政府は18日の閣議で、特殊会社役員に公務員OBが占める割合について、現行の2分の1以内から3分の1以内に削減する方針を決定した。役員ポストを公務員OBの指定席にさせないための措置で、今後1年以内に実施する。

 仙谷由人国家戦略担当相は同日の記者会見で、「元事務次官だから、こういうポスト(に就かせる)ということをやめたいという方向性がある。プロパー(専門家)に頑張ってもらいたい」と述べ、将来的に特殊会社への公務員OBの天下りをなくす考えも示した。

【関連記事】
JALが稲盛会長の私塾会員に“特権” 身内優遇策も?
事業仕分け第2弾 後半戦は迷走の予感
「民から官へ」の逆行許すな 仕分け、内容伴わず
天下り代替で“内下り” 退職管理基本方針原案
天下り不在400億円金融資産…万博機構どうなる存廃
中国が優等生路線に?

40代自殺の増加幅最大=20~30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)
B型肝炎訴訟 弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援(毎日新聞)
小沢氏に国会で説明求める 自民の大島氏(産経新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)