1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:19:26.28 ID:k0V2JkEO0
理樹部屋

恭介「何故だかよく分からんが今日目が覚めたらそうなっていたらしい……」

理樹「だ、大丈夫なの!?」

謙吾「一度様子を見てきてくれないか?」

理樹「いや謙吾達は…?」

真人「悪いが今子供生まれた所なんだ、今更中断する訳にはいかねぇ!」

理樹(人生ゲームをやっていた)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410437956

引用元: 恭介「>>3が記憶喪失になった……」理樹「ええっ!?」 



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:20:51.07 ID:B3XbyNkAO
姉御

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:26:56.36 ID:k0V2JkEO0
理樹(来ヶ谷さんは裏庭の芝生でいた、隣りには葉留佳さんもいた)

裏庭

葉留佳「それで私が~」

来ヶ谷「そうなんですね!」

理樹(な、なんて生き生きした顔なんだ…!眩しい笑顔が直射出来ないっ!)

来ヶ谷「…あら?」

葉留佳「あっ、理樹君こっちー!」

理樹「や、やあ2人とも…」

来ヶ谷「理樹…ああ!貴方が話にあった女装好きの直枝さんですね」

理樹「なんて事吹き込んでるんだこの人!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:31:23.46 ID:k0V2JkEO0
葉留佳「い、いやぁ…やはは…困った物ですネ」

理樹「他にどんな嘘を来ヶ谷さんに言ったのさ!?」

葉留佳「う、嘘なんか吐いてませんヨ?」

理樹「目が泳いでるよ!」

佳奈多「あっ、そこに居たのね葉留佳!職員室のイタズラは貴方の仕業でしょ!?」

葉留佳「ナイスタイミング!…じゃなくて風紀委員長が来たー!ではお二人方これにてアデュー!」

佳奈多「待ちなさい!」

来ヶ谷「さようなら姉御!」

理樹「………」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:36:41.31 ID:k0V2JkEO0
理樹(来ヶ谷さんに事情を聞いた)

来ヶ谷「はい、起きてから見知らぬ部屋に居たと思って出てみれば神北さんという女性と会って…」

理樹「そして病院に連れて行かれたと」

来ヶ谷「そうなんです…医師からは原因が分からないそうでしばらく今の状態で過ごしてみなさいと提案されて……」

理樹「……で、本当に記憶を失ったの?」

来ヶ谷「えっ?」

理樹(これは手の混んだイタズラかもしれない…というか7割くらいそう思っている。だからここは>>8で確かめてみよう)

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:48:33.51 ID:k0V2JkEO0
理樹(流石にイタズラなら次の反応で分かる!というか記憶があるならまず避けられるはずだ)

理樹「来ヶ谷さん、ちょっと を触らせてよ」

来ヶ谷「ええっ!?」

理樹「……」ソロォ

来ヶ谷「いやあの…えと…!」

理樹(ど、どうしたんだ!?いつもなら既に背後に回られてもおかしくないのに特に逃げずに目を潤ませて怯えているぞ!)

理樹「ほ、本当に触るよ?」

来ヶ谷「や……」ジワッ

理樹(なんだよその表情!この人本当に来ヶ谷さんなのかっ!?)

理樹「……っ!」クルッ

来ヶ谷「はぇ…?」

理樹「負けたよ…君は確かに記憶を失ってる様だ……」

来ヶ谷「よく分かりませんが信じていただけたみたいで良かったです…」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:53:56.53 ID:k0V2JkEO0
理樹(となるとかなり困ったぞ…普段来ヶ谷さんはあまりの強さとその性格ゆえに一目置かれてる人物だがそれに比例して敵も多い、この機会に狙ってくる人間も少なくないはずだ…!)

理樹「何か起きる前に覚えてる事はないかな?」

来ヶ谷「いえ特に…」

理樹「そっか…」

理樹(どうにかして彼女の記憶を取り戻させたい…そうだ、ここは>>11に相談だ!)

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:55:00.86 ID:PC5AyN7Yo
けんご

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:00:53.67 ID:k0V2JkEO0
理樹「という訳なんだけどさ…」

謙吾「なるほどな、来ヶ谷は演技ではないという事か」

理樹「ねえ謙吾…こんなこと相談しても困らせるだけかもしれないけどさ、来ヶ谷さんが記憶を取り戻すにはどうすればいいと思う?」

謙吾「ふっ…それはな理樹……すなわち愛だ!」

理樹「あ、愛?」

謙吾「LOVEだ、お前の来ヶ谷愛さえあれば奴もお前の必死な思いに何か思い出すんじゃないか?」

理樹「具体的にどうするのさ…」

謙吾「>>13」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:02:23.05 ID:TXGXD0LkO
惚れさせる

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:11:16.28 ID:k0V2JkEO0
謙吾「奴に心の変化を与えればかつての記憶も自然と思い出すだろう!……多分」

理樹(なんかロマンチックな時の謙吾だけど言うことに一理あるような気がしてきた)

理樹「分かった!頑張って惚れさせてみるよっ!」




食堂

理樹(と張り切ったものの…)

来ヶ谷「?」ニコニコ

理樹(こう意識してみると妙にドキドキして上手く喋れないや…)

理樹「えっと…な、何か買ってこようか」

来ヶ谷「お昼ご飯ですね?私も一緒に行きます!」

理樹(かわええ)



トン

理樹「ふう…ご馳走でした」

来ヶ谷「ご馳走様ですっ」

理樹(さて…これからどうやってその…惚れさせてみようかな?まずは>>16)

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:12:48.44 ID:Gvze4C5BO
でを繋いで歩きたいお願いする

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:20:24.84 ID:k0V2JkEO0
理樹「ねえ来ヶ谷さん、ちょっと学校を散歩してみない?記憶が無いなら構造とか見て回った方がいいと思うんだ」

来ヶ谷「ええ喜んで!」



グラウンド横

トコトコ

理樹「それでここがグラウンドだよ」

来ヶ谷「へぇ…」

理樹「そ、それとさ!」

来ヶ谷「何でしょう?」

理樹「あの…その…よ、よろしければ手を繋げてもヨロシ?」

来ヶ谷「まあ…!」ポッ

理樹(やっぱり急ぎ過ぎたか…?)

来ヶ谷「貴方がそうしたいなら構いませんよ」ニコッ

理樹「ボドドドゥドオー」

来ヶ谷「ええっ!?」

理樹「あ…気にしないで、これは魂の叫びだから!」

理樹(危うく死にかけた)

来ヶ谷「は、はぁ…」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:27:01.09 ID:k0V2JkEO0
理樹(す、凄い柔らかいぞ!それに髪もいい匂いがしてクラクラしてきそうだ…)



理樹「そ、そそそしてここが来ヶ谷さんが作ったカフェテラスだよ!」

来ヶ谷「大丈夫ですか?少し様子がおかしい様ですが…」チラッ

理樹(いつも完全無欠最強無敵な来ヶ谷さんを見てるせいかこの上目遣いはもの凄い破壊力を帯びていた)

理樹「そっそんな事ないよ平気さ!」グッ

来ヶ谷「なら何故瞼を閉じられるんですか?」

理樹(つ、次は>>19だ!)

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:28:06.45 ID:hd0A7MMXo
一緒に学校を散策

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:34:09.22 ID:k0V2JkEO0
屋上

小毬「あ~!ゆいちゃん大丈夫だった?」

来ヶ谷「ええお陰様で!その節はありがとうございました神北さん」

小毬「うん、おけ~ですよっ」

理樹(『ゆいちゃん』をスルー出来る来ヶ谷さんを見るのはこれが最初で最後かもしれない)

小毬「あれっ?」

理樹「…?」

小毬「どーして理樹君とゆいちゃんお手て繋いでるの?」

理樹「ああ、いやこれは何でもないよ!」

来ヶ谷「直枝さんがそう願われたのでそうしたのです」

理樹「うわーっ!!」

小毬「へえ!なんだか恋人さんみたいだねぇ?」

理樹「ご、ごめんなさいでしたっ!」

来ヶ谷「なんで直枝さんが謝るんですか?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:39:37.11 ID:k0V2JkEO0
放送室

理樹「来ヶ谷さんは放送委員だったんだよ」

来ヶ谷「私がですか…」

理樹(自分しか分からない様な声で呟いて辺りのマイクを触ってみたりしていた)

来ヶ谷「コーヒーがありますね、直枝さんは飲みますか?」

理樹「あ…じゃあ頂こうかな……」

理樹(なんて事だ、来ヶ谷さんを惚れさせるどころか一緒にいる内に僕の方がドキドキしてきた…僕という人間はどうもギャップに弱いらしい)

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:42:49.56 ID:k0V2JkEO0
来ヶ谷「えーっとカップは……」キョロキョロ

理樹(でも挫けちゃダメだ直枝理樹、来ヶ谷さんの記憶を取り戻すには僕が来ヶ谷さんを振り向かせなくては!)

来ヶ谷「こっちですかね…」

理樹(次は>>23だ)

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:44:03.29 ID:NLYqxSJiO
キャッチボール

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:56:02.84 ID:k0V2JkEO0
グラウンド

理樹「それっ」

シュッ

来ヶ谷「おっとと…」

理樹(何も考えないキャッチボールなら本能というか心の奥底で何か思い出さないだろうか)

理樹「こっちだよ」

来ヶ谷「はいっ」シュッ



理樹「はぁ…はぁ…何か思い出した?」

来ヶ谷「い、いえ…」

理樹(やはり謙吾の言うとおり来ヶ谷さんをゾッコンにさせなくちゃならないのかな…こうなったらもう>>25だ!)

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:56:28.44 ID:nmS6pc7MO
一緒に買い物

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:12:02.14 ID:jQHOaDyA0



スーパー

理樹「確か小麦粉は…」

来ヶ谷「私が取ってきますね!」

理樹(今日の夜に皆で集まってパンケーキを食べる予定だ、今はその為の材料を買っている。またリトルバスターズ全員で集まって騒いだら来ヶ谷さんもピンとくる物があるのではないだろうか)

理樹「えーと…ハチミツハチミツ」




来ヶ谷「あっ、ありました」ニコッ

来ヶ谷「直枝さ…」

ガシッ

不良「おい…こいつだったよな?」

不良2「ああ、写真の通りだ」

来ヶ谷「えっ、ちょっと…!」

不良「……」カチッ

バチッ

来ヶ谷「……っ」バタリ

不良2「行くぞ」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:17:08.83 ID:jQHOaDyA0
理樹「あれ……来ヶ谷さんはどこだ?」


理樹「いない…」

理樹(スーパーのどこを探してもいなかったので外に出て携帯にかけてみた)




プルルル

不良「おい、なんか鳴ってるぜ」

不良2「くそっ…こいつ誰かと一緒だったんだ」

理樹「あっ、あれは!」

理樹(電話を掛けてみると気を失った来ヶ谷さんが知らない男たちに担がれていた)

理樹「来ヶ谷さん!」

不良「行くぞっ!」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:27:23.50 ID:jQHOaDyA0
理樹「待て!」

ダダッ


理樹「はぁ…はぁ…」

理樹(撒かれてしまった…見失った先には道が3つありしらみつぶしにするには時間がかかりそうだ)



路地裏

ドサッ

来ヶ谷「……うぅ」

不良「こいつですね兄貴!」

不良3「ご苦労だったな…」

来ヶ谷「……あの…ここは何処でしょう?」

不良3「俺の顔に見覚えは無いか…?」

来ヶ谷「えっと……ごめんなさい」

不良「む、無理もないな…お前からしたらどんな奴だって一々覚えていられねえんだろうよ」

不良2「来ヶ谷!お前は一度この兄貴を病院送りにまでしたそうだな」

来ヶ谷「いや覚えてませんけど」

不良3「流石に勝ち目が無いと見てしらを切るつもりだな?そうはいかねぇ…俺はあの日から強くなったんだ、来る日も来る日も修行に明け暮れ遂にお前の居場所を突き止めた!さあ後は言わなくても分るよな!?」

来ヶ谷「何かの勝負でしょうか?」

不良3「いや喧嘩だよ!」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:33:16.17 ID:jQHOaDyA0
不良3「まあいい…お前が覚えてるかどうかはこの際どうでもいい、さっさと死にさらせ!」

ガンッ

不良3「うぉおお!」

不良2「ど、どうしたんですか兄貴!」

不良3「何でもねえ、こいつトボけた顔した癖に飛んでもない石頭だぜ…」

来ヶ谷「……っく」

不良「ん?」

来ヶ谷「えっ…ぐ……痛い…どうして急に殴るんですか…っ!」ポロポロ

不良3「なんだと…」

不良2「こいつ泣いてますよ…マジでこんなのに病院送りにされたんですか…?」

不良3「疑ってるのか!?……し、しかし前とは雰囲気が違うというか…なんだかまるで普通の女だ」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:36:27.44 ID:jQHOaDyA0
不良「どうなってるのか分かりませんがもうこれ兄貴の勝ちでいいんじゃ…」

不良3「う、うむ…俺が強くなり過ぎたのかもしれな……」

ダダッ

理樹「見つけたぞーっ!」

来ヶ谷「な、直枝さん…」

不良2「こいつはさっきの!」

不良3「何?つけられてたのかお前ら!」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:44:08.13 ID:jQHOaDyA0
理樹「来ヶ谷さん大丈夫!?」

理樹(恐れたことが起きてしまった…来ヶ谷さんは何も分からずきっと恨みを買った連中から喧嘩を申し込まれたんだ!)

来ヶ谷「大丈夫です…っ」

理樹「ああ可哀想に、頭に軽いアザが出来てるじゃないか」

不良「おいお前!今は取り込み中なんだからさっさと行けっ、彼氏かなんだか知らねえが怪我したくなかったら元居た道を引き返せ」

理樹「そういう訳にはいかないよ、彼氏じゃないけどこうなったのも全部僕が悪いんだ…来ヶ谷さんは逃げて!」

来ヶ谷「な、なんで…」

不良3「まずいぞ…あんな言い方されたらこの後ボコボコにしてもされてもかっこいいじゃねえか!」

不良2「何言ってるんですか!」

来ヶ谷「どうして私なんかの為に!?」

理樹「だって来ヶ谷さんは僕にとって大切な人だからさっ!」

来ヶ谷「……っ!!」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:51:00.55 ID:jQHOaDyA0
来ヶ谷「なお……え…」バタン

理樹「えっ……?」

来ヶ谷「……」

不良2「急に来ヶ谷が倒れたぞ…?」

不良「構う物か!今はこいつをぶちのめすんだ」

理樹「くっ…」

不良3「まっ、待てお前ら…来ヶ谷が消えた!」

不良「は?今さっき倒れた所じゃ……あ"!?」

バタン

不良2「ふ、不良ーっ!」

来ヶ谷「ふっ……ふふふ…」

理樹「来ヶ谷…さん…?」

来ヶ谷「待たせたな理樹君、もう心配しなくていい」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:57:47.64 ID:jQHOaDyA0
理樹(さっきまで僕の隣で倒れていたはずの来ヶ谷さんが男の1人の背後にいつのまにか忍び寄り、気絶させていた)

不良2「こっ、この死に損ないがぁぁーっ!!」

ダダッ

不良3「待て不良2!さっきとは様子がおかしいぞっ!」

来ヶ谷「忠告が遅れたな」

ブンッ

不良2「へっ?」

理樹「バックブリーカーだ!」

バックブリーカー:断続的に相手の背骨を自分の体の一部を支点にし反り上げて(または相手の体を揺すり続けることによって負荷をかけて)痛めつけるプロレス技、現在では、ほぼ見かけない希少な技である

不良2「ギャッ」ピクピク

不良3「ヒィーーッ!」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:02:54.83 ID:jQHOaDyA0
来ヶ谷「次は貴様か」

不良3「ごっ、ごめんなさいーっ!」

タタタッ

来ヶ谷「相変わらず口程にもない奴らよ」

理樹「……記憶が戻ったんだね?」

来ヶ谷「……うむ」

理樹「…って事は失った時の様子も覚えてるんだよね?」

来ヶ谷「………」プルプル

スタスタ

理樹「ああ、待ってよ何処へ行くのさ!?」

来ヶ谷「うるさい知らん、もう帰るぞ」

理樹「いやいやいや!なんで怒ってるのさ!?おーい!来ヶ谷さーんっ!」





終わり