民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は24日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関し、「公約を守れないものがどうして存在できるのか。そういう内閣は代わった方が、民主党の未来にとっていい」と述べ、鳩山由紀夫首相が昨年の衆院選で訴えた県外移設が実現しなかった場合は、内閣総辞職すべきだとの考えを示した。参院議員会館で記者団に語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<野中広務氏>土改連会長として民主に陳情 小沢氏と会えず(毎日新聞)
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ-文科・厚労省(時事通信)
<障害者自立支援法訴訟>国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放-首相会見(時事通信)
アルコール量超過で20分遅延=福岡~羽田便の副操縦士-全日空(時事通信)