千葉県東金市で2008年9月、保育園児成田幸満ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、殺人などの罪で起訴された無職勝木諒被告(22)の弁護側は25日、「(勝木被告の)筋力は大変弱い」「自白に任意性がない」などとした専門家5人の鑑定書を、千葉地裁と千葉地検に提出したことを明らかにした。
 主任弁護人の副島洋明弁護士が、千葉地裁(栃木力裁判長)での第8回公判前整理手続き後に都内で記者会見。公判で無罪主張する方針を明らかにするとともに、鑑定書提出について触れた。 

【関連ニュース】
指紋の鑑定書を証拠請求=「線の数合致せず別人」
指紋「被告と不一致」=弁護側鑑定
「悲しみ全く変わらず」=千葉女児殺害から1年、母が手記
勝木被告、無罪主張へ=「自白は誘導、犯人でない」

雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
小野前衆院議員がみんなの党に入党(産経新聞)
自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)