大麻草を所持したなどとして、大麻取締法違反(所持、譲り受け)の罪に問われた日本中央競馬会(JRA)の元騎手で作家の田原成貴被告(50)の判決公判が12日、京都地裁で開かれた。渡辺史朗裁判官は「違法薬物に対する親和性は高く、競馬界で著名な功績を残した被告による犯行の社会的影響は無視できない」として懲役10月、執行猶予4年(求刑懲役10月)を言い渡した。

 判決理由で渡辺裁判官は、田原被告が仕事に関する悩みを紛らわせるために違法薬物に手を出したと指摘。平成13年に覚醒(かくせい)剤取締法違反罪で有罪判決を受けたことを踏まえ「(2回も)ばかな事件を起こしている。3度目はないと自覚してください」と説諭した。

 判決によると、田原被告は昨年6月12日、京都市中京区で密売人から大麻草約0・2グラムを譲り受け、10月14日、自宅で大麻草約0・3グラムを所持した。

【関連記事】
大麻取締法違反の田原元騎手に懲役10月を求刑
田原成貴元騎手、覚せい剤逮捕…今回は実刑か
元スター騎手、田原成貴容疑者を覚醒剤と大麻取締法違反容疑で逮捕
大麻の中2女子「金を払った」 複数人物から購入か
大麻の中2女子、吸引は自宅の部屋 逮捕4少女以外も捜査

震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
捜査書類など隠した疑い…巡査長を書類送検(読売新聞)
棋聖戦七番勝負、台北対局始まる(読売新聞)
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」-講談社(時事通信)
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)