地方出張から戻った民主党の小沢一郎幹事長は15日午後、都内の個人事務所に立ち寄った後、国会に2日ぶりに姿を見せた。
 夏の参院選選挙区で公認する方向の新人候補2人と幹事長室で個別に面会した小沢氏は、それぞれに「頑張れ」と声を掛け、約1時間で国会を後にした。東京地検特捜部の強制捜査以降、話を聞こうと多数の報道陣が小沢氏を追いかけており、国会を出る際「説明しないんですか」と問いかけられたが、答えなかった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ビル屋上からポリタンク落下=路上に過酸化水素水、3人軽傷-東京・上野(時事通信)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害-福岡県警(時事通信)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
阪神大震災 6434人の鎮魂祈り式典(産経新聞)