えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

    雪乃

    7: ◆0NaiNtVZPPaZ 2014/07/06(日) 23:37:05.12 ID:NxanbuIy0
    八幡「あん?どうかしたか?」

    結衣「どうかしたよ!すごいしたよ!い、今の何!?」

    八幡「何って……部室に来たから挨拶した。ただそれだけだろ?」

    雪乃「そうよ由比ヶ浜さん。何かおかしいところがあったのかしら?」

    結衣「ゆきのんまでどうしちゃったの!?あたしが言いたいのはなんで名前で呼び合ってるのってこと!」

    八幡「なんでってそりゃ……雪乃は雪乃だからな」

    雪乃「そうね。八幡は八幡なのだから八幡を八幡と呼んだって問題はないでしょう?」

    結衣「説明になってないよ!?っていうか八幡って呼びすぎだし!」

    八幡「さっきからそんなハイテンションで疲れないのか?」

    結衣「誰のせいだと思ってるの!?」

    雪乃「……さっぱり分からないわね」

    八幡「ああ、まったく分からん」

    結衣「えー……」

    八幡「別にそんなに騒ぐことでもないだろ。お前だって葉山のこと名前で呼んでんだから」

    結衣「そ、そうだけど……うーん、そうなのかな?」

    八幡「そうだぞ由比ヶ浜。自分の考えが正しいとは限らないんだ」

    結衣「なんであたしのことは名字なんだし……はあ、なんかもう考えるの嫌になってきた……」

    雪乃「あまり細かいことは考えない方がいいわ、あなたの頭は細かいことを分析できるほど高性能ではないでしょう?」

    結衣「ひどっ!でも……この件に関してはもういいや……」

    雪乃「それでいいのよ」

    結衣「うん……」

    雪乃「ところで八幡。あなた、私の家に泊まりに来たときに着替えをそのまま置いていったでしょう?今日取りに来なさい」

    引用元: 八幡「よう雪乃」雪乃「こんにちは、八幡」結衣「えっ」 

     

    【八幡「よう雪乃」雪乃「こんにちは、八幡」結衣「えっ」】の続きを読む

    1: 2014/06/29(日) 17:12:00.11 ID:aSepS9dU0


    雪乃「由比ヶ浜さんはどうしてあんなに優しいのかしら」


    八幡「確かにそうだな、優しいなんてレベルじゃない」


    雪乃「少し抜けてる面もあるのだけれど、それを補って余りあるほどね」


    八幡「というかその抜けてるとこもまた愛らしいんだよな」


    雪乃「そうね、そこに関しては貴方の意見に完全に同意だわ」





    結衣(どうしよう部室入りづらい)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404029519

    引用元: 雪乃「疑問だわ・・・」 

     

    【雪乃「疑問だわ・・・」】の続きを読む

    1: ◆UYOMNZkX3A 2014/04/14(月) 02:09:26.59 ID:FzVsAbHDO

    引用元: 雪乃「比企谷くんと猫カフェへ行ってきたの」

     

    【雪乃「比企谷くんと猫カフェへ行ってきたの」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 08:22:25.70 ID:6dh/E9Ox0
    八幡「何ってゲームだよ。PS3の」スマホ見せる

    結衣「何これ?ロボット?」

    八幡「ロボットで一括にするな!機動戦士ガンダムだよ」

    結衣「ガンダム…昔夕方にアニメやってたね」

    八幡「由比ヶ浜見てたのか?」

    結衣「興味無いからすぐチャンネル変えてたよ」

    八幡「お前だったらそうだと思ったよ」

    雪乃「比企谷君話を進めて欲しいのだけど?それはどういうゲームなのかしら?」


    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫 わ)
    渡 航
    小学館 (2017-09-21)
    売り上げランキング: 1
    【八幡「家帰ってexvsフルブするか」雪乃「比企谷君それは何かしら?」】の続きを読む

    30: 黒猫 2013/12/19(木) 09:55:34.22 ID:+XzxjG8T0
    『やはり雪ノ下雪乃にはかなわない』


    <部室近くの廊下>

    比企谷八幡は今日もけなげに部室に行く。

    主夫志望といっているが、今のこの姿はサラリーマンといっていいだろう。

    ただ、いつもと違うところがあるとすれば、

    男子高校生が持つには不似合いなぬいぐるみが入っている紙袋を持っているところだ。

    クラスメイトがこの姿を見れば、

    ついにぬいぐるみ相手に独り言を言い始めたかとドン引きしてしまうだろう。

    といっても、そんなかわいそうな目で見られないような対策はしていた。

    教室では、誰にも見つからないように袋の奥に隠していた。

    ほんの思いつきで始めた今回の作戦のために、

    今まで以上の好奇の目を向けられるような行動は避けねばならない。

    そう。

    このぬいぐるみを偶然(ここ重要! 蛍光ペンでアンダーラインすべき)発見して

    もらう人間は一人でいいのだ。

    でも、なんで蛍光ペンでマークしたところほど暗記できないの? 

