えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    女騎士

    2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 16:48:39.03 ID:AYvMdbTfo
    ――エンパイア帝国帝都
    ――地下牢

    隊長「貴様のような人間が檻の中に拘束されている姿は実に痛快だよ」

    隊長「まあ、こうやって拘束する為だけに貴様の全ての力を封じる国宝級アイテム「戒牢石の手錠」を使っているわけだから、笑ってもいられんが」

    女騎士「……それで、どうするつもりだ? 私に乱暴でも働くか?」

    隊長「安心しろ。野蛮な貴様の国ではどうか知らんが、我が国では貴様のようなゴミであっても罪人を不当に扱ったりはせん」

    隊長「後日、貴様は公正な裁判にかけられることになる」

    隊長「もっとも、判決は死刑に決まっているがな……何せ街一つを焼き尽くし、我が国の臣民を大勢虐殺したのだからな」

    女騎士「……っ! 私はそんなこと……!」

    隊長「残念だが『証拠』は山ほどある……貴様の有罪を証明するに十分な証拠がなァ!」

    女騎士「……っ」

    隊長「せいぜい残り僅かの余生を死の恐怖に怯えながら過ごすがいい」

    隊長「くくくく……ハーハッハッハッハッハ!」

    女騎士「貴様……!」

    引用元: 帝国軍隊長「クククッ、いい格好だなァ」 女騎士「……くっ」 



    33歳独身女騎士隊長。 (フレックスコミックス)
    天原
    フレックスコミックス
    売り上げランキング: 365
    【帝国軍隊長「クククッ、いい格好だなァ」 女騎士「……くっ」】の続きを読む

    1: ◆G/Y.1bBK8M 2018/11/01(木) 17:36:23.15 ID:ZI+EmP4V0
    立ち食い蕎麦・オーク軒


    女立喰師「ケツネコロッケ、うどんで」

    オーク店主「間違いない…、奴はプロだ…!」

    オーク妻「あんた…」

    引用元: 女立喰師「くっ、殺ッケ!」オーク「間違いない…、奴はプロだ…!」 


    33歳独身女騎士隊長。 (フレックスコミックス)
    天原
    フレックスコミックス
    売り上げランキング: 1,327
    【女立喰師「くっ、殺ッケ!」オーク「間違いない…、奴はプロだ…!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/01(月) 21:41:21 ID:7MKynbRE
    女騎士「未来から来た」

    引用元: 女騎士「私は十年後のお前だ」 



    33歳独身女騎士隊長。 (フレックスコミックス)
    天原
    フレックスコミックス
    売り上げランキング: 2,184
    【女騎士「私は十年後のお前だ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/17(木) 14:00:08 ID:xQg3swwI
    女騎士「あ、あんまりにもおまえの部屋が汚ないから、掃除しないと我慢ならなかったのだ!」

    女騎士「と、当然だろう!?こんな汚ない部屋……きちんと整理整頓しろばかものっ!」

    女騎士「え……?しゃ、シャツ?」

    女騎士「あ、ああ、まずはこれから畳もうと思ってだな、うん……」

    女騎士「なっ!に、においなんか嗅いでない!何を言っているのだ!」

    女騎士「嗅いでないったら嗅いでない!おまえの見間違いだ!絶対にそうだ!」 




    女騎士さん、ジャスコ行こうよ4<女騎士さん、ジャスコ行こうよ> (MF文庫J)
    KADOKAWA / メディアファクトリー (2015-10-25)
    売り上げランキング: 3,804
    【女騎士「なっ!ち、違う!これは違うぞ!」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 20:00:01 ID:nSJLe3Cg
    オークA「…知らない内に本当に酷い事になってる」

    オークB「へぇ…」

    オークA「…」

    オークB「…」

    オークA「…さっき、森で人間にあったんだよ」

    オークB「ほぉ…」

    オークA「道に迷ったみたいだっから、少し不憫に感じてさ…」

    オークA「声かけようと思って、近付いたんだよ…」

    オークB「ほいで?」 


    転載元:オークA「我々に対する人間の扱いが酷い」
     

    【オークA「我々に対する人間の扱いが酷い」】の続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:52:22.637 ID:KTGSw5ix0NIKU.net
    姫騎士「なんという屈辱っ…!」

