Bloga enneagramica (ブロガ・エニアグラミカ)

IT革命の先にある社会の創造に貢献することを目的として、拙いながらも文章を紡いでおります。 (管理人:enneagram)

努力して、わたしたちみんなが欲するような知識社会を未来に生み出したいものです。

タイでもジャポニカ米を栽培している農家がいるのだろうか

せんべいの原料で、タイ米を使用している表示を見つけたことがある。


タイで普通に栽培される、インディカ米を輸入してせんべいにしていたら、おいしいせんべいにならないと思う。


タイにも契約農家がいて、せんべい用の米粉を作るためのジャポニカ米を栽培している農家がいるのだろうと思う。


今の時代は、生産できる農作物は、どこでも生産できる。タイでも、インディカ米ではなく、ジャポニカ米を生産する農家が存在するようである。


こういう話も、経済のグローバル化の一環なのだろうと思う。

カルタゴがローマに敗れた理由

ローマは、カルタゴから、シチリア島とコルシカ島とサルジニア島を奪って、地中海の制海権を確保した。これが、カルタゴ滅亡の理由だったようである。ローマは、カルタゴの首都を直接攻撃できたが、カルタゴは、制海権を失ったことにより、ローマを直接攻撃する能力も機会も失っていた。


同じような話は、近現代にもあって、シンガポールが陥落したことにより、戦後、イギリスが、アジアアフリカの植民地を次々に喪失していったり、あるいは、日本も、硫黄島を失うことで、この時、アメリカに完敗していて、敗戦は明らかになったりしていた。


制海権の問題というのは、湾岸戦争以後あまり重視されなくなったが、現在、台湾海峡の安全保障が重視されたことで、また、意識されるようになってきた。


制海権というのは歴史的に重要なことなので、竹島問題にしても、北方領土問題にしても、尖閣諸島問題にしても、うやむやにはしないで、領有権を主張し続けないといけないのが、歴史の前例からよくわかることである。

万景峰(マンギョボン)号での船旅は、果たして快適だろうか?

北朝鮮から、貨客船の万景峰号が、日本にたびたびやってくるようだが、この船で北朝鮮に行くのは、たぶん楽しくないと思う。


貨客船だから、客室の居住性はよくないと思う。


朝鮮総連幹部にとっても、北朝鮮と日本の往復は、あまり楽しくもないだろうと思う。


北朝鮮が、貨物船と客船を別にして、日本の港湾に船舶をよこせるようになると、北朝鮮も、外国向けの体裁を確保できるようになったということになるのだろうか。

子夏のすぐれた弟子の記録は乏しい

段干木(だんかんぼく)という、子夏の優れた弟子の名が残っている。どういう人だったかあまり知られていない。賢者だったという話である。この人の記録は少ない。


孔子の弟子の子夏の言行は、論語にいくつか収録されている。しかし、孔子の孫弟子になると、もう、優れた人でも論語には登場しなくなる。


子夏の優れた弟子のことがあまり多く知られていないことこそ、驚くべきことだろうと思う。曾子の弟子たちのことも、多くは知られていない。


子路の弟子筋の任侠たちも、墨家と競い合って戦国時代に幅を利かせていたようだが、名を残したものは少ない。


孟子や荀子は独創性のある思想家だったのだろうと思う。かつての中国でも、独創性の乏しい思想家たちは、消滅して忘れられていった。


あるいは、秦の始皇帝の焚書坑儒で、多くの儒家の二流の思想家たちの記録が大量に失われてしまったのだろうか。そうだとしたら、大変残念なことである。

硬いバター、柔らかいマーガリン

ふつうは、バターは固く、マーガリンは柔らかい。


脂肪酸が飽和しているか、不飽和なのかの違いだろう。バターの脂肪酸は飽和脂肪酸で、マーガリンの脂肪酸は不飽和脂肪酸である。


柔らかいバターを作るには、細かな気泡を形成させるのだろうが、容易ではないだろうと思う。硬いマーガリンを作るには、脂肪酸を水素化させればいいだけだから、容易だろうと思う。
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

Naksatra

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