えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    美琴

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/11/22(木) 15:37:50.56 ID:C+n43d6v0
    ~一週間前~

    御坂「ちょっとアンタ!!」

    上条「んあ…ゲ!!ビリビリ!!」

    御坂「ゲッて言うな!!ビリビリいうな!!はぁ、今日はアンタに用事があって待ってたの」

    御坂はいつもの自動販売機の前で上条を待ちぶせていた。
    しかしいつもと様子が違う。いつもならすぐに勝負しなさいとまくし立てるのに。

    上条「はあそうですか。…で、用事とは上条さんになんの用ですか?まさか用っていつものごとく勝負じゃ」

    御坂「違うわよ!!アンタは毎度あたしにケンカふっかけられなきゃ気がすまないわけ!?」バチバチ

    上条「あわわわわ違う違う!!そんなことないですではこの上条さんに何ようでしょうかとりあえずその電気をお納め下さい!?」

    御坂が頭から放電し始めると上条はすぐに右手を出して電流を止める準備をし、御坂はとりあえず放電をおさめた。

    御坂「ったく。今日の用事ってのはね、アンタと、かかか買い物にでも行こうと思ったのよ!どうせ暇でしょう!?」

    御坂は言っている途中から顔が真っ赤になり、俯向きながら赤くなっているのがバレないように話した。

    上条「買い物~?別に構わないけど、なにも俺とじゃなく白井とかと行けば…」

    御坂「黒子は今日ジャッジメントで放課後からずっといないの!!いいい良いからアンタはあたしに黙ってついてきなさい!!」ビリビリ

    上条「あわわわわわかったから行くからその頭の電気は止めて!!」

    御坂「ほらじゃあさっさと歩く。早く行くわよ。(やった誘えた!!あたしがんばった!!偉いあたし偉い!)」

    上条「…不幸だ…」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1353566270

    引用元: 美琴「スノボー旅行2泊3日の旅 温泉付き、かあ…」 

     

    【美琴「スノボー旅行2泊3日の旅 温泉付き、かあ…」】の続きを読む


    前回 美琴「最後の罰ゲーム」

    1: ◆LFImFQtWF6 2014/12/31(水) 17:42:25.98 ID:ZzhT1N9DO
    美琴「はぁ……はぁ……」

    美琴(終わった………)ガクッ

    美琴「ははっ……もう立てないや……
    頭もガンガンするし……」

    美琴「これで、もう……被害は……」

    ガツン

    美琴(えっ……嘘……でしょ……!?
    何で……)

    「--ターゲット、ホソク」

    美琴(何で……あれを受けて……生きてる……の?)

    「---」

    美琴(持ち上げられて……連れてかれてる……
    くっ……駄目……体、もう動かない……!!)

    美琴(……どうなるんだろう……私……)

    美琴(だめ…頭痛で……意識……が……)


    美琴(……お願い……助けて……当麻……!!)



    ピクッ……

    「…………美琴…?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420015345

    引用元: 美琴「最後の罰ゲーム」2 

     

    【美琴「最後の罰ゲーム」2】の続きを読む

    2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/02(火) 20:09:26.89 ID:5/lo15KDO
    いつもと変わらない朝。 

    いつもと変わらない街。 

    いつもと変わらない一日。 

    ただ、ひとつだけ違うところがあるとすれば、 

    俺の隣から、一人の少女の姿がなくなっていた。


    引用元: 美琴「最後の罰ゲーム」 

     

    【美琴「最後の罰ゲーム」】の続きを読む

    3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/21(木) 20:48:46.64 ID:n6ZBlbx60

    引用元: もしも御坂美琴がクズだったら 

     

    【もしも御坂美琴がクズだったら】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/02(日) 23:37:18.37 ID:B1sQwn+co
    黒子「そうですの。最近、また昏睡状態になる人が急増しまして…」