    しかも、5色くらいのマーカーで目がちかちかするような教科書にするやつほど、

    テストの点悪いし。

    そーいや、由比ヶ浜は十二色入りの蛍光ペンセット買ったって、

    部活の時雪ノ下に見せてたな。

    転載元: やはり雪ノ下雪乃にはかなわない

    【やはり雪ノ下雪乃にはかなわない】の続きを読む

    2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 00:11:08.62 ID:r4GxtNoA0


    お菓子


    雪乃「今日はお茶請けにマカロンを焼いてみたわ」スッ

    八幡「お、いつも悪いな」パクッ

    雪乃「………………」

    八幡「………………」モグモグ

    雪乃「……その、味はおかしくないかしら?」

    八幡「おう、いつも通り美味いぞ」

    雪乃「……そう」フゥ



    引用元: 雪乃「本当に救いようのないクズね」 


    【雪乃「本当に救いようのないクズね」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 02:21:50.70 ID:VO576a0C0
    ※キャラ崩壊注意




    TV<続いてのニュースは千葉県で起きている連続殺人です

    TV<被害者は○人、いずれも若い男性で……

    TV<……複数、単独犯両方で捜査を……





    prrr prrr


    雪ノ下「平塚先生? 珍しいわね。はい、雪ノ下です」

    比企谷『雪ノ下か! 頼むヤバイんだ! 助けてくれ!』

    雪ノ下「そう。それじゃ頑張って」ピッ


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398532910

    引用元: 比企谷「雪ノ下ヤバイ!助けてくれ!」

     

    【比企谷「雪ノ下ヤバイ!助けてくれ!」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:59:12.02 ID:5qOjALxW0

    引用元: 雪乃「ほら……早く起きなさい」八幡「……後……五分」

     

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫 わ)
    渡 航
    小学館 (2014-04-18)
    売り上げランキング: 8
    【雪乃「ほら……早く起きなさい」八幡「……後……五分」】の続きを読む

    1: ◆UYOMNZkX3A 2014/04/06(日) 22:15:51.26 ID:aR+ZSfWDO
    八幡「雪ノ下が猫カフェで働いてるだって?」
    で書いた世界とリンクしてるので、一応それのつづきとも云えるお話です。

    ちなみにアダスは原作を7巻までしか読んでないので、そこんところはご理解お願い致す

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396790151

    引用元: 八幡「雪ノ下から一緒に猫カフェへ行こうと誘われるなんて」

     

    【八幡「雪ノ下から一緒に猫カフェへ行こうと誘われるなんて」】の続きを読む

    1: ◆9.qE3y3JGw 2013/12/16(月) 15:02:24.79 ID:BXuks//qo
    比企谷「は?お前今何て言ったの?」

    雪ノ下「聞こえなかったの?あなたの耳はただの飾り?」

    比企谷「いや、そうじゃなくて。聞こえた内容が突飛過ぎたんでもう一度確認したいんだが……」

    雪ノ下「そう……ならもう一度だけ言うわ。比企谷くん、その、わ、私と付き合うことを許してあげるわ」

    比企谷「……」

    由比ヶ浜「ゆゆゆゆきのん!?いきなり何言ってるの!?ってか、ヒッキーも何で無言!?」

    比企谷「何て返せばいいんだよ……」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387173744

    引用元: 雪ノ下「比企谷くん、あなたと付き合ってあげてもいいわ」 



    【雪ノ下「比企谷くん、あなたと付き合ってあげてもいいわ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 18:09:49.19 ID:1v5yAxU30
    川崎「で、なんで私に相談するの?」

    八幡「いや、なんとなく……?」

    川崎「ふーん…ま、立ち話も何だし、家来る?」

    八幡「は?……えっ……お、おう(こんなヤツだったっけ)」

    見たいに追い回される話がいいと思います!

