インターネットで募った仲間と6件の強姦(ごうかん)事件を起こしたとして、集団強姦致傷罪などに問われた東京都あきる野市出身の元会社員、村上友隆被告(45)の裁判員裁判で、東京地裁立川支部は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。山崎和信裁判長は「一生かけてしょく罪の日々を送らせるほかない」と述べた。

 山崎裁判長は村上被告が過去にも強姦事件で服役していたことに触れ「再犯の可能性は非常に大きい」と指摘。判決文朗読後「裁判を通じ被害者の感情が良く分かったはず」と諭すと、村上被告は「はい、分かりました」と答えた。

 補充を含む裁判員7人が判決後に会見に応じ、30代の男性会社員は「(求刑通りの無期懲役の判決で)私たちの感覚が生かせたと思う。性犯罪が無くなるきっかけになればいい」と話した。

 判決は、村上被告はネットで知り合った仲間と共謀して、01~08年に女性6人を暴行するなどしたと認定した。【青木純】

【関連ニュース】
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
裁判員裁判:強盗致死2被告に懲役23年 東京地裁判決
裁判員裁判:新潟地裁で開始 全国で最も遅く
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張
裁判員裁判:「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁

築地市場の移転問題 都議会参考人「早期移転を」(産経新聞)
大学生の生活費、2000年度より3割減(読売新聞)
米人英会話教師、教え子女児40人性的暴行容疑(読売新聞)
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判-東京地裁支部(時事通信)
<高校無償化>衆院本会議で法案可決 4月実施へ(毎日新聞)