えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    勇者

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 12:53:13 ID:CiwHQyl.
    魔王「こたつに緑茶に羊羹」

    勇者「そしてみかん」

    魔王「落ち着くわー」


    ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 – Switch
    スクウェア・エニックス (2018-12-20)
    売り上げランキング: 270
    【勇者「こたつは世界を救う」魔王「マジヤバい」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/05(土) 20:02:36.31 ID:TlvsOnAco
    側近「魔王様がある古文書を掘り出してきた」

    側近「どうやら新しい生命を生み出す禁術が書き記されているそうです」

    側近「で、その古文書は今、私の手にあります」


    魔王『新しい魔物をなんか作ってみてよ』

    魔王『面白そうじゃん!』

    魔王『ん? ああ、そいつで勇者も倒せたらいいね、うん』


    側近「……ということらしい」

    側近「明らかに遊び目的で勇者のことなど何も考えていなかったのは置いておいて……」

    側近「魔王様から直々に頼み事をされた手前、どうにも断われなかったわけですね」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396695756

    引用元: 側近「新しい魔物を作れって言われてもなあ」【安価】 



    【側近「新しい魔物を作れって言われてもなあ」【安価】】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/09(木) 01:47:25 ID:sQ0pto.o
    ルイーダの酒場で待機する事四ヶ月。

    ……。

    一週間前にオルテガのお子さんが亡くなったらしい。

    何でも魔王の呪いの病にかかったらしく、アリアハンから出ようにも航海用の船は無い。

    他の国に行った事のある魔法使いもいなかったらしく、手詰まりのまま息を引き取った。

    更には呪いの影響か一切の蘇生術も功を成さないらしい。

    そして今日は生きていれば、16歳となった子が親の背中を追いかける旅立ちのはずだが……。

    ルイーダさんが満面の笑みで、王様直筆の書簡を持って目の前にいる。


    嫌な予感しかしない。 


    【国王は16歳の女子供に魔王討伐を命じたかったそうです】の続きを読む

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/14(日) 20:27:39.72 ID:DtQuRNsGT
    勇者「私は神々の啓示により選ばれた勇者だ!」 

    戦士「俺は戦士だ。剣なら自身があるぜ!」 

    僧侶「わ、私は僧侶と申します。回復魔法はちょっと苦手で……ですが守護魔法と結界魔法ならお任せ下さい!」 

    剣士「あたしは剣士だ。一応剣に自信はあるし、回復魔法も攻撃魔法も使える」 

    盗賊「あたしは盗賊よ……特技は盗むことよ」 

    戦僧剣「えっ」 

    【勇者「君達が王様より推薦された仲間か! よろしく頼むよ!」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/01(金) 23:06:30 ID:qpGLQOyI
    僧侶「う……ううっ……」

    格闘家「ハァ……ゼェ……ゲブッ!!」ビシャァッ

    魔法使い「も、もう魔力が……」

    魔王「クククッ……ハーハッハッハッハッ!!!」

    勇者「おのれ魔王……!」ググッ

    魔王「歴代最強とまで謳われた勇者パーティも所詮こんなものか……まあ仕方あるまい、我もまたこの世に顕現した魔王の中で最も優れた存在なのだからな」

    勇者「何を偉そうに……!四天王全員と同時に襲ってくるなんて前代未聞の卑怯な手を取っただけのクセに……!」

    魔王「うるさい」ドゴォッ!

    勇者「ガハァッ!?!?」ズシャァァァ

    僧侶「ああっ!勇者様ぁ!!」

    引用元: 魔王「これで貴様らの希望は潰えた」荷物持ち「まだ俺がいるぞ!!」 



    【魔王「これで貴様らの希望は潰えた」荷物持ち「まだ俺がいるぞ!!」】の続きを読む


    勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」  その4

    7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/23(金) 14:16:38.014 ID:sSbFQAma0
    隻腕の悪魔「グオオオオオオオオオ!!」


    勇者「……」


    勇者「うーん」

    勇者「なんかこいつ、どこかで見たことあるような、無いような……」

    勇者「何なんだろうな、この既視感」

    引用元: 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 



    【勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 その5】の続きを読む


    僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その3

    2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/20(月) 01:57:57 ID:Vuw0wA6Q
    勇者の魔法により救われた中央大陸城だが、人々は浮かれる間もなく事後処理に追われていた。
    僧侶職は死傷者を看病し、他の義勇兵や騎士団は交代で見張りと周囲警戒。念のため城に避難している住民に食料を配ったりなど。
    人々が落ち着きを取り戻した頃にはすっかり日は傾いていた。

    戦士「見張りご苦労さん。これ差し入れ」 

    魔法使い「ありがと」

    戦士「何か動きは?」

    魔法使い「もごーもごもごもご(んー今のところはないかな)」

    戦士「食うか喋るかどっちかにしろ」

    魔法使い「ンググッ……だってお腹減ってたからさ!」

    戦士「まああれからずっと張り詰めっぱなしだったからな」 


    ドラゴンクエストIII そして伝説へ… ブリングアーツ 勇者
    スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) (2019-04-30)
    売り上げランキング: 10,645
    【僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 完結編】の続きを読む


    僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その2

    665 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/30(水) 02:21:24 ID:Wde796AA
    明朝──

    おばさん「門番さんおはようございますだ」
    門番「おはよう。今日も暑くなりそうですな」
    おばさん「それは毎日のことだあよ」

    ピクッ──

    おばさん「?」

    門番「どうなされました?」
    おばさん「さっきそこの地面が動いたような」

    門番「地面?」

    モコモコッ──

    門番「!!?」

    ブワッ──

    「ギュイギュイ」

    門番「こ、こいつは!!!」

    門番「モンスターだああああああ!!!! サウザンドラビットが中に入って来たぞ!!!!」

    ブゥゥゥゥゥウウウウウ───
    ブゥゥゥゥゥゥウウウウ── 

    勇者、辞めます (2) (角川コミックス・エース)
    KADOKAWA / 角川書店 (2019-03-04)
    売り上げランキング: 952
    【僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その3】の続きを読む


    僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その1

    339 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/10(土) 05:23:38 ID:OtCNHuM6
    臣下「武器と言うものは使わずとも置いておくだけで効果があるものなのです。
    なぁに和睦の為と思えば安い買い物でしょう」

    大臣「……しかし」

    臣下「大臣……下手にあちらの機嫌を損ねれば貿易、ひいては大陸関係にヒビが入るのですよ?
    それをわかっておいでか?」

    大臣「それは……」

    臣下「南の大陸の船がうちの船を沈めにかかった時、何とか私が和睦をつけたのをもうお忘れか?
    あの時の苦労を無駄にしないで頂きたい」

    大臣「……わかっておる。……そう、国の為……仕方ないのだ、これは」



    メイド「……」 

    盾の勇者の成り上がり 21 (MFブックス)
    KADOKAWA / メディアファクトリー (2019-03-25)
    売り上げランキング: 475
    【僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その2】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 05:03:01 ID:YW5/CI3c
    僧侶「ゆ~しゃさま~」トテトテトテ

    勇者「おー僧侶。 旅立つ準備は出来たか?」

    僧侶「はい~。お弁当と~おやつと~後コンパスです!」クリクリ

    勇者「惜しいっ! クルクル回る方なら100点だったんだがな~」
    僧侶「残念です」シュン

    勇者「だが……これはこれで武器として流用出来る。ナイスだ僧侶!」

    僧侶「よかった~」ニコリ

    勇者「俺達もとうとう魔王退治に行くんだな……」

    僧侶「はい……。幼き頃からの誓いを果たす時が参りました、ゆーしゃさま!」

    勇者「俺が勇者で、お前が僧侶! 二人で必ず魔王を討つ!!!」 


    【僧侶「死んでも一緒です、ゆーしゃさま」 その1】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/28(木) 08:43:07 ID:2N5p2rVU
    勇者「今日は魔王城に突入する前に一日休もうと思う。
    どうだ?戦士、魔法使い、僧侶。」

    戦士「ム……俺はまだまだ平気だが。」

    魔法使い「いいじゃんいいじゃん、私そろそろ休みたかったのよ。」

    僧侶「休息と言うのも戦いの前には大事ですからね。」

    引用元: 勇者「俺たちのパーティ」 


    【勇者「俺たちのパーティ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 09:36:33.14 ID:jcWAUoCx0
    ―――ルイーダ

