えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    ナルト

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:41:51.96 ID:Yfce8MVn0
    ナルト「・・・ここはどこだってばよ、俺ってばさっきまでマダラ達と戦ってたはずなのに・・・」

    ここは俺の家・・・?新聞を見てみると3年前の日付・・・どうなってんだ・・・

    ナルト「これってば幻術か?・・・解!」

    ・・・何も起こらねえ、幻術じゃない・・・?


    ナルト「俺ってば、過去に戻ってきた!?」



    こうですかわかりません

    引用元: ナルト「強くてニューゲーム・・・?」 



    NARUTO THE BEST
    NARUTO THE BEST
    posted with amazlet at 17.11.13
    DOES DISH//
    アニプレックス (2016-07-06)
    売り上げランキング: 3,293
    【ナルト「強くてニューゲーム・・・?」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2014/01/04(土) 09:11:43.35 ID:CQ9q8VX20
    最初の演習の時、カカシ先生に脅された。ナルトを殺さなければサスケ君が死ぬと、先生はチームワークの大切さを教えようとやった事だったけど、私はあの時からずっと悩んでいた。もし、仲間を人質にとられたら私はどうすればいいのだろう。

    演習の結果、私達は合格しその後も色々あった。波の国の任務もそうだけど、中忍試験や大蛇丸や新しい火影様、嫌な記憶もそれなりにあるけど、どれも印象深かった。その記憶のどの部分を切り取っても、私が役にたっていることはほとんどない。私も試験を合格して下忍として認められたはずなのに、守られてばかりの自分が嫌だった。

    今回の任務でもそうだ。私だけではないけれど、私達を庇ってカカシ先生は重症をおってしまった。久しぶりの第七班での任務だったのに、命を落としかけるところまで先生は追い詰められた。その様子を見てることしか出来なかった私は、無力感と罪悪感に襲われた。サスケ君とナルトも私と同じだったようで、何かどす黒い雰囲気を纏っていたサスケ君は、罪悪感のお陰と言うとあれだけど、少し穏やかになっていた。ナルトはとにかくみんなを元気付け、私も一緒になって明るく振る舞った。

    五日のびた滞在期間の内に、先生は動けるようになるまで回復した。新しい火影様の影響で、浅く医療の知識がある私は、先生の回復っぷりに忍者の生々しさを感じる。一般人より遥かに早く怪我が治るのは、寿命より任務が優先だから。望んで忍者になったのに、自分達は忍者だからこそ仲間でいるのに、何だか酷く嫌悪感を感じた。

    まだ足元が覚束ない先生の体を交代で支え、私達は帰途につく。全快するまで期間を延長出来ないのかと聞いてみたけど、これ以上は無理らしい。何かあったら置いていけ、なんてさらっと言われて三人共凍り付いた。すぐにナルトが明るい声で全否定してくれて助かった。何で自分達は忍者なんだろうなんて、思いたくなかったのだ。

    森を横切る道をしばらく進んでいくと、同じ額当てをした木の葉の忍者が、にこやかに手をふっていた。人の良さそうな男は何か伝令があるらしく、手には巻物を持っている。すっかり油断した私たちは、カカシ先生の低い声が聞こえても、反応することが出来なかった。

    男が地面を蹴った次の瞬間、ナルトとサスケ君は脇に抱えられていた。更に一瞬遅れて、先生が男に襲いかかる。あまりにも急すぎて敵を敵だと認識する暇もなかったから、私はその場に立ち尽くしてしまった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388794302

    引用元: サクラ「誰かを選ぶなんて……!」 


    【サクラ「誰かを選ぶなんて……!」 (NARUTO)】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 15:19:41.09 ID:KxFqaG0D0
    ナルト「どういうことだってばよ?」

    サスケ「俺が女だったら!今までの俺を否定しちまうか!?ナルトォ!」

    ナルト「そ、そんなことねぇってばよ…お前はお前だ、俺の友達だ」ブルブル

    サスケ「チィ!」

    ナルト「?」

    サスケ「もっと…友達以上の関係があるだろ…ウスラトンカチ…」ブツブツ

    ナルト(さっきからこいつなんだってばよ…言ってることがむちゃくちゃだ)

    引用元: サスケ「俺が女だったら…引くか?」ナルト「」 



    【サスケ「俺が女だったら…引くか?」ナルト「」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 10:50:31.54 ID:mYjjhKlJ0
    ナルト「そりゃ、自分で作るしかねーじゃん。サクラちゃんが作ってくれんなら、嬉しいけどさ」

    サクラ「お断りよ。しかし、毎日同じものばっかり食べてよく飽きないわね。どんだけ麺類好きなのよ」

    ナルト「いや、もう飽きてるってばよ」

    サクラ「じゃあなんで弁当二段ともスパゲッティなのよ」

    ナルト「作るのが楽しくてさ。味は断然ラーメンの方が上だけど、なんかスパゲッティって見てて飽きねぇんだってばよ」

    サクラ「ふーん、変な趣味してるわね」

    カカシ「そういうサクラも、あんみつ食べてるところしか見てないけど」

    サクラ「……いや、私はちゃんと食べてますよ。先生が気付いてないだけです」

    カカシ「そうか?」

    ナルト「いーじゃん別にさ。好きなもん食ってるだけなんだし」

    カカシ「まぁ、悪いとまでは言わないよ。でも、それだけっていうのは駄目。お前なんか炭水化物しか摂れてないからな」

    ナルト「えー、味付けにトマトも入ってんだろ」

    サクラ「アンタねぇ、そんなバカなこと言ってると体壊すわよ」

    ナルト「だって、食わねぇと余っちまうんだもん。捨てるのも忍びねぇってか、なんてーかさぁ」

    サクラ「まぁ、無駄にするのは確かに駄目だけど……せめて他の物も一緒に摂ったら?」

    カカシ「パスタ料理も色々あるからな。毎日具なしナポリタンじゃ、体が持たないでしょ」

    ナルト「んなこと言ったって、他のなんか作れねぇってばよ」

    サクラ「じゃあ、私が教えてあげるわよ。最近覚えたのがあんの」

    ナルト「サクラちゃんかぁ……うーん」

    サクラ「なによ、なんか不満?」

    ナルト「い、いや、別に」

    カカシ「良かったな、ナルト。先生食べられなくて残念だなー」

    ナルト「なら、家に持ってってやるってばよ」

    カカシ「え、いや、あはは」

    サクラ「二人してバカにして……いいわ、私の実力見て腰抜かせばいいのよ」

    ナルト「本当にそうなりそうで怖ェ……」ボソッ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388368231

    引用元: サクラ「お弁当って自分で作ってるの?」 


    【サクラ「お弁当って自分で作ってるの?」】の続きを読む

    1: オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/11/05(火) 17:57:07.30 ID:LFgMt1P+0
    イタチが里に現れた。偶然その事実を 知ってしまった俺は、ナルト達を追いかけ宿場町へと向かった。仲間をイタチの 魔の手から守るために、なにより家族や一族の無念を晴らすために、少しでも早く復讐を果たそうと必死だった。

    やっとの思いで突き止めた宿屋の廊下 で、風変わりなマントを羽織り、イタチは俺の目の前にいた。奴の姿を目にするまでは、仲間を守りたいと思う理性もあった。一族のためにと思う気持ちも確かにあったのだが、いざ対峙した瞬間、 俺は憎悪と殺意のみに支配された。

    たかが13才のガキがトラウマと相対し て、平気でいられる訳がなかったのだ。それを俺は、無謀にも今なら勝てると思い込みこの場に来てしまった。俺とアイツは忍者として同じ土俵にすら立てていなかった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383641827

    引用元: サスケ「何で俺を連れ戻しやがった……!」 


     

    G.E.M.シリーズ BORUTO -NARUTO THE MOVIE- うちはサスケ
    メガハウス
    売り上げランキング: 60,745
    【サスケ「何で俺を連れ戻しやがった……!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 20:19:35 ID:Znquw5q.
    ナルト「木の葉隠れの里の忍らしい生き方をするって決めたんだ……憎しみの連鎖は俺が全部断ち切ってやるってばよ!」

    サクラ「ナルト……」

    ヒナタ「ナルト君///」

    ナルト「だから、チョウザのオッチャンも安心してくれて良いってばよ!」

    チョウザ「……えっ??」

    引用元: ナルト「卑の意志を継ぐってばよ!」 

     

    BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE- 2017カレンダー 壁掛け
    エンスカイ (2016-10-17)
    売り上げランキング: 1,292
    【ナルト「卑の意志を継ぐってばよ!」】の続きを読む

    1: ◆aTPuZgTcsQ 2013/10/14(月) 15:03:34.44 ID:BLnFpW2L0
    毎日、外の音に怯えていた。例えまともな来客があろうと、俺はドアを開けなかっただろう。
    扉の向こう側の話し声が怖くて、カーテンを締め切った薄暗い部屋で、一人布団を被っていた。

    耳を塞いでいても、甲高い子供の声だけは鮮明に聞こえた。

    それが家に向けられたものであろうが無かろうが、俺には関係無かった。

    すべての音が俺を蝕んでいく。

    所詮、俺にできることは指を耳に突っ込むぐらいだった。

    その程度ではほとんど変わるはずもなく、少し音量を絞っただけの騒音が、今日も響き渡る。

    扉を壊さんばかりのノックの音、何かのスプレーを噴射する音、窓に固いものがぶつかる音、ガラスが割れる音、そして極めつけはドアを蹴飛ばし大人が怒鳴る声、防ぎきれない多様な音に俺はもう耐えられなかった。

    次第に俺は俺自身の音さえも必死に押さえ込むようになり、居留守を使うようになった。

    どんなに小さな音でも心臓が止まるほど緊張し、家の中いるのがバレてしまうのではないかと恐怖に囚われた。

    実際は、そんなことをしようとしなかろうと、俺が中にいるのはバレバレだった。

    まだアカデミーにも通っていない俺に、家以外の居場所などなかったからだ。

    明らかに俺に向けた罵詈雑言か、扉の向こうから聞こえてくることもあった。

    あの薄い扉一枚だけが自分を守る砦だと思うと、俺は抱えきれないほどの不安に苛まれた。それでも俺には逃げる場所すらない。

    無駄だと頭では分かっていても、とにかくここにはいないと思わせたくて、音の出ることを徹底的に避け始めた。

    水を流す音が怖くて、トイレに行くこともできなくなった。

    冷蔵庫のドアを開ける音さえ、聞き耳をたてられているような気がした。

    中でもビニール袋のカサカサいう音が苦手だった。恐らく外に響くことはないが、妙に大きな音に感じてしまう。

    うっかり触れてはその度に冷や汗をかいた。未だにビニールの音は、俺にとって恐怖の象徴であり続けている。

    その結果、俺は本当に一日中、布団の中で過ごしていた。

    遂には、自分の呼吸さえ鬱陶しく思うほど、俺は追い詰められていた。

    耳を塞いだまま分厚い布団の裏側を見上げ、気まぐれに呼吸を止めては、また息を吸ってしまう自分に嫌気が差す。

    もう、いっそ死んでしまいたかった。

    そんな俺でも、鍵が開く音だけは楽しみにしていた。

    父さんが任務から帰ってきたという合図だからだ。その音が聞こえたらやっと一日が始まる。俺は嫌でも夜型になるしかなかった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381730614

    引用元: カカシ「春野サクラ……!」 


     

    G.E.M.シリーズ NARUTO-ナルト-疾風伝 はたけカカシ ver.弐
    メガハウス (2013-10-02)
    売り上げランキング: 17,725
    【カカシ「春野サクラ……!」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/11(水) 02:11:29 ID:C0RjKeAo
    サクラ「戦争が終わって、世界が救われてからもう数ヶ月ね」

    ナルト「…ああ」

    サクラ「ねえ、ナルト。サスケ君の事なんだけど」

    ナルト「サスケ?サスケに何か」

    サクラ「お、落ち着いてナルト。また里抜けしたとかそんなんじゃないから」

    ナルト「ごめんってばよ」

    サクラ「むしろアンタには嬉しい報せだと思うの」 


     

    【ナルト「サスケ、何見てるってばよ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/09(月) 08:14:18 ID:4q6n0tkw

    イタチ「一体何なんだ、魔法少女というのは」

    QB「君は男だけど素質があるね。さぁ、君はその魂と引き換えに、何を願う?」 




    【うちはイタチ「魔法少女?」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/07(水) 16:55:09 ID:dL3gmNng
    「やった…やったってばよ!」

    ナルトが振り返る。
    ぼろっぼろのその顔に、満面の笑みを浮かべて。 

    そうだ、全ては終わったんだ。

    俺の後ろから、歓声と足音が押し寄せる。この戦いに関わった全ての人が、ナルトに駆け寄る。
    英雄を、祝福するために。

    もみくちゃにされた挙げ句、終いには胴上げされて投げ飛ばされているあいつを見ていると、不思議な気分になる。 


     

    【サスケ「戦争が終わった」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 12:23:19.97 ID:Jv6kkGRC0
    カルイ「ふーん、まぁ好きにしな」

    チョウジ「チョウチョウはまだ子供なんだから程々にしておくんだよ」ムシャムシャ

    チョウチョウ「……なんかァ、全然ホンキにしてねーなって感じすんだけど!」パクパク

    カルイ「そりゃ朝から牛丼おかわりしてる娘が言っても説得力がないし…」フー

    チョウチョウ「ムカッ……あちしホンキだから!!」ガタッ

    チョウジ「あ、チョウチョウ! まだご飯残って……行っちゃった……」

    カルイ「ほっときなって…どうせ長つづきしないだろうし」

    チョウジ「ん―――、でもやっぱり心配だし…………うん?」

    タタタタタ

    チョウチョウ「やっぱりもったい無いからこれだけは食べる事にする」パクパク

    チョウジ「……」

    カルイ「ね?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469071399

    引用元: チョウチョウ「あちしダイエットする」 


     

    BORUTO -NARUTO THE MOVIE-(完全生産限定版) [Blu-ray]
    アニプレックス (2016-07-06)
    売り上げランキング: 41
    【チョウチョウ「あちしダイエットする」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/18(月) 12:43:14.16 ID:U46kq2EN0
    サラダ「ボルト……アンタっていつもくだらない事ばっか言ってるよね」ハァ

    ボルト「くだらなくなんてねえってばさ!」

    サラダ「だいたい勝ちたいって、そもそもなにで勝つのよ」

    ボルト「そ、それは……えーっと……」

    サラダ「いつもの鬼ごっこは『今日は~分だったってばさ!』とか言ってる段階でまず勝負になってないし」

    ボルト「うっ」グサッ←

    サラダ「影分身だって七代目は里中走り回ってる位の数だけど……ボルトはいくつ分身できるんだっけ?」

    ボルト「…………4人だってばさ」グサッグサッ←←

    サラダ「人望も里中から慕われてる火影様に対してアンタはただのイタズラ小僧ってレベルだし」

    ボルト「ううぅっ」グサッグサッグサッ←←←

    サラダ「背も小さし口は悪いしすぐ諦めるし……ホントいいとこないわねアンタ」

    ボルト「オイ、最後ただの悪口になってんぞォ!!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468813393

    引用元: ボルト「クソオヤジに勝ちたい」 

     

    BORUTO -NARUTO THE MOVIE-(完全生産限定版) [Blu-ray]
    アニプレックス (2016-07-06)
    売り上げランキング: 14
    【ボルト「クソオヤジに勝ちたい」】の続きを読む

    1: ◆cZ/h8axXSU 2016/07/03(日) 21:13:28.94 ID:gZlKTRtC0
    マダラ「ハハハ……死ぬところだったぞ……こやつめ!!」

    ガイ「……」


    八門遁甲の陣を発動したマイト・ガイ
    しかし、その決死の覚悟も虚しくうちはマダラを仕留める事は出来なかった

    八門を開いた人間に待つのは絶対の"死"
    だが、その風前の灯火の命の前に、ナルトが現れる


    マダラ「灰になる前に……俺が殺してやる!」

    ナルト「……」ガッ!!

    マダラ「ッ!?求道玉を蹴るだと?」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467548008

    引用元: ガイ「……」ナルト「ゲキマユ先生ェ……」 


     

    【ガイ「……」ナルト「ゲキマユ先生ェ……」】の続きを読む


    前回 ナルト「強くてニューゲームだってばよ」【安価有】

    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 04:01:31.52 ID:StF/p/I50
    イタチ死亡(偽装)後

    香燐「うん…?ここは――は、サスケ!?」

    水月「どうやらサスケは敗北したみたいだね、幻術かけたボク達の事を忘れて行ったみたいだし」

    香燐「な!?水月テメエデタラメ言ってんじゃ――」

    カカシ「君たちそこで何やってんの?」

    重吾「木ノ葉の…!!」

    カカシ「サスケとか言ってたね。ってことはサスケが組んでた小隊のメンバーか…色々と聞かせてもらうよ」

    水月「メンド―だけどやるしかないね」

    重吾「ヒャッハー!!皆殺しだ!!」

    カカシ「呪印!?」

    サクラ「しゃーんなろー!!」ドガ

    重吾「ごふ…ひぃ!?」

    サクラ「え?この人二重人格?」

    水月「重吾が一撃で…」

    カカシ「写輪眼!!」

    香燐「あ――」

    カカシ「さて、木ノ葉に連れ帰ってサスケについて聞き出すぞ」


    カカシ「里が…何があったんだ!?」

    サクラ「帰ってきたら里がめちゃくちゃに……」

    綱手「ちょうど良いタイミングだサクラ。五影会談の要請が来ている。シズネ、サクラついてこい」

    シズネ「はい綱手様」

    サクラ「わかりました師匠」

    カカシ「里がこれだとな…こいつらどうすっか。ヤマトに檻作らせて捕縛しとくか」

    引用元: ナルト「強くてニューゲームだってばよ」【後日談】 


     

    BORUTO -NARUTO THE MOVIE-(完全生産限定版) [Blu-ray]
    アニプレックス (2016-07-06)
    売り上げランキング: 22
    【ナルト「強くてニューゲームだってばよ」【後日談】】の続きを読む

    1: ◆C2VTzcV58A 2016/03/22(火) 12:52:24.93 ID:qtH2zROuO
    とある街の宿


    サスケ「カカシ。あんたから電話なんて珍しいこともあると思えば、いきなりなんだ」

    カカシ「長期の単独任務だと、宿での暇つぶしにも一苦労だろう。だから手ごろな遊びを紹介してやろうと思ってな」

    サスケ「遊びだと?」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458618744

    引用元: うちはサスケ「デレステ? なんだそれは」 


     

    【うちはサスケ「デレステ? なんだそれは」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 22:10:29.75 ID:y8uiOrI20
    木の葉の里

    サクラ「きゃぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぉぁぁぉぁぁあ!!!」ドーン

    ナルト「飛んだってばよ」

    サクラ「げほっ、げほっ……な、何すんのよイキナリ…!!」

    ナルト「螺旋丸^^」

    サクラ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ドーン

    ナルト「……」

    ナルト「俺は火影になる」

    引用元: サクラ「おーいナルトー」ナルト「螺旋丸^^」 


     

    【サクラ「おーいナルトー」ナルト「螺旋丸^^」】の続きを読む

    1: ◆zuGQQ/lbZc 2015/10/30(金) 20:59:01.68 ID:Me7aGaxSo
    カカシ「重大な話って…それですか?」

    黄ツチ「そうだ。他に何がある?」

    ダルイ(雷影になったら言わないようにしようと決めてたけど、これはだるい・・・・)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446206341

    引用元: 【ナルトSS】黄ツチ「四代目土影はワシがなるべきだろ」カカシ&ダルイ「え…!?」 

     

    NARUTO ─ナルト─ サスケ真伝 来光篇 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 十和田 シン
    集英社
    売り上げランキング: 86
    【【ナルトSS】黄ツチ「四代目土影はワシがなるべきだろ」カカシ&ダルイ「え…!?」】の続きを読む

    1: ◆UyRzM6MbvE 2015/06/26(金) 17:23:03.84 ID:9dalJ4Ud0
    イタチ「今の木の葉はナルトが七代目になっているのか」

    イタチ「しかも様々な技術も発展している様だ・・・」

    オビト「今まで五大国で争いに使っていた人材や資材が世界の発展のために使われた結果だろう」

    マダラ「争いそのものが無くなったわけではないが、世界も徐々に変わりつつあるようだな」

    マダラ「やはり俺は結論を急ぎすぎたらしい・・・」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435306973

    引用元: イタチ「あの世から木の葉の様子を見る」 

     

    NARUTO─ナルト─暁秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 十和田 シン
    集英社
    売り上げランキング: 291
    【イタチ「あの世から木の葉の様子を見る」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:19:36.36 ID:JV4EwCY10
    再不斬「お前の味噌汁は宇宙一だ」ズズ

    白「これで最後ですよ?」

    再不斬「何故だ」

    白「明日の朝食の分が無くなってしまうからです」

    再不斬「それはいけないな」

    白「今月は赤字なんですから節約しないと」

    再不斬「苦労をかけて済まない」

    白「ボクは良いんです。再不斬さんと一緒に居られるだけで幸せですから」

    再不斬「白…。お、俺だって、その…アレだ。」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434439166

    引用元: 再不斬「白、おかわり」 白「はーい」 

     

    【再不斬「白、おかわり」 白「はーい」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/03(金) 00:45:37.59 ID:qJrLTnUT0
    ...ガチャ

    あかり「西沢先生話ってなんですか?」


    西垣「おお来たか、ちょっと実験に付き合ってもらいたい!」


    あかり「じ、実験ってまたそんな急に…」オロオロ


    あかり(それに実験ってまた爆発するんじゃ…)


    西垣「ん?ああ、今回は爆発の心配はないぞ。りせのお墨付きだ!」


    りせ「……」


    西垣「ほらな!」


    あかり(って言われても….)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367509537

    引用元: あかり「イザナギだよぉ」  サスケ「クソがぁ!」 

     

    【あかり「イザナギだよぉ」  サスケ「クソがぁ!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 00:45:19.94 ID:pffgdszh0
    ・FateとNARUTOのSSです

    ・Fateはアニメの知識が基本なんで、魔力の事とか細かい事はわかってなかったりします

    ・NARUTOの設定もうろ覚えです

    ・書きだめそんなにないです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432395909

    引用元: 凛「私のサーヴァント…暁!?」 

     

    NARUTO─ナルト─暁秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 十和田 シン
    集英社
    売り上げランキング: 367
    【凛「私のサーヴァント…暁!?」】の続きを読む

    1: ◆FNQT202KDc 2015/05/14(木) 21:58:27.32 ID:Nu8BymHI0
    ナルト「二代目のおっちゃんは妙木山の事も知ってんのか」

    扉間「知ってるもなにも直接行った事がある・・・」

    扉間「あれは兄者が他里に尾獣を分配した後のことだ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431608297

    引用元: 扉間「妙木山にはワシも行った」 

     

    【扉間「妙木山にはワシも行った」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 12:15:27.76 ID:3/BGy/Ht0
    ※ナルトスネタになります。それでよければどうぞ


    柱間「あれほどうちはをないがしろにしてはならぬと念を押して! 」

    扉間「うちはにこそできる役職を与え!次のマダラが出てきたとしてもすぐに対処できるように考えた結果だ!」

    扉間「それにうちはには刑務部隊とは別の重要な役割を与えていた…」

    扉間「うちはせんべいの製造だ!!」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431227717

    引用元: 扉間「うちはせんべいはワシが作った」 

     

    NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 ひなたしょう
    集英社
    売り上げランキング: 222
    【扉間「うちはせんべいはワシが作った」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:20:08.58 ID:L0bkZSdj0
    カカシ「火影をナルトに引き継いだら暇になったな・・・」

    カカシ「久しぶりに読書でもするか」

    カカシ「イチャイチャシリーズどれがいいかな~」

    カカシ「しっかしこの本もボロボロだね~火影の仕事サボって読んでたからな・・・」

    カカシ「もう全部覚えてしまったし目新しさが足りないな」

    カカシ「時間もたっぷりあることだし自分で執筆してみるのもいいだろう」

    カカシ「そうと決まれば取材だ。千の術をコピーした(元)コピー忍者のカカシ、通り名通りに取材する!!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430831998

    引用元: カカシ「イチャイチャシリーズを執筆する」 

     

    【カカシ「イチャイチャシリーズを執筆する」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 07:22:54.45 ID:L0bkZSdj0
    ナルト「オレの千年殺しの事も詳しいんだな。二代目のおっちゃん!」

    扉間「ワシの術だ!ワシが作った術だ!!」

    扉間「ただのカンチョーだと思うかもしれんが本当は違うのだ。」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430778164

    引用元: 扉間「千年殺しはワシが作った!」 

     

    NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 ひなたしょう
    集英社
    売り上げランキング: 141
    【扉間「千年殺しはワシが作った!」】の続きを読む

    1: ◆aTPuZgTcsQ 2013/03/20(水) 23:14:18.72 ID:ImjXMyjD0
    ナルト「オビトも倒したし、マダラも封印した!もう大丈夫だよな…!」

    ガイ「ああ…!」

    ナルト「俺達勝ったんだよな!ビーのおっちゃん!」

    ビー「おう!当たり前だぜバカヤローコノヤロー!」

    ナルト「やった…やったー!!」

    カカシ「……」フラッ

    ガイ「みんなに報告しに行かないとな!ナルト、お前は忍界の英雄だ!」

    ドサッ

    ナルト「え?」

    ビー「な、なんだ?」

    カカシ「」

    ガイ「……カカシ!おい、しっかりしろ!」

    ナルト「一体どうしたんだってばよ!チャクラ切れか…?」

    ガイ「駄目だ、意識が完全に飛んでしまっている!早く医療班の所へ運ぶぞ!」ガシッ

    ナルト「俺も行くってばよ!」

    ビー「一番近いテントは南の森の中だ!」

    ナルト「サクラちゃんがいるところだな!サンキュー、おっちゃん!」

    シュタッ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363788858

    引用元: ナルト「戦争は終わった」 

     

    NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 ひなたしょう
    集英社
    売り上げランキング: 30
    【ナルト「戦争は終わった」】の続きを読む

    1: ◆nYzYBQVSrhho 2015/04/03(金) 23:15:48.77 ID:xBH6qaWv0


    子供「飼ってたワンコが死んじゃった~」

    ナルト「適当な野良犬……お、こいつでいいってばよ」

    赤丸「?」

    ナルト「穢土転生の術!」

    子供「わー! 生き返った!!」

    ナルト「大事に育てろってばよ」ナデナデ

    子供「火影様ありがと―!」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428070548

    引用元: ナルト「穢土転生の術で何でも解決だってばよ!」 

     

    NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 ひなたしょう
    集英社
    売り上げランキング: 107
    【ナルト「穢土転生の術で何でも解決だってばよ!」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/29(火) 21:10:03.79 ID:m4T8xvDz0
    今考えると、身が震えるほどの戦いだった。

    オレは隊の小隊長として音に走ろうとする
    サスケを止める任務を5代目火影さまから任された。

    里に上忍、特別上忍、中忍は少なく、5代目の命令で
    ナルト、チョウシ、キバと赤丸、ネジを隊員として里を出た。
    中忍として初めての任務がまさかこんな形になるとは予想は
    していなかった・・・

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359461403

    引用元: シカマル「俺は仲間を守れなかった....」 

     

    NARUTO ─ナルト─ シカマル秘伝 (JUMP j BOOKS)
    岸本 斉史 矢野 隆
    集英社
    売り上げランキング: 413
    【シカマル「俺は仲間を守れなかった....」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:57:16.29 ID:B3uP1z3w0

    ナルトとモバマスのクロス。



    ~木の葉の里付近~

    トビ「先輩ってば木の葉を偵察に行くって言ったから付いてきたのに……もー!」

    トビ「おーい、せんぱーい、おーい!」

    トビ「隠れてないで出てきてくださいよ―」

    トビ「あ、あそこに美味しそうな団子屋が!」

    トビ「先輩もいないし一休みしよーっと」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424696235

    引用元: 【モバマス】日野茜「ボンバーーッ!」デイダラ「喝!」【NARUTO】 

     

    THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 016 日野茜
    日野茜(CV:赤崎千夏)
    日本コロムビア (2013-05-22)
    売り上げランキング: 20,416
    【【モバマス】日野茜「ボンバーーッ!」デイダラ「喝!」【NARUTO】】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 19:39:33.59 ID:h2rHWyilo
    一楽にて。
    ナルトはたまたま出会ったキバとシノの二人と食事を共にしている。
    そして三人ともが食べ終わり一息入れた頃、キバが突然切り出した。

    キバ「そう言えばナルト! お前とうとうヒナタと同棲し始めたらしいじゃねぇか」

    ナルト「ん? あぁ、ちょっと前にな」

    シノ「別に構わないが少し早すぎるんじゃないのか。
      何故なら、二人が交際を始めてまだ日が浅いからだ」

    ナルト「そうか? どうせいつかは一緒に暮らすんだし、いつ始めてもおんなじだろ?」

    キバ「同棲ってことはよ……やっぱアレか? 夜は楽しんでんのか? なあ!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421318364

    引用元: ヒナタ「ナルトくんなんて……!」 

     

    NARUTO -ナルト- 72 (ジャンプコミックス)
    岸本 斉史
    集英社 (2015-02-04)
    【ヒナタ「ナルトくんなんて……!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング