えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    ナルト

    1: ◆nYzYBQVSrhho 2015/04/03(金) 23:15:48.77 ID:xBH6qaWv0


    子供「飼ってたワンコが死んじゃった~」

    ナルト「適当な野良犬……お、こいつでいいってばよ」

    赤丸「?」

    ナルト「穢土転生の術!」

    子供「わー! 生き返った!!」

    ナルト「大事に育てろってばよ」ナデナデ

    子供「火影様ありがと―!」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428070548

    引用元: ナルト「穢土転生の術で何でも解決だってばよ!」 

     

    NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 ひなたしょう
    集英社
    売り上げランキング: 107
    【ナルト「穢土転生の術で何でも解決だってばよ!」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/29(火) 21:10:03.79 ID:m4T8xvDz0
    今考えると、身が震えるほどの戦いだった。

    オレは隊の小隊長として音に走ろうとする
    サスケを止める任務を5代目火影さまから任された。

    里に上忍、特別上忍、中忍は少なく、5代目の命令で
    ナルト、チョウシ、キバと赤丸、ネジを隊員として里を出た。
    中忍として初めての任務がまさかこんな形になるとは予想は
    していなかった・・・

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359461403

    引用元: シカマル「俺は仲間を守れなかった....」 

     

    NARUTO ─ナルト─ シカマル秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 矢野 隆
    集英社
    売り上げランキング: 413
    【シカマル「俺は仲間を守れなかった....」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:57:16.29 ID:B3uP1z3w0

    ナルトとモバマスのクロス。



    ~木の葉の里付近~

    トビ「先輩ってば木の葉を偵察に行くって言ったから付いてきたのに……もー!」

    トビ「おーい、せんぱーい、おーい!」

    トビ「隠れてないで出てきてくださいよ―」

    トビ「あ、あそこに美味しそうな団子屋が!」

    トビ「先輩もいないし一休みしよーっと」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424696235

    引用元: 【モバマス】日野茜「ボンバーーッ!」デイダラ「喝!」【NARUTO】 

     

    THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 016 日野茜
    日野茜(CV:赤崎千夏)
    日本コロムビア (2013-05-22)
    売り上げランキング: 20,416
    【【モバマス】日野茜「ボンバーーッ!」デイダラ「喝!」【NARUTO】】の続きを読む


    NARUTOに異物が紛れ込みました Part.2 前編

    451: ◆.5dCvMNp2o 2018/03/21(水) 14:29:30.57 ID:K4BYexVio
    ヒルゼン(日向ヒナタが日向ネジに瀕死にされるという戦いがあったからか、ヤマトがいうにはチョウズメは更に力を求めて必死になっていると聞いた。儂が遊べや休めと言わない限り、ずっと修行をしているとか。儂がしっかり導かねば、こやつは下手したら大蛇丸のようになってしまう)

    ヒルゼンは予感していた

    もしチョウズメの大切な人が何人も死んでしまったら、きっとチョウズメは大蛇丸のようになってしまうと

    チョウズメが自分のいない時にも事務仕事をしてくれていたが、その時に勝手に禁書を読んでいたかもしれないことも予測していた


    さらに言えば大蛇丸が不老不死を目指すことになった根底にあるのは、ヒルゼンの言葉であったことを彼は覚えていない

    ヒルゼン(二代目様の術や技術は使い手が誤れば、最悪を引き起こしかねないものが多い。そのようなものを開発せねば、木の葉を守れなかった時代だったんじゃろうが、それを次代に遺していったのは正解だったのか。今の儂でもわからん)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521377543

    引用元: NARUTOに異物が紛れ込みました Part.2 


    NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch
    バンダイナムコエンターテインメント (2018-04-26)
    売り上げランキング: 43
    【NARUTOに異物が紛れ込みました Part.2 後編】の続きを読む

    1: ◆.5dCvMNp2o 2018/03/18(日) 21:52:24.15 ID:X00UH7Gro
    安価&コンマでオリキャラを操りNARUTOの世界を生き抜いていきます

    0や00は特殊判定(特に良い結果のみ)
    ゾロ目(00除く)も数値に関わらず0や00よりも弱い特殊判定(良い結果のみ)
    多数決で同数結果の場合更に多数決で決定

    漫画を読みながらなので遅いと思いますがお許しください



    ※前スレ
    NARUTOに異物が紛れ込みました


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521377543

    引用元: NARUTOに異物が紛れ込みました Part.2 





    NARUTO-ナルト- ナルト新伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 宮本 深礼
    集英社
    売り上げランキング: 637
    【NARUTOに異物が紛れ込みました Part.2 前編】の続きを読む

    1: ◆.5dCvMNp2o 2018/03/13(火) 23:20:47.99 ID:y+PkLFupo
    安価&コンマでオリキャラを操りNARUTOの世界を生き抜いていきます

    0や00は特殊判定(特に良い結果のみ)
    ゾロ目(00除く)も数値に関わらず0や00よりも弱い特殊判定(良い結果のみ)
    多数決で同数結果の場合更に多数決で決定

    漫画を読みながらなので遅いと思いますがお許しください

    まずは性別下2
    1男
    2女

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520950847

    引用元: NARUTOに異物が紛れ込みました 



    BORUTO―ボルト― 4 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)
    池本 幹雄
    集英社 (2017-11-02)
    売り上げランキング: 14,513
    【NARUTOに異物が紛れ込みました】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/09(金) 10:05:42.28 ID:GDeTcWBt0.net
    ナルト「いやぁ今晩はクリームシチューかぁ」

    ナルト「そういえば前食ったクリームシチューヌードル美味かったってばよ、また食ってみたいなぁ」

    ヒナタ「ふふふ、カップラーメンばっかりじゃ健康に悪いわよ?カップラーメン食べるのは私がいない時だけにしてね…」

    ナルト「わかってるってばよ!それにヒナタの手料理のほうが美味いしな!」

    ヒナタ「はい…クリームシチュー!」ゴトンッ

    ナルト「うひょおおおおおおおおおおおおお美味そうだってばよ!」

    ヒナタ「と白米!」コトンッ

    ナルト「…え?」

    引用元: ヒナタ「今晩はクリームシチューよ」ナルト「おお!」 



    BORUTO―ボルト― 4 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)
    池本 幹雄
    集英社 (2017-11-02)
    売り上げランキング: 8,923
    【ヒナタ「今晩はクリームシチューよ」ナルト「おお!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 19:39:33.59 ID:h2rHWyilo
    一楽にて。
    ナルトはたまたま出会ったキバとシノの二人と食事を共にしている。
    そして三人ともが食べ終わり一息入れた頃、キバが突然切り出した。

    キバ「そう言えばナルト! お前とうとうヒナタと同棲し始めたらしいじゃねぇか」

    ナルト「ん? あぁ、ちょっと前にな」

    シノ「別に構わないが少し早すぎるんじゃないのか。
      何故なら、二人が交際を始めてまだ日が浅いからだ」

    ナルト「そうか? どうせいつかは一緒に暮らすんだし、いつ始めてもおんなじだろ?」

    キバ「同棲ってことはよ……やっぱアレか? 夜は楽しんでんのか? なあ!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421318364

    引用元: ヒナタ「ナルトくんなんて……!」 

     

    NARUTO -ナルト- 72 (ジャンプコミックス)
    岸本 斉史
    集英社 (2015-02-04)
    【ヒナタ「ナルトくんなんて……!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/11(金) 13:44:28.38 ID:tLJjZzTA0
    ヒアシ「えっ」

    ハナビ「日向は木の葉にて最強?本当に馬鹿にされるんで止めてくださいよ父上」

    ヒアシ「い、いや最強だし…」

    引用元: ヒアシ「日向は木の葉にて最強」ハナビ「は?なにいってんの」 

     

    【ヒアシ「日向は木の葉にて最強」ハナビ「は?なにいってんの」】の続きを読む

    1: 名無しNIPPER 2012/07/25(水) 04:26:37.55 ID:xfx/cG3AO


    露天風呂

    ナルト(誰か入ってきたらマズいってばよ!)

    ナルト(今のうちに出……)

    きゃっきゃっ

    ナルト(誰か来たああああああ!?)

    ナルト(どうすれば……と、とりあえずこの岩の影に!)カクレ

    サクラ「あら!良い露天風呂じゃない!」

    いの「広いわねー」

    テンテン「ひゃっほー!」ジャボンッ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343157997

    引用元: ナルト「やべ!ここ女湯だってばよ!」 

     

    THE LAST -NARUTO THE MOVIE- (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 経塚 丸雄
    集英社
    売り上げランキング: 235
    【ナルト「やべ!ここ女湯だってばよ!」】の続きを読む

    1: 名無しNIPPER 2012/07/28(土) 13:09:31.65 ID:p6foBUcAO


    ヒナタ「あの、ネジ兄さんは?」

    日向「今日はまだ部屋から出てきておりません」

    ヒナタ「え?もうお昼よ?」

    日向「……」

    ヒナタ「お腹空いてないのかな?」

    日向「朝食は自分の部屋で召し上がったみたいですが……」

    ヒナタ「そう……体調でも悪いのかな……」

    日向「……」

    ヒナタ「私ちょっと様子見てくる」テクテク

    日向「あ……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343448571

    引用元: ヒナタ「ネジ兄さんが部屋から出てこない」 

     

    【ヒナタ「ネジ兄さんが部屋から出てこない」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 00:40:45.27 ID:IrP/DSGN0
    イタチ「>>5

    引用元: 蛍「イタチですよ♪」イタチ「………」 


    のんのんびより 12 (コミックアライブ)
    KADOKAWA / メディアファクトリー (2018-02-23)
    売り上げランキング: 90
    【蛍「イタチですよ♪」イタチ「………」】の続きを読む

    1: ◆otejkj8BnbjK 2014/12/25(木) 23:47:00.48 ID:i77nosBV0

    ナレ「皆はサンタさんに何を頼むか決めたかな?今日は楽しいクリスマスイヴ、里の雰囲気もとても賑やかになっているよ」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419518810

    引用元: リー「ヒナタのプレゼント大作戦、です!」 

     

    【リー「ヒナタのプレゼント大作戦、です!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 01:45:02.41 ID:FpmGsy/F0
    ナルト「なんやねん」

    サスケ「なんやあらへんがなおかしいやろ自分」

    ナルト「なんもおかしな事あらへん今会議で決まったやないか」

    カカシ「ほうやぞサスケどないしてん?」

    サスケ「どないしてんもなにもこんなアホな話あるかいな。え? なんや自分ら本気なん?」

    大蛇丸「・・・あかんでサスケ君席座り」

    サスケ「え~・・・もうこうなん! え~・・・」

    ナルト「だからどないしてんw」

    引用元: ナルト「じゃあ満場一致で俺が火影という事で」サスケ「待てや」 



    NARUTO FINAL BEST (期間生産限定盤)
    ナルト
    アニプレックス (2017-12-13)
    売り上げランキング: 208
    【ナルト「じゃあ満場一致で俺が火影という事で」サスケ「待てや」】の続きを読む

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:59:13.60 ID:Y1x4ydLlO
    佐天「うーいーはーるー!」

    初春「どうしました、佐天さん」

    佐天「やったよ、初春。ついに能力に目覚めたんだよ」

    初春「へぇ、どんな能力なんですか?」

    佐天「知りたい? ねぇ、知りたい? えー、どうしようかなー」

    初春「……知りたいので教えてください」イラッ

    引用元: 佐天「写輪眼を開眼する能力かぁ」 


    とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ1 (電撃コミックスNEXT)
    乃木 康仁
    KADOKAWA (2017-11-27)
    売り上げランキング: 2,737
    【佐天「写輪眼を開眼する能力かぁ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 01:45:02.41 ID:FpmGsy/F0
    ナルト「なんやねん」

    サスケ「なんやあらへんがなおかしいやろ自分」

    ナルト「なんもおかしな事あらへん今会議で決まったやないか」

    カカシ「ほうやぞサスケどないしてん?」

    サスケ「どないしてんもなにもこんなアホな話あるかいな。え? なんや自分ら本気なん?」

    大蛇丸「・・・あかんでサスケ君席座り」

    サスケ「え~・・・もうこうなん! え~・・・」

    ナルト「だからどないしてんw」

    引用元: ナルト「じゃあ満場一致で俺が火影という事で」サスケ「待てや」 

     

    フィギュアーツZERO うちはサスケ
    バンダイ (2011-11-19)
    売り上げランキング: 3,723
    【ナルト「じゃあ満場一致で俺が火影という事で」サスケ「待てや」】の続きを読む

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 16:37:33.36 ID:1NS4evEsO
    佐天「…はぁ…はぁ…」タッタッタッ

    佐天(どうしよう。もうこんな時間だよ)

    佐天「…ん? あれは御坂さんと…誰? 男の人が話してる」

    佐天(も、もしかして御坂さんの彼氏かな!?)


    御坂『―――私は超能力者なのよ? 何の力もない無能力者相手に気張ると思ってるの?』

    佐天(……え)

    引用元: 佐天「写輪眼を開眼する能力かぁ」 



    【佐天「写輪眼を開眼する能力かぁ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/30(火) 14:35:39 ID:k9rYXSgg

    ナルト「そろそろヒナタと結婚して二ヶ月だってばよ」

    の続きです。今回はほのぼのだけにします。
    gdgdしないように頑張ります。

    引用元: ナルト「そろそろヒナタと結婚して一年だってばよ」 

     

    【ナルト「そろそろヒナタと結婚して一年だってばよ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 20:52:39 ID:ULZnxGGw
    ほのぼの系にするつもりです。

    よかったら見て一緒にホッコリしましょう。

    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 20:56:44 ID:ULZnxGGw
    サスケ「そういえばそのくらいか」

    ナルト「何かプレゼントとかした方がいいのかな?」

    サスケ「オレに聞くなよ」

    ナルト「でもでも、サクラちゃんに聞いたら」

    サクラ《あんたが良いと思ったものならなんでも大丈夫よ》

    ナルト「とか言ってきてさー」

    サスケ「ちゃんとアドバイスもらってんじゃねーか」

    ナルト「なんか違うんだってばよ」

    ナルト「こう具体的な物を挙げてほしいっていうかさー」

    サスケ「贅沢なやつだな」

    サスケ「それよりいいのか?」

    サスケ「天下の火影さまが甘味処でサボっててよ?」

    引用元: ナルト「そろそろヒナタと結婚して二ヶ月だってばよ」 

     

    【ナルト「そろそろヒナタと結婚して二ヶ月だってばよ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 20:58:55.28 ID:tgkxoyDh0
    サクラ「……スゥゥゥ」

    サクラ「……スパー」

    ヒナタ「さ、サクラちゃん、女の子が煙草はダメだよ?」オロオロ

    サクラ「……ハァァ」

    サクラ「……」

    サクラ「……ヒナタさぁ」

    ヒナタ「は、はい!」

    サクラ「NARUTOのヒロインって誰だと思う?」カツカツ

    引用元: サクラ「ヒナタ、ちょっと来なさい」 


    【正規品】TSUME ART NARUTO 日向ヒナタ XTRA14

    売り上げランキング: 423,283
    【サクラ「ヒナタ、ちょっと来なさい」】の続きを読む

    1: ◆rc0/vtaMAg 2017/12/13(水) 00:12:30.02 ID:tUAqwO1gO
    忍びA「いや、お前それはねぇだろ。さすがにさぁ……」

    忍びB「ナルトはまだ子供だぞ?いたずらが過ぎただけじゃねえか」

    忍びB「言って聞かせればわかるだろ」

    チョウザ「お、お前たち何言ってるんだ!?あいつは九尾の化け狐で、里の

    忍びC「いやいやいや、お前こそ何言ってるんだよ。4代目が何を思って九尾をてめえの息子に封印したのかわからねえのかよ」

    忍びD「悪いのは九尾であって、ナルトじゃねえよ」

    忍びE「お前のそういう態度が、あいつを追い詰めてるんじゃねえのかよ

    チョウザ「だ、だがあの化け狐は、あの落ちこぼれは…」

    忍びF「話になんねぇ。おい、みんな。チョウザに殺される前にナルト見つけて保護しようぜ」

    忍びG「あぁ、そうだな。あんにゃろ、見つけてげんこつくれてやるぜwwwwww」

    忍びG「反省したら一楽でラーメンでも奢ってやるかwwwwww」

    忍びたち「だなwwwwwwww」

    チョウザ「・・・」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513091550

    引用元: 秋道チョウザ「どの道ろくな奴じゃないんだ、見つけ次第殺るぞ!」忍びたち「え?」 


    NARUTO FINAL BEST (期間生産限定盤)
    ナルト
    アニプレックス (2017-12-13)
    売り上げランキング: 46
    【秋道チョウザ「どの道ろくな奴じゃないんだ、見つけ次第殺るぞ!」忍びたち「え?」】の続きを読む

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:41:51.96 ID:Yfce8MVn0
    ナルト「・・・ここはどこだってばよ、俺ってばさっきまでマダラ達と戦ってたはずなのに・・・」

    ここは俺の家・・・?新聞を見てみると3年前の日付・・・どうなってんだ・・・

    ナルト「これってば幻術か?・・・解!」

    ・・・何も起こらねえ、幻術じゃない・・・?


    ナルト「俺ってば、過去に戻ってきた!?」



    こうですかわかりません

    引用元: ナルト「強くてニューゲーム・・・?」 



    NARUTO THE BEST
    NARUTO THE BEST
    posted with amazlet at 17.11.13
    DOES DISH//
    アニプレックス (2016-07-06)
    売り上げランキング: 3,293
    【ナルト「強くてニューゲーム・・・?」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2014/01/04(土) 09:11:43.35 ID:CQ9q8VX20
    最初の演習の時、カカシ先生に脅された。ナルトを殺さなければサスケ君が死ぬと、先生はチームワークの大切さを教えようとやった事だったけど、私はあの時からずっと悩んでいた。もし、仲間を人質にとられたら私はどうすればいいのだろう。

    演習の結果、私達は合格しその後も色々あった。波の国の任務もそうだけど、中忍試験や大蛇丸や新しい火影様、嫌な記憶もそれなりにあるけど、どれも印象深かった。その記憶のどの部分を切り取っても、私が役にたっていることはほとんどない。私も試験を合格して下忍として認められたはずなのに、守られてばかりの自分が嫌だった。

    今回の任務でもそうだ。私だけではないけれど、私達を庇ってカカシ先生は重症をおってしまった。久しぶりの第七班での任務だったのに、命を落としかけるところまで先生は追い詰められた。その様子を見てることしか出来なかった私は、無力感と罪悪感に襲われた。サスケ君とナルトも私と同じだったようで、何かどす黒い雰囲気を纏っていたサスケ君は、罪悪感のお陰と言うとあれだけど、少し穏やかになっていた。ナルトはとにかくみんなを元気付け、私も一緒になって明るく振る舞った。

    五日のびた滞在期間の内に、先生は動けるようになるまで回復した。新しい火影様の影響で、浅く医療の知識がある私は、先生の回復っぷりに忍者の生々しさを感じる。一般人より遥かに早く怪我が治るのは、寿命より任務が優先だから。望んで忍者になったのに、自分達は忍者だからこそ仲間でいるのに、何だか酷く嫌悪感を感じた。

    まだ足元が覚束ない先生の体を交代で支え、私達は帰途につく。全快するまで期間を延長出来ないのかと聞いてみたけど、これ以上は無理らしい。何かあったら置いていけ、なんてさらっと言われて三人共凍り付いた。すぐにナルトが明るい声で全否定してくれて助かった。何で自分達は忍者なんだろうなんて、思いたくなかったのだ。

    森を横切る道をしばらく進んでいくと、同じ額当てをした木の葉の忍者が、にこやかに手をふっていた。人の良さそうな男は何か伝令があるらしく、手には巻物を持っている。すっかり油断した私たちは、カカシ先生の低い声が聞こえても、反応することが出来なかった。

    男が地面を蹴った次の瞬間、ナルトとサスケ君は脇に抱えられていた。更に一瞬遅れて、先生が男に襲いかかる。あまりにも急すぎて敵を敵だと認識する暇もなかったから、私はその場に立ち尽くしてしまった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388794302

    引用元: サクラ「誰かを選ぶなんて……!」 


    【サクラ「誰かを選ぶなんて……!」 (NARUTO)】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 15:19:41.09 ID:KxFqaG0D0
    ナルト「どういうことだってばよ?」

    サスケ「俺が女だったら!今までの俺を否定しちまうか!?ナルトォ!」

    ナルト「そ、そんなことねぇってばよ…お前はお前だ、俺の友達だ」ブルブル

    サスケ「チィ!」

    ナルト「?」

    サスケ「もっと…友達以上の関係があるだろ…ウスラトンカチ…」ブツブツ

    ナルト(さっきからこいつなんだってばよ…言ってることがむちゃくちゃだ)

    引用元: サスケ「俺が女だったら…引くか?」ナルト「」 



    【サスケ「俺が女だったら…引くか?」ナルト「」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 10:50:31.54 ID:mYjjhKlJ0
    ナルト「そりゃ、自分で作るしかねーじゃん。サクラちゃんが作ってくれんなら、嬉しいけどさ」

    サクラ「お断りよ。しかし、毎日同じものばっかり食べてよく飽きないわね。どんだけ麺類好きなのよ」

    ナルト「いや、もう飽きてるってばよ」

    サクラ「じゃあなんで弁当二段ともスパゲッティなのよ」

    ナルト「作るのが楽しくてさ。味は断然ラーメンの方が上だけど、なんかスパゲッティって見てて飽きねぇんだってばよ」

    サクラ「ふーん、変な趣味してるわね」

    カカシ「そういうサクラも、あんみつ食べてるところしか見てないけど」

    サクラ「……いや、私はちゃんと食べてますよ。先生が気付いてないだけです」

    カカシ「そうか?」

    ナルト「いーじゃん別にさ。好きなもん食ってるだけなんだし」

    カカシ「まぁ、悪いとまでは言わないよ。でも、それだけっていうのは駄目。お前なんか炭水化物しか摂れてないからな」

    ナルト「えー、味付けにトマトも入ってんだろ」

    サクラ「アンタねぇ、そんなバカなこと言ってると体壊すわよ」

    ナルト「だって、食わねぇと余っちまうんだもん。捨てるのも忍びねぇってか、なんてーかさぁ」

    サクラ「まぁ、無駄にするのは確かに駄目だけど……せめて他の物も一緒に摂ったら?」

    カカシ「パスタ料理も色々あるからな。毎日具なしナポリタンじゃ、体が持たないでしょ」

    ナルト「んなこと言ったって、他のなんか作れねぇってばよ」

    サクラ「じゃあ、私が教えてあげるわよ。最近覚えたのがあんの」

    ナルト「サクラちゃんかぁ……うーん」

    サクラ「なによ、なんか不満?」

    ナルト「い、いや、別に」

    カカシ「良かったな、ナルト。先生食べられなくて残念だなー」

    ナルト「なら、家に持ってってやるってばよ」

    カカシ「え、いや、あはは」

    サクラ「二人してバカにして……いいわ、私の実力見て腰抜かせばいいのよ」

    ナルト「本当にそうなりそうで怖ェ……」ボソッ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388368231

    引用元: サクラ「お弁当って自分で作ってるの?」 


    【サクラ「お弁当って自分で作ってるの?」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/11/05(火) 17:57:07.30 ID:LFgMt1P+0
    イタチが里に現れた。偶然その事実を 知ってしまった俺は、ナルト達を追いかけ宿場町へと向かった。仲間をイタチの 魔の手から守るために、なにより家族や一族の無念を晴らすために、少しでも早く復讐を果たそうと必死だった。

    やっとの思いで突き止めた宿屋の廊下 で、風変わりなマントを羽織り、イタチは俺の目の前にいた。奴の姿を目にするまでは、仲間を守りたいと思う理性もあった。一族のためにと思う気持ちも確かにあったのだが、いざ対峙した瞬間、 俺は憎悪と殺意のみに支配された。

    たかが13才のガキがトラウマと相対し て、平気でいられる訳がなかったのだ。それを俺は、無謀にも今なら勝てると思い込みこの場に来てしまった。俺とアイツは忍者として同じ土俵にすら立てていなかった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383641827

    引用元: サスケ「何で俺を連れ戻しやがった……!」 


     

    G.E.M.シリーズ BORUTO -NARUTO THE MOVIE- うちはサスケ
    メガハウス
    売り上げランキング: 60,745
    【サスケ「何で俺を連れ戻しやがった……!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 20:19:35 ID:Znquw5q.
    ナルト「木の葉隠れの里の忍らしい生き方をするって決めたんだ……憎しみの連鎖は俺が全部断ち切ってやるってばよ!」

    サクラ「ナルト……」

    ヒナタ「ナルト君///」

    ナルト「だから、チョウザのオッチャンも安心してくれて良いってばよ!」

    チョウザ「……えっ??」

    引用元: ナルト「卑の意志を継ぐってばよ!」 

     

    BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE- 2017カレンダー 壁掛け
    エンスカイ (2016-10-17)
    売り上げランキング: 1,292
    【ナルト「卑の意志を継ぐってばよ!」】の続きを読む

    1: ◆aTPuZgTcsQ 2013/10/14(月) 15:03:34.44 ID:BLnFpW2L0
    毎日、外の音に怯えていた。例えまともな来客があろうと、俺はドアを開けなかっただろう。
    扉の向こう側の話し声が怖くて、カーテンを締め切った薄暗い部屋で、一人布団を被っていた。

    耳を塞いでいても、甲高い子供の声だけは鮮明に聞こえた。

    それが家に向けられたものであろうが無かろうが、俺には関係無かった。

    すべての音が俺を蝕んでいく。

    所詮、俺にできることは指を耳に突っ込むぐらいだった。

    その程度ではほとんど変わるはずもなく、少し音量を絞っただけの騒音が、今日も響き渡る。

    扉を壊さんばかりのノックの音、何かのスプレーを噴射する音、窓に固いものがぶつかる音、ガラスが割れる音、そして極めつけはドアを蹴飛ばし大人が怒鳴る声、防ぎきれない多様な音に俺はもう耐えられなかった。

    次第に俺は俺自身の音さえも必死に押さえ込むようになり、居留守を使うようになった。

    どんなに小さな音でも心臓が止まるほど緊張し、家の中いるのがバレてしまうのではないかと恐怖に囚われた。

    実際は、そんなことをしようとしなかろうと、俺が中にいるのはバレバレだった。

    まだアカデミーにも通っていない俺に、家以外の居場所などなかったからだ。

    明らかに俺に向けた罵詈雑言か、扉の向こうから聞こえてくることもあった。

    あの薄い扉一枚だけが自分を守る砦だと思うと、俺は抱えきれないほどの不安に苛まれた。それでも俺には逃げる場所すらない。

    無駄だと頭では分かっていても、とにかくここにはいないと思わせたくて、音の出ることを徹底的に避け始めた。

    水を流す音が怖くて、トイレに行くこともできなくなった。

    冷蔵庫のドアを開ける音さえ、聞き耳をたてられているような気がした。

    中でもビニール袋のカサカサいう音が苦手だった。恐らく外に響くことはないが、妙に大きな音に感じてしまう。

    うっかり触れてはその度に冷や汗をかいた。未だにビニールの音は、俺にとって恐怖の象徴であり続けている。

    その結果、俺は本当に一日中、布団の中で過ごしていた。

    遂には、自分の呼吸さえ鬱陶しく思うほど、俺は追い詰められていた。

    耳を塞いだまま分厚い布団の裏側を見上げ、気まぐれに呼吸を止めては、また息を吸ってしまう自分に嫌気が差す。

    もう、いっそ死んでしまいたかった。

    そんな俺でも、鍵が開く音だけは楽しみにしていた。

    父さんが任務から帰ってきたという合図だからだ。その音が聞こえたらやっと一日が始まる。俺は嫌でも夜型になるしかなかった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381730614

    引用元: カカシ「春野サクラ……!」 


     

    G.E.M.シリーズ NARUTO-ナルト-疾風伝 はたけカカシ ver.弐
    メガハウス (2013-10-02)
    売り上げランキング: 17,725
    【カカシ「春野サクラ……!」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/11(水) 02:11:29 ID:C0RjKeAo
    サクラ「戦争が終わって、世界が救われてからもう数ヶ月ね」

    ナルト「…ああ」

    サクラ「ねえ、ナルト。サスケ君の事なんだけど」

    ナルト「サスケ?サスケに何か」

    サクラ「お、落ち着いてナルト。また里抜けしたとかそんなんじゃないから」

    ナルト「ごめんってばよ」

    サクラ「むしろアンタには嬉しい報せだと思うの」 


     

    【ナルト「サスケ、何見てるってばよ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/09(月) 08:14:18 ID:4q6n0tkw

    イタチ「一体何なんだ、魔法少女というのは」

    QB「君は男だけど素質があるね。さぁ、君はその魂と引き換えに、何を願う?」 




    【うちはイタチ「魔法少女?」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング