豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、県警豊川署は岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検した長男の高之容疑者(30)が5人を刺した後に自宅に放火したとして、7日に現住建造物等放火容疑で再逮捕する方針を固めた。また、引きこもり状態にあった高之容疑者が一美さんの給料を管理していたのは、一美さんの側から高之容疑者に管理を任せ、自立を図る目的だったことが捜査関係者の話で新たに判明した。

【豊川・家族5人殺傷】「何でおれのインターネットを解約した」容疑の長男、以前からトラブル

 高之容疑者は4月17日午前2時ごろ、自宅2階の自室の布団にライターで火をつけ、2階部分を半焼させた疑いが持たれている。同署によると、逮捕直後の調べに「家も燃えてしまえと思った」と供述していた。

 捜査関係者によると、高之容疑者は7日、殺人容疑などでの拘置期限を迎えるが、名古屋地検は処分保留にする模様。地検は今後、高之容疑者の精神状態を調べるための鑑定留置を申請するかどうか検討するとみられる。

 同署のこれまでの調べで、高之容疑者はインターネットを解約されたことに腹を立て、一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)を包丁で刺して殺害し、母(58)ら3人を刺して重軽傷を負わせたとされる。このうち、一美さんへの殺人容疑と3人への殺人未遂容疑での拘置期限を7日に迎える。【沢田勇、山口知】

【関連ニュース】
【豊川・家族5人殺傷】「ネット競売、借金300万円」 父、警察に相談
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その1)
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その2止)
【豊川・家族5人殺傷】なぜ孫娘まで… 近隣住民ら絶句

【話題の本】『朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣』(産経新聞)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難-政府(時事通信)
【集う】HRW東京オフィス開設1周年記念チャリティーディナー(産経新聞)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)

JR福知山線 被害者へメルマガ100号「孤立しないで」(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故で重傷を負った木村仁美さん(26)=兵庫県西宮市=ら負傷者が05年12月から発行しているメールマガジンが、今月20日、100号に達した。被害者向けの集会や講演会などの情報をまとめており、タイトルは「寄りかかっていいんだよ」という意味の「LEAN(リーン) on(オン) ME(ミー)」。木村さんは「事故がきっかけで前に進めなくなっている人に、『焦らなくていいよ』というメッセージを送りたい」と話す。

【写真特集】もう一度事故の様子をみる JR福知山線脱線事故

 木村さんは1両目に乗車し、左すねなどに重傷を負った。事故後、被害者側主催の賠償交渉に関する講演会など、JR主催以外の行事の情報を得る手段がないことに、不満を感じた。他の被害者も同じ思いを抱えていることを知り、メルマガ発刊を思いついた。

 事故の負傷者が集まった編集委員5人が、他の負傷者やNPOから提供を受けた情報を基に、交代で月2回、発行。約100人がパソコンや携帯電話で購読している。遺族や負傷者を対象にした集会や、同じ負傷者の山下亮輔さん(23)=同県伊丹市=のコンサートなど、イベント情報を掲載。「関連行事の日程を一目で把握できる、唯一の手段」と利用者から頼りにされている。

 JR西日本への思いや、事故原因に関する意見は被害者の間でも異なるため、編集側の意見は付けていない。掲載すべき予定がなくても、「今月の予定はありません」との内容で発行し、被害者を孤立させないよう気を配ってきた。

 区切りの100号は、11件のイベント情報を送信した。この5年を思い返した木村さんは「事故で苦しんだすべての人に『あんたも私も頑張った』という気持ちを込めて、送信ボタンを押しました」と話した。【中里顕、大沢瑞季、津久井達】

【関連ニュース】
<福知山線脱線>事故5年 きょう追悼式
<福知山線脱線>事故当時の車掌献花…「道義的責任感じる」
<福知山線脱線>JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
<福知山線脱線>JR西日本歴代3社長の起訴内容要旨
<福知山線脱線>遺族らアンケ 9割が「事故報告書に不信」

反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
石綿 中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)
4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)
日中当局が会議開催=ギョーザ事件で情報交換-警察庁(時事通信)
好き嫌いもこれで治る? スーパー給食に児童舌鼓 (産経新聞)

<AED>救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)

 大阪市消防局は20日、救急車のAED(自動体外式除細動器)が故障のために作動しないトラブルがあったと発表した。今月7日夜、心肺停止状態だった同市の男性(60)に対して使用したが、蘇生措置ができず、男性は搬送先の病院で死亡した。AED内部にあるトランジスタが何らかの原因で脱落し、胸部に取り付けるパッド部分に電流が流れなかったらしい。市は故障と死亡の因果関係は不明としている。

 故障したのは医療機器販売会社「日本光電工業」(東京都新宿区)の製品「TEC-2313」。医療従事者や救急救命士が扱う「半自動式」のAEDで、公共施設などに設置されている機種とは異なる。国内では地方自治体を中心に同じシリーズのものも含め884台を販売。同社は「同様の故障事例は把握していない」としており、製品の回収などは行わない。大阪市では他に22台の同機種を救急車に搭載しているが、異常はなかった。

 市消防局によると、故障したAEDは06年3月に購入。通常の耐用年数は6~7年で、今年2月に使用した際は正常に作動していた。トランジスタが脱落した原因については、同社が引き続き調査している。【小林慎、平川哲也】

【関連ニュース】
いざという時のために /岐阜
消防総監感謝状:八王子駅男性救護「講習経験役立った」 毎日新聞記者ら3人 /東京
県水難救済会:AEDや救命胴衣、救難所10カ所へ贈る /佐賀
赤バイ隊:GO 八幡浜地区消防、来月1日から運用 10人、2台を配備 /愛媛
「市民救命士」地震に備え /静岡

民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
<雑記帳>オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も-北沢防衛相(時事通信)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