茨城県警に提出した上申書で保険金殺人事件への関与を告白し殺人罪に問われ、一審で懲役20年とされた元暴力団幹部後藤良次被告(51)=別事件で死刑確定=の控訴審判決で、東京高裁は17日、被告の控訴を棄却した。
 若原正樹裁判長は「冷酷非情な犯行。上申書提出で自首が成立するが、刑が重すぎるとはいえない」と述べた。刑法の規定で死刑が優先するため、今回の刑は確定しても執行されない。
 判決によると、後藤被告は無職三上静男被告(60)=無期懲役確定=らと共謀。2000年8月、保険金を得る目的で、肝硬変と糖尿病を患う栗山裕さん=当時(67)=にウオツカを無理やり飲ませて殺害した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
被害者「生涯最悪の日」=秋葉原殺傷公判
無罪判決に検察側控訴=大分強盗殺人

全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕-宮城県警(時事通信)
将棋 久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
住宅全焼、18歳の女性が死亡か 東京・八王子(産経新聞)
<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)
赤信号「見落とした」パトカー交差点で事故(読売新聞)