スズキは25日、エアコンに不具合があるとして、軽乗用車「エブリイ」など2車種計43万2366台(平成17年8月~21年10月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。外気導入口から雨水が入りやすく、エアコンが作動しなくなったり火災につながる恐れがある。火災も2件報告されているが、けが人は出ていない。

 また日産自動車も「ティーダ」「キューブ」など10車種計7万6415台(19年10月~20年5月生産)を、ダイハツも「アトレーワゴン」など4車種計6万774台(10年12月~12年4月生産)のリコールを同日それぞれ届け出た。

 日産の10車種は、エンジンの電気配線端子が変形しているため、走行中にエンストし再始動できなくなる恐れがある。ダイハツの4車種はエアバックを作動させる装置の配線の収納方法が不適切で、イグニッションスイッチをオンにした際、誤ってエアバックが開く恐れがある。

【関連記事】
ホンダ「うちは大丈夫」 新型HVで“弱り目”トヨタを追撃
「信頼回復にはまだ時間」 直嶋経産相がトヨタのリコール問題で
「満足できない」 トヨタ公聴会、“所信”の繰り返しに不満噴出
トヨタ社長が涙 「一人じゃなかった」公聴会後に従業員らと集会
「把握してない」「覚えてない」 トヨタ公聴会、欠陥隠しで苦しい答弁

トーゴ、反捕鯨団体の船籍はく奪=公海上での臨検容易に(時事通信)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
小沢氏、異例の市長選てこいれ 町田市長選候補者事務所を電撃訪問(産経新聞)
捕鯨、日本と対立激化 シー・シェパード、具体策に触れず(産経新聞)