大阪府内などで初乗り2キロ500円で営業する「ワンコインタクシー」5社が3日、運転手の1日当たり乗務距離を250キロに制限したのは違法として、国を相手に取り消しを求め、大阪地裁に提訴した。
 走行距離を延ばすことで収益を上げるワンコインタクシー側は「制限距離が全国で最も短い上、高速道路の走行分もカウントするなど他地域より不当に厳しい」と指摘。事業に過度の制限を行い、裁量権の乱用に当たると主張している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路無料化」
37路線50区間が対象=6月めどに高速道路無料化

学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)
「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ(産経新聞)
学級閉鎖は減少=新型インフル-厚労省(時事通信)
四国電力 伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)