岡田克也外相は16日午後、自らが本部長を務める「外交記録公開・文書管理対策本部」の初会合を外務省で開催した。核持ち込みなど日米の「密約」に関する外交文書が自民党政権下で伏せられてきたことを踏まえ、作成から30年を経た文書を公開する原則を徹底する規則を作り、文書開示を進めるための体制強化策を検討するよう指示。外相はこの後の記者会見で、夏の参院選前には新規則などの結論を出す考えを明らかにした。
 外相は会合での冒頭あいさつで、「文書をきちんと保管し、一定期間で公開するのは行政の透明性を確保するために重要だ」と強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<地下鉄サリン>死者1人増え13人 警察庁が再調査(毎日新聞)
輿石氏、農地の無断転用問題で「直せるものは直す」(産経新聞)
両陛下、愛子さまに気遣い…関係児童にも配慮(読売新聞)
小林千代美議員「責任の取り方様々ある」(読売新聞)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)