えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    みつどもえ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/14(木) 19:59:59.99 ID:nfEtU/3H0
    私が不登校になってから、1年が過ぎた。

    不登校になったのは、中学2年の春。

    中学1年の頃は、杉ちゃんや宮なんとかさん達と同じクラスでなんとかやっていけていたけど、

    中学2年のクラス替えで、親しかった友達と離れてしまい、新しい友達も作れず、

    クラスに馴染めないまま、だんだん学校へ行かなくなっていった。

    そして今では家にひきこもり、杉ちゃんからもらったノートパソコンで、

    いろいろな●●●●サイトを巡回する日々が続いている。

    ……杉ちゃんは、今なにをしているんだろう。

    私はGoogleにアクセスして、試しに『"杉崎みく"』と入力してみた。

    僅かな可能性に賭けて、検索ボタンをクリックする。

    検索結果、23件。

    1件目には、『杉崎みくのプロフ』と表示されている。

    早速リンクをクリックしてみた。

    引用元: ひとは「みっちゃん、夕飯、何が食べたい?」 



    【ひとは「みっちゃん、夕飯、何が食べたい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 22:14:42.68 ID:WGrdvfgX0
    みつば「今日ほど同窓会というものが憎かった日は無かったわ………」

    杉崎「なんでみんなあんなに幸せそうな顔をしているのよ………吉岡なんてまたお腹膨らんでたわよ………」

    みつば「あの子まだ生むつもりなのかしら?もう三人は産んだわよね?」

    杉崎「まぁ相手が千葉君だからね……色々と尽きる事がないんでしょうよ」

    みつば「ふたばは18の時にはもう佐藤くんと結婚してたから微笑ましい気持ちで見れたのに、最近は誰かと誰かがくっつく事にもう憎しみしか浮かばなくなってくるの」

    杉崎「私もよ………無い●同盟を組んでいたひとはちゃんでさえ二年前に結婚したって言うのに…」

    引用元: みつば「そろそろなのかもね..」杉崎「なにがよ...」 



    【みつば「そろそろなのかもね..」杉崎「なにがよ...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:17:41.80 ID:ej30a+Je0

    みつば「ゴク…ゴク…」

    ふたば「……プッハー!やっぱりビールは格別ッスねー!」

    みつば「……ちょっとアンタ、なんで1人だけウーロン茶なのよ?」

    ひとは「アルコールとか嫌いだし……」

    ふたば「つれないこといわないで、ひとはも飲むッスよー!」

    みつば「そうよ!アンタが大学出て以来久しぶりに会ったんだから!」

    ひとは「じゃあ、ちょこっとだけ……」

    引用元: みつば・ふたば・ひとは「カンパーイ!!」 



    【みつば・ふたば・ひとは「カンパーイ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 20:07:21.35 ID:kUUzz87b0
    みつば「!?」
        「な、何よその口調…!」

    杉崎「?」
       「何か変かしら?」

    みつば「へ、変というより気持ち悪いわ…」

    杉崎「相変わらずね、みつばさん」

    引用元: みつば「あら、杉崎じゃない?」 杉崎「お久しぶり、みつばさん」 


     

    僕の心のヤバイやつ(2) (少年チャンピオン・コミックス)
    桜井のりお
    秋田書店 (2019-09-06)
    売り上げランキング: 5,958
    【みつば「あら、杉崎じゃない?」 杉崎「お久しぶり、みつばさん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/11(水) 12:12:20.19 ID:Q0HhmfvVo
    佐藤「へっくしゅん!」

    千葉「夏風邪かぁ?」

    佐藤「いや、ただの悪寒だ……」

    千葉「それが風邪だろ?」


    緒方・伊藤・加藤「「すぅぅぅぅ……!!」」

    緒方「はぁぁ……。今日も佐藤くんの匂いで活力を補充できたわね!!!」

    伊藤「うん。これで今日一日がんばれるね」

    加藤「佐藤くんの匂いってどうしてこんなに素敵なんだろうね」

    緒方「もー、何言ってるのよ、真由美。そんなの佐藤くんだからに決まっているじゃない」

    伊藤「できることなら一日中佐藤くんの匂いに包まれていたいよねー」

    緒方「確かに。今のままでは佐藤くんとの魂の共有に変化はないわね。私達が成長するためにも佐藤くんの匂いをもっと味わう必要があるわ」

    加藤「匂いを味わうの? でもどうやれば一日中も佐藤くんの匂いに包まれることができるんだろう」

    緒方「名案が浮かんだわ! みんなで佐藤くんの下駄箱に一日中顔を突っ込んでおけばいいじゃない!! よし、行くわよ!!」ダダダッ

    加藤「おがちん!? 全然、名案じゃないよ!?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402456340

    引用元: みつどもえ「交響してアロマティカ・イレブン」

     

    みつどもえ(19): 少年チャンピオン・コミックス
    桜井のりお
    秋田書店 (2017-10-06)
    売り上げランキング: 1,202
    【みつどもえ「交響してアロマティカ・イレブン」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング