滋賀県の公立小学校に勤務し、アスベスト(石綿)が原因とみられる胸膜中皮腫で死亡した元教諭古沢康雄さん=当時(56)=の遺族が公務災害認定を求めた申し立てで、地方公務員災害補償基金滋賀県支部は17日までに、「公務上の災害」と認定した。認定は先月30日付。
 同基金によると、公立学校教諭の石綿健康被害をめぐり、公務災害を認めたのは全国初という。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「泉南アスベスト国賠訴訟」
新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟
携帯電話でやけど、欠陥認める=こたつで発熱、製造元に賠償命令
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定

57歳元税理士、元妻の連れ子の女子高生と勝手に婚姻届(スポーツ報知)
<普天間>鳩山首相 23日に沖縄県再訪問で調整へ(毎日新聞)
医師、不正に薬入手か=病院の管理は厳重―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
親から認められぬ子供 自分の価値が分からない(産経新聞)
諫早開門訴訟で裁判長現地視察(産経新聞)