東京大空襲の被害を巡って国に謝罪と賠償を求めている訴訟の原告団と弁護団が10日、東京・永田町の衆議院第1議員会館で国会議員と懇談した。大阪、名古屋の空襲被害者も参加し「救済立法の成立を」と訴えた。各地の空襲被害者が全国組織を結成する方向で動き始めた。

【関連ニュース】
東京大空襲:朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版
東京大空襲:遺族や都知事ら参列し慰霊法要
東京大空襲:65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」
東京大空襲:墨田区役所に「平和のオブジェ」
空襲被害者:全国組織結成へ 救済立法目指し10日初会合

社民・福島氏、密約認定「画期的だ」(産経新聞)
橋下知事「北朝鮮はナチスと同じ」 朝鮮学校無償化問題で(産経新聞)
<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)
舛添氏、鳩山氏との連携「具体的なことは決まっていない」(産経新聞)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)