1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:33:01.85 ID:uaIppoqm0
キラ「本気でケンカしたらアムロさんが僕にかなうわけないでしょ」

アムロ「ぐおおおおお!!!」

アストナージ「おい誰か艦長呼んでこい!」

トーレス「わかった!」

引用元: キラ「やめてよね」 


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:35:55.13 ID:uaIppoqm0
ブライト「何やってんの!?」

キラ「アムロさんが僕の戦い方にケチをつけるんです」

ブライト「キラ准将……」

アムロ「戦場でキラ准将が敵機を落とさなかったせいでカツが死んだんだぞ」

キラ「うん、それは悲しいよね。僕も悲しいです」

アムロ「准将のせいだと言っているんだ」

キラ「僕は誰も殺したくなんてないのに」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:38:05.21 ID:uaIppoqm0
アストナージ「こりゃ修正が必要だな」

ブライト「歯を食いしばれ」

キラ「ブライト艦長、立場を間違ないでください」

ブライト「修正だアムロ!」

アムロ「なっ…ぐおおおおお!!!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:41:40.99 ID:uaIppoqm0
カミーユ「アムロさん知りませんか?」

サエグサ「准将に逆らって独房入りだってさ」

カミーユ「なんですって、それは本当なんですか!?」

サエグサ「俺にあたるなよ」

カミーユ「人の艦にズカズカ上がりこんで好き放題やって!」

サエグサ「おいカミーユ、どこ行くんだ!?」

カミーユ「准将のところですよ!」

サエグサ「やめとけって、お前も独房に入れられるぞ!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:45:00.07 ID:uaIppoqm0
カミーユ「キラ!」

キラ「准将…でしょ?」

カミーユ「関係ない!」

キラ「うん、確かにカミーユは民間からの協力者だしそうなるよね」

カミーユ「アムロさんを独房に入れたってどういうことなんだ!」

キラ「アムロさんは僕に殴りかかってきた。当然の結果でしょ」

カミーユ「ふざけるな!」

クワトロ「ん?いかんな」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:47:16.46 ID:uaIppoqm0
クワトロ「やめるんだカミーユ」

カミーユ「なんですか、クワトロ中尉!?」

クワトロ「彼はオーブからの客人だ、そういう態度をとっては」

カミーユ「大人の事情で!」

クワトロ「ぐおおおおおお!!!」

キラ「やめないか、カミーユ!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:50:37.37 ID:uaIppoqm0
トーレス「カミーユも独房に入ったんだって」

サエグサ「クワトロ中尉を殴ったらしい」

トーレス「相変わらず過激だね」

サエグサ「准将が来てからゴタゴタしすぎだ」

トーレス「ブライト艦長、准将はいつまでこの艦にいるんですか?」

ブライト「気が済むまでだそうだ」

トーレス「なんだってそんな」

ブライト「知らん」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 15:54:50.95 ID:uaIppoqm0
バナージ「ラプラスの箱ってなんなんだ」

キラ「君の機体ちょっと借りるね」

バナージ「あなた誰ですか、こいつは僕以外動かすことはできませんよ」

キラ「大丈夫、OSを書き換えるのは得意なんだ」

バナージ「どうせハッチすら開けられやしませんよ」

プシュー

キラ「よし」

バナージ「ちょっと、やめてくださいよ!!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:05:02.54 ID:uaIppoqm0
オードリー「ではラプラスの箱とは」

キラ「うん、宇宙世紀の歴史だった」

オードリー「准将、私は…」

キラ「わかってる、君はジオンにも連邦にも正義はないと考えているんだよね」

オードリー「准将」

キラ「これは責任をもってオーブが管理するから安心して」

キラ「あと、准将って呼ぶのはやめてよ」

オードリー「キラ」

バナージ「」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:09:14.02 ID:uaIppoqm0
バナージ「」

ジュドー「あれ、バナージちゃん元気がないじゃないの?」

バナージ「放っておいてください」

ジュドー「何があったのよ?」

バナージ「あなたに僕の気持ちなんてわかりませんよ!」

ジュドー「あっそ」

ジュドー「っといけね、ルーに呼ばれてんだった!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:12:33.95 ID:uaIppoqm0
キラ「そう、手動に頼りすぎても意味がないよね」

ルー「凄いわ、今ならジュドーにも勝てそう」

ビーチャ「教え方がうまいんだよね!」

モンド「そうそう!どっかのエースとは大違いなのよ!」

エル「ルー、代わりなさいよ。次はあたしの番でしょ!」

キラ「ふふっ、慌てなくても時間はたっぷりあるんだから」

ジュドー「なにやってんのさ!?」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:17:21.78 ID:uaIppoqm0
キラ「機体の出力以上のことはできないんだから、もっと機体を丁寧に使えば」

エル「もっと良い機体が欲しい!」

ジュドー「シミュレーション、やめときなって!エルは下手糞なんだから!」

キラ「うん、そう、そうして」

エル「できた!」

ジュドー「そんなことしてもムダムダ」

ビーチャ「次は俺の番だぜ!」

モンド「ずるいぞ、次は俺の番だ!」

キラ「ふふっ」

キュピーン

ジュドー「(俺ってば相手にされてない?)」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:22:00.60 ID:uaIppoqm0
クワトロ「何をやっているんだ、やめないか准将!」

キラ「やめないかって、何をです?」

クワトロ「准将の指導は確かに素晴らしいものだ」

クワトロ「だがいき過ぎている」

クワトロ「ただでさえ民間の協力者である彼らに中途半端に自信を持たせては死人が増えるだけだ」

ジュドー「そうだ、俺もそう言いたかったんだ!」

イーノ「(嘘ばっかり)」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:26:12.54 ID:uaIppoqm0
キラ「強くなるのはいけないことなの?」

クワトロ「そうは言っていない」

キラ「力だけじゃ守れないものもあるけど、それだけじゃないよね」

クワトロ「そういう話では」

キラ「この子達だって僕達のために強くなりたいと思ったんだ」

キラ「その気持ちを大人の意識で踏みにじるのが大人なの?」

クワトロ「言葉遊びはやめろ」

キラ「じゃあこうしようよ、エルとジュドーで模擬戦をやらせようよ」

キラ「エルが勝ったら中尉の意見を引き下げてももらいます」

クワトロ「」

ジュドー「のった!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:29:55.00 ID:uaIppoqm0
数分後…

エル「勝った勝った!ジュドーに勝った!」

ジュドー「なんでこうなるの!」

クワトロ「バカな」

キラ「僕が指導した今ではモンドやビーチャだってあなたより強いんですよ」

クワトロ「くだらんな」

ビーチャ「おーっとどこ行くのよクワトロ中尉!」

モンド「大人の礼節ってやつ見せてもらいたいんだけど!」

クワトロ「何を」

ルー「土下座してさっきの言葉取り消してくれるかしら」

クワトロ「」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:33:53.17 ID:uaIppoqm0
トーレス「ブライト艦長、見ましたか?」

ブライト「クワトロ中尉が土下座している映像か?」

サエグサ「全く誰が流したんだか、こんな映像」

トーレス「准将じゃないの?」

サエグサ「さっきアストナージからメールが送られてきたんだけど」

トーレス「俺も」

ブライト「どんな内容だったんだ?」

トーレス「なんでもクワトロ中尉がノースリーブ卒業するらしいですよ」

ブライト「なにやってんの」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:50:46.58 ID:uaIppoqm0
アムロ「ネオジャパンから増員だって?」

ブライト「ああ、連邦の考えていることはわからんよ」

アムロ「准将のことで艦内はごった返しているというのに」

サエグサ「もう来てるみたいですよ」

ブライト「着艦許可は出していないぞ」

サエグサ「なんか勝手に入ってきたらしいです」

トーレス「うわぁ~、マッズー、そのことで格納庫で准将と揉めてますよ」

ブライト「…事故だな」

アムロ「ああ、これは俺達の責任じゃない」

トーレス「見逃すってこと?」

サエグサ「そうなんじゃないの」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:54:10.76 ID:uaIppoqm0
キラ「そういう着艦をされたら、格納庫で作業している人がどんなに危険かわからないわけじゃないよね?」

