社民党の照屋寛徳国対委員長は12日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として同党が提案している米自治領北マリアナ連邦を11日に訪れた際、同連邦議会のテノリオ下院議長から「米国海兵隊がテニアンに来ることは、疑いなく歓迎される」と伝えられたことを明らかにした。

 照屋氏は9~11日、党視察団として同連邦のサイパン、テニアン両島を訪問。照屋氏によると、テノリオ氏は同議会で、海兵隊移転・駐留を支持する決議の採択を目指す考えを表明。デラクルス・テニアン市長も「海兵隊の恒久的な基地建設を強く希望する」と述べたという。

 照屋氏は平野博文官房長官に国外移設の再検討を迫る意向だが、平野氏は12日の記者会見で、テニアンへの移設について「現時点では難しい」と述べ、政府案から除外していることを明らかにした。【西田進一郎、横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言
鳩山首相:核サミットに出発 普天間、非公式協議へ
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
鳩山首相:居眠り?休日返上でフル回転影響か 衆院本会議
社民党:サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で

大学忍び込みやすい…容疑者「関東50校で盗み」(読売新聞)
条約の早期批准期待=岡田外相談話(時事通信)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
首相、日銀総裁と9日会談(時事通信)
次世代車、10年後20~50%=国内販売で目標-経産省(時事通信)