自民党の谷垣禎一総裁は9日午前の役員連絡会で、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で不起訴となった小沢一郎民主党幹事長について「政治資金収支報告書の虚偽記載の共犯の嫌疑が不十分なだけで、決してシロではない」と述べ、今後も徹底追及していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<出産一時金>新制度で入金遅れ 産科診療所の2割「不安」(毎日新聞)
<山本病院>肝臓手術経験10回以上…理事長が県に虚偽回答(毎日新聞)
<痴漢容疑>非番の女性巡査に 47歳逮捕 埼玉の電車内(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転者の男 逃走中に知人宅で1泊(毎日新聞)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)