社民党の重野安正幹事長は22日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が検討している鹿児島県・徳之島への移設について「地元が反対している限り、押し倒して無理やり持っていくという立場には社民党は立たない」と述べ、党として徳之島案に反対する意向を表明した。

 与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会で徳之島案が議題になった場合、福島瑞穂党首が反対する可能性についても「そうでしょうね」と述べた。

【関連記事】
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議
志位氏がルース米大使と会談 共産党トップとして初 
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情
在沖縄米海兵隊「地政学的な位置が重要」
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<精神医学>裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
政府税調 消費増税論議始まる 集約は政治主導待ち 積極派にも溝、混迷模様(産経新聞)
神戸スイーツ最強「定番」を創った時代の寵児 小山進(産経新聞)