ドモン「悪かったと言っている」

キラ「言葉だけじゃ…」

ドモン「処罰はこの艦の責任者に決めてもらう、のけ」

キラ「そういう態度はよくないんじゃない?」

シュンシュンシュンシュン

ドモン「(む、殺気!?)」

ドモン「チェストおおおおおお!!!」

キラ「やめてよね」

ドモン「ぐおおおおおおおお!!!」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 16:57:01.47 ID:uaIppoqm0
ドモン「くっ、貴様、流派はなんだ!?」

キラ「別に」

ドモン「名乗りもせんとは、人をバカにして!!」

ドモン「流派東方不敗の名の下に!!」

キラ「やめてよね」

ドモン「ぐおおおおおおお!!!」

キラ「弱い弱い、君は弱すぎる」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:00:38.75 ID:uaIppoqm0
ドモン「バカな!この俺が!」

キラ「馬の骨だよね」

ドモン「来い!ガンダアアアム!!」

ドモン「表に出ろ!!」

キラ「仕方ないよね、君が仕掛けてきたんだから」

キラ「アストナージさん、フリーダムを」

アストナージ「整備はできてるよ」

キラ「とうっ!」

シュバッ

アストナージ「リフト使えよ」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:05:08.45 ID:uaIppoqm0
(イントロ)

ドモン「ガンダムファイト!レディイイ!!」

(握った~ 拳の強さで~)

シャイニングガンダム左腕パーツ破損

ドモン「なっ…卑怯者め!!」

(壊れた~)

ドモン「うおおおおおおお!!!」

シャイニングガンダムスーパーモード!

(願いに~ 血を流す手の平~)

シャイングガンダム頭部パーツ破損

ドモン「ぐおおおおおおおおお!!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:09:26.52 ID:uaIppoqm0
(果てない~ 翼と~)

ドモン「俺のこの手が真っ赤に燃えるうう!!」

(鎖は~ よく似て~)

ドモン「勝利を掴めて轟き叫」

シュパン

シャイニングガンダム右手首が斬り落とされる

(重さで~ 何処にも行けずに~)

ドモン「ぐおおおおお!!!」

キラ「もうやめようよこんな戦い」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:13:37.10 ID:uaIppoqm0
(失くす~ ばかりの 幼い~瞳で~)

ドモン「…参った」

(人は~ 帰らぬ星を思う~)

キラ「君が抵抗するなら僕は!!」

ドモン「参った!!」

(掲げた~ それぞれの灯を~)

マルチロック映像

(命と咲かせて~)

キラ「僕は戦いたくなんてないのに!!」

ハイマットフルバースト

(運んで~ いくことが 運命~)

シャイニングガンダム轟沈

(輝き刻む~ 誰もが優しい時の傷跡~)

キラ「」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:17:19.58 ID:uaIppoqm0
ブライト「」

アムロ「」

トーレス「」

ブライト「ボサッとしてんじゃないよ、パイロットは!?」

トーレス「あ、はい!コクピットに損傷はありません!無事です!」

ブライト「アストナージ、誰でもいいから救援に行かせろ!」

ブライト「その必要はない、なんで!?」

サエグサ「コクピット部分だけフリーダムが回収してますね」

アムロ「悪魔め」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:19:22.83 ID:uaIppoqm0
ドモン「申し訳ありませんでした」

キラ「うん、君が苛立っていたことに気づけなかった僕も悪いんだよね」

ドモン「申し訳ありませんでした」

キラ「土下座なんてしてくれなくてもいいんだよ」

ドモン「申し訳ありませんでした」

キラ「大丈夫、僕達はきっと一緒に花を咲かせることができるよ」

ドモン「申し訳ありませんでした」

キラ「ダメかな?」

ドモン「申し訳ありませんでした」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:23:47.03 ID:uaIppoqm0
キラ「ブライト艦長、ネオジャパンからの客人をつれてきました」

ドモン「師匠、ブライト艦長はどいつだ?」

キラ「どいつだ?」

ドモン「どのお方ですか?」

ブライト「私だが?」

ドモン「俺は師匠の元で修行することにした。これからよろしく頼む」

ブライト「ああ」

キラ「師匠って呼ぶのはやめてよ」

ドモン「なんでですか、師匠は師匠でしょう!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:32:43.95 ID:uaIppoqm0
ブライト「なに、大気圏に突入した五つの機影だと?」

サエグサ「ええ、出動命令が出ています」

アムロ「ブライト、掴んでいたオペレーションメテオの情報が気がかりだ。俺が行く」

ブライト「うむ、ではアムロに先行して貰う」

アストナージ「ブライト艦長!」

ブライト「どうした?」

アストナージ「准将が勝手に出てっちゃいました!」

ブライト「」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:37:37.17 ID:uaIppoqm0
大気圏を水平移動するウイング

ゼクス「化け物か…」

ビビッ

ゼクス「機影が増えた?」

(イントロ)

ヒイロ「地上から接近してくる機体だと?」

(触れてても~ 冷たい指先~)

ウイングに急速に近づいてくるフリーダム

キラ「戦争がしたいのか!!」

(凍り~付いた~ 月に照らされて~)

ヒイロ「ガンダム…?」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:42:53.08 ID:uaIppoqm0
(ひび割れた心が~ 燃え尽きる夜を抱くけど~)

ウイングにビームライフルが直撃しバード形態を維持できなくなる

ヒイロ「追加ミッション、任務了解、任務内容ガンダムから逃亡」

(一緒の彼方で~ 煌めいた思いが~)

ウイングが重力加速度を利用して落下する映像

(愛なら~)

ゼクス「救援はいら…ぐおおおおおおお!!!」

リーオー両脚切断

(幻~にして~ みせて~)

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:46:56.36 ID:uaIppoqm0
ゼクス「あのガンダムだけは!」

リーオー、バズーカをウイングに向ける

キラ「はっ!」

(放~つ光~ 空に落ちる~)

フリーダム、リーオーの腕パーツ切断

ゼクス「おのれ!!」

(望むだけの~ 熱を捧げて~)

摩擦熱で爆発するリーオー

(死に逝く星の~ 生んだ炎が~)

キラ「僕は、殺したくなんてないのにー!!」

(最後の夢に~ やかれているよ~)

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:50:15.32 ID:uaIppoqm0
ブライト「」

クワトロ「」

サエグサ「」

ブライト「ガンダムは?」

トーレス「レーダーから反応消えました」

トーレス「海に落ちたんじゃないですかね?」

ブライト「アムロは間に合わなかったか」

アストナージ「ゲタとフリーダムじゃスピードが全然違いますからね」

サエグサ「艦長、OZから通信です」

ブライト「…つないでくれ」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 17:55:00.17 ID:uaIppoqm0
トレーズ「どういうことかね?」

ブライト「確かにあれは私の艦にある機体だが私の管轄にないと言っています」

トレーズ「そんなエレガントでない答えがまかり通ると思っているのかブライト艦長?」

ブライト「オーブからの客人で、今回の件もパイロットが独断でやったです!」

トレーズ「見苦しいな」

ブライト「文句ならオーブか、客人を受け入れた連邦上層部へ言ってください!」

ブライト「通信切れ!」

サエグサ「うーい」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:00:53.60 ID:uaIppoqm0
ブライト「准将はどうした!?」

トーレス「え、宇宙に上がってます」

ブライト「なんで!?」

サエグサ「准将、帰艦してください!」

『キラ「ブライト艦長!」』

ブライト「准将、なにをやっているんだ!」

『キラ「未確認の宇宙輸送艦を発見した」』

『キラ「今僕がいかないと宇宙に悲しみが広がることになる」』

『キラ「だから、僕が行きます」』

『キラ「そんな悲しい顔しないで」』

ブライト「していない、帰艦しろ!」

『キラ「さよならは言いません」』

ブライト「責任問題を処理をしてからにしろ!!」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:05:19.80 ID:uaIppoqm0
スメラギ「接近してくる機体、それも単独で?」

ラッセ「どうやら見つかっちまったみたいだな」

スメラギ「GN粒子を散布して」

フェルト「了解」

クリス「ダメですね、これ」

クリス「位置をロックされてます」

スメラギ「プトレマイオスを動かしても無理?」

ラッセ「ダメだな、目標の移動速度が速すぎる」

リヒティ「たった一機で何しようって言うんスかね~」

スメラギ「刹那、エクシアでスタンバイ」

刹那「了解」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:09:17.09 ID:uaIppoqm0
刹那「エクシア、目標を駆逐する」

『スメラギ「別に駆逐しなくていいの、あんた作戦わかってるの!?」』

『クリス「エクシアで足止めしてる間に逃げるって言ったでしょ」』

刹那「わかった」

『スメラギ「わかってない!」』

刹那「」

『スメラギ「相手に敵意があるかどうかも確認しなさいってさっき言ったわよ!」』

『スメラギ「注意をひきつけるだけでいいの!」』

刹那「わかった」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:13:25.96 ID:uaIppoqm0
(イーヤソンアエー)

刹那「そこの機体、止まれ」

キラ「…」

(誰かが~ 息をするたびに~)

刹那「ガンダム…ぐおおおおおおお!!」

エクシアの四肢が斬り離される

(澄んだ水が~ 濁っていく~)

キラ「君の相手をしてる暇はないんだ!」

刹那「ガンダムウウウ!!」

パーツの爆発に巻き込まれるエクシア

(この森の~中にいると~ 気後れしそうだよ~)

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:17:48.66 ID:uaIppoqm0
(一心不乱に~ 揺れる花が~)

フェルト「エクシア中破」

スメラギ「刹那とGNドライブは!?」

フェルト「GNドライブは無事です」

(その命を~ 突き進んで~ しまうのは~)

『ロックオン「狙う撃つぜ…ぐおおおおお!!!」』

モニター越しにデュナメスが斬り刻まれる映像

ラッセ「ロックオン!」

リヒティ「メチャクチャじゃないッスか…」

(僕がその声を~ 拾わずにき~たから~)

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:21:26.42 ID:uaIppoqm0
ハレルヤ「行くぜアレルヤ!!」

キュリオス、フリーダムに突っ込んでいく

(もう~ 何も~ 怖~くない~)

キラ「やめてよね」

ハレルヤ「ぐおおおおおおおお!!」

キュリオスコクピット部分を残し爆発

(怖くはな~い~)

ティエリア「こんな計画ヴェーダにはない!」

GNバズーカにGN粒子が集まる

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:25:10.03 ID:uaIppoqm0
(黄色くなった葉が~ 剥がれ落ちていく~)

ティエリア「おちろ!」

発射されたGNバズーカのビームをギリギリでかわすフリーダム

ティエリア「ありえない…」

(引力を感じても~)

キラ「やめろ、僕に戦う意思はない!」

すれ違い様にヴァーチェのGNバズーカを切断するフリーダム

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:27:33.94 ID:uaIppoqm0
(もう~ 何も~ 怖~くない~)

ティエリア「ナドレ!」

武装をパージしてナドレを出した瞬間フリーダムが通り過ぎる

(怖くはな~い~)

ナドレがバラバラになる

(生きてる~ それだけで~)

ナドレ周辺でパーツが爆発

(確かな種を掴んでる~)

キラ「こんなことしたくないのに…」

フリーダムがゆっくりプトレマイオスに近づいていく

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:31:35.98 ID:uaIppoqm0
プトレマイオスから発射されるGNミサイルをかいくぐるフリーダム

キラ「なんで攻撃することしか知らないの?」

プトレマイオス、操舵室の窓にフリーダムの顔面アップ

スメラギ「ひっ!」

フリーダムがプトレマイオス離れる

追尾式GNミサイルがプトレマイオス操舵室部分に突込み爆発する

キラ「どうして…」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:39:55.70 ID:uaIppoqm0
木星からスーパーコーディネータを感知し飛来するELS

キラ「なんだ、これは…」

ELSの突進から逃げ惑うフリーダム

キラ「なんなんだ!?」

ELSから距離を離すフリーダム

キラ「やめろ、僕は戦いたくないんだ!」

(イントロ)

キラ「お願いだ、僕に撃たせないで!」

(風誘う~ 木陰に~ うつ伏せで泣いてる~)

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:45:24.06 ID:uaIppoqm0
(見も~知~らぬ~ 私を 私が見ていた~)

キラ「君達が、戦うというのなら僕は!」

腰部砲門から閃光が走りELSの群れで多数の光球

(逝~く人~の 調べを奏でる~ギターラ~)

キラ「君達はなんなんだ?」

キラ「何が目的なんだ!?」

突進してくるELSをかわし際に切り刻むフリーダム

(来~ぬ人~の 嘆きに~星は落ちて~)

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:49:40.13 ID:uaIppoqm0
キラ「これは!」

キュピーン

(行かないで~ どんなに叫んでも~)

ELSの呻き声を感知するキラ

キラ「泣いているんでしょ!」

(オレンジの~花びら静かに揺れるだけ~)

迎撃のをやめて回避に専念するフリーダム

キラ「君達は今、泣いているんだ!!」

キラ「悲しみは僕が!」

(やわらかな額に残された~)

巨大ELSをサーベルで真っ二つにするフリーダム

(と~こ~し~えの~ さよなら~)

ELSの巣をメインカメラに捉えるキラ

(つま弾く~)

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:54:31.19 ID:uaIppoqm0
(It’s time now See me now~)

ELSの巣に突っ込むフリーダム

キラ「誰かが泣いてる世界は嫌なんだ!!」

(やっと出会えたんだ~ね~)

巣を守るように取り囲むELSを斬り裂き進むフリーダム

キラ「そのためになら僕は!」

キラ「この力を!」

(イントロ)

『ラクス「キラ!」』

『アスラン「キラアアア!!」』

キラ「ラクス、アスラン!」

『虎「俺もいるぜ」』

キラ「みんな…」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:58:11.56 ID:uaIppoqm0
(初めから そう~だった~)

ラスク「キラへ剣を!」

エターナルから射出されるミーティア

(僕らは誰かと比~べられ生~きて来て~)

アスラン「キラの道を作ってやるんだよ!」

ジャスティスでELSを切り刻む

ディアッカ「ひゅ~、数だけは多いぜ!」

バスターが放った閃光の進行上で無数に広がる光球

(笑おうとした~)

ミーティアを装備するフリーダム

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:01:47.81 ID:uaIppoqm0
(そんな世界で二人は~ お互いの 幸せを~願えるんだね~)

開かれた道を突き進むフリーダム

キラ「まず話をしないと!」

キラ「それには!」

ELSの巣にミーティアのサーベルを突き立てるフリーダム

(僕のあくびが~君に移った~ 君の明日が~)

キラ「ダメなんだ、自分の殻に篭ってそんなんじゃわかりあえないんだ!」

キラ「僕も昔そうだったから…」

キラ「わかるんだああ!!」

サーベルでELSの巣の表面をこじ開けるフリーダム

(全てに変わった~)

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:07:10.83 ID:uaIppoqm0
(億千の~巡り逢いの~中~で~)

こじ開けた穴にミーティアをパージし飛び込むフリーダム

(最後までこの出逢いを~ 僕は欲しがるだろう~)

ディアッカ「なにやってんだあい…ぐおおおおおおおお!!!」

バスターにESLが突き刺さり侵食されていく

(綺麗に~着飾るための言葉~)

アスラン「ディアッカアアア!!」

(そんな物に意味は無~い 必要ない 捨てろよ~)

ムウ「言ったろ、俺は不可能を可能に…ぐおおおおおおお!!!!」

ストライク、ELSに貫かれる

(心臓にもない 脳にもない 何処にも見当たらないココロ~)

マリュー「ムウウウウ!!!」

(二人の間なら~ 確かに~感じられる~)

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:11:15.30 ID:uaIppoqm0
キラ「やっと、話すことができた」

キラ「たぶん僕は、僕達は」

キラ「僕達の手は花を焼き捨てることだってできるけど」

キラ「同時に花を育てることもできるんだ」

キラ「一緒に花を咲かせよう」

キラ「僕達はわかりあえる」

宇宙に花が咲く

アスラン「ディアッカアアア!!!」

ディアッカ「生きてるって」

アスラン「ディアッカ!」

ディアッカ「どうしたんだよ?」

アスラン「半分メタル化してるぞ」

ディアッカ「名誉の勲章…なんじゃないの」

アスラン「(意味わからん)」

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:12:59.25 ID:uaIppoqm0
キラ「ただいま」

ブライト「」

アムロ「」

サエグサ「」

キラ「ごめん、心配させたよね」

ブライト「」

アムロ「」

トーレス「」

キラ「でも僕は大丈夫だから」

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:22:37.53 ID:uaIppoqm0
キラ「僕がいない間にクワトロ大尉が?」

ブライト「ああ、失踪してしまった」

アムロ「嫌な予感がする」

キラ「僕が行きます」

ブライト「行くといっても」

キラ「大丈夫、わかります」

アムロ「(何がわかるんだ)」

キラ「キラ・ヤマト行きます!」

バリーン

窓をぶち破って艦の外へ飛び出すキラ

サエグサ「え?」

キラ「来い!ガンダム!!」

格納庫で爆発がおこりフリーダムが飛び出てくる

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:24:29.47 ID:uaIppoqm0
トーレス「行ってしまいましたね」

サエグサ「どこへ?」

ブライト「フリーダムの反応を探すんだよ!」

トーレス「また宇宙へ行ったみたいですね」

トーレス「反応消えました」

ブライト「追うんだよ!」

サエグサ「追うって言っても、窓割れてるんですよ」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:30:39.98 ID:uaIppoqm0
キラ「クワトロ大尉、何があなたをそうさせてしまったのか」

キラ「僕にはわからないけど」

キラ「僕は!それでも僕は!」

フィフスルナへ一直線に向かうフリーダム

ハマーン「この私にプレッシャーをかけてくるだと」

ハマーン「どこからだ」

モニターに映るフリーダム

(ア~アア~ ア~ フフ~)

ギュネイ「なんだ…ぐおおおおおおおお!!」

フィフスルナを防衛しているギュネイ、キラを感知した瞬間ヤクトドーガのコクピット以外が吹き飛ぶ

(慰めながら~ 不謹慎だけど~)

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:34:00.57 ID:uaIppoqm0
(泣いてる顔も~ 綺麗でアセるよ~)

ハマーン「私が出る!」

キュベレイで発進した瞬間両肩パーツを斬り落とされる

(友達の距離~ 少し縮めたら~)

キラ「こんなものをどうするつもりなんですか!?」

ハマーン「私が、接近に気づけもしなかっただと」

ファンネルを射出するキュベレイ

(君は愛しい~ コワレモノだった~)

キュピーン

キラ「ドラグーン!?」

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:37:18.38 ID:uaIppoqm0
(挫けず~ 夢を見るこ~とは~)

ハマーン「ファンネル!」

しかしファンネルは動かない

(自分と戦ってること~)

キラ「こんなこともあろうかと、ユニコーンのサイコミュを借りていたんだ」

ハマーン「ユニコーン…」

ハマーン「ファンネル!!」

レーダーに映るファンネルが全て敵識別になる

(日ごとに~ 増える擦り傷を~)

キラ「やめてくれって言ってるだろ!」

ファンネルを操作するキラ

(自慢してもいいくらいさ~)

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:42:10.66 ID:uaIppoqm0
ハマーン「なんだこれは…」

ファンネルから放たれる閃光で機体を貫かれるキュベレイ

(空は~ 飛べないけど~)

モニターに映る破損箇所をチェックするハマーン

ハマーン「なぜ急所を狙わない…」

ハマーン「遊んでいるのか…」

(翼~なら あげよう~)

キラ「僕はあなたと戦いたくなんてないんですよ!」

キュベレイに突っ込むフリーダム

サーベルを構えるキュベレイの腕に突き刺さるファンネルからの閃光

(それは~ もうひとりじゃないと~)

フリーダムがキュベレイの頭部パーツを斬る

(君の孤独 剥がす~ 言葉~)

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:46:15.98 ID:uaIppoqm0
シャア「出る!」

サザビーが発進する

(どんな~ ペシミストも~)

シャア「ハマーン、ギュネイ、無事か!?」

ハマーン「シャア、なんだこれは…」

ハマーン「こいつはなんだ…」

ギュネイ「総帥…、俺はニュータイプなんかじゃなかった…」

(恋をして~変わる~)

シャア「フリーダム、キラ・ヤマト!」

モニターに映るフリーダム

フリーダムの周辺を飛ぶ多種多様のファンネル

(選んだ道が~ もし行き止まりならそこで~)

キラ「もうやめてくださいクワトロ大尉!」

(迷えばいい~)

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:54:22.26 ID:uaIppoqm0
シャア「腐った地球人にその力を利用され満足か!?」

キラ「確かにあなたの言っていることもわかる」

キラ「わかるけど」

シャア「ならば私と共にこい!」

キラ「それだけじゃないよね」

シャア「犠牲が必要なときもある」

キラ「その犠牲の上にできる平和で、あなたは満足ですか?」

シャア「私がごうを背負うと言っている!」

シャア「その平和の上に立つのは私ではない!」

キラ「そんな!」

(イントロ)

キラ「自分は関係ないで逃げるなんて卑怯です!」

全てのファンネルがサザビーをロックオンする

(You belong to me サヨナラ言えなくて~)

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:59:03.28 ID:uaIppoqm0
キラ「あなたが落としたいもの!」

コクピットを開きヘルメットを投げ捨てるキラ

(いつまでも~ 抱きしめたかった~)

シャア「正気か!」

モニターに映る宇宙空間に生身で飛び出すキラ

(I belong to you 張り裂けそうになる~)

キラ「その全てを僕は」

フリーダムから飛び出しフィフスルナを蹴り飛ばすキラ

粉々に砕けるフィフスルナ

(この胸を~ 君に~差し出して)

シャア「ええい、これでは!」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:03:39.85 ID:uaIppoqm0
シャア「アクシズだけは!」

生身のキラにライフルの銃口をむける

(We belong to Earth 遥かなソラのもと~)

キラ「ファンネル!」

サイコミュなしでサザビーのファンネルを暴発させるキラ

シャア「なんだと、なぜだ!?」

(コバルトに 光るホシがある~)

キラ「ガンダアアアム!!!」

フリーダムが自動で動き、それに飛び乗るキラ

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:08:52.97 ID:uaIppoqm0
(悲しみ~ そこから始まって~)

キラ「アクシズ!」

シャア「行かせはせん!」

フリーダムの前に立ちふさがるサザビー

(愛しさが~)

0.01秒、宙域にある32のファンネルがサザビーをロック
0.42秒、モニターが全て赤く染まるのを確認するシャア
0.56秒、「キラ・ヤマト」と叫ぶシャア
0.89秒、全てのファンネルが光りビームを撃つ
0.92秒、ビームに串刺しにされるサザビー
1.00秒、頭部コクピットを蹴り飛ばすフリーダム

(そこに~ 帰るのさ~)

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:13:44.18 ID:uaIppoqm0
シャア「やめろ!」

キラ「想いだけでも、力だけでも!」

飛び出したコクピットをフリーダムで掴みバーニアフルバースト

(ああ~ メビウスの輪から~ 抜け出せなくて~)

フリーダム、アクシズに到着

(いくつもの~ 罪を~ 繰り返す~)

シャア「いくら貴様でもアクシズはおとせんよ!!」

キラ「そうかもしれない」

キラ「でも」

キラ「ここでやらなきゃ、絶対後悔するから」

(平和より自由より正しさより~)

キラ「後悔だけはしたくないんだあああ!!!」

(君だけが望む全てだから~)

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:19:30.68 ID:uaIppoqm0
フリーダムに群がるELS
キラ「ELS…」

(離れても変わっても見失っても~)

フリーダムと同化していくELS
キラ「うん!」

(輝きを消さないで~)

巨大化したフリーダム
キラ「みんなの力を!」

(You can change your destiny 時の向こう~)

キラ「いっけえええ!!!」

巨大フリーダムのハイマーットフルバースト

(You can change your future 闇の向こう~)

爆散するアクシズ

(We can share the happiness 捜してゆく~)

シャア「この暖かさを持った人間が地球を滅ぼすとなぜわからん…」

(許しあえるその日を~)

キラ「そうならない未来を僕は捜しているんです」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:25:32.71 ID:uaIppoqm0
ディアナ「宇宙でこれだけの光が…」

ディアナ「太陽以外から放たれる…」

アグリッパ「闘争の光でしょうな」

ディアナ「あってはならない歪みです…」

ディアナ「ギンガナムを呼びなさい」

アグリッパ「ディアナ様、なりません、闘争本能を呼び覚ましては!」

ディアナ「闘争本能を呼び覚ますわけではありません…」

ディアナ「あの剣が存在している…」

ディアナ「おちおち夜も眠れぬのならば…」

ディアナ「振り払いましょう…」

アグリッパ「し、しかし…」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:30:33.11 ID:uaIppoqm0
∀ガンダムが自動で立ち上がる

ロラン「うわわわ!!」

メシェー「ちょっと!危ないじゃないのロラン!」

ソシエ「そうよ!ホワイトドールを上手に扱えないならあなたここにいる意味ないんですからね!」

ロラン「そんなこと言ったってお嬢様!」

モニター中を踊る赤い∀の文字

ロラン「どうしたんだホワイトドール!?」

∀ガンダム、ジャンプして月光蝶を展開する

ロラン「な、なんなんだこのシステム!?」

砂になるソシエとメシェー

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:34:39.00 ID:uaIppoqm0
∀ガンダム宇宙へ飛び出す

同刻

ギンガナム「なんだこれはあああ!!!」

月面上に虹色の光

マウンテンサイクルから飛び出すターンX

ギンガナム「ぐおおおおおおお!!!」

ターンX、ギンガナムを取り込み後、月光蝶を開いて月から離脱

同刻

キラ「宇宙が騒がしいな」

キラ・ヤマト、二体の蝶を感知

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:40:53.88 ID:uaIppoqm0
(Century Color Million Color ダダッダダダ ターンエーグァンダ~ム)

キラ「なんだか胸騒ぎがしまう」

キラ「クワトロ大尉、宙域の人間を全員避難させてください」

クワトロ「わかっ…ぐおおおおおお!!!」

月光蝶の輝きに呑まれて砂になるクワトロ

(赤い赤い花びらよ~ Uh~ Century Color)

キラ「クワトロ大尉!!」

蝶の羽根で宙域のモビルスーツを砂にしていくターンX

(青い青い羽根になれ~ Uh~ Million Color)

月光蝶の羽根に包まれるキラ

キラ「なんなんだあれは…」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:46:32.87 ID:uaIppoqm0
キラ「戦う意思を振りかざして!君が戦うと言うのなら僕は!」

フリーダムに乗り込もうとするがフリーダムが砂になる

キラ「これは…」

(あなたの未来染めて藍~して~)

ギンガナム「ハーッハッハ、みんな砂になってしまうんだよ!!!」

ギンガナム「このターンXの月光蝶でな!!!」

(生まれ変わってゆく~)

キラ「ガンダムがなくたって!」

地面を蹴り出しターンXの頭部を蹴り飛ばすキラ

ターンXの頭部が胴体から離れる

(繰り返す季節達が~)

ギンガナム「きかんな!!」

ターンXの各部がパージされる

(心と身体を洗ってくれる~)

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:50:36.87 ID:uaIppoqm0
(あなたの中にある傷口をいたわり~)

ターンXの再ドッキングで腕パーツと胴体パーツに潰されるキラ

(深く~癒しあいながら~)

キラ「ぐああああああ!!!」

ELS「……」

ターンXに突進するELS

(ほんのちいさなツボミ~ ふたりで育てる~)

ギンガナム「下等生物が小生の邪魔をするな!!!」

砂になりながらもターンXにぶつかる

放り出されるキラ

(藍だけでいい~ ずっと~)

次々砂になっていくELS達

キラ「ELS!!」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:56:18.17 ID:uaIppoqm0
(そして 赤い赤い花びらが~ Uh~ Century Color)

アクシズが爆散したときにできたデブリの上でELSを抱き上げるキラ

キラ「どうして…」

(青い青い……)音楽フェードアウト

キラを侵食しまいと暴れるELS

キラ「僕は…」

ELSを抱きしめ侵食されていくキラ

キラ「君の仲間はもうほとんど砂になってしまったけど」

キラ「君は僕と一緒にいよう」

右半身がメタル化するキラ

(……泣いて泣いて 夢紡いでいた~)

メタル化した身体を銃口に変貌させながらターンXを睨むキラ

(歩き続ける ために)

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:01:45.67 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「勝てるわけねえだろ!!」

ギンガナム「下等種族の分際でターンXに楯突くことが目障りなんだよ!」

ELSを全て砂にし、その砂が漂う宙域で虹色に輝くターンX

キラ「あなただけは!」

変貌させた右腕の銃をデブリに撃ち、その推進力で突き進むキラ

ギンガナム「なにぃ!?」

キラの蹴りを左腕で受けたもののターンXの左腕は潰れて千切れた

(あんなに一緒だったのに~)

キラ「あなただけはああ!!」

(夕暮れはもう違う色~)

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:06:49.58 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「なぜ貴様は砂にならん!!」

(ありふれた優しさは君を遠ざけるだけ~)

ギョチョンギョチョン

千切れたターンXの腕にメタル部分で接触して取り込む

キラ「僕のこの手が光ってうなる!!」

(冷たく切り捨てた心は~彷徨うばかり~)

キラ「あなたを倒せと輝き叫ぶ!!」

銀色のメタル部分が金色に輝き始める

(そんな格好悪さが 生きるということなら~)

キラ「必殺ELSフィンガー!!」

(寒空の下 目を閉じていよう)

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:11:04.08 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「バカめ、ターンXにはまだ右腕が残っている!!」

構えるターンX

ギンガナム「本物のシャイニングフィンガーを見せてくれるわ!!!」

ターンXも同じ攻撃で対抗する

そして接触する両者

(あんなに一緒だったのに~)

キラ「ぐうう!」

ギンガナム「小僧、ここからが本番だろう!!!」

キュション

ターンXの背後に広がる月光蝶

(言葉ひとつ通らない~)

キラ「ううっ!」

ジワジワと押し負けていくキラ

(加速してく背中は今~)

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:15:23.27 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「小生の勝ちだな!!」

完全に押し負けるキラ

(あんなに一緒だったのに~)

キラ「それでも僕は!!」

身体を回転させシャイニングフィンガーを受け流し

その反動で捻られた身体から繰り出す蹴りでターンXを蹴り飛ばす

(夕暮れはもう違う色~)

ギンガナム「小賢しいわ!!」

ターンXの脚部を分離させキックを飛ばす

キラ「ぐあああああ!!!」

(せめてこの月明かりの下で~)

自分よりも大きな脚部に押し飛ばされるキラ

(静かな眠りを~)

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:21:47.06 ID:uaIppoqm0
血反吐しながらも脚部パーツを振り払い

その脚部パーツを足場にターンXに突っ込むキラ

ギンガナム「パワーで負けたってことは全てで負けているんだよ!!」

ターンXは構えたビームサーベルを振り下ろす

それを擦れ擦れでかわしたキラの頬がこげた

キラ「負けてたって僕は!!」

ターンXの胸部にカカト落としを浴びせる

ギンガナム「そう何度も何度もぶっ飛ばせると思ってもらっては困るなあ!!!」

推進力を全開にして衝撃の力を打ち消すターンX

宙を彷徨うキラの横からターンXの腕が伸びキラを掴んだ

ギンガナム「ふはははははは!!!」

腕パーツから電撃が走る

キラ「ぐああああああ!!!」

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:26:17.33 ID:uaIppoqm0
キラ「僕は間違っていたんだろうか」

キラ「ちゃんと話し合うことができれば」

キラ「相手の言葉を聞けば」

キラ「わかりあえるって」

キラ「でも彼らは」

キラ「戦うことばかりに夢中になって」

キラ「相手の言葉を聞こうとしない」

キラ「憎しみだけで動いて」

キラ「それが間違っていると思ったから」

キラ「話し合うために争いをなくそうって」

キラ「なんで」

キラ「それなのになんで」

キラ「僕はこんなところまで来てしまったんだろう」

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:29:33.83 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「話し合い?」

ギンガナム「くだらんな小僧!!!」

ギンガナム「人の闘争本能はおさまらんよ!」

ギンガナム「現に貴様は、小生と戦っている!!」

キラ「違う」

ギンガナム「何が違う!? どう違う!!」

キラ「僕はあなたとだって戦いたくないんだ」

ギンガナム「戯言を!!!」

キラ「ぐあああああああああ!!!」

ギンガナム「人の歴史が証明したことを覆せると思っているのは!!!」

ギンガナム「一番人の言葉を聞かないやつの言うことなんだよ!!!」

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:32:55.39 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「新たな闘争の歴史の幕開けだ!」

ギンガナム「手始めにコロニーを全て砂にしてやる!!」

キラ「あなたは…ぐあああああああ!!!」

ギンガナム「人の闘争心は納まらんよ!!!」

キラ「それを決めるのは…」

(イントロ)

キラ「それを決めるのはあなたじゃない!!」

(握った~ 拳の強さで~)

ターンXの腕パーツを吹き飛ばすキラ

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:37:58.63 ID:uaIppoqm0
ロラン「どうしたんだホワイトドール!!」

戦場に介入してくる∀ガンダム

(壊れた~)

∀ガンダムを視認するキラ

キラ「あの機体、砂になってない…」

(願いに~ 血を流す手の平~)

キラ「ごめん、その機体貸して!」

∀ガンダムのコクピットハッチをこじ開けるキラ

ロラン「うわわわわ…ぐああああああああ」

蒸発するロラン

(果てない~ 翼と~)

キラ「君…、よくも…よくもおおお!!!」

338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:40:45.56 ID:uaIppoqm0
(鎖は~ よく似て~)

メタル部分でインターフェースを乗っ取るキラ

キラ「月光蝶!!」

∀ガンダムの背後に伸びる蝶の羽根

大きさはターンXの23倍

そしてその羽根は月を包む

(重さで~ 何処にも行けずに~)

ディアナ「ぐおおおおおおお!!!」

アグリッパ「ぐおおおおおおお!!!」

砂になる月

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:44:46.90 ID:uaIppoqm0
ギンガナム「なんだとぉ!!?」

(失くす~ ばかりの 幼い~瞳で~ 人は~ 帰らぬ星を思う~)

太陽をシルエットに黒いターンXの機影

高速で∀が通り抜けるたびに各部パーツが消えていく

宇宙を覆いつくす虹色の羽根

(掲げた~ それぞれの灯を~ 命と咲かせて~)

ギンガナム「なぜだあ!!?」

キラ「システムに乗っ取られているあなたにはわからないでしょう!?」

ターンXの頭部を掴む∀のシルエット

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:48:17.30 ID:uaIppoqm0
コクピットからターンXの頭部へ飛び降りるキラ

(運んで~ いくことが 運命~)

キラ「ねえ」

キラ「僕達も一緒に花を咲かせようよ」

モニターに映った手を差し出すキラ

(輝き刻む~)

ギンガナム「ご免だ!!!」

ハッチを開き日本刀をかざしキラに斬りかかるギンガナム

キラ「」

蒸発し消えたギンガナム

(誰もが優しい時の傷跡~)

キラ「悲しいね…」

 
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:19:52.15 ID:uaIppoqm0
アムロ「νガンダム、各部正常」

カミーユ「Zガンダムいけますよ」

ジュドー「ZZガンダム、オッケー!」

ブライト「よし、これよりキラ・ヤマトを撃墜する!」

アムロ「ガンダムが三体もいるというのに」

アムロ「なんだろうな」

カミーユ「ええ、ざらついた感じがします」

ブライト「目標フリーダム、全員気を引き締めろ!」

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:24:54.33 ID:uaIppoqm0
キラ「なんで?」

キラ「たくさんの敵意が宇宙に溢れている?」

宇宙に一筋の閃光を見つけるキラ

キラ「あれは?」

(イントロ)

ヒイロ「目標確認、ターゲットロック」

(言葉よりわかり合える~ まなざしがそこにあれば~)

ゼロから放たれる二本の閃光

キラ「あ」

(人は皆~ 生きていける~ 迷わずに自由に~)

閃光に包まれるキラ

373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:30:13.83 ID:uaIppoqm0
(過ちをこえて~ 気づく本当のやさしさ~)

デュオ「ヒイロが仕掛けた!」

スロットルを踏み込むデュオ

(あなたと見つけたから~ 愛と呼べる 強さを~)

カトル「デュオ、無茶はしないで!」

トロワ「そうも言ってはいられない」

トロワ「俺達は所詮使い捨てのコマだ」

トロワ「先手必勝でいく方が生存率も高いだろう」

(I BELIEVE YOUR LOVE)

デュオ「どけよ、死神様のお通り」

閃光から飛び出した人影に蹴り飛ばされるデスサイズ

デュオ「ぐおおおおおおお!!!」

(震えながら~ 口づけに 重ねた願い~)

374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:34:11.65 ID:uaIppoqm0
(あなたがいて~ 私がいる~)

カトル「デュオ!」

デスサイズが爆発した衝撃に乗って突っ込んでくるキラ

その手には∀ガンダムが掴まれていた

(忘れないで い~つも~)

五飛「貴様は正しいのか!?」

キラ「月光蝶!!」

∀を投げ飛ばすキラ

そこから蝶の羽根が伸びサンドロック、アルトロン、ヘビーアムーズは砂と化した

378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:38:42.35 ID:uaIppoqm0
(I BELIEVE YOUR DREAM)

ヒイロ「俺が死んでいる未来か…」

ゼロシステムのインターフェースを取り払うヒイロ

(募る想い~)

ヒイロ「そんな未来などいらん…」

∀ガンダムをサーベルで斬り裂くゼロ

(愛しさを 祈りに変えて~)

光球の影から突っ込んでくる人影

ヒイロ「任務、完了…」

(この鼓動を 伝えたいよ~)

ゼロの頭部を蹴り飛ばすキラ

誘爆する機体

(熱く激しく so far away)

キラ「」

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:42:37.33 ID:uaIppoqm0
ガロード「シャアアア!!!行くぜパーラ!」

パーラ「あいよ!」

ガロード「ガンダム出」

二本の閃光が走る

ウィッツ「ぐおおおおおお!!!」

ロアビィ「ぐおおおおおお!!!」

ガロード「ぐおおおおおお!!!」

ティファ「ぐおおおおおお!!!」

ガロード「ぐおおおおおお!!!」

爆発するDXとレオパルドとエアマスター

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:45:34.81 ID:uaIppoqm0
サイシー「よし、おいら達も!」

アスラン「行かせるか!!」

ジョルジュ「なんですか?」

チボデー「キラ・ヤマトを落としてこいって」

チボデー「ようやくコロニーと地球が一致団結したってのに」

チボデー「それに水を差すつもり?」

アスラン「キラは敵じゃない!!」

394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:47:42.84 ID:uaIppoqm0
アスラン「あいつはまっすぐ過ぎるんだ」

アルゴ「言っている意味がわからんな」

アスラン「危なっかしくて」

アスラン「今回だってきっと理由があったんだ!」

サイシー「だから?」

アスラン「その理由も考えずにキラを討てばいいという貴様らは間違っている!」

ジョルジュ「ちょっと穏やかじゃないですね」

アスラン「だから貴様らは俺が討つ!!」

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:53:15.01 ID:uaIppoqm0
(イントロ)

チボデー「俺達が戦う必要なんてないだろう…ぐおおおおおおおおお!!!」

爆散するマックスター

(遠く離れてるほどに~ 近くに感じてる~)

アルゴ「チボデー!」

ジョルジュ「ローゼスビット!!!」

(寂しさも強さへと~ 変わってく~ 君を思ったなら~)

アスラン「俺はキラほど器用じゃないんだ!」

ビットを掻い潜りサーベルで斬って落とすジャスティス

アスラン「死にたくないなら機体を下がらせろ!!」

ジャスティスのサーベルがローズのコクピットに突き刺さる

ジョルジュ「ぐおおおおおおおおお!!!!」

400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:57:35.21 ID:uaIppoqm0
(街も人も夢も~ 変えていく時間に~)

シン「インパルス、シン・アスカ、いきます!」

カタパルトから飛び出すインパルス

(ただ逆らっていた~)

シン「メイリン、フォースシルエット…ぐおおおおおおおおお!!!」

長距離狙撃で串刺しにされるインパルス

(言葉を重ねても~ わかりあえないこと~)

ディアッカ「なんで戦場でシルエットチェンジとかしちゃうかね?」

ムウ「バカだからだろ」

(まだ~ 知らなかったね~)

406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:00:28.79 ID:uaIppoqm0
(君だけを抱きしめたくて)

キンケドゥ「行くぞ…ぐおおおおおおおおおおお!!」

トビア「はい…ぐおおおおおおおおおおお!!」

クロスボーンX3、F91、撃墜

カガリ「ゾロゾロと鬱陶しいやつらめ!!」

(失くした夢~ 君は~)

カガリ「次だ!」

(アキラメナイデ といった~)

416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:05:54.78 ID:uaIppoqm0
(遠く離れてるほどに~ 近くに感じてる~)

ウッソ「V2の光の翼で!」

0.02秒、V2光の翼展開
0.21秒、キラとすれ違う
0.34秒、V2のミノフスキードライブ破損
0.54秒、引き返してきたキラがV2にとび蹴り
0.58秒、ガンイージがV2をかばう
0.66秒、ガンイージ爆散

ウッソ「誰が乗ってたの?」

ウッソ「トマーシュ、オデロさん!?」

V2のレーダー、後方の熱源を感知

ウッソ「ぐおおおおおおおお!!!」

V2の頭部パーツを素手で剥ぎ取るキラ

(寂しさも強さへと 変わってく 君を思ったなら~)

423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:10:42.71 ID:uaIppoqm0
ドラゴンガンダムに突き刺したサーベルを抜くジャスティス

アスラン「俺は言ったぞ!」

アスラン「死にたくないなら機体を下げろと何度も…何度も」

(切なく胸を刺す それは夢の欠片~)

コウ「コウ・ウラキ突貫します!!」

デンドロビウムの砲門をジャスティスに向け突進する

ジャスティスはサーベルを構えデンドロビウムの勢いを利用して砲門をスライスした

(ありのまま~ 出会えてた~)

コウ「え?」

アスラン「俺は言ったぞ!」

コウ「ぐおおおおおおおおお!!!」

ステイメンを貫く閃光

(その奇跡 もう一度信じて~)

434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:13:57.19 ID:uaIppoqm0
アムロ「ぐおおおお!!!」

カミーユ「ぐおおおお!!!」

アサギ「こいつら超弱いじゃん」

ジュリ「インターフェースの改良が役に立ったみたいね」

ジュドー「アムロさん、カミーユさん…ぐおおおおおおお!!!」

マユラ「よっしゃ!」

ジュリ「時間かかり過ぎ」

マユラ「う…」

445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:18:02.87 ID:uaIppoqm0
ガトー「どけ!核を使う!!」

バーニィ「中佐を援護しろ!!」

キラ「…」

マリーダ「なんだ、機体が?」

サイサリスを護っていたクシャトリヤのファンネルが暴発

ファンネルから放たれた閃光が核を貫く

ガトー「何をやっているんだプルトゥエルブ」

マリーダ「違…ぐおおおおお!!!」

ガトー「ぐおおおおおおお!!!」

バーニィ「ぐおおおおおお!!!」

455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:21:42.40 ID:uaIppoqm0
プル「やだ、ファンネルが変だよ!」

グレミー「サイコミュを持っている兵器はあいつに近づくな!!!」

バナージ「乗っ取られなきゃいいんでしょう!」

バナージ「だったら僕のユニコーンなら!!」

キラに蹴られ爆発するユニコーン

バナージ「ぐおおおおおお!!!」

グレミー「誰もあいつに近づくな!!」

プルトゥエルブ「じゃあどうすればいいのさマスター!?」

グレミー「オールドタイプを出せ、ヤザンを呼ぶんだよ!!」

460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:24:46.65 ID:uaIppoqm0
ヤザン「生意気なんだよ貴様は!!」

ジェリド「貴様は俺の!!」

キラ「どうしてあなたたちは戦うんですか!?」

キラ「僕は戦いたくなんてないんだ!!」

ヤザン「宇宙空間に生身で出て平気な人間なんて気持ち悪いだろうが!!」

キラ「そういう偏見を持って人と接するから…」

キラ「あなたたちは…」

ジェリド「ぐおおおおお!!!」

バウンドドックを蹴り飛ばすキラ

バウンドドックの進路上にあるハンブラビ

二つの光球

ヤザン「ぐおおおおお!!!」

467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:26:40.40 ID:uaIppoqm0
地球

シロー「俺はさアイナ」

アイナ「なにシロー?」

シロー「こうやって君と過ごせる穏やかな時間があること」

シロー「それがたまら」

空から落ちてくるミネルバ

シロー「ぐおおおおおお!!!」

アイナ「ぐおおおおおお!!!」

475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:30:41.17 ID:uaIppoqm0
刹那「ダブルオー!刹那・F・セイエイ!出る!」

リンダ「お願いよ、刹那ちゃん!」

リンダ「その機体で、その機体で絶対にイアンさんの仇を取って!」

刹那「わかっている」

キィイイイン

刹那「今度は負けない!」

リボンズ「やあ刹那」

アレハンドロ「私達もその地獄へ付き合おう」

ヨハン「やることがないのでな」

刹那「勝手にしろ」

480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:34:00.49 ID:uaIppoqm0
キラ「どうして…どうして君たちは戦うの?」

ミハエル「行けよふぁんぐおおおおおおおおおおお!!!」

アレハンドロ「なぜファングを使った」

ネーナ「ミハ兄ィ!!」

キラの目か出たビームがスローネドライを撃ち抜く

ネーナ「ぐおおおおおおおお!!!」

リボンズ「あれは人間かい?」

刹那「やつのやることを常識で考えるな」

刹那「なんでもしてくる。それがあのパイロットだ」

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:37:08.74 ID:uaIppoqm0
アレハンドロ「ぐおおおおおおおおお!!!」

ヨハン「ぐおおおおおおおおお!!!」

リボンズ「あ~らら」

刹那「トランザム!!」

リボンズ「わかっているのかい刹那?」

刹那「わかっている!」

刹那「勝負はワンチャンス!」

刹那「量子化し意表をついた!」

刹那「そこが決着…ぐおおおおおおおおお」

ジャスティスがダブルオーを斬り捨てる

リボンズ「おいおい、それは盛り上がらないだろう…ぐおおおおおおおおおおおおお」

アスラン「なんなんだお前ら!!」

496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:41:39.72 ID:uaIppoqm0
シン「…」

アスラン「シン」

シン「あんたが裏切るからいけないんだ!」

アスラン「シン!お前が本当に欲しかったものはなんなんだ!」

シン「本当に欲しかったもの…」

アスラン「もうやめろ」

シン「はいやめます」

アスラン「ジャスティス貸してやるからあそこのニュータイプ部隊始末してこい」

シン「隊長は…」

アスラン「こんな馬鹿げた争いに機体など必要ない」

アスラン「とうっ!」

ヘルメットを脱ぎ捨て生身で飛び上がるアスラン

506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:43:51.20 ID:uaIppoqm0
シン「あんたは一体なんなんだ!!!」

プル「ぐおおおおおおおおお!!!」

プルツー「ぐおおおおおおおおお!!!」

シン「こんなことして、戦争がしたいのかよ!!!」

キャラ「ぐおおおおおおおお!!!」

マシュマー「ぐおおおおおおおおお!!!」

シン「下がれよ!!!」

グレミー「貴様が、なんだ…ぐおおおおおおおおおおお!!!」

シン「あんたが抵抗するから」

521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:48:23.37 ID:uaIppoqm0
コーラ「俺は模擬戦で!」

イナクトのコクピットを蹴りで精確に貫くアスラン

同刻、コーラの横を通過するアスラン

コーラ「はん?ぐおおおおおおおお!!!」

重力に引かれるイナクト

大気圏の摩擦熱が破損した箇所から侵入し蒸発するコーラ

アスラン「戦争はヒーローごっこじゃないんだ!」

アスランが通った道にできる光球

荒熊「ぐおおおおおおおおお!!!」

小熊「ぐおおおおおおおおお!!!」

ソーマ熊「ぐおおおおおおおお!!!」

531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:51:27.57 ID:uaIppoqm0
シロッコ「これはいかん、木星に帰ろう」

シロッコ「木星」

シロッコ「あ、そうだELSに食われたんだったな」

シロッコ「どうしよう」

サラ「どうしましょう」

シロッコ「ぐおおおおおおおおおおお!!!」

サラ「ぐおおおおおおおおおおお!!!」

狙撃し遠くに見える光球を見るディアッカ

ディアッカ「撃ったけどよかったのかなオッサン?」

ムウ「知らん」

538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:55:05.84 ID:uaIppoqm0
東方不敗「フフッ」

東方不敗「ハーッハッハ!!」

東方不敗「あれこそが!」

東方不敗「あれこそが私が待ち望んだ!」

東方不敗「デビルガンダムの母体よ!」

キラに飛びつく東方不敗

キラ「うっ!」

東方不敗「いくら老いた老人と言えど」

東方不敗「貴様の動きをほんのちょっと止めるくらいならばできよう!」

キラ「しまった!」

東方不敗「来いデビルガンダム!!」

デビルガンダムに取り込まれるキラ

アスラン「キラアアアアアア!!!」

548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:58:38.36 ID:uaIppoqm0
デビルキラ「やめてよね」

デビルガンダムと融合したキラから放たれる極太の閃光

ハム「ぐおおおおおおおおお!!!」

大量のできる光球

ブライト「なんだって、さっきのキラの攻撃で残存戦力の80%が壊滅だと!?」

虚ろな目で周囲を見渡すキラ

ディアッカ「聞いてないぜ」

ムウ「ごちゃごちゃ言ってないでキラを止めるんだよ!!」

557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:01:53.15 ID:LGlv+MxM0
カロッゾ「なんだあの化け物は…ぐおおおおおおおおおおお!!!」

ドゥガチ「ぐおおおおおおおおおお!!!」

ディアッカ「なんて気持ち悪い光景だよ」

ディアッカ「巨大なキラの顔面が機体を食ってやがる」

アスラン「ア~ス~ラ~ン~、イ~ナ~ズ~マ~キイイイイック!!!」

雷を帯びたアスランの蹴り

バランスを崩すデビルキラ

アスラン「もうやめろキラ!!!」

シン「隊長カッケー!!」

566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:06:02.59 ID:LGlv+MxM0
ラクス「キラ!」

デビルキラ「ラクス…」

ラクス「なんということでしょう」

ラクス「そんな姿になってしまうなんて」

ラクス「いっそ死ね」

ディアッカ「ひゅ~」

ラクス「作られた五機のガンダムの封印を解きます!」

ラクス「五機のパイロットはスタンバイしてください」

イザーク「なんだこれは!?」

ディアッカ「ちょっと聞いてないって!」

ムウ「いくぞ、合体だ!」

573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:09:31.44 ID:LGlv+MxM0
ムウ「ストライク!」

ディアッカ「バスター!」

イザーク「デュエル!」

ガチョインガチョインガチョイン

ムウ「完成!五体合体ストライクイージスデュエルバスターブリッツガンダム!!」

ディアッカ「おっさん、脚ないぞ!」

ムウ「仕方ないだろう、イージスとブリッツがいないんだから!」

ムウ「脚なんて飾りだ飾り…ぐおおおおおおおおおおおお!!!」

ディアッカ「ぐおおおおおおおおおおお!!!」

イザーク「ぐおおおおおおおおおおお!!!」

586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:15:38.15 ID:LGlv+MxM0
アスラン「もうやめろキラ!!」

シン「もう戦う理由なんてないんですよ!!」

デビルキラが腕を払う

シン「ぐおおおおおおおおおお!!!」

アスラン「シーン!!!」


591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:17:28.94 ID:LGlv+MxM0
ドモン「行くか…」

ドモン「こい、ガンダム!!」

ドモン「待っていろよ師匠!!」

ドモン「あんたが道を間違えたのならば俺が正す!!」

東方不敗「愚か者め!!」

ドモン「元師匠!!」

東方不敗「あのデビルガンダムをみてなぜわからん…ぐおおおおおおおお!!!」

ドモン「ぐおおおおおおおおおお!!!」

602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:21:33.02 ID:LGlv+MxM0
『キラ「という夢を見たんだ」

ラクス「まぁ素敵」』

バルドフェルド「おーい聞こえるかアスラン」

『アスラン「なんですか?」』

バルドフェルド「艦長はもう自分の世界に浸って現実をみようとしていない」

『アスラン「いつものことですよ」』

バルドフェルド「どうする?」

『アスラン「ミーティアを出してください」』

バルドフェルド「うーい」

616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:26:15.42 ID:LGlv+MxM0
(イントロ)

アスラン「キラ、俺は」

ミーティアを壊しソード部分を掴むアスラン

(触れてても~ 冷たい指先~)

アサギ「ぐおおおおおおお!!」

ジュリ「ぐおおおおおおお!!」

マユラ「ぐおおおおおおお!!」

次々に落ちていく味方機

(凍り~付いた~ 月に照らされて~)

アスラン「お前を討つ!」

ソードを構えるアスラン

621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:30:38.37 ID:LGlv+MxM0
(ひび割れた心が~ 燃え尽きる夜を抱くけど~)

アスラン「キラアアアア!!!」

デビルキラヘッドを斬り刻むアスラン

触手部分が斬られた痛みでデビルキラの顔が歪んだ

(一緒の彼方で~ 煌めいた思いが~)

デビルキラ「アスラン…」

アスラン「どうしてお前は!」

つかみ掛かろう伸ばされた腕を掻い潜り回転するアスラン

持っていたソードの一本が指先に接触し湾曲した

(愛なら~)

アスラン「どうしてお前はそういう風にしか動けない!!」

625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:35:15.21 ID:LGlv+MxM0
(幻~にして~ みせて~)

アスラン「お前は一体何がしたいんだ!」

湾曲したソードをブーメランにし投げつけるアスラン

デビルキラ「ぐあああああああああ!!!」

ソードがデビルキラの眼球部に突き刺さる

(放~つ光~ 空に落ちる~)

ソードを払い右目を抑えるキラ

デビルキラ「アスランンン!!!」

632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:39:17.05 ID:LGlv+MxM0
(望むだけの~ 熱を捧げて~)

デビルキラがハエを叩くようにアスランを潰そうとする

アスランはソードをつきたて威嚇したがデビルキラは構わずそのまま手のひらを叩きつけた

デビルキラ「ぐうっ!」

アスラン「ぐあああああああ!!!」

(死に逝く星の~ 生んだ炎が~)

デビルキラは追い討ちをかけるようにアスランをデビルキラヘッドで弾き飛ばす

アスラン「ぐあああああああ!!!」

(最後の夢に~)

無数のデビルキラヘッドでアスランを拘束した

しかしその拘束を突き破るアスラン

(やかれているよ~)

アスラン「キラアアアアア!!!」

637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:41:49.03 ID:LGlv+MxM0
デビルキラ「アズニャンンンンン!!!」

あずにゃん「きいいいいりつうううううう!!!」

でびるりつ「」

あずにゃん「」

どうやらこの日記はここで終わっているようだ