1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 00:25:34.42 ID:mgbiZgBOO
Zガンダム安価コンマスレ


前スレ
【Zガンダム】俺「安価でティターンズと戦う」part8 

俺能力一覧
MS操縦技量:準エース級(中盤ジェリド並み)
NTレベル:レベル5(中盤カミーユ並み)
白兵強さ:カミーユ並み(そこらのモブには負ける事は無いが、白兵が強いキャラには勝てないレベル)
MS:GP04ガーベラ


※指定先が事故っている場合は1つ下のレスを採用します
デスペナ有り(戻り先の当時の能力から操縦技量1段階ダウン、話がおかしくなる可能性がある為NT能力は下がりません※当時のNTレベルには戻ります)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1585841134

引用元: 【Zガンダム】俺「安価でティターンズと戦う」part9 



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 00:36:02.14 ID:mgbiZgBOO
前スレ1000成功
ん?巻き戻り使う感じなんです?


1使用して好きな場所へ巻き戻る(質問タイム挟みます)
2このまま行く(ラーディッシュ所属になった所から)


多数決下5まで

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 00:37:21.61 ID:uCu0QdPVO
まだ早いかな
2

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 06:16:43.46 ID:ArXxvNCY0
ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「我々はアーガマが港を出た24時間後に出港する」

ファ「あれ?同時には出ないんですか?」

クワトロ「アーガマは宇宙へ戻ってくるカミーユを先に拾いに、ラーディッシュはアーガマへZガンダムとメタス、Gディフェンサーを運ぶ役目があるのさ」

ファ「Zガンダム…遂に完成したんですね」

クワトロ「ああ」

俺(俺は前もってクワトロ大尉から聞いてたから驚きはないな)

ヘンケン「そしてクワトロ大尉は近い内にブレックス准将の護衛の任務で留守になる」

俺「ブレックス准将の護衛の任務…?」

クワトロ「未だ決定では無い。だが時間が有れば行くつもりだ」

ヘンケン「おいおい…」

俺「何処へ向かうんです?」

ヘンケン「地球だよ」

俺「また地球に…?」

ヘンケン「地球連邦政府の総会があるんだ。恐らくティターンズ総帥ジャミトフも出てくる」

俺(ジャミトフ・ハイマン…ティターンズの創設者か…)グッ

ヘンケン「その総会で恐らく今後の地球連邦の未来は決まる」

ファ「とても大事な総会なんですね」

クワトロ「ああ…」

俺「??」

ヘンケン「クワトロ大尉が留守になったら必然的にこの艦のエースはお前だ。しっかり頼むぞ」

俺「ライラ大尉は?」

ヘンケン「カツのお守りをするんだ。そこまでライラ大尉に任せる訳にはいかん」

俺「なるほど…」

俺(ライラ大尉とカツ君か…。ライラ大尉やるからには厳しそうだが、カツ君と合うのかな…)

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 06:25:42.80 ID:ArXxvNCY0
ラーディッシュ
ブリーフィングルーム

クワトロ「皆、既に新たに加わったパイロットとの挨拶は既に済んでいるな?」

エゥーゴ兵達「はっ!」

俺(新たに加わったのはサラ、カツ君。後は前から既に仲間だったが、MSパイロットへと転向したレコアさんか…)

クワトロ「ラーディッシュはこれよりアーガマと合流するべく進路を取る」

クワトロ「アーガマへと荷物を運ぶのはアポリー、レコア、サラの3人にやらせる」

俺(あ、そっか。俺とカミーユだけが特殊なケースだっただけで、普通はいきなり戦闘はやらせないよな)

クワトロ「アポリーは2人と一緒に付いててやれ」

アポリー「また自分ですか…」

クワトロ「これは命令だぞ」

アポリー「了解です」

クワトロ「未だグリプスを出たティターンズの艦隊の狙いがサイド2か、月なのかは不明なんだ。索敵は怠らないようにな」

俺達「「「はっ!」」」ビシッ



廊下

俺「ティターンズの艦隊の目的はサイド2か、月…か」ス-

俺(そろそろ大きな作戦がありそうだな。今の内に何かやれる事をやっとくか)


自由行動
1ヘンケンと話す(好感度5)
2アポリーと話す(好感度4)
3ファと話す(好感度9)
4サラと話す(好感度3)
5レコアと話す(好感度3)
6ライラ&カツのコンビの様子を見に行く(好感度5&3)
7偶にはクワトロと汗を流す(現在白兵戦強さ:カミーユ並み)


多数決下5まで

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 06:31:09.25 ID:hdkMjVCro
3

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 16:01:54.59 ID:ArXxvNCY0
ラーディッシュ
格納庫

俺「ようファ」ス-

ファ「あ、俺さん」

俺「どうしたんだこんな所で。ネモの整備は終わった筈だろ?」

ファ「あっ、はい…」ジッ

ネモ「」

俺「何か不満があるのか?」

ファ「いえ、その…」

俺「どうしたんだよ?遠慮するなよ」

ファ「最近、ネモの反応が遅いなぁって感じるようになって来て…」

俺「ああ…」

俺(確かにファもそこらのパイロットに比べたらもう十分強い方だが、未だ量産機なんだっけ…)チラッ

俺(俺はファくらいの頃にガーベラ貰ったんだよな。そしてカミーユにも新たにZガンダムも配備されるし…)

俺(ファもそろそろネモから新しい機体貰えてもおかしくない筈だが…)


1ファの新機体も貰えるように頼んでみるよ
2別に強い機体が貰えなくても俺が守ってやるよ
3その他

多数決下5まで

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 16:10:34.34 ID:86oMjhkY0
1で

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 16:46:12.65 ID:ArXxvNCY0
アーガマ
格納庫

俺「ファの新機体も貰えるように頼んでみるよ」

ファ「えっ!本当ですか!?」パアッ

俺「ああ。まぁ直ぐには配備されないだろうが、期待して待ってろ」

ファ「はい!宜しくお願いします!」



ブリッジ

ヘンケン「ファにも新機体をだと?」

俺「はい。彼女はもう立派な戦力の一人です。このまま量産機に乗しておくのは惜しいと思います」

ヘンケン「うぅむ…クワトロ大尉はどう思う?」

クワトロ「私も賛成だな」

俺(おっ)

クワトロ「彼女には彼やカミーユのような素質もあるように見える」

ヘンケン「ファもニュータイプと言う事か」

クワトロ「それは私には断言できないが、期待はしても良いだろう」

ヘンケン「うぅむ…分かった。ウォンさんにその件も連絡してみよう」

俺「宜しくお願いします」ペコリ

俺(これでファが戦場で死ぬ確率も減ってくれれば良いが…)

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 16:47:59.35 ID:ArXxvNCY0
アレキサンドリア
格納庫

ヤザン「こいつがオレ宛てに地球のニュータイプ研究所から届いた機体だってか」

ギャプラン「」

ティターンズ整備兵「はっ!ヤザン中尉ならば使い熟せるだろうと…」

ヤザン「フン。ニュータイプ研究所と言うのが気に要らんが、オレに目を付けた事だけは評価してやる」スタスタ

ギャプランコックピット「」ウイ-ン

ティターンズ整備兵「え?中尉殿何処へ!?」

ヤザン「ジャマイカンにはちゃんと許可を取ってある。コイツの性能を少しテストして来るとな」

ティターンズ整備兵「テストを行わなくても、この機体は既に地球で実戦で使ったと言う報告が…」

ヤザン「馬鹿言え。オレは報告なんかより自分の目で確かめなきゃ性能なんかアテにはしねえんだよ」

ヤザン「ほら分かったらさっさとどけって。バーニアで吹き飛ばすぞ」 ズシ-ン

ティターンズ整備兵「あっ…は、はい!お気を付けて!」

ヤザン「ギャプラン出るぞォ!」

ギャプラン「」ドウッ



ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「もう直アーガマと合流か。このまま何も無ければ良いが…」

ラーディッシュクルーA「アーガマより緊急入電!我、敵新型MSと交戦中!」

ヘンケン「ん?アーガマが交戦中だと?しかし運が悪かったな。もう我々も近くの空域まで来ている」

ヘンケン「このまま行くと援軍には間に合いそうだ」

ラーディッシュクルーB「左翼索敵中!所属不明のMSの影を捉えました!」

ヘンケン「何!?」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 17:01:44.91 ID:ArXxvNCY0
ラーディッシュ
格納庫

『総員第二戦闘配備。繰り返す総員第二戦闘配備──』

カツ「何だ!?」

ファ「えっ…!?」

俺「こんな空域で敵と遭遇するのか」

ライラ「サイド2に行くならこんな場所で敵と遭遇する訳が無い。月へ向かっている可能性が高いな」

警報「」プ-ンプ-ンプ-ン




クワトロ「今の所確認されている敵の数は1機だが、未だ詳細な数は不明だ」ス-

ライラ「1機か…」

クワトロ「アポリーはZガンダムに乗れ!」

アポリー「自分がZに?」

クワトロ「ああ。Zだけでも先にアーガマへ届けるんだ。此方は何とかする」

アポリー「了解」

クワトロ「此方もラーディッシュの前に先行してMSを出す。残りの者は未だ待機だ」

俺「ファ、ネモに乗れ。俺達が行くぞ」ス-

ファ「はい!」ス-

ライラ「待ってくれ」

俺「え…?」

ファ「ライラ大尉?」

ライラ「ここは私とそこの子供に譲って貰えないか?」

カツ「子供じゃありません!」

俺「ライラ大尉…。カツ君…」


1では任せます
2いえ、任せられません。すみませんが俺隊が出ます!


多数決下3まで

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 17:02:10.08 ID:7aaPmTaG0

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 19:06:01.30 ID:ArXxvNCY0
ラーディッシュ
格納庫

俺「では任せます」

ライラ「ああ。よし、ついて来いカツ」

ファ「ちゃんと大尉の言う事を聞くのよカツ」

カツ「分かってますよ!」

クワトロ「では我々もいつでも出られるようMSで待機だ」

俺&ファ「「了解」」

リックディアス「」ウイ-ン
ネモ「」ウイ-ン

ライラ「ライラライラ。リックディアス出る!」ドウッ

カツ「ネモ行きます!」ドウッ

俺(1機だけとは相当腕に自信のあるパイロットかもしれない…。無事だと良いが…)



宇宙空間

ライラ「…。」キョロキョロ

カツ「敵の姿が見当たりませんね」

ライラ「いや、この感じは…」

カツ「??」

ネモ「」ドガ-ン

カツ「あぁっ!?索敵に出ていたネモ15号が…何にやられたんだ!?」

ライラ「チッ…やはりか。カツ、お前はここに残って援軍を待て」

カツ「…えっ?ぼ、僕も戦えます!」

ライラ「馬鹿を言うな」

カツ「うっ…」ビクッ!

ライラ「今のお前では直ぐに殺される。敵は相当手練れだ!」

カツ「今の僕では…」

カツ(ライラ大尉…。未だ目視できてない敵の強さをもう分析できてるのか?これが経験の為せる技か…)

リックディアス「」ドウッ




リックディアス「」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ

ライラ「チッ…やはり新型が出ているのか!」ビュ-ン

ヤザン「只の飛行テストの筈だったが…フン。ちょうど良い獲物だ」ビュ-ンビュ-ン

ライラ「つ、強い…!坊や達と違って、プレッシャーは感じないのに何者だこいつは!?」ドウッ


コンマ下二桁
36以上戦闘膠着(俺&クワトロ&ファ参戦。ヤザン撤退)
35以下ライラ中破(ヤザンアポロ作戦死亡判定へ)

安価下

カツの好感度が4に上がった

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/03(金) 19:06:59.06 ID:7aaPmTaG0

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:21:13.31 ID:JJUwsQb40
コンマ06
戦闘空域

ギャプラン「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

リックディアス「」ドウッドウッ

ライラ「くっ!こいつっ…」

ヤザン「はっ馬鹿め。動きがワンパターン過ぎる」カチャッ

ライラ「はっ!?」

ギャプラン「」ビュ-ン

リックディアス脚「」ドガ-ンッ

ライラ「ああぁっ!?」ビュオッ

ヤザン「終わりだ。死にな!」カチャッ
 
ターゲットサイト「リックディアス「」」ピ-!


コンマ下二桁
41以上俺、クワトロ、ファ救援(ヤザン撤退)
40以下ライラ死亡


安価下

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:22:25.67 ID:BwM/X60BO
A

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:38:34.85 ID:JJUwsQb40
コンマ67
戦闘空域

ギャプラン「」カチャッ

ビーム「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

ヤザン「うん?」

ガーベラ「」ビュ-ン
百式「」ビュ-ン
ネモ「」ビュ-ン

ヤザン「チッ…もう来やがったのか」ギュルリンッ

リックディアス「」バチッバチチッ...

ヤザン「今日の所は見逃してやる。ハハハハハッ!」ドウッ

ライラ「くっ…」

ファ「大丈夫ですかライラ大尉?」

ライラ「ああ…よく来てくれた」

俺「あのMS。引いて行ったのか…?」ドウッ

クワトロ「トドメに拘らず鮮やかに撤退して行ったな」

クワトロ「ああ言うタイプは強いぞ」

俺「はい。しかしあのMS…」

クワトロ「偵察では無い。恐らくテストをしていた所を偶然我々と出会ったんだろう」

ライラ「…奴はある意味化け物だ。カツは連れて来なくて正解だったよ」

クワトロ「ああ、流石だ。その辺りはよく判断したな」

クワトロ「とにかくライラ大尉を連れて戻るぞ。ファ、そっちを持ってくれ」ガシッ

ファ「了解です」ガシッ

俺「……。」

俺(ベテランのライラ大尉をこうも簡単に手玉に取る…。まさかあんな強いパイロットがティターンズに居たなんてな…)

俺(俺も気を付けないと…)

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:42:50.06 ID:gA6EVKx+O
ラーディッシュ
格納庫

レコア「では、ヘンケン艦長、行って参ります」

ヘンケン「どっちがうれしいんだ?メタスに乗れることと、アーガマに戻れる事と」

レコア「もちろん、そのどちらもです」

ヘンケン「サラ軍曹も向こうへ行ってもちゃんと言う事を聞くんだぞ」

サラ「はっ!」ビシッ

ヘンケン「それとなレコア少尉…」ゴソゴソ

レコア「はい?」

ヘンケン「あー…これをエマ中尉に渡して欲しい」スッ

レコア「はぁ?」

ヘンケン「持ってけ」

レコア「はい」

ヘンケン「私もラーディッシュでアーガマに合流すると伝えろ」

レコア「了解」

俺「うん?」チラッ

俺(メタスとGディフェンサーにレコアさんとサラか。これからアーガマへ向かうのかな?)


1よかったら俺がアーガマまで送りますよ
2まぁ俺には関係無いし気にしなくて良いだろう(ラーディッシュ内自由行動へ)


多数決下3まで

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:44:42.84 ID:6XCMOs4GO
2

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:56:48.11 ID:gA6EVKx+O
ラーディッシュ
格納庫

俺(まぁ俺には関係無いし気にしなくて良いだろう)クルッスタスタ

ファ「俺さん」ヒュコッ

俺「え?ファ?どったの?」

ファ「私、貰ったんですよ」

俺「貰った?何を?」

ファ「何って、俺さんが前にヘンケン艦長に頼んでくれた奴が…」

俺「えっ、まさか…」

ファ「はい!私の新しい機体です!」

ファ「その機体のマニュアルを先に貰ったんです」スッ

マニュアル「」

俺「へえ、良かったじゃないか」

ファ「はい!」ニコッ

俺「ちなみにファが新たに乗る新機体は?」

ファ「えーっとですね…名前は…」ペラッ


ファに配備された新機体
コンマ下二桁
91以上シュツルムディアス
71~90ネモⅡ(先行試作機)
51~70リックディアス
50以下メタス


安価下

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 02:57:18.11 ID:ho2AM98jO

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 03:07:40.46 ID:gA6EVKx+O
コンマ11(再判定)

ファに配備された新機体
コンマ下二桁
84以上シュツルムディアス
61~80ネモⅡ(先行試作機)
41~60リックディアス
40以下メタス


安価下

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 03:08:22.86 ID:uhdxEj3N0
こい

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 03:40:22.53 ID:gA6EVKx+O
コンマ86
ラーディッシュ
格納庫

シュツルムディアス「」ウイ-ン

俺「シュツルムディアス…リックディアスの強化型か」

ファ「武装、火力、推力が強化されてるみたいです」

俺「ビームカノンまで付いてさ。強くない?よくこんな良いMS支給してくれたな。もしかしてアナハイム太っ腹か?」

ファ「と言うより、Zガンダムを開発してる裏でこんな強いMSも作っていた事に驚きました…」

クワトロ「元々は私がこれに乗る予定だったからな」

ファ「クワトロ大尉が?」

クワトロ「ああ。しかし私は百式に乗り換えたから、コイツのパイロットが空いていたんだ」

クワトロ「しかし性能は良い。眠らせておくには惜しい機体だから、アナハイムから引っ張り出して貰った」

ファ「本当に大丈夫なんですか?私なんかがこの機体のパイロットに任命されても…」

ファ「どちらかと言えば、リックディアスに長く乗ってるアポリー中尉とかの方が上手く乗り熟せそうですが…」

クワトロ「私は実はファにも俺君やカミーユのような力が眠っていると見ている」

ファ「えっ…私が俺さん達のように…?」チラッ

俺(ブリッジでも言ってたなそんな事。俺にはクワトロ大尉が何を言ってるのか分からんが…)

クワトロ「ファなら私の代わりに上手く乗り熟せる筈だ。期待している」

ファ「あ、ありがとうございます!」ビシッ

俺「だけどクワトロ大尉」

クワトロ「うん?」

俺「このシュツルムディアスって機体、百式より性能良くありません?使う場所次第ではガーベラより良いかも…」

俺「何でこっちに乗り換えなかったんです?」

クワトロ「二つとも目を通したが、百式のフォルムとカラーに惹かれてな」

俺「…。」チラッ

百式「金色」キランッ

俺(性能よりも見た目って、変人かこの人…?いや、変人か…)

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:02:22.12 ID:gA6EVKx+O
ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「アーガマの報告によると、メタスとGディフェンサーを運んでいたレコア少尉とサラ軍曹が敵に捕捉されたらしいな」

俺「えっ…?」

ヘンケン「幸いにもアーガマ隊が出撃して2機は無事だったみたいだが…」

クワトロ「決まりだな。この空域にもティターンズが展開されているとなると目標はサイド2では無く月だろう」

ヘンケン「それも月の裏側、フォン・ブラウンだ」

俺「いつでも出られるよう出撃準備をしてデッキで待機しておいた方が良いですか?」

ヘンケン「ああ、そうしてくれ。アーガマは合流させるがクワトロ大尉が出られるか分からんからな」

俺「了解です」

扉「」ウイ-ン

クワトロ「私も出るぞ」

ヘンケン「しかし、地球連邦政府との総会を前にウォンさんから出撃許可が降りるかどうか…」

クワトロ「作戦までには取り付けてみせるさ」



廊下

俺(また月面で戦争か…。それも今回もまたかなり大規模な…)スッ

グリップ「」ウイ-ン

俺(…ライラ大尉を簡単に追い込んだ強い奴とかもまた出てくるんだろうか?)

俺「最近の戦いは益々激しくなってる。気を付けないとな…」スゥ-


コンマ下二桁
61以上カミーユによりシドレ死亡
60以下撃破には至らず


安価下

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:03:12.80 ID:CBYkbAm60
40%

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:22:57.59 ID:gA6EVKx+O
コンマ80(カミーユがシドレ撃破)
ラーディッシュ格納庫
ガーベラコックピット内

『総員第一戦闘配備。総員第一戦闘配備』ビ-ビ-ビ-

俺「ふぅ…。艦隊戦か…」つヘルメットカポッ

俺「うん?」

モニター「百式コックピット「クワトロ」スッ」

俺「クワトロ大尉も出られるんですか?」カチッ

クワトロ『ああ。准将から許可は頂いた』

俺「そうですか」

俺(クワトロ大尉も一緒なら心強いな)

クワトロ『俺君』

俺「え?」

クワトロ『この戦いで我々の真の敵の素顔を確認しておけ』

俺「真の敵…?」

ヘンケン『敵艦隊をキャッチした。MS隊発進だ』

俺「了解!」カチッ

ガーベラ「カタパルト」カチッ

クワトロ『真っ直ぐ敵艦と接触する。遅れるなよ』

百式「」ドウッ

俺「ガーベラ。俺、行きます!」

ガーベラ「」ドウッ

ファ「シュツルムディアス行きます!」ドウッ



カツ「ライラ大尉!僕も戦えます!」

ライラ「お前は言われたランチでアーガマへ行ってろ。こんな大規模な戦闘までお守りはできん」

カツ「で、でもっ…」

ライラ「フッ…心配するな。ちゃんとこの戦闘が終わったらみっちりしごいてやるから」ギュウッ

カツ「あっ…」ギュウッ

カツ(うっ…む、胸が…///)

ライラ「ほら、さっさとランチへ乗れ」トンッ

カツ「あっ…。は、はい…頑張って下さい///」

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:33:12.29 ID:gA6EVKx+O
フォン・ブラウン上空

俺「アーガマからも続々とモビルスーツが出てきたな」

Zガンダム「」ドウッ
ガンダムMK-Ⅱ「」ドウッ
リックディアス隊「」ドウッ

俺「この感じ。Zガンダムに乗ってるのはカミーユだな。よし…ファ、俺達は左から迎撃するぞ!」ドウッ

ファ「了解!」ドウッ


百式コックピット内

アレキサンドリア「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン
ドゴス・ギア「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン
サラミス級「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

クワトロ「フォン・ブラウン市に進攻するモビルスーツ以外は相手にするな」ドウッ

ネモパイロット達「はい!」ドウッ

ハイザック「」ビュ-ンビュ-ン

クワトロ「む…」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン

ネモ「」

クワトロ「ん?動け、止まっていては…」ドウッ

ネモ「」ドガ-ン

クワトロ「わかっているか…」ドウッ

ガーベラ「」ビュ-ンビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン

クワトロ「流石に彼は違うな…」ドウッ

俺『クワトロ大尉』ビュ-ンビュ-ン

クワトロ「ん?どうした?」

俺『1隻だけ前へ出てきます』

ドゴス・ギア「」ドウッ

クワトロ「うん?旗艦らしき船はモビルスーツを出さず、左右から来るか。どう言う事だ?」

俺『あっ!』ピキ-ン

ヤザン「フン!ネズミがチョロチョロと!」ビュ-ンビュ-ン

ネモ「」ドガ-ン

クワトロ「あの機体は、この前の…」

俺『アレはこっちで引き受けます。大尉はフォン・ブラウンへ!』

クワトロ「頼んだ!」

百式「」ドウッ

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:50:28.33 ID:gA6EVKx+O
フォン・ブラウン上空

メガ粒子砲「」ギュ-ンギュ-ン
ビ-ム「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ンビュ-ン

レコア「ふぅ…ふぅ…これがMSから見る本格的な戦闘…」汗タラッ...

ギャプラン「」ドウッ

レコア「ん?アレは…」

ヤザン「雑魚め!どけえい!」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

レコア「あぁっ!?」

メタス左腕「」ドガ-ンッ

レコア「ぐうっ…」モクモク..ヒュ-ン

ヤザン「フン…」ニヤッ 

ガーベラ「」ドウッ
シュツルムディアス「」ビュ-ン
マラサイ「」ドガ-ン

ヤザン「ん?コイツは?」

俺「ファ!レコアさんの救助を頼む!」ドウッ

レコア「了解!」ドウッ
メタス「」モクモク...

ヤザン「はん!ようやく骨のありそうな奴が出てきたなぁ」ドウッ

俺「コイツめ!これ以上好き勝手はさせるか!」ビュ-ンビュ-ン


コンマ下二桁
81以上ギャプラン中破(俺、エース級に。死亡判定へ)
16~80戦闘膠着(フォン・ブラウン市制圧)
15以下ガーベラ中破(死亡判定へ)


安価下


ファ側判定無し(救助確定)

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 04:51:56.29 ID:MyjwX0hLO

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 05:19:32.66 ID:JJUwsQb40
フォン・ブラウン上空

ガーベラ「」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ

ヤザン「フン!当たらんぞおっ!」

俺「くっ…」ビュ-ンビュ-ン

アレキサンドリア「」ギュ-ンギュ-ン
ギャプラン「」ドウッ

俺「なっ…!?こいつ、逆に味方の火線に向かって行くだと!?うっ!」盾「」バシュッ

ヤザン「フハハハハハ!」ドウッ

俺「くっ…なんて奴だ!ライラ大尉を簡単に追い込んだのはやはり実力だったんだ」ドウッ

俺「」ギュワンッ

俺(えっ!?)ピキ-ン

ドゴス・ギア「」ゴオオッ


ドゴス・ギア
ブリッジ

シロッコ「フッ…」


ガーベラコックピット内

俺「はぁ…はぁ…」

俺(なんだ…。この嫌な感覚は…。あの旗艦のような艦から…)チラッ

モニター「ギャプラン「」ドウッ」」

俺(はっ!マズイッ…)


俺NTレベル5&エマ好感度6
コンマ下二桁
86以上俺、プレッシャーに飲まれず即座に対応した(俺、ラーディッシュへ撤退)
26~85俺、プレッシャーに飲まれた事により反応が遅れる(ガーベラ小破。俺の危機を感じたエマに助けられる)
25以下俺、プレッシャーに飲まれた事により反応が遅れる(ガーベラ中破(死亡判定へ))


安価下

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 05:21:19.79 ID:uhdxEj3N0

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 05:41:13.33 ID:JJUwsQb40
コンマ79
フォン・ブラウン上空

俺「くっ…!」ピクッ

ガーベラ「」ドウッ
ギャプラン「」ブウンッ

ガーベラ「シュツルムブースター」ズバアッ

ガーベラ背中「」バチバチッ

俺「チィッ…。一瞬反応が遅れた所為で背中のブースターが2本斬られたか…」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「これで得意の機動力は無くなったな」ギュルリンッドウッ

俺「これぐらい!」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ

俺(しかし長引けば不利だ…どうする?)

俺「うん?」

ガンダムMK-Ⅱ「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「チィッ!今度はガンダムMK-Ⅱか!」ドウッ

俺「ガンダムMK-Ⅱ?師匠!?」

エマ「一時撤退するわ。クワトロ大尉とカミーユも撤退を始めてる。これ以上ここで戦うのは危険よ」

俺「えっ……はっ!」チラッ

ドゴス・ギア「」
フォン・ブラウン「」


シロッコ『我々は、フォン・ブラウン市に着陸した。そちらが攻撃を止め、停戦を受け入れない場合は、この都市を全面破壊する。繰り返す!我々は──』

俺「フォン・ブラウンが制圧された…」

俺(あの男こそが出撃前に大尉の言っていた真の敵…なのか…?)ゴクリッ

エマ「着いて来れる?」

俺「すみません師匠。未だ動けますが、加速はできません」

エマ「そっちに合わせるわ」

俺「了解です!」

ガンダムMK-Ⅱ「」ドウッ
ガーベラ「」ドウッ

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 06:08:33.12 ID:JJUwsQb40
アーガマ
通信室

エマ「フォン・ブラウン市が落とされたというのに、クワトロ大尉とブレックス准将が、地球に行ってしまったなんて」スタスタ

ブライト「戦いだけが戦争じゃないからな。 中佐、補給状況は?」

ヘンケン『良くない。グラナダも、地下街建設やらで人手が足らん』

ブライト「こちらもそうです」

ヘンケン『でな、モビルスーツの編成について、君の意見を聞きたいのだ』チラッ

エマ尻「」

ブライト「中佐…!」

ヘンケン『あっ、でだな…』



格納庫

ガーベラ「」ジジッ

アストナージ「背後のブースター2本は入れ替えろー!」  

ファ「まさか俺さんまでアーガマに降りる事になるなんて…」

俺「背後のブースターを敵に斬られて、師匠に引っ張って貰ったんだ」

ファ「あのパイロット…とんでも無いですね…」

俺「いや…。やられた原因は少し違うんだが…」

ファ「えっ?」

俺「まぁ敵のパイロットがかなり強かったのも確かだ。でも幸いにも装甲が傷んだ訳では無いし、アーガマに予備のある部品がやられただけだったからガーベラの修理が完了してラーディッシュと合流したらラーディッシュへ戻るぞ」

ファ「はい」

カミーユ「俺さんとファ、上手くやってるんですね」

ファ「当然じゃない」ニコッ

俺「ししょ…エマさんとサラは?」

カミーユ「真面目なノリが一致したのか多分上手くやってますよ」

カミーユ「お節介なのが増えて偶に鬱陶しいですけど」

俺「はは…まぁ上手くやってくれ」

ブライト「ここに居たか俺、ファ」スタスタ

俺「ブライト艦長?」

ファ「どうしたんです?」

ブライト「ラーディッシュのヘンケン中佐と話し合ったんだが、ラーディッシュの俺とファを此方のエマ中尉とサラ軍曹で交換して欲しいと言う要望が出ている」

ファ「はい?」

俺「何か意味あるんですか?その2対2の交換って…」

カミーユ「僕もそれは戦力的には意味があるとは思えませんが…」

ブライト「あ、いや…士気の問題でだな」

ファ「士気…?あぁ…」

俺「…。」


1別に俺は構いませんけど…
2嫌です。俺達がラーディッシュに戻ります


多数決5まで

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 06:11:06.93 ID:9TOppfIKO
1

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 10:28:15.11 ID:JJUwsQb40
アーガマ
格納庫

俺「別に俺は構いませんけど…」

ファ「私も大丈夫ですよ。その方がヘンケン艦長も喜ぶでしょうし」

ブライト「そうか。すまないな」

俺「どうしてヘンケン艦長が喜ぶんだ?」

ファ「そ、それはまぁ…色々あるんです。ヘンケン艦長にも…」

俺「色々?そうか」

カミーユ「…。」

ブライト「ゴホン、それと俺少尉。ガーベラの修理中にもう一つ頼みたい任務があるんだが…」

俺「???」

ブライト「制圧されたフォン・ブラウン市に潜入してティターンズのMSの数を調べてくれないか?」

俺「潜入任務…?」

ブライト「フォン・ブラウンの市民がどのくらいティターンズ寄りなのかも調べてくれると助かる」

俺「…。」

俺(どうする…。万が一白兵戦になっても、そっちの方は自信無いんだよな…)

俺(下手するとティターンズに捕縛される可能性も有りそうだが…)


1俺よりもカミーユの方が適任だと思いますが
2分かりました。潜入任務に行ってきます


多数決下5まで

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 10:32:28.44 ID:fBys+mdS0
1
俺君が自信無いって言ってるし

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 10:50:04.26 ID:JJUwsQb40
アーガマ
格納庫

俺「俺よりもカミーユの方が適任だと思いますが…」チラッ

カミーユ「えっ、僕ですか!?」

ブライト「確かにカミーユならガレッジの一員として簡単にやれるかも…」

ファ「頑張ってねカミーユ」

カミーユ「もう行く事になってるんだ…。分かりましたよ、僕が行ってきます」

ブライト「身分証明書は此方で用意しておく。ちゃんと目を通しておけよ」

カミーユ「了解」

カツ「…。」ジッ

カツ(カミーユが一人でフォン・ブラウン市に…)ピクッ  



宇宙空間

アーガマ「」

隕石裏「」ギャプラン
隕石裏「」ハイザック
隕石裏「」ハイザック

ヤザン「とんだ大物が引っかかったもんだ。奇襲を掛けて一気に攻めるぞ」

ティターンズパイロット「アレキサンドリアに知らせなくてよろしいのですか、ヤザン中尉?」

ヤザン「行くんだよ」ドウッ

ティターンズパイロット「了解です」ドウッ

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 11:04:52.82 ID:JJUwsQb40
アーガマ
ブリッジ

ブライト「モビルスーツを発進させろ。出せるものからだ。後続も来る!」

ブライト「レコア少尉もZガンダムで発進させるんだ。カミーユを引っ張り上げろ」



格納庫

アポリー「アポリー、発進OK」ドウッ

エマ「エマ、ガンダムMK-Ⅱ出ます!ドウッ

エマ(こんな所にまで偵察部隊が出ているなんて…)

ファ「シュツルムディアス行きます!」ドウッ

俺「ガーベラは!?」

アストナージ「未だブースターの取り付け作業が終了していない!もう少し待て!」

俺「くっ…」

Zガンダム「」ウイ-ン

レコア「レコア行きます!」ドウッ




アレキサンドリア
ブリッジ

ジャマイカン「敵襲だと?ヤザンは何をやっているのだ!」

アレキサンドリアクルー「見境なく戦闘空域を広げているようです」

ジャマイカン「艦隊を発進用意、援護のモビルスーツ隊を出せ」

アレキサンドリアクルー「はっ!」

ジャマイカン「ジェリドとマウアーも呼び戻せ」

アレキサンドリアクルー「二人の買い物の行き先など、わかりません!」

ジャマイカン「市内に空襲警報を出せば済む。急げ!」

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 11:17:37.11 ID:JJUwsQb40
フォン・ブラウン上空

ギャプラン「」バチバチバチッ
リックディアス「」バチバチバチッ

アポリー「うっ、くっ…こ、こいつ!」

シュツルムディアス「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「チィッ!」ドウッ

アポリー「すまんファ!」ドウッ

ファ「いえ!」ビュ-ンビュ-ン

ガンダムMK-Ⅱ「」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ

エマ「アポリー中尉はティターンズのMS隊が出てくる前に発電施設を抑えて」

アポリー「分かった。リックディアス隊行くぞ!」

エマ「ファは私とあのMSを追って!」ドウッ

ファ「はい!」ドウッ



ガンダムMK-Ⅱ「」ビュ-ンビュ-ン
シュツルムディアス「」ギュ-ン

ヤザン「ガンダムMK-Ⅱとリックディアスの別タイプが追って来るのか」ドウッ

ヤザン「くっ!2対1では…うん?」チラッ

フォン・ブラウン天体ガラス「」

ギャプラン「」ドウッ

エマ「マズイわ。市街に行かれたら迂闊に攻撃できない。ファ!」ドウッ

ファ「分かってます!」ドウッ


コンマ下二桁
91以上エマと協力してギャプランを中破させた(下+ファNTレベル4に上昇。ヤザン死亡判定へ)
61~90エマと協力して優勢に(ファ、準ベテラン級に)
11~60ギャプランがフォン・ブラウン市内に逃げ込んだ為大した攻撃はできず(カミーユ参戦。原作)
11~15レコア中破(死亡判定へ)
6~10エマ中破(死亡判定へ)
5以下ファ中破(死亡判定へ)


安価下

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 11:18:31.88 ID:uhdxEj3N0

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 11:37:39.26 ID:JJUwsQb40
コンマ88(ファ、準ベテラン級。ボナNTレベル4に)
フォン・ブラウン上空

ガンダムMK-Ⅱ「」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ

フォン・ブラウン天体ガラス「」

ファ「はっ…今だわ!」ピキ-ン

シュツルムディアス「」ギュ-ン

ギャプラン「」ドウッ
ビームカノン「」ギュ-ン
フォン・ブラウン天体ガラス「」

ヤザン「うおおぉっ!?ええい!」ギュルリンッドウッ

エマ「進路を無理矢理変えた?よくやったわファ」

ファ「いえ、俺さんなら今のはしっかり敵の機体に直撃させてた筈…」

エマ「気にしなくて良い。追うわよ。Zガンダムもそろそろカミーユと交代して来てくれるわ」ドウッ

ファ「はい!」ドウッ



アレキサンドリア
ブリッジ

ジャマイカン「発電施設をエゥーゴに抑えられただと?」

アレキサンドリアクルー「モビルスーツ隊も、苦戦しているようです」

ジャマイカン「止むを得ん、全艦発進だ。撤退するぞ。乗組員を招集しろ」

アレキサンドリアクルー「いや、しかし、今出たら…」

ジャマイカン「このままいてどうなるものでもない。頭上を塞がれてみろ、アレキサンドリアもただの鉄屑になってしまうのだぞ?」

アレキサンドリアクルー「わかりました」

ジェリド「少佐、お願いがあって参りました」スタスタ

ジャマイカン「何をしていた?」

ジェリド「モビルスーツを貸してください。お願いします!」

ジャマイカン「残念だったな、我々は撤退する。もう出撃する必要はないのだ」

ジェリド「そんな」

ジャマイカン「放り出しはせん。このままアレキサンドリアに留まれば良かろう。今の素直さは忘れん方がいいなぁ」

ジェリド「ジャマイカン…!」グッ

マウアー「ジェリド」スッ 

ジェリド「わかっている。いずれアイツもオレの前に跪かせてみせるさ」

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 12:06:33.48 ID:JJUwsQb40
アーガマ
格納庫

Zガンダム「」ウイ-ン

俺「無事だったかカミーユ」

カミーユ「ええ。なんとか…」

俺「ファも頑張ったらしいな」

ファ「いえ…仕留め切れませんでした」

俺「そんな事は無い。あのパイロット相手に好きにさせなかったんだ。ちゃんと成長してるみたいで俺も嬉しいよ」

ファ「そ、そうですか…//」

俺「うん?」チラッ
  


ブライト「傷の具合はどうだ?」

カツ「修正を受けると思ってました」

ブライト「命は粗末にするなよ」

カツ「はい」コクッ



俺「カミーユに勝手について行ってたんだなカツ君」

カミーユ「はい…。まぁでも今回ばかりはカツのお陰で助けられましたよ」

俺「へぇ…」

俺(ライラ大尉の教育の賜物かな)

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 13:08:41.83 ID:JJUwsQb40
アーガマ
格納庫

俺「サラ」スタスタ

サラ「え?ああ、俺少尉」

俺「所属が別だったからなかなか話す機会が無かったが、まさか君までエゥーゴに志願してくるとはな」

サラ「私にも何か出来る事があるかと思ったんです」

サラ「貴方がエゥーゴに居るのは何となく分かってましたから」

俺「フッ、流石だな」

サラ「ガーベラのパイロットだったのは驚きましたが…」

俺「はは…。まぁ期待され過ぎだな。そうだ、師匠とは…」

サラ「師匠?」

俺「あ、いや。エマさんとは上手くやれてるか?」

サラ「はい。マニュアルの読み方を教えて貰ったり、軍の厳しさを等教えて頂いております」

俺「そうか。なら心配無さそうだな」

サラ「はい」コクッ

俺「何か困った事があったら俺も教えてやるから気軽に声を掛けてくれ」

サラ「はい。ありがとうございます」

俺「それにしても…」チラッ

サラ「??」

サラ太腿「」

俺(ファと言い、サラと言い、エゥーゴの軍曹の制服は●●●だ…)

サラ「俺少尉?」

俺「あ…な、何でもない!それじゃあまたな」ス-

サラ「はい」コクッ

サラ(俺少尉か…)

ファ「あ、俺さん。今から昼食なら一緒にどうですか」

俺「え?ああ別に構わんぞ」

ファ「じゃあ行きましょう」ギュウッ

俺「お、おい…」ス-



サラ「…。」ジッ

サラ(あれが前に言ってた恋かしら…?でも楽しそうだったな…いいな)トンッ


コンマ下二桁
41以上ラーディッシュに謎の暗号通信が入った
21~40シロッコが直接乗り込んで来た
20以下コロニー落としの前情報無し(味方死亡率上昇)


安価下

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 13:09:10.08 ID:7rQQiSNxo

158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 14:35:19.86 ID:JJUwsQb40
コンマ08(情報無し)
アーガマ
MSデッキ

俺(最近は戦闘も起きずようやく落ち着いてきたなアーガマも)

俺(このままクワトロ大尉やブレックス准将が帰って来るまで何も起きなければ良いが)ジュ-スチュ-



格納庫

アストナージ「そこの工具取ってくれ」

サラ「これですか?」

アストナージ「ああ、それそれ。投げてくれ」

サラ「どうぞ」ポイッ



MSデッキ

俺「…。」ジッ

カミーユ「俺さん」

俺「うわっ!?びっくりした、なんだカミーユか。何だ?」

カミーユ「最近気になったんですけど、戦場に女の人が多いと思いませんか?」

俺「え?ああ、確かに。師匠、レコアさん、ライラ大尉、ファ、サラ…アーガマとラーディッシュだけでも5人は居るな」

カミーユ「こうも男の戦場に女の人が出てくるなんておかしいとは思いませんか?」

俺「えぇ…うーん…」

俺(俺は別にそう言うの考えた事無いがカミーユって結構コンプレックス持ちだったっけ…)

アポリー「それはカミーユが女性を苦手に思ってるからさ」ス-

俺「アポリー中尉?」

カミーユ「僕が女の人を苦手に…?」

アポリー「ああ、その苦手意識を失くす為に例えばあのサラって子とかナンパしてみたらどうだ?」

カミーユ「いやいやいや、する訳無いでしょ!?」

俺「無茶苦茶だこの人…」

アポリー「うーん。だったら…ゲームで決めるってのはどうだ?」

カミーユ「…は?」

アポリー「ビリの人が指定された人物に声をかけるんだ」

カミーユ「…一応聞きますがそのゲームの参加者は?」

アポリー「うーん。オレとカミーユと俺とカツだ」

俺「カツ勝手に巻き込まれてて草…って俺も!?」

アポリー「ああ。勝てば良いだけの話だろ?」

俺「えぇ…」


1面白い。受けて立ちますよ!
2馬鹿馬鹿しい。そんなリスキーなゲームやりませんよ


多数決下5まで

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 14:36:58.12 ID:M/tRJgBO0
たまには男のバカ騒ぎにも付き合おう
1

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 14:53:10.03 ID:JJUwsQb40
アーガマ
レクリエーションルーム

人生ゲーム「」

カミーユ「1、2、3、4、5…コロニーを落とされた。振り出しに戻る…」

カミーユ「このおっ!また最初からか!」

カツ「カミーユは何回経っても学習しないんですよ」ポチッ

カミーユ「何だと?」

カツ「僕は違いますよ。1、2、3、4、5、6…ソーラ・レイで将軍が消し炭に…このゲームが終わるまで1位の権利を失う…」

カツ「こんなの有りですか!?」

カミーユ「くっ…」ゲラゲラ

俺(何だこの1年戦争人生ゲーム…沼過ぎる…)

アポリー「なかなか良いだろ?実はこれ。オレが自作したんだ」ポチッ

アポリー「1、ジャブロー潜入作戦に成功して本拠を制圧する。ゴールまでワープ」

俺&カミーユ&カツ「「「ええええ!?」」」

アポリー「はは、悪いな。一抜けだ」

俺「こ、こんな…」

俺(絶対ズルしてるこの人…仕掛けは分からないが…)

俺「いや、トップじゃなくても良い。ビリにならなければ良いんだ…」チラッ

「いつまで経ってもV作戦が発動されない。10回休み」

俺(大丈夫。5マス先のこれさえ引かなければ…)ゴクリッ

俺「いけ!!」ポチッ

出た数字「5」

俺「」チ-ン

アポリー「あー出しちゃったか」

カミーユ「よしよしよし!」

カツ「俺さんのビリは揺るぎ無さそうですね」

俺「く、くうぅっ…こ、このままでは…」

俺(なんとか…なんとかしないと…)


ビリだった人物
コンマ下二桁
76以上カミーユ
51~75カツ
50以下俺


安価下

カミーユの好感度が7に上がった
アポリーの好感度が5に上がった
カツの好感度が5に上がった

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 14:53:19.42 ID:niMLaL6N0

169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 15:08:11.82 ID:JJUwsQb40
コンマ42
アーガマ
レクリエーションルーム

カツ「ランバ・ラル。奇跡の特攻でホワイトベース隊を壊滅させる…10マス進む。1、2、3、4、5…10!わ!ゴールだ!」

カツ「ホワイトベースに乗ってた身としては微妙なイベントだったけど勝ったぞ!」

カミーユ「凄いじゃないかカツ」

アポリー「これでオレがトップ、カミーユが2位、カツが3位。そして…」

俺「」ポカ-ン..

アポリー「頑張って玉砕して来い」トンッ

俺「いや、何で…これってカミーユの為のゲームじゃ…」

カミーユ「勝負は勝負ですからね。罰ゲームはしっかり受けて貰いますよ」ニヤニヤ

俺「くっ…」

カツ「待って下さい。未だアタックする人を決めてませんよ」タヤニヤ

アポリー「ああ、そうだったな。じゃあいる人をマス毎に決めて…」カキカキ

アポリー「じゃあ…振るぞ?誰に当たっても文句は無しだぞ?」スッ

俺「吐き気が…」

ルーレット「」ポチッ

カミーユ&カツ「おっ…」ワクワク

俺(だ、誰を口説きに行かされるんだ…俺は…)ズ-ン...


コンマ下二桁
81以上ファ
61~80師匠
41~60サラ
21~40レコア
6~20ライラ
5以下カミーユ


安価下

170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 15:08:50.57 ID:uhdxEj3N0

179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 15:26:35.80 ID:JJUwsQb40
コンマ57
アーガマ
サラ部屋前

俺「サラ。居るか?」ドキッドキッ

俺(…頼む。居ないでくれ)

サラ「俺少尉?どうしました?」

扉「」ウイ-ン

俺「居るんかい!」

サラ「え?」

俺「あ、いや…。なんでも…」

サラ「??」

俺「実はちょっとサラに話があってだな…」

サラ「私に話?なんです?」

俺「えーと…そ、その…」

サラ「大丈夫ですか俺少尉?」

俺「あ、ああ。大丈夫だ」ゴクリッ

俺(……マズイ。こんなの初めてでどう口説いたら良いのかなんて分からない)

俺(俺の引き出しが狭過ぎる…)

サラ「少尉?」キョトン

俺(しかし罰ゲームは罰ゲームなんだ。しっかりやらないと…)グッ

俺「サラ!」

サラ「はい?」


1普通に距離を詰めてみる(今度の休暇で二人きりで出かけてみたいと伝えてみる)
2直球で距離を詰める(好きだと伝える)
3ど真ん中直球で距離を詰める(上+ハグをする)
4失敗したら間違いなく死亡の所まで距離を詰める(上+更にキスをする)
5やっぱり俺にはこんなの無理だ…!逃げる!!(敵前逃亡)


多数決下5まで

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 15:27:22.69 ID:EgU+k+pcO
1

194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 15:46:56.00 ID:JJUwsQb40
アーガマ
サラ部屋前

俺「サラと話したい事があるんだ」

サラ「話したい事?なんですか?」

俺「いや、どうせならもっと雰囲気のある所で話したいなって…」

サラ「雰囲気…?アーガマでは無い所でと言う事ですか?」

俺「ああ。もし良かったら今度の休暇一緒に出かけたいなって…」

サラ「えっ…」

俺「ダメか?…」

サラ「……。」

俺(…なんだこの間。まさかもう無理!?)

サラ「良いですよ。じゃあ休暇の時に行きましょう」

俺「あ…」

サラ「ファも誘って、3人で」

俺「……う、うん?ファも?」

サラ「はい。それなら行きます」

俺(えぇ…。それはなんか予定と違うんだがな…)

ブライト「俺、サラ。ここに居たか」

サラ「はっ!」

俺「あ、か、艦長?どうされたんですか?」

ブライト「うん?何か取り込み中だったか?」

俺「いえ別に大した事では…」

ブライト「緊急ブリーフィングを行う。直ぐにブリーフィングルームに集まれ」

サラ「了解です」ビシッ

俺「わかりました」

俺(緊急のブリーフィングっていったい…)



──俺、サラ、ファ。これが歪な三角関係の始まりになるのだった…

223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 18:44:36.78 ID:JJUwsQb40
アーガマ
ブリーフィングルーム

ブライト「これを見てくれ」スッ

モニター「」ピコンッ

エマ「コロニーですか?」

ブライト「ああ。サイド4のコロニー群の1基が月へ向かって移動を始めているのをグラナダが観測した」

エゥーゴ兵達「」ザワザワ

ブライト「確認はできていないが恐らくこれはティターンズの仕業だろう」

俺(コロニー落とし…。こんな事までするのかティターンズは…)

ブライト「ウォンさんから直接の指示が来て、我々アーガマとラーディッシュの隊はこれよりこのコロニー落としを阻止すべく行動を取る」

アポリー「待って下さい。アーガマは今この宙域に居るんです。敵の妨害を考慮すれば阻止するには遠過ぎるんじゃないですか?」

ブライト「…確かにアポリーの言う通りだ」

カミーユ「え?…」

ブライト「だが、グラナダから発進した防衛用の艦隊では止められん」

俺(確かに他のエゥーゴの隊では練度が足らないし、そもそもグラナダから逆に向かってたらこっちが着くよりもっと遅い…)

ブライト「しかし、コロニー落としが成功してしまえばグラナダに住む人間全てが犠牲になり、エゥーゴは壊滅してティターンズによる恐怖に怯えながら生きていかねばならなくなる」

俺「それは駄目です!」ガタッ

ファ「俺さん…」

サラ「具体的にどうすれば良いのです?」

ブライト「既にコロニーを破壊する事はソーラシステムのような兵器を持ってこなければ間に合わない」

ブライト「よって我々はコロニーの破壊はせず、制限時間までに艦隊による一斉射撃とこの部分にある逆方向の核パルスに火を点けコロニーの進路をズラす」ピッ

ブライト「恐らく敵も死に物狂いで抵抗をして来る筈だ」

俺(この艦にもMSのパイロットにも、甚大な被害が出るのは避けられ無いか…。だけど…)グッ

ブライト「アーガマ、ラーディッシュの全戦力を投入して阻止する」

ブライト「コロニーがグラナダへの落下の安定軌道に乗る前にケリをつけるぞ」

全員「…。」ガタッ

ブライト「…すまんが、皆んなの命をくれ」ビシッ

全員「…。」ビシッ!

249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/04(土) 22:49:57.82 ID:hYnCYE8qO
アレキサンドリア
ブリッジ

ジャマイカン「コロニーは順調にグラナダへ向かってるな?」

アレキサンドリアクルー「はい。1回目の進路調整も済み、後はもう1回の進路調整を行えたらグラナダまで安定軌道に入ります」

ジャマイカン「うむ。こんな安手の方法で、エゥーゴの首根っこを抑えられるなどと。シロッコにも思い付かん戦法だ」

アレキサンドリアクルー「シロッコは、木星帰りの欲求不満を戦いで晴らそうという気がしますが…」

ジャマイカン「確かにそうだ。一度は制圧したフォン・ブラウン市から後退したのも、ヤツが勝手に出たり入ったりしたからだ」

ジャマイカン「これで名誉挽回しなければ、アレキサンドリアはグリプスに戻れん」

アレキサンドリアクルー「しかしエゥーゴは未だコロニーが向かっている事に気付いていないようです」

ジャマイカン「そりゃあそうだ。まさかこんな事を行うとは予想していまい」

アレキサンドリアクルー「ゼダンの門から援軍のボスニアももう直合流できるようです」

ジャマイカン「ガディか。ジェリドなんか役立たずまで編入しようと拘った所為で随分時間がかかったようだな」

ジャマイカン「しかしまぁ居ないよりマシか。合流後はアレキサンドリアの編隊へ入れるように伝えろ」

アレキサンドリアクルー「はっ!」

ジャマイカン「フッ、エゥーゴもこれで終わりだな」



ラーディッシュ
格納庫

ライラ「…エマ。分かっているな?」

エマ「ライラ大尉…」

ライラ「若い奴等に特攻は任せられん」

エマ「はい…。分かっています」コクッ

ライラ「なら良い。絶対に止めるぞ」コクッ

エマ「ええ」

エマ(私達が居なくなったとしても、アーガマもラーディッシュも大丈夫よね。俺やカミーユだって成長して来たし…)

エマ「私達はもう、次の世代に託したって…」ス-

275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 00:35:51.85 ID:9W1QO7R/O
アーガマ
食堂

俺「…。」ジッ

ケーキ「」

ファ「食べないんですか?」

俺「いや、食べるが…」

カミーユ「無理なら僕が貰っても良いですよ」モグモグ

ファ「カミーユが食べたいだけでしょ」

俺「ふぅ…やっぱり、帰ってから頂こうかな」

ファ「えっ?」

ブライト「それはいかんな」ガタッ

俺「ブライト艦長…」

ブライト「私にも一つ頼む」

ファ「あ、はい」スタスタ

ブライト「今食べておかないと後悔する事になるかもしれない」

俺「…死ぬつもりはありませんよ」

ブライト「それは皆な同じだろう。だが、何かあった時は手遅れだ。今の内に食べておけ」

俺「はい…」スッ

ケーキ「」

俺「…。」パクッ

俺(コロニー落としか…)

俺(いつも通りやって、いつも通り何事も無く皆んなが無事に帰れたら良いが…)モグモグ

278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 00:50:08.87 ID:9W1QO7R/O
ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「キャッチしただと!?」

ラーディッシュクルー「はっ、正面にグラナダに向かうコロニー。確かにあります」

モニター「コロニー「」」

ヘンケン「結構だ。アーガマはちゃんとキャッチしているんだろうな?」



アーガマ
ブリッジ

トーレス「コロニーがグラナダへの安定軌道に入るまでの計算出ました」

ブライト「よし。我々に残された時間は後何秒ある?」

トーレス「約500秒です!」

ブライト「10分も無いのか…。やはりかなり厳しい戦いになるな」

ブライト「よし、急げ!モビルスーツ隊、全機発進させろ!」

サエグサ「はっ!」



ガーベラコックピット内

トーレス『制限時間は残り500秒だ。それまでにコロニーの進路を変えてくれ』ピッ

時計「498.81」  

俺「ご、500秒!?そんな僅かな時間で変えられる訳が…」

俺(ガーベラでも目標の核パルスに接近するまで最短でも250秒はかかる…)

俺(そこに敵部隊の足止めだってあるんだ。敵と接触せず辿り着くしか無いが、そんな奇跡有り得ない…。攻撃を受けながらでも前へ進むしか…)ゴクリッ

ファ『俺さん。あの…』ピッ

俺「ファ?」

ファ『出撃する前に少し伝えておきたい事が…』

俺「…。」

ファ『私…』

俺「時間が無い。帰ってから聞く」

ファ『えっ…』

俺「俺達はいつも通り作戦を遂行するだけだ。良いな?」

ファ『ッ…はい!』プツンッ

俺(俺が怖がっていてはいけない。やり遂げるんだ。必ず…)グッ

俺「ガーベラ。行きます!」ドウッ

283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 00:58:26.83 ID:9W1QO7R/O
アレキサンドリア
ブリッジ

ジャマイカン「後方に敵戦艦をキャッチした。モビルスーツ隊は、コロニーの支援隊以外は、対モビルスーツ戦の用意」

ジャマイカン「この作戦に成功すれば、一週間の有給休暇が出る。各員の奮起を期待する」

ジャマイカン「ボスニアのMS隊も発進させろ!」

アレキサンドリアクルー「はっ!」

ヤザン『フォン・ブラウンから撤退をして、補給を済ませればこれだ。オレ達はジャマイカンのオモチャか!?』ピッ

ジャマイカン「ヤザン、パイロット一人の気分で作戦がどうとでもなると思うな!」

ヤザン『なら正攻法で戦わせろ!』

ジャマイカン「戦うなとは言っておらん。君を戦闘隊長にした意味を良く考えろ」

ヤザン『わかったよ』プツンッ



ボスニア
格納庫

ジェリド「フン…こんな作戦で終わりとはな…」

マウアー「ジェリド…こんなやり方、作戦が成功しても辛いわよ?…」

ジェリド「…オレはカクリコンやライラ。…死んで行った者達の怨みを晴らせたらそれで良い」

マウアー「ジェリド…」

ガブスレイ「」ズシ-ンッ

ジェリド「よし…ジェリド ・メサ中尉。ガブスレイ発進するぞ!」ドウッ

マウアー「マウアー・ファラオ少尉。出る!」ドウッ

287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 03:12:37.70 ID:8pE+n61tO
戦闘空域

コロニー「」ゴオオッ

ギャプラン「」ドウッ
マラサイ隊「」ドウッ
ハイザック隊「」ドウッ

カミーユ「はっ!出て来た!」

俺(予想していたより遥かに多いな)ゴクリッ

アポリー「全機、敵MSの相手に時間を割き過ぎるな。1機でも時間内にコロニーの核パルスに取り付けたら良いんだ」

アポリー「前進を第一に考えろ」

エゥーゴ兵パイロット達「「「了解!」」」ドウッ



ギャプラン「」ドウッ

ヤザン「よおし!突っ込め!!」

ティターンズ兵パイロット達「「「了解!」」」ドウッ

エゥーゴ側MS隊「」ビュ-ン
ティターンズ側MS隊「」ビュ-ン

光「ピカ-ン」ドガ-ンッドガ-ンッドガ-ンッ

288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 03:28:38.84 ID:8pE+n61tO
戦闘空域
俺側

ネモ「」ドガ-ン

ガーベラ「」ドウッ

マラサイ「」ビュ-ン
ハイザック「」ビュ-ン

ガーベラ「」ドウッビュ-ンビュ-ン

マラサイ「」ドガ-ン
ハイザック頭「」ドガ-ン

俺「くっ…やはり即撃破しても時間が…」チラッ

タイマー「302.25」ピピピッ

俺(残り時間が…)ピキ-ン

俺「はっ!マズイ!」カチッ

ガーベラ「」ドウッ


289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 03:29:39.31 ID:8pE+n61tO
戦闘空域

ビーム「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

ハイザック「」ビュ-ン

ネモ「」ドガ-ン

サラネモ「」ビュ-ン

ハイザック右肩「」ドガ-ン

サラ「やった?しかしエマ中尉。いったい何処に…」ピキ-ン

サラ「えっ…?」

ギャプラン「」ブウンッ
ネモ「」ズバアッドガ-ン

ヤザン「フン、大した事無い。雑魚ばっかりだな」

サラ「アレは…」

ギャプラン「」ピカ-ン

サラ「うっ…!」ビュ-ン

ギャプラン「」ドウッ 

サラ「避けられた!?」

ヤザン「ハハハハハ。怯えてるのが分かるぞ女ぁ!」ブウンッ 

サラ(ちょ、直撃!?)目瞑り

ガーベラ「」ブウンッ

サラ「はっ…!ガーベラ…?」

ヤザン「ほう、ようやく骨のある奴が現れたか」ドウッ

俺「サラ。大丈夫か!?」

サラ「俺少尉?あっ…えっと…」

ギャプラン「」ビュ-ンビュ-ン

俺「エマさんはどうした?」盾「バシュッバシュッ」

サラ「分かりません。この乱戦で行方不明に…」

俺「何?既にもう俺達より前に行ってるのか…?」

ギャプラン「」ビュ-ン

サラ「はっ!危ない!」

ガーベラ「」スッ

サラ「あっ…」

俺「コイツの相手は俺がやる。サラはその間に他の機体を倒しながら前へ進め」ドウッ

サラ「はい!」ドウッ

ヤザン「はっ!楽しませてくれよ」ビュ-ン

俺「邪魔をするな!」ビュ-ン


コンマ下二桁
76以上直ぐにギャプランを退け俺も前進した(俺、エース級に。ヤザン撤退。エマ死亡率50%減少。俺生存確定)
21~75戦闘膠着(俺生存確定)
20以下ガーベラ大破(俺死亡)


安価下

290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 03:32:41.29 ID:NCp6zTHPo
さて

291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:03:16.79 ID:oOaeZlWl0
コンマ29
俺側
戦闘空域

ガーベラ「」ビュ-ン

ギャプラン「」クルッビュ-ン

ガーベラ「」クルッ

俺「くっ…こいつなんて出鱈目な強さだ!」ドウッ

ヤザン「フハハハハハ!背を向けると死ぬぞぉ」ビュ-ンビュ-ン

俺「チィッ!」クルッビュ-ンビュ-ン

俺(駄目だ…。俺はこれ以上前進できない…。こいつの足止めをしている間に味方に行って貰うしかない)ビュ-ンビュ-ン


サラ&カツ側

カツ「くっ、このお!」ブウンッ
ハイザック「」ブウンッ

バチバチバチバチッ

カツ「時間が無いって言うのに…はっ!?」ググッ

マラサイ「」カチャッ

サラネモ「」ビュ-ン

マラサイ右腕「」ドガ-ン

カツ「はっ!?誰!?」

サラ「そのネモ、もしかしてカツなの?」

カツ「サラ!?」ズバババッ

ハイザック「」グググッ

ビーム「」ビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン

カツ「あ…流れ弾に当たって勝手に爆発した…」

サラ「カツ。ライラ大尉は?」

カツ「乱戦で見失なった。エマ中尉は?」

サラ「こっちも同じよ…。俺少尉とは出会ったけど、敵のエースと戦ってて前へ進め無いみたい…」

カツ「そうなのか?なら俺さんの援護に行った方が良いんじゃないか?」

サラ「いいえ、違うわ」フルフル

カツ「え?」

サラ「下手に今の私達が行った所で少尉の足手纏いになるだけ」

カツ「う…」

サラ「私達は今の内にこの乱戦を突破して核パルスへ向かいましょう。私達がコロニーを止めるのよ」ドウッ

カツ「分かったよ!」ドウッ

マラサイ「」ビュ-ンビュ-ン
ハイザック「」ビュ-ン

カツ「サラ!来るよ!」ドウッ

サラ「ええ!」ドウッ

サラ(とにかく先ずはこの乱戦を上手く潜り抜けないと…)


コンマ下二桁
71以上サラが覚醒し、敵を倒しながらどんどん前に出た(サラNTレベル4に上昇。エマ死亡率50%減少)
26~70サラ&カツ。上手く乱戦に適応できず前へ出られず
16~25カツ死亡
6~15サラ死亡
5以下サラ&カツ死亡

安価下(70以下でエマ死亡確定)

292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:05:07.89 ID:Ac9xQmwlO
エンジョイ!

293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:16:26.75 ID:8pE+n61tO
コンマ89
サラ側
戦闘空域

サラ「急がないと…」

タイマー「182.56」ピピピピ

サラネモ「」ビュ-ン

ハイザック脚「」ドガ-ン

サラ「次!」

サラネモ「」ビュ-ン

マラサイ頭「」ドガ-ン

カツ「わっ!凄いサラ…」

サラ「うん?」ピキ-ン

カツ「え?」

サラ「カツ。こっちよ!今なら下が手薄だわ」ドウッ

カツ「分かった!」ドウッ

サラ「ふぅ…」

サラ(なんとか突破できたわ。後は核ノズルの点火まで間に合えば…)ドウッ


サラのNTレベルが4に上がった

295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:31:49.82 ID:oOaeZlWl0
戦闘空域
カミーユ&ファ側

コロニー「」ゴオオッ

ウェイブライダー「」ビュ-ン

マラサイ「」ドガ-ン

カミーユ「俺さん達は左から回り込む気か?だったら僕は逆側から…はっ!」ピキ-ン

ジェリド「カミーユ!」ドウッ

ガブスレイ「」ブウンッ

カミーユ「ジェリドか!?」ギュルリンッ

ジェリド「今度こそ貴様を倒す!」ビュ-ン

カミーユ「状況が分かって無いのか!?これが月へ落ちれば人がいっぱい死ぬんだぞっ!?」ドウッ

ジェリド「貴様さえ居なければ、こんな嫌な作戦やらずに済んだんだぞ!」ギュ-ン

カミーユ「何だと!?」ドウッ

カミーユ「はっ!?」

マウアー「貰った!Z!」ブウンッ

カミーユ「何!?もう一機いたのか!」ブウンッ

ガブスレイ「」バチイッ
Zガンダム「」バチイッ 

カミーユ「くっ…」ググッ

ジェリド「ここまでだカミーユ!」カチャッ

カミーユ「うん?」ピキ-ン

ギュ-ン

ジェリド「何だと!?」ドウッ

マウアー「リックディアス?いや、違う?何だこいつは…」ドウッ

シュツルムディアス「」ギュ-ンギュ-ン

296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:32:33.28 ID:oOaeZlWl0
カミーユ&ファ側
戦闘空域

カミーユ「シュツルムディアス!?ファ!?」

ファ「カミーユ!援護するわ!」ビュ-ン

マウアー「チィッ!」ドウッ

Zガンダム「」ドウッ

カミーユ「よく来てくれたファ。だが早く突破して核ノズルへ向かわないと」

ファ「分かってる。1機は私が相手するわ」

カミーユ「頼む!」ギュルリンッドウッ

ジェリド「逃すか!カミーユ!」ギュルリンッドウッ

マウアー「ジェリド!?迂闊に…うっ!?」

シュツルムディアス「」ビュ-ンビュ-ン

マウアー「こいつめ!調子に乗って…!」ドウッ

ファ「専用機を任されたんだ。私だって!」ビュ-ンビュ-ン


カミーユ
コンマ下二桁
91以上ジェリド中破(死亡判定へ、ライラ死亡率50%低下)
61~90ジェリド小破(ジェリド撤退、ライラ死亡率50%低下)
11~60戦闘膠着
10以下カミーユ死亡

安価下


ファ
コンマ下二桁
91以上マウアー中破(ファNTレベル5に上昇。死亡判定へ、ライラ死亡率50%低下)
71~90マウアーを小破させて退却させた(ファベテラン級に上昇。ライラ死亡率50%低下)
16~70戦闘膠着
15以下ファ死亡

安価下2(※両方ライラ死亡率低下できずでライラ死亡確定)

297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:37:01.39 ID:1thQW0SD0
厳しいな

298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 05:37:11.76 ID:CifBw/qE0
おは

301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:00:00.42 ID:oOaeZlWl0
コンマ39(カミーユ戦闘膠着)
コンマ76(ファベテラン級に)
カミーユ&ファ側

カミーユ「くっ…!」ブウンッ

ジェリド「貴様!」ブウンッ

バチバチバチッ

カミーユ(こんな所で苦戦してる場合じゃ…いや、ファが向かったのか?)ピキ-ン




ファ「今だ!」ギュ-ン

マウアー「うっ!?」

ガブスレイ足「」ドガ-ン

ファ「やった…」

マウアー「チィッ…」ギュルリンッドウッ

ファ「撤退して行く?なら私はカミーユを…いや、カミーユなら心配しなくてもきっと大丈夫よね」

タイマー「121.04」

ファ「時間が無いわ。とにかく今の内に核パルスへ向かわないと!」ドウッ

302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:02:20.65 ID:oOaeZlWl0
アーガマ
ブリッジ

サエグサ「安定軌道に入るまで残り60秒!」

ブライト「MS隊は未だ核パルスに到着できていないのか!?」

トーレス「いえ、何機かは既に到着できているようです。しかしこれは…」

ブライト「まさか、火力が足りなくて核パルスに火が点かないのか?」

トーレス「…そのようです」

ブライト「ええい!ありったけの攻撃を加えさせるんだ!」

ブライト「砲撃手!コロニーへの攻撃の手を緩めるな!」



コロニー「」ゴオオオッ

核パルス「」


エマ
コンマ下二桁
51以上サラ&カツが中破していたエマと合流していた
50以下エマ機既に大破(エマ死亡)

安価下


ライラ
コンマ下二桁
51以上ファが中破していたライラと合流していた
50以下ライラ機既に大破(ライラ死亡)

安価下2


アポリー
コンマ下二桁
41以上リックディアス隊、核パルスに無事到着していた
40以下リックディアス隊、道中で全滅(アポリー死亡)


安価下3

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:02:38.77 ID:8wZWrB/E0

304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:03:06.70 ID:JJZ5kCqMO
生きろ

305: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:03:23.37 ID:Ac9xQmwlO
エンジョイ!

313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:09:53.25 ID:oOaeZlWl0
エマコンマ77(ラッキー7)


1エマNTレベル3に上昇
2巻き戻り権利入手(2つ目)


多数決下3まで

314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:10:39.53 ID:z+tgdPfmO
1

324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:37:30.71 ID:oOaeZlWl0
コンマ77(エマNTレベル3に上昇)
コンマ70(ライラ生存)
コンマ36(リックディアス隊全滅)
戦闘空域

ガンダムMK-Ⅱ右腕無し「」ジジッ

エマ「サラ、カツ。あそこを狙うのよ!」

サラ&カツ「「了解!」」ビュ-ンビュ-ン



リックディアス脚無し「」ジジッ

ライラ「私の事は良い。ファもあっちのガキ共と一緒に核パルスに集中して射撃を加えるんだ」

ファ「了解」コクッ

シュツルムディアス「」ドウッ
  



コロニー「」ゴオオッ

ウェイブライダー「」ドウッ

カミーユ「ジェリドめ。何処へ行ったんだ…」 

ガーベラ「」ドウッ

カミーユ「うん?ガーベラ?俺さん?…」

Zガンダム「」ドウッ

俺「Z?カミーユ?回り込んで偶然落ちあったのか?さっきの男は…」

カミーユ「…え?」ピキ-ン

俺「はっ…!?」ピキ-ン

俺「カミーユ見えたか!?急げ!」ドウッ

カミーユ「は、はい!」


ギャプラン「」ブウンッ

リックディアス「」ズバアッドガ-ン

アポリー「バッチ!?トリッパ!?クソッ…!コイツら!」ビュ-ンビュ-ン

俺「アポリー中尉!逃げて!」ドウッ

カミーユ「アポリー中尉!!」ドウッ

ジェリド「ええいっ!邪魔するな!」

ガブスレイ「」ビュ-ン

アポリー「しまった!?だああぁぁ!!」

リックディアス胸「」ドシュッ

俺「ああっ!!」

カミーユ「はっ!!」

リックディアス「」ググッ...
リックディアス「」ドガ-ン

俺「あ…アポリー……中尉……」

カミーユ「あ……あぁ…」

リックディアス破片「」

326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 06:51:33.40 ID:oOaeZlWl0
戦闘空域

カミーユ「うぁぁぁぁぁ!!!アポリー中尉!!貴様、貴様、貴様ぁぁぁっ!」ブウンッブウンッ

ジェリド「フン!これが戦争だろうが!」ドウッ

ガーベラ「」ビュ-ン

ガブスレイ肩「」ジュウッ

ジェリド「何だと!?」

俺「貴様…!よくも!」

ジェリド「チィッ…。邪魔をしやがって!」ギュルリンッドウッ

カミーユ「待て!!」ドウッ

ギャプラン「」ビュ-ン

カミーユ「うっ…」盾「バチイッ」

ヤザン「ええいジェリドめ。何故もっと無茶をせん!」

ガーベラ「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「ガンダムタイプの2体1はゴメンだ。また会おうぜ!」ギュルリンッドウッ

カミーユ「待て!!」カチャッ

俺「…待てカミーユ」

カミーユ「えっ?」

俺「気持ちは分かるが、俺達の今の任務を思い出せ…。今は深追いしてる場合ではない…」フルフル

カミーユ「くっ…」グッ

俺「…。」ジッ

リックディアス破片「」

俺(…やはり味方に被害が出てしまった。俺が弱かったばっかりに)マニピュレーター「」ドンッ

カミーユ「……行きましょう」ドウッ

俺「ああ…」ドウッ

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 14:06:17.07 ID:oOaeZlWl0
戦闘空域

Zガンダム「」ビュ-ン

マラサイ「」ドガ-ン

ガーベラ「」ブウンッ

ハイザック胴「」ズバアッドガ-ン

俺「カミーユ!」ドウッ

カミーユ「はい!」ドウッ



コロニー「」ゴオオッ

サラ「くっ…!」

カツ「時間が…!」

ネモ「」ビュ-ンビュ-ン
ネモ「」ビュ-ンビュ-ン

ファ「時間なら未だあるでしょう!諦め無いで撃って!」

シュツルムディアス「」ギュ-ンギュ-ン

核パルス「」ドオ-ンドオ-ン!!


アーガマ
ブリッジ

トーレス「残り25秒」

ブライト「限界まで打ち尽くせ!」

ブライト(っ…やはり間に合わないか…)



ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「未だだ!必ず進路は変わる!」

ラーディッシュクルー「残り21秒!」



アレキサンドリア
ブリッジ

アレキサンドリアクルー「カウントダウン入ります。15、14、13」

ジャマイカン「フッ、勝ったな」
 

353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 14:08:04.79 ID:oOaeZlWl0
核パルス付近
ガンダムMK-Ⅱコックピット内

核パルス「」

エマ(もう一押し何か有れば…はっ!)

ハイザック「」ビュ-ンビュ-ン

エマ「あれだわ!」ドウッ

ガンダムMK-Ⅱ「」ズバババ

ハイザック「」ガガガッヒュ-ン
核パルス「」

エマ「今よ俺!」ピキ-ン

ガーベラ「」ビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン
核パルス「」ドゴオ-ン

エマ「やった!核パルスに火が…!」

核パルス「」ドオ--ン!ドオ--ン!

カミーユ『エマさん!捕まって!』ドウッ

エマ「了解!」ガシッ
ウェイブライダー「」ドウッ

ガーベラ「」ドウッ

コロニー「」グググッ!!



アレキサンドリア
ブリッジ

ムソール「こ、コロニーの進路が変わりました!?」

ジャマイカン「何だと!?まさか…ヤザンは何をしていた!?」

アレキサンドリアクルー「モビルスーツ隊、帰艦!」

ジャマイカン「くっ…これ以上方向は変えられん。この作戦…」ググッ

358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 14:41:45.10 ID:oOaeZlWl0
アーガマ
格納庫

カミーユ「ギリギリ進路をずらせましたけど…」

俺「ああ…」

Zガンダム「」
ガーベラ「」
シュツルムディアス「」
メタス胴体のみ「」

俺「無事にアーガマまで帰って来れたのは俺達3人と大破して負傷したレコアさんだけか…」

ファ「リックディアス隊も、ネモ隊も皆んな…」

カミーユ「アポリー中尉…」

俺「…。」スタスタ

ファ「あ、俺さん…」スッ

カミーユ「ファ…」トンッ

ファ「カミーユ…」

カミーユ「…。」フルフル

ファ「…。」



シャワー室

シャワー「」ジャ-...

俺「…。」

俺(皆んな、死んで逝った…。皆んな…)グッ

俺「これが戦争…。これが特攻か…」

俺(先輩パイロットは皆んな居なくなってしまった…。これでこの艦の一番古いパイロットは俺…なんだよな…)

俺「これからはもっと、しっかりしないと…」グッ

372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 15:54:34.29 ID:oOaeZlWl0
アーガマ
俺部屋

ベッド「」

俺「ZZZ…」スゥ...スゥ...


30バンチ
俺家

父ミイラ『』
母ミイラ『』
妹ミイラ『』


俺「うっ…うぅっ…」


宇宙空間

カプセル『』パリ-ンッ

ヒルダ『あぁぁぁっ!』

リックディアス『』ビシュッ

フランクリン『うおおっ!?』ドガ-ン

カミーユ『親父!お袋!わあぁぁぁっ!』


俺「くっ…うぅっ…」


宇宙空間

リックディアス『』ズバアッ

バッチ『ぐわあぁぁぁっ!』ドガ-ン

リックディアス『』ビシュッ

アポリー『しまった!?だああぁぁぁっ!?』ドガ-ンッ


俺「うあ…ぁっ……」

俺「はっ!?」バサッ

俺「はぁ…はぁ…はぁ……」

汗「」ジワッ...

俺「まただ…。最近は無かったのに、また悪夢を見るように…」グッ

俺「はぁ…前の戦闘で味方が沢山死んだからか?…」

俺(だがなんなんだこれは…。死者に魂が吸い寄せられているとでも言うのか…)ストッ

373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 15:55:24.21 ID:oOaeZlWl0
アーガマ
俺部屋

扉「」コンコン

俺「うん?…はい?どなたですか?」

俺(もしかしてファか?)

ブライト『私だ』

俺「ブライト艦長?」ゴソゴソ

扉「」ウイ-ン

ブライト「すまない。休んでいる所だったか?」

俺「いえ、大丈夫です。ちょうど目が覚めた所でしたので」

ブライト「そうか。なら良かった」

俺「俺に何か?」

ブライト「今後のMSの編成について君の意見を聞きたい。作戦会議室まで来て欲しいのだが…」

俺「えっ…?」

ブライト「現在アーガマに残っているパイロットでは一応君が一番長いからな」

俺(あぁ、そっか…。アポリー中尉達が死んで、クワトロ大尉も未だ地球だから…)

俺「…。」


1……分かりました。用意ができたら直ぐに向かいます(性格戦士タイプに。MS隊隊長ルート)
2すみませんが…俺はそう言う器では有りません…(性格今まで通り。一兵士ルート)


多数決下5まで

376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 15:55:52.50 ID:srSjfakZO
1

404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 17:45:47.60 ID:oOaeZlWl0
アーガマ
俺部屋前

俺「……分かりました。用意ができたら直ぐに向かいます」

ブライト「すまない。そうしてくれ」

俺「いえ…」

扉「」ウイ-ン

俺「……。」



洗面所

俺「酷い顔だな…」

蛇口「」ジャ-

俺顔「」バシャバシャッ!

俺「はぁ…」スッ

俺「…。」ゴシゴシ

俺(…俺が不安がっていては生き残った皆んなにも動揺が伝染する)

俺「俺がしっかりするしか無いんだ。これ以上、誰も失わないようにするには…」グッ

俺「……。」

俺「スゥッ...よしっ。行こう」スタスタ

415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 18:44:44.14 ID:vZWntu2hO
アーガマ
作戦会議室

俺「アーガマは速やかにグラナダへ戻って船体の修理と戦力の補充をした方が良いでしょう」

俺「幾ら俺、カミーユ、ファの3人が居たとしてもこのままだと直ぐに沈みかねません」

ブライト「うむ、ラーディッシュはどうか?」

俺「ラーディッシュの方は半数以上が生き残っています。主要パイロットもライラ大尉にエマ中尉、サラ、カツと此方より多く生き延びています」

俺「アーガマより優先で月に戻る必要は無いと思います」

ブライト「……。」

俺「艦長?」チラッ

ブライト「いや…何でもない…。ならラーディッシュは引き続き作戦に着いて貰っていても大丈夫そうだな」

俺「ええ。時間に余裕あるならばラーディッシュも補給を行った方が良いと思いますが」

ブライト「そうだな。ではアーガマはこのまま月への進路に変更は無しだ」

俺「はい」

ブライト「……。」

ブライト(変わったな俺…。前まではエマ中尉に師匠師匠とジャレついたり、ファと艦内でべったりだったでアムロやカミーユと似た所があったが今はまるで違う…)ジッ

俺「…。」ピッピッ
パネル「」ピコンッ

ブライト(半数以上の味方の戦死と、ベテランパイロット達の死…)

ブライト(この取り巻く環境の所為で彼自身が変わざるを得なくなったのか…)

ブライト(この変化が良い方向へと変わっているので有れば良いが…)

417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 18:45:59.78 ID:vZWntu2hO
アーガマ
作戦会議室

電話「」プルルップルルッ

ブライト「どうした?」ガチャッ

俺「うん?」

シーサー『艦長。カミーユが更衣室から通信を行って来ています』

ブライト「何?カミーユが?」

シーサー『カミーユに変わります』ピッ

カミーユ『エマさんが危ないんです。行かせてください!』ゴソゴソ

俺(エマさん…?ラーディッシュが?カミーユ、俺に感じれない何かを…?いや、少し前までは同じだった筈…)

俺(俺が変わったのか?…)

ブライト「カミーユ、聞いているのか?エマ中尉がどうしたと言うんだ?」

カミーユ『感じるんです。エマさんが救いを求めているんですよ』

ブライト「ラーディッシュが攻撃を受けていると?」

カミーユ『そうですよ。行かせてください!』

ブライト「カミーユ、我々にわからない何かを感じているのか…」チラッ
 
俺「…。」


1行かせましょう。此方は俺とファでカミーユが戻るまで索敵に出ます
2俺は今は補給が最優先だと思います


多数決下5まで

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 18:46:15.78 ID:0CPx+2kN0
1

457: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 06:00:53.47 ID:iHyyGFJ50
アーガマ
作戦会議室

俺「行かせましょう。此方は俺とファでカミーユが戻るまで索敵に出ます」

ブライト「ブライトわかった、発信を許可する」コクッ

カミーユ『ありがとうございます』

ブライト「タダでさえ今は戦力が少ないんだ。無茶はするなよ」

カミーユ『了解。Zガンダム、行きます』

窓「Zガンダム「」ギュルリンッドウッ」

ブライト「カミーユが戻るまでアーガマは現空域で待機する」

俺「はい。俺はファを起こして索敵に出ます」スタスタ

ブライト「頼む」

扉「」ウイ-ン



ファ部屋前

俺「ファ、居るか?」

ファ『ん…?誰?…こんな時間に…』ウツラウツラ...

扉「」ウイ-ン

俺「あ…」

ファ 着「」

ファ「……ん?…えっ?…お、俺さん!?!?キャアッ!?///」扉の横「」バッ

俺「すまない。熟睡中の所を起こしてしまったみたいだな」

ファ「ええ……え?はい…」

ファ(………あれ?)

俺「カミーユがラーディッシュの援護に向かって出撃したんだ」

ファ「カミーユが…?いつの間に…」

俺「数分前だ。ファにはカミーユが戻るまで俺と一緒に索敵に出て欲しい」

ファ「あ、はい…。それは構いませんが…」

俺「うん?何だ?」

ファ「…俺さん。何か、変わりました?」

俺「何を言ってるんだ?」

ファ「あ…いえ、ちょっと見ない間に、なんだか大人っぽくなったって言うか…」

俺「あぁ…先輩のベテランパイロット達が一斉に居なくなってしまったから臨時だが、今日から俺がMS隊隊長をやる事になったんだ」

ファ「えっ…」

俺「だからかな…。流石にしっかりしないといけないだろ?」

ファ「それは、そうですが…」

俺「更衣室でノーマルスーツに着替えたらMSの前で落ち合おう」ス-

ファ「了解です…」

ファ(俺さん…)

459: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:01:18.88 ID:iHyyGFJ50
ガーベラコックピット内

俺「ふぅ…」

モニター「シュツルムディアス「」」

俺「こっちは現在異常無し」

ファ『こっちもありません』

俺「そうか。引き続き索敵を継続するぞ」

シュツルムディアス「」ガーベラガシッ

俺「ん?どうしたファ?」

ファ『あ、あの…。俺さんが今、しっかりしようと頑張ってるのは今だけですよね!?』

俺「フッ、何言ってるんだファ?まるでしっかりしたらいけないみたいな言い方はおかしく無いか?」

ファ『あ…違います。今は皆んなが居なくなってしまったから臨時でMS隊の隊長を務めてるだけで、クワトロ大尉が地球から戻って来たらまた前みたいに戻りますよね?私達も…』

俺「ファ……」

ファ『そうですよね?俺さん』

俺「元通りには戻らないかな…」

ファ『えっ…』

俺「もう感情にだけ従って素直に生きて行く段階は終わったんだ…」

俺「やはりここは軍隊で…俺達は武器を持ち人の命を奪い合う戦争をしてるんだなって理解できて来たから…」

ファ『……。』

俺「…。」


ファ好感度9
コンマ下二桁
11以上俺、完全に戦士になった訳ではなく今の内に自分の想いを伝えておいた(ファ好感度9維持。ファ好感度減少可能性かなり低下)
10以下俺、心も完全に戦士に進化していてこれ以上は何も伝え無かった(ファ好感度6に低下)


安価下

460: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:03:36.88 ID:8hpcHFFe0
どうだ

464: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:18:09.69 ID:iHyyGFJ50
コンマ88(ボナ。カミーユ留守中にアーガマ強襲率低下(※次の判定))
ガーベラコックピット内

俺「あっ。で、でもっ…!」

ファ『はい?』

俺「えっと…こう言う時、なんて言えば良いのか分からないけど…」

ファ『どうしたんです?』

俺「その…ファが死んでしまったら俺は、えっと…とっても悲しいと思う!」

ファ『えっ…?//』

俺「あ、いや!勿論他の仲間が死んでも悲しいが、ファはやっぱり一番付き合いも長いし…特別悲しいと思う…」

ファ『俺さん…』

俺「…だからファは絶対に生き延びて欲しい」

ファ『あ…』

俺「これから先はアーガマの隊長としての仕事が増えるから、今までみたいにファだけに関わる時間もかなり減ると思うが…」

俺「だが蔑ろにしてる訳じゃ無い。むしろ俺はこう思っているのだけは、ちゃんと理解しておいて欲しかったから…」

ファ『…。』

俺「…。」

俺「……。」

俺(…アレ?返事が無い。もしかして伝える場所を間違えて滑ったか…?)

ファ『プッ…』

俺「え?」

ファ『くくっ…あははは』

俺「…ファ?」

ファ『あ、すみません。でもちょっと笑えて』クスクス

俺「どう言う事だよ…。人が折角真面目に話してるのに」

ファ『いえ、少し変わってしまったな…と思ってましたが、やっぱり根本の場所は何も変わっていない』

ファ『俺さんは俺さんなんだなって思えて』クスクス

俺「意味が分からん…」

ファ『フフッ、生き延びましょうね。この戦争…一緒に』

俺「ああ、勿論だ!」



アーガマ
ブリッジ

ファ『フフッ、生き延びましょうね。この戦争…一緒に』

俺『ああ、勿論だ!』

トーレス「はぁ~。全部丸聞こえなんだよなぁ~」

サエグサ「相変わらず二人きりになるとイチャイチャしやがるなあ、あの二人」

トーレス「そろそろあの二人。●●●なトークでも始めるんじゃ無いか?」

サエグサ「ウホッ録音しとこうぜ!弱味になるかも!」

ブライト「やめんか!今だけは此方との通信を切ってやれ」

トーレス「はーい。仕方ねえなぁ全く」プチッ

ブライト「フッ…」

ブライト(彼の急激な変化に一時はどうなる事かと思ったが、どうやら私の杞憂だったみたいだな)

469: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:53:36.65 ID:iHyyGFJ50
ボスニア
MSデッキ

ガブスレイ「」ジジッ

ティターンズ整備兵「肩の装甲は付け替えろ!」ウイ-ン

ジェリド「…。」

マウアー「コロニー落とし、失敗して良かったと思っているでしょうジェリド」

ジェリド「マウアー。俺は…別にそんな事は…」

マウアー「あんなやり方でカミーユって子との決着は貴方の望んでいる物では無いのでしょう?」

ジェリド 「さぁな…」

マウアー「…ジェリド。私、この作戦が一段落ついたらシロッコのジュピトリスに誘われてるのよ」

ジェリド「奴の船に?フン、アイツは相変わらずマウアーにご執心なんだな…」

マウアー「もし良かったら貴方も一緒に…。シロッコには私から推薦しといてあげるわ」

ジェリド「…いいやオレは良い」フルフル

マウアー「ジェリド…?何故…」

ジェリド「確かに、奴の側に居ればカミーユを倒す機会はいつかやって来るかもしれない」

ジェリド「だがそれはオレの力でカミーユを倒した訳じゃない。奴の力だ」

マウアー「…。」

ジェリド「オレは自分自身の力でカミーユを倒したいんだ。その為には奴とは違う道を行く」

マウアー「あのフォン・ブラウンで会った子供に何処までも執着するのね…」

ジェリド「あいつは子供なものか。奴がオレからライラやカクリコンを奪って行ったんだ」

470: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:55:18.88 ID:iHyyGFJ50
ボスニア
MSデッキ

マウアー「ライラって確か…」

ジェリド「…。」

ジェリド「ライラはオレにMSの戦い方のノウハウを教えてくれた、オレにとって師匠…みたいな存在に当たる人だったんだ…」

マウアー「ジェリドの師匠…?」

ジェリド「だが、30バンチにライラが一人で調査に入った時にエゥーゴと出会したんだろう。生身のまま消されちまった…」

マウアー「…。」

ジェリド「多分ライラをやったのもカミーユだ」

ジェリド「カクリコンはまぁ仕方ない所もあるからあまり気にして無いが、ライラの仇だけは絶対に取ってやらないといけない」

ジェリド 「オレはその為にもカミーユを超え、全てをこの手に掴んでみせると決めた」

ジェリド「だからマウアーとはゼダンの門に着いたら、残念だがお別れだな」スタスタ

マウアー「ジェリド…」


コンマ下二桁
31以上ボスニア、ゼダンの門へ真っ直ぐ補給しに帰った(原作。ジャマイカン、アドル死亡)
11~30ボスニア、アレキサンドリアと共に行動していた(ライラ死亡の可能性大)
10以下ボスニア、ここぞとばかりに戦力の減ったアーガマを狙っていた(アーガマ撃沈の可能性有り)

安価下

471: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 07:56:24.62 ID:3x05MAKMo

494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 13:05:25.26 ID:iHyyGFJ50
コンマ62(ジャマイカン、アドル死亡)
アーガマ
格納庫

Zガンダム「」ウイ-ン

俺「戻ったかカミーユ」

ファ「お帰りなさい」

カミーユ「すみません。帰還するのに予定より少し時間がかかって」

俺「いや、こっちは大丈夫だ。ラーディッシュはどうだった?」

ファ「エマさんや皆んなは無事だったの?」

カミーユ「はい。なんとか…エマさんがアレキサンドリアのブリッジを撃ち抜く事にも成功しました」

俺「アレキサンドリアの…?そうか、さすがエマ中尉だ」

カミーユ(…あれ?)

俺「これで修理をして再度使うにしろアレキサンドリアの脚は暫く止まる」

俺「アーガマは安心してグラナダへ向かう事ができるな」

ファ「ええ。そうですね」ニコニコ

カミーユ(…ん?何かファの機嫌もかなり良さそうだ。僕が留守の間に何があったんだ?)

俺「とにかく疲れたろう。後で落ち着いたら報告書を出しておいてくれ」トッス-

カミーユ「あ…了解」

扉「」ウイ-ン

カミーユ「なぁファ、俺さん。何か変じゃ無いか?」

ファ「臨時ではあるけど、MS隊の隊長になったからね」

カミーユ「俺さんが!?」

ファ「そうよ。だからこれからは忙しくなるみたいだし、カミーユもいつもみたく甘えたりしてあまり迷惑かけないようにね」

カミーユ「いや、僕よりも…ファは良かったのか?」

ファ「私?」

カミーユ「ああ、だってさ。いっつも一緒に居たんだろ?寂しくなったりは…」

ファ「しないわよ。私だって今の状況がどんなにマズイか理解しているし、いつまでも子供じゃ無いんだから」

カミーユ「ファ…?」

ファ「それに、どんなに離れたって。俺さんは俺さんよ。根っこの部分は何も変わって無かったから」タッス-

カミーユ「あ、ああ…」

カミーユ(変わったのは俺さんだけじゃ無い。ファもだ…)

カミーユ(2人とも、前より思考が大人っぽくなっている気がする…)

カミーユ「僕も2人を見習わないとな…」トッ...ス-

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 13:35:36.07 ID:iHyyGFJ50
グラナダ

ドッグ「」ウイ-ン
アーガマ「」ドウッ


アーガマ
ブリッジ

トーレス「アーガマ、3番ドッグに入港完了」

ブライト「これでようやく一息つけそうだな」

俺「グラナダにはどれくらい滞在できるんですか?」

ブライト「未だ分からん。アーガマの戦力も新たに補充したいし、次の作戦をウォンさん達と相談する必要もある」

俺「今のアーガマはロクに戦える状態じゃありません。長ければ長い程良いですが…」

ブライト「そりゃそうだが今の我々に休暇をくれる程エゥーゴに余裕があるとは思えん」

俺「休暇はブレックス准将とクワトロ大尉が地球から無事に戻って来てからになりそうですね」

ブライト「そう言う事だ」




俺部屋

俺「…。」

パソコン「」カタカタカタ...

俺(とりあえず許可が降りるまではアーガマ内に居る事になりそうだし、今の内に仕事を完了しとくか)カタカタカタ...

俺「…うん?メールが送られて来た?」

俺「えっ…アナハイムから!?」ジッ

パソコン「」ピッ

俺「…。」

俺「時間がある時にガーベラをアナハイムに持って来いって事か?」

俺「どう言う事だ?いったいこれは…」カチッカチッ

俺「ガーベラ開発責任者…。ニナ・パープルトン…」

俺「開発責任者だと?いや、このMSのデータは確か既に抹消されてる筈だが…?」
 
俺(と言うかニナ…??なんだ?何処かで聞いた事のある名前だ…)

俺「…。」

ニナ『私のガンダム』

俺「…はっ!思い出した!」

俺「地球に居る頃に出会った、ガーベラの兄弟機を手掛けた、ちょっと変なガンダムマニアの金髪の女の人だ…」

俺(ダメ元で手を貸して欲しいと説得はまさか本当に宇宙へ帰って来てたとは…)

俺(しかし時間がある時にガーベラをアナハイムまで持って来いってと言うのはいったいどう言う事なんだ?)

俺「あの人なら今のガーベラに更に手を加える事ができるとでも言うのか…?」

512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 14:13:54.23 ID:iHyyGFJ50
アーガマ
作戦会議室

ブライト「残念だがアーガマは補充されるMSを積んだら、ラーディッシュと合流し直ぐに次の作戦に向かう事になった」

俺「えっ…」

ブライト「クワトロ大尉が地球から帰って来る。アーガマはその大尉の乗ったシャトルの回収を行う」

俺「クワトロ大尉がもう地球から帰って来るんですか?ブレックス准将は?」

ブライト「分からん。連邦の今後を決める会議にしては帰って来るのも早過ぎる気がするし、詳しい事は大尉から聞くしか無いだろう」

俺「…そうですね。良い報せで無い可能性の方が高そうですが」

ブライト「…。」

俺「しかしアーガマは補充用のMSだけじゃなく戦死したパイロット達の分も新たにパイロットが加わるんです」

俺「MSは替えが効いても、パイロットはそうはいかない。経験も乏しい新たに加わる連中達と一緒に直ぐに作戦が行えるんでしょうか…?」

ブライト「厳しいがやるしかあるまい。君とカミーユとファの3人が中心となって今までのパイロット達と変わらないよう練度を上げて行くんだ」

俺(なかなか難しい事を言う…。まぁこんな状況だし仕方ないか…)

ブライト「2日後にはグラナダを出る。そのつもりで準備をしておいてくれ」

俺「了解です」

俺(2日…。ガーベラをアナハイムへ持って行ったら、絶対返って来ないな…)

俺(次にいつグラナダへ戻って来るかも未だ定かでも無いから、今は時では無さそうだが…)

俺(どうするかな)


1ガーベラを持ってアナハイムへ向かう
2俺が資料を見て直接新たなパイロットを補充してみる
3この間にアーガマとラーディッシュのMS隊の編成を見直す


多数決下5まで

513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 14:15:35.86 ID:7egsEw8jo

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 14:53:13.25 ID:iHyyGFJ50
アーガマ
作戦会議室

ブライト「君が直接パイロットの補充を…?」

俺「はい。リストアップされた人物を勝手に入れられるより、直接俺が選抜した方が未だ練度もマシになるかと」

ブライト「しかしここの出港は2日後なんだ。間に合うのか?」

俺「やってみます。パイロットの資料を貰えますか?」

ブライト「…分かった。パイロットの選抜は君に任せよう」

俺「ありがとうございます」

ブライト「しかし、君が倒れたら元も子もない。決して無理はするなよ」

俺「大丈夫ですよこれくらい」

ブライト「うむ。これがリストアップされてるパイロットの資料だ」

大量の資料「」ドサッ

俺「」

俺(…いや、多過ぎだろ。なんだこれ…こんなにアーガマ隊所属を志願してるパイロットが居るのか?)

俺(この船、はっきり言って他の船と比べて最前線にいる事かなり多いし偶に特攻かけるしで他の船と比べてかなり死ぬ確率高いのにエゥーゴの旗艦と言う名に釣られて憧れてる奴多過ぎだろ…)

ブライト「実は私はその量の資料の人間を詳しく目を通している暇は無かったんだ。宜しく頼むぞ」

俺「うっ…」

ブライト「ふぅ…3徹かと思ったが、お陰で1日分の睡眠時間はなんとか確保できそうだな…」ボソッ

俺「…。」

俺(言い出した以上、もうやるしか無いみたいだ…)チラッ

大量の資料「」


コンマ下二桁
81以上更にルー・ルカと言う女性に目が止まった
16~80ボティ中尉を中心とした新リックディアス隊を設立した(練度上昇。戦場での判定少しデバフ状態に※乱戦時全員判定-10%)
15以下残念ながらこんな短時間では全然めぼしい人物は見当たらなかった(戦場での判定デバフ状態に※乱戦時全員判定-20%、俺、指揮を執り動けない場合有り)


安価下

ブライトの好感度が6に上がった

535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 14:53:27.01 ID:tEHUlI/1o
>>528
これ

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 18:41:57.30 ID:iHyyGFJ50
やり直し権利を使いますか?

1使う(質問タイム挟みます)
2使わない


多数決下5まで

582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 18:42:23.74 ID:CIcHAVj+0
使う
1

716: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 20:36:00.36 ID:iHyyGFJ50
やり直し場所を決めます


ここから下3回指定が被った場所から再開します

718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 20:36:09.82 ID:WF8eocyJ0
>>148

733: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 20:38:58.00 ID:iHyyGFJ50
148から再開します
アーガマ
格納庫

俺「サラ」スタスタ

サラ「え?ああ、俺少尉」

俺「所属が別だったからなかなか話す機会が無かったが、まさか君までエゥーゴに志願してくるとはな」

サラ「私にも何か出来る事があるかと思ったんです」

サラ「貴方がエゥーゴに居るのは何となく分かってましたから」

俺「フッ、流石だな」

サラ「ガーベラのパイロットだったのは驚きましたが…」

俺「はは…。まぁ期待され過ぎだな。そうだ、師匠とは…」

サラ「師匠?」

俺「あ、いや。エマさんとは上手くやれてるか?」

サラ「はい。マニュアルの読み方を教えて貰ったり、軍の厳しさを等教えて頂いております」

俺「そうか。なら心配無さそうだな」

サラ「はい」コクッ

俺「何か困った事があったら俺も教えてやるから気軽に声を掛けてくれ」

サラ「はい。ありがとうございます」

俺「それにしても…」チラッ

サラ「??」

サラ太腿「」

俺(ファと言い、サラと言い、エゥーゴの軍曹の制服は●●●だ…)

サラ「俺少尉?」

俺「あ…な、何でもない!それじゃあまたな」ス-

サラ「はい」コクッ

サラ(俺少尉か…)

ファ「あ、俺さん。今から昼食なら一緒にどうですか」

俺「え?ああ別に構わんぞ」

ファ「じゃあ行きましょう」ギュウッ

俺「お、おい…」ス-



サラ「…。」ジッ

サラ(あれが前に言ってた恋かしら…?でも楽しそうだったな…いいな)トンッ


コンマ下二桁
16以上ラーディッシュに謎の暗号通信が入った
15以下シロッコが直接乗り込んで来た


安価下

734: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 20:39:06.44 ID:ev33LsKT0

753: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 21:19:28.16 ID:IOWnOujsO
コンマ44(俺突破率30%に上昇)
アーガマ
レクリエーションルーム

ウォン『ティターンズがサイド4にかかるというのは、コロニー落としのためだと言うのだな?』

ブライト「ラーディッシュが謎の暗号通信をキャッチしました」

ウォン『正体も分からん相手からの通信なぞ信用できるのか?我々をはめようとしているんじゃないのかね?』

ブライト「考えようはいくらでもありますが、ティターンズも一枚岩では無いと言う事では無いでしょうか?」

カミーユ「サイド4のコロニーが動き出しているというのは、事実なのでしょう?」

ウォン『グラナダでも確認をした。しかしそいつが月のどこに落ちるかはわからん』

俺「しかし、もしその移動中のコロニーがグラナダに落ちるとしたら不味いんじゃ有りませんか?」

ウォン『グラナダを狙っていると言うのがニュータイプの勘とか言う奴か?』

俺「それは違いますが…」

ブライト「一応、グラナダの住民避難は行っていただけますね?」

ウォン『こちらなりのやり方はするが、コロニー落としは陽動作戦だ。敵はもっと…』

ブライト「もし違っていたらそれで構いませんがアーガマは念の為、コロニー落としを阻止する作戦に出ます」

ウォン『当たり前だ。ラーディッシュとうまくやれ』プツンッ

ブライト「ウォンさんの見方も正しい。こんな出所不明の情報をアテにしていては普通は軍なんて成り立たん」

エマ「だからと言って、こんな情報を前もって手に入れておいて動かない訳にはいかないでしょう?」

ブライト「そりゃあそうだ。しかしこれが何か敵の策である可能性も高い。念の為アーガマは警戒を行いながらコロニーへと向かうぞ」

ブライト「各員。第二戦闘配置だ」

エマ「はい」ス-

扉「」ウイ-ン

754: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/06(月) 21:23:04.58 ID:IOWnOujsO
アーガマ
廊下

俺「師匠とサラはラーディッシュの俺達と配置の交換をするんですよね?」ス-

エマ「そうね。2対2の配置替えなんて何の意味があるのか分からないけど」ス-

俺「俺にも分かりません。ブライト艦長は何か士気の問題がどうたら言ってましたが、全く理解できませんでした」

エマ「別に構わないけど、配置替えするのにもちゃんとした理由が欲しい所よね」ス-

俺「全くです」ス-

サラ&ファ「…。」ジッ

サラ「…ねえファ、あの2人って鈍感なの?」ヒソヒソ

ファ「そうね…。そっちの事はかなり残念な師弟よ…」ヒソヒソ

サラ「ええ…」

ファ「…まぁそっちもそっちで頑張って」ウイ-ン

サラ「はぁ…」ウイ-ン

849: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 05:32:58.95 ID:Th9YcRJA0
ラーディッシュ
ブリッジ

ヘンケン「キャッチしただと!?」

ラーディッシュクルー「はっ、正面に月に向かうコロニー、あります」

ヘンケン「結構だ。グラナダへ落とすのか、フォン・ブラウンに落とすのかの2つに1つでしかない」

ヘンケン「アーガマはキャッチしているんだろうな?」



アーガマ
ブリッジ

ブライト「何故計算できん!わかった。グラナダかフォン・ブラウンかによって警報の出し方が違ってくる」

ブライト「急げ!モビルスーツ隊、発進用意させろ!」

サエグサ「はっ!」



ガーベラコックピット内

ファ『コロニー止めるってどうするんですか?』

俺「今更コロニーを破壊しようなんて、1年戦争で使われた大規模破壊兵器くらいを持って来なきゃ不可能だ」

ファ『…ならどうすれば?』

俺「誰かが核パルスに火を点けてコロニーの進路を変えるんだ。グラナダ以外なら何処に落ちても良い」

ファ『了解です!』

ブライト『よーし。まだ距離があるが、モビルスーツ隊、順次発進!』

俺「俺が最初に出ます」ウイ-ン

トーレス『ラーディッシュからもガンダムMK-Ⅱとリックディアス、支援用のネモ隊が出る』

俺「了解」

俺(師匠とライラ大尉か…。あの2人はベテランだし分かってるだろうな)

俺(恐らく敵も核パルスに点火させて進路を修正させまいと、守りの陣を引いている筈)

俺(俺も敵の部隊を突破できれば一番良いが、できるだけきMSの迎撃も引き受けてやら無いと…)

信号「」ピ-ピ-ピ-ブ-!

俺「ガーベラ行きます!」ドウッ

850: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 05:34:39.19 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
ブリッジ

トーレス「ターゲット確認。主砲、わかってんの?進路を変えるんだ。ターゲットに向かって左!」

アーガマクルー「こっちも子供じゃない!コロニーの進路を変えてみせる」

ブライト「主砲を撃ったら敵も撃ってくるぞ。第一戦闘戦速!」

サエグサ「はっ!主砲!」



戦闘空域

アーガマ「」ビュ--ンッ

コロニー「」ドガ-ンッ

カミーユ「始まった!」

アレキサンドリア「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「コロニーの上から来ようってんだろ。ふっ、わかってるよ」ドウッ

カミーユ「あそこか!」ドウッ

俺(カミーユも敵のMS隊の迎撃に当たるのか?なら今の内に俺はコロニーに!)ドウッ


コンマ下二桁
71以上上手く敵の防衛隊を突破して核ノズルへと辿り着いた(判定無しでコロニー落とし阻止確定)
70以下ヤザンに捕まった(VSヤザン)


安価下

851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 05:53:27.36 ID:L6vr9r/oo
いけ

853: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:14:41.75 ID:Th9YcRJA0
コンマ36
戦闘空域

ガーベラ「」ドウッ

俺「ん?何!?」ピキ-ンッ

ヤザン「見つけたぞお!この前の羽付き!」ビュ-ン

俺「こいつは!」ドウッ

ヤザン「この前の借りを返してやる!」ビュ-ンビュ-ン

俺「チィッ!こんな時に…!」ドウッ

ハイザック「」ビュ-ンビュ-ン

俺「チィッ!敵の数が…」ドウッ

Zガンダム「」ビュ-ンビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン

カミーユ「援護します!」

俺「カミーユか?すまん。頼む!」

ヤザン「フン!逃さんぞお!」ドウッ

俺「くっ!しつこい!」ブウンッ

ガーベラ「」ドウッ

コンマ下二桁
86以上ギャプラン中破(俺、エース級に。死亡判定へ)
16~85戦闘膠着
11~15敵がガンダムMK-Ⅱとリックディアスの方へ流れてしまった(エマorライラ死亡判定へ)
10以下ガーベラ中破(死亡判定へ)


安価下


エマ「俺機はモビルスーツにかかる?ならあたしは核パルスエンジンを」ドウッ

ハイザック「」ビュ-ンビュ-ン

エマ「はっ!」

ビーム「」ビュ-ン

ハイザック「」ドガ-ン

ライラ「エマ!援護する!さっさとそいつを止めろ!」ドウッ

エマ「リックディアス?ライラ大尉のか。今の内に逆方向の核パルスに火を点火すれば…」ドウッ

コロニー「」ゴオオッ


エマ側判定
コンマ下二桁
31以上コロニーの進路を変える事に成功した(コロニー落とし阻止)
6~30エマ、敵のMSに阻まれて失敗した(ライラ死亡イベントへ)
5以下エマ中破(エマ死亡イベントへ)


安価下2

854: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:21:06.09 ID:r6AQ6kCg0
ほい

855: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:23:24.55 ID:ouukIQPu0

858: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:30:24.51 ID:Th9YcRJA0
コンマ09
コンマ55(ボナ。ライラ好感度6に上昇)
戦闘空域

俺「くっ…こいつ!」ブウンッ

ヤザン「フハハハハ!今度は邪魔者無しだ!」ブウンッ

バチバチバチバチッ

ガーベラ「」ググッ

俺「うっ…!?出力で負けてる!?」バチバチバチッ

ギャプラン「」ブウンッ

俺「はっ!?」

ガーベラ右肩「」ズバアッ

俺「うぐっ!?」ドガ-ン

ヤザン「はっ!これで終わりだ!」ブウンッ

俺(や、やられる!?)


コンマ下二桁
41以上カミーユに助けられた
40以下俺死亡

安価下

859: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:30:55.21 ID:JtY85P6lO
俺さん!

863: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:43:45.70 ID:Th9YcRJA0
コンマ21
戦闘空域

ギャプラン「」ブウンッ

俺「はっ…!」ズブウッ

ガーベラコックピット「」ズボッ

ヤザン「フハハハハハハハ!」ドウッ

俺「あ…あぁっ…」ピカ-ン..

ガーベラコックピット「」ドガ--ンッ



その後、俺無しでもエゥーゴはティターンズに勝利したが主要なメンバーは尽く死に…アクシズに地球圏の侵略を許すのだった…

865: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:45:26.32 ID:Th9YcRJA0
大して進んで無いので直ぐに決めます(デスペナにより能力当時の所から1段回ダウン)


3回指定が被った場所からやり直します



871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:52:55.69 ID:uC5TXiT9o
850

873: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:55:37.36 ID:Th9YcRJA0
850から再開します
アーガマ
ブリッジ

トーレス「ターゲット確認。主砲、わかってんの?進路を変えるんだ。ターゲットに向かって左!」

アーガマクルー「こっちも子供じゃない!コロニーの進路を変えてみせる」

ブライト「主砲を撃ったら敵も撃ってくるぞ。第一戦闘戦速!」

サエグサ「はっ!主砲!」



戦闘空域

アーガマ「」ビュ--ンッ

コロニー「」ドガ-ンッ

カミーユ「始まった!」

アレキサンドリア「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「コロニーの上から来ようってんだろ。ふっ、わかってるよ」ドウッ

カミーユ「あそこか!」ドウッ

俺(カミーユも敵のMS隊の迎撃に当たるのか?なら今の内に俺はコロニーに!)ドウッ


コンマ下二桁
46以上上手く敵の防衛隊を突破して核ノズルへと辿り着いた(判定無しでコロニー落とし阻止確定)
45以下ヤザンに捕まった(VSヤザン)


安価下

874: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 06:57:46.82 ID:fV3U3CrXO
すーぐ巻き戻して、結局悪い展開に進んでるのほんと草

875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:00:00.57 ID:Th9YcRJA0
コンマ82
戦闘空域

コロニー「」ゴゴゴッ

ガーベラ「」ドウッ

俺「よし。MS隊を突破した」

ガーベラ「」ロングライフルガチャンッ

俺(進路を変える為に、もう一方の核パルスに点火できれば……)ピピピ

ガンダムMK-Ⅱ「」ドウッ

俺「ん?マークツー?師匠!」

エマ「これを使って!」ポイッ

ハイザック片腕無し「」ジジッ

俺「着火剤にしろと言う事か。よし…」

ハイザック「」ビュ-ンビュ-ン

エマ「援護するわ。今の内に!」ビュ-ンビュ-ン

俺「……ッ!」ピピピッ

ターゲットサイト「ハイザック「」核パルス「」」ピ-!

俺「今だ。行け!!」ギュ-ン

ハイザック「」ドゴッドガ-ンッ
核パルス「」ドガ-ン

俺「どうだ!?」パカッ

コロニー「」グラッ

俺「進路が変わった!」

エマ「やった!?」



アレキサンドリア
ブリッジ

ムソール「コロニーの進路が変わりました」

ジャマイカン「ヤザンは何をやっている!?」

アレキサンドリアクルー「モビルスーツ隊、帰艦!」

ジャマイカン「もう方向は変えられん。この作戦…」

876: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:01:32.37 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
格納庫

ガーベラコックピット「」

俺(核パルスに点火した時もそうだったけど、やっぱりガーベラの全体出力が弱いな。あの時は師匠に助けられたが、もう少しどうにかならんものか…)カタカタ

ファ「俺さん」ヒョコッ

俺「ん?ファ。どうしたんだ?」

ファ「いえ、今暇かなぁって」

俺「まぁ、整備はもう直ぐ終わるが…」

俺「どうしたんだ?また訓練でも付けて欲しいのか?」

ファ「いえ、今日は一緒に食事でもどうかなぁって」

俺(…?大概一緒に食べてないか?まぁ確かにカミーユとかカツとか師匠が来て、基本的に3人以上ばっかりだったが…)

俺(と言うか、そんな場所から覗き込んでたら下から   丸見えじゃないか…?)

ファ「どうです?」

俺「ああ…」ピキ-ン

ファ「え?」


アドル『やらせるか!』ビュ-ン

エマ『あぁ、ああぁぁぁぁ…!』ドウッ


俺「師匠?」

ファ「…はい?」

ブライト『聞こえるか俺?』プンッ

俺「…え?ブライト艦長?はい」

ブライト『君もエマ中尉の声が聞こえたか?』

俺「え、ええ…。危ないんですよね?」

ブライト『そうか。やはり…』

俺「やはり?」

ブライト『カミーユもそっちへ向かってる。君かカミーユのどちらかがラーディッシュの援護に出ろ』

俺「あ…」チラッ

ファ「…。」

カミーユ「俺さん!Zガンダムいつでも出れます!」タッタッタッウイ-ン

俺(カミーユ。速いな…)


1カミーユ。頼む!
2すまんファ。話しはまた今度だ。俺が出る!


多数決下5まで

877: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:02:08.44 ID:5QUGq4PMO
1

880: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:05:26.24 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
格納庫

俺「カミーユ!頼む!」

カミーユ「了解!俺さんはアーガマの守りをお願いします!」ウイ-ン

俺「OK」ピッ

Zガンダム「」ウイ-ン

信号「」ピ-

カミーユ「カミーユ・ビダン。行きます!」ドウッギュルリンッドシュッ


俺「あー、なんだったっけファ?」

ファ「いえ、今日のお昼一緒にどうかと…」

俺「ん。別に良いが、カミーユも発進して、ガーベラをいつでも出られるようにスタンバイしておかなきゃならん。少しかかるぞ?」

ファ「構いませんよ。私も手伝いますから」

俺「良いのか?」

ファ「はい」ニコッ

俺「ありがとう」

ファ「さっさと済ませちゃいましょう」

881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:05:58.70 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
食堂

フォーク「」スッ

俺「ふぅ…それにしてもファとは随分長い付き合いだな」

ファ「ええ。最初に会った時はまさかこんな関係になるとは思って無かったです」クスッ

俺「後悔はして無いのか?軍に志願してパイロットになった事に」

ファ「してませんよ。寧ろ逆です」

俺「うん?逆?それは…」

ファ「うふふ。それは秘密」スッ

俺「あ…」

俺ほほ「」ピトッ

ファ「俺さん。MSに乗ってる時は歴戦の戦士って感じですけど、オフだと全くそんな感じしませんよね」

ファ「ほら、こんな所にご飯粒が付いてました」パクッ

俺「あ…た、食べ…///」ドキッ

ファ「うふふ」ニコニコ

俺(何をドキドキしてんだ俺…ファは俺の仲間なんだぞ…)ドキッドキッ

俺「え、えっと…そうだ。こ、これなんだっけ?」ドキッドキッ

ファ「あぁ、フォン・ブラウンで補給した時にアーガマの食堂に配置されたおみくじですね」

おみくじ「」

俺「おみくじ?」

ファ「はい。エマさんが引いた時は近々縁談有りとか出たらしいですよ」

俺「ぷっ、あの師匠が?」

ファ「エマさんだってそろそろ良い年齢だから有ってもおかしくありませんよ」

俺「でも近々って今は戦争中だしな。ラーディッシュの中であるって事か?」

ファ「かもしれませんね」

俺「師匠の事をそっちの目で見てるなら、なかなかの物好きだ」

ファ「エマさん。それ言ったら怒りますよ?」

俺「ははっ…。俺が言ってたと知ったら間違い無く修正されるからそれは勘弁願いたいが…どれ、俺も引いてみるか」

おみくじ「」ピッウイ-ン

俺「どれどれ…」

ファ「どうでした?」ワクワク


コンマ下二桁
86以上まさかの俺も近々縁談有りだった
61~85恋人との距離が縮まると書いてあった
41~60待ち人直に現ると書いてあった
16~40油断すれば生命を失うと書いてあった…
15以下まさかの大凶だった…

安価下

882: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 07:06:00.19 ID:6eODpnPLO
この選択肢も見飽きたな
1

923: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:01:00.40 ID:Th9YcRJA0
コンマ19
アーガマ
食堂

俺「げっ……」

ファ「えっ……」

「油断すれば命の危機に陥る」

俺「…。」

ファ「…。」

俺「…俺達って戦争してる訳だが、こんな不吉な事書いた結果が出る事ってあるんだな」

俺「まるで次の戦闘で戦死するみたいなフラグなんだが…」

ファ「い、いやいや。そんな…只の占いですよ…はは…」

俺「はぁ……すまん。一気に気持ちが萎えた…」

ファ「え?…」

俺「部屋に帰って休ませて貰う…。カミーユから報告は聞いておいてくれ…」ガタッ

ファ「あ、はい…」

おみくじ「」

ファ(…縁談有りが出たエマ中尉には悪いけど、このおみくじは艦長に頼んで撤去して貰おう)




俺部屋
ベッド

俺(はぁ…。次の戦闘大丈夫だよな…)スタスタ

924: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:05:33.31 ID:Th9YcRJA0
同じなのでカットで(前スレ747まで)
アーガマ
ファ部屋前

カミーユ「ファ、何やってるの」

ファ「髪くらい梳かさせてよ」シャッシャッ

カミーユ「今度の戦闘はハードなんだから、それじゃパイロット失格だな」

ファ「私の事は俺さんが見てくれてるから、カミーユまで急に私の面倒診てくれなくていいのよ」

カミーユ「あのねぇ…」

ファ「すぐに行くから。うっとおしい顔なんて見たくないわ」

カミーユ「わかったよ」ス-

扉「」ウイ-ン

ハロ「ファ、カンジョウセンタカイ、タカイ」パタパタ

ファ「わかってるわよ!」ベシッ

ハロ「」カツンッ



宇宙空間

Zガンダム「」ドウッ

ガーベラ「」ピコ-ンピコ-ン

俺「右翼、敵影無し」

カミーユ「此方も、特にありません」

トーレス『了解した。2人とも一旦帰投して良いぞ』

俺「了解」プチッ

Zガンダム「」ガシッ

俺「うん?どうしたカミーユ?」

カミーユ「俺さん。最近、ファの機嫌が悪いんですが…」

俺「機嫌が悪い…?」

カミーユ「当たりが強いと言うか…俺さん。何か心当たりあります?」

俺「いや…。特には…」

カミーユ「…そうですか。なら俺さん何とかしてくれません?」

俺「え?俺が?」

カミーユ「だって俺さん。ファの面倒役なんでしょ?」

俺「…。」

俺(何でカミーユまで知ってんだ…。誰だ暴露したの…レコアさんか?)

俺「はぁ…」


1分かったよ…。時間がある時に何とかしてみる
2この後はちょっと用事がある。悪いが俺には無理だ
3俺を巻き込むな。2人で解決してくれ


多数決下5まで

925: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:07:48.94 ID:aRf3nd3UO
やっぱり原作会話はほぼ強制か
1

928: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:11:41.57 ID:Th9YcRJA0
同じなので前々スレ759まで同じなのでカット
静止軌道上

ジェリド「今度こそZガンダムを倒してやる」

マウアー「焦ってはダメよジェリド」

ガブスレイ「」
ガブスレイ「」

ジェリド「分かってる!行くぞ!」ドウッ

マウアー「了解!」ドウッ




ガーベラコックピット内

俺(ライラ大尉がレコアさんを護衛してグラナダに行ってる分、師匠の援護に向かわないと師匠達が危ないか…?)

俺「ファ!ちゃんと着いて来ているな!」

ファ『はい!あ、ガブスレイが…』

俺「ガブスレイ?2機か」ピキ-ン

モニター『ガブスレイ「」ガブスレイ「」』



ガーベラコックピット内

俺(カミーユならリックディアス隊も付いてるし、2機相手でも大丈夫だろうが…)


1カミーユなら問題無い。俺達はラーディッシュ隊の援護に向かうぞ!
2師匠なら多分大丈夫だろう。ガブスレイの1機を俺達でやるぞ!


多数決下5まで

930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:13:30.26 ID:aRf3nd3UO
1

933: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:30:22.45 ID:Th9YcRJA0
静止軌道上

俺「カミーユなら問題無い」

俺「俺達は師匠の援護に向かうぞ!遅れるな!」

ファ「了解!」

ガーベラ「」ドウッ
シュツルムディアス「」ドウッ

ギャプラン「」ビュ-ンビュ-ン

エマ「は!?」

ガンダムMK-Ⅱ胴体「」ドゴッ

エマ「ああぁっ!?」ヒュ-ン

ヤザン「ここまでだな。MK-Ⅱ!!」カチャッ

ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「チィっ!?何だ!?」

ガーベラ「」ビュ-ンビュ-ン

ヤザン「羽付きだと!?」ドウッ  

俺「あいつは俺が相手をする。ファはネモ隊の支援を!」ドウッ

ファ「はい!」ドウッ

ヤザン「今日こそ墜としてやる!」ドウッ

俺「貴様!よくも師匠を虐めたな!」ビュ-ンビュ-ン

ギャプラン「」ギュルリンッ

ヤザン「フン!」

俺(…来るか!)ピキ-ン


コンマ下二桁
86以上ギャプラン中破(俺、準エース級に死亡判定へ) 
36~85戦闘膠着(敵部隊撤退) 
35以下ガーベラ中破(死亡判定へ) 


安価下


マラサイ「」ビュ-ンビュ-ン

サラ「ああっ!?」バチイッ
ライフルドガーン「」

サラ「つ、強い…どうしてこっちの攻撃は当たらないのに…はっ!」

マラサイ「」カチャッ

シュツルムディアス「」ギュ-ンギュ-ン

マラサイ「」ドシュッ
マラサイ「」バチバチ...ドガ-ン

サラ「シュツルムディアス?ファ!?」

ファ「サラ、貴方気合い負けしてるのよ!」

サラ「えっ…」

ファ「戦闘中に弱気になって怯えてはダメよ!」ギュ-ン

サラ(私が弱気に…)

コンマ下二桁
81以上ファが更に腕を上げ瞬く間に殲滅した(下+ファ準ベテラン級に)
31~80サラ、ファの動きを見て学習した(サラ準中堅級に)
30以下サラ、呆気に取られたままファが殲滅した

安価下2

934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:31:13.82 ID:Gh72X3j/O

935: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:31:15.06 ID:aRf3nd3UO
さて久しぶりに

939: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:35:55.73 ID:Th9YcRJA0
コンマ82(戦闘膠着)
コンマ06(ファが普通に殲滅)
静止軌道上

ガーベラ「」ブウンッ

ギャプラン肩「」ドガッ

俺(くっ…!なんでガムシャラな…)

ヤザン「パワーが違うんだよ!」

俺「何だと!?」

ヤザン「押し潰してやる!」ガシッ
   
俺「うっ…」グラッ

ヤザン「フフフハハハハハ恐怖に怯えながら死んでゆけい!」

俺「チィッ…」ミシッ..ミシッ...

俺(どうする…撃つか?いや、この距離で撃てば相討ちに…)

ヤザン隊パイロット『ヤザン隊長!至急アーガマへ向かって下さい!』

ヤザン「何ぃ?」チラッ

俺(今…!)

俺「フルパワーだ!」グッ

ガーベラ「」ドウッ
ギャプラン「」ググッ 

ヤザン「何だと!?」

ガーベラ「」ドシュッ

ギャプラン手「」ドガ-ンッ 

ヤザン「くっ…」ドウッ

シュツルムディアス「」ブウンッ
マラサイ「」ズバアッドガ-ンッ

サラ(つ、強い…ファも…)




Zガンダム「」ブウンッ

ガブスレイ脚「」ズバアッ

ジェリド「ぐあっ!?カミーユ!」

マウアー「ジェリド !?チッ…」

リックディアス「」ビュ-ンビュ-ン

ガブスレイ「」ドウッ

942: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:39:27.56 ID:Th9YcRJA0
アレキサンドリア
ブリッジ

アレキサンドリアクルー「MS隊苦戦しています!」

アレキサンドリアクルー「アーガマ、戦闘空域を離脱!」

ガディ「モビルスーツ隊を戻せ。艦隊を立て直す」

アレキサンドリアクルー「はっ」

ガディ「今頃アーガマは地球の向こう側か…。くっ!」



静止軌道上 

アレキサンドリア「」ヒュルルルッ

信号弾「」ド-ンド-ン

俺「ん?敵が撤退して行く…?こっちもシャトルの回収に成功したのか」

ガンダムMK-Ⅱ「」ガシッ

エマ「来てくれてありがとう。助かったわ」

俺「当然ですよ師匠」

ファ「実戦。初めてなんでしょう?思ってるよりずっと大変だけど頑張ってねサラ」

サラ「ええ…」

俺「アーガマまで戻るぞファ」ドウッ

ファ「了解」ドウッ
 

アーガマ
格納庫 

俺「ふぅ…」ウイ-ン

ファ「俺さん」ニコニコ

俺「ファか。お疲れ」

ファ「はい。お疲れ様でした。それでさっき言ってた私に用って?」

俺「ん?あぁ…」

俺(マズイ…。戦闘に夢中で何も考えてなかった…。何か話題話題…)

俺「コホン。えーと…うーん…」

ファ「??」


1カミーユとの事を聞く
2サラとの事を聞く
3俺との事を聞く


多数決下5まで

944: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:40:39.36 ID:fbB/7RwFO
3

 
951: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:47:17.36 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
格納庫

俺「俺との事で聞きたい事があってだな…」

ファ「えっ…?」ドキッ!

俺「ファがパイロットに志願して、俺との部下になってもう結構経つだろ?」

ファ「あ…そ、そうですね…」ドキッドキッ…

俺「それで……だな…」

ファ「…。」ドキッドキッドキッ...

俺「…実は俺って、結構他人の気持ちとかにはかなり鈍感なんだよ」

ファ「あー分かります」

俺「え?」

ファ「あ、い、いや…なんでも…それがどうしたんです?」

俺「コホン。まぁそれで昔、地球に居る時とかにアムロさんから結構注意されたりしていたんだが…」

ファ「??」

俺「ファは俺の下でパイロットをやってる事に現状不満とかは無いか?」

ファ「え?…」

俺「もし何か不満が有るなら、なんなら艦長やアポリー中尉に相談して隊を分けて貰うが…正直に答えてくれるか?」

ファ「…。」

俺「…。」ドクンッ..ドクンッ...

ファ「ぷっ…」

俺「…うん?」

ファ「うふふ。気にし過ぎですよ」

俺「えっ…?」

ファ「私は俺さんの下でパイロットをやってる事に何の不満もありませんから」ニコッ

俺「ファ…はぁ、なら良かった…」ホッ

ファ「寧ろ…私は逆に…///」

俺「逆に?」

ファ「あ、い、いえっ!」フルフル

俺「??」

ファ「俺さんは逆に私の事をどう思ってたりするんです?」

俺「え?お、俺か?」

ファ「はい」コクッ

俺「俺は…」

ファ「…。」ドキッドキッ...


1勿論良い仲間だと思っているよ
2…今は答えられ無いが…多分その内、答えは出ると思う
3(実は異性として意識し始めているんだよな…。し、しかし何と伝えれば良いのか…)
4俺もあまり人の事は言え無いが交友関係を心配してる

多数決下5まで

954: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:48:38.14 ID:lH8s/gN80
3

957: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:52:12.22 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
格納庫

俺(実は異性として意識し始めているんだよな…)ジッ

ファ「…。」ドキッドキッ

俺(ちゃんと命令は聞くし、何か色々手伝ってくれるし…それに何より可愛いし…)

俺(し、しかし何と伝えれば良いのか…) ドキッドキッ

ファ「…。」ドキッドキッ

ファ(な、何かしらこの間は…まさか…///)ドキッドキッ

俺(率直に想いを伝えれば良いのか?ファの事が好きだと…よし…)ドキッドキッ

俺「ファ」

ファ「あ、は、はい!///」カアァッ...

俺「えっとだな…」ドクンッドクンッ

ファ「はい…///」ドキッドキッ

俺「お、俺はファの事…す…スゥッ──」ドクンッドクンッ!!

ファ「…///」ドキッドキッ


コンマ下二桁
96以上俺、自分の想いに気付いてからはあっという間に時間があればファと愛し合う関係に(ファ好感度11に上昇。俺視野が広くなる(※選択肢が進化する)レコア好感度6に上昇。レコア説得率大幅上昇)
76~95好きだと言う事だけは伝える事はできた(ファ好感度低下可能性大幅減少)
75以下今の俺には未だ何も伝える事はできなかった…


安価下

958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 16:52:30.72 ID:CWt8asC+O
おせおせ

963: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:00:42.54 ID:Th9YcRJA0
コンマ72
アーガマ
食堂

俺「」グデッ

カミーユ「俺さん?何やってんです?」ガタッ

俺「カミーユか…」

カミーユ(…何だ?相当落ち込んでるな)

俺「俺は自分に勇気の無い玉無し野郎だったよ…」

カミーユ「…はい?」

俺「…。」



俺『スゥ-ッ……ふぅ…』

ファ『え…?』

俺『あっ、わ、悪い!俺艦長に報告事があるんだった!』

ファ『え?そうだったんですか?』

俺『本当に申し訳無い!この話はまた今度な!』タッ

ファ『あ……はい…』

ファ『…。』




カミーユ「…。」

俺「あぁ…ダメだぁ俺は…」グデッ

カミーユ「俺さん…」

カミーユ(…この人。MSに乗らせるとあんなに頼りになるのに降りるといきなり駄目人間になるのなんなんだ)

俺「はぁ…いっそ師匠に1発修正入れて貰いに行こうかな…」

カミーユ「僕、エマさんの変わりにやりましょうか?」手グッ

俺「いや、カミーユのはなんか無性に腹立つからやだ。何かストレスが溜まってるならクワトロ大尉でも殴ってくれ」

カミーユ「…そうですか。分かりました。そうします」スッ

俺(はぁ……情けないな俺…)

964: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:01:21.57 ID:Th9YcRJA0

アーガマ
格納庫

アストナージ「膝の装甲もさっさと外すんだよ!」

整備兵「へい!」ウイ-ン

アストナージ「手が遅いんだよなぁ」

俺「ん?なんですアレ」

組み立て中のゲルググ「」

アストナージ「お前も知らないのか?」

俺「はい?何をです?」

アストナージ「レコア少尉がゲルググを使ってジュピトリスに潜入するのさ」

俺「レコア少尉がジュピトリスに?」

俺(ジュピトリスって確かサラが信じてるシロッコって奴の船だったよな…?)

アストナージ「カミーユも知らないって言ってたし、今回の任務はパイロット達には知らされて無いのかもな」

俺「そうなんですか…」

アストナージ「ライフルは付けなくて良いって言っただろ」スタスタ

俺「…。」

俺(パイロットには知らされて無いって…レコアさんは一人でこの任務を完遂させるつもりなのか…?)

俺(でもレコアさん、ジャブローでもこんな事あったよな?あの時は捕まって失敗したらしいが…)

俺(そして俺はあまりレコアさんと親しく無いし、何があったのかも全く知らないが…)チラッ

組み立て中のゲルググ「」

俺「…。」


1よし、ガーベラでレコアさんの潜入の後方支援を艦長に志願してみよう!
2レコアさんの事をそんなに知らない俺は下手に関わらない方が良いかな…


多数決下5まで

965: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:02:12.47 ID:HddbMLm7o
2

967: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:03:56.30 ID:r6AQ6kCg0
2

971: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:06:56.91 ID:Th9YcRJA0
 
(同じなので前スレ289までカット)
アーガマ
廊下

俺「あ…」ス-

クワトロ「うん?」ス-

俺「クワトロ大尉」

クワトロ「俺君か」

俺(立て続けによく会うな…)

俺「これからラーディッシュへ行くんですか?」

クワトロ「ああ、ラーディッシュに乗ってフォン・ブラウンまで単独飛行で行ける距離まで送って貰う手筈だ」

俺「そうですか。気を付けて」

クワトロ「サイド2付近にティターンズの艦隊が集結していると言う情報を耳にした」

クワトロ「私は恐らくそこでの戦闘には参加できん。君の方こそ気を付けろよ」ス-

俺「はっ!」ス-

俺(俺はカミーユと違って出撃しないし、アーガマはジュピトリス潜入の為暫くはこの空域に留まりそうだな)

俺(今の内に誰かと話しておくか)


自由行動
1アポリーと話す(好感度4)
2ファと話す(好感度9)
3クワトロに地球での会議について気になっている事を聞く(好感度6)
41人で地道に訓練する(俺白兵能力:カミーユ並み)


多数決下5まで

974: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 17:09:59.22 ID:kS2JEmYkO
念のため設計図フラグを
1

994: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 19:06:14.89 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
格納庫

アポリー「うーん…」ピコビコ

俺「何やってるんですアポリー中尉?」

アポリー「え?あ、いやあ…ちょっとな。はは」

俺(露骨にはぐらかしたな…)チラッ

Zガンダムマニュアル「」

俺「Zのマニュアル…?カミーユの機体ですよね?」

アポリー「いや、ちょっと参考にさせて貰おうかなって」

俺「Zを参考?うん?」スタスタ

アポリー「あ」

リックディアスデータ「」

俺「これは…。あーなるほど…」

アポリー「あっはっはっはっ…ちょっとオレには向いてなかったみたいだ」

俺「アポリー中尉もカミーユのように何か自分でMSを設計しようとしたんですね」

アポリー「はは…まぁな。前に月に寄った時にアナハイムから良いアイデアなら採用するかもって言われてさ」

アポリー「と言うかお前、これを見ただけで分かるのか!?」

俺「まぁ大体は…。昔は俺も趣味の範囲でですが本格的に考えた事ありましたから」

アポリー「マジかよ。そのデータは無いのか?」

俺「残念ながら…。データじゃなくて設計図ですが、宇宙に上がる時に一緒に考えて貰っていた相手に記念に渡してきてしまいました」

アポリー「なんだよ勿体ねえなあ。もしかしたらその設計図もアナハイムに渡したら作って貰えたかもしれないのに」

俺「はは…。まぁ現状ではガーベラで十分ティターンズとは戦えてるので大丈夫ですけどね」

俺(あの人、結構散らかすタイプだったけど未だちゃんと持ってるのかなぁ…)



アウドムラ
アムロ部屋

ベルトーチカ「アムロ。これ上着に入ってたけど、何なの?」

アムロ「え?…あぁっ!駄目だそれは!」 ビュンッ

ベルトーチカ「えっ…?」パシッ

アムロ「これは御守りなんだ。俺の…」ガ シッ

ベルトーチカ「そ、そう…」

ベルトーチカ(只の紙切れが御守りなんて、やっぱりアムロも偶に変な所あるわよね…)

アムロ「…。」ジッ

設計図「」

アムロ(今頃、宇宙で頑張ってるんだろうか…)


アポリーの好感度が5に上がった

995: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 19:09:58.05 ID:Th9YcRJA0
アーガマ
解析室

サマーン「サイド7からサイド2に向かっている戦艦は、スイートウォーターの観測によれば、アレキサンドリアに間違いないようです」

ブライト「毎度の事じゃないか?」

サマーン「いえ、それが、ガス専門の補給艦と接触をしたというのです」

ブライト「ガス!?」

サマーン「G3ではないかって…」

ブライト「G3だと!?あれは青酸ガスなんてもんじゃない、猛毒だぞ!」

サマーン「それをコロニーに使う可能性あり、と」

ブライト「…ジオンの再来だ。ティターンズめ!」



ガーベラコックピット内

トーレス『情報によると敵はサイド2にG3ボンベを使用する可能性がある』

俺「G3!?毒ガスだと…くそっ!ティターンズめ。またあの悲劇を…」

俺(ティターンズめ…。お前達だけは…)グッ



ブリッジ

ブライト「始まったか?」

トーレス「はい。光、確認」

シーサー「無線傍受。ティターンズとコロニーが接触する気配です」

ブライト「攻撃を受けているコロニーと、ティターンズでか?」

トーレス「どうします?反逆者がいるようです」

ブライト「モビルスーツ隊、届くか?」

サエグサ「まだです。あと5分ダメです」

ブライト「よし、Zとメタスを先行で出せ。あとのモビルスーツは待たせろ!」

カミーユ『了解。Zガンダム、行きます!』ドウッ

レコア『メタス、行きます!』ドウッ

997: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 19:46:43.73 ID:Th9YcRJA0
前々スレ361まで一緒なのでカット
サイド2宙域

カミーユ「あの作業を、やめさせなくては!」ドウッ

コロニーミラー内「」

カミーユ「どっちへ出るか…。こっちか!」ドウッ

ガブスレイ「」ドウッ

ジェリド「生憎だな、カミーユ!」ブウンッ

Zガンダム盾「」ズボオッ

カミーユ「何というパイロットだ!」ドガッ

Zガンダム「」ギュルリンッドウッ

ジェリド「貴様がいなければ、こんな嫌な作戦はやらないで済んだんだぞ!」ドウッ

カミーユ(コロニーに近付けない…!)


ガンダムMK-Ⅱ「」ビュ-ン
ハイザック「」ドガ-ン

ネモ隊「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン
ハイザック隊「」ビュ-ンビュ-ンビュ-ン

ガーベラ「」ドウッ

俺「何処だ?G3のボンベは…」キョロキョロ

俺「はっ!上から!?」ピキ-ン

ガブスレイ「」ブウンッ
ガーベラ「」ブウンッ

バチイッ!!

マウアー「ジェリドの邪魔をさせるか!」バチバチバチッ

俺「くっ…ガブスレイか!こんな時に!!」バチバチバチッ


コンマ下二桁
66以上ガブスレイ中破(G3ボンベ破壊。カツ好感度4に上昇)
16~65戦闘膠着(カツ判定へ)
15以下俺中破(死亡判定へ)


安価下


※続きは次スレで  


>>1000
コンマ下二桁
91以上巻き戻り権利+
41~90巻戻り権利(ゾロ目2個)
40以下何も無し(ゾロ目1個)

998: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 19:47:13.94 ID:NrY/aIxOO

1000: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/07(火) 19:47:28.22 ID:wRNC5w/eO
はい