    引用元: 姫騎士「くっ、>>4に捕らわれてしまいましたわ…!」 



    姫騎士がクラスメート! THE COMIC2 (ヴァルキリーコミックス)
    キルタイムコミュニケーション (2018-03-28)
    売り上げランキング: 2,168
    【姫騎士「くっ、>>4に捕らわれてしまいましたわ…!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/27(土) 16:50:03 ID:Nzm7Vk0U
    オーク「毎度おなじみ女騎士交換でございます」

    引用元: オーク「女騎士交換でございます」 



    俺んちに来た女騎士と 田舎暮らしすることになった件
    裂田
    宝島社
    売り上げランキング: 142,125
    【オーク「女騎士交換でございます」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 01:40:18 ID:plue.wPM
    精霊「どう?」

    女騎士「……いらないよ」

    精霊「何で?」

    女騎士「何でって言われても……」

    精霊「……剣が喋るんだよ?珍しいよ?」

    女騎士「珍しい?」

    精霊「そう!珍しい!この世に一本しか無いし!」

    女騎士「ほう!」

    精霊「凄いだろ?欲しいだろ?だから貰ってよ!」

    女騎士「うん!いらない!」

    精霊「………」 


    ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)
    ヤマグチノボル
    KADOKAWA (2017-02-25)
    売り上げランキング: 91,122
    【精霊「喋る剣……欲しい?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:07:34.92 ID:qNmPIHDn0
    騎士団長「こんなところに洞窟があったとは……」

    女騎士「団長、よろしければ私が調査して参りましょうか?」

    騎士団長「一人で大丈夫か?」

    女騎士「はい、狭そうな洞窟ですし、大人数ではかえって危険かと」

    騎士団長「たしかにそうだな。分かった、調査してきてくれ」

    騎士団長「ただし、くれぐれも無理はしないように」

    女騎士「はっ!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531555654

    引用元: 女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」 



    女騎士、経理になる。 (7) (バーズコミックス)
    三ツ矢 彰 Rootport
    幻冬舎コミックス (2018-03-24)
    売り上げランキング: 82,343
    【女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」】の続きを読む

    1: ◆8PvrU9Ob/. 2018/07/08(日) 17:36:11.69 ID:wh4JBXu80
    オーク族が暮らす村に、不幸な一家がありました。

    父親であるオークは姫騎士と関わり、私を殺せとせがまれ続けてノイローゼにかかり、床に臥せるようになりました。

    母親はその看病をしながらも、「人間の女に唆されたダメな亭主」として周囲のオークに詰られる日々です。

    一人息子であるオークは、そんな親を見ながら育ち、人間に、とりわけ姫騎士という存在には決して近づかないように決めたのでした。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531038971

    引用元: オーク「もう姫騎士と関わらないようにしよう」 



    【オーク「もう姫騎士と関わらないようにしよう」】の続きを読む

    1: ◆abOm3V2QdA 2018/06/25(月) 19:06:28.66 ID:pB/SibNe0
    オーク「ちょっと待ってなすぐに揚げちまうから」

    姫騎士「…っ」

    姫騎士(また、やってしまったわ)

    姫騎士(誇り高き姫騎士であるはずの私が、オークの料理を求めるようになるなんてっ)

    姫騎士(あの時、下山中に嵐に会い、部隊の混乱で仲間と逸れ、疲労で朦朧としながら彷徨っていたところをコイツに見つかりさいしなきゃ)

    姫騎士(あの時、コイツに看病さえされなけば。あの時、あのポトフを食べさえしなけば!)

    姫騎士(私は生まれてきてから家畜の肉を食べてこなかった。家畜の肉を食べると肉体と精神が歪むという王族専属の術師の占いを聞かされたから)

    姫騎士(その占いのもと生きてきた私が、疲弊していたからしかたがなかったとはいえ家畜の肉を食べてしまうなんて)

    姫騎士(初めて食べた家畜の味に私の肉体は震え、頭の中は白色へと染め上げられた)

    姫騎士(それからというもの、私はおかしくなってしまった。きっと家畜の肉に身も心も穢されてしまったからだわ)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529921188

    引用元: 姫騎士「くっ、コロッケ!」オーク「はいよ」 



    姫騎士さんとオーク 3 (ヴァルキリーコミックス)
    BLZ
    キルタイムコミュニケーション (2018-05-29)
    売り上げランキング: 82,418
    【姫騎士「くっ、コロッケ!」オーク「はいよ」】の続きを読む

    3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/26(日) 18:06:57 ID:Qpoz3yZ6

    魔王「久しぶりだな」

    女騎士「なんであんたが魔王なのよ!」

    魔王「俺にもいろいろあったんだ」

    女騎士「あんたが相手でも手加減しないから」

    魔王「まぁ まてや 久しぶりに再会を果たしたんだ
       いろいろ話そうや お前の見てきたもの・・・・・昔のこととかな」 


    女騎士、経理になる。 (7) (バーズコミックス)
    三ツ矢 彰 Rootport
    幻冬舎コミックス (2018-03-24)
    売り上げランキング: 31,523
    【魔王「俺を忘れたのか?」女騎士「あんたは・・・」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/04(水) 13:31:58.832 ID:R9BiHiNEd.net
    -5年前オークの集落-

    オーク父「おい、ちょっと川まで行って水を汲んできてくれ」

    オーク「……わかった」

    オーク父「人間に見つかるなよ、あいつらは俺たちが人間を襲うとか犯すとか思い込んでるからな」

    オーク「わかってる」

    オーク父「お前明日10才の誕生日だよな?帰ってきたらいいもの見せてやるよ」

    オーク「なんだよ?」

    オーク父「帰ってきたら、な」

    オーク「ふうん」

    引用元: 女騎士「くっ殺せ」 オーク「ああ、任せろ」 


    無双系女騎士、なのでくっころは無い2 (GAノベル)
    SBクリエイティブ (2018-05-17)
    売り上げランキング: 2,891
    【女騎士「くっ殺せ」 オーク「ああ、任せろ」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/26(月) 21:00:03.724 ID:RmcBLrX80.net
    <城下町>

    女騎士「オーク、今日は鍛錬に付き合ってくれてありがとう」

    女騎士「騎士団には剣技に長ける者は多いが、お前ほどのパワーを持つ者はいないからな」

    オーク「ブヒヒ、オレでよかったらいつでも付き合ってやるよ」





    王子「おや……なかなかの美人だ。今日はあの女騎士にするとしよう」

    引用元: オーク「女騎士を助けに行くぜ!」スライム「ボクも行く!」触手「手伝おう」山賊「ワシも!」ゴブリン「私も」 




    無双系女騎士、なのでくっころは無い2 (GAノベル)
    赤木 一広
    SBクリエイティブ
    売り上げランキング: 11,976
    【オーク「女騎士を助けに行くぜ!」スライム「ボクも行く!」触手「手伝おう」山賊「ワシも!」ゴブリン「私も」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/09(日) 21:20:11.94 ID:sLRo2Cwf0.net
    オーク「よし、たまにはいいこと……具体的には>>3でもするかな」

    引用元: オーク「いいオークの日か……」 


    【オーク「いいオークの日か……」 (安価)】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/20(月) 21:23:10.80 ID:AsvBX6qw0.net
    女騎士「食事をする場所と聞いて丸腰で来たのに、刃物を持って待ち構えているとは……」

    板前「そうですよ。私は料理をするためにここにいるんです」

    女騎士「私を料理するつもりか……! この下衆めが!」

    板前「そんなつもりはないですけど……」

    女騎士「辱めを受けるなど耐えられん! さっさと殺すがいい!」

    板前「>>5

    引用元: 女騎士「くっ……! 殺せ」 板前「はぁ?」 



    女騎士、経理になる。  (7) (バーズコミックス)
    三ツ矢 彰 Rootport
    幻冬舎コミックス (2018-03-24)
    売り上げランキング: 21,238
    【女騎士「くっ……! 殺せ」 板前「はぁ?」 (安価)】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/27(土) 01:24:09.69 ID:iBrl+yJq0.net
    俺「早速>>3をいたすでござるwww」

    引用元: 俺「女騎士を捕えたでござるよwww」 女騎士「くっ…!」 



    女騎士、経理になる。 (7) (バーズコミックス)
    幻冬舎コミックス (2018-03-24)
    売り上げランキング: 871
    【俺「女騎士を捕えたでござるよwww」 女騎士「くっ…!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 21:30:24.97 ID:huAredj00
    酒場だよ

    女騎士「いや、なんかな、最近幼女が冷たいんだよ」

    オーク「はあ……」

    女騎士「最近、なんだか幼女の機嫌が悪い気がしないか?」

    オーク「うーん、俺には普通に見えますけど」

    女騎士「もしかして反抗期か!?」

    オーク「反抗期にはまだ少し早いでしょう……」

    女騎士「じゃあ、いったい何が原因なんだ……」

    引用元: 女騎士「幼女に嫌われてしまったかもしれない」オーク「はい?」 



    【女騎士「幼女に嫌われてしまったかもしれない」オーク「はい?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 21:44:13.45 ID:J87uxY+h0
    第一話『女騎士、飛ぶ』



    ~ 警備兵詰所 ~

    女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」

    オーク「まったくだ」

    オーク「……そういや、さっき青年が差し入れに持ってきたオヤツがあったな。
        あれでも食おうかな」

    女騎士「オヤツだと? 私もいただこう」

    オーク「オイオイ、大丈夫か?」

    女騎士「むろんだ! あとで食べた分運動すれば、太ることはない!」

    オーク「グフフッ、オレは『太るぞ?』とは一言もいってないぜ?」

    女騎士「キサマッ……」ギリッ…

    オーク「そう睨むなよ。小麦粉揚げたのに、砂糖まぶしたスナック菓子だ。
        雑談のお供にゃピッタリだ」ガサガサ…

    引用元: 女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」オーク「まったくだ」 



    女騎士、経理になる。  (7) (バーズコミックス)
    三ツ矢 彰 Rootport
    幻冬舎コミックス (2018-03-24)
    売り上げランキング: 8,786
    【女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」オーク「まったくだ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 20:19:49.05 ID:VeBKOBfl0
    < 剣士の家 >

    妻「どう、美味しい~?」

    剣士「ウマい! 君の料理は最高だよ! 俺は幸せものだ!」モグモグ…

    妻「よかったわぁ~」

    妻「ところであなた、今日はどんなお仕事なの?」

    剣士「西の山にいる山賊団の掃討だよ!」

    剣士「ま、いつものように大活躍してみせるから、期待しててくれよ!」

    妻「絶対に無理はしないでね? 命が一番大事なんだから……」

    剣士「分かってるって!」

    剣士「といっても、俺にとって一番大事なのは君だけどな!」

    妻「まぁ……あなたったら……」

    引用元: 剣士「俺は妻のところに行く!」女騎士「行くなぁぁぁ!」 



    無双系女騎士、なのでくっころは無い (GAノベル)
    赤木 一広
    SBクリエイティブ
    売り上げランキング: 258,374
    【剣士「俺は妻のところに行く!」女騎士「行くなぁぁぁ!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/24(水) 01:12:36.35 ID:Kh/oK5uJ0
    地下室──

    女騎士「今日からここが、貴様の寝床だ」ブンッ

    騎士「はうわっ!」ドサッ

    騎士「ああ……あああ……たまりません……」

    女騎士「さて、貴様の国の軍事について知ってることを洗いざらい吐いてもらう」

    騎士「俺は仲間は売らん」キリッ

    女騎士「そうか、ならば仕方ない」

    女騎士「捕虜は丁重に扱うべしなどという法もあるが」

    女騎士「あんなもの、律儀に守る兵などいない」

    女騎士「拷問してやる!」

    騎士「お願いいたします!」

    引用元: 女騎士「拷問してやる!」騎士「お願いいたします!」 


    無双系女騎士、なのでくっころは無い (GAノベル)
    赤木 一広
    SBクリエイティブ
    売り上げランキング: 44,695
    【女騎士「拷問してやる!」騎士「お願いいたします!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 02:19:29.72 ID:poEcTLnY0
    女騎士「帝都や皇女様はどうなってもいいから私には手を出すな!!」

    引用元: 女騎士「いやだ!死にたくない、仲間の居場所でも何でも話すから!」 



    無双系女騎士、なのでくっころは無い (GAノベル)
    赤木 一広
    SBクリエイティブ
    売り上げランキング: 89,623
    【女騎士「いやだ!死にたくない、仲間の居場所でも何でも話すから!」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 17:55:39.34 ID:wsvkiP7l0

    遠い昔、異国の彼方の小さな村で顔の右半分が焼け爛れた女騎士がいた―

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392108939

    引用元: 女騎士「私がオークの娘?!ふざけないで!」 



    女騎士、経理になる。 (6) (バーズコミックス)
    幻冬舎コミックス (2017-11-24)
    売り上げランキング: 2,982
    【女騎士「私がオークの娘?!ふざけないで!」】の続きを読む

    1: ◆m2ofvJWBhA 2017/10/13(金) 11:40:33.15 ID:ED2OMoRqo
    悟空「そんなことよりここどこだ?」

    女騎士「(人間だと!?)助けっ……」

    女騎士「……。(いやしかしこの砦は魔の森の霧深き場所だ。王国の強者でも容易に来れないハズ…だから私は人質のように連れ去られたのだった……つまりこやつは)」

    悟空「なぁーって。」

    女騎士「(醜きオーク共め。人間の姿を真似る魔術で私を追い詰めるつもりか!そうはさせるか)」

    女騎士「私はお前らなんぞに…屈っしはしないぞっ!」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507862432

    引用元: 女騎士「くっ……殺せっ!」悟空「なに言ってんだおめぇ。」 





    【女騎士「くっ……殺せっ!」悟空「なに言ってんだおめぇ。」】の続きを読む

    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/12(土) 19:13:07.76 ID:+UMJIFc20
    魔女「ほうら、大人しく横になりなさい?」

    女騎士「くぅ……! 負けん! こんなフカフカのベッドなんかに私は……」

    魔女「はい、お行儀よくしましょうね~?」

    女騎士「フカフカの枕になんかぁー!」

    魔女「ちゃんと肩までお布団かけないと駄目よ」

    女騎士「……お布団いいにおいするぅ……」

    魔女「ほら、目を閉じて?」

    女騎士「くっ、勝手に瞼が落ちて……!? どういうことなんだ……!」

    魔女「さ、ご本を読んであげましょうねぇ」

    女騎士「駄目だ、身体が……!? なんて恐ろしい魔法なんだ……。だが私は決して負けない! 魔女の思い通りになど、騎士の誇りにかけても絶対に――」

    魔女「むかーしむかし、あるところに……」

    女騎士「……スヤァ」

    魔女「あらあら」

    引用元: 魔女「お眠りなさい、安らかに――」 女騎士「くっ、やめろ……!」 



    魔女と百騎兵2 - PS4
    魔女と百騎兵2 - PS4
    posted with amazlet at 17.08.30
    日本一ソフトウェア (2017-02-23)
    売り上げランキング: 1,384
    【魔女「お眠りなさい、安らかに――」 女騎士「くっ、やめろ……!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 15:33:24.63 ID:Hib04iiXP
    女騎士「あなたこそ私が仕えるべき人です!」

    魔王「なぜ俺が?」

    女騎士「さきほどの一件、拝見させていただきました」

    魔王「何の話だ」

    女騎士「十人余りの男に絡まれる町娘をただ一人颯爽と助け出した貴方こそ、私が仕えるべき主なのです!」

    魔王「あれはあいつらが道を塞いでいたから退かしただけで」

    女騎士「謙遜なさる必要などありません! そう、騎士が仕えるべき主とは斯くあるべきというその姿を体現した貴方こそが――」 ウンヌン

    魔王(こいつ、話が通じない人種だな)

    引用元: 女騎士「ついに仕えるべき主を見つけました!」 魔王「はっ?」 



    女騎士、経理になる。 (5) (バーズコミックス)
    幻冬舎コミックス (2017-06-24)
    売り上げランキング: 162
    【女騎士「ついに仕えるべき主を見つけました!」 魔王「はっ?」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/24(月) 21:31:48.459 ID:z/8w2V940.net
    女騎士「うーむ……」

    オーク「どうした?」

    女騎士「実は訓練中、騎士団長にこういわれたのだ」


    騎士団長『女騎士、お前はセンスはいいのだが、どうも太刀筋が固い』

    騎士団長『もっとリラックスするようにしろ』


    女騎士「――とな」

    女騎士「しかし、リラックスといわれてもどうすればいいのやら」

    オーク「リラックスか……。だったら快活クラブ行こうぜ!」

    女騎士「……快感クラブだと!?」

    引用元: オーク「快活クラブ行こうぜ!」女騎士「快感クラブだと!?」 


     

    オークが女騎士を育成してみた 1 (ヤングジャンプコミックス)
    くま
    集英社 (2017-03-17)
    売り上げランキング: 20,736
    【オーク「快活クラブ行こうぜ!」女騎士「快感クラブだと!?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/25(水) 22:40:47 ID:YhTsikp.
    11月――

    毎年この時期、オークの畜産農家は大忙しとなる。
    「ボジョレー・オーク」の出荷・販売が解禁されるためである。



    ボジョレー・オークとはオーク売買法によって定められた
    「最低売買年齢」である15歳を迎えたばかりの若いオークを指す。



    通常、市場に出回るオークは18歳以上のものがほとんどなのだが、
    年に一度、その年のオークの仕上がりを見るための試金石のような役割で、
    まだ若いボジョレー・オークの出荷が行われるのだ。

    引用元: 女騎士「ボジョレー・オーク解禁」 

     

    【女騎士「ボジョレー・オーク解禁」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/24(月) 21:40:46 ID:vX3KLANA
    女騎士「あっ、殺せ!」





    男「オークさん、これはいかがでしょう」

    オーク「これは、いわゆる“思い出し殺せ”というやつです」

    オーク「なにか吐いてはいけない情報を思い出してしまったのでしょう」

    男「つまり、『あっ(重要な情報を思い出しちゃったから)殺せ』というわけですか」

    オーク「そのとおりです」

    引用元: 女騎士「あっ、殺せ!」 

     

    女騎士さまは屈しない! (IDコミックス REXコミックス)
    志真
    一迅社 (2015-06-27)
    売り上げランキング: 19,893
    【女騎士「あっ、殺せ!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/27(月) 23:01:37 ID:/VUxCDFM
    ~ これまでのあらすじ ~



    突如、王国に攻め込んできた凶暴な魔物、オーク。

    騎士団の奮闘により、かろうじてこれを撃退するが、
    オークはさらに強力な仲間が再びやってくると言い残し、息絶える。

    今のままでは次の襲撃を防げないと悟った騎士団の面々は、それぞれ修行を開始する。

    騎士団の紅一点である女騎士も戦いの道を選び、魔族クッコロに弟子入りするのだった。



    それからおよそ半年後、ついに戦いの時が訪れた。

    数匹のスライムを引き連れ、二体のオークが攻め込んできたのである。

    引用元: 女騎士「クッコロさん!」 

     

    女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)
    伊藤 ヒロ
    KADOKAWA/メディアファクトリー (2014-09-24)
    売り上げランキング: 248,499
    【女騎士「クッコロさん!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング