田辺三菱製薬と子会社バイファが薬事法違反で業務停止処分を受けた問題で、日本薬剤師会は4月15日、「医薬品を取り扱う薬剤師として看過できない、極めて重大な不正行為」などとして、信頼回復へ向けた具体的な行動を文書で示すことなどを求める申し入れ書を両社に提出した。

 申し入れ書では、バイファが不正データを用いて「人の命に直結する医薬品を医療現場に供給したこと」や「(不正の)事実を会社ぐるみで隠ぺいしようとしたこと」について、「著しく悪質な事例と受け止めている」と強調。また、田辺三菱についても「長期にわたり不正行為を発見できず、結果として違法な行為を放置したことは管理責任意識の欠如」と厳しく批判している。

 その上で、国民から失った医薬品への信頼回復は容易なことではないとして、「二度とこうした事態を招来せぬよう速やかに対策を講ずるよう強く要望する」などとしている。


【関連記事】
田辺三菱に25日間の業務停止命令
田辺三菱製薬のデータ改ざん問題で近く処分へ―厚労省
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4-12月期決算
抗うつ剤を田辺三菱製薬と共同販売へ―持田製薬
最主力のリウマチ治療薬が3割増―田辺三菱製薬4-9月期決算

高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)
<福岡発砲>「暴力追放運動、全面支援」…警察庁長官が視察(毎日新聞)
<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
人工歯根再使用疑惑の医院、感染対策が不十分(読売新聞)
原人事官の再任を閣議決定(産経新聞)