えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    完結

    350: ◆DMVtSSFzcg 2013/12/06(金) 19:30:29.74 ID:GIAIarxd0
    前回 P「どうも。元スパイの赤羽根です」 前編

    1F 仮眠室 ??:??

    P「――っ、うーん……ここ、は……っ痛!」

    目を覚ますと、そこは仮眠室だった。
    後頭部がまだ痛む。
    殺すつもりで殴ってきたみたいだな。

    P「……ハッ、今何時だ!?」

    慌てて765プロウォッチに目をやる。

    P「22時、だと……」

    6時間近く気絶していたことになる。
    やけに外からの音が騒がしい。

    対照的に、中は静まり返っている。

    まさか、死んで――そんなハズない。
    最悪の状態だけは、想像したくない。

    嫌な想像をかき消し、まずはここから出なければならない。

    P「ん?開かない?」

    仮眠室は外からつっかえ棒のような何かで塞がれているようだった。


     
    アイドルマスター プラチナスターズ
    バンダイナムコエンターテインメント (2016-07-28)
    売り上げランキング: 969
    【P「どうも。元スパイの赤羽根です」 後編】の続きを読む


    前回 八幡「青春ラブコメの主人公」 中編



    628: ◆OFPPQdZV86 2013/07/22(月) 03:04:10.77 ID:g4RUPAJR0
    大喝采を背に、ステージから遠ざかる。少し異常とも言えるほどにノリの良い観客たちは未だ興奮冷めやらぬ様子だ。

    そのテンションの高さで勝ちを得た身としては何も文句はないが、あそこまでいくとやはり異常である。

    特に司会者が。

    「また来いよー!」と大きく手をぶんぶん振り回す彼女はいったいどこに向かっているのだろうか。

    名前も知らない他学校の生徒の行く末を案じていると、くいくいと袖が引かれた。

    「ありがと、ヒッキー。ヒッキーも頑張ってくれたおかげて勝てたよ!」

    そう言われても俺がしていたことと言えばほぼ寝ていただけである。

    「それは皮肉か?」

    「や、そんなつもりじゃないけど……」

    反射的に卑屈ってしまった俺の肩に、ぽんと手が置かれる。

    「ありがとう、比企谷くん。あなたのおかげで勝てたわ」

    「それは皮肉だな」

    ホントにそのやけにイイ笑顔やめてくれませんかね。可愛いだろが。あと不用意に触るのもやめて下さい。

    思わず身をすくませたが噛まずに返せたのはここ半年ぐらいのいじられ訓練の賜物。おかげで皮肉や罵倒に対して体が勝手に反応するようになった。

    嬉しくない。

    まあ実際のところ、本来なら作戦を考え実行した雪ノ下こそ称賛や喝采を受けるべきだ。

    こいつはそんなものは求めちゃいないだろうが、やり返しついでに礼のひとつでも言っておくか。

    「ありがとな、雪ノ下。お前のおかg

    「やめてくれないかしら」

    言葉と同時に出した、肩に置こうとした手もぱしっと払われる。

    ……お前からやってきたんじゃないかよぅ。

    【八幡「青春ラブコメの主人公」 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング