えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    まどか☆マギカ

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 18:21:35.20 ID:fDNS9gbs0
    円環の理

    まどか「さやかちゃーん!」

    さやか「おお!神様!どうした?」

    まどか「もう!その言い方はやめてっていったよね?」

    さやか「あはは!ゴメンゴメン!で?何?」

    まどか「実は……今日一日だけさやかちゃんが現世に戻れる事になりました!」

    さやか「へー、そーなんだー」






    さやか「……な、なんだってー!?」

    引用元: さやか「星に願いを」 

     

    【さやか「星に願いを」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 15:37:47.07 ID:OUzIuuYL0
    ほむら「いっそのこと自分の欲望に忠実になって、まどかに嫌われてみようかしら」

    ほむら「どうせひと月経てば、砂時計をひっくり返せばいい」

    ほむら「これは別に、ほむ得というわけじゃなく、まどかのためなのよ」

    QB「君はあの魔女を見て何も感じないのかい?」

    ほむら「お生憎さま、私の戦場はここじゃないのよ」

    QB「逃げるのかい? あの魔女はこの星を確実に滅ぼすだろう、逃げ場なんて――」

    ほむら「あなたってほんとバカ」

    引用元: ほむら「まどかに嫌われてみようかしら」 

     

    【ほむら「まどかに嫌われてみようかしら」】の続きを読む

    2: 代行サンクス 2011/05/20(金) 19:39:05.34 ID:xYaDWycA0
    私の名前は暁美ほむら。
    この4月から見滝原中学校に転校する2年生。

     4月23日
      昼
       ほむらの部屋
      
    ほむら「……登校は25日からね」

    ほむら(勉強、ついていけるかしら)ドキドキ

    ほむら(ずっと病院で寝てたし、体育も心配ね)ドキドキ

    ほむら(友達…は)

    ほむら(いなくてもいいわ、1人のほうが気楽だもの)

    ほむら(前の学校でもお見舞いに来てくれる人なんていなかったもの)

    引用元: ほむら「メモリーズウィズユー」 

     

    【ほむら「メモリーズウィズユー」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 00:35:20.86 ID:dTPiuG0Wo
    改編後の小話です

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436456110

    引用元: ほむら「告別」 

     

    【ほむら「告別」】の続きを読む

    2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 11:56:48.28 ID:1DNjzpx00


    さやかは激怒した。必ず、邪知暴虐の悪魔を除かねばならぬと決意した。

    さやかにはほむらの気持ちなどわからぬ。

    しかしさやかはキュゥべえと契約した魔法少女である。かつて円環の理に導かれ、そこで緩やかに時を過ごしていた。

    ゆえに、邪悪に対しては、人一倍敏感であった。



    引用元: 走れさやか 


    【走れさやか】の続きを読む


    ほむら「さあ、すべてを救いましょうか」 前編

    371: ◆Kgl9AS7R4o 2013/06/27(木) 02:25:19.46 ID:vPkJZ8bEo
    マミ「だったらお望み通りに」

    マミがほむらに向けて一気に距離を詰める。遠距離戦では勝ち目は薄いと感じたのであろう。

    ほむらは余裕を持って躱しながら答える。

    ほむら「私が喧嘩に憧れた頃にはもう私の敵はいなかったのよ」

    ほむら「だからいつも私の不戦勝、敵なんていないんだから戦いが始まると同時に勝っちゃうのよね」

    マミの体から黄色の魔力が溢れ、マミの速度が上がった。

    マミ「そんな上っ面な言葉が聞きたいんじゃないのよ」

    マミ「だって!敵なんていなかったら、そんなに頑張る必要なんてないじゃない」

    ほむらは一瞬返答に詰まったが、マミの攻撃を右に左に避けながら続ける。

    ほむら「そうね、敵が強大すぎるから未だ挑めていないけどそれもあと数日の辛抱よ」

    マミがリボンを呼び出し、人形のような形に姿を変えると自動的に動き出す。

    ほむら「自立起動の魂を召喚したのね、やるじゃない」

    ほむら「でも、それは私の生み出した魔法よ?だったら対処は簡単なのよ」

    マミは複雑そうな顔を浮かべる、

    マミ「これは私の為に用意していた魔法なのでしょう?だったら使いこなすのは簡単なのよ」

    ほむらはかつてみんなに合っている魔法の開発も行なってきた。

    終ぞ教えることはなかったが、こんなところで役に立つとは思わなかっただろう。

    ほむらの元へ複数の人形、それに混じってマミが肉薄する。

    ほむら「距離を取らない戦法はよくできているわ」

    ほむら「私が得意とするのは遠距離戦だものね…」

    ほむらはすべての攻撃を紙一重で躱しながら、

    ほむら「でも近距離ができないわけではないの」

    ほむらは遂に迎撃の体制に入ったのか、槍を取り出す。

    その槍は杏子と共に戦った時に用いた物である。

    マミ「また人の物をかってに使うつもり?」

    マミ「人の物じゃ私に届かないわよ」

    マミのリボン人形がほむらの取り出した槍に取り付く

    マミ「弾けなさい!ボンバルダンド!」

    爆発の言霊と共に、リボンの人形が槍を取り込み破裂する。

    引用元: ほむら「さあ、すべてを救いましょうか」 

     

    魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
    グッドスマイルカンパニー (2012-03-22)
    売り上げランキング: 8,692
    【ほむら「さあ、すべてを救いましょうか」 後編】の続きを読む

    1: ◆1RDL7sAp9k 2013/05/16(木) 03:06:40.93 ID:XCENPMHso
    注意

    このSSには以下の成分が含まれております。苦手な方はご注意ください。

    ・ほむらがループを重ね最強の存在になってTUEEEEEします。その関係でほむらが少し厨二病を患ってます。

    ・独自解釈、独自展開、超展開、ご都合主義があります。

    ・本編とオリコのキャラが出てきます。

    ・地の文あり

    注意点は以上になりますよろしくお願いします。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368641200

    引用元: ほむら「さあ、すべてを救いましょうか」 

     

    【ほむら「さあ、すべてを救いましょうか」 前編】の続きを読む

    2: ◆LeM7Ja3gH2ba 2014/03/12(水) 21:36:03.17 ID:FuxSu5/ao
    杏子「……ん?」

    夜、自分の部屋で、魔法少女・佐倉杏子は突如虚空を見つめた。

    まるでその先に誰かが居るかのように。

    この部屋には、彼女しか居ないはずなのに。

    杏子「……な、なんだと?
    ──あ……いや、そうか……」

    そのまましばらく訝しげな顔をすると、彼女は唇を噛み締めてうつむく。

    杏子「うん……そう、だな。
    わかった、確かにその通りだ。どこまで出来るかわからねえが、やってみるよ」

    そして、杏子は決意の表情でそう言った。

    引用元: 杏子「そして……叛逆の物語」 




    【杏子「そして……叛逆の物語」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/11(土) 20:18:34.82 ID:flz/a+mq0
    恭介「さやかは、僕を苛めてるのかい」

    さやか「えっ」

    唐突だった。

    恭介が何を言い出したのか自分でも処理できていない。

    苛めてるって、なに。

    恭介「なんで今でも僕に音楽なんか聴かせるんだ。嫌がらせのつもりなのか」

    あたしが、恭介を苛めてる?

    音楽は恭介の全てだった。

    ずっと大好きだったものだから、いつかまたバイオリンが弾けるようになったら、すぐ感覚を思い出せるように。

    そのためによくCDを買っては、お見舞いに来て渡していた。

    恭介のために出来ることが、あたしにはそれくらいしかなかったから。

    さやか「あたしはただ恭介が――」

    恭介「もう聞きたくなんてないんだよ!自分で弾けもしない曲をただ聴いてるだけなんて!」

    僕は、と叫んで恭介は、音を鳴らし続けていたCDプレーヤーを左腕で叩き付けた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368271114

    引用元: さやか「あたしが僕で僕があたしで」 

     

    【さやか「あたしが僕で僕があたしで」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 00:34:30 ID:ZqCUrix6
    委員長「きりーつ」

    「「「「ありがとうございました」」」」

    クラスメイツ1「やっとご飯かー」

    2「お腹すいたねー」

    ハラヘッタ- ソダネ- セヤナ-

    マミ「……」スタスタ

    3「見たかよ、またあいつ便所飯だよ」

    4「誘ってみるー?ww」

    5「やめとけって、自殺とかされたらたまんねーぞ?ww」

    4「怖いこと言わないでよー……もー」

    ギャハハハハハハハハハ 


    巴マミの平凡な日常 (5) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
    原案:Magica Quartet 漫画:あらたまい
    芳文社 (2018-05-11)
    売り上げランキング: 14,369
    【マミ「爆ぜろリアル!はじけろシナプス!」 (安価)】の続きを読む


    前回 まどか「世界を縮めたい」【スクライド×まどか☆マギカ】 前編

    314: ◆do4ng07cO. 2014/04/26(土) 01:47:48.16 ID:kvPPAARi0
    マミ『聞こえる!?佐倉さん!』

    杏子『ああ!あんたは大丈夫か!?』

    マミ『ええ。私のことはいいから、あなたは二人を守ってあげて!』

    杏子『...わかった』

    杏子「おい、今すぐ結界からでるぞ」

    狼狽えるまどかと仁美を抱え、杏子は出口を探して駆け出そうとする。

    その背後から迫るキリカの爪。

    その爪を、クーガーが蹴りあげくいとめる。

    引用元: まどか「世界を縮めたい」【スクライド×まどか☆マギカ】 




    スクライド Blu-ray BOX
    スクライド Blu-ray BOX
    posted with amazlet at 18.10.26
    バンダイビジュアル (2011-10-26)
    売り上げランキング: 44,452
    【まどか「世界を縮めたい」【スクライド×まどか☆マギカ】後編】の続きを読む

    2: ◆do4ng07cO. 2014/03/10(月) 02:13:52.93 ID:A0SFk9G+0

    QB「―――これで、契約は完了だ」

    織莉子「ぅあ、あ、ああ......」

    QB「どうかしたのかい?」

    織莉子(いけない、彼らを解き放ってはいけない。彼らはこの世界を崩壊へと導く!)

    QB「顔が真っ青だよ。具合でも悪いのかい?」

    織莉子(どうすれば阻止できる!?)



    織莉子(最強の魔女と...サングラスの男...!)

    引用元: まどか「世界を縮めたい」【スクライド×まどか☆マギカ】 




    魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
    アニプレックス (2013-12-25)
    売り上げランキング: 2,891
    【まどか「世界を縮めたい」【スクライド×まどか☆マギカ】 前編】の続きを読む


    ほむら「幸せに満ち足りた、世界」(まど☆マギ×禁書) 前編 


    248: 幸福咲乱 ◆5sHeUtvTRc 2015/03/13(金) 03:36:33.84 ID:gqzaQKCs0

    「ほむらちゃん」
    「何かしら?」
    「ほむらちゃん、やっぱり綺麗だねその髪」
    「ありがとう」

    シャワーを浴びていたほむらが、浴槽からまどかにそう声を掛けられ素直に礼を言う。

    「羨ましいなぁ、私の髪、なかなか決まらなくて」
    「とても可愛いわよ、まどかの髪」
    「うー、ほむらちゃんのその大人っぽい長い黒髪が羨ましいんだけどなー」

    ぶーたれるまどかを、ほむらは微笑んで受け流す。

    「まどかがいて、あのパワフルなお母様がいて達人のお父様師匠がいて、
    それに可愛い弟さんがいてまどかがいる」

    一度交代して、湯に浸かりながらほむらが言う。

    「んー、タツヤも末っ子で可愛がってもらって、
    昔は私ちょっと拗ねちゃってたみたいだけど。
    今はそんな事ないよ。
    でも、そう言われるとなんか私って特徴無いって言うか」

    「そんな事、どうでもいいわ」
    「いいのかなぁ」

    「ええ、まどかはまどかだから、そんなみんなに愛される素質があるの。
    言語化したら齟齬が生じる、論理的に簡単に説明できる概念じゃないけど、
    まどかはそういうものを持ってるって、私はそう思う。
    私だけじゃないわ。美樹さやかを見なさい。それに、巴マミ、佐倉杏子だって。
    外から改めて割り込んだらよく分かる、まどかがそういう娘なんだって」

    「ウェヒヒヒ、なんか照れ臭いけど、有り難う」

    髪の毛を洗っていたまどかが苦笑いと共に礼を述べる。

    引用元: ほむら「幸せに満ち足りた、世界」(まど☆マギ×禁書) 

    【ほむら「幸せに満ち足りた、世界」(まど☆マギ×禁書) 後編】の続きを読む

    1: 暗黒史作者 ◆FPyFXa6O.Q 2014/12/25(木) 03:53:38.71 ID:DNXgJeXe0
    本作は

    「魔法少女まどか☆マギカ」



    「とある魔術の禁書目録」

    及びその外伝のクロスオーバー作品です。

    二次創作的アレンジ、と言う名の
    ご都合主義、読解力不足が散見されそうな
    予感の下で、

    とにもかくにもスタートです。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419447208

    引用元: ほむら「幸せに満ち足りた、世界」(まど☆マギ×禁書) 

     

    【ほむら「幸せに満ち足りた、世界」(まど☆マギ×禁書) 前編】の続きを読む

    1 :羊 ◆ty.8YUvS8Q 2015/06/11(木) 01:32:20.11 ID:88+n56EkO
    これは魔法少女まどか☆マギカと地獄少女のクロスssです。
    初のssということでお目汚しになると思いますが、少しでも楽しんで頂けたら幸です。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433953940 

    転載元:ほむら「地獄少女?」

    【ほむら「地獄少女?」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 16:11:22.98 ID:/yzowarAO
    時間軸の移動が完了し、ゆっくりと目を開く

    長いループの内に何時しかぼやけた視界の感覚の方に戸惑う様になっていたが、直ぐに視力を治し視界をクリアにする

    ほむら(また、か)

    また救えなかった

    やり直せばいいとは言っても、救えなかったという事実は覆らない


    不意に、何かに引かれる様にいつもの眼鏡を取ろうと机の上を見れば、そこには黒渕の眼鏡があった


    ほむら(黒?まあいいわ)


    眼鏡の色の差なんて些細なもの
    この時のほむらはそう流していた

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367824282

    引用元: QB「僕と契約して魔法ダンスィになってよ!」ほむら「?」 

     

    【QB「僕と契約して魔法ダンスィになってよ!」ほむら「?」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 13:22:44.77 ID:+TuAWnUG0
    とってもハートフルなラブコメです。
    よろしくお願いします。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367814164

    引用元: まどか「あ、カレからメールだ~♪」さやか「えっ」 

     

    【まどか「あ、カレからメールだ~♪」さやか「えっ」】の続きを読む

    1: ◆0DhKQj2qQ2 2015/06/22(月) 11:12:17.37 ID:ASJ9CiEKO


    QB「そうだよ。地上波2期は深夜アニメにありがちな萌え萌え微○○路線で行くことが決定したんだ」

    まどか「えー!? ちょっと!? いきなり勝手に決めないでよ! 誰が決めたのそんなこと!?」

    QB「神だよ」

    まどか「神!? 何の!?」

    QB「ちょい○○の神だよ」

    まどか「ちょい○○!?」

    QB「やれやれ。まったくやっかいな存在に目をつけられてしまったね、まどか」

    まどか「……わけがわからないよ」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434939137

    引用元: まどか「わたしたちの衣装デザインが変更に?」 

     

    魔法少女部まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
    原案:Magica Quartet 漫画:ヒゲ
    芳文社 (2015-03-12)
    売り上げランキング: 20,320
    【まどか「わたしたちの衣装デザインが変更に?」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 20:17:34 ID:AuU22knI
    藍花(うぅっ……ここは……どこ……?)

    暗闇の中、わたし、夏見藍花は目を覚ました。

    藍花(……瓦礫の…中……?)

