大阪府警南署の保護室の毛布に火をつけたとして、南署は23日、現住建造物等放火の疑いで、自称大阪市中央区道頓堀東、無職、平阪政春容疑者(50)を現行犯逮捕した。南署によると、平阪容疑者は「何のことかわかりません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は23日午前4時45分ごろ、南署2階の保護室にある毛布にライターで放火、床や壁など約1平方メートルを焼いたとしている。

 南署によると、平阪容疑者は午前4時半ごろ、泥酔状態で署に押し入り、ほかの来署者に暴言を浴びせるなどしたため、署が保護したという。

【関連記事】
警察官の目前で放火容疑 直前の火災との関連捜査
教諭の父を殺害、放火 22歳長男を再逮捕 「金の使い方で小言」
連続放火か、民家の外壁など焼ける 千葉・市原
放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」
政界・文豪ゆかりの文化財次々焼失…施錠なく

首相、使途公開の意向=偽装献金事件で-衆院予算委(時事通信)
中堅ゼネコンを捜索=小沢氏団体事件-東京地検(時事通信)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)
<東名阪死亡事故>過労運転させた疑い 運行責任者ら送検(毎日新聞)