自宅に母親の遺体を遺棄したとして、兵庫県警網干署は2日、死体遺棄容疑で同県姫路市網干区垣内本町、会社員小西泰光容疑者(41)を逮捕した。同署によると、容疑を認め「死んでいたのには気付いたが、母の年金がもらえなくなると困るので隠していた」と話しているという。
 逮捕容疑は、昨年2月ごろ、自宅で母文江さん=当時(74)=が死亡しているのに気付いたのに、埋葬せず放置した疑い。
 同署によると、遺体は居間で布団にくるまれ、上に雑誌などが山積みにされていたという。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄~事件の経過を振り返る~
妻と義母ら3人殺害か=死体遺棄容疑で夫逮捕
山中に遺体の頭部=74歳男を逮捕
元社長遺棄容疑で2人逮捕=栃木の井戸遺体
遺棄供述の男、27日に逮捕=元社長遺体発見で

<土改連役員>議員兼職避けるべきだ…内閣が答弁書(毎日新聞)
独自の企業税は適法 いすゞ敗訴、神奈川県が逆転勝訴 東京高裁判決(産経新聞)
セクハラ、アカハラ十数人…成蹊大教授を懲戒免(読売新聞)
路上に男性の遺体=ひき逃げで捜査-警視庁(時事通信)
「東大卒」と偽り詐欺、家庭教師や架空の投資話(読売新聞)