全日空は12日、同日午前8時20分羽田発ソウル・金浦行きの1291便で、副操縦士(40)が航空法で携帯が義務付けられている操縦免許を羽田空港に置き忘れたまま搭乗していた、と発表した。

 全日空によると、同日午前10時ごろ、同社社員が羽田空港内の乗員室内にこの副操縦士の免許が置いてあるのを見つけ、不携帯が発覚した。ライセンス類の携帯は搭乗前に乗務員が各自で確認することになっており、点検後にしまうのを忘れたまま乗り込んだとみられる。

 同社では副操縦士の乗務を取りやめ、急遽(きゅうきょ)、羽田から別の乗務員を派遣して対応。副操縦士が搭乗予定だった金浦発羽田行きの便の出発が4時間半遅れたほか、後続の2便にも最大2時間半近い遅れが出た。乗客約900人に影響が出る見通しという。

【関連記事】
ANAが広島発の夜間貨物配送開始 松山でも3月から
旅行各社「安心」商品を強化
全日空が狙う“日の丸”キャリア 3年後に「JANA」?
ANA、378億円の営業赤字 09年4~12月期、旅客数が大幅減
日航の再出発は政・官・業もたれあいの象徴 負担は国民にも

政権運営通じ信頼回復=鳩山首相(時事通信)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
窃盗未遂で同乗のブラジル人逮捕=名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
児童の列に乗用車、5人けが…茨城の市道(読売新聞)
千葉県警の不正経理5億7000万円(産経新聞)