    黒子「その人たちの容態から見て、あのレベルアッパー事件の時と非常に酷似しているとカエル顔のお医者様が」

    御坂「そんな!あの事件の首謀者の木山はもうそんなことは…」

    黒子「ええ、この事件に木山が関与していないことは立証できていますの」

    御坂「だったら一体誰が!?」ガタッ

    黒子「──それが今のところは全く…」

    御坂「そんな!」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1393771038

    引用元: 御坂「レベルアッパー事件??」 



    とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
    冬川 基
    KADOKAWA (2017-11-27)
    売り上げランキング: 2,350
    【御坂「レベルアッパー事件??」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/02/24(金) 23:24:59.91 ID:vgyV5FEb0


    天井「――というわけだ。絶対能力者進化実験、一方通行には喉から手が出るほど受けたい実験だろう?」


    薄暗い照明が何とも言えぬ雰囲気を醸し出している中、天井は言う。
    いかにもモテない理系男代表のような顔に、気味の悪い笑みを浮かべながら。
    それと対峙するは学園都市第一位、一方通行である。
    こちらも顔は整ってはいるものの、どこか人を突き放すような空気を纏う少年だ。
    天井は一方通行の鋭い視線を浴びながらも、気味の悪い笑みを絶やすことなく鼻を鳴らす。
    その様も自分に酔っているようで気持ちが悪い。


    天井「それでだ、一方通行。今日からでも実験を開始したいんだが――」

    一方通行「無理だ」


    当然了承を得るだろう。
    そう確信していた天井は目を丸くすると、軽く片眉を吊り上げた。


    天井「……何がだ」


    一方通行はその老人じみた白髪を掻き分けると、小さく舌打ちをする。
    そして天井にチラと目線をやると、そのまま踵を返して扉に向かった。
    天井に背を向けたまま一方通行は言う。


    一方通行「実験だよ。これは俺には無理だってンだ」

    天井「何を言って……お前が負けることはあり得ない」

    一方通行「そォだろうなァ。俺も負ける気なンてない。……だがそォいうことじゃねェ」


    一方通行は扉に手を掛ける。
    顔だけを天井に向け、言葉を続けた。その表情は――何が嫌なのか、渋いものだ。


    一方通行「第三位は俺には鬼門なンだよ」


    訝しげに目を細めた天井に、バカにするような酷薄な笑みを浮かべると、手にぐっと力を加えた。
    天井は一方通行のその様子に慌てたように手を伸ばす。
    その行動も虚しく扉の隙間からは徐々に光が射し込んでいき――


    天井「しかし、もう呼んでしまったんだが」

    一方通行「え」


    ――開かれた扉の先には、第三位である御坂美琴そっくりの少女が立っていた。




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1330093489(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

    引用元: 一方通行「……好きなンだ」美琴「ごめん無理」 

     

    とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 お姉様覗き見Ver.
    キャラアニ (2013-09-27)
    売り上げランキング: 26,040
    【一方通行「……好きなンだ」美琴「ごめん無理」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岩手県) 2012/02/12(日) 19:04:57.77 ID:rASbq8kto

     27の学園都市協力機関の離反
    『ヒーロー』達それぞれの日常を守るための戦いは、望まれない別の結果を産み出してしまう。
    学園都市、グレムリン、そして明け色の陽射し。それぞれの思惑の交錯は、最悪の事態を招いてしまう。
    上条当麻の失踪――
     再び訪れる上条当麻不在の世界。
    その時インデックスは、一方通行は、御坂美琴は、浜面仕上は、何を思い、何を信じるのか。
     十人十色の上条当麻への思いが交差するとき、物語は始まる――!



    【ご注意】
    ・この物語は『とある魔術の禁書目録』の二次創作SSです。
    ・初SS投下のため、読みづらい箇所も多いかと思いますが容赦願えればと思います。
    ・設定の矛盾、勝手な解釈等多分にあるかと思われます。
    ・それに伴ない、キャラ崩壊とも取れる描写が出てくるかと思われます。
    ・原作での描写に基づいて考えた独自の設定も一部ではありますがあります。
    ・タイトル通り電磁通行多めになりますので苦手な方はご注意を。
    ・新約3巻のその後の物語になります。ただの妄想ですので3人の木原もグレムリンも出なければ、格闘大会もありません知りません。


    上記の事を踏まえた上で、問題ない方は付き合って頂ければ幸いです。



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1329041070(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

    引用元: 一方通行「あァ?何だ格下?」 美琴「格下言うな!」 

     

    【一方通行「あァ?何だ格下?」 美琴「格下言うな!」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) 2012/07/15(日) 20:56:30.89 ID:S6ww6KAi0

    前 美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」後編


    引き続き禁書SS

    ※ご注意

    このSSは上琴目録です。まったり系なのでバトル、シリアス等は殆どありません

    原作無視のトンデモ設定を多分に含みます。原作通りじゃなきゃ嫌! という方は見ないほうがいいかも?




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1342353390

    引用元: 美琴「ねぇねぇ」上条「はいはい、今度はなんだ?」禁書「二杯目!」 

     

    【美琴「ねぇねぇ」上条「はいはい、今度はなんだ?」禁書「二杯目!」】の続きを読む


    美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」前編  

    444: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) 2012/03/06(火) 22:02:33.12 ID:iygB/xDy0

    CASE 171 風邪


    美琴「ねぇねぇ……」

    上条「はいはい、いいから寝てましょうね」

    美琴「うう……頭が痛い……」pipipipi

    上条「三十八度三分、こりゃ風邪だな」

    禁書「大丈夫、みこと?」

    美琴「うん、平気よッくしゅん! ……うあー、くしゃみが」グシグシ

    上条「ほら、ティッシュ」スッ

    美琴「ありがッちゅん!」グシグシ


    幻想目録「「…………」」プルプル


    美琴「なによぉ……。何がおかしいってのッくしゅ!」グシグシ

    禁書「だ、だって みことが変なタイミングでくしゃみするから」プルプル

    美琴「そんなの知らないッくちんっ!」グシグシ


    幻想目録「「~~~~~~~ッッ」」プルプル


    美琴「わ、笑うなッくしゅん!」グシグシ


    引用元: 美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」  

    【美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」後編】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) 2012/01/10(火) 00:39:25.97 ID:kXsFvdg10

    ※ご注意

    禁書SS まったり系なのでバトル、シリアス等はありません

    おそらく上琴目録。所により他キャラも登場するかも



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1326123565(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

    引用元: 美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」 

     

    【美琴「ねぇねぇ!」上条「はいはい、今度はなんだ?」前編】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(北海道) 2011/11/17(木) 20:09:24.45 ID:zMGqBP0m0
    御坂「い、いきなりなに!?」

    佐天「え~?いや、なんていうか・・・」

    初春「前よりきれいになった気がしません?」

    佐天「そう!そういうこと!」

    御坂「え、えっと・・・その・・・」

    佐天・初春(こ、この反応はマジだ・・・!!)
     

    引用元: 佐天「御坂さん、好きな人できました?」御坂「え!?」 

     

    とある科学の超電磁砲S 佐天 涙子 パジャマでお泊まり佐天さん
    キャラアニ (2013-07-28)
    売り上げランキング: 59,442
    【佐天「御坂さん、好きな人できました?」御坂「え!?」】の続きを読む

    1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/23(日) 00:00:17.09 ID:XacTLzx30


    I walked.
    And then,I saw me in front of myself.
    But,it wasn't really me.

    Watch out. The gap in the door……
    it's a separate reality.

    The only me is me.
    Are you sure the only you is you?




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416668407

    【御坂「――――私は私、よね」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/10/24(月) 23:54:16.35 ID:cgjBL0cM0

    とあるファミレス


    一方「……………………」

    美琴「……………………」

    一方「…………いや、それで何がどうなったら俺に相談なンつー結論になンだお前」

    美琴「…………なんでだろ?」

    一方「帰りますゥ」ガタ

    美琴「待って待って、お願いだから!」ガシッ

    一方「チョーカー引っ掴むんじゃねェェェェ!! お前コレ俺の生命線なンだからな!?」

    美琴「あ、ごめん」ヒョイ

    一方「ゲホッ、カハッ!! …………で? どうして俺ンとこ来た?」

    美琴「番外個体が『ぼっち体験豊富な第一位サマなら妙案を出してくれるかも☆』って」

    一方「番外個体ォォォォォ!!!!!!!!!!」


    注意事項

    ※タイトル詐欺
    ※時系列その他もろもろの設定が崩壊
    ※ほのぼの、濃厚なカップリング要素皆無
    ※  タ  イ  ト  ル  詐  欺(大事なk

    引用元: 一方通行「イジメに遭ってるだァ?」美琴「…………うん」 

     

    【一方通行「イジメに遭ってるだァ?」美琴「…………うん」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 03:11:05.72 ID:U9G5HMSAO
    上琴

    引用元: 御坂「紛らわしいのよ……ばか」 

     

    【御坂「紛らわしいのよ……ばか」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14(日) 11:22:43.45 ID:7n+TPGM20
    初春「確かにそうですね」

    御坂「でしょ?奨学金だって雀の涙だし、無能力者ってだけで見下されるし」

    初春「成れの果てはスキルアウトですしね」

    御坂「そもそもレベル0からでも努力でレベルって上がるのかしら?」

    初春「御坂さんもレベル1からのレベル5ですしねー」

    御坂「まあね、佐天さんはどう思う?」

    佐天「・・・」

    引用元: 御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」 



    とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 お姉様覗き見Ver.
    キャラアニ (2013-09-27)
    売り上げランキング: 114,190
    【御坂「レベル0の人って何を目的に学園都市にいるのかしらね?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 14:57:01.36 ID:z15yae0h0
    麦野「◯の方はレベル0だよな」

    食蜂「御坂さんてば成長力が足りないのよねぇ」

    御坂「ぐぬぬ」

    超能力者三人娘のほのぼのSS誰かおながいします

    引用元: 麦野「御坂は私らより」食蜂「順位は上なんだけどぉ」 



    とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ1 (電撃コミックスNEXT)
    乃木 康仁
    KADOKAWA (2017-11-27)
    売り上げランキング: 254
    【麦野「御坂は私らより」食蜂「順位は上なんだけどぉ」】の続きを読む

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:29:45.51 ID:6pBv66T30
    佐天「御坂さん、あの人の事そんなに嫌いなんですか?」

    佐天「いえ、見つけた途端、物凄い形相で追いかけて電撃飛ばしてたので…」

    美琴「え…あ、私そんな事してた?」

    佐天「自覚なかったんですか!?」

    美琴「その…ただ、会えたのがう、嬉しくて…」

    佐天「…は?」

    美琴「だ、だから!嬉しかったの!でも、その…何かアイツの前だと素直になれなくて…つい」

    佐天「え、えぇぇぇぇ!?好きだったんですか!?あの態度で~!?」

    引用元: 美琴「素直になろうと思う」 


    とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ1 (電撃コミックスNEXT)
    乃木 康仁
    KADOKAWA (2017-11-27)
    売り上げランキング: 347
    【美琴「素直になろうと思う」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/04(水) 17:08:03.71 ID:QqCafhcDO
    ー一方その頃ー

    ステイル「そろそろインデックスの記憶を消しに、日本に行かなければならないな。」

    神裂「そうですね。」

    ステイル「僕は現地に発つ前にもう少し日本文化を学んでおく必要があると思うんだが…」

    神裂(その流暢な日本語でそんなこと言われても…)
    ステイル「それでだ、日本のマンガというやつを僕に貸してくれないか」

    神裂「私もあまりマンガには詳しくありませんが…」
    ステイル「まあ適当に見繕っておいてくれ」

    神裂「わかりました」(ステイルさんじゅうよんさいだから「キン肉マン」でいも貸しておきますか…)

    引用元: 御坂「佐天さん、あなたはキン肉マンでいったらジェロニモね。」佐天「」 

     

    「とある科学の超電磁砲S」 佐天涙子 Yシャツでお泊まり佐天さん
    キャラアニ (2014-03-26)
    売り上げランキング: 32,924
    【御坂「佐天さん、あなたはキン肉マンでいったらジェロニモね。」佐天「」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) 2011/04/28(木) 23:01:33.47 ID:3YtaR/XAO
    ーーーー

    8月21日

    「これより第1032次実験を開始します、被験者一方通行は所定の位置に着いて待機してください、とミサー

    避けられぬ『実験』が始まろうとしたとき、空が夜よりも黒くなった。
    「あァ?…砂鉄!?」
    一方通行が呟くと同時に『砂鉄』が彼を貫くために降り注ぐ…
    それを彼はつまらなそうに『反射』する。

    そして視界が開けたとき
    「あんた…人の妹になにするつもり?」

    彼の前に



    御坂美琴が立っていた。









    引用元: 美琴「ありがとう…お姉さま…」  

     

    【美琴「ありがとう…お姉さま…」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 18:48:44.90 ID:XKXmJUly0
    上条「…」

    御坂「…」

    御坂「…ってなんじゃそりゃあああああ!!」

    上条「御坂、何も見なかったことにして早く帰るんだ」

    御坂「はぁ!?そんなことできるわけ…」

    上条「帰れ、頼むから」ギリッ

    御坂「ちょ、なんでこんなことしてるかだけでも教えなさいよ!」

    御坂「仮にも命の恩人が公園でダンボールに座ってたら放っておけるわけないでしょう!?」

    上条「御坂…」

    上条「…が…んだよ…」

    御坂「え?」

    引用元: 御坂「なんだ、捨て当麻か」 上条「くぅーん(´・ω・`)」 



    とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
    冬川 基
    KADOKAWA (2017-11-27)
    売り上げランキング: 164
    【御坂「なんだ、捨て当麻か」 上条「くぅーん(´・ω・`)」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/06(日) 23:52:37.13 ID:2wlSA8Qm0
    御坂「私、今日は帰りたくないな……」

    引用元: 御坂「ね、あーくん」一方通行「あァ?」 

     

    【御坂「ね、あーくん」一方通行「あァ?」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 09:33:03.12 ID:t+Jl7WK50
    美琴「前々からちょーっとだけ興味あったのよね」スッスッ

    黒子「お姉さまスマホにかじりついてどうかしたんですの?」

    美琴「へっ!? な、何でもないわよっ」アセアセ///

    黒子「そうですの……?(これは何かあった時の反応!)」

    美琴(知り合いに見られたら死ねる自信があるわ…)

    美琴「………」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408321973

    引用元: 美琴「ブログでポエムか・・・」上条「お、ビリビリもブログやってんのか」 

     

    とある魔術の禁書目録 頂点決戦 特典アイテム付きビジュアルブック
    アスキー・メディアワークス (2014-10-10)
    売り上げランキング: 883
    【美琴「ブログでポエムか・・・」上条「お、ビリビリもブログやってんのか」】の続きを読む

    4: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/11/30(火) 04:25:39.92 ID:F7qzOI20
    美琴「え……?」

     ある日の放課後、御坂美琴は一人常盤台中学学生寮の裏庭で立ち尽くしていた。
     両手に猫缶を抱え、秘密の日課である野良猫たちへの餌やりをしようとここに来ていた。
     もっとも、日課とは言っても美琴が近づくとみんな逃げてしまうのだが……。

    美琴「え……?」

     美琴はもう一度疑問の声を口にする。
     いつもなら美琴が近づくともぬけの殻になるはずのそこに残っているモノがいたからだ。
     普通ならぱぁっと目を輝かせて大喜びするところだが、生憎そこにいたのは猫ではなく――

    禁書「むにゃむにゃ……お腹へったんだよ…………」

     意地汚い寝言をつぶやき涎を垂れ流す真っ白な服の少女だった。

    引用元: 美琴「あなた、病室間違えてない?」禁書「……、っ」 

     

    【美琴「あなた、病室間違えてない?」禁書「……、っ」】の続きを読む

    2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:39:58.53 ID:Va4p/fk60
    ―いつもの公園―
    美琴「いたいた。いやがったわね!! アンタ!!」

    上条「またか、ビリビリ。いい加減にしてくれよな」

    美琴「ビリビリ言うな! 私には御坂美琴って名前があんだゴラァ!!」

    上条「はぁ~。不幸だ……」

    美琴「まったく! アンタはいつもそうやって不幸、不幸って言ってるけど、何が不幸だっていうのよ!」

    上条「決まってんだろ! そうやって突っかかってくるヤツがいるからだよ!」

    美琴「あ~、もううっさいわね! 別にそのくらいいいじゃない!! 女の子が絡んであげてんのよ!?」

    上条「だーっ!! 女の子って言うがな、俺は、もっと落ち着いた年上の人が好みなの!!」

    美琴「えっ…」

    引用元: 上条「もっと落ち着いた年上の人が好みなんだ」 美琴「」 

     

    【上条「もっと落ち着いた年上の人が好みなんだ」 美琴「」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/03(水) 18:56:30.09 ID:z/C2vC2v0
    当麻「いやー、いいところに通りがかってくれた。最近極潰しが増えて食費が大変なんだよ」

    美琴「だからって毎回毎回あたしを見つけるたびに卵を買わせるのもどうかと思うわよ」

    当麻「卵はなあ! 俺の生活になくてはならない、いわば人生のパートナーなんだよ!」

    美琴「あーはいはい」

    引用元: 御坂「ほ、ほら……あーん……」

     

    とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 水遊びフィギュア アニメVer.
    電撃屋/コトブキヤ
    売り上げランキング: 31,541
    【御坂「ほ、ほら……あーん……」】の続きを読む

    短篇集のような感じでございます。

    285: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2009/11/14(土) 00:01:16.02 ID:LBfneqk0
    ー寮ー

    美琴(ねむれないわ…)

    美琴(最近ずっとあいつのとこにいたからな~)

    美琴(………流石にこの時間に電話するのは迷惑よね)

    美琴(でも黒子は寝てるし…)

    美琴(…………)

    美琴(ちょ、ちょっとだけ…) ピッ

    美琴(もう寝てるかも…) トゥルルル

    『なんだ?』

    美琴「あっ…」(何話すか考えてなかった…)

    『ん?もしもーし、聞こえてますかー?』

    美琴「き、聞こえてるわよ」

    『ああ、それでなんだ?』

    美琴「え~っと………」

    『何だ?特に用はないのか?』

    引用元: 上条「バリバリ?」 美琴「バリバリ違う!」

     

    【上条「バリバリ?」 美琴「バリバリ違う!」】の続きを読む

    注意 : 面白いです。しかし未完です!!

    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/27(火) 17:53:19.86 ID:uExmEfVGP
    上条「ふっふっふ……特売の重要なタンパク源、たまご(M)1パック98円! 一人様2パック限りを買えた私上条当麻は不幸じゃないのだ! 
    それにいい天気だしーインデックスさんもなんかいないしー……どこ行ったんだろうあいつ……」

    美琴「お、おーい……ちょっとーあんたー」

    上条「どうせ飯になったら帰ってくるから心配はいらないかぁーあっはっは-! 犬並みの帰巣本能であらせられるインデックスさんですからねー!」

    美琴「ちょっとー一人でぶつぶつ言ってるとどう見ても不審者よー? アンチスキルきちゃうわよー」

    上条「いやー今日は気分がいい! 何せ久しぶりのフリーだぞー! このまま風に乗ってさすらう旅なんかもすのものやぶさかではない気持ちですはい!」

    美琴「おーいツンツン頭のおっせかいさーん聞いてますかー」

    上条「とりあえず散歩がてら河原でも行きましょうかねー! 久しぶりにオナモミとか見つけちゃうぞー!」

    美琴「……いい加減気付やコラァー!!!」バチィ!

    上条「うおっ!あぶねぇ……ってこの電撃は……なんだ美琴か」

    美琴「ビリビリじゃないって何度も……えっ? 今なんて?」

    引用元: 上条「なんだ美琴か」御坂「ビリビリ言…いま…なんて?」

     

    【上条「なんだ美琴か」御坂「ビリビリ言…いま…なんて?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/12(金) 09:06:03.88 ID:Lxxr8lml0
    上条「はぁ?何言ってんだお前?」

    上条「誰が助けたかなんてどうでもいいだろ?」

    美琴「そうすればもっと世間がアンタを認めてくれるのに・・・」

    上条「何?世間がオレを認めたからってどうなんの?」

    美琴「もういいわよ!!」

    上条「何言ってるんですかねぇ・・・このお嬢様は?」

    初春(あ~!!御坂さんと・・・えっとぉ上条さん?二人仲よさそうですねぇ~・・・)

    美琴「あっ・・・あの時は助けてくれて・・・ありがとう」ボソッ

    上条「えっ?何?・・・お前病院いったほうがよくね?」

    美琴「うっさいわねぇ!!!!!」

    初春(えっ?助けたって何?・・・・・・)

    初春(あっ・・・まさかあの時・・・)

    引用元: 美琴「アンタ・・・名乗り出ればヒーローよ?」

     

    とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
    グリフォンエンタープライズ (2013-06-28)
    売り上げランキング: 36,335
    【美琴「アンタ・・・名乗り出ればヒーローよ?」】の続きを読む

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 01:43:15.27 ID:UmTxwbL70
    美琴「…(これは)」

    黒子「あらぁーん、お姉様何を見ていらっしゃいますの?」

    黒子が美琴の見ている雑誌を見ると妹特集、と書いてあった

    黒子「お姉様可愛い妹分ならここにいるではありませんかぁ…」

    美琴「……」

    黒子「そ・れ・と・も、ご自分の体型のことを気にして、あの殿方の攻略方針でも考え直してらっしゃ
    りますの?」

    ここで電撃が飛んでくるか顔を赤らめて恥らうかで分岐を考えていた黒子は完全に予想外の反応を食う
    ことになる

    美琴「うん、そうだよね」

    黒子「は?」

    美琴「いままでちょっと強気に出すぎてたかもしれない…押してダメなら引いてみろ!ってね!」


    黒子「おおおおお、お姉様!?」

    美琴「ってことでこの雑誌は買いね」

    スタスタと雑誌を抱えてレジへ向かっていってしまう美琴にあせる黒子

    黒子「お、お姉様!お待ちになって!!一度冷静になって考え直してくださいまし!お姉様ー
    ッ!!!」


    引用元: 美琴「お兄ちゃん♪」佐天「上条さん///」固法 上条「不幸だ…」

     

    とある科学の超電磁砲S 佐天 涙子 パジャマでお泊まり佐天さん
    キャラアニ (2013-07-28)
    売り上げランキング: 7,140
    【美琴「お兄ちゃん♪」佐天「上条さん///」固法 上条「不幸だ…」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/16(月) 20:44:08.21 ID:tBSNST60
    ・放課後、学校帰り

    佐天「はぁ、来週は身体検査(システムスキャン)かぁ……」

    佐天「どうせまたレベル0って判定されちゃうんだと思うと気が重いなぁ」トボトボ

    黄泉川「んー? 憂鬱そうな学生が居ると思えばいつだかの講習生じゃん」

    佐天「え?」

    引用元: 佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」美琴「えぇー!?」

     

    「とある科学の超電磁砲S」 佐天涙子 Yシャツでお泊まり佐天さん
    キャラアニ (2014-03-26)
    売り上げランキング: 10,110
    【佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」美琴「えぇー!?」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング