1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:59:36.82 ID:zwNqNfNMO
男「あーさぶっ!外さぶたっ」

男「コンビニ遠いんだよチクショウ…ふぇっくしっ!」ズビッ

男「あーくそ…ん?」

少女「」

男「子供が倒れとる」

引用元: 少女「せんせい…」 


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:03:00.68 ID:zwNqNfNMO
男「寝て…るわけないかこんな真冬に道端で」

少女「」

男「新手の遊びか…」

少女「」

男「ていうかピクリとも動かないけど…」

少女「」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:04:39.83 ID:zwNqNfNMO
男「まさかこれって、死…」ゴクリ

少女「」

男「おいおい…」

少女「」

男「…」キョロキョロ

男「俺は何も見なかった」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:06:46.94 ID:zwNqNfNMO
男「コンビニのおでんが俺を待っている!」スタスタスタ

少女「」

男「帰ったら観たいドラマもあるし!」スタスタスタ

少女「」

男「…」スタ、スタ、スタ

少女「」

男「…」ピタリ

男「はぁ…」クルッ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:15:05.46 ID:zwNqNfNMO
男「いくらなんでも放置はよくないか…」

男「救急車呼ぶくらいはしとくか」

少女「」

男「お、おーい!大丈夫か?おーい!」

少女「」

男「どうしよう微動だにしない…軽く揺すってみるか」

少女「」

男「しっかりしろー!」ユサユサ

少女「」ユサユサ

少女「…」ユサユサ

男「おーい!」ユサユサ

少女「…」ユサユサ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:16:11.09 ID:zwNqNfNMO
男「やっぱりもう…」

男「これは、警察の方がいいのか?」

少女「…」

男「はぁ…」



少女「…………………ん」

男「!!えっ?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:21:43.88 ID:zwNqNfNMO
男「い、生きてた?!」

少女「…」ボー

男「お、おいキミ?大丈夫か!?」

少女「…」キョロ、キョロ

男「と、とにかくえっと、きゅ、救急車か?」アセアセ

少女「……………………あ、れ…?」

男「あ、あれ携帯どこやった?携帯携帯」アセアセ

少女「せんせい…?」

男「え?なに?ちょっと待って、あ、携帯あった!」

少女「…」ジッ

男「救急車って番号なんだっけ…?110番はお巡りさんだろ?えっとえっと」

少女「…」ジーッ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:29:33.42 ID:zwNqNfNMO
少女「いい」

男「イチイチキュウ?って、えっ?」

少女「病院いい」

男「いや、いいって…」

少女「大丈夫」

男「いや、そもそも何でこんな所で倒れてたんだよ」

少女「…ちょっと失敗しちゃった」

男「失敗って何だよ…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:36:57.40 ID:zwNqNfNMO
少女「大丈夫、だから、病院はいや…」スッ

男「あっおい!」

少女「っ…」フラッ

男「!」ガシッ

少女「…」グッタリ

男「全然大丈夫じゃねーじゃねえかよ」


男「どうしよ…」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:39:17.84 ID:zwNqNfNMO
男「…」

少女「…」スゥスゥ

男「…はぁ」


男「結局家まで運んできてしまった」

男「ど、どうしよこれ?どうみても誘か」

少女「う、ん…」モゾ

男「!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:49:23.44 ID:zwNqNfNMO
男「…」ドキドキ

少女「…ん」ムクリ

男「よ、ようお目覚めかい?」ハラハラ

少女「ここ、どこ?」ボー

男「!」ドキィッ


少女「しらないおうち」キョロキョロ

男「あっとえっとこれは別に誘拐とかでは断じてないから!純粋な人助けであって、決して犯罪に結び付く行為ではないですからマジで!」ワタワタワタワタ

少女「たすけてくれたの?」

男「えっ?」

少女「ありがとう」

男「あ、どういたしまして」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:55:00.82 ID:zwNqNfNMO
男「とりあえず何か飲むか?水かポカリしかないけど。ポカリでいい?」

少女「うん」

男「体調はどう?そもそも何であんな所で倒れてたわけ。病気とかか?」

少女「…」

男「…別に喋りたくないならいいんだけど。はいポカリ」

少女「ありがとう」

少女「…」ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク

男「えっ」

少女「ふはっ…はあっはぁ…」

男「そ、そんながっついて飲まなくても。おかわりいるか?」

少女「うん」

男「今度は落ち着いて飲めよ?むせるぞ」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:01:43.03 ID:zwNqNfNMO
少女「のどかわいてた」ゴクゴク

男「そうか」

少女「ふぅ…」

男「家はどこらへんだ?さすがにもう遅いし、送ってくよ」

少女「帰らない」

男「いや帰らないじゃなくて」

少女「じゃまだったら出ていく」

男「そういうことじゃなくて!こんな時間にフラフラ出歩いてたら危ないだろうが」

少女「大丈夫」

男「大丈夫じゃないっつうの!道端に倒れてるような娘は大丈夫じゃないから」

少女「もう大丈夫になったからいい」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:07:47.05 ID:zwNqNfNMO
男「あのなぁ…世の中には変なヤツが一杯いるんだぞ、学校でも言われるだろ?知らない人にはついてっちゃダメですよーとか」

少女「知らない人にはついてかないもん」

男「いやいや、げんに知らない人だろ俺。まぁ、連れて来ちゃったのは俺なんだけどさ…」

少女「…」

男「どうする?俺がとんでもなく悪いヤツだったら。な、怖いだろ?」

少女「悪いヤツじゃないよ」

男「いや分かんないぜ?優しく助ける振りをして、実は…とかありうるだろ?」ニヤリ

少女「ううん。せんせいはやさしい人だもん」ニコッ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:16:48.90 ID:zwNqNfNMO
男「せ、せんせい?俺はキミの教師とかじゃないですが」

少女「ソンケイしてるヒトのことをセンセイってよぶって、お母さんが言ってたもん」

男「いやいや、俺尊敬されるような人間じゃないし」

少女「たすけてくれたよ」

男「倒れてるのを介抱しただけで、そんな大袈裟な」

少女「とにかく」

少女「わたしにとって、せんせいはせんせいなの」

少女「助けてくれて、ありがとうね。せんせい」ニコッ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:18:45.46 ID:zwNqNfNMO
少女「ここはせんせいのおうち?」キョロキョロ

男「あぁうん」

少女「ひとりで住んでるの?」

男「あぁ」

少女「ふぅん…」キョロキョロ

男「…」

男「(不思議な娘だなぁ…)」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:27:41.53 ID:zwNqNfNMO
男「(家出…なんだろうか?頑なに家に帰るのも病院も嫌がるなんて)」

男「(しかしまだこんなに幼いのに。家で何かあったとかかね。道端に倒れてた理由は分からんが)」ハッ

少女「…」ジッ

男「っ?!」ビクッ

少女「…」ジーッ

男「な、なに?」

少女「…なんでもない」フイッ

男「??(び、びっくりした!)」ドキドキ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:29:22.82 ID:zwNqNfNMO
男「あーその、腹減ってないか?何か食えそうか?」

少女「…少し」

男「体調悪そうだし、お粥とかでいいかね。作るからちょっと待ってて」

少女「いいの?」

男「腹減って倒れられたら困るしな」カチカチャ

少女「…」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:34:08.21 ID:zwNqNfNMO
男「お待たせ。熱いからゆっくり食べなよ」

少女「い、いただきます」フーフー

少女「…」モグモグ

男「…(食い終わったら嫌がってても交番に連れてくか…このままじゃさすがにマズイしなぁ)」

少女「…」フーフー

男「(親も捜してるかもしれないし、問題になる前に何とかしないとな…)」
少女「…」モグモグ

少女「…」ジッ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:39:36.08 ID:zwNqNfNMO
少女「ごちそうさまでした」

男「ああ。食器は置いたままでいいよ」

少女「…」

男「…(さて、もう少ししたら交番に連れてくかな)」

少女「…せんせい」

男「だから先生じゃないっつうの。なに?」

少女「おじゃましました」スクッ

男「えっ?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:41:16.63 ID:zwNqNfNMO
少女「おかゆおいしかったよ。ありがとう」ペタペタ

男「ちょ、どこ行くんだよ?」

少女「外」

男「外。じゃねえよ。家に帰るのか?」

少女「帰らない」

男「じゃあどこ行くつもり?」

少女「…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:48:11.60 ID:zwNqNfNMO
男「そんなに家が嫌なのか?」

少女「…」

男「何があったのか知らないけど。家出にしたって行くあてもないのに」

少女「せんせいにメーワクはかけない」

男「いや俺はどうでもいいんだって。とにかく、家に帰らないとしてもだ。せめて友達とか親戚とか、知り合いの家の方がいいだろう」

少女「…いない」

男「いないって…」

少女「だれも、たすけてくれなかったもん」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:54:25.81 ID:zwNqNfNMO
少女「こんなにやさしくしてくれたのは、せんせいだけだもん」

男「…」

少女「…」

男「あ、あの」

少女「…家には帰れない」

男「だから何で」

少女「お母さんにいらないって言われたから」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:57:53.61 ID:zwNqNfNMO
男「っ!そ、それは言葉のあやとか」

少女「ちがうの。そういうのじゃない」

少女「わたしがいると、お母さんが悲しくなるから」

男「そんなの、本気で思って言ったわけじゃないだろ?」

少女「…」

少女「せんせいはやさしいね…」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:09:31.91 ID:zwNqNfNMO
男「反省してるかもしれないだろ?言い過ぎたって!本心からなわけないだろ?!今だって心配して捜してるかも」

少女「だったら、いいな」

男「え?」

少女「いなくなれって言われても、お話しなくなっても、名前呼んでくれなくても、ご飯くれなくても痛くても」

少女「死ねばいいのにって、言われても」

少女「わたし、お母さんに、嫌われたくないよお」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:16:13.18 ID:zwNqNfNMO
少女「おか、おかあ、さん…わた、わたしのことい、いら、いらないって」ボロボロ

少女「いつも、いつも、泣きながら言って。あんたがいなければって、言って…わたしが、わっわたしが、ノロワレタ子だか、ら。わたしがダメだったから」ボロボロ

男「ちょ、おい」アタフタ

少女「うあ、うぁ、あ。ひぁ、ひっ」ボロボロ

男「…(これって、虐待ってやつじゃないのか?)」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:17:17.18 ID:zwNqNfNMO
腹が痛いトイレ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:29:52.84 ID:zwNqNfNMO
少女「…」スゥ、スゥ

男「泣き疲れて寝てしまった…とりあえずベッドに運ぶか」スッ

男「おぉ!?か、軽っ」

男「(このくらいの娘はこんなもんなのか?それとも虐待の影響?)」

少女「…ぅ。せ…んせぇ」

男「あ、ごめん起こしちゃった?」

少女「…」スゥスゥ

男「寝言か」

男「先生かぁ、俺は尊敬されるような人間じゃないのに」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:31:45.21 ID:zwNqNfNMO
少女「…ぁ」ハッ

少女「っ」ガバッ

少女「…?」キョロキョロ

少女「…」ペタペタ

キィ

男「あ、おはよ。調子はどうだ?」

少女「せんせい…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:35:48.22 ID:zwNqNfNMO
少女「おはよう。うん、大丈夫」

男「朝飯食えそうか?」

少女「うん。いいにおい」

男「卵とベーコン焼いただけだけどね。パンも食べれるなら焼くけど」

少女「食べたい。手伝う」

男「そうか?じゃあ冷蔵庫から牛乳取ってきてくれるか」

少女「うん、わかった」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:42:10.71 ID:zwNqNfNMO
男「じゃあ食べるか」

少女「いただきます」

男「テレビでも観るかね」

プチッ

男「ニュースでいい?」

少女「うん。テレビあんまり見たことない」

男「え、家にテレビないの?」

少女「お母さんがたまに見てるけど、わたしはよくないからダメだって」

男「…へぇ(教育に厳しい母親なのか?テレビくらいいいだろうに)」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:50:40.55 ID:zwNqNfNMO
男「また野菜の値段上がるのかぁ。困るっつーの」

少女「…」モグモグ

男「おーあの女優結婚かぁ。って相手あの芸人かよ!不釣り合い過ぎるだろ。何かショックだ…」

少女「…」モグモグ

《次のニュースです…》

少女「…」

男「うわ卵辛っ!塩入れすぎたなー。ごめんな食えそうか?」

少女「うん大丈夫。おいしいよ」モグモグ

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:53:17.14 ID:zwNqNfNMO
男「ごちそうさま」

