Bloga enneagramica (ブロガ・エニアグラミカ)

IT革命の先にある社会の創造に貢献することを目的として、拙いながらも文章を紡いでおります。 (管理人:enneagram)

日本の大学生の4割は

日本の大学生の4割は、東京と大阪と神奈川にいる。


東京と神奈川で3割以上である。


そこから吐き出される大学生たちが、日本中に東京発の考え方を地方まで撒き散らすわけである。


逆に、東京には、全国から、色々な考え方が集まるのである。


そういうわけで、地方の人は東京の大学に進学するのが良いのだろうし、東京の人は、地方の大学に進学するほうが人生にとって有益なのだろうと思う。

実は東京都と大阪府は

実は東京都と大阪府は、小松菜の生産が盛んである。


この野菜だけは、地産地消にするしかないのだろう。全国的にも、生産は、圧倒的に首都圏に偏っている。


全国の農産物が首都圏市場への参入を狙っている。山形県のコメのつや姫などはすぐに人気が出た。北海道のコメは、東京では苦戦している。


それにしても、東京で消費される小松菜の多くは東京産である。意外な事実である。

日本の製造業の中心は今や愛知県

愛知県の工業生産額が日本で一番大きいようである。愛知県は、工業県で農業県である。愛知県は、産業の配布のバランスが良い。都市化も進んでいる。


京浜工業地帯は、工場移転、サービス化が進行したのだろう。


首都圏の製造業は、いまや、大規模大量生産型でなくなっているのだろう。だから、生産規模の大きな製造業は、愛知県に集中することになっているような気がする。


日本の製造業の生産拠点は、ずいぶん、中国や東南アジアに移転してしまった。愛知県の工業も、情報化、ハイテク化をますます進行させていかないと、維持できなくなるのかもしれない。


けっきょくのところ、そうなると、工業製品市場は細分化され、工業の労働力人口扶養力は低下していくということになっていくのであろう。

静岡県では天草が取れる

静岡県では、寒天を作るための海藻の天草が取れる。


意外だが、海藻の天草は、冷たい海ではなく、温かい海に生育するようである。


暖流の影響を受けて生育するのが天草、寒流の影響を受けて生育するのが昆布なのだろう。


藻類の植生は、指摘されると思いもよらぬことが多いのかもしれない。

愛知県の農業は

愛知県の農業は生産性が高いようである。


都市市場向けの近郊農業に特化しているのである。単価の高い産物を生産しているようである。


愛知県は、工業生産も盛んである。


大都市名古屋があり、生産も消費も健全なのが愛知県のようである。


愛知県の今後の在り方が、情報化社会の日本の在り方を決定していくのかもしれない。
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
役立つブログまとめ(ブログ意見集): オープンスカイを推進 by Good↑or Bad↓ (役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
羽田空港本格国際化の影響
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