埼玉県坂戸市で同じコンビニに2回押し入り店長らにけがを負わせたとして、強盗殺人未遂罪に問われた水野満被告(40)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は19日、抗うつ剤の副作用による心神耗弱を認めて減刑し、懲役8年6月(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 判決は、被告は医師の指示に従って抗うつ剤を服用しており、「過大評価はできないが、被告だけを厳しく非難できない側面がある」とした。
 被告の弁護人によると、医師の処方通り服用した抗うつ剤の副作用で心神耗弱を認めた判決は例がないという。 

<普天間移設>23日に協議 政府案まとめ目指す(毎日新聞)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡-警視庁(時事通信)
<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表-環境省(時事通信)
藤沢武夫:「管理職」という幻惑から技術者を解放せよ