    何が起きたのかわからず、頭の中の情報を整理する。

    藍花(確か、わたしは……お父さんとお母さんと一緒に……デパートに来てて、それで……)

    少しずつだが、思い出してきた。
    大好きなお父さんとお母さん。
    デパートで買い物をして、ファミリーレストランで食事をして。
    そして、三人で手を繋いで帰るはずだった。
    いきなり。そう、いきなりだ。
    デパートの中の照明が落ち、足場が崩れた。
    手を繋いでいた両親とも、落下するウチに離ればなれとなった。 


     

    【新約『ほむら「希望はこの世界にあった…」』】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:05:47 ID:Y7DVDXTU
    ほむら「どこ行ったの、QB…!」

    ???「…」タタタ…

    ほむら「いた!」

    パシュン

    ???「…」ヒョイ

    ほむら「避けられた!?」

    ???「…」タタタ…

    ほむら「逃がさないわ!」タタタ… 




    星のカービィ 夜のポップスターシネマ BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類
    リーメント (2018-09-24)
    売り上げランキング: 4,389
    【星の戦士が魔法少女と出会ったようです】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/12(木) 19:36:14 ID:vfObL0zM
    まどか「ほむらちゃん?」

    さやか「おっかしいなー…いつもならまどかが来てればほむらもセットのはずなのに……」

    まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんならここにいるよ?」

    ほむら「ほむほむ」

    さやか「ん?あぁ、なんだまどかのスカートの中にいたのか」 


    「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(期間生産限定盤)
    魔法少女まどか☆マギカ
    アニプレックス (2017-08-09)
    売り上げランキング: 1,405
    【さやか「あれ、ほむらまだ来てないの?」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/03(金) 23:31:10 ID:a/IyctT.
    ほむら「…」

    シンジ「何この巨大な女の子は……」

    ミサト「これは対魔女用決戦兵器、魔法少女初号機『ほむら』よ」

    シンジ「こ、こんなものを僕に見せて何を」

    ?「お前が乗るんだ」

    シンジ「その声は……まさか父さん?!」

    QB「久しぶりだな、シンジ」ヒョコッ


    Mode EVANGELION2 ~20th Anniversary MOOK~ (Gakken Mook)

    学研マーケティング (2015-09-24)
    売り上げランキング: 691
    【冬月「15年ぶりだね」QB「ああ、間違いない、魔女だ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 19:28:26 ID:WRy//TA6
    まどか「ねえ、ほむらちゃん」

    ほむら「何かしら」ファサァ

    まどか「お願いがあるんだけど」 

    転載元:まどか「わたしも一緒に時間戻りしたいな」

     

    【まどか「わたしも一緒に時間戻りしたいな」】の続きを読む

    1: おれ 2013/04/30(火) 15:52:33.72 ID:RZaa+QvW0
    俺「え……マジで? マジで言ってんの?」

    QB「当たり前じゃないか。確かに君には何故だか僕が見えてるみたいだけど、ただそれだけだよ」

    俺「いやいや待てって。だって『俺』だよ? 最強無敗の天下無双、チートデフォなメアリー・スーこと『俺』さんだぜ?」

    QB「いや知らないけど」

    俺「できるはずだって。むしろ『俺』が契約しないでどうすんだよ、話進まねーよ」

    QB「君が何を言ってるのか僕にはわからないよ。もう行っていいかい?」

    俺「待って! お前無能力で虚○玄シナリオをハッピーエンドにしろってのかよ! こんなの絶対おかしいよ!」

    QB「……わけがわからないよ」タッタッタッ

    俺「ちょっ、待っ、べぇさん! べぇさーーーーん!」

    俺「……」

    俺「え? マジ?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367304753

    引用元: 俺「え? 契約できないの?」QB「うん」 

     

    魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
    アニプレックス (2013-12-25)
    売り上げランキング: 1,958
    【俺「え? 契約できないの?」QB「うん」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/02(木) 23:52:34.11 ID:dEEWE2/AO
    ほむら「っ?!」

    まどか「どうしたの?もしかして体調悪い?」

    ほむら「い、いいえ。大丈夫よ、気にしないで」ファサッ

    ほむら(あ、明らかにバーニングの時だけ声の感じが違ったわ。この時間軸のまどかに何が……)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367506354

    引用元: まどか「ほむらって名前゙バーニングッ!!゙って感じでカッコいい」 

     

    【まどか「ほむらって名前゙バーニングッ!!゙って感じでカッコいい」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 14:15:22 ID:74DQF5j.
    ネコートさん「遥か東の島国から君に依頼が来ているんだ。」

    ハンター「妙な依頼だな。差し出し人は?」

    ネコートさん「魔法少女…とだけ記されている。」

    ハンター「ふ~ん。…それより“ワルプルギスの夜”ってどんなモンスターなんだ?」

    ネコートさん「それがギルドでも詳細を掴めていない。…もしかすると古龍の類かもしれない。」

    ハンター「未知のモンスターってことか。」

    ネコートさん「かなりの危険が伴うかもしれない。受けるか受けないかは君に任せるよ。」

    ハンター「受けるさ…俺は、モンスターハンターだからな。」

    ネコートさん「…フッ。実に君らしいな。気を付けて行ってくるんだよ。」

    ハンター「あぁ。行ってくる!」 

    転載元:ハンター「“ワルプルギスの夜”討伐依頼?」
     

    モンスターハンター:ワールド オリジナル・サウンドトラック
    セルピュータ (2018-02-14)
    売り上げランキング: 471
    【ハンター「“ワルプルギスの夜”討伐依頼?」】の続きを読む

    1: ◆T4SUG8REFC3M 2013/04/29(月) 00:56:33.48 ID:j7tqO5UWo

    魔法少女サイド 1
    ――――――――――



    ――マミの部屋



    チュンチュン… チュン




    マミ「う……うーん」モゾモゾ


    ジャー トントントン…


    マミ「……お……かあさん……」ゴロゴロ


    カチッ チチチチボッ…グツグツ…


    マミ「ん……あ?」パチッ

    マミ「…………」ムクッ

    マミ「…………」ゴシゴシ

    マミ「ん……」ボケーッ


    グツグツ… カパッ ……カチャン


    マミ「……良い、匂い」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367164593

    引用元: マミ「ある朝目が覚めると、白髪美少年がキッチンで朝ご飯を作っていた」 

     

    【マミ「ある朝目が覚めると、白髪美少年がキッチンで朝ご飯を作っていた」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 20:15:24 ID:/U6xi2Wg
    まどか「よーちえんの9月号は楽しい付録がwwwwwwwwwwww」

    まどか「いっぱいwwwいっぱいwwww 」

    まどか「ふるぇぇぇいwwwwwいぇぇいwww」

    まどか「ふたご姫の秘密がぎっしりwww」

    まどか「まるごとDVDwwww 」

    まどか「すごろくも楽しいよwww 」

    まどか「ぽーぱーやーwwwwポパヤwwwぽーぱーやーwwww 」

    ほむら「これは…どういうことなのかしら?」ピキピキ 

    転載元:まどか「奇跡も魔法も…いっぱいwwwいっぱいwwww」
     

    【まどか「奇跡も魔法も…いっぱいwwwいっぱいwwww」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 00:49:06 ID:Dd7r2c9E
    暁美ほむらは激怒した。

    必ず、かの邪知暴虐の王を殺さねばならぬと決意した。

    ほむらには父も、母も、配偶者もない。

    十六の、少し馬鹿な妹と二人暮らしだ。

    この妹は、村の天才バイオリン少年を近々花婿として迎えることになっていた。

    結婚式も間近なのである。

    ほむら「まったく、手間のかかる妹ね…」

    そう呟くもどこか嬉しそうなほむらは都を歩きながら、必要な物を買い揃えていった。

    ほむら「このくらいで十分かしら…」 


    転載元:走れほむら

     

    【走れほむら】の続きを読む

    1 :ほむら:2012/09/27(木) 20:38:34 ID:aP0DTqGg
    ほむら「ここはどこかしら…?」

    ほむら「また失敗して、巻き戻して…」

    目の前に広がるのは中世の町並み。

    私の描いていた、イメージそのもの。

    でも…

    行き交う人々の目に光を感じない。

    どこか後ろ暗い…そんな空気。

    女性「あの…」

    ほむら「!…何かしら?」

    女性「導師様でいらっしゃいますか?」

    ほむら「?」

    男性「呪われた娘の為に、祈っては頂けないでしょうか?」

    二人は夫婦だろうか…誰かに似ている気がする… 




    【ほむら「エスト瓶よ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング