1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:30:21.55 ID:JDFs7ggW0
七咲「暇ですね」

橘「だねぇ……」

七咲「外、雨ふりですね」

橘「だねぇ……」

七咲「美也ちゃんや、先輩のご両親は、ここにいないんですか?」

橘「みーんな、お出かけだね」

引用元: 七咲「勝負です!」橘「望む所さ!」 



4: ◆ZLUGH5bpAU7a 2012/03/03(土) 00:32:49.03 ID:JDFs7ggW0
七咲「先輩、何か面白い遊びは無いですか?」

橘「うーん……麻雀?」

七咲「二人しかいないじゃないですか……」

橘「うーん……困ったねぇ」

七咲「先輩、雨のせいでぐでんくでんですね」

橘「うーん……」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:34:52.71 ID:JDFs7ggW0
橘「せっかく、遊園地に行こうとしてたのになぁ」

七咲「仕方ないじゃないですか、それより……」

橘「それより?」

七咲「そんなふぬけた先輩相手だと、勝負にすらなりそうに有りませんね」

橘「どういう事だい?」

七咲「そのままの意味ですよ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:36:31.98 ID:JDFs7ggW0
橘「舐められたらものだね……いいよ、七咲には越えられない、紳士の力を見せてあげよう」

七咲「では、始めましょうか……」

七咲「勝負です!」

橘「望む所さ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:39:37.99 ID:JDFs7ggW0
橘「で、何で勝負をするんだい?」

七咲「『目隠しキッスフェンシング』」

橘「……ルール説明を求めよう」

七咲「簡単です。双方ともに目隠しをして、相手にキスを多くしたほうの勝ち」

橘「それはまた、紳士淑女の直感力が試されそうだね」

七咲「ただし、相手の「肌」に直接キスをしなくてはいけません」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:42:11.01 ID:JDFs7ggW0
橘「良いだろう、紳士はいついかなる挑戦も受ける」

七咲「先輩の彼女の淑女力、とくとお楽しみください」

橘「じゃあ、ちょっと荷物をどけて、広いスペースを作ろうか」

七咲「あ、私は割れ物を安全な場所まで持って行きますね」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:44:25.03 ID:JDFs7ggW0
橘「よし、これで何の危険も無い。後は……」

七咲「存分に戦うだけです」

橘「よし、じゃあ始めよう……」

七咲「時間は、このタイマーで計りますね」

橘「タオルを……目隠しに……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:47:30.93 ID:JDFs7ggW0
七咲「それでは、行きます!」

橘(くっ……自分の家だってのに、目隠ししただけで、こんなに足下が不安になるなんて!)

タタタタ

橘(七咲が近づいてくる!)

橘(手は肌が思いっきり見えている。だから危険だ)

タタタタ

橘(まるで僕を混乱させるように……)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:49:52.84 ID:JDFs7ggW0
タタタタ

橘(いつまでも受け身になる僕じゃない!)

橘(音に合わせて、キスをすれば!)

タタタタ

橘(今だっ!)

チュモフ

橘(この感触……シャツに包まれた二の腕か!)

七咲「先輩、甘いですよ!」

チュッ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:53:26.45 ID:JDFs7ggW0
七咲「音に頼らなければならないこの戦い。やみくもにキスをしにいけば、服に阻まれるのは必然です」

七咲「だからこそ、私はカウンターに一点集中をします!」

橘「先に1キスを取られた僕は、七咲よりも2回多くキスをしなければならない……」

七咲「さあ、先輩。どうぞ私にキスをしに来てください。ただし、先輩がキスしにくるたびに、私はキスを返しましょう!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:55:52.06 ID:JDFs7ggW0
橘「そして、僕がミスをする度に……」

七咲「先輩は追い込まれて行きます」

橘(何という事だ……この戦い、最初のキスで、戦況が大きく変わりすぎる……)

橘(それを見抜けず、七咲の誘いにまんまと乗せられた……このままじゃ……)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:59:06.60 ID:JDFs7ggW0
橘(七咲はもう、走ろうとしない。当然だ、七咲は常に、僕からのキスを待つだけで、自分から攻める必要は無いのだから)

橘(そして……視覚の奪われたこの戦いにおいて、相手の感触を感じてからのカウンターの精度は……やみくもに狙うよりも、圧倒的に高い!)

橘「してやられたよ、七咲」

七咲「……これで、終わりではありませんよね?」

橘「モチロンさ! 一つの見せ場も無く、この紳士が負けるはずがない!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:03:11.15 ID:JDFs7ggW0
橘(とは言ったものの……打開策が見つかるわけじゃない……)

橘(何か……何か無いのか! くっ……手を使う事は危険だ、だが、このままじゃ時間を浪費するだけになる)

七咲「きゃっ!?」

橘「あ、ごめん」

七咲「目隠しを良いことに、どさくさに紛れて太ももを撫でるとは……それでも紳士ですか!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:06:06.04 ID:JDFs7ggW0
橘「ごめん……悪気は無かったんだ」

七咲「もう、先輩は●●●ですね」

橘(さわった場所が、七咲の唇じゃなくて良かった……)

橘(うん? 太もも?)

橘(どうして僕は、七咲の太ももに触れたんだ?)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:08:30.84 ID:JDFs7ggW0
橘(そうか、それもそうだ……なら、僕はどうすれば……)

橘(……行ける、この作戦なら……2キスを奪った後に、七咲のキスを封じ込められる!)

橘「七咲、勝ちの目が見えたよ」

七咲「……やれるものなら、やってください!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:11:10.80 ID:JDFs7ggW0
橘(僕は物にそって、何か無いかを探していた)

橘(だけれど、棚に置いてあった物は、全て七咲が片付けてしまっていた)

橘(手は何も見つけられないまま進み、七咲の太ももにたどり着いた)

橘(……そう、ベットの上で!)

橘(つまり、七咲はベットに座っている!)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:13:37.93 ID:JDFs7ggW0
橘(たしかに、座っていれば、立っているよりもカウンターの成功率を上げられるだろう)

橘(七咲の作戦は正しい、だからこそ、僕に負ける)

橘「うおおおおおおおおおおおお!!!!」

七咲「な、何を……きゃぁっ!?」

橘「首に、二回!」チュッチュッ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:15:48.43 ID:JDFs7ggW0
橘(七咲をベットに押し倒し、どさくさに紛れて2キスを奪う!)

七咲「それくらい、すぐに奪い返して!」

橘「させないよ!」

七咲「え……んむ!? ん、んん!」

橘(反撃してくる唇を、僕の唇で塞いでしまう!)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:17:40.32 ID:JDFs7ggW0
七咲「んん! んんんん!!」

橘(抵抗しても無駄だ。僕は完全に、七咲を封じ込めている)

橘(後は……タイマーを待つだけだ)


五分後


ピピピピピピピピピ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:21:28.61 ID:JDFs7ggW0
七咲「先輩、卑怯すぎます……はぁ、はぁ……」

橘「だって、キスはキスでも、唇と唇だったら、得点にはならないだろ?」

七咲「その通りです」

橘「なら、2対1で僕の勝ちかな?」

七咲「悔しいですけど、そうなりますね」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:25:14.05 ID:JDFs7ggW0
七咲「先輩、私はどうして負けたのでしょうか?」

橘「ベットに座っていたから、だよ」

七咲「ベット?」

橘「そう、例えば七咲が椅子に座っていたら、とてもじゃないけど押し倒せない」

橘「もしも立っていたら、目隠ししたまま転ばす事は危険すぎる」

橘「だから、ベットじゃなければ、僕は負けていた」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:28:06.40 ID:JDFs7ggW0
七咲「……完敗です」

橘「これで通算、57勝12敗29分……」

七咲「もう五戦も勝ってないです……」

橘「精進あるのみだよ、七咲」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:30:31.51 ID:JDFs7ggW0
七咲「さて、先輩の元気も復活しましたし……あ……」

橘「ん? どうしたの、七咲」

七咲「外、雨が止んで虹が出てます」

橘「わぁ、本当だ。目隠ししている間で、わからなかったね」

七咲「せっかくですし、外に行きましょうか」

橘「そうだね! 行こう、七咲!」


おわり