鳩山由紀夫首相は7日、都内のホテルで連合の古賀伸明会長と会談した。古賀氏は「内閣をもう一度、陣立てし直すような法案を早く通すべきだ」と述べ、政治主導確立法案や国会改革関連法案の早期成立を要望。首相は「早く通したい」と意欲を示した。また、首相が夏の参院選に向けて協力を要請したのに対し、古賀氏は「われわれは役割を果たす」と応じた。

【関連記事】
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞
公務員法改正案、衆院で審議入り
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール
年金、経済戦略… 乱立する鳩山政権の経済会議
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<普天間移設>米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」(毎日新聞)
<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)
病腎移植3例目始まる(産経新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)
谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)