    引用元: 八幡「雪ノ下も由比ヶ浜も病んでて困ってるんだ」 



    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
    渡 航
    小学館 (2011-03-18)
    売り上げランキング: 18,367
    【八幡「雪ノ下も由比ヶ浜も病んでて困ってるんだ」】の続きを読む

    1: ◆UYOMNZkX3A 2014/04/04(金) 01:33:54.34 ID:awqQi41/0
    八幡「おいおい、いくら何でもそれは嘘だろう」

    結衣「だって、優美子が二俣新町の猫カフェからゆきのんが出てくるところを目撃したって言ってたんだもん!」

    八幡「そもそも、あんな辺鄙なところに猫カフェあったのかよ……」

    八幡「あんな都会の外れにポツンと取り残されたような駅、二俣新町くらいだぞ」

    結衣「いまは二俣新町ディスってる場合じゃないって!」

    八幡「猫カフェに客として向かったんじゃないのか?あいつにバイトをする必要性なんてないだろ?」

    結衣「それなら、どうしてここ数週間、部活に顔を出さないの?

    八幡「……それもそうだな

    八幡「しかし、あの雪ノ下がカフェで働くとはね……。あいつに接客なんか出来るのかよ」

    結衣「だ・か・ら、調査しようよ!」

    八幡「調査ぁ?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396542834

    引用元: 八幡「雪ノ下が猫カフェで働いてるだって?」

     

    【八幡「雪ノ下が猫カフェで働いてるだって?」】の続きを読む

    1: ◆EqtePewCZE 2013/06/30(日) 00:48:01.99 ID:ETPV5IUq0
    このスレは隠れだめっ子の雪ノ下雪乃を見守るスレです。

    キャラ崩壊等も多少あるかとは思われますので、
    出来る限り広い心でご覧になっていただけましたら幸いです。

    7巻までのネタバレがあるかもしれませんので、
    未読の方はご注意ください。

    お題をいただけましたら可能な限り努力いたします。

    ではよろしくお願いいたします。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372520881

    引用元: 雪ノ下「だめのん?」

     

    【雪ノ下「だめのん?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 12:05:16.54 ID:rQtYb2XJ0
    比企谷「おい、まじかよ…」

    雪ノ下「…あら?」

    比企谷「…うっす」

    雪ノ下「こんなとこで会うなんて…奇遇ね」

    比企谷「ああ、そうだな…その…俺は何も見てないことにするから気にすんな」

    雪ノ下「何がかしら?」

    比企谷「いや、なぁ…」

    雪ノ下「ここから出て来たことに関して?」

    比企谷「まぁそうだな…その、大変だなお前も」

    雪ノ下「…なぜ他人事みたいに言ってるのかしら?」

    比企谷「ん?」

    雪ノ下「あなたももう父親になるんだから…その…しっかりして」

    比企谷「…は?」

    引用元: 比企谷「雪ノ下が産婦人科から出て来た」

     

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)
    渡 航
    小学館 (2013-11-19)
    売り上げランキング: 2,643
    【比企谷「雪ノ下が産婦人科から出て来た」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 00:21:02.82 ID:QkFH1v2+0
    雪乃「由比ヶ浜結衣・・・突然この奉仕部に入って来た女・・・」

    雪乃「髪は染めてなにかちゃらちゃらした感じの私の嫌いなタイプの女・・・」

    雪乃「馬鹿のくせに私にやたらと慣れなれしく接してくる女・・・」

    雪乃「何より毎回私と比企谷くんの間に居座る邪魔な女・・・」

    雪乃「なんとしても彼女を奉仕部から排除する」



    八幡「・・・雪ノ下?なにブツブツ言ってんだ?」

    引用元: 雪乃「由比ヶ浜結衣を奉仕部から追放したい」 


     

    【雪乃「由比ヶ浜結衣を奉仕部から追放したい」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/20(月) 09:49:54.54 ID:wgRUDw0Y0

    雪乃「馬鹿なこと言ってないで早くそのみっともない顔を洗ってきなさい」バタンッ

    八幡「…あい」



    雪乃「遅いわよ。早く食べなさい」

    八幡「悪いな…毎日。面倒だったらこなくていいんだぞ」ガタッ

    雪乃「…別に。問題ないわ。幼馴染みですもの」


    八幡「…そうだな」モグモグ



    http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

    【やはり俺の幼馴染みが彼女なのは間違っている。雪乃「何を言っているのかしら?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 19:37:22.40 ID:s+1aF/qI0
    八幡「まずは>>5で」

    引用元: 八幡「安価で雪ノ下にイタズラする」 


     

    【八幡「安価で雪ノ下にイタズラする」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 20:29:23.27 ID:5uU1+dbI0
    雪ノ下「…どう思っているのかしら?」

    八幡「いや…特になんとも思ってないが」

    雪ノ下「そう…」

    八幡「あぁ…」

    雪ノ下「つまり、比企谷君を私の好きにして良いわけね…」スッ

    八幡「あぁ……ん?」

    雪ノ下「…んっ」チュッ

    八幡「!?」


    デレデレなゆきのんおなしゃす!!

    【雪ノ下「その…比企谷君は由比ヶ浜さんのことを…」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:40:06.45 ID:/gVKv6kk0
    雪乃「・・・」

    八幡「・・・」

    雪乃「・・・」ペラッ

    八幡「・・・」

    八幡(話しかけられなかった)


    【八幡「雪ノ下雪乃を無視してみる」】の続きを読む

    1: ◆UYOMNZkX3A 2014/03/01(土) 18:54:04.22 ID:IP2wMsuPO
    雪乃「………………」ペラ

    雪乃「………………」ペラ




    雪乃「………………」パタン

    雪乃「……もう、6時なのね」

    雪乃「……今日も比企谷くんは部室に来なかったわね」

    雪乃「……嫌だ、私ったら心配してしまっているのかしら。比企谷くん程度の生物相手に」

    雪乃「……それに、由比ヶ浜さんも来なかったわね」

    雪乃「……………………」

    雪乃「……帰りましょ。」スッ


     

    【雪ノ下「もう恋なんてしないなんて言わないわ……絶対。」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 14:21:46.87 ID:58vpmEEP0
    ガラガラ

    八幡「うす」

    雪ノ下「・・・」

    八幡(眼鏡とは珍しいな)

    八幡(それと、なんでギョっとした顔してんだ)

    八幡(とりあえず座って文庫本でも読むか)

    八幡(今朝カバンに入れたよな)ガサゴソ

    雪ノ下「あの...間違ってませんか?」

    八幡「何が?」

    雪ノ下「ここあなたが来る場所じゃないと思うんですけど」




    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録(モノローグ)-(10) (ビッグガンガンコミックス)
    渡 航 佳月 玲茅
    スクウェア・エニックス (2017-01-25)
    売り上げランキング: 7,214
    【八幡「そこにいたのは眼鏡をかけた雪ノ下だった」】の続きを読む

    1: ◆UYOMNZkX3A 2014/02/28(金) 21:38:47.60 ID:1OukvSBZO
    雪乃「…………」ペラ

    ガチャ

    八幡「うっす」

    雪乃「あら、比企谷くん」

    八幡「おう、流石に目で見りゃ分かるようになったろ」

    雪乃「そうね」

    八幡「…………」

    雪乃「…………」ペラ

    八幡「おい」

    雪乃「何かしら?」

    八幡「いつもの咬みつきはどうした?」

    雪乃「咬みつき?」

    八幡「だからその……俺が言葉を発する度に、毎回毎回猛毒吐いてただろ」

    雪乃「失礼ね」

    八幡「どっちが失礼だ」



    #10 それぞれの、掌の中の灯が照らすものは。
    (2016-03-14)
    売り上げランキング: 16,847
    【雪乃「今日から比企谷くんには優しく接するわ」八幡「疲れてるのか?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/12(水) 23:03:40.99 ID:ciPXwZrP0
    雪乃「今のは……私の聞き間違い? それとも何かの冗談かしら」

    八幡「いや、割とマジなんだ」

    雪乃「……比企谷くんは、目だけでなく頭も腐っていたようね。残念だわ」

    八幡「何とでも言え。コミュ障ぼっちがキスに幻想抱いて何が悪いんだよ」

    雪乃「………………」


     

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録(モノローグ)-(10) (ビッグガンガンコミックス)
    渡 航 佳月 玲茅
    スクウェア・エニックス (2017-01-25)
    売り上げランキング: 554
    【八幡「女とキスしたい」雪乃「え?」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/07(金) 18:44:49.19 ID:guUOUHU50

    結衣「私は右腕!」



    俺ガイルSSです。



    【雪乃「由比ヶ浜さんはどれがいいかしら?」 】の続きを読む

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 10:13:11 ID:LwoanQzc
    卒業式から、早いもので二ヶ月の時が過ぎた。

    私は全国的にも有名な国立の大学へ、八幡と結衣は都内の同じ大学に合格、入学し、日々充実した毎日を過ごしていた。

    新生活の始まりという時期で、以前のように頻繁には会えないけれど、
    毎日欠かさずくれる電話口や、会った時の顔を見ていると、凄く満ち足りた感じが伝わってくる。

    今日も結衣と大学の近くにあるカフェでお茶を飲みながら、日常の些細な事ばかり話題にしている。
    でも、そんな些細なやり取りも、今の私には嬉しくて楽しいものばかりだった。

    そう、今でも私達の関係はとても穏やかでーー

    引用元: 雪乃「あの頃とはもう違うのよ」 

     

    【雪乃「あの頃とはもう違うのよ」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 12:36:36.46 ID:6AL1u89e0
    平塚「比企谷、私が出した作文の課題はなんだった?」

    八幡「高校生活を振り返って、でしょう」

    平塚「そうか。テーマを知らなかったわけではないんだな。なぜ白紙なんだ?」

    八幡「振り返っても何もなかったってことです」

    平塚「はぁー 君が暴力をふるうタイプの不良だったらな・・・変に理論武装しているから困る」

    八幡「今の時代は腕っ節より頭ですからね。先生も男勝りなところ直したら結婚d」

    平塚 ビュォォォーン! 八幡「!?」

    平塚「次はあてるぞ・・・」

    八幡「はい・・・・・・」




    【雪ノ下雪乃「不良にふさわしい腐った目だわ」比企谷八幡「うるせ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 20:26:27.39 ID:j8S957Dd0
    奉仕部

    ガチャ

    八幡「うっす」

    雪ノ下「こんにちは、引きニート君。相変わらず目が腐ってるわね」

    八幡「お前は相変わらずの罵倒だな……ほら、この前お前に借りた本返す」

    雪ノ下「あら?もう読んだのね」

    八幡「お前が他人に勧めるだけあるな。良かったよ」

    雪ノ下「詳しい感想は紅茶でも飲みながらしましょうか。待ってて、いま淹れるわ」

    八幡「ああ、悪いな」

    雪ノ下(比企谷君が奉仕部に入部して半年、か……)

    雪ノ下(彼と過ごす時間が、こんなにも自分を満たしてくれるなんて、最初は全く思いもしなかったわね)


     
    【雪ノ下「もしも由比ヶ浜さんが奉仕部に入部しなかったら……」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 12:42:52.84 ID:CC9Db43e0
    加藤「おはよーございまーす」

    雪乃「おはようございます」小町「おっはーよー」八幡「どーも」静「おはよ」結衣「やっはろー!」

    加藤「ちょっと!挨拶ぐらいそろえましょうよ皆さん」

    小町「まーまーそこは個性ってことで」

    加藤「しょっぱなからバラバラってダメでしょwwwwww」

    小町「個性個性!挨拶も個性! それより加藤さん」

    加藤「なんですか?」

    小町「ほかのメンバーさんは?」

    結衣「そーいやいないねー」

    加藤「あんまりね、人数が多くなるとやりにくので連中には抜けてもらいましたwwwwwwwwww」

    *今日はお休みの忍者たち(加藤以外)

    静「すみませんね。加藤さんだけ参加させて」

    加藤「いやいや、こんなにかわいい子たちに囲まれるならかまわないですよ僕は」

    八幡「あっ、加藤さん主婦の反感買いますよ」 


     
    【比企谷八幡「只今参上!」雪乃「色とり忍者!」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 19:12:49.22 ID:YS6q+jNK0
    あの頃の俺たちは、友達が少なくても数を取り続けていた・・・・・・

    俺たちの伝説!カリスマ爆走族! 

    なんと今夜! 友達少ない奴らに数取現象が!

    新生数取団が一夜限りの復活!

    スクールカーストが高くても低くても関係なし!

    ぼっちも非リアもリア充も!俺たちといこうぜ無限大の彼方へ!

    あっ、やっぱリア充はいいや・・・・・・


     
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
    渡 航
    小学館 (2011-03-18)
    売り上げランキング: 13,872
    【比企谷八幡「単位上等!」雪乃「爆走!数取団!」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:31:09.59 ID:WjcMzmMMo
    突然だが奉仕部と他数名で合宿をすることになった。
    メンバーは比企谷(自分)、葉山、材木座、雪ノ下、由比ヶ浜、三浦、海老名の7人だ。

    目的地へ辿り着くためには、ボートで川を渡らなければならない。
    しかしボートは小さく、一度に乗ることができるのは2人が限界だ。







    出発地 比企谷、葉山、材木座、雪ノ下、由比ヶ浜、三浦、海老名(ボート)

    目的地




    >>3(意味不明の場合は下)
    誰をボートに乗せますか?(最大2名)


     
    【八幡「川渡り問題?」雪乃「ええ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング