えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    エヴァ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:23:16.34 ID:ypDwocMb0
        パワプロ「今日から高校生かー」

        矢部「パワプロ君、おはようでやんす!」

        パワプロ「あ、矢部君おはよう」

        矢部「今日からオイラ達も高校生でやんすね。よろしく頼むでやんす」

        パワプロ「うん、こちらこそ!」


        教室

        ざわざわ・・・

        パワプロ「中学の同級生は殆どいないなぁ」

        矢部「オイラ人みしりでやんすからパワプロ君が一緒で良かったでやんす!」

        ガラガラ・・・・

        パワプロ「あ、先生だ」


    【パワプロ君「ここがネルフ高校か・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:32:31.37 ID:pGxEHs7eO
    ミサト「あ、アスカ!?今日はヒカリちゃんのところに行くんじゃなかったの?」

    アスカ「・・・ほんとなの今の話し」

    ミサト「えっと、あーリツコがネコに噛まれて本気で凹んだって話しだっけ?笑っちゃうわよねー」

    アスカ「・・・・・・」

    ミサト「・・・う、嘘よ嘘!シンジくんがそんな簡単に」

    アスカ「・・・・・・」

    ミサト「・・・・・・」

    アスカ「・・・・・・」

    ミサト「・・・こないだの使徒で・・・シンジくん、少し怪我したでしょ?」

    アスカ「・・・うん」

    ミサト「それで、使徒に汚染されちゃったらしくて・・・」

    アスカ「なんとかならないの?」

    ミサト「手は尽くしたんだけど・・・ごめんなさい」

    引用元: ミサト「シンジくんの余命があと一ヶ月なんて」アスカ「えっ」 



    【ミサト「シンジくんの余命があと一ヶ月なんて」アスカ「えっ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:38:58.66 ID:qROkELrN0
    アスカ「ただいま~」

    シンジ「おかえり、アスカ!」トテトテ!

    アスカ「あら、玄関までお出迎えとは関心じゃない。どうしたのよ、急に?」

    シンジ「別に何でもないよ?アスカの顔が見たかっただけ」

    アスカ「はぁ?」

    引用元: シンジ「アスカにめちゃくちゃ勘違いさせて、最終的に振ってみる」 


     

    【シンジ「アスカにめちゃくちゃ勘違いさせて、最終的に振ってみる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 23:42:26.53 ID:pYXJuXWm0

    シンジさん何回死ぬかな


    アスカ「なんとかしなさいよっ!!」

    アスカ「バカシンジィィィ!!!」


    シンジニョイボウ「ええよ」スパスパ

    アンチさん「えぇー」ドカーン


    アスカ「!!」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367851346

    引用元: シンジ「フゥー、キュウッ!」ドンッ 

     

    【シンジ「フゥー、キュウッ!」ドンッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 家畜シンジ 2013/03/02(土) 12:41:08.15 ID:Mfuxwhdc0
    シンジ「集合場所はここであってるよね…」

    シンジ(一応この間下見に来たし、今日も30分前には着いたから悪い印象は与えないはずだ)

    シンジ「でも、父さんもどういう意図で急に僕を…」

    シンジ(もしかしたら僕のような存在でも役に立てることを見つけてくれたのかな…。それなら期待に応えられるように頑張らなくちゃ…)

    シンジ「それにしても遅いなぁ…」ピラッ

    シンジ(父さんの部下らしいけど、どうせなら私服じゃなくて制服姿を送ってくれれば社内環境が見えてきたかもしれないのに…)


     ―――キキィィィィィ!!


    シンジ「!?」

    ミサト「ごっめぇぇん♪ シンジ君待ったぁ?」



    シンジ「いえっ、僕なんかのためにわざわざ時間を割いていただきありがとうございます!!」

    ミサト「」



    ※オリジナル展開になるかと

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362195667

    引用元: 社畜シンジ「エヴァに乗らさせていただいております碇シンジです!」 

     

    新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (16) (カドカワコミックス・エース)
    高橋 脩
    KADOKAWA/角川書店 (2014-06-25)
    売り上げランキング: 14,641
    【社畜シンジ「エヴァに乗らさせていただいております碇シンジです!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 16:24:56.97 ID:yzvSBKAAO

    カヲル「……」キョロキョロ

    シンジ「あ、カヲル君! こっちこっち~」

    カヲル「やあ。すまない、待たせてしまったかい?」スタスタ

    シンジ「ううん、僕もちょうど今来たとこだから。久しぶり」

    カヲル「そう、よかった。久しぶりシンジ君。相変わらず変わらないね君は」

    シンジ「それって褒めてるの?」

    カヲル「もちろん。それにしても喉が渇いたよ、とりあえず先に飲み物頼もう。ビールでいい?」ガタッ

    シンジ「うん」

    カヲル「すいません、注文いいですか?」

    店員「はーい」トテトテ…

    カヲル「生二つお願いします」

    店員「かしこまりました。すぐお持ち致します~」




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427009096

    引用元: シンジ(24)「久しぶり」 

     

    新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)
    高橋 脩
    KADOKAWA/角川書店 (2014-11-22)
    売り上げランキング: 4,218
    【シンジ(24)「久しぶり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:03:23 rVI3KiSY
    シンジ「今日もシンクロテストかぁ・・・」

    リツコ「始めるわよシンジくん」

    シンジ「血の匂いのするエントリープラグ。なのにどうして落ち着くんだろう。」


    シンジ「なんかお母さんに守られてるような・・・・・」


    シンジ「そういえば僕のお母さんてどんな人だったんだろう・・・思い出せないや・・・・」


    マヤ「シンクロ率100・・・120・・・250!!?どんどん上がって行きます!!!!」

    ミサト「なぁに!??どうなってるの!!?」

    シンジ「お母さん・・・」

    リツコ「エントリープラグ強制射出!!急いで!!」


    シンジ「子どもの頃・・・」


    ・・・・・
    ・・・・
    ・・・
    ・・


    【アスカ「シンジが小っちゃくなっちゃった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:46:18.13 ID:gUsgrWeIO
    シンジ「これに乗って戦うなんて無理だよ!」

    ゲンドウ「この馬鹿たれ!」バキッ

    シンジ「ギギギ」

    ゲンドウ「馬鹿たれっ!シンジの馬鹿たれ~!わしの気持ちがわからんのか?っ乗らんのなら帰れ!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358347578

    引用元: はだしのゲンドウ 

     

    【はだしのゲンドウ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/12(土) 22:26:24.26 ID:bky7I9sX0
    シンジ「この感じ…母さんか」 の続編

    エヴァのいろんなネタバレあり

    Qバレ含む

    書き溜め投下

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357997184

    引用元: アスカ「この感じ……ママ!?」 

     

    【アスカ「この感じ……ママ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 05:38:23.78 ID:GthgKpY50
    リツコ「人造人間エヴァンゲリオン初号機よ」

    シンジ「この感じ…母さんか」

    リツコ「えっ」

    ミサト「えっ」

    ゲンドウ「ブフゥッ」


     

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1356986303

    引用元: シンジ「この感じ…母さんか」 

     

    新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)
    高橋 脩
    KADOKAWA/角川書店 (2014-11-22)
    売り上げランキング: 13,866
    【シンジ「この感じ…母さんか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:24:42.10 ID:XGMJq46AO

    アスカ「……」ピッ


    【From】コネメガネ
    【Sub】ねーねー
    -----------------------
    姫はジブリで何が一番好き~?o(`▽´)o




    アスカ「……」

    アスカ「……」メルメルメル



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424352282

    引用元: アスカ「ん?コネメガネからメール……?」 

     

    【アスカ「ん?コネメガネからメール……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:17:45.30 ID:VxW+p3/j0
    アスカ「は?」

    シンジ「だって、特に大した理由もないのに僕達一緒に暮らす事になったんだよ。これはもうアレまで一直線のパターンじゃないか。なのに、アスカときたら僕に何にもしてこないなんてどういう事だよ」

    アスカ「……なによ、アレって?」

    シンジ「アレって言ったらアレに決まってるじゃないか。僕の  のロンギヌスの槍はいつでもスタンバイ状態なのに、何でアスカは何にもしようとしないの。こんなのおかしいよ。間違ってるよ。アスカ、ちゃんと空気読んでよ」

    アスカ「……は?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417774655

    引用元: シンジ「アスカって空気も読めないの?」 

     

      【シンジ「アスカって空気も読めないの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 09:40:49.00 ID:wBH9/rMzO
    シンジ「よかったら今度の土曜日、一緒に映画でも見に行きませんか、っと」カチカチ

    シンジ「二人並んで映画を見て、て、手なんか繋いだりして・・・へへ」

    シンジ「映画が終わったら一緒に料理を作ったりしたいな、なんて」カチカチ

    シンジ「これで部屋に二人っきりに・・・」

    シンジ「・・・・・・送信」チャラーン



    シンジ「よし・・・綾波の予定が空いてるといいk」

    ドガシャーン!

    シンジ「っ!?」ビクッ

    シンジ「アスカの部屋から・・・?なに騒いでるんだろあのドイツ人。いや国籍はアメリカなんだっけ」

    シンジ「はぁ・・・もうちょっと日本文化を理解して欲しいよ」

    チャラーン

    シンジ「っ!」カチッ

    From:アスカ
    Re:今度の土曜日
    べつにいいけど

    引用元: シンジ「綾波へのメールを間違えてアスカに送った」 


     

    【シンジ「綾波へのメールを間違えてアスカに送った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    前回 安心院「碇シンジ君、本当にエヴァに乗りたくないのかい?」

    1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/14(月) 18:59:40 RIzwo2fw
    @?

    オペ子「エントリースタート」

    オペ子「マリさん、思考言語固定を願います」

    マリ「えっと・・・初めてなんで日本語で」

    オペ子「了解」


    【球磨川『碇シンジくん、本当に以下略:破の破』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/07(月) 02:55:17 Upz896Q2
    さて、今回は適当に選んだ球磨川くんの宇宙とは別の宇宙に飛ばしてみたけれど、暇つぶしになるかな?

    球磨川『何処だ?』

    球磨川『また嫌がらせか、人が悪いな、安心院副会長は』

    球磨川『とりあえず不自然に手に握っていた手紙を確認しよう』

    おっと、直ぐに僕の仕業だとバレてしまった。
    そういう空気の読めないところが過負荷(マイナス)たらしめているということに気付かないのかな?
    いや、過負荷(マイナス)故と言った方が正しいのか。
    それにしても、嫌がらせとは心外だな、人外だけに。
    球磨川くんはあの地球では主人公には成り得ないから、たまには主人公を味わわせてあげよう、と思ったのに。

    お、持っていた手紙を読み終わったみたいだ。
    さぁ、ゲームスタートなんだぜ。

    球磨川『僕はこの美人と待ち合わせしている碇シンジという男の子って設定か』

    球磨川『前回はRPGだったから、今回は恋愛シミュレーションゲームというところかな』


    【安心院「碇シンジ君、本当にエヴァに乗りたくないのかい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/12/27(木) 20:00:47.58 ID:8hEerJStP
    シンジ『今年はサンタさんに何をお願いしようかな』

    綾波『サンタさん』

    シンジ『うん』

    綾波『誰?』

    アスカ『えーっ!? エコヒイキって、サンタを知らないの!?』

    綾波『……』コクリ

    シンジ『サンタさんはね、クリスマスの日にプレゼントをくれるおじさんなんだ』

    綾波『どうしてプレゼントをくれるの?』

    シンジ『子供たちの笑顔が大好きだからだよ』

    綾波『良い人なのね』

    アスカ『そうよ! 私が唯一尊敬できる大人だわ!』

    シンジ『唯一って』

    引用元: ゲンドウ「チルドレンがサンタを信じきっている」 




    【ゲンドウ「チルドレンがサンタを信じきっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2 : ◆xzVC2T93Yc :2014/02/26(水) 21:44:15 rUTAMLT2
    怪談(かいだん)とは、怖さや怪しさを感じさせる物語の総称。

    元来、死に関する物語、幽霊、妖怪、怪物、あるいは怪奇現象に関する物語、民族を題材にした物語である

    【(エヴァ) マリ「恐い怖い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/06(金) 00:58:56.02 ID:+iuwxh8m0
    PM 5:30

    アスカ 「ただいまぁ~」

    シンジ 「お帰りアスカ。ご飯まだだからお風呂にでも入ってくれば?」

    アスカ 「あ~疲れてんのよねえ。バカシンジ、私の綺麗な足をマッサージしなさい」

    シンジ 「ま、またぁ!? う……うぅ」

    アスカ 「なによ! 私のこの綺麗な足をマッサージしたくないってぇの!? この足よこの足!」

    シンジ 「分かった、分かったよ。お願いだからその足で蹴らないでよ。するから」

    アスカ 「それでいいのよ! 私は居間にいるから早く来なさいよ」

    シンジ 「はいはい…… (トホホ。今日もマッサージしなくちゃいけないのかよ。いくらんでもアスカの
          あの足は臭すぎるよ…… ミサトさんの三十路●●●●●のニオイの方がいくらかマシだよ)」

    アスカ 「シ・ン・ジぃ~ まだぁ~?」

    シンジ 「今行くから待ってて」

    引用元: シンジ「誰か助けてよ!僕を助けてよ!アスカの足が臭すぎるんだよ」 


    【シンジ「誰か助けてよ!僕を助けてよ!アスカの足が臭すぎるんだよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/16(木) 12:30:02.110 ID:zwIfpyMg0
    ミサト「あらシンちゃん、今日は豚の角煮?」

    シンジ「ええ、新しく圧力鍋買ったから試しに作ってみたんです」

    ミサト「ビールと合うのよね~♪」

    アスカ「ふんっ、バカシンジのくせに中々やるじゃない」

    引用元: アスカ「新種の使徒ですって?」 




    【アスカ「新種の使徒ですって?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 15:06:47.13 ID:Wn5FsZsi0
    ミサト「アスカ、いい調子よ」

    リツコ「なぜ急にシンクロ率が上がったのかしら」

    アスカ「ママの匂いがする……」

    シンジ「」



    引用元: シンジ「アスカが生意気だからLCLに醤油混ぜてきた」 




    【シンジ「アスカが生意気だからLCLに醤油混ぜてきた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、VIPがお送りします 2014/09/14(日) 20:10:23.27 ID:NC76Ztud0
    アスカ「はあ?あんたバカぁ?本気で言ってるの?負けを宣言してどうすんのよ」

    シンジ「じゃーんけーん」

    アスカ チョキ

    シンジ グー


    アスカ「なっ!?」

    シンジ「やった!プリンは貰うよ!」

    アスカ「ちょっと待ったあ!!!」

    引用元: アスカ「じゃんけんよ」 シンジ「パー出すよ」 




    【アスカ「じゃんけんよ」 シンジ「パー出すよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/08(火) 01:08:31.01 ID:SuJco6KQO
    リツコ「妊娠2ヶ月だそうです」

    ゲンドウ「何故だ…。君は確かピルを飲んでタンジャア…」

    リツコ「ああ。あれは嘘ですわ」

    リツコ「とにかく私、産みますから」

    ゲンドウ「」

    引用元: リツコ「碇司令、子供が出来ました」ゲンドウ「えっ」 




    【リツコ「碇司令、子供が出来ました」ゲンドウ「えっ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 04:42:46.25 ID:Stq9TKgjP
    冬月「まず風呂に入らないのか?」

    碇「そうだったな」

    冬月「沸かしてこよう」

    碇「冬月」

    冬月「なんだ?」

    碇「お前も風呂の準備をしておけ」

    冬月「本当にいいのか?」

    碇「ああ、問題ない」

    引用元: 冬月「碇、本当に泊って行くのか」碇「ああ、もうパジャマ着てるしな」 




    【冬月「碇、本当に泊って行くのか」碇「ああ、もうパジャマ着てるしな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/20(日) 00:46:26.14 ID:NTiUF1qV0
    NHK「えー、番組の途中ですが、ただいま特務機関ネルフの緊急記者会見が始まった模様ですので、ご覧下さい」

    引用元: 冬月「使徒はエヴァンゲリオン初号機で対処します」 


    【冬月「使徒はエヴァンゲリオン初号機で対処します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12(火) 20:41:31.86 ID:S4RpCii40
    シンジ「でも使徒が来てるんじゃないの?」

    ゲンドウ「あんなのはどうでもいい」
         「冬月レイを起こしてくれ」

    冬月「いいのか?」

    ゲンドウ「シンジを危険な目に遭わすことはできん」

    冬月「・・・分かった」

    引用元: ゲンドウ「シンジ食事でもどうだ」シンジ「使徒が来てるんですよね? 




    【ゲンドウ「シンジ食事でもどうだ」シンジ「使徒が来てるんですよね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 00:40:09.76 ID:dSckTKdh0
    まいったなぁ…人が多いなぁ……
    サマーシーズン真っ盛りの空港。
    家族連れの人々で賑わっていた。

    こんなに人が多いんじゃどこがどこだかわかんないや…

    えっと…どこに行けばいいんだっけ


    そこへ大勢の人々がなだれ込んでくる。

    「えっ…ちょっ……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441381209

    引用元: 【エヴァss】どこまでも続く空の下で 



    【【エヴァss】どこまでも続く空の下で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/28(火) 01:16:29.45 ID:SQ7UAxkv0
    見慣れない街並み。見上げると青い空が広がっている。

    シンジ「…僕は……」

    手のひらに付いている、赤黒く変色した血。
    アスカを助けられなかった。ミサトも死んだ。さっきまでの光景がフラッシュバックする。
    サードインパクトが起こり、生命の樹となったエヴァの中でシンジが最後に見たのは、
    あの地下の巨人の様な姿をした、綾波レイと渚カヲルだった。

    シンジ「…そっか……死んだんだ。僕も。」

    死後の世界がこんなに長閑なものだったなんて思いもしなかった。
    まず頭をよぎったのはそんな事で、自分が死んだという事もすんなりと受け入れられた。
    エヴァに乗るきっかけは突然の事だったし、初めはあんな得体のしれない化物と戦うのは怖かった。
    けれども時が立つにつれ、トリガーを引く指の感覚が麻痺するように、死への恐怖も薄れていった。
    全てを失った今、この誰も居ない街がなんだか心地良く感じられた。

             『げりおん! ~Neon genesis K-ON club!~』

    引用元: 碇シンジ「軽音部?」 




    【碇シンジ「軽音部?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:05:13.38 ID:nEjRNPMK0
    逆裁×エヴァです



    ???「……はあ、はあ」

    ???「な、なんだよ」

    ???「なんだよこれ……」

    ???「俺が……俺がやったのか?」

    ???「……俺が殺したのか!?」



    5月26日 9:22 地方裁判所 被告人控え室

    シンジ「……うう~、もうすぐか。キンチョーするなぁ」

    ミサト「シンジ君、グッモーニン!」

    シンジ「あ、み、ミサトさん。ぐ、ぐっもーにん……」

    ミサト「あらーなによ、ずいぶん具合悪そうな顔ね。だいじょぶ?」

    シンジ「あまり大丈夫ではないような……」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462025113

    引用元: ミサト「発想を逆転させるのよ!」シンジ「!」 

     

    【ミサト「発想を逆転させるのよ!」シンジ「!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 18:12:12.50 ID:RgNf8mT6O
    シンジ「は?」

    アスカ「なんだかんだ文句言われながらも毎日お弁当まで作って、好きじゃなきゃ出来ないわよね」

    シンジ「は?」

    アスカ「いっつもわたしのこと見てるし」

    シンジ「は?」

    アスカ「まあわたしは美少女だし、一緒に住んでたら好きになるのも仕方ないか。うんうん」

    シンジ「は?」

    アスカ「・・・その『は?』ってのやめなさいよ」

    シンジ「は?」

    アスカ「というわけでいつも一生懸命尽くしてくれるシンジにちょっとしたご褒美をあげるわ」

    シンジ「は?」

    アスカ「明日は特別にデートに付き合ってあげる。どっか連れて来なさい」

    シンジ「は?」

    引用元: アスカ「知ってんのよ。あんたわたしのこと好きなんでしょ?」 



    【アスカ「知ってんのよ。あんたわたしのこと好きなんでしょ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 00:25:36 ID:y5h2cxhk
    ケンスケ「Mil55-D輸送ヘリ!こんなことでもなけりゃあ、一生乗る機会ないよ。まったく、持つべきものは友達って感じ!なぁ、シンジ!」 

    シンジ「え?」 

    ミサト「毎日同じ山の中じゃ息苦しいと思ってね、たまの日曜だから、デートに誘ったんじゃないのよ!」 

    トウジ「ええっ!?それじゃ、今日はほんまにミサトさんとデートっすか!?この帽子、今日のこの日のためにこうたんです~!ミサトさ~ん」 

    シンジ「で…どこに行くの…」

    ミサト「豪華なお船で太平洋をクルージングよ!」 


     

    新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)
    高橋 脩
    KADOKAWA/角川書店 (2014-11-22)
    売り上げランキング: 45,309
    【シンジ「君だけは護ってみせる!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング