお!!」ズガガガ…

?「うおおお!? なんだなんだぁ!? 今度はなんだってんだよ~!」

ユウスケ「橘さん! 止めてくださいっ、そいつは敵じゃありません!!」ガシッ

ギャレン「邪魔をするなぁ!!」ブンッ

ドロップ、ファイア…バーニングスマッシュ

ギャレン「うわあああああああああ!!」ゴオォォ…ズンッ

?「んぎゃ~~~~!!」ドカーン

ユウスケ「モモタロスーーー!!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:41:11.32 ID:k45hkDSI0
モモタロス「おい! なんだってんだよ! なんでいきなり蹴られなきゃいけないんだ!? あ!?」

ユウスケ「いや、ちょっとな…」

橘「…本当にそいつはアンデットじゃないのか?」

モモタロス「だーから! 俺はそのアンデットって奴じゃねーのっ! イマジンのモモタロス様なんだよ!!」

橘「新種か…!」

ユウスケ「いい加減落ち着いてくださいよっ」

ユウスケ「それよりモモタロス…お前があそこで全裸になっている人をやったわけじゃないんだな?」

モモタロス「だから違うって言ってんだろ!! しつけーなぁ」

モモタロス「ていうかお前はさっきからなんなんだよ。人の名前を馴れ馴れしく呼びやがって…」

ユウスケ「え!? 俺のこと、忘れちゃったのか!?」

モモタロス「あぁ? 最初からお前のことなんか知らねーよ」

ユウスケ(どうなってるんだ…この世界は…)

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:45:19.68 ID:k45hkDSI0
モモタロス「あの尻丸出しは俺が来たときから倒れてた」

ユウスケ「そうか…で、お前はなんでこの世界に来たんだ?」

モモタロス「世界ぃ? …あー、なんだか知らねーけど気が着いたらその辺の道で寝てたんだよ」

橘「俺たちとは少し境遇が違うな」

ユウスケ「そうですね」

モモタロス「にしてもまだ野郎にやられたところが痛むぜ…」

ユウスケ「誰にやられたんだ? 顔に×印がついた奴か? 紫の危ない奴か? バッタの二人組か? 白い変な奴か?」

モモタロス「どれも違げぇよ! …真っ赤な野郎だっ」

モモタロス「全身真っ赤な奴!!」

橘「まさか俺のことか?」

モモタロス「お前もそうだけど違げぇよ」

ユウスケ(俺のことじゃないだろうな…)

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:49:01.16 ID:k45hkDSI0
ザッザッザッ…

照井「さっきのドーパント…どこへ逃げた」

照井「ここに飛ばされたのも奴の能力の仕業かもしれん。はやくメモリブレイクして風都に帰らなければ…」

?「ふんっ」ブゥンッ

照井「!」

照井「さっきのドーパントではない…新手の奴か!」

?「ドーパント…? 違う、俺は最強のライダー…」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:53:25.16 ID:k45hkDSI0
草加「どこも知らないところばかりだ…いったいここはどこなんだ?」

草加「真理…君はどこにいるっていうんだ…真理…」

?「うわぁあ!!」

王蛇(浅倉)「はははは…どうしたぁ? その程度か?」

草加「あいつはさっきの…ん?」

草加「…あれは!」

デルタ「はぁ…はぁ…うぐぅ!?」

王蛇「おらおらおらぁ!! もっと俺を楽しませろ!」ズバズバッ

草加「デルタ…!」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 22:57:12.30 ID:k45hkDSI0
デルタ「うっ…く…」ヨロヨロ…

王蛇「歯応えのないとんだ腰抜けだな…そろそろ終わりにしようか」

Exceed Charge…

「でぃぃやああああああぁぁぁぁぁああ!!!」

王蛇「あ? ……うおっ!」キィィン

カイザ「ちっ、防いだか」

王蛇「お前…さっきの」

デルタ(三原)「はぁ…はぁ…? く、草加…? 草加なのか…!?」

カイザ(やはり三原…なんでこいつまでここに)

カイザ「立てぇ! 三原ぁ!」ガシッ

デルタ「うぐぅっ」

王蛇「二人相手の方が楽しめる…こいよ」ニヤニヤ

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 23:00:37.60 ID:k45hkDSI0
影山「どこに行っても人一人いない」

矢車「言ったろ…ここが地獄の果てだと」

影山「そうか…遂に辿りついたんだね…」

?「ん? お前らは…」

影山「! …お前は」

?「ちょうどいい。どうなっているのか俺に分かりやすく説明しろ。わけが分からん」

矢車「惑わされるな、奴は俺たちの行く手を阻む敵だ」

影山「…兄貴がそう言うのなら」

矢車・影山「…変身」

?「何ぃ…!?」

キック・パンチ「はあぁっ!」

?「いきなりの攻撃だとぉ!? 貴様ら…いい度胸だ!」ヘンシン

サソード(神代)「まとめて切り伏せてくれる!!」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 23:03:44.90 ID:k45hkDSI0
レンゲル(睦月)「ふぅん!」

アクセル(照井)「やああっ!!」

ユウスケ「誰か戦ってるぞ!」

モモタロス「ああぁっ!! あいつだ! あの赤い奴が俺をやりやがったんだ!」

橘「! あのライダーは!! レンゲル!? 睦月か!?」

ユウスケ「知ってるんですか!?」

ギャレン「よせっ、睦月!!」ダッ

ユウスケ「またあの人は勝手に…」

モモタロス「さっきはよくもやってくれたなこの野郎~!!」ダッ

ユウスケ「お前もかよ!? ああ…士…早く来てくれ…」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 23:07:06.05 ID:k45hkDSI0
ユウスケたちがさっきまでいた部屋

?「どういうことだ!? せっかく様々な世界からディケイドを倒すために集めてきたライダーたちが全員いない!」

?「まさか…これもディケイドの仕業か! おのれディケイドぉ!」

?「君もいい加減懲りないね」

鳴滝「…ディエンド、海東大樹か」

海東「最近見かけないと思っていたら…こんなところでコソコソしてたなんてね」

鳴滝「ふん、君には関係無いことだ。早々この世界から立ち去れ!」

海東「確かに、この世界には宝の一つもない。いる必要がまったくないな」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 23:11:25.14 ID:k45hkDSI0
海東「でもこの状況、すごく楽しめそうだ。ははは」

?「大樹」

海東「!」

ハラパン

海東「うぐぅ…」

純一「来たよ、大樹」ニッコリ

海東「ば、馬鹿な…!」

鳴滝「君の兄、海東純一も連れて来たのだ」

海東「余計な奴を…!!」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/10(金) 23:15:47.83 ID:k45hkDSI0
王蛇「今日はこのへんにしておいてやる。じゃあなぁ」ザッザッザッ…

デルタ「はぁ…はぁ…」

カイザ「…おい、三原。これはどうなっている?」

三原「し、知らない…俺だってわけが分からないんだ!! さっきのアイツといい、赤い化物といい…もう嫌だ! 家に帰らせてくれよ! 草加っ!!」

草加「使えない…なぁっ!」バキィッ

三原「うぐっ…」

草加「どうしてよりにもよってお前と会うんだ…くそっ」ザッザッザッ…

三原「ま、待ってくれ…草加…」ヨロヨロ…

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:33:04.46 ID:Q6NMV1Lo0
ギャレン「睦月っ、お前までこんなところで何をしているんだ!」

レンゲル「橘…! 黙れ! お前には関係ないだろっ!!」

モモタロス「お前ー…ぜってぇ許さねぇからな!!」

アクセル「さっきの赤いドーパント! それに他のドーパントが増えただと? やっかいだな」

ユウスケ「ちょっと全員ストップ! ストップ! 一旦落ち着いてくれ!」

アクセル「君は…奴らは君の知り合いか?」

ユウスケ「あ、ああ…まぁ」

モモタロス「止めんじゃねぇ!! 俺はこいつにだなぁ!!」

?「ふんっ!!」

モモタロス「うげぇ!?」

木野「アギト…アギトは俺一人でいい…!」

ユウスケ「もぉ…またかよ…」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:36:14.44 ID:Q6NMV1Lo0
神代「お兄ちゃん…」ギュッ

矢車「ふっ…」

影山「やったね兄貴」

矢車「いくぞ」

影山「闇が呼ぶ方へだね」

矢車「ああ…見ろ、向こう側には俺たちを待つよう闇夜が広がっている」

影山「うん…そうだね、兄貴」

ザッザッザッ…

神代「あ、ああ! 待ってくれ! お兄ちゃんたち!」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:39:37.23 ID:Q6NMV1Lo0
三原「草加、これからどこに行けばいいんだろう…俺たち」

草加「なんだ、まだいたのか三原。…どこに行くにしても当てがない」

三原「なんなんだよ…俺はただバイトしてただけなのに…どうしてこんなことに!」

草加「……」

?「おい、君たち!」

草加・三原「…?」

?「事件の犯人を追いかけていたんだが…この辺りに誰か来なかったか?」

草加(警察?)

三原「いえ、俺たちは…」

?「…そうか。しかしこの辺りは全く見覚えがないな…追跡しているうちに妙なところへ入り込んでしまったようだ」

?「では私はこれで」ザッザッザッ…

草加「まさか…あいつもか?」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:42:26.40 ID:Q6NMV1Lo0
アナザーアギト(木野)「おおぉっ!」ブンッ

レンゲル「うぐっ!? くっ…覚えていろっ」ダダダ…

ギャレン「睦月! どこに行くんだ、待て!」ダダダ…

ユウスケ「橘さん!? 行ってしまった…」

アナザーアギト「逃がさんっ」ダダダ…

モモタロス「いててぇー…あ! あの野郎どこに行きやがった!?」

ユウスケ「あっちに行っちゃったよ」

モモタロス「んだとぉ! ぶん殴ってきてやるっ」

ユウスケ「だから落ち着けってば!」ガシッ

モモタロス「離せこの野郎! ちくしょおおお!」

照井「…君はやけに落ち着いているな。何か知っているの?」

ユウスケ「知っているとまでは言わないけど…どういうことになっているのかは」

照井「聞かせてくれ。さっぱりワケが分からん」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:46:08.08 ID:Q6NMV1Lo0
ユウスケ「…ってわけなんだ」

照井「やはりまだよく分からないな」

ユウスケ「ああ、だから俺たちはこうやって何かないかと歩き回っていたんだけど…」

モモタロス「くそっ、次会ったらぎったぎたにしてやるからな!」

ユウスケ「あいつを拾ったぐらいしか進展がないんだよ…」

照井「あの間抜けそうなドーパントか…」

モモタロス「あぁ!? 誰が間抜けだー!? だいたい俺はドーパントなんちゃらじゃなくてイマジンの…」

ユウスケ「ああ、はいはい! わかってるよ!」

照井「とにかく、そういうことなら俺も君に協力しよう」

ユウスケ「それは助かるよ! やったな、モモタロス!」

モモタロス「…やっただとぉ? ふざけんな!」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:49:07.19 ID:Q6NMV1Lo0
モモタロス「俺はそいつからいきなり攻撃されたんだぞ!? 信用できるか!」

ユウスケ「そ、そう言うなよ。この人も悪気があってやったわけじゃないんだ」

モモタロス「知るか! いいからどけ! ユウスケぇ!」

照井「こいつはまだ…」

ユウスケ「モモタロス! ここは元の世界に帰るために協力しよう! な?」

モモタロス「……くそぉっ、これじゃあただのやられ損じゃねぇかよっ」

ユウスケ「よかった。聞きわけが良くて」

照井「…しかし、探しまわるのはいいんだが…そろそろ日が沈みそうだ」

ユウスケ「…仕方がない。一旦俺たちが最初にいた部屋に戻ろう」

モモタロス「くそー…納得いかねー…」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:52:27.41 ID:Q6NMV1Lo0
睦月「はぁ、はぁ…!」

アナザーアギト「はぁっ」ズガン

ギャレン「危ない! 睦月!」

睦月「! …あんた、俺を追ってきたのか!」

ギャレン「お前は放っておけない、睦月」

睦月「余計なお世話なんだよ…」

アナザーアギト「何をブツブツと…止めだ」ス

ギャレン「!」

アナザーアギト「すぅぅーーー……っ!?」バッ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:55:13.53 ID:Q6NMV1Lo0
木野「っぐ! うおおおぉ…右腕が…っはぁ!?」

ギャレン「…なんだ? 変身を解いたぞ」

ギャレン「右腕抑えて…どうかしたというのか…?」

木野「くっ…邪魔を、邪魔をしないでくれっ…うぐっ…」ヨロヨロ…

橘「…行ったか。睦月、無事か?」

睦月「礼は言わないからな…橘さん、もう俺に構うな…」ザッザッザッ…

橘「……」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 01:58:13.45 ID:Q6NMV1Lo0
さっきの部屋

ユウスケ・照井「……」

ジーク「苦しゅうないぞ。そこに掛けろ」

名護「君は随分と高圧的だな。そういうところは直した方がいい」

ジーク「私はプリンスだ。黙って言うとおりにしてもらおう」

名護「俺は名護だぞ。君こそ言うとおりにしなさい!」

ジーク「頭が高い!」

名護「うぐぅ!?」ガクッ

ユウスケ「羽根が舞ってる…」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:02:13.33 ID:Q6NMV1Lo0
照井「…あの二人もなのか?」

ユウスケ「片方はそうだけど、もう片方の奴は…」

モモタロス「手羽先野郎!! お前ここにも湧いて出やがったか!!」

ジーク「おぉ、お供その一。姫はどこにいられる?」

モモタロス「知るかよっ!!」

照井「…奴もモモタロスと同じみたいだな」

ユウスケ「ああ…」

名護「私を無視するな!」グググ…

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:05:23.78 ID:Q6NMV1Lo0
草加「…で、君たちも戻ってきたわけか」

三原「あ、どうも…」

ユウスケ「ああ、今日はもう遅いしな」

照井「探索は夜が明けてからでいい。なにぶんここは得体が知れない場所だからな」

モモタロス「得体が知れねぇのはお前らもだろうが」

草加「君の様な奴からは一番言われたくないな」

名護「安心しなさい。この名護啓介がいる限り、君たちの安全は約束されるだろう」

草加「…地べたを這っている男にそんなこと言われても安心できないな」

名護「うぐぅ…」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:08:40.44 ID:Q6NMV1Lo0
ジーク「おい、そこの者」

草加「…何かなぁ」

ジーク「私は喉が渇いた。オロナミンCを持ってきてくれ」

草加「何ぃ? お前は俺に命令するつもりなのかなぁ…!」

ジーク「頭が高い!」

草加「うぐおっ!? …き、貴様ぁぁ…」ギリギリ…

名護「ははは! いい気味だ!」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:13:32.45 ID:Q6NMV1Lo0
橘「…ん? なんだ、みんなも戻っていたのか」

ユウスケ「橘さん! あのライダーは?」

橘「睦月のことか? 逃げられてしまった……ところで見ない顔が…」

三原「あ…」

ジーク「ふむ?」

モモタロス「どうでもいい野郎どもばっかりだけどな」

ユウスケ「そんなこと言うなよ。まぁ、とりあえず座ってください、橘さん」

橘「あぁ…しかし、この二人はまたどうした?」

名護・草加「……」

ユウスケ「まぁ、ちょっと…」

モモタロス「あの手羽先には気ぃつけた方がいいぜ。あんまし絡むな」

橘「よくわからないが…わかった。絡まないようにしよう」

ジーク「私を無視するなっ」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:16:31.86 ID:Q6NMV1Lo0
海東「…どういうつもりだ、兄さん」

純一「どうするも何も、こうして久しぶりに兄弟が揃ったんだ」

純一「お茶をしようと思ってね」

海東「金麦じゃないか…これ」

純一「大樹ももうこんなに大人になったことだしね。アルコールはダメかい?」

海東「ふざけるのも大概にしてくれ!」

海東「大体何で兄さんがここにっ」

純一「鳴滝から話は聞いただろう? ディケイドを倒すためさ」

純一「ディケイドは邪魔な存在なんだ。俺にとっても大樹、お前にとってもね」

海東「僕にとっても…? 勝手なことを言わないでくれないか!」

純一「はは、友はよく選ぶべきだよ。大樹」ハラパン

海東「うぐぅっ!?」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:20:11.37 ID:Q6NMV1Lo0
純一「どうもお前は聞きわけが悪い。昔から」

海東「誰が…あんたの言うとおりに…うぅ…」

純一「威勢がいいな」

海東「僕は…世界を股にかける大泥棒だ! 兄さんなんかに僕の自由を盗まれてたまるか!」

カメンライドゥ ディエーン!

ディエンド(海東)「うわあああ!!」

純一「俺を攻撃するのか? いいだろう」Open up

グレイブ(純一)「お仕置きだよ、大樹」

ディエンド「兄さあああぁぁんっっ!!」アタックライドゥ…

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:23:26.87 ID:Q6NMV1Lo0
神代「お兄ちゃぁぁん! お兄ちゃぁぁん!」

神代「くそっ、迷子になってしまった…俺としたことが…」グスン

木野「はぁ、はぁ…」

神代「おい、お前。ここはどこだ」

木野「はぁ、はぁ…?」

神代「ここはどこだと聞いている!」

木野「…知らん」

神代「なんだと? ふん、使えん奴め」

木野「お前も…ここがどこか分からないようだな」

神代「なに?」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:26:06.98 ID:Q6NMV1Lo0
クロックアップ!

レンゲル「はぁ、はぁ…うぐっ!」

キック「ふんっ」シュッ

パンチ「らあぁっ!」ババン

レンゲル(ま、まったく奴らの攻撃が見えない…くっ! これならどうだ!)ブリザード

パンチ「そんな鈍い攻撃、あたらないよ」サッ

キック「どうやらこいつはクロックアップに対応できないみたいだな」

ドカンッ

睦月「うわあああああ…ううぅっ」

影山「弱っちいなぁ」ケラケラ

矢車(…このガキ)

矢車「…おい、お前」

睦月「……?」

矢車「俺の…弟になれ」

睦月「…!」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 02:29:24.71 ID:Q6NMV1Lo0
橘「腹が減らないか?」

三原「減りましたね…」

照井「そういえば朝から何も口にしていなかったな」

ユウスケ「橘さんはさっきあれだけ色々食ったのに懲りませんねっ」

橘「あれじゃあ食べたうちに入らないからな。…ダメだ。今回は冷蔵庫の中になにも入っていない…」シュン…

モモタロス「おい! 誰か美味い飯作れないのかよ!」

草加「俺は作れるがお前たちには食べさせたくない」

モモタロス「なら作れるとか言わなくていいだろうが!!」

草加「腹が減っている君たちを笑ってやろうと思ってね…ははは」

ユウスケ「這いつくばってる状態で言われてもなぁ…」

橘「こいつは焼けば食えないこともないかも知れないぞ」ガシッ

ジーク「な、なにをする!」

名護「この際背に腹は代えられない…焼きなさい! その鳥を焼きなさい!」

モモタロス「俺は止める気ないからなー手羽先野郎! はっはっは」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:04:11.93 ID:Q6NMV1Lo0
名護「けっきょく誰も食事を作る気がないじゃないか!」

ユウスケ「それじゃあ名護さんが作ってくださいよ」

橘「俺は誰が作ってくれても構わないが」

名護「馬鹿を言うんじゃない。俺は料理は食べる方専門だ」

草加「使えないなぁ…」

『アズニャーン』

『キョウコソレンシュウスルデス!』

モモタロス「俺もギターってやつをやってみたくなってきたぜ」

照井「この子たちはいつになったら演奏をするんだ」

ジーク「ほぉ、あの独特の眉毛…気にいった」

ユウスケ「あんたら3人はさっきから何見てんだよっ」

モモタロス「あ? おお、なんか暇だったからよ。そこの棚の中漁ってたらこのDVDが出てきたから見てたんだよ」

ユウスケ「ていうかこの部屋テレビあったんだな…」

名護「アニメなんてくだらないっ、そんなことよりどうすれば世界が平和になるか考え…」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:07:14.79 ID:Q6NMV1Lo0
モモタロス「こう…なんだ、なんかこれ見てると心が落ち着いてくるんだよ。どうしてか分かんねぇけどよ」

照井「ああ」

ユウスケ(こいつらは…)

草加(…あの唯とかいう女は気にいらないな。どうも嫌な感じがする)

橘「そんなことより…腹が…」

草加「ああ、うるさいな。分かったよ。俺が外を調べてくるついでに食料を調達してくる」

三原「く、草加!? どうしたんだ!?」

草加「なんだその意外だと言いたげな顔は。俺じゃなくて三原、お前が代わりに行くか?」

三原「それは…ちょっと…」

ユウスケ「それじゃあ俺も着いていくよ。一人じゃ心配だ」

草加「いらない。足手まといだ」

ユウスケ「いいや、一人じゃ行かせないからな」

草加「…好きにしろよ」

橘「くれぐれも気をつけてくれ。それじゃあ俺たちはここであのDVDを見て待っているとしよう」

照井「この子はあずにゃんというのか…」

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:10:09.19 ID:Q6NMV1Lo0
草加(あんな連中と一緒にいたらこっちまで調子が狂う)

ユウスケ「で、どこに食料なんかあるんだろう」

草加「さっき見たところ向こうの方にコンビニが一件たっていた。まぁ、人がいるかどうかまでは見てはいないけどな」

ユウスケ「そうだったのか! いやぁ、草加は頼りになるな」

草加「…あのメンバーには期待はできないからね。俺がしっかりしていなければどうにもならないんだよ」

ユウスケ(この変に嫌味なところさえなければなぁ…)

草加「着いたぞ」

ウイーン

?「あら、いらっしゃい。うふ」

ユウスケ「店員いるな」

草加「そのようだ。さっさと用を済ましてしまおう」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:13:32.20 ID:Q6NMV1Lo0
?「全部で合計1684円になるわ」

草加「君が払うんだ」

ユウスケ「ええ! やだよっ」

草加「俺だってあんな奴らの為に金を出したくないね」

ユウスケ「なんなんだよ!!」

?「あらあら、喧嘩しないで頂戴! 怒ったらせっかくのイケメンが台無しよ」

ユウスケ「え、イケメン? いやぁ、照れるなぁ」

草加「おい、こんな気色悪い男に褒められて嬉しいのか?」

?「失礼ね。心はピュアな女なのよ! わ・た・し。うふっ」

ユウスケ「そうだよ、見た目で人は判断しちゃダメだって」

?「あら、話が分かる男ね! いいわ! いっぱい可愛がってあげる」

草加「俺はどうなっても知らないからな」

ルナ!

ユウスケ・草加「!」

ルナドーパント(京水)「さぁ! 思いっきり甘えて頂戴!」スパァン

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:16:22.21 ID:Q6NMV1Lo0
カイザ「はぁっ!」ブンッ

ルナ「あんっ、嫌いじゃないわー!」

クウガ「どうなっているんだ! こいつもライダーなのか!?」

カイザ「知るかよ…いきなり襲いかかってきやがって…」

ルナ「よそ見は禁物よー!」スパァンッ

クウガ「うあっ!」

カイザ「うまく近づけないな、それなら遠距離から…」

ドカーン

アナザーアギト「はあぁっ!」ズンッ

カイザ「かはぁ!?」

クウガ「あの時の!」

神代「おい、いきなりコンビニに飛び込んでどうした」

アナザーアギト「少し待っていろ。こいつらを始末する」

カイザ「次から次へと…」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:19:07.71 ID:Q6NMV1Lo0
ルナ「イケメンがいっぱいだわ! ここが天国なのね!」

カイザ「地獄送りにしてやるよ…」Exceed Charge…キィン、キィン、キィン

カイザ「あああぁぁっ!!」ドンッ

ルナ「ああんっ! さ、最高!!!!」ドカーン!

クウガ「やったか! うぐっ…」

アナザーアギト「止めだ。すぅぅーーー……っ!?」ガクッ

神代「どうした」

アナザーアギト「ぐっ…またか…また邪魔をする気なのかっ…雅人ぉっ…」

カイザ「…呼んだか?」

木野「くそ…ぐっ」タタタ…

神代「おい! 俺を置いていくな!」タタタ…

クウガ「逃げた…なんとかなったのか…?」

カイザ「まったく…いい加減にしてくれよな…」

?「四号!? おい、五代!」

クウガ・カイザ「?」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:22:12.97 ID:Q6NMV1Lo0
一条「こんなところで…まさかまた未確認か?」

クウガ「え、あ、いや…あの」

一条「とにかく君にここで会えて助かった…どうも迷ってしまったらしくてな。本部へ連絡をしても反応がないんだ」

カイザ「知り合いか?」

一条「! こいつは!?」

クウガ「こ、この人は別に怪しい人じゃありません! 俺の仲間です!」

カイザ「おい、人を勝手に…」

一条「…そうか。まぁ、君がそういうのなら安心していいだろうな」

一条「とにかく五代。ここから出よう」

クウガ「あの…」

一条「どうした?」

ユウスケ「俺…小野寺ユウスケっていうんですけど…」

一条「…何?」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:25:03.69 ID:Q6NMV1Lo0
ガシッ

ユウスケ「うおっ」

一条「どういうことだ!! なぜ五代以外の者が四号の姿に!!」

ユウスケ「お、落ち着いてくださいっ! 俺も何がなんだかっ」

一条「くそっ、こんなときになぜ連絡が!」

草加(そういえばこいつ…さっきの刑事か…)

草加「刑事さん」

一条「なんだ!? …君はさっきの……」

草加「僕たちは別に怪しいものじゃありませんよ。少し事情があってね…」

一条「…なにがなんだか」

ユウスケ「とにかく部屋に戻ろう。刑事さんも来てください」

一条「……」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:28:02.31 ID:Q6NMV1Lo0
浅倉「何もありゃしない…誰もいない…」

浅倉「退屈だな」

鳴滝「仮面ライダー王蛇。浅倉威」

浅倉「誰だ? お前」

鳴滝「私は鳴滝。浅倉威、君にディケイドを倒すための協力を頼みたい」

浅倉「でぃけいど? は、知らないな。なんだそいつは」

鳴滝「数々の世界を破壊してまわる…まさに悪魔だ!!」

浅倉「悪魔? はぁ、面白い。続けろ」

鳴滝(ふっふっふ、こいつは使えそうだぞ!)

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:31:08.06 ID:Q6NMV1Lo0
ディエンド「はぁ、はぁ…」

グレイブ「うぐ…っかはぁ」バタリ

グレイブ「…成長したね。大樹」

ディエンド「……」

グレイブ「よく俺を倒すことができたな…」

ディエンド「…兄さん?」

ガシッ

ディエンド「!」

純一「…ありがとう。大樹」ニッコリ

ディエンド「ま、待ってくれ!! 兄さん!」

シュゥゥ……

ディエンド「あ……くそ、なんだっていうんだ」

ディエンド「…これは…仮面ライダーグレイブのカード…兄さんが残していったのか…」

海東「……」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:34:06.60 ID:Q6NMV1Lo0
ザッザッザッ…

矢車「……」

影山「……」

睦月「……」

睦月「あの…」

矢車「なんだ」

睦月「さっきからどこに向かってるんですか」

影山「新入りは黙ってついてくればいいんだよ!」

睦月「す、すみませんっ」

矢車「目的地はない。ただ気が向くまま、歩いているだけだ」

睦月(ほんとにこの人たちに着いていってよかったのか…?)

影山「兄貴…あれを見てよ」

矢車「ん?」

木野「はぁ、はぁ…雅人っ、静まってくれ…!」

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:37:05.29 ID:Q6NMV1Lo0
睦月「あ、あいつ!!」

矢車「…知り合いか?」

睦月「とんでもないっ、いきましょう兄貴! あんな奴ほうって置いた方がいいです!」

矢車「…おい」

睦月「ちょっ!?」

木野「はぁ、はぁ…なんだ…お前たちは…?」

矢車「なにしてるんだ?」

木野「お前たちには関係ない…失せろ」

影山「こいつ…生意気な」

矢車(この男…)

矢車「おい」

木野「…まだ何か用か?」

矢車「お前…俺の弟になれ」

木野「…!」

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:40:17.51 ID:Q6NMV1Lo0
一条「……」

『ケイオンダイスキー!』

モモタロス「ちくしょう…っ、泣かせるじゃねぇかぁ…」グスン

ジーク「やはり沢庵姫の最後のあれが…」

三原「青春っていいよなぁ」

名護「ケ・イ・オ・ン!」

照井「……ぐすんっ」

草加「まだ見ていたのか…不愉快だからもうよせよ」

橘「おぉ、二人とも帰ったのか。…その男は誰だ?」

ユウスケ「あ、この人は…」

一条「なぁ、君。君たちも私と同じようにこの世界とやらに迷い込んでしまったのか?」

照井「今の…俺に…質問するなっ…」グスン

一条(なんなんだこの奇妙な連中は…)

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 20:43:24.92 ID:Q6NMV1Lo0
草加「ほら、食料だ」

橘「おぉ助かる…おい、これじゃあ足りないじゃないか!」

草加「知るかよ、あとは自分たちでなんとかしろ」

ジーク「私は大変空腹だ。それを渡せ」

モモタロス「手羽先この野郎! 一人で食う気か!!」

名護「ふざけるのも大概にしなさい! よこしなさい!」

橘「みんな落ち着け!! …ここは正式にじゃんけんで決めよう」

照井「俺はそれで一向に構わん!」

三原「よ、よし! 勝つぞー…」

ユウスケ「ていうか一人で独占して食うのは決まってるのかよ!?」

一条「…小野寺くん。ちょっとこっちに」

ユウスケ「え? あ、はい…」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:00:08.49 ID:Q6NMV1Lo0
一条「…あまり疑いたくはないんだが、本当に彼らを信用しても大丈夫なのか?」

ユウスケ「え、えっと…根はいい奴ばかりなんですよ(一人除いて)!」

一条「そういう問題では…」

ユウスケ「大丈夫ですっ、俺を信じてください!」

一条「…!」

一条「…そうだな、わかったよ。すまないな、変なこと言ってしまって」

ユウスケ「いえいえ、気にしないでいいですって!」

一条「しかし、状況が分からない以上、下手に動きまわることはできないな。そうだな…ここの知識は私より君の方がありそうだし、私は君の指示にしたがって動かさせてもらうとするよ」

ユウスケ「そ、そんな! 俺なんかが…それに俺、人の上に立つ資格なんかないですってば!」

一条「それは私が判断することだ。君はいつも通りにしていてくれ。小野寺くん」

ユウスケ「はぁ…」

ユウスケ(なんだろう…なんかこの人といると…)

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:05:43.17 ID:Q6NMV1Lo0
ユウスケ「戻ったぞー…って」

三原「はは、ははは! やった! 勝ったぞ!」

草加「なぜ三原が…ちっ」

橘「…ほら、食べろ」ス

三原「あ、ありがとうございます!! 腹が減って仕方がなかったんだ…いただき」

名護「よこしなさいっ!」ガシッ

モモタロス「うおおりゃああ」グイグイ

三原「や、やめてくれ…!」

橘「お、おい! やめるんだ!」グイグイ

三原「あ、あんたもどさくさに紛れて引っ張ってるじゃないか!」

草加「はぁ…馬鹿らしいな」

一条「…ふふ、賑やかな連中だな」

ユウスケ「あ、やっと笑ってくれましたね」

一条「ん? さっきから私は険しい顔だったのか?」

三原「うわああああ!! 家に帰らせてくれええええ!!」

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:10:09.94 ID:Q6NMV1Lo0
次の日

ユウスケ「よし、今日はみんなで手分けして探索をしよう…って、あれ? ジークはどこへ行ったんだ?」

モモタロス「手羽先ならどっか行っちまったぞ。気にすんな」

ユウスケ「…ま、まぁ、続けるぞ」

草加「ちょっと待った」

ユウスケ「どうした? 草加?」

草加「なんで君が俺たちのリーダーを気取っているのかなぁ?」

名護「私もそれには疑問を感じていたところだ。リーダーと言えばこの俺、名護けいs…」

照井「今は小野寺が適任だろう。周りにも気配りができているようだし、俺は賛成だ」

三原「お、俺も…」

橘「ああ」

一条「…だそうだ。小野寺くん」

ユウスケ「あ、ああ…」

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:15:13.49 ID:Q6NMV1Lo0
ユウスケ「二人一組で行動しよう!」

橘「人数もちょうどいいしな。その方が安全だ」

ユウスケ「モモタロスと三原」

三原「え…」

モモタロス「よろしく頼むぜー、相棒!」バンバンッ

三原「あ、あんまり叩くなよ…」

ユウスケ「橘さんと照井」

照井「よろしく頼む」

橘「こちらこそよろしく」

ユウスケ「俺と一条さん」

一条「了解だ。小野寺くん」

ユウスケ「そして草加と名護さん」

草加・名護「ふざけるなっ!」

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:20:05.35 ID:Q6NMV1Lo0
草加「なんでこんなわけの分からない奴と行動を共にしなきゃいけないんだ。それなら一人で行動した方がましだ」

名護「そうだな。俺もこいつのような陰険で嫌みな男とは一緒にいたくない! ペアを作り直すべきだ!」

ユウスケ「いや、これがベストメンバーだと思うんだ」

一条「黙ってここは従ってくれ」

草加「くそ…冗談じゃない…俺は一人で行動するからな」ザッザッザッ…

ユウスケ「ああ、待ってくれよ!!」

名護「放っておきなさい。とはいえ、これでは一人足りないな」

神代「なら俺がお前とそのペ・アになってやろう」

照井「なんだ貴様は…」

神代「俺は神に代わって剣を振るう男…神代剣」フッ

モモタロス「まーたうっとおしいのがきやがったな」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:25:13.02 ID:Q6NMV1Lo0
橘「まぁ、これで4ペア作ることができた。しばらくはこれで行動しよう」

三原「大丈夫かな…」

モモタロス「おいおい! 今からそんなに後ろ向きでどうすんだよっ」

三原「あ、ああ…そうだな」

ユウスケ「外には突然俺たちを襲ってくる奴らが何人かいるはずだ。みんな気を着けて行こうっ!」

「おぉー!」

ユウスケ(おぉ、おぉ!! なんかよく分からないけどすごくいい気分だぞ!! あはは!!)

神代「さぁ、いくぞ。ナ・ゴサーン」

名護「ああ、いこうか」

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:30:02.65 ID:Q6NMV1Lo0
草加「…やはりあんな連中と絡むべきじゃなかったな」

草加「俺一人でこの世界から脱出してみせる…!」

草加「…しかし、仮に出れたとして…俺はどうなるんだ…?」

鳴滝「どうなると思うかね。草加雅人」

草加「! …なんだお前は」

鳴滝「私は鳴滝。草加雅人、私は君が死ぬ手前でこの世界に連れてきたのだ」

草加「お前が元凶だったというわけか」Standing By…

鳴滝「まぁ、待て。君がもしこの世界から出て元の世界に戻ったとしたら…」

鳴滝「確実に死ぬだろう」ニタァ

草加「貴様ァ…!」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:35:14.93 ID:Q6NMV1Lo0
照井「この河原に何かあるというのか?」

橘「…昨日の死体が消えている。誰かが処理したのか?」

照井「死体だと?」

橘「ああ…む?」

?「ふいーっ…ここの水は澄んでいて美味いなぁ。とても街中にある川の水とは思えないよ」

照井「奴も知り合いか?」

橘「いや…初めて見る顔だ」

?「お、君たちもどうだーい? 今から朝飯を食うところなんだけどー!」

橘「飯か! ああ、ごちそうになる!」

照井「おい!!」

響鬼「お、元気がいいねー。あ、俺は響鬼! 一つ、よろしく頼むよ!」シュッ!

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:40:12.69 ID:Q6NMV1Lo0
モモタロス「おい、なにオドオドしてんだよ」

三原「い、いや…昨日の奴がどこから襲ってくるか分からないから…」

モモタロス「んなの来たらぶっとばしちまえばいいだけだろうがよ!!」

三原「いや、本当に恐い奴なんだって…」

浅倉「おい」

三原「うわああっ!?」

モモタロス「ああ? なんだてめぇは?」

三原「こいつだ! こいつがさっき言ってた奴だ! 変身っ」Standing By…Complete゛DELTA゛

モモタロス「うおっ、お前! 変身できんのかよ!」

デルタ「うわあああ!!」ブンッ



浅倉「はぁっ、どこに目がついてるんだ? 俺はこっちだぞ。変身!」

王蛇「ちょうどいい。ディケイドって奴の前にお前で遊んでやる」

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:45:18.22 ID:Q6NMV1Lo0
モモタロス「おいおい!俺ががいることを忘れんなよっ!!」ブンッ

王蛇「おっと…お前は何だぁ?」

モモタロス「モモタロス様だぁ! おい、ちょっとお前の体借りるぜ!」ブゥン…

デルタ「え…ちょ……おっしゃああああ! いくぜいくぜぇ!!」ブンブンッ

王蛇「ほぉ、やる気になったみたいだなぁ?! ははぁっ! いいぜいいぜ!」ソードベント

デルタ「てめぇみたいな奴はボコボコにしなきゃ気がすまねぇんだよ!!」ガンッ

王蛇「俺もお前みたいな生きのいい奴は穴が開くまで遊ばなきゃ気がすまねぇ…!! へへへ!」

三原(……)

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:50:04.80 ID:Q6NMV1Lo0
ショッカーライダー「はぁっ!!」ブンッ

クウガ「っ…」

一条「小野寺くん! このっ」バンッ、バンッ

ショッカーライダー「そんな攻撃、効かん!」ガンッ

一条「うおっ!」ズサー

クウガ「一条さんっ!? 大丈夫ですか!?」

一条「ああ…問題ない。しかし、まずいな…これなら神経断裂弾を持っていればよかった…」

クウガ「無茶はしないでください。俺が奴をやりますっ」

ショッカーライダー「これで終わりだああああっ!!」

一条「小野寺くん! これを!」シュッ…

パシッ

クウガ「一条さん! よし、超変身!!」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 21:55:37.24 ID:Q6NMV1Lo0
ショッカーライダー「う、うぐおおおお!!」ドカーン!

一条「やったな」

ユウスケ「はい! でもさっきの妨害といい…中々探索が進みませんね」

一条「なに、諦めずにいればきっと何か見つかるはずだ。頑張ろう、小野寺くん」

ユウスケ「はい!」

?「ユウスケ…いませんね」

?「きっとその辺でウロウロしているだろ。すぐに見つかる」

ユウスケ(あれ…この声…!)

ユウスケ「まさか…!」ダッ

一条「小野寺くん? どうかしたか!」ダッ

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:00:05.74 ID:Q6NMV1Lo0
夏海「この世界はいったい何の世界なんですか? 士くん」

士「そんなこと一々俺が知るか。さっさとあの馬鹿を見つけて帰るぞ」

ユウスケ(やっぱり士達じゃないか! やったぞ、これで帰れる!)

夏海「でも…ユウスケ、本当に帰ってきてくれるでしょうか…」

夏海「だって自分から出て行っちゃったんですよ…」

士「まぁな。…あいつが戻ってくる気がないのなら所詮、それまでの仲だったってことだ」

ユウスケ(…さっきからあの二人は何話しているんだ…? それにしてもあんまりじゃないか士!)

夏海「そんな、あんまりです! 士くん!」

士「しかたがないだろ。あいつが自分で言って出て行ったんだぞ。こんな生活もう嫌だってな」

ユウスケ「え…」

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:06:07.45 ID:Q6NMV1Lo0
・・・

ユウスケ「もう嫌だ…」

士「なんだ唐突に」

ユウスケ「もうこんなの嫌だって言っているんだよ…」

士「だから何がだ? 嫌だ嫌だとさっきから何なんだお前は」

ユウスケ「敵が現れても士、海東さん、他のライダーが蹴散らして終わる」

ユウスケ「いざ活躍できるかと思えばすぐに横からいいとこ取りされる」

ユウスケ「俺のいいところが何もないんだよ!!」

士「…まぁ、お前だしな」

夏海「ちょっと士くん!」

ユウスケ「俺は何のために…士、お前に着いてきたんだ…」

ユウスケ「こんな生活もう嫌だ!! こんなところ…出て行ってやる!」

夏海「そ、そんな! 士くん!」

士「勝手にしろっ」

ユウスケ「くっ…!」ダッ…

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:10:08.49 ID:Q6NMV1Lo0
ユウスケ「そうか…全て思い出した…」

ユウスケ「俺はみんなとはぐれてしまったんじゃない…自分からあの家を出て行ったんだ…」

ユウスケ「そして路頭を彷徨っているときに…何者かに…」

ユウスケ「……」

一条「小野寺くん! どうかしたというのか!? おい!」ユサユサ…

ユウスケ「一条さん。俺は…」

鳴滝「自分の都合のいいように記憶を改善していたみたいだな。小野寺ユウスケ」

鳴滝「まぁ、私としてはそんなことはどうでもいいが…ふんっ」バリバリバリ…

ユウスケ「うわああああああ!!!」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:16:09.73 ID:Q6NMV1Lo0
すみません、ちょっと外にでてくる

一条「小野寺くん! 貴様っ!」ガシッ

鳴滝「ええいっ、邪魔をするな! お前はそこで指を咥えて見ていろ!」バッ

一条「やめろと言っているんだ!!」ガシッ

鳴滝「くっ、予想以上にしつこい男だ! ふううううんっ!」バリバリバリ…

ユウスケ「ああああぁぁあああああ!!」

クウガ「ああああああああああ!!」

一条「よせっ、やめろぉっ!!」

鳴滝「もう遅い。…見るがいい! あれがライダーの中で最も邪悪で最強の存在…ライジングアルティメットクウガだ!」

クウガRU(ライジングアルティメット)「……」

鳴滝「小野寺ユウスケ! 憎しみの力を爆発させろ! そしてディケイドを永遠に滅ぼすのだ!! ははははは!」

一条「なんということだ…」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:31:33.51 ID:Q6NMV1Lo0
響鬼「ということは、君たちもそうだったのかぁ」

照井「ああ、状況がよく分かっていないんだ」

橘「もぐっ…とにかく、俺たちは…むしゃむしゃ…何か見つからないかと…あっちこっちを…あむっ」バクバク…

照井「食うか喋るかどっちかでお願いしたい」

響鬼「いやぁ、俺も何がなんだか分からなくってねー…助かったよ。同じ境遇の奴に出会えてさ」

照井「それはこっちとしてもだ。仲間は多い方がいい」

響鬼「よし、そうと決まれば!」

ザッザッザッ…

カイザ「……」

ライオトルーパーズ「……」

響鬼「…腹ごしらえのちょっとした運動ってところだね」

橘「あいつ…!」

照井「草加ァ…!」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:35:47.10 ID:Q6NMV1Lo0
名護「そっちの道はよくない! こっちにしなさい!」

神代「何を言う! 俺がこっちと言っているのだからこっちだ!」

名護「君は正しくないっ、俺はいつだって正しいんだ!」

神代「ナ・ゴサーン…貴様」

影山「何してるのさ」

名護・神代「!」

神代「もと兄弟ではないk…」

睦月「見かけない顔だ…。影山さん、どうします?」

影山「今は兄貴がいないから俺がお前の兄貴なんだよっ」

睦月「…あ、兄貴…どうしますか」

影山「やっちまおうぜ。俺たちの手でさぁ!」ヘンシン! チェンジ! パンチホッパー!

睦月「はいはい…」Open up

名護「やめなさい! 勝負は見えている!」

神代「ふんっ、愚か者どもめ! お前らごときが俺に敵うと思っているのかっ」

名護・神代「変身!」

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:39:24.40 ID:Q6NMV1Lo0
デルタ「あー! いい加減この体使いづらくなってきたぜぇ…」

王蛇「どうしたぁ、もう終わりか? はぁっ」

三原(お、おい! ここまでやったら最後までしっかりしてくれよ!)

デルタ「だってよぉー……あん?」

ザッザッザッ…

木野「…兄貴」

矢車「…ああ」

王蛇「なんだぁ? エサが増えてくれたか?」

矢車・木野「…変身」

キック「はっ!」シュッ、バッ

王蛇「ははは! さぁ、楽しくなってきた!」ガンッ

三原(な、なんだあいつらは…)

デルタ「お、おい! 一匹こっちに来たぜ!!」

アナザーアギト「むうぅん!」ブオンッ

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:43:21.17 ID:Q6NMV1Lo0
ライオトルーパー「わああああああ!?」ドカーン!

アクセル「どういうつもりだっ、貴様!」

バーニングショット

ギャレンJ(ジャックフォーム)「はあぁぁああっ!」ドドドドド…

カイザ「君たちじゃ言っても話にならないだろうからね…無理矢理言うことを聞かせに来たんだよ!!」シュ

響鬼「分かるように説明してくれよっ、そんな人をわかったような気にならないでさ!」

カイザ「…これからディケイドって奴を潰すのさ。この世界にいる全員でなぁっ」Exceed Charge…

ギャレンJ「!」

カイザ「でぃぃやぁぁぁああああああああ!!」ズガガガガガ…

ギャレンJ「うぐおおおおおぉぉぉ!!?」ドカーン!

349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:46:20.50 ID:Q6NMV1Lo0
一条「…こ、ここは」

一条「…そうか、あの後あの突然変異した四号から殴られて…くっ、小野寺くん…!」フラフラ…

夏海「大丈夫ですか!?」

一条「君は…?」

士「おい、どうかしたか」

夏海「士くん! この人、怪我をしてて」

一条「このぐらい…ただのかすり傷だ。問題ないっ」

士「やせ我慢は止した方がいいぞ」

一条「こうしてはいられないんだっ、小野寺くんを…助けなければ…」

士「…小野寺?」

夏海「ユウスケのことですよ!」

士「あんた、あいつのことを知っているのか?」

一条「…そういう君たちこそ……」

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:50:16.10 ID:Q6NMV1Lo0
海東「この世界へ連れてこられたライダーたちが動き出している」

海東「まぁ、それぞれの理由は勝手な物ばかりだけど…どうするつもりだい?」

鳴滝「何人かを説得してこちら側に引きこんでおいた。計画通りだよ」

海東「迷惑極まりないな」

鳴滝「言っただろう。君には関係ない」

海東「……」

鳴滝「それでまだ何か用があるのか?」

海東「ああ、ちょっと暇だから」

カメンライドゥ ディエーン!

ディエンド「邪魔しにきたよ」

鳴滝「貴様っ、ディエンドオオオ!!」

358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 22:55:20.70 ID:Q6NMV1Lo0
王蛇「はっはぁ! やるなぁ」

キック「俺を笑うなっ」

デルタ「ああっ、もう限界だ! 外に出る!」ブォン

モモタロス「ふう~…やっぱ自分が一番だぜ」

デルタ「お、おい! そんないきなり!」

アナザーアギト「はああぁっ!」ドカン

デルタ「うぐぅっ!?」ドサ…

モモタロス「おいおい、しっかりしろって! よし三原! 挟み撃ちを…あ? なんだありゃ」

王蛇・キック「…?」

アナザー・デルタ「…?」

ズン、ズン、ズン、ズン…

クウガRU「……」

365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:00:06.16 ID:Q6NMV1Lo0
レンゲル「ふんっ」ガンッ

イクサ「甘いな!」

クロックアップ!

パンチ・サソード「やああぁぁっ!!」

キィン、カァンッ、ダダダ、ザッ

クロックオーバー!

パンチ「しつこいなぁ! そろそろくたばれよっ」

サソード「断る!」

?「とうっ!」ドカン!

パンチ・サソード「なっ!?」

?「リボルケイン! むうぅんっ!!」ブゥゥンッ

イクサ・レンゲル「うおっ!?」

レンゲル「な、なんだ…こいつは…」

ブラックRX「覚悟しろ! クライシスの手先め!」

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:09:19.57 ID:Q6NMV1Lo0
パンチ「クライシス? ZECTの間違いじゃないか?」

イクサ「いや、素晴らしき青空の会に違いない」

RX「あ゛ああぁっ!」ブスッ

パンチ「ひぐぅっ!? う、お…おおお」

RX「…ふぅんっ!」

パンチ「あああああああ!!?」ドカーン!!

レンゲル・サソード「……」ススス…

イクサ「今だ!」バンッバンッバンッ!

ロボライダー(RX)「ボルティックシューター!」ドガガガガガ!!

イクサ「うぐあああああ!!?」ドカーン!!

ロボライダー「さぁ! かかってこいっ!」

サソード・レンゲル「……」

387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:14:10.87 ID:Q6NMV1Lo0
一条「そうか、君たちが小野寺くんの…」

士「ふん、あいつは俺達から自分で遠ざかった。もう仲間じゃない」

夏海「とか言っておきながらしっかり探しに来てるじゃないですか! ユウスケのことっ」

士「……あいつがどこかで迷惑をかけていないか心配だからな」

一条「…いい仲間を持っているんだな。彼は」

士「だから…」

夏海「はいはい。とにかく急いでユウスケを助けましょう? このまま放っておけないです!」

一条「ああ、急ごう」

士「ったく…さっそく俺たちに迷惑かけているじゃないか。あいつ…」

394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:19:15.37 ID:Q6NMV1Lo0
響鬼「音撃打・火炎連打の型! はぁっ!」ドンドコドンドコ

アクセル「おおぉぉぉ!」アクセル!マキシマムドライブ!

カイザ「なっ…うおおおおお!!?」

アクセル「絶望がお前のゴールだ」

ドカーン!

草加「うぐっ…く、くそ…」

草加「負けるわけには…」

照井「諦めろ。お前では俺たちに勝てん」

響鬼「ここら辺でやめておけって。それよりさっきディケイドうんたら言っていたけど…」

草加「…俺達をこの世界へ連れてきた男、鳴滝がディケイドを倒したがっている。倒すことができれば元の世界へ戻れるんだ…」

照井「なんだと!」

響鬼「うーん…」

396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:23:12.53 ID:Q6NMV1Lo0
草加「ディケイドを倒せば…俺も生きて帰ることができるんだ…だから」

響鬼「ちょっと胡散臭い話だね」

草加「……」

照井「その鳴滝という男が全ての元凶か…! どこにいるかわかるか?」

草加「…ああ」

照井「直接会ってケリをつけよう」

照井「…橘。あんたはここで眠っていてくれ…仇はかならず取る」

橘「……」

400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:28:01.35 ID:Q6NMV1Lo0
ショッカーライダー・ライオ「うわあああ!!」ドカーン!

ディエンド「こんな奴らじゃ僕を止めることはできないよ」

鳴滝「くっ…はやく…おぉ! 帰って来たか!」

ディエンド「何?」

クウガRU「……」ズリズリズリ…

矢車・木野・モモ・三原・浅倉「うぅ……」

鳴滝「さすがは最強のライダーだ。上手く4人のライダーを連れてきたぞ」

ディエンド「RU…こいつか、君の切り札は」

鳴滝「ふふふ、まだだ。まだいる」

ズンズンズン、ガチャンガチャンガチャン…

RX「……」ズリズリズリ…

名護・睦月・影山・神代「……」グッタリ

鳴滝「これがディケイドを倒すために私が揃えた最高のライダーたちだ! はははは!」

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:33:50.64 ID:Q6NMV1Lo0
RX「すまないが…本当にこれはクライシスを倒す為に必要なことなのか?」

鳴滝「そうだ。ディケイドを倒せばクライシスも崩壊する」

RX「そうだったのか…だが、これはあまり気分がいいものじゃないぞっ」

鳴滝「私も…できればこんなことをしたくはなかったんだ! だがもう時間はない! ディケイドを倒さなければ世界は!」

ディエンド「よくもそんな出鱈目が吐けるな。君は」

RX「なに゛っ出鱈目だと!」

鳴滝「い、いや、断じて違う! 出鱈目ではない! …ふん、ディエンド! そんな口を聞いていられるのも今のうちだ。やれ! RU!」

クウガRU「ふんっ!」ドカン

ディエンド「!」ササッ

412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:38:41.65 ID:Q6NMV1Lo0
クウガRU「おおぉっ」ズガンッ

ディエンド「っく…厄介だな」

「小野寺くん!!」

ディエンド「ん?」

夏海「ユウスケ! あ、見てください! 人があんなに…」

士「あいつら全員ライダーか。鳴滝、これはいったいどういうつもりだ」

鳴滝「ディケイドオオオ!! もうここまで来てしまったのか!! やむをえん、RX! 奴がディケイドだ! やれ!」

RX「とうっっ!!」ドンッ

士「! なんだってお前が…変身!」カメンライドゥ ディケイド!

キィィンッ

ディケイド(士)「うぐっ、…夏みかん! 一条! はやくユウスケのところに行ってやれ!」

夏海「はい!」

一条「任せたぞっ」

鳴滝「そうはさせん!」

413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:42:24.65 ID:Q6NMV1Lo0
ショッカーライダー「おおっ!」バッ

夏海・一条「!」

ゾル大佐(鳴滝)「そしてこの私だ!」バッ

ディケイド「なんだと! うぐっ!?」

RX「君に恨みはないが、倒させてもらうぞ!! リボルッケインッ!!」ヴヴヴヴゥゥンッ

ディケイド「よせっ、くっ、夏海!!!」

ゾル大佐「一条薫、君もディケイドを倒すために連れて来たのだが…邪魔になった!」

一条「さ、下がれっ」バンッバンッ

ゾル大佐「無駄だ。そんなもの…」

「はああぁっ!!」ドカンッ

ゾル大佐「うぐぅ! き、貴様らっ! 邪魔をする気か! そこをどけ!」

アクセル「断る!!」

響鬼「ほら、君たちはさっさと行った、行った」

一条「あ、ああ…」

カイザ「……」

421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:47:08.77 ID:Q6NMV1Lo0
ゾル大佐「草加雅人! お前まで裏切る気か!」

カイザ「最初から手を組んだつもりはなかったがなぁ」

カイザ「それに貴様の命令に従うのも癪なんだよ」

アクセル「そういうことだ。これも貴様が招いたことだ、観念しろ」

ゾル大佐「っぐ…かかれ! ショッカーライダーたち!」

ショッカーライダー「いいいぃっ!」

バーニングショット

ショッカーライダー「なに!?」

ギャレンJ「うわあああああ!」

響鬼「おぉ、君は。生きていたのか!」

ギャレンJ「勝手に殺されては困るな」

ゾル大佐「…おぉぉぉのぉぉぉれぇぇぇ!!!」

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:52:35.48 ID:Q6NMV1Lo0
ディエンド「あぶねっ」ズガガガ…

夏海「ユウスケ! ユウスケやめてくださいっ!」

クウガRU「……」ブンッ

ディエンド「かはっ…!」

一条「小野寺ぁっ!!」

クウガRU「……」ピクッ

一条「小野寺! 君はそんな男だったのか? その程度の男だったのか? 違うだろう!」

ザッザッザッ…

夏海「い、一条さん!?」

ガシッ

クウガRU「!」

一条「目を覚ませ、小野寺ユウスケっ!」バキィッ

ディケイド(あ、あいつ…! ライダーを素手で…)

クウガRU「うぐぅっ!?」

一条「はぁはぁ…」

430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 23:57:53.77 ID:Q6NMV1Lo0
ディエンド「やぁ、いいパンチだったよ」

一条「はぁはぁ…」

クウガRU「……」

クウガRU「…一条さん」

夏海「ユウスケ!?」

クウガRU「…一条さん。俺…俺…」

一条「はぁはぁ…」

クウガRU「…目が覚めました」ムクッ

一条「…ああ!」

ガシッ

クウガRU「士! 今助ける!!」

ディケイド「…ふん、余計な御世話だ」

クウガRU「お前のサポートは俺なんだ。文句は言わせないっ」

ディケイド「…そうかよっ」

438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:03:22.24 ID:4nL/aFid0
ゾル大佐「な、なぜだっ…なにがどうして…そんな…」

「おい」

ゾル大佐「!?」

王蛇「むぅんっ!!」ズバン

ゾル大佐「うおぉっ!!」

イクサ「その命、神に返しなさい!」

レンゲル「あいつが最強? 違う、俺が最強のライダー…!」

キック・パンチ「ふん……」

アナザーアギト「アギトの前に…お前を始末しようか」

サソード「じいやが言っていた…リンチは程々にとな。だが程々にできるか自身がない」

デルタ「モモタロス! いくぞ!」

モモタロス「おうよっ三原ぁ、ギッタンギッタンのメッタメタにしてやろうぜ!」

ジーク「さて、そろそろ…なんと…これは何たる混沌か。私には似つかわしくない戦いだ。帰る」

ゾル大佐「こ、こうなったら…奥の手だ! こい!」

ガシャン、ガシャン、ガシャン…

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:08:35.81 ID:4nL/aFid0
シャドームーン「……」

ゾル大佐「やれっ、シャドームーン! 手始めにこいつらを始末しろ!」

シャドームーン「御意…」ガシャン、ガシャン…

ゾル大佐「そして…へん…しんっっ!!」

黄金狼男(ゾル大佐)「うおおおぉぉぉ!! ディケイドオオオオ!!!」

ディケイド「鳴滝! あいつ…!」

RX「あれは! シャドームーン! 信彦ぉっ!!」ダダダ…ブンッ

シャドームーン「うん!? 貴様は…ブラックサン…!」ガリガリガリ

黄金狼男「RX! っく…どうして私の計画はこうも…」

ディエンド「おっと、逃がさないよ」ガシッ

黄金狼男「ディエンド!?」

ジーフォー!リュウガ!オーガ!グレイブ!カブゥキィ!コーカサス!アーク!スカル!

ファイナルカメンライドゥ ディエーン!

ディエンドCF(コンプリートフォーム)「そしてこれだ」カメンライドゥ グレイブ!

453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:14:15.05 ID:4nL/aFid0
ディエンドCF「……」

グレイブ(来たよ、大樹)

ディエンドCF「…ああ、兄さん」ファイナルアタックライドゥ ググググレイブ!

ディエンドCF・グレイブ「はああああぁっ!!!」ゴゴゴゴゴッ!!

ズガァァンッ!

黄金狼男「うおおおぉぉっ!?」ゴロンゴロン

黄金狼男「っぐ…お、おのれええええっ!!」ダダダ…

夏海・一条「!」

クウガRU「夏海ちゃん! 一条さん! くそっ、邪魔をするなっ!」ゲシッ

ショッカーライダー「いいいぃぃっ!」ザッ

ディケイド「はぁっ! ユウスケ! こいつらは俺に任せろ! いけっ!」

クウガRU「士…ああ!!」

456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:18:54.56 ID:4nL/aFid0
夏海「あ…あ…」

一条「くっ、逃げるんだ!」

黄金狼男「こうなればお前たちを人質に取り…っ!?」ズオッ

響鬼・アクセル「はぁっ!」ドンッ

黄金狼男「はぁ、はぁ…!」

カイザ・ギャレンJ「やあああぁぁぁああっ!!」ドカンッ

黄金狼男「ふぁぁああああ!?」ヒュー……

Exceed Charge…、Exceed Charge…

モモタロス「いくぜいくぜぇっ!!」

カイザ・デルタ「やあああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」ガリガリガリガリ…

黄金狼「おっおおおお…き、貴様らぁ…」ヨロヨロ…

クロックアップ!

459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:24:12.27 ID:4nL/aFid0
ズバンッ、ズドンッ、ダッダダダ…ライダージャンプ!

キック・パンチ「ライダーキック・パンチ…!!」ズッダダダダ!

サソード「ライダースラッシュ!」ズバンズバッザンッ

黄金狼男「あ、ああああ…」

イクサ・アナザーアギト・レンゲル「たあああぁぁっっ!」ドカッ

黄金狼男「あああぁぁぁあーあああぁあああ!?」ヒュ~……

クウガRU「はぁぁっ……おりゃあああああ!!」ズゥゥンッツッ!

黄金狼男「うぐおおおぉおぉぉおおおぉおお!!?」

ドカーン!

鳴滝「おのれ…おのれディケイドぉぉぉ…必ず、必ずやお前を倒す! きっときっとだぁっ…」スゥゥ…

ディケイド「逃げたか…鳴滝」

465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:29:04.93 ID:4nL/aFid0
 
RX「信彦っ!」

シャドームーン「ふんっ、お前との勝負はお預けだ。お前は俺が倒す! ブラックサンッ」スゥゥ…

RX「待て、信彦ぉっ!!」スゥゥ…

ディケイド「あいつら…騒ぐだけ騒いで何しに気やがった…」

夏海「士くん!」

ディケイド「ああ」

士「…あとはあいつらだな」

466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:32:58.23 ID:4nL/aFid0
草加「終わったのか」

橘「ああ、多分な」

影山「兄貴、俺たちの体が…」スゥゥ… 矢車「地獄からのお迎えか…」

ユウスケ「いや、きっと元の世界へ戻るんだ…」

木野「ようやくか…長かったようで短かったような…」

モモタロス「もうこんなの懲り懲りだぞ!! ったく」

三原「うちに帰れるんだ…」

名護「二度とこんな目には遭いたくないな」

響鬼「どれどれ帰ったら修行にいくとするかなぁ」

神代「ミサキーヌ! 待っていてくれー! 俺は必ず君の元にかけつけるぞー!」

睦月「俺は最強であり続ける…」

照井「さて、風都に戻ったら書類を纏めなければならないな」

スゥゥ…

ユウスケ「みんな無事元の世界へ帰れるといいな」

夏海「そうですね」

467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:36:08.30 ID:4nL/aFid0
一条「小野寺くん」

ユウスケ「一条さん! あなたはまだ…」

一条「いや、私もそろそろみたいだ」スゥゥ…

ユウスケ「そうですか…」

一条「短い間だったが、君と一緒に行動できたことは嬉しかった」

ユウスケ「俺もですっ」

一条「…なぁ、小野寺くん。こんなものを知っているか?」グッ

ユウスケ「それは…?」

一条「これは古代ローマで、満足できる、納得できる行動をした者にだけ与えられる仕種…らしい。私の大切な友人からそう教えられた」

一条「小野寺くん。君も、これに相応しい男になってくれ」

ユウスケ「一条さん…はいっ!! 俺、頑張りますっ」グッ

一条「…ああ、それじゃあな」

スゥゥ…

471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:40:42.66 ID:4nL/aFid0
夏海「みんな行っちゃいましたね」

士「ああ」

海東「さて、そろそろ僕も行くとするよ。じゃあね」ササッ

士「…あいつはほんとにどこにでも現れるな」

夏海「なんかゴキブリみたいな言い方ですよ、それ」

ユウスケ「…士!」

士「なんだ」

ユウスケ「俺…やっぱり、お前と旅を続けたい! それに…お前と過ごす生活、やっぱり好きだ!」

士「…そうかよ。ほら、いくぞ」

夏海「ほんと、素直じゃないですねっ」

士「うるさいぞ夏みかん」

ユウスケ「いくら目立てなくても、俺には俺でできることがあるんだ。それでいいんだよっ、そうだろ? …一条さん!」

474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 00:44:41.54 ID:4nL/aFid0
映司「あれ、誰もいない。そろそろ俺の出番かと思ってたんだけどなぁ」

アンク「お前のタイミングがわるかったんだよ」

映司「そうかぁ…残念だな…」

アンク「ところで映司、お前…そのパンツさえあればいいという生活、本当に満足しているのか?」

映司「こんな生活でも俺は大好きだよ!」

映司「明日のパンツとちょっとのお金があればなんとかなるんだって!」


おわり