少女「ごちそうさまでした」

男「…」

少女「…」

男「あー。ちょっと話、いいかな」

少女「うん」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:57:45.81 ID:zwNqNfNMO
男「事情は分かった」

少女「…」

男「いや、状況を完璧に把握してるわけではないけどさ。帰りたくない理由は分かったよ」

少女「…」

男「でも見ず知らずの子を家に住まわせるわけにはいかない」

少女「…」ギュッ

少女「うん。せんせいにメーワクはかけたくないから」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:13:09.72 ID:zwNqNfNMO
男「でも、じゃあ頑張ってねさようなら。とかはしないけどさ」

少女「え?」

男「キミはどうしたい?」

少女「わたしは…」

少女「………………………………………家に、帰りたい」

男「…」

少女「でも、できない。…できない」

男「…そうか」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:22:39.20 ID:zwNqNfNMO
男「居候でいいなら」

少女「え?」

男「あー…これってやっぱり犯罪になるのかなぁーあーあーあー…」ブツブツ

少女「せんせい?」

男「少しの間くらいなら、ここに居てもいいんじゃないかなってね?」

少女「え…」

男「あー。ずっとは無理だけどね?まぁ、解決策を探す間くらいならね。まぁ、いいんじゃないかね。世間的には分からんけどな!はははは」

少女「…いいの?ここにいても」

男「俺がしてやれるのはこれくらいしかないけど、まぁ」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:23:02.02 ID:zwNqNfNMO
少女「…」ジッ

男「な、なに」ドキマギ

少女「………やっぱり、せんせいはせんせいだ」

男「どういうこと?」

少女「やさしい人ってこと」

男「まぁ、端からみたら立派な誘拐に軟禁だけどな!あははは」

少女「ありがとう、せんせい…」

男「はは…どういたしまして」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:28:42.77 ID:zwNqNfNMO
男「そんなわけで、俺はバイトに行ってくるけど」

少女「お留守番してる」

男「暇だったらテレビ観てていいよ。あとその辺の本とか適当に読んでもいいし」

少女「うん」

男「チャイム鳴っても出なくていいからね。居留守でオッケイ」

少女「いるす?」

男「えっと、居ない振りっていうか。まぁとにかくほっとけばいいから」

少女「わかった」

男「帰りは夕方になるけど…昼飯はパンでいい?朝の残りだけど」

少女「うん」

男「じゃあ、行ってくるな」

少女「…」

少女「ねえ。せんせい、いいの?」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:33:29.91 ID:zwNqNfNMO
男「?なにが?」

少女「わたしを置いてって」

男「え?!まさか一人は寂しいとか言っちゃう?」

少女「そうじゃなくて…わたしがわるいひとだったら」

男「は?」

少女「ドロボーもしれないよ。お金ぬすんでにげちゃうかも」

男「おお」

少女「せんせいをだましてるかも。昨日のおはなしは全部うそで、ほんとは…」

男「キミは悪い人じゃないだろ」

少女「…わからないよ?」

男「本当にそうなら、俺の見る目はないってことで。じゃあ行ってきまーす」

少女「あっ」


バタン

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:36:32.97 ID:zwNqNfNMO
男「はぁ」スタスタスタ

男「…」スタスタスタ

男「あー」スタスタスタ

男「………………」スタスタスタ

男「ほっとけないんだから、仕方ないよなぁ」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:38:53.28 ID:zwNqNfNMO
少女「…」

少女「…はぁ」

少女「…よかった」

少女「せんせいだ」

少女「……………………」

少女「わたし、生きてるんだ」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:42:59.46 ID:zwNqNfNMO
男「いらっしゃいませー」

男「(あの娘は大丈夫かなあ)」

男「584円お願い致します」

男「(昼飯パンだけで足りるだろうか。明日はちゃんとしたご飯作り置きしとくか…)」

男「ありがとうございましたーまたお越しくださいませー!」

男「…」

男「いらっしゃいませー!」

男「(偽善だよなぁ)」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:48:26.43 ID:zwNqNfNMO
少女「…テレビ」

プチッ

《近隣の住民の話によりますと…》

少女「…」

《とても熱心な…》

少女「…」

《にも頻繁に参加していたとのことです》

少女「…」

少女「…」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:50:38.97 ID:zwNqNfNMO
男「ただいまー」ガチャッ


少女「おかえりなさい」パタパタッ

男「変わりなかった?」

少女「うん」

男「飯の前に風呂いいか?汗かいちゃったよ」

少女「うん」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:51:57.16 ID:zwNqNfNMO
だメダ瞼落ちる
落ちたらスレ立て直ス

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 05:56:25.04 ID:zwNqNfNMO
男「風呂沸かしたから先入っといで」

少女「ありがとう。でも…」

男「ん?」

少女「きがえない」

男「!あ、そういえばそうだな」

少女「…」

男「んー。どうしようか…」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 06:03:23.44 ID:zwNqNfNMO
少女「お風呂出ました」ホカホカ

男「おお。あー、ブカブカだなぁ当たり前だけど。Tシャツがワンピースだな」

少女「男の人の服着たの初めて」

男「パンツ落ちて来ないか?」

少女「うん。ひもで止めたから、多分」

男「新品だからね。そこは安心してほしい」

少女「うん、大丈夫」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 06:07:14.05 ID:zwNqNfNMO
男「着てた服は洗っとくからね」

少女「ありがとう」

男「じゃあ俺も風呂入ってくるわ」スタスタ

少女「うん」

少女「…」

少女「…」

少女「あっ」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 06:12:33.91 ID:zwNqNfNMO
男「ふぅー。今日も疲れた…」パサッ

男「はぁー…」カチャカチャジーッバサッ

パタパタパタパタパタッ
ガタッ

少女「せ、せんせえっ!」

男「えっ」

少女「あの、下着は自分で洗うからっ!」

男「え、あ。お、おう」

少女「!あっごめんなさい」バッ


パタパタパタパタパタ…


男「……………………」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 06:18:13.74 ID:zwNqNfNMO
男「で、出ました」ホカホカ

少女「うん」

男「な、何観てんの?」

少女「ニュース」

男「へぇ…」

少女「ご飯作る?手伝うよ」

男「あぁありがと」

男「(まぁ、子供だし…父親とかのだって見たことあるだろうしな。でも気にしなさ過ぎは何か悲しい…)」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 12:52:10.44 ID:zwNqNfNMO
男「今日はハンバーグな」

少女「えっ」

男「え?もしかしてハンバーグ嫌いだった?」

少女「好きっ好き!」ブンブン

男「そ、そうか。はは、やっぱり子供はハンバーグだよな」

少女「うれしい…」

男「そうかそうか。じゃあちゃっちゃっと作るぞー」

少女「うんっ」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:04:43.79 ID:zwNqNfNMO
少女「いただきます」

男「うまいかい?」

少女「うん、うん。おいしい…」モグモグ

男「そんなしみじみと言わなくても」

少女「せんせいは料理上手だね」

男「一人暮らしだからなぁ。自炊の方が安上がりだし」

少女「せんせいのごはん、好き」

男「そうかそうか。モリモリ食えー」

少女「うんっ」モグモグ

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:14:11.43 ID:zwNqNfNMO
男「ふーごちそうさま」

少女「食器洗う」カチャカチャ

男「いいよ置いといて」

少女「手伝う」カチャカチャ

男「…そか。じゃあお願いしようかな」

少女「うんっ」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:18:53.96 ID:zwNqNfNMO
男「あぁもうこんな時間か」

少女「…」

男「寝るか」

少女「…」

男「何観てんの?」

少女「…ニュース」

男「まぁニュースくらいかやってないもんなこの時間」

少女「…」

男「そろそろ寝るか?」

少女「…うん」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:25:42.31 ID:zwNqNfNMO
男「行ってきまーす」

少女「いってらっしゃい。今日はおそいんだよね?」

男「うん。カレー、昨日の残りがタッパーに入れてあるから。温めて食べなね」

少女「うん、カレー好き」

男「はは。じゃあ、なるべく早く帰ってくるかな」

少女「うんっ」


バタン

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:30:50.64 ID:zwNqNfNMO
男「(なんだかんだで、一週間経っちゃったなぁ)」

男「(少しずつ元気になってくれたのは良かったけど)」

男「(やっぱりこのままじゃダメだよなぁ)」

男「はぁ…」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:34:48.17 ID:zwNqNfNMO
男「ただいまー」

少女「おかえりなさい」

男「お土産買ってきたぞー」

少女「おみやげ?」

男「まぁ、大したもんじゃないけどさ。風呂入ってくるから、その後な」

少女「はーい」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:46:45.70 ID:zwNqNfNMO
少女「おみやげ、おみやげ」ワクワク

男「じゃーん!雪見大福だー」ドーン

少女「…」ポカン

男「あれ?」

少女「…」

男「き、期待外れだったかな…はは」

少女「…」ジッ

男「…?」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 13:53:04.80 ID:zwNqNfNMO
少女「せんせい…?」

男「な、なに?」

少女「…ぁ」

少女「…んん。これ、好き」

男「そか」

男「(たまにジッと見つめてくるんだよなこの娘。何か言いたいことがあるんだろうか…)」

少女「おいしいっ」ニコニコ

男「うん、雪見大福はうまいよな」モグモグ

少女「ん」モグモグ

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:04:34.56 ID:zwNqNfNMO
トイレ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:13:26.70 ID:zwNqNfNMO
男「じゃあ、お休み」

少女「おやすみなさい」

パタン

男「…ふぅ」

男「(このままじゃ、ダメだよなぁ)」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:20:44.33 ID:zwNqNfNMO
男「おはよ」

少女「おはよう」

男「今日は休みだから、どっか出掛けるか」

少女「え?」

男「ずっと篭りっぱなしだと気が滅入るだろ?」

少女「いいの?」

男「どっか行きたい所ある?服とか欲しいだろ」

少女「んん…ゆ、遊園地…」

男「遊園地?」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:24:25.84 ID:zwNqNfNMO
少女「ダメだったら、他のとこで大丈夫」

男「あ、いやダメじゃないけど。遊園地ね、分かった行こう行こう」

少女「いいの?」

男「(やっぱり子供だなぁ)」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 14:28:02.33 ID:zwNqNfNMO
男「遊園地か。近くだとどこがあったかな」

少女「…○○ランド」

男「あぁ、懐かしいな。昔よく友達と行った行った」

少女「…」ジッ

男「じゃあそこに行くか」

少女「うんっ」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:02:48.78 ID:zwNqNfNMO
男「おー。ガラガラだなぁ…」

少女「あれ、あれ乗りたいっ。あ、あの回るやつも」キョロキョロ

男「ははは。順番にな。まずはジェットコースター行くか?」

少女「ん、うんっ!」ワクワク

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:09:27.28 ID:zwNqNfNMO
少女「つぎ、次はねあの行ったり来たりするやつ」

男「うん」

少女「あ!あのぶら下がるの乗ろうっ」

男「おう」

少女「車の運転するのやりたいっ」

男「ほー」

少女「次っ次はね」

男「ちょっと休憩しようか」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:13:35.58 ID:zwNqNfNMO
少女「はー」

男「はいカルピス」

少女「ありがとう」ニコニコ

男「(はしゃぎまくったなぁ。連れてきた甲斐があった)」

少女「せんせい。次はあれ乗りたい」

男「観覧車か、分かった」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:19:56.18 ID:zwNqNfNMO
男「これ乗ったらそろそろ帰るかね」

少女「うん。…せんせい」

男「ん?」

少女「今日、とっても楽しかった」

男「俺も楽しかったよ。遊園地なんて何年ぶりかなぁ」

少女「…」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:20:31.35 ID:zwNqNfNMO
男「ここはよく来たりしたのか?アトラクション詳しかったし」

少女「…」ジッ

少女「前に一回だけ」

男「へぇ」

少女「楽しかった…ありがとうせんせい」

男「どういたしまして」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:22:05.41 ID:zwNqNfNMO
男「じゃあ帰りますか」

少女「うん」

男「…」

少女「…?せんせい?」

男「あのさ」

少女「…?」

男「キミの家に行ってみないか?」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:28:04.45 ID:zwNqNfNMO
少女「え…」

男「やっぱりこのままじゃ、ダメだと思うんだ」

少女「帰れない」フルフル

男「家に追い帰すわけじゃないよ、とりあえずお母さんに会って話だけでも」

少女「…っ」フルフル

男「話は俺がするから、とりあえず家だけでも教えてくれないか?」

少女「っ!だ、ダメ!」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:34:14.19 ID:zwNqNfNMO
少女「だめ、だめ…」フルフルフルフル

男「(困ったな…ここまで拒否られるとは)」

少女「…」ギュッ

男「分かった。じゃあ家だけでも教えてくれないか?万が一の時のために」

少女「…っ」ジッ

男「(駄目か…)」

少女「…」ジーッ

少女「…せんせいが、大丈夫なら」

男「(…?)おう!じゃあ行こうか」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 15:38:09.11 ID:zwNqNfNMO
少女「…あそこ」

男「あのアパートか」

少女「…」ジーッ

男「大丈夫、無理に帰したり会いに行ったりしないよ」

少女「………………」ジッ

少女「…ん」

男「(これ以上は無理そうか)」

男「ありがと、帰ろうか」

少女「…うん」チラッ

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:01:30.05 ID:zwNqNfNMO
ガチャッ

男「あー…今日は遊び疲れたな」

少女「ん。楽しかった」

男「良かったよ、先風呂入っといで」

少女「うん」ペタペタ

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:12:46.34 ID:zwNqNfNMO
男「はーサッパリした。」スタスタスタ

少女「…」スゥスゥ

男「あれ、寝ちゃったか」

少女「…」スゥスゥ

男「こんな所で寝たら風邪ひくぞ。よいしょっと、相変わらず軽いな…」スッ

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:22:19.25 ID:zwNqNfNMO
少女「…ん、せんせ…?」モゾ

男「寝るならちゃんと布団で、」

少女「…んん」

男「寝言か」ゴソゴソ

少女「…ぃ…」

少女「…めん、なさぃ」

男「え?」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:33:43.86 ID:zwNqNfNMO
少女「…」

少女「め…なさ、ぃ」

男「…」

少女「…ぅ、ぁ」

少女「………………せん…せ……」

男「…」

少女「…」スゥ、スゥ

男「……………」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 16:49:06.42 ID:zwNqNfNMO
男「おはよ」

少女「おはよぅ…いただきます」ボー

男「今日もちょっと遅くなるから」

少女「ん…」モグモグ

男「…」モグモグ

少女「…」モグモグ

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:12:00.10 ID:zwNqNfNMO
男「行ってきます」

少女「いってらっしゃい」

バタン

男「…」スタスタスタ

男「ふぅー…」スタスタスタ

男「…………よし」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:18:31.24 ID:zwNqNfNMO
男「あ、もしもし。おはようございます」

男「すみません、今日お休み頂いてもいいでしょうか?すみません、体調が…」

男「はい、ありがとうございます。はい、失礼します」ピッ

男「よし」スタスタスタ

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:31:05.26 ID:zwNqNfNMO
男「確か、この辺りだったよな…」スタスタ

男「(せめてどんな顔してるかだけでも…)」スタスタ

男「…」スタスタ

男「何やってんだろうなぁ…」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 18:55:00.29 ID:zwNqNfNMO
男「…」

男「…」

男「…」

男「…暇だな」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:32:39.12 ID:zwNqNfNMO
男「…(うぅ…通行人が不審な目で見てくる)」

男「(中々外出しないな…もしかして既に出掛けてるとか?)」

男「(あと一時間待って出てこなかったら、少し移動しようかな…)」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 19:35:47.42 ID:zwNqNfNMO
男「はぁ…」

男「(結局昼まで張り込んでしまった)」

男「(しかし、いつまでもこんな所で突っ立ってたら、不審者扱いされても言い逃れ出来ないな…)」

ガチャッ

男「ん?」

女「…」パタン

男「っ!!」

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:05:19.68 ID:zwNqNfNMO
女「…」カチャン

男「(あれが母親なのか…?)」

女「…」カッカッカッカッ

男「っ!やべ」ササッ

女「…」カッカッカッカッ

男「…(どこ行くんだ?何より…)」

男「(何か嬉しそうに見える…」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:24:38.82 ID:zwNqNfNMO
少女「…」ゴソ

少女「…」ペラッ

少女「…………」ギュッ

《次のニュースです。…》

少女「…」ハッ

少女「…せんせい」

少女「このままじゃ、ダメ…」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:38:14.69 ID:zwNqNfNMO
男「ただいまぁ」

少女「あっおかえりなさい。今日は早いんだね」パタパタッ

男「あ、あーうん。たまなはね」ジッ

少女「?せんせい?」

男「あ、いや。今日は外食にしようか。出れそう?」

少女「わかった。あ、おせんたく物しまわなきゃ」パタパタッ

男「あぁ、手伝うよ」

男「…………(様子見に行ったことは、とりあえず言わないでおこう)」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:50:44.19 ID:zwNqNfNMO
男「(結局後をつけたりはしなかったけど)」

男「(あれが母親なら…おかしくないか?)」

男「(娘が居なくなったのに…何で笑ってられるんだ?)」

男「(何で…!)」

少女「せんせい?」

男「!」ハッ

少女「わたし、食べたいの決まったよ?せんせいは?」

男「あぁごめん、ちょっとぼおっとしてた。えっと…俺はこのステーキ丼にしようかな。すみませーん」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:51:24.15 ID:zwNqNfNMO
少女「つかれてる?大丈夫?」

男「はは、大丈夫大丈夫。あ、注文何にした?」

少女「エビフライのセット」

男「またそれかー。本当好きだなぁ」

少女「………せんせいとエビフライ食べた?」

男「…?いや、えっと?うん。無いな…」

少女「………」ジッ

男「アレだ、子供らしいものが好きだなってことだよ、うん」

少女「…そう」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:57:51.68 ID:zwNqNfNMO
少女「…」モグモグ

男「かたっ。この肉かってぇ」ギリギリ

少女「…」モグモグ

男「うまいかい?」

少女「うん。せんせいも食べる?」モグモグ

男「お、じゃあ一口」

少女「しょうゆ、しょうゆ…」チョロロ

少女「はい、あーん」

男「ありがと。あ、肉食べる?固いけど」モグモグ

少女「食べるっ。あー」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:02:16.27 ID:zwNqNfNMO
少女「おいしかった」

男「ふぅー食ったー。もう寝れるね」

少女「帰ったらお風呂」

男「はいはい」

少女「…」ジッ

男「またそんな見つめて…何ー?」

少女「…なんでもない」フイッ

男「意味深なんだよもう…」

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:05:47.39 ID:zwNqNfNMO
男「ふはぁー。サッパリサッパリ」

少女「…」

男「テレビ面白いかい?」

少女「んー…」ウトウト

男「眠かったら無理しないで布団行きなよ」

少女「ん、まだだいじょうぶ…」

男「ジュース飲むか?」

少女「うーん…」カクッカクン

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:23:30.36 ID:zwNqNfNMO
《今月○○日に○○県で起こった殺人未遂事件。通称○○事件について、簡単におさらいしましょう。まず、この事件の発端は…》

男「またこの事件の特集か」

少女「…」ジッ

《調べによりますと、○○容疑者と被害者の○○さんは××会の会員として知り合い…》

少女「…」

《○○容疑者はこの××会の熱心な信者だったんですよね。今回の事件も、この××会での活動に関する意見の食い違いから口論に発展し…カッとなって犯行に及んだのではないか?と推測されるわけですが…》

男「怖いねぇ。宗教とか」

少女「…」チラッ

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:29:46.14 ID:zwNqNfNMO
《××会にも取材を申し込みましたが、会員活動とは一切関係がないとのコメントが返ってきただけで…》

少女「…」

男「寝るか。の前にトイレトイレ」スタスタ

少女「…」

少女「…」ゴソゴソ、ペラッ

少女「………」ギュッ

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:33:47.82 ID:zwNqNfNMO
男「ふー」ガチャッ

少女「…」ギュッ

男「何それ。パスケース?」

少女「ぁっ!」ビクッ

少女「な、なんでも!」バッ

男「そ、そんなに勢いよく隠さなくても…」

少女「だ、大事なものだから…」

男「そ、そうかい…」

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:52:37.32 ID:zwNqNfNMO
少女「おやすみなさい」

男「あぁ、おやすみ」

パタン

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:34:26.37 ID:zwNqNfNMO
男「お疲れ様でしたー」ガチャ

男「(今日の夕飯は何にするかな)」スタスタ

男「ん…?」

猫「」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:40:15.52 ID:zwNqNfNMO
男「うわっひでーな…野良猫かな」

猫「」

男「車に轢かれたのかね…可哀想に」

猫「」

男「…」キョロキョロ

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:41:37.71 ID:zwNqNfNMO
男「とりあえず近くに埋めてやるか」スッ

猫「」

猫「…」ピクッ

男「!まだ生きてるのか」

男「ど、どっか近くに動物病院は…!?け、携帯で調べるか」ゴソゴソ

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:46:53.23 ID:zwNqNfNMO
少女「…せんせい、おそいな」

ガチャッ

少女「あっ」

男「遅くなってごめん、ただいま」

少女「おかえりなさ…っ!?」ビクッ

男「?どうし」

少女「血、血が」

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:56:02.98 ID:zwNqNfNMO
男「あぁコレ俺の血じゃないよ。しかし、この服もう着れないな…」

少女「どうかしたの?」

男「ちょっと猫を病院に連れてっててさ」

少女「ねこ?」

男「車に轢かれて倒れててさ。最初ピクリともしないからダメだと思ったけど、まだ微かに息があったんだよ」

少女「ぁ…」

男「で、急いで病院に連れてって」

少女「大丈夫だった…?」

男「何とか。一命はとりとめたってさ」

少女「そう、よかった」

男「明日また様子見に行ってくる。野良猫っぽいから里親も捜してやんないとなぁ」

少女「…」ジッ

少女「せんせいはやさしいね…」

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:24:43.59 ID:zwNqNfNMO
男「ただいまぁ」

少女「おかえりなさ、あっ?」

男「今日退院だったんで連れ帰ってきた」

少女「眠ってるの?」

男「あぁ、しばらくは安静だな」

288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:41:18.02 ID:zwNqNfNMO
少女「…」チラッ

猫「…」

少女「…よかったね」

カチャ

男「そんなに気になるかい。でもあんまり見過ぎるとストレスになるらしいから程々にね」

少女「うん。早く元気になるといい」

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:48:04.54 ID:zwNqNfNMO
男「じゃあバイト行ってくる」

少女「いってらっしゃい」

男「猫宜しくな」

少女「うん。見てる」

男「あんまりジッと見すぎないように」

少女「うん」

男「何かあったら電話ね。じゃ、行って来ます。」

少女「いってらっしゃい」

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:59:34.75 ID:zwNqNfNMO
男「(本当は今日休みなんだが)」スタスタスタ

男「(もう一度、見に行ってみよう)」スタスタスタ

男「………………」スタスタスタ

男「(何で俺は…)」

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:08:19.79 ID:qRrLmfnzO
男(出会ってまだ少ししか経ってない、他所の子供の為にこんな犯罪紛いのことまでして

最初から深く関わらずに警察に任せておけば良かったのに)

男「………………はぁ」

男「グダクダ考えてる内に着いちゃったよ、はは」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:13:10.51 ID:qRrLmfnzO
男「…………!」

ガチャッ

女「…あ、もしもし?うん、あと20分くらいで着くと思う。うん、じゃあまた後で」ピッ

女「はぁ…」カッカッカッカッ

男「(待ち合わせか?)」スッ

女「…」カッカッカッカッ

男「…」ヒタヒタ

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:16:47.66 ID:qRrLmfnzO
男「喫茶店か…」

女「…あっ」ガタッ

中年男「悪い遅くなって!」

女「ううん大丈夫。お久しぶりね」

中年男「いやー本当久しぶりだよなぁ。何年振りだ?卒業式以来だもんなぁ。連絡きた時は驚いたよ」

女「ごめんなさいね、急に呼び出したりしちゃって…」

中年男「はは、どうせ暇してるから良いよ」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:21:32.84 ID:qRrLmfnzO
中年男「そういえば結婚したんだっけ?子供もいるとか…」

女「あら、アナタも随分美人な奥さん捕まえたって噂で聞いたけど」

中年男「あー、はは。じゃあそれが結婚詐欺で、借金背負わされたって噂も聞いたんだろ?」

女「…」

中年男「それから仕事も上手くいかなくって…この年でフリーターだよ。笑えだろ?ひひ、ひへへ…」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:27:02.64 ID:qRrLmfnzO
中年男「何か、何でかねえ。上手くいかないわ人生って。ひへへ、悪いね久しぶりに会ったのに暗い話で」

女「上手くいかないのは貴方のせいではないわ」

中年「慰めはいいって、どうせずっとこんな人生なんだからさ。もう諦めてるしなぁ」

女「本当にそれでいいの?諦めてしまっても」

中年「あぁ?」

女「貴方次第で、運命はいくらでも良きものに変わるのよ」

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:34:35.42 ID:qRrLmfnzO
女「大事なのは、変えたいと願う精神なの」

中年「な、何の話?」

女「ねえ?このまま辛く悲しいままの人生を続けていって、本当にそれでいいの?少しの努力で、人間は幾らでも幸せになれるのに」

中年「何だよ?ほ、ほっといてくれよ!そ、そりゃ俺だって勝ち組になりたかったさ!今からでも叶うんなら、そうなりたいに決まってんだろ!でも」

女「なら、大丈夫よ」ニコッ

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:42:55.63 ID:qRrLmfnzO
女「実は私も数年前まで、不幸のどん底にいたのよ」

中年「…」

女「悲しいことしか無くてね。毎日毎日、生きてるのが辛かった」

女「そんな時にね、ある方に出会ったの。その人に悩みを打ち明けたらね、とってもスッキリした気分になった。それだけじゃなくて、どうすればよりよい人生を歩めるか…素晴らしい人間になるための心構えとか…沢山のアドバイスをくださったの」

女「ね、どう?この後もし、時間があったら。一緒に会いに行ってみない?」

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:46:56.53 ID:qRrLmfnzO
男「(店を出るのか)」カタッ

中年「あの、何か危ない所じゃないよな?俺やっぱり…」オドオド

女「大丈夫よ?ここから近いし、すぐだから」カッカッ

中年「わ、分かったよ…」トボトボ

男「…」ヒタヒタ

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:48:49.29 ID:qRrLmfnzO
女「あ、見えてきたわ。此処よ」

中年「え?ここって…」

女「…ねえ、××会って聞いたことあるかしら?」



男「ここ…?」

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 00:59:44.40 ID:qRrLmfnzO
中年「最近ニュースでやってる、あの事件の」

女「あぁ、あれは違うの。あれはね、とっくに会員でもなんでもないわ。こっちも困ってるのよ?すっかり悪いイメージがついてしまって」

中年「あ、あんた会員なのか?」

女「そうよ。でも誤解しないでね?あんなのはただの例外なの。他の会員の方たちはね、ちゃんっとした素晴らしい人間ばかりなんだから」

中年「いや、おれ宗教とか興味ないし…」ジリッ

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:10:25.96 ID:qRrLmfnzO
女「宗教だなんて大袈裟に考えなくていいのよ?ちょっとしたお悩み相談の場よ。皆人間だもの、誰にだって悩みはあるわ。それをありのままに打ち明け合うの。己をさらけ出して、相手を受け入れる。そうすることで、自ずと見えてくる答えがきっとある筈よ」

中年「金とかないし、人見知りだし…」

女「いやだ。お金なんかいらないわよ?そういうのは余裕のある人が出せばいいの。誰も強要なんかしないもの。無理することなんかちっともないの。それに皆本当に優しい人たちばかりよ。何にも怖がることないわ?」

中年「で、でも」

女「ふふ、分かるわ。私も最初は半信半疑、不安だったもの。ね?少しだけ皆とお話してみない?怪しいと思ったら、すぐに帰っても構わないから」

中年「…分かったよ。じゃあ、少しだけ…」トボトボ

女「わ、良かった!皆に紹介するわね。きっと皆歓迎してくれるわ」カッカッカッカッ

バタンッ



男「ここって…」ボー

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:20:31.25 ID:qRrLmfnzO
『せんせいはやさしいね』

『わたしがいけないの。お母さんの言う通りにしなかったから。だからお母さんまた泣いちゃった…』

『わたしエビフライのセットがいい!』

『好きな食べ物?ハンバーグとカレーと…』

『お母さんが子供は好きでしょ?ってよく作ってくれるの』

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:26:19.21 ID:qRrLmfnzO
『せんせいってよんでもいいですか?』

『前にお母さんが、ソンケイしてる人のことセンセイってよぶって言ってた』

『わたしには、せんせいはせんせいだよ』

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:44:50.11 ID:qRrLmfnzO
スーツの男「あれ…あ、貴方は」

男「ぁ…」ハッ

スーツの男「あ、あ!ちょっとお待ちを、今他の者を呼んで参ります!」クルッ

男「え?な、待っ」

男「…っ!」ダッ

スーツ「あ、お待ちください!おい誰か!誰か早く…!」

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 01:54:24.92 ID:qRrLmfnzO
ガチャッ

少女「あ、おかえりなさい。ネコごはんちゃんと食べたよ!せん…」

男「…」

少女「?せんせい?どうかしたの…?」

男「……………………」

男「俺とキミは、前に会ったことがあるのか?」

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:07:29.81 ID:qRrLmfnzO
少女「ぁっ…………」

男「××会で」

少女「…」

男「キミは気づいていたのか?」

少女「…」

少女「……………うん」

331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:09:54.72 ID:qRrLmfnzO
男「何で…何も言ってくれなかったんだ…」

少女「………いいと思ったの」

男「え?」

少女「わすれた方がせんせいがシアワセなら、その方がいいと思ったの」

男「そんなの…」

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:14:31.36 ID:qRrLmfnzO
少女「全部思い出したの…?」

男「分からん…どこまでで全部なのかも分からんしさ。でも…」

男「キミとご飯食べたり遊園地行ったり…一緒に遊んでたことは思い出した」

男「それと」

男「俺があの、最低な人間の息子だってことも…」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:19:52.44 ID:qRrLmfnzO
少女「…」

男「何で俺、忘れてたんだ」

少女「せんせいは、事故にあったんだよ」

男「事故」

少女「でもあれは事故じゃなかったって。多分、誰かがって…」ギュッ

男「会員の誰かってことか」

少女「その事故のショックで、せんせいはキオクソウシツになったんだって。全部忘れちゃったって、お母さんが言ってた」

男「キミのお母さんは」

少女「××会の会員。最近カンブになれたって、よろこんでた」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:25:48.67 ID:qRrLmfnzO
少女「お母さん変わったの。昔はため息ばっかりついてたのに、会員になってから笑うことが多くなった。仲間が出来たって、すごくうれしそうだった」

少女「でもだんだん、家にいることが少なくなってた。だんだん、ご飯作らなくなって、お話することもなくなっていっちゃった」

少女「家に一人でいるのもさびしくて、いつも会場の外でカツドウがおわるのを待ってた」

少女「そしたら、ある日せんせいに会ったの」

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:46:49.51 ID:qRrLmfnzO
男『何してんの、こんな所で』

少女『…お母さんをまってるの』

男『お母さん?中にいんの』

少女『うん…カツドウしてる』

男『お前も中入りゃいいじゃん。寒いだろ』

少女『前にダメっていわれたもん』

男『あぁ…そうか』

少女『お兄ちゃんも仲間の人?』

男『っ!違う!』

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 02:52:35.11 ID:qRrLmfnzO
少女『!』ビクッ

男『あ、ごめん』

少女『じゃあ、お兄ちゃんもだれかまってるの?』

男『いや、俺は違うんだ…』

少女『ふーん…』

男『…』

少女『…』ボー

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:18:00.63 ID:qRrLmfnzO
少女『あ、昨日のお兄ちゃんだ』

男『今日も待ってたんのか』

少女『うん。家に一人でいてもつまんないもん』

男『友達とかと遊べばいいだろ』

少女『…お母さんがダメって言うから』

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:25:54.45 ID:qRrLmfnzO
男『はぁ?何で?』

少女『ケガレがつくからだって』

男『…頭おかしいだろ』

少女『…?』

男『親がアレだと子供は大変だよなぁ』

少女『うん?』

男『なぁ、どっか飯でも食いに行くか?』

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:33:10.47 ID:qRrLmfnzO
少女『だれかとご飯食べるの、学校以外で久しぶり』キョロキョロ

男『お母さんとは一緒に食ってないのか』

少女『お金だけ置いてってくれる』

男『…とりあえず今日は好きなもん食えよ』

少女『本当?うーんとー…じゃあ、このエビフライのセットがいい!』

男『おう。俺はステーキ丼にするか。すいませーん』

349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:41:39.52 ID:qRrLmfnzO
男『今更だけど、知らない人についてくなって学校で言われるだろ?』

少女『危ない人にはついてくなっていうのは言われるよ』モグモグ

男『いや一緒だから。知らない人にもダメだからさ』

少女『でも一緒にごはん食べたから、お兄ちゃんはもう知らない人じゃないよ』モグモグ

男『そういうことじゃなくてさぁ』

少女『危ない人でもないよ?』モグモグ

男『わかんねえだろ、誘拐犯だったらどうすんの』

少女『え!えー?じゃーあー…んー。逃げるもん』モグモグ

男『逃げるもんじゃないっつうの。とにかくこれからは知らない人にもついてかないように』

少女『わかったあ』モグモグ

男『いただきます。…かたっ。この肉かたいな…』

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:46:33.90 ID:qRrLmfnzO
男『よ』

少女『お兄ちゃんだ。こんにちはっ』

男『お前学校休みの日でも、ずっとここでボーッとしてるよな』

少女『お母さん毎日来るから』

男『つまんなくねえの』

少女『…お母さんのそばにいたいもん』

男『………そうかい』

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:53:56.11 ID:qRrLmfnzO
少女『あっ!お兄ちゃんだー』

男『おう。あのさ、どうせ暇なら遊びに行かないか?』

少女『えっ?』

男『遊園地とか。近くのとこで良かったらだけど』

少女『あ、えっと…でも勝手にでかけたら怒られるかも』

男『どうせ終わるまで出てこないじゃん。少しくらいならいいだろ』

少女『でも…』

男『…嫌ならいいんだけどさ』

少女『あっ』

男『ん?』

少女『ちょっとだけ、なら。いいかなぁ?』

男『大丈夫大丈夫。おしっ行こうぜ』

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 03:57:51.80 ID:qRrLmfnzO
少女『わ、わ、わあ、あああ』

男『チケット買ってきたぞー』

少女『わ、わたし遊園地初めてきたっ!』キョロキョロ

男『珍しいな。俺は子供の頃よく来たなぁ』

少女『あれがジェットコースターかぁ』キョロキョロ

男『はは。じゃあどんどん乗りまくるか!』

少女『わあ!うん!』

356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:05:01.91 ID:qRrLmfnzO
男『次はあの行ったり来たりするヤツ行くか』

少女『はーい』

男『よーしあのぶら下がるの乗ろう』

少女『うん』

男『あれ、車の運転できるんだぜ』

少女『ふぇー』

男『よし次は』

少女『お兄ちゃんちょっとつかれちゃったー』ヘトヘト

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:14:08.98 ID:qRrLmfnzO
男『休憩するか。何か飲む?何がいい?』

少女『んー、カルピス!』

男『じゃあ俺は烏龍茶っと』ピッガコン

少女『はぁー。すっごい楽しい!』

男『そりゃ良かった。最後はアレ乗るか。やっぱり定番だからなぁ』

少女『アレ?あのおっきいヤツ?』

男『観覧車な』

359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:20:36.33 ID:qRrLmfnzO
女『たかーい!』

男『おいあんま動くなよー。揺れる揺れる』

少女『楽しかったなぁ』ニコニコ

男『良かったな』

少女『ありがとうお兄ちゃんっ』

男『…どういたしまして』

360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:22:16.97 ID:qRrLmfnzO
男『あ、どうせならアレ撮ってくか』

少女『写真?』

男『プリクラ。記念にさ』

少女『うん、とりたいっ』

男『よし、撮ろう撮ろう』

362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:24:17.22 ID:qRrLmfnzO
少女『わああ…!』

男『写真映り悪いなぁ俺…』

少女『大切にするね!』

男『はは、おう』

364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:28:16.69 ID:qRrLmfnzO
少女『あ、お兄ちゃん!昨日はありがとう』

男『おう』

少女『見て見て昨日の写真ー』ピラッ

男『パスケースに入れてんのかよ』

少女『大切だから、いつでも見れるように』

男『…そうかい』

365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:32:14.49 ID:qRrLmfnzO
男『よう。今日はお土産がありまーす』

少女『おみあげー?』ワクワク

男『お土産な。じゃーん、雪見大福でーす』

少女『わぁ!なにこれ美味しそうっ』

男『美味いぞ』

少女『あまいーおいしいっ』

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:37:13.78 ID:qRrLmfnzO
ダい2部完

瞼が落ちル
落ちタラ立て直す

415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 13:05:38.36 ID:qRrLmfnzO
コノママだと保守スレになりそうDAKARA木曜か金曜クライに立て直す
titleは同じにスルつもリ

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 13:13:02.28 ID:qRrLmfnzO
御詫びに次回必ず完結サセルので、気が剥いたら読んでクレると嬉しイ
ではお休みなサい