    武道家(女)「お?」

    僧侶(女)「なんでしょうか?」

    遊び人(女)「はぇ?」

    勇者(男)「これから長い間旅をするんだ。関係を悪くしたくないだろ?」

    武道家「まあ、うん」

    勇者「仲間内でルールを決めよう」

    僧侶「ルールですか」

    遊び人「えー?めんどーだなぁ」

    勇者「規則は大事だからな」

    僧侶「そうですね。集団生活をする以上、ある程度の線引きはあってもいいかと」

    武道家「それでどんな規則をつくるわけ?」

    勇者「―――まず一つ目だ。みんなは俺のことを義理の兄だと思うこと」

    武道家&僧侶&遊び人(なにいってるんだ、この人?)

    引用元: 勇者「旅に出る前に言っておきたいことがある」 

     

    【勇者「旅に出る前に言っておきたいことがある」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/26(日) 02:26:06 ID:l6zOkR5Y
    戦士「師匠」

    師匠「なんだ」

    戦士「師匠って結婚しないんですか?」

    師匠「」

    戦士「師匠?」

    師匠「……わ、わわたしは剣に生きると決めたからな!異性に構っている暇などないのだ!」

    戦士「そうなんですか……」

    師匠「そ、その通りだっ!」

    戦士「……師匠はせっかくの美人なのにもったいないですよ?」

    師匠「なな!?」

    戦士「男達がほっとかないと思うですがねー」

    師匠「そ、そうか?」

    戦士「はい」 


    師匠シリーズ 7 失踪 (ヤングキングコミックス)
    片山愁 ウニ
    少年画報社 (2018-07-30)
    売り上げランキング: 42,830
    【戦士「師匠をおちょくってみるか」】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/28(木) 08:43:07 ID:2N5p2rVU
    勇者「今日は魔王城に突入する前に一日休もうと思う。
    どうだ?戦士、魔法使い、僧侶。」

    戦士「ム……俺はまだまだ平気だが。」

    魔法使い「いいじゃんいいじゃん、私そろそろ休みたかったのよ。」

    僧侶「休息と言うのも戦いの前には大事ですからね。」

    引用元: 勇者「俺たちのパーティ」 



    【勇者「俺たちのパーティ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 00:50:33 ID:OfZo5VFg
    エルフ「……」

    戦士「聞こえてんだろ?助けてくれねえか?」

    エルフ「……」

    戦士「見ればわかるだろうけど山賊達が作った落とし穴に引っかかっちまってよ、下には刃物ときた。それでいい加減腕で体を支えるのも限界なんだよ」

    エルフ「……」

    戦士「ここで通りかかったのも何かの縁。助けてくれよ、なっ!?」

    エルフ「……」

    戦士「……う、腕が……」プルプル

    エルフ「……」

    戦士「っ!返事ぐらいしろやこのくそ野郎!とっとと助けやがれ!」

    エルフ「……」ザッザッザッザッ

    戦士「ああ嘘!嘘だから!お願いだから行かないで助けてくれよ!おぉぉい!」 


    戦士に愛を : 1 (アクションコミックス)
    双葉社 (2018-04-28)
    売り上げランキング: 76,172
    【戦士「おいそこの誰か」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/02(木) 18:38:20 ID:JbINg0GQ
    勇者(とにかく心が痛かった)

    勇者(俺は滅びかけた異世界を救って回る勇者でこの世界に絶対悪の良い魔王がいるというので召喚されてみたが予想を上回る殺伐さだった)

    勇者(そのうえ人心荒廃が甚だしいせいか大団円に最悪の展開が多く、鬱や●●られがひどい)

    勇者(まったくの無駄足だった)

    勇者(おまけにどうやら俺はまたも魔王城で迷ったらしい)

    勇者(しかも……追い打ちをかけるように謎解きフロアが始まる) 


    現実主義勇者の王国再建記III (ガルドコミックス)
    オーバーラップ (2019-02-25)
    売り上げランキング: 97
    【勇者「僧侶と賢者で回復役がダブってしまった」】の続きを読む

    1: ◆5WB56RBWrQ 2014/04/02(水) 09:27:16.31 ID:sBgKD5tc0
    魔王が勇者に倒されてから数年。
    世界は平和になった・・・はずだった。
    しかし、生き残った魔物は人間の奴隷として働かされ、
    人間を恨む魔物と人間の争いが多々起こる。
    はたして世界は平和になったのだろうか。

    ・・・しかし、舞台はそんなものと無関係なスライム村。
    生き残ったスライムたちが平和に暮らす山奥にある村である。


    スライム「今日はたくさん働いたね!」

    赤スライム「そうだな。猪が5頭も狩れるなんてな。」 赤スライム=赤色のスライム

    スライム「村のみんなで猪鍋しようよ。」

    赤スライム「あ!そういえば今日の夕飯当番俺だった!すまん、俺一足先に村に帰るわ!」タタタッ

    スライム「うん、わかったよ。僕はもうすこし山の様子を見て帰るよ。」

    ~~~~~

    スライム「・・・ん?あそこに誰かいるのかな?」

    スライム「おーい!何してるのー!・・・ってうわあ!」

    少女「・・・。」グッタリ

    スライム「ニンゲンだ!逃げないと・・・。」

    少女「・・・。」フラフラ

    スライム「・・・?怪我してるの?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396398436

    引用元: 【安価】スライム「スライム村に少女が倒れてた。」 



    ドラゴンクエスト スマイルスライム クリアマグネット 5個セット
    スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) (2012-03-23)
    売り上げランキング: 120
    【【安価】スライム「スライム村に少女が倒れてた。」】の続きを読む

    1: ◆CItYBDS.l2 2019/02/20(水) 21:16:07.05 ID:egy9vHCx0

    武闘家A「半年ぶりだな、魔王!今度こそ、貴様を打倒してくれる!」


    武闘家B「がははははは、なんだ俺たちはこんな優男に負けたって言うのか?強くなった今となっては信じられないぜ!」


    武闘家C「ひひひゆ勇者ぁ、はは……はやく殺そうぜぇぇええええええ」


    武闘家D「ほっほっほ、落ち着くのじゃ武闘家C。久方ぶりじゃのう魔王」


    魔王「」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550664966

    引用元: 魔王「武闘家ABCDが現れた!」 



    【魔王「武闘家ABCDが現れた!」】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/28(日) 16:24:28 ID:6Xb3RbDc
    忍「いえ、私は一介の忍。あくまで隠密もスキルの一つであると」

    新国王「僅か1日で魔王を始末したと報告にあるが?」

    忍「任務ですので」

    新国王「だがな、どうやらその魔王が生きておるというのだ」

    忍「……私が任務に失敗したと?」

    新国王「そうは言っておらん。復活した魔王は闇の加護に護られておるという」

    新国王「致命傷を与えても、時が経てば再生するのだよ。勇者の証を持つ者にしか、魔王は滅ぼせぬ」

    忍「……死なぬ相手を殺めることは忍といえど不可能」

    新国王「いや、依頼は暗殺ではない。勇者の護衛だ」 



    異世界隠密冒険記〈2〉
    リュース
    アルファポリス
    売り上げランキング: 475,622
    【新国王「隠密のスペシャリスト?」】の続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:51:58.528 ID:N8Qe0WAA0.net
    ーー深夜。スイス、ヌーシャテル近郊。
    ワンボックスカー車内。

    偉い人「昨日、サン・ヴェルニー島に居た中佐から連絡が入ってな」

    「え、どうやって? あの島には通信設備なんて無いはずですよ。というか、"居た"?」

    偉い人「ああ。もう島を出とる。あの島では少し大きな地震があってな。そのおかげーーと言うと言葉は悪いが、"彼女"との仕事が存外早く片付いた」

    「地震ですか……。それと租税回避とどんな関係が?」

    偉い人「ま、色々あったんだ。色々」

    「はあ」

    偉い人「中佐は急遽島に寄港した空中艦で、捕らえた総督とエルルまで優雅に空の旅だ。連絡は当然、艦の通信設備から寄越した」

    「なるほど」

    偉い人「でーーまあ本題なんだが、地震で島の御神体が目覚めたんだと」

    「御神体? ……まさかっ!」

    偉い人「勇者様だよ」

    「そんな馬鹿な……」

    偉い人「君はドラゴンクエストをやったことがあるかね?」

    「……Ⅷからなら。欧州版が出ていますので……」

    偉い人「おおそうか。私などは若い頃から北米版を手に入れてやり込んでいたクチでね。まさにあれの世界だよ」

    引用元: 女騎士「寝ていろ。勇者」 



    【女騎士「寝ていろ。勇者」】の続きを読む

    1: 最近書いてなかったからリハビリに短編 2019/02/15(金) 20:45:25.85 ID:fb6NxIgnO
    勇者「はい、始まりましたーラジオまおゆうのお悩み相談」

    魔王「今日もボク達が人間、魔物問わずお悩みを解決しちゃうよ。解決できるかは知らないけどね」


    勇者「いやあ、これが無いと毎日暇でさあ。平和条約結んだ後の勇者なんてお払い箱じゃん?世界救った報酬で四世代ぐらい遊んで暮らせそうだし働く理由も無いんだよねえ」

    魔王「つまりニートなんだね!」

    勇者「働く必要の無い若隠居ですー」

    魔王「まあボクも似たようなもんだけどね」フンス

    勇者「いや仕事しろよ魔物の王」

    魔王「大臣たちが有能だから必要ないのさ」

    勇者「結局お前もニートか」


    魔王「…」

    勇者「…」


    魔王「さあて最初のお便りは!?」

    勇者「無理やり始めたな」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550231125

    引用元: [安価]勇者「勇者と」魔王「魔王の」二人「お悩み相談室!」 



    ドラゴンクエストIII そして伝説へ… ブリングアーツ 勇者
    スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) (2019-03-31)
    売り上げランキング: 11,503
    【[安価]勇者「勇者と」魔王「魔王の」二人「お悩み相談室!」】の続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/14(木) 01:34:28.051 ID:vVYCy8xl0.net
    女騎士「起きろと言っている」

    勇者「ん~。……もう少し」

    女騎士「いいかげんにしろ馬鹿者。早く脱出しないと洞窟が崩れるぞ」

    勇者「んあ? ん~。……ゔぇ!?」

    女騎士「ようやくお目覚めか」

    引用元: 女騎士「起きろ。勇者」 



    33歳独身女騎士隊長。 (フレックスコミックス)
    天原
    フレックスコミックス
    売り上げランキング: 2,643
    【女騎士「起きろ。勇者」】の続きを読む


    魔女「もう最悪だわ……」 中編

    655 : ◆7FnOo4mT6s:2013/04/05(金) 04:55:07 ID:690yEFLA
    ~王都近海・とある船内~

    ザバーーッ、ザバーーッ、ザバーーッ……

    ザバーーッ、ザバーーッ、ザバーーッ……

    魔導士「もう時期、王都に着く」

    魔導士「なんとか、戦までに間に合えば良いんだが」

    賢者「ああ、そうだな……」

    魔導士「賢者、本当に良かったのか?」

    魔導士「お前の兄、置いてきても良かったのか?」

    賢者「ああ、まあな……」

    勇者「……」

    魔導士「けど、戦力的には一人でも多い方が良い」

    魔導士「お前の兄は、お前同様に賢者だ」

    魔導士「今の俺達は、独自に兵を出せる」

    魔導士「お前の兄がいないと、とても兵数がカーネルにも及ばない」

    勇者「……」 


    魔女は三百路から 1 (ヤングアニマルコミックス)
    白泉社 (2018-10-29)
    売り上げランキング: 16,437
    【魔女「もう最悪だわ……」 後編】の続きを読む


    魔女「もう最悪だわ……」 前編

    319 : ◆7FnOo4mT6s:2013/03/04(月) 05:56:17 ID:zq47f7I.
    ~とある酒場~

    僧侶「以外に、店内はちゃんとしてた……」

    僧侶「この広さ、王都にある店と同じぐらいね……」

    従者A「ええ、そうですね……」

    元店主嫁「貴方達、王都から来たの?」

    元店主嫁「その割には、かなり軽装ね」

    店主姪「うん。そうだね……」

    従者A「ああ、これにはちょっと訳がありまして……」

    従者A「実は、ここに来る途中に強盗被害に遭ってたんです……」

    従者A「それで、仕方なく今みたいな軽装になってしまってるんですよ……」

    僧侶「……」ギリッ

    元店主嫁「へぇ、それは大変だったわね」

    元店主嫁「そう言えば、昨日ジュリエットちゃんが各地を荒らしていた元騎士を捕まえたわよ」

    元店主嫁「その元騎士も、どう言う訳かこの島に流れて来た」

    元店主嫁「と言っても、すぐあの子に捕まってしまったけどね」 


    【魔女「もう最悪だわ……」 中編】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/23(水) 16:51:16 ID:2JqvWRaQ
    ~とある森~

    魔女(また、ハーフエルフだとバレて、村を追い出されて早三日……)

    魔女(もう、食料も尽きたわ……)

    魔女(幸い、師匠から召喚術を教わっていたから、なんとか殺されずに済んでいるけど……)

    魔女(一体、いつまでこんな生活が続くのかしら?……)ハァ……

    護衛兵達「……」

    魔女(まぁ、次の拠点を決めたら考えましょ……)

    魔女(私だって、好きでハーフエルフになった訳じゃないのに……)

    魔女(一体、何で私がこんな目に遭っているのかしらね?……)

    護衛兵達「……」 


    惚れ症のハーフエルフさん 2 (ビギニングノベルズ)
    神尾丈治
    キルタイムコミュニケーション (2018-09-29)
    売り上げランキング: 331,763
    【魔女「もう最悪だわ……」 前編】の続きを読む


    前回 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」  その3

    5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/17(土) 14:06:04.959 ID:B5O8B/Xq0
    王都
    王城、外

    ……

    ……

    勇者「……」

    メロンパン職人「勇者さん、どうしたんですか」

    勇者「ん? ……ちょっとな」

    メロンパン職人「まあ勇者さんが何かを考え込んでるのは珍しいことじゃないですけど」

    引用元: 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 




    【PS4】聖剣伝説2 シークレット オブ マナ
    スクウェア・エニックス (2018-02-15)
    売り上げランキング: 2,420
    【勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 その4】の続きを読む

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/11(木) 22:24:14 ID:WBrsZy7o
    勇者「準備はいいか?」

    戦士「デートの時間まで待ってくれ」

    僧侶「おやつたべるから待って」

    賢者「一旦休憩だ」

    勇者「揃いも揃って自由人かよ!魔王目の前にしておやつだの休憩だの悟りの境地にもほどがあるよマジで!」

    仲間達「わかったよ」 


    現実主義勇者の王国再建記I (ガルドコミックス)
    オーバーラップ (2018-02-25)
    売り上げランキング: 4,842
    【勇者「なぁみんな、魔王が目の前にいる」】の続きを読む


    前回 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 その2

    35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/11(日) 14:50:15.200 ID:s7KyAh2+01111
    傭兵「勇者。例の甘い匂いの正体はメロンパン職人のものだったようだが」

    勇者「……」

    メロンパン職人「勇者さん?」

    勇者「……」

    チラッ


    聖剣「……」


    勇者「うーん……」

    勇者(さすがにメロンパン職人は違うよな)

    引用元: 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 



    【勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」 その3】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 09:43:34.08 ID:vbjg1cAu0
    魔王の部屋

    勇者「王様さ、ウザくない?」

    魔王「そうだな」

    勇者「勝手にこの俺を勇者だって決めつけてさ、100Gと棒1本持たせてさ、冒険に出すとか」

    勇者「最低だろあいつwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    戦士「俺は勇者より早く冒険に行かされたけど同じだった…」ハア

    僧侶「王様の誰かを冒険に出させる方法ってワンパターンしかないのか」

    側近「アホですね」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440981813

    引用元: 勇者「王様ウザいよな」魔王「そうだな」 

     

    【勇者「王様ウザいよな」魔王「そうだな」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 22:11:41.30 ID:nj0ivGqG0
    魔王「へへ」

    勇者「いや……えっ?」

    魔王「……どうしたの?」

    勇者「ど、どうしたのって……ま、まさか」

    魔王「何?」

    勇者「ま、まままま、まお、まま、まお、魔王!?」

    魔王「……そうだけど?」

    勇者「えええええええええっ!?」

    魔王「あれ? まずかった?」

    勇者「ま、まずいも何もこれから旅立つところなんですけどー!?」

    魔王「だよね、始まりの町だもんね、ここ」

    勇者「えぇぇ……」

    引用元: 魔王「……来ちゃったっ」 勇者「えっ」 

     

    【魔王「……来ちゃったっ」 勇者「えっ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング