えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    クロスオーバー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 23:20:22.18 ID:As7TPxcB0
    ほむら「これで私もHR2…」

    引用元: ほむら「ギギネブラを倒したわ…」 


    【ほむら「ギギネブラを倒したわ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/17(土) 01:18:09 ID:2Jl2gqKI
    ─ 刃牙ハウス ─

    刃牙「お久しぶりです、師匠」

    テラフォーマー「じょうじ」

    刃牙「なにもないですけど、どうぞ上がって下さい」

    テラフォーマー「じょうじ」

    刃牙「ところで、どうして今日は地球に?」

    テラフォーマー「じょうじょう」

    刃牙「ンなるほどォ~~~~~さすがは師匠だ」 



     

      【刃牙「お久しぶりです、師匠」テラフォーマー「じょうじ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/11(土) 21:32:01.53 ID:NKhhU6Z00
    虎徹「聞き捨てならねぇな、今のセリフ」

    ほむら「何ですか、いきなり」

    虎徹「ヒーローはくだらくなんてないぞ」

    ほむら「どなたか知りませんけど、自分の考えを押し付けないでくれませんか」

    虎徹「別に押し付けようとはしてないだろ」

    ほむら「自覚がないのも困りものですね。それじゃ」

    虎徹「おいちょっと待っ……消えた!?」

    虎徹「もしかしてアイツ、ネクストか?」

    引用元: ほむら「ヒーローなんてくだらない」虎徹「!」 




    【ほむら「ヒーローなんてくだらない」虎徹「!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/03(火) 01:20:52.63 ID:3VsOVwZTO
    イカ娘「今からこの家を、人類侵略の拠点にさせてもらうでゲソ!」








    ラオウ「……」

    トキ「……」

    ケンシロウ「……?」

    ジャギ「なんだテメェは?」

    引用元: イカ娘「人類よ! よく聞け!」 


    【(北斗の拳) イカ娘「人類よ! よく聞け!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/21(水) 01:18:40.64 ID:jV/PdcUO0
    ベジータ「きたねぇドブネズミ共だな。とっとこ不老不死の種とやらを寄越せば、コイツらはぶっ殺されずに済むぜ」

    ハム太郎「……これを食べるのだ」
    ベジータ「む、虹色の種か。珍しいな」パクッ ポリポリ

    しゅおおおおおおお!!

    ベジータ「ふおぉっ!!?ドブネズミが巨大化した……!?」

    ハム太郎「違うのだ」

    ベジータ「何ィ!?ま、まさか……」

    タイショー「その通りだじぇ、お前が小さくなったんだじぇ。ハムスターみたいにな」

    ベジータ「く、クソッタレー!!」

    引用元: ベジータ「ほう、貴様らがハムちゃんズか……」 




    【ベジータ「ほう、貴様らがハムちゃんズか……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 12:59:44.60 ID:etx+jifV0

    【CAUTION!】
    ・MGS1~MGS2の間の話です
    ・若干ネタバレがあるかもしれません
    ・オリジナル要素・アイテムがあります
    ・原作との矛盾などがあっても多めに見てください

    引用元: スネーク「イカ娘・・・?」 


    【スネーク「イカ娘・・・?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 01:45:00.12 ID:4MKF6vFO0
    貨車「あ、あぁ~ッ!」ドスンッ

    エドワード「あっ、言ってる側からもう…」

    チノ「もう、エドワードさんは私が貨車の入れ替えもできないとお思いなんですか?」

    エドワード「そんなことはないよ。ただ…」

    チノ「はい、ここの入れ替えは終わり。ゴードンさんの客車取ってきます」シュッシュッ

    エドワード「あ、はぁ…」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590511499

    引用元: エドワード「チノちゃん、貨車には優しくするんだよ」チノ「うるさいですね…」ドスンッ 




    【エドワード「チノちゃん、貨車には優しくするんだよ」チノ「うるさいですね…」ドスンッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:01:53.46 ID:X0GMIAn8P

    佐天「大きくでましたね~御坂さ~ん」

    御坂「だって、桃白白なんて初期のキャラじゃない。そりゃ勝てるわよ」

    佐天「じゃあ試してみますか?」

    御坂「試すって?」

    佐天「実はあたし、昨日ついに能力が開花したんですよ~。
       『二次元世界(ドリームシアター)』っていって、
       漫画やアニメの世界に入れる能力なんです」

    御坂「へー、面白そう!」

    佐天「早速、ドラゴンボールの世界に行きましょう! それ~!」


      キュウウーンッ

    引用元: 御坂「私って、タオパイパイくらいにだったら余裕で勝てると思うわ」 




    【御坂「私って、タオパイパイくらいにだったら余裕で勝てると思うわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/23(土) 14:01:25 ID:x6SncPAc

    以前書いた初期SSのリメイクです。
    P4とISのクロスオーバーになりますが
    厳密にはP4風味のISSS、という感じです。

    転校してくるのはゲームクリア時のハイスペック能力を持った
    アニメ版番長、と思ってください。

    注意事項

     1) P4に関しては、ネタバレが多少あります(PS2版)。
     2) >>1独自のIS戦術理論で展開しますが、ぐっとこらえて見てください。
     3) 番長の専用機の詳しいスペックは 後々語られます。
     4) P4を知らなくても読める……かと思いますが
        P4を知っていると更に楽しめるかと……
     5) >>1はISをアニメでしか知らない。
     6) 一期を見た後に書いたので、更識姉妹は登場しません。

    以上です。 それでは始めます。
    少し長いので休憩入れながら投下します。

    引用元: 一夏「IS学園に第二の男性適正者が転校してきた!?」【改】 


     

    PERSONA LIVEHOUSE TOUR 2015 [Blu-ray]
    Happinet(SB)(D) (2015-12-30)
    売り上げランキング: 13,224
    【(P4) 一夏「IS学園に第二の男性適正者が転校してきた!?」【改】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 13:30:01.08 ID:XrloAEh5O
    コブラ「しかし名うてのバウンティハンター、サムス・アランの中身がこんなべっぴんさんだったとはねぇ」シュボッ

    サムス「……っ」

    コブラ「おっと、葉巻は嫌いかい? うちのタートル号に禁煙席は無いんだ、我慢してくれ」

    サムス「…………」

    コブラ「おいおい……だんまりはないんじゃないの? 同じギルドに追われていた仲なんだ、ここは……」

    サムス「宇宙海賊と話す口は持たない」プイッ

    コブラ「……泣けてくるね、こりゃ」 

    引用元: コブラ 「異論はないな、レディー?」 サムス 「馴れ馴れしいな」 


     

    コブラ 大解剖 (SAN-EI MOOK)

    三栄書房 (2015-03-12)
    売り上げランキング: 11,045
    【コブラ 「異論はないな、レディー?」 サムス 「馴れ馴れしいな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    これまでのあらすじ


     

    引用元: シンジ「ゼロさん!」 アスカ「ゼロ!」 ウルトラマンゼロ「おう!」完結編 



    【(エヴァ) シンジ「ゼロさん!」 アスカ「ゼロ!」 ウルトラマンゼロ「おう!」完結編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆ioGMGv4r42 2013/08/15(木) 04:34:42.91 ID:utovCq7X0
    某日 某時刻

    成歩堂「ふう…」

    王泥喜「今日も弁護士の仕事、来ませんね」

    希月「そうですね」

    モニ太「暇ダナー」

    成歩堂「まあ、これが平常運転だよ」

    みぬき「ただいまー!」

    成歩堂「おかえり、みぬき。ショーの方はどうだったかい?」

    みぬき「うん、大成功だったよ!」

    王泥喜「…相変わらずこの事務所はみぬきちゃんが一番働いてるなあ」

    みぬき「みぬきが頑張らないとパパたちを食べさせていけないもんね。みぬき、頑張る!」

    成歩堂「ハハハ、有難うみぬき」

    成歩堂(何時までもみぬきに頼るわけにはいかないよな、流石に)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376508882

    引用元: 杉下右京「成歩堂弁護士」 


     

    【杉下右京「成歩堂弁護士」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    前回 歩鳥と巨人の世界【それ町×進撃】 前編

    242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 20:40:14.58 ID:V8v39o+AO

    アニ「!!」

    ドオオオンッ!!!


    ザザッ

    アニ「うっ!?」

    辰野「はあ……はあ………ボーッとしてちゃ……ダメでしょ…っ」ザッ

    アニ「ご、ごめん…なんで…」

    辰野「…」


    辰野「…故郷に帰りたいんでしょ?お父さんに会いたいんでしょ?ならもっと…しっかりしろよ!!!」

    アニ「…」


    ジーク「全く…」ザッ

    辰野「!」

    アニ「タッツン!早くあっちに戻って!」


    静「タッツン!早くこっち戻ってこい!」

    辰野「あ、うん、ごめん今戻っ…」ザッ

    ガシッ!!


    ジーク「どうせここまで来たんだ…タッツンも付き合いな」グイッ

    辰野「!!」


    歩鳥「あ、タッツン!」

    紺「おい、辰野離せ!」


    真田「タッツン!!」

    辰野「待って…まだ…っ」

    ジーク「待たないよ」


    歩鳥「タッツンを離しやがれえええ!!!」ダダダッ


    ガッ

    歩鳥「ぐわっ!いってえ…っ!!」ズテンッ

    辰野「歩鳥!来ちゃダメ!」

    歩鳥「やだ!行くなぁ!!」

    紺「辰野!!」ダッ

    真田「タッツン!!」ダダッ

    歩鳥「真田!」


    真田(嵐山が悲しむ顔は…見たくない…!!)


    辰野「ダメ!来ないで真田くん!!」

    引用元: 歩鳥と巨人の世界【それ町×進撃】 


     

    「それでも町は廻っている」コンパクト・コレクション Blu-ray
    ポニーキャニオン (2015-12-16)
    売り上げランキング: 20,576
    【歩鳥と巨人の世界【それ町×進撃】 後編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 18:30:20.14 ID:4hXLT9aAO
    それでも町は廻っている×進撃の巨人 クロスSS





    ―亀井堂―


    歩鳥「ねーちゃん、昔から気になってる事があるんだけどさ」

    静「なんだ?」

    歩鳥「この昔から置いてある丸い金属に四本足の変な顔ついた奴なに?」

    静「あー、リドルの事?それね~私も困ってんだよ~~~使い道がわかんなくてさ~。今なら安くてお買い得のオススメ商品だよ」

    歩鳥「使い道のわからんもんオススメ商品にすんのかよこの店は」

    静「これ昔からずっと売れ残ってんのよね~」

    歩鳥「うん、使い道わからんもんね」

    静「でもさ~何か手放したくないんだよね、これ。なんでかはわからないけどさ」

    歩鳥「へー?これが?そんなにいいものなのかなぁ…」ジー


    静「…で、買うの?」

    歩鳥「買わんわ!!」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455787820

    引用元: 歩鳥と巨人の世界【それ町×進撃】 


     

    それでも町は廻っている  15巻 (ヤングキングコミックス)
    石黒 正数
    少年画報社 (2016-04-30)
    売り上げランキング: 92
    【歩鳥と巨人の世界【それ町×進撃】 前編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/23(土) 19:26:21.40 ID:cSazKE0Y0
    カン、カン

    ゆの「宮ちゃ~ん、いる~?」

    宮子「ゆのっち~?入って入って~」

    ガチャッ

    ゆの「あのね宮ちゃん、おしょう…わぁ、いい匂い~!お料理してるの?」

    ジュゥゥゥ

    宮子「えへへ、今日はご馳走なのだ~!獲れたてだからきっと新鮮でおいしいよ~!」

    ゆの「獲れたて?」

    宮子「うん!さっき捕まえたんだ~!」

    ジュゥゥゥ

    QB「」

    ゆの「わーっ!?宮ちゃん何それー!?」

    引用元: 宮子「おなかすいた~…」QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」 




    【宮子「おなかすいた~…」QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆ag9TZfREZs 2016/04/23(土) 00:10:58.05 ID:P0C+HwBC0
    モバマス×地球特捜隊ダイバスターネタです

    キャラ崩壊注意





    2011年

    地球にやって来た知的生命体ドン・サウザンドリバー

    彼女からの質問に備え組織されたのが

    アイドル特捜隊デレマスターである



    第1話「走れ! デレマスター」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461337857

    引用元: 【デレマス】CGPアイドル特捜隊デレマスター 


     

      【【デレマス】CGPアイドル特捜隊デレマスター】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:13:30.79 ID:VE/8DhTs0


     あるひー

     ザァー・・・

    春香「うひー、すんごい雨だねー」ザー

    千早「このどしゃ降りの中を事務所まで行くのは大変ね」ザー

    響「でも自分、雨の日も嫌いじゃないぞー」ザー

    春香「あ、見て皆!虹だよ!」ザー

    響「ほんとだ!・・・でも雨が降ってる中なのに虹がかかるって変じゃないか?」ザー

    千早「あ・・・星が降ってくる」ザー

    春香「おー。一筋の流れ星だね」ザー

    響「なんだか不思議な感じさー」ザー

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401801210

    引用元: 春香「北欧の雷神」 



    【春香「北欧の雷神」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆BzR9q1.0ZQ 2016/04/19(火) 12:57:39.84 ID:810YFVYU0

    ごちうさ×ルパンのクロス作品です
    長文になると思うのでゆっくりご堪能ください

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461038259

    引用元: ルパン三世 木組みの街珍作戦 


     

      【ルパン三世 木組みの街珍作戦 (ごちうさ×ルパン)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 16:24:22.55 ID:5/6U12n40


    ヨシヒコ「今こそっ!!!!」


    ダンジョー「……」

    ムラサキ「……」

    メレブ「……ん? ん? アレ? また? ヨシ君が何か? 訳の解らない事~を~?」


    ムラサキ「もう放っといて行こうぜ~! またヨシヒコの病気だよ~!!」

    ダンジョー「ヨシヒコよ……まず、その、アイドル、アイドル? …………何だ?」


    ヨシヒコ「アイドルマスター、ワン、フォー、オール、ですっっ!!」


    メレブ「えっと……ヨシヒコよ? ダンジョーは、そも、それは、なんぞや? と言う事を聞きたいのだとおもうぞ?」


    ヨシヒコ「アイドルの育成ゲームです!!」


    ダンジョー「げーーーーむぅーーーーだぁ~~?」

    ムラサキ「ねぇ~~もう行こうぜぇ~」

    メレブ「待て、むねたいらよ、本日は日も落ち、魔物も活発になる時間」

    ムラサキ「おい、ほくろ、お前、今何て」

    ダンジョー「丁度、あそこに休めそうな所もある、そこでその…………何だっけ? ヨシヒコ」

    ムラサキ「オッサンは覚えな過ぎだろ」


    ヨシヒコ「アイドルマスター!! ワン!! フォー!! オール!! ですっっ!!!!」


    メレブ「解った、解ったからなヨシヒコよ、話はあそこの空き家でたっぷり聞こうぞ」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401866662

    引用元: 勇者ヨシヒコ「皆さんっっ!!アイドルマスターOFAをやりましょうっっっっ!!」 



    【勇者ヨシヒコ「皆さんっっ!!アイドルマスターOFAをやりましょうっっっっ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆5ecvV2FcBw 2013/01/16(水) 14:37:57.62 ID:/c/etSdX0
    グレンファイヤー(以下、グレン)「あ~かい地球に二つのいっのっち♪」

    ウルトラマンゼロ(以下、ゼロ)「何だよ今の」

    グレン「いや、場を和まそうと」

    ミラーナイト(以下、ミラー)「無理に和ませる必要はないでしょう」

    グレン「だってこれ!どうすんだよ!?」

    ゼロ「どうするったって……ほっとくわけにもいかねーだろ!?」

    ミラー「怪物に襲われているところを救った私たちは間違ってはいませんよ」

    ミラー「……たぶん」

    グレン「ミラちゃんよお!そんな不安にさせるようなこと言うんじゃねーよ!」

    ミラー「分かっていますよ!」

    ゼロ(ハァー……どうすっかなぁ……)



    シンジ「……」

    アスカ「……」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358314677

    引用元: ウルトラマンゼロ「お前たち自身で決めるんだ!」シンジ「……!」 



    【(エヴァ) ウルトラマンゼロ「お前たち自身で決めるんだ!」シンジ「……!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/14(日) 22:11:39.57 ID:daISRcm70
     律は目を覚ましてすぐに、驚愕の声を上げた。

    寝起きはそういい方では無いが、

    目に飛び込んでくる情景が脳を一気に覚醒させた。

    眠った場所と起きた場所が違えば、眠気など一瞬で飛ぶ。

    左足首に鉄の輪が嵌められていれば、尚の事だ。

     その鉄の輪は鎖に繋がっていた。

    鎖の先を目で追うと、床に打ち込まれた小さな鉄の輪を通っている。

    その鉄の輪には、有刺鉄線が幾重にも巻かれていた。

    律は鎖に沿って、更に目を先へと向けた。

    そこには、右足首を律同様に拘束されている澪の姿が映った。

    「澪っ」

     反射的に恋人の名を叫び、澪に駆け寄る。

    名前を呼んでも反応を返してこない澪に胸騒ぎを覚えたが、

    顔を覗きこんで安堵の息を漏らす。

    「眠ってるのか……」

     それでも一応、慎重に外傷の有無を確認する。

    怪我の無い事を確かめると、肩を揺さぶりながら叫んだ。

    「澪っ、澪っ、澪っ」

    「んっ?り、律ぅ?」

     澪は眠たげに目を擦り、覚醒し切っていない虚ろな目を向けてきた。

    「起きたか。大丈夫か?気分悪くないか?」

    「何言って……って、何っ?」

     澪は自分を取り巻く異様な状況に気付いたのか、頓狂な声を上げた。


    引用元: 紬「SAW」 







    【紬「SAW」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 19:10:27.50 ID:THbIJf8M0
    ひだまり荘

    セイバー「え……?」

    ゆの「あの、違います」

    セイバー「あ、いや、でも、そこの魔法陣は私を呼び出すための……」

    ゆの「あ、すいません!この本に書いてあった模様が気に入って、そのスケッチしてただけなんです」

    セイバー「スケッチ?」

    ゆの「はい。あ、これ私が書いた絵なんですけど」

    セイバー「……ふむ。なかなか味のある絵だ。なんとも温かみがあって、心を穏やかにしてくれる」

    ゆの「え?そ、そうですか?」

    セイバー「ああ。貴女はこのまま絵を描くべきでしょう。きっと良い絵師になれる」

    ゆの「あ、ありがとうございます!」

    セイバー「……で、聖杯戦争は?」

    ゆの「……はい?」

    引用元: セイバー「問おう。貴方が私のマスターか?」ゆの「違います」 




    【セイバー「問おう。貴方が私のマスターか?」ゆの「違います」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/05(金) 19:24:58.44 ID:5NrlOx7o0

    マミ「う・・・ううん」

    みゆき「大丈夫ですか?」

    マミ「はっ、だ、だれ?」

    みゆき「私たち、どうやらとじこめられてしまったみたいですね」

    マミ「な、なんでそんなことわかるのかしら?」

    みゆき「ほら、あそこにカンバンがあります」


    『いらない子決定戦 公式会場』

    マミ「いらない・・・子・・・?」

    みゆき「どうやら私たち、いらない子に選ばれてしまったみたいですね』


    引用元: マミ「いらない子決定戦!?」 




    【マミ「いらない子決定戦!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/17(日) 09:11:46.83 ID:ppldUf+P0
    ー四軒茶屋 武見診療所ー

    妙「緊急事態宣言を出すのはいいけど、いつまで続くのかしらねぇ?」

    三島「先の見通し立たないだけでかなり不安になっちゃいますよね」

    杏「皆で集まって遊びにも行けないしつまんないよね」

    三島「高巻さん友達いないんじゃ…」

    杏「何か言った?」

    三島「別に何も…」

    バンッ!!

    蓮「博士!大変です!ついに我々にも緊急の宣言が発令されてしまいました!」

    妙「博士って私のこと?」

    蓮「こちら側であのポジションを探した結果こうなりました」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589674306

    引用元: 【P5をかってに改蔵で】蓮「緊急"辞退"宣言です!」 



    【【P5をかってに改蔵で】蓮「緊急"辞退"宣言です!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/15(金) 19:47:34.27 ID:p85rDDC10
    巴マミ 見滝原病院/魔女の結界 20日前/15時30分00秒


    マミ 「(体が軽い…こんな幸せな気持ちで戦うなんて初めて。もう何も怖くない!)


    マミ 「お待たせ!」

    さやか「ああ、間に合った!」

    QB 「気をつけて、出てくるよ!」

    シャル「…」

    マミ 「せっかくのとこ悪いけど、一気に決めさせてもらうわよ!」

    パパパパパパパン!

    さやか「やったー!」

    マミ 「…ティロ・フィナーレ!」ドーン

    シャル「グオオオオオオオオオオオ」

    マミ 「えっ…」

    引用元: ほむら「……異界ジェノサイダー?」 



    【ほむら「……異界ジェノサイダー?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 20:59:34.57 ID:n72YyoSN0
    『フィギュアの祭典に四万人! コスプレにはまる理由…』

    まどか「………………………」

    マミ「どうしたの鹿目さん? 今日のケーキは美味しくなかったかしら」

    まどか「そういうわけじゃないんですけど!」

    さやか「だったらどうしたのさ」

    まどか「さっきのテレビに映ってたの、ほむらちゃんじゃないかな?」

    引用元: ほむら「このコスはリリカルなのはのフェイト・テスタロッサです!」 




    【ほむら「このコスはリリカルなのはのフェイト・テスタロッサです!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2011/04/07(木) 01:15:08.84 ID:t1NL+zIS0
    テレビ「ライディングデュエル!アクセラレーション!」



    イカ娘「このアニメ面白いでゲソ!私もデュエルしたいでゲソ!」

    栄子「遊戯王?………これ男の子がやるもんだぞ。」

    イカ娘「そんなの関係無いでゲソ!私もやりたいでゲソ!」
     

    引用元: イカ娘「デュエルしようじゃなイカ!」 



    【イカ娘「デュエルしようじゃなイカ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 19:31:11.68 ID:8jXM0isAP

    佐天「お、強気ですね~御坂さ~ん」

    御坂「だってラディッツって、サイバイマンと同じくらいなんでしょ?
       私の戦闘力って、多分2000くらいはあると思うわ」

    佐天「じゃあ試してみますか?」

    御坂「試すって?」

    佐天「実はあたし、昨日ついに能力が開花したんですよ~。
       『二次元世界(ドリームシアター)』っていって、
       漫画やアニメの世界に入れる能力なんです」

    御坂「へー、面白そう!」

    佐天「早速、ドラゴンボールの世界に行きましょう! それ~!」


      キュウウーンッ


    引用元: 御坂「私って、ラディッツくらいになら勝てそうな気がするわ」 



    【御坂「私って、ラディッツくらいになら勝てそうな気がするわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 『とある桃鉄の超電磁砲』 ◆k6VgDYkyGI 2011/07/31(日) 15:12:23.94 ID:9ktIPLeP0
    初春「御坂さん、白井さん、佐天さん、四人で桃鉄しませんか?」

    美琴「桃鉄?」

    初春「はい。この前、新しいのが出たので買ったんです」

    佐天「あ、いいね~。桃鉄って、たまにムショーにやりたくなるんだよね」

    黒子「そうですわね。いかがですか、お姉様?」

    美琴「そうだな~……、あたし、あんまりやり方知らないんだけど……」

    佐天「大丈夫ですよ、御坂さん。そんなに複雑なゲームじゃないですし」

    黒子「そうですわ。要はボードゲーム。サイコロを振って目的地に辿りつけば
        なんとかなる類の遊戯。お姉様なら簡単に慣れますの」

    美琴「そっか、じゃあやってみようかな」

    黒子(フヒヒヒヒヒ……計画通り……)

    引用元: 美琴「『桃太郎電鉄~学園都市編~』・・・?」 




    【美琴「『桃太郎電鉄~学園都市編~』・・・?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆LYNKFR8PTk 2020/05/13(水) 20:21:37.69 ID:HQ/juCTo0
    ガチャ

    なの「な、なんでしょうか?」

    コナー「やあ東雲なの!!」

    なの「!? ど、どうして私の名前を!?」

    コナー「君の事は知っている!!」

    コナー「君の……」













    コナー「背中についているネジを回収しにきた!!」

    なの「!!!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589368897

    引用元: コナー「開けろ!! 時定市警だ!!」東雲なの「は、はい!!」 



    【コナー「開けろ!! 時定市警だ!!」東雲なの「は、はい!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング