Bloga enneagramica (ブロガ・エニアグラミカ)

IT革命の先にある社会の創造に貢献することを目的として、拙いながらも文章を紡いでおります。 (管理人:enneagram)

古代、中世、近代という歴史区分は、

西洋史の伝統を重視した古代、中世、近代という歴史区分は、いずれ、全人類的な指標である、狩猟採集社会、人力組織社会(農業社会)、機械化社会(工業社会)、物性活用社会(現時点で情報化社会)の区分に置き換わると思われる。

農業中心の人力組織社会を軌道に載せた思想家たちが、孔子、仏陀、ソクラテスと言った人たちなのだろう。

工業中心の機械化社会の出現を予告した人たちが、ベーコン、ガリレー、デカルト、ケプラー、ニュートンと言った人たちなのだろうと思う。

これから、現時点では電子化、更に今後物質の性質をどこまでの利用し尽くす時代のあり方を軌道に乗せる思想家が今後何人も出現するはずである。

その先駆者が、物質そのものの研究その側面ではアインシュタインとハイゼンベルクなのだろうし、社会の研究の側面では、アルビン・トフラーやピーター・ドラッカーなのだろうと思う。

セポイの反乱の失敗の前例を知っていても

日本は、満州国を建国するとき、宣統帝の溥儀を皇帝に担ぎださなければならなかった。

これは、セポイの反乱で反乱軍がムガル帝国皇帝の末裔を担ぎだしたのと同様の行為であった。

その失敗の前例は、当時の日本の軍の中枢の人間たちは知っていたと思う。しかし、それでも自己正当化のためにはこれしか手段がなかったのだろう。

これをみても、満州事変とは、日本の内政の反映であることがよく分かる。

ソ連は、モンゴルを独立させるとき、北元の汗など再興させなかった。かれらには、新時代建設の理念があった。

結果として、満州国はすぐに滅びたが、モンゴルは今も独立を確保している。政治には担保する理念が重要であることの重要な事例であると思う。

1970年台のピンク・フロイド

ピンク・フロイドのアルバムリリースというと、1970年は「原子心母」、1973年に「狂気」、1979年は「ザ・ウォール」という感じで、1970年台は、間違いなくピンク・フロイドの時代だった。

レッド・ツェッペリンは、「原子心母」より先にデビュー・アルバムを、「狂気」より先にいわゆる「フォー・シンボルズ」を、「ザ・ウォール」より先に「プレゼンス」をリリースしていて、1970年台は、ピンク・フロイド以上にレッド・ツェッペリンの時代だったのも間違いない。

1980年台になると、ポピュラー音楽がシークエンサー中心になっていく。

考えてみれば1970年台がロック音楽の最盛期で、「ザ・ウォール」は、ロック音楽の表現の頂点だったのであろう。

現在のポピュラー音楽は、未だにこの時代を乗り越えることができないままのような気がする。

この話は、オフィスにOAが入る前の、事務処理の電子化が進行する前の、まだレコードがアナログ盤だった時代の話である。

不思議とそういう時代に、音楽表現の方は、変拍子が複雑に駆使されていたりして、現在よりも高級感があったのである。マルチトラックレコーディングの発達は、かえって難しい音楽を窒息させてしまったのかもしれない。あるいは、ポピュラー音楽は、和声学的に高度な方向に進化することにしたのだろうか。この辺については、素人の自分には、なんとも判断がつかない。

カマンベールチーズとロックフォールチーズ

カマンベールチーズもロックフォールチーズもフランスのチーズだが、カマンベールはコウジカビで、ロックフォールはアオカビで作るチーズである。

お酒だと、コウジカビで発酵させず、クモノスカビを使う酒が中国にあるそうだが、クモノスカビで発酵させるチーズがあるのかどうかは知らない。

基本的には凝乳酵素でタンパク質を凝固させて作る食品である。

乳酸菌も随分活躍するのだろうと思う。

ただ、酒造りと違って、チーズ製造の製造過程の発酵生態学は、自分は知らない。

生物は原則1つの炭素原子に

生物は原則、1つの炭素原子に、複数のアミノ基あるいはカルボキシル基が結合した化学構造は利用しないはずである。そういう化学構造を自分は見たことがない。

これは、単に生物がそういう化学物質を採用しないだけなのか、物理的にそういう化学構造は合成不可能なのか、自分は物理学や化学に弱いのでその辺りはよくわからない。

生物の採用するアミノ酸は、プロリンがイミノ酸であるほかは、どのアミノ酸も、一つの炭素原子にアミノ基とカルボキシル基と水素が結合していて、それ以外のいわゆる残基と呼ばれるものがアミノ酸の特徴となる化学構造である。

一つの炭素原子に、アミノ基が複数、あるいはカルボキシル基が複数結合した特殊な生命物質がいずれかの生物で利用されている事実を知っている方がいたらぜひ教えてほしい。自分の無知をまた一つ解消できることになる。
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
役立つブログまとめ(ブログ意見集): オープンスカイを推進 by Good↑or Bad↓ (役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
羽田空港本格国際化の影響
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