JR福知山線脱線事故から5年を迎えた25日午後、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」などが兵庫県尼崎市で集会を開催、遺族や負傷者ら約430人が参加した。パネルディスカッションでは、同団体とJR西日本が合同で事故原因を探っている「課題検討会」の内容などが報告された。
 検討会は非公開で開催されている。パネリストとして登壇したメンバーで長男を亡くした木下広史さん(51)は、事故の遠因と指摘された懲罰的とされるJR西の「日勤教育」について、「社内でマニュアル化されておらず、内容は各職場に一任されていた」と検討会で明らかになった内容を報告した。
 危機管理に詳しい西川栄一神戸商船大名誉教授は「本来は従業員教育だった日勤教育が、どうして懲罰的になってしまったのか明らかにしないといけない」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
〔用語解説〕「福知山線脱線事故」
安全誓い、冥福祈る=遺族「二度と起こさないで」
5年迎え「ようやく歩けた」=負傷者らウオークイベント

<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
毎日新聞世論調査 内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)