眼球内の圧力で視神経が損傷し、視野が徐々に欠けていく疾患である緑内障への理解を深めようと、日本緑内障学会は世界緑内障週間(3月7-13日)の最終日に、サンケイプラザホール(東京都千代田区)で「緑内障市民公開講座」を開催する。

 当日は、東京警察病院の安田典子眼科部長が「緑内障をもっとよく知ろう!自分の目は自分で守るために」と題して講演する。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
「皮膚科群」は大幅赤字、「眼科群」は黒字-部門別収支調査

【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示-厚労省(医療介護CBニュース)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
「大黒の芝」記載、平城宮跡と認識の史料(読売新聞)
歌手の故浅川マキさん・お別れの会(時事通信)
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生-大阪大(時事通信)