独立行政法人情報通信研究機構は15日、ハイチで起きた大地震の推定震度分布を発表した。人工衛星などのデータに基づいて地形から算出しており、被害情報のない地域でも震度の分布が分かる。同機構は「救助活動の目安として役立つ」としている。
 同機構は、人工衛星などで得られている標高データを地形のデータに置き換え、地形と震度との経験式に当てはめて推定震度を算出。それによると、首都ポルトープランスの北側などは現地から被害の情報がないものの、強い揺れが推定され、通信が途絶している可能性があるという。
 東大地震研究所によると、今回の地震はカリブプレート(岩盤)と、その下に西南西方向に沈み込む北米プレートとの境界付近で発生。境界の南側の「エンリキロ断層」が横ずれを起こしたとみられ、この断層では、過去1751年、1770年にも地震が起きているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ハイチ大地震
ユニーとサークルKサンクス、ハイチ地震の被災者支援で募金実施
自衛隊輸送機の活用も=ハイチ支援で北沢防衛相
「国際貢献に努力」=部隊指揮官、北沢防衛相に
医療援助求める=日本の支援に謝意

19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」地図、複数現存(産経新聞)
石川議員、事務所に宿泊?…実は深夜に脱出 報道陣待ちぼうけ(産経新聞)
伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏(産経